運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
42223件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

総理は、第一次政権発足以前から戦後レジームの脱却をうたい、二〇一三年の通常国会施政方針演説で戦後レジームを原点に遡って大胆に見直すと発言しました。戦後レジームの意味するところは、日本の降伏後、GHQ占領下で構築された体制のことを意味するのが一般的です。総理はその文脈で改憲に固執しているようですが、戦後レジーム脱却を目指すならば、もっと別のことに執着していただきたいと思います。  

大塚耕平

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

それ以前とそれ以後では、私は大きく異なっていると思います。国民の多くも、福島第一原発事故以降は、できる限り原発を低減していくべきだということ。そして、核燃料サイクルに関しても、「もんじゅ」があんな状態で終わってしまいましたし、ASTRIDだってめどがないわけであります。

宮川伸

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

○逢坂委員 今の答弁を聞いていると、原発については、以前は安全神話というのがあった。今はさすがに、安全神話はもうないんだということに変えていますよ。避難計画も安全神話じゃないですか、それだったら。有効に機能する避難計画がつくれると根拠もなしに言っている。避難計画に対する安全神話じゃないですか、それは。全国の立地地域、きちんと見て、本当に避難計画がつくれると思っているのかどうか。

逢坂誠二

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

今回の審議時間は、衆議院十四時間二十分、参議院八時間、本日採決と、合計約二十二時間の見込みというふうに以前伺ったんですけれども、大失敗した案件、それについての大改革、大臣のお言葉を借りると大きな改正であろうと。なのにもかかわらず、審議時間最初よりも少ないってちょっとおかしくないかなと思うんですね。  

山本太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

この中身以前に、こういう金融庁としての対応に、ここにみんな不信を持っているんですよ。  今後、年金の水準が下がっていくだろう、公的年金ではますます暮らしていけなくなるだろう、これは間違いない事実じゃないですか、ごまかしようのない。赤字と表現するかどうかというのはささいな問題ですよ。本質的な問題ではないですよ。高齢者の生活、平均値で測れない、そのとおりですよ。

小池晃

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

○国務大臣(麻生太郎君) 内閣総理大臣のときは、この前の制度、平成十六年以前の話でしたよね、あれは。(発言する者あり)いや、大臣だと、総理大臣と言われましたから。違うでしょう、副総理として言った話になっていませんか。総理のときはこっちの、上の、十六年以前の話ですからということを申し上げているんですが。百年という言葉、今言われましたんで、私どもはそう思っておると申し上げているんですが。

麻生太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

これ、以前から指摘をされていたことです。  大沼先生が政務官のときに、やはりこの事態というものをすごく重要に捉えてくださいまして、厚生労働省の方でもやはり児童相談所を通じて調査しようということになりました。しかし、関西医科大学の石崎先生、小児科の先生から、いや、それでは実際の数値というものが分からないから病院に直接行ってくれと、もう一度調査を行いましたよね。  

薬師寺みちよ

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

所得代替率の問題がどうなるのかということ、そのことも含めて、金額が増えるか減るかということ以前の問題として、その年金の価値が、購買力の観点から年金の価値が果たして維持されるのか、老後生活を支えるだけのものになるのかということを、このことを議論しなければいけないですよということを御指摘させていただいているわけであります。  

川合孝典

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

実は、これ以前にも調査をしていただきました。その場合には、児童相談所を通じて調査を行った、全く違う数字が出てきております。一か月以上医療機関に入院した子供たちが全国に百九十五人、そして、その治療が終わったにもかかわらず退院できなかった子供たちが六十三人。    〔委員長退席、理事そのだ修光君着席〕  この二つの調査、この差について厚労省はどのような見解をお持ちなのか、局長、教えていただけますか。

薬師寺みちよ

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

○大野元裕君 実は、そこのところを防衛の大綱は私はきちんと説明をするべきではないかと以前から思っています。  というのは、先ほどの小西先生との議論もそうなんですけれども、例えば我が国に対する直接の攻撃、これはとても分かりやすい話ですよね。

大野元裕

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

政府系金融機関である商工中金が危機対応貸付けの融資要件を満たしていない事業者に対して書類を改ざんしてまで融資を行っていたという事実は、コンプライアンスの欠如は言うまでもありませんし、それ以前に政府系金融機関としての緊張感に欠けていたと言わざるを得ません。  

石井苗子

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

この審議会の場でも、以前に比べると標準世帯が適用できなくなり、世帯のあり方が経済的にも社会的にも多様化しているということなので、一人一人がまず自分の経済状況を見える化することが必要であるというふうな指摘をたくさんいただき、後半の部分ではそのような記述も盛り込ませていただいています。  

