運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
50395件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 決算行政監視委員会 2号

決算の適正を期し、行政監視の機能を果たすため、お手元の印刷物にありますとおり  平成二十八年度決算外二件  平成二十九年度決算外二件  平成三十年度決算外二件  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)外一件の承諾を求めるの件  第百九十六回国会篠原豪君外十三名提出、会計検査院法及び予算執行職員等の責任に関する法律の一部を改正する法律案  歳入歳出の実況に関する件外五件

生方幸夫

2019-12-09 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

第百九十六回国会長妻昭君外五名提出、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外五名提出、熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギー使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出

富田茂之

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

農林漁業者の福祉に関する件   一一、農山漁村の振興に関する件  経済産業委員会   一、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案(長妻昭君外五名提出、第百九十六回国会衆法第七号)   二、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二一号)   三、熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギー使用

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

農林漁業者の福祉に関する件   一一、農山漁村の振興に関する件  経済産業委員会   一、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案(長妻昭君外五名提出、第百九十六回国会衆法第七号)   二、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二一号)   三、熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギー使用

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第2号

決算の適正を期し、行政監視の機能を果たすため、お手元の印刷物にありますとおり  平成二十八年度決算外二件  平成二十九年度決算外二件  平成三十年度決算外二件  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)外一件の承諾を求めるの件  第百九十六回国会篠原豪君外十三名提出、会計検査院法及び予算執行職員等の責任に関する法律の一部を改正する法律案  歳入歳出の実況に関する件外五件

生方幸夫

2019-12-09 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

第百九十六回国会長妻昭君外五名提出、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外五名提出、熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギー使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出

富田茂之

2019-12-06 第200回国会 参議院 本会議 第11号

法律案は、令和元年八月二十六日から同月二十九日までの間の豪雨による災害、令和元年台風第十五号、令和元年台風第十九号又は令和元年十月二十四日から同月二十六日までの間の豪雨による災害に係る義援金を令和元年特定災害関連義援金とし、その拠出の趣旨に鑑み、被災者等が自ら義援金使用することができるようにするため、同義援金について、差押え禁止等をしようとするものであります。  

杉久武

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

ただ、また、これまで御指摘いただいているような自主避難者の発生抑制につながるかどうか、この活用については今後しっかりと、このSIP4Dの使用事例をしっかり注視しながら勉強してまいりたいと思っております。  いずれにしましても、原子力防災体制の充実強化に資するアプリなどのICT技術を活用した先進的な取組、これにつきましては、引き続きしっかりと検討してまいりたいと思います。

荒木真一

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

国務大臣小泉進次郎君) 片山先生の御指摘のとおりでありまして、レジ袋のその使用量、全体の量に比べて、プラスチック全体はどうかといえば、全体は、年間約九百万トンというのが日本の廃プラスチック全体の量で、その九百万トンのうちレジ袋の年間の使用量はどれぐらいかというと二十万から四十万トンということでありますので、廃プラスチック全体から比べれば、このレジ袋ということにおいていうと約二%から四%ぐらいということでもあります

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

国務大臣小泉進次郎君) 今パブリックコメント中の制度改正案では、あらゆるプラスチック製買物袋について有料化することにより過剰な使用を抑制することをまず基本というふうにしています。同時に、一定の環境性能が認められる買物袋への転換を推進することとしています。ですので、先生から御指摘ありましたが、一定の環境性能が認められる買物袋については省令による有料化は義務付けていません。  

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 決算行政監視委員会 1号

――――――――――――― 十月四日  会計検査院法及び予算執行職員等の責任に関する法律の一部を改正する法律案篠原豪君外十三名提出、第百九十六回国会衆法第二二号)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会

None

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

質問についてあえて一般論ということで申し上げさせていただきますけれども、まず、自衛官武器使用ということにつきましては厳格な注意義務が求められておりますので、安全かつ適切に武器使用できるよう教育訓練もしっかり行っているということで、例えば、認められている範囲を超えた武器使用というようなことは基本的には想定されないというふうに考えているところではございます。  

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

あと、篠原先生からも御指摘がありました、最近農場に立ち入ったかということについてもしっかり書くべきだということもありますので、こういったフォーマットはもう一回固まったら二度と動かせないというものではないということが証明されましたので、これ、二十五日ぐらいから全国で一斉使用になりますけれども、更に必要な条項につきましては、農林水産省として必要な要求、要請はし続けていきたいと考えております。

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

和牛遺伝資源を守っていくためには、このような契約を現場に普及させるとともに、最終的には当事者以外の第三者、これは善意第三者ですね、にも使用の差止め請求ができるよう、和牛の知的財産的価値の保護を正面からしっかりと制度化する必要があると考えておりますが、これらの点につきまして農水省として今後どのように対応していくおつもりか、お伺いしたいと思います。