三井秀範

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

というのか、窓口をやめるとかいろいろな、よくある話がありますけれども、金融機関におきます認知症のサポーターの積極的な養成というのをやらないかぬということで、当事者の視点に立った生活環境の整備、いわゆる認知症にとりましてのバリアフリーというようなことに取り組んでいくということにいたしておるんですが、このほか、認知症の方の保有している資産の管理それから運用等々の対策も、今回のこの作業部会の中で、報告書の取扱い以前

麻生太郎

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

皆様御存じだと思うんですが、日本にはもったいないという言葉がありまして、以前ノーベル賞受賞者のワンガリ・マータイさんが日本に来日されたときに日本にはすばらしい言葉があるということで、このときはスリーR、リデュース、リユース、リサイクル、これを一言であらわせる言葉ということで大変に関心を持たれておりましたけれども。  

鰐淵洋子

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

一方で、この報告書が提出される以前、五月十二日に、新オフィスの恒久的な設置や規模の拡大が行われることは既に決まっているという趣旨の発言を元担当大臣が徳島県でされたという報道がなされました。  私も、地元が長崎県であり、中央省庁の地方移転については全く異論を唱えるものではございません。

西岡秀子

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

見るとお分かりいただけますように、これは記述が非常に具体的なだけに、従来のものとは異なり、現場の判断を以前より縛る方向で作用いたします。また、保護が多くなった場合、親御さんや県民の皆様からの様々な反応も予想され、現場からは懸念の声が上がったのも事実でございます。

鈴木聡

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

以前から司法関与が必要だということはみんな声を上げていたんですけれども、司法も余り関与していただけない。やっと、二十九年、皆さんのおかげで改正されて、治療命令に近いものもできました。でも、十年遅れています。ですから、結愛ちゃんや心愛ちゃんのお父さんが自分から、治療してくださいって行くはずないんですね。そうすると、治療命令が必要なんです。

奥山眞紀子

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

日米が一方的に片務的な同盟関係かというと、私はこれは、以前、湾岸戦争の前の段階でなかなか自衛隊を出せないようなときに、日本は戦費百三十五億ドルの貢献をし、そして、その影響を受けて実は防衛予算が、中期防が一千億円減額されたときがあったんですね。

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

問題は、そこで、人間がどのようにそこを、どのようなミッションを付与し、そして、そのミッションを付与する以前に、お互いにその辺が、相手が何をするか分からない状況の下で、お互いがAIを持った兵器で武装する、あるいは兵器体系そのものを運用するということになると、実は相手が何をしたいかを考える間もなく、一定の行動に対して一定の、何というか、一定の動きを察知したら自動的にそれで反応して攻撃しなければならないような

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

むしろその自衛隊以前に政治の役割をつくる必要があるという点ございましたけれども、ここをもう少し深く御説明をいただければと思います。具体的に、どのようなシステムをここで想定されていらっしゃるのか。お願いいたします。

高瀬弘美

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

これまでにも我が国では、YS11を始め、小型飛行機や回転翼航空機の開発が継続的に行われてまいりましたが、いずれも、国際民間航空条約上、航空機設計国の責務が規定されました平成六年、一九九四年より以前であったために、我が国としては法制上の措置を講じておりませんでした。  

蝦名邦晴

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

そんな紛争になる以前に、私は、WTOのルールに違反する、あるいは違反するおそれがあるなんという領域まで行かなくても、もっと一般に、航空機をもっと速く、高燃費でもっと静かに飛ばすための基礎研究、基礎研究は、これは特定性とか他国への悪影響というものが直接あるとは言えないと思いますから、WTOルールにも抵触しないと思うんです。  

重徳和彦

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

もう一つだけお願いしたいことがありまして、私が以前に勤めておりました会社が、この一月に、新宿にあるNPO法人に四億円寄附をいたしております。そのNPO法人は、学習支援プログラムをやっているところなんですけれども、何でここに四億円、ほかのところにもやっているんですが、最大の金額は、ことしは、このNPOに対する四億円なんですね。なぜこのNPOに決めたんですかというふうに聞きました。  

岡本三成

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

恐らく、以前見られていた野球と、今、特にプロ野球の世界ですね、大きく変わっているのは、ヘルメットに装着をされているフェースガード、Cフラップという言い方もするようですけれども、このフェースガードをつける選手が大変ふえてきたということにあると思います。  

泉健太

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

だから、これは以前からもお願いしていますように、全国一律でいいのか。やはりこういう地域にはこういう手当てが必要なのかということが分からないと、やみくもに手を出してしまうことになりますよね。ですから、都市型若しくは農村型みたいなもので、いろんなパターン分けができるかもしれません。

薬師寺みちよ

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

だから、以前からそういう回答じゃないですか。現状は変わっていないんだと、ただ、通報件数は、例えばいちはやくという番号が知られるようになったから件数が増えたんだ、そういう受け止め方では駄目ではないですか。一体何がこの世の中で起こっているからこそ、これだけ通報される方々の数というのが増えたのか、子供を守っていくためにはどうしたらいいのかと、私は本気で考えていただきたいんですよ。  

薬師寺みちよ

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

以前やっているやつは本人から主観的な形での回答になっておりますので、DV被害も、そもそも自分が受けているか受けていないかのところから危うい回答なわけでありまして、しっかりと客観的なデータを集めていただきたいということで、是非やっていただきたいと思います。  次に、浜谷局長の方にお伺いします。  面前DVというのは、体に傷は付けないとはいえ、軽く見てはいけないと思います。

山本香苗

2019-06-11 第198回国会 参議院 経済産業委員会 12号

平成二十九年度と平成三十年度の課徴金額はそれぞれ、それ以前の年度と比べまして減少しておりますけれども、課徴金の対象になりました法的措置の件数、これ自体は平成二十六年度や平成二十七年度と比べましても相応の件数となっているのではないかと。  

南部利之

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

以前にもこの委員会でこのモニタリングポストの撤去について質問させていただきまして、その当時の吉野大臣からも、やはりしっかりと住民の皆さんの声に耳を傾けることが必要であるというような御答弁もいただき、慎重な姿勢を当時の大臣からもお見せいただいていました。  

金子恵美

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

例えば、いろいろな、ほかの会社だとかほかの地域との連携というようなものも考えられるんじゃないかなというふうに思っておりまして、今回じゃないですけれども、私も以前に、新花巻から釜石まで、SLをあそこに走らせているんですけれども、あれは東日本でやっている部分ですが、そういうものを例えば三陸の方にも回してもらって少しでも活性化、あるいは、いろいろなところからそれを、なかなか海岸を走っているSLというのはないものですから

森田俊和

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

車の飲酒は、以前、厳罰化の前には、ちょっと飲んで乗るぐらい何てことないや、ひっかかったら罰金を払えばいいやというような意識であったものが、厳罰化以来、徐々に件数が減っていくというような状況があったかと思います。  

森山浩行

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

私、以前テレビ局におりましたので、当時の仲間が、今、世界遺産になろうとする仁徳天皇陵を空撮をするときに使っているとか、あるいは農薬散布のために使っているとか、大きいものに関しては、そのような形でビジネスで使うようなものが多いのかなと思います。  

森山浩行

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

そういう中で、現場からは、例えば自治体で公契約条例ということを定めているところもありますけれども、国レベルでもやっぱり公契約法を作るべきではないかと、こんな声があったりとか、私たちは、実は、以前ですけれども、民主党時代に、やはり重層構造の中で賃金がどのように変化しているのか、きちっと支払の中身を明らかにすることによってそういう不当な中抜きを防止するような、そういった措置も必要ではないかと、こんな法案

舟山康江

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

しかし、以前から、利水容量の一部を事前放流にも活用できるようにし、治水のための容量を六百万トンまで増やすことが検討され、七月豪雨でもそのような対応が取られました。  治水容量六百万トンを前提とし、大洪水に対応する操作規則で早い段階から放流量を増やしていればピーク時の放流量を減らせたのではないかと、こういう指摘がされておりますが、いかがですか。

山添拓

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

国交省では、先ほどお答えしましたように、平成二十八年四月に手引きを改定いたしまして統一化を図ったところでございますけれども、それ以前には、例えば津波については手引きにおきまして配色の考え方が示されていなかったというようなことがございまして、そうした浸透が図られていないということと、見直しの作業が円滑に進んでいない現状にあるというふうに考えております。

塚原浩一

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

以前、この場で私、F35について、特に百五機の追加購入機について苦言というか、問題提起をしました。全部FMSに変わったじゃないかということで問題意識を私はここで申し上げました。確かに、我々が決めた組立て型というのも、単なる組立てです。したがって、じゃ、重要な情報とか機密情報に触れられるかというと、なかなかそれは触れることができない。  

前原誠司