宮路拓馬

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

例えば、地域の優良な菓子を表彰します全国菓子大博覧会、国内産米粉を使った焼き菓子部門で優秀な職人を表彰するジャパン・ケーキショー、それから、地域の特産品を使用してタルトを製作した優秀な職人を表彰するTarte―1グランプリなどに対しまして、後援名義の付与や農林水産大臣賞などの授与を行っているところでございます。

塩川白良

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

質問についてあえて一般論ということで申し上げさせていただきますけれども、まず、自衛官武器使用ということにつきましては厳格な注意義務が求められておりますので、安全かつ適切に武器使用できるよう教育訓練もしっかり行っているということで、例えば、認められている範囲を超えた武器使用というようなことは基本的には想定されないというふうに考えているところではございます。  

岡真臣

2019-12-05 第200回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

――――――――――――― 十月四日  会計検査院法及び予算執行職員等の責任に関する法律の一部を改正する法律案篠原豪君外十三名提出、第百九十六回国会衆法第二二号)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会

会議録情報

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

例えば、最終処分の問題、この事故調で扱わなかった事項の2)としてあります、「使用済み核燃料処理・処分等に関する事項」に該当すると思います。放射性廃棄物の中間貯蔵の問題、汚染水の処理の問題、これは、9)にあります、事故後の状況、廃炉のプロセスに関する事項に当たると思います。また、最近では、原子力規制委員会事故原因の調査を再開するということも報道されています。

石橋哲

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

喫緊の課題として、私が想像するのは、例えば、この2)にあります「使用済み核燃料処理・処分等に関する事項」、これも社会合意を得るのはなかなか困難です。先生方がリードして御議論していただくとよろしいのかなということも思います。  若しくは、明らかなのは、中間貯蔵施設の問題、若しくは汚染水の処理の問題。これも社会的な合意形成を取り付けるのはなかなか大変でございます。

石橋哲

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

あと、篠原先生からも御指摘がありました、最近農場に立ち入ったかということについてもしっかり書くべきだということもありますので、こういったフォーマットはもう一回固まったら二度と動かせないというものではないということが証明されましたので、これ、二十五日ぐらいから全国で一斉使用になりますけれども、更に必要な条項につきましては、農林水産省として必要な要求、要請はし続けていきたいと考えております。

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

ただ、また、これまで御指摘いただいているような自主避難者の発生抑制につながるかどうか、この活用については今後しっかりと、このSIP4Dの使用事例をしっかり注視しながら勉強してまいりたいと思っております。  いずれにしましても、原子力防災体制の充実強化に資するアプリなどのICT技術を活用した先進的な取組、これにつきましては、引き続きしっかりと検討してまいりたいと思います。

荒木真一

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 片山先生の御指摘のとおりでありまして、レジ袋のその使用量、全体の量に比べて、プラスチック全体はどうかといえば、全体は、年間約九百万トンというのが日本の廃プラスチック全体の量で、その九百万トンのうちレジ袋の年間の使用量はどれぐらいかというと二十万から四十万トンということでありますので、廃プラスチック全体から比べれば、このレジ袋ということにおいていうと約二%から四%ぐらいということでもあります

小泉進次郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

国務大臣小泉進次郎君) 今パブリックコメント中の制度改正案では、あらゆるプラスチック製買物袋について有料化することにより過剰な使用を抑制することをまず基本というふうにしています。同時に、一定の環境性能が認められる買物袋への転換を推進することとしています。ですので、先生から御指摘ありましたが、一定の環境性能が認められる買物袋については省令による有料化は義務付けていません。  

小泉進次郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

また、健康被害につきましては、発火等によるやけどといったもののほかに、電子たばこ使用後に気分が悪くなったといったものも登録をされております。  消費者庁といたしましては、引き続き電子たばこによる消費者事故情報について注視をしてまいりたいと考えております。

高島竜祐

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

しかしながら、現在、議員からお話ございましたとおり、米国では、電子たばことの関連が否定できない呼吸器関連の健康被害が報道されておりまして、全ての電子たばこ使用を控えることを推奨してございます。こうした状況を踏まえると、電子たばこ健康被害を起こすおそれは否定できないと考えてございます。  

奈尾基弘

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

義援金は、寄附者が被災者を支援するために拠出したものであり、生活を再建するための資金として被災者自らが使用することを期待されているものであります。その義援金を、被災者に対する債権の強制的な取立てとして差押え等の対象とすることは、寄附者が義援金を拠出した趣旨に反するものであります。  

原田憲治

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

このため、来年度予算概算要求において、航空機による特別墓参に必要な経費や、北方四島交流等事業使用船舶内の非常時対応機器の整備に必要な経費等を要求しました。元島民の方々のより自由な往来に向けて、更なる改善策が講じられるよう努めてまいります。  さらに、北方四島住民との相互理解の増進に寄与するため、交流事業の円滑な実施に取り組んでまいります。  

衛藤晟一