運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
44755件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-28 第204回国会 参議院 情報監視審査会 第5号

長期の秘密指定文書に関してはそうした仕組みを設けることで、時間の経過とともに秘密性というのは低減するというのが一般的な考え方ですので、秘密指定解除を進めていくというようなこととか、秘密指定解除システム的に行っていくような仕組みというものを入れることによって、外から私たちのような人間とか、あるいは報道機関もそうですけれども、主体的に情報公開を広げていく、そういう仕組みを入れるというのは大変参考になるのかなとは

三木由希子

2021-04-20 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号

今、スマホがありますので、スマホで大体毎日どのくらいもうかったとか損したとか、人間お金じゃありませんけれども、心の豊かさが一番大事なんですけれども、もう少しぐらい、少しぐらい資産形成を若いうちからしていいんじゃないか。そのお金金融市場に定期的に入り込んでいって、買いを強くして株価を右肩上がりにする。

藤丸敏

2021-04-16 第204回国会 衆議院 環境委員会 第5号

私も、環境庁時代に入庁しまして、職員を代表しましてというわけではないんですけれども、昭和時代最後に入りました人間でございますけれども、御承知のとおり、環境省の前身でございます環境庁は、一九七一年、昭和四十六年でございますけれども、公害対策自然環境保全を総合的に推進する官庁として誕生したところでございます。

和田篤也

2021-04-16 第204回国会 衆議院 環境委員会 第5号

委員指摘の一・五度特別報告書におきましては、二度と一・五度を比べた場合の違いといたしまして、具体的には、例えば、人間が居住するほとんどの地域における極端な高温が増加する、極端な熱波に頻繁にさらされる人口が約四・二億人増加する、夏季における北極の海氷の消滅が、二度の場合十年に一回であるのに対し、一・五度だと百年に一回程度である、あるいは、サンゴ礁が、一・五度の場合七〇から九〇%死滅するのに対して、二度

小野洋

2021-04-15 第204回国会 参議院 内閣委員会 第12号

ゲーム依存への対応という問題もありますけれども、このゲーム上で敵や怪獣というんですか、ゾンビとか撃って倒すというバーチャルの世界に浸っていると、現実世界でやっぱり実際の人間を標的にして撃ってしまいたくなるというふうなこの行動が起こるんじゃないかというような研究も進められているわけです。  

矢田わか子

2021-04-15 第204回国会 参議院 内閣委員会 第12号

国内における個人間取引、輸入については先ほどありましたので、国内における個々人間取引において、なりわい、業としての認定を取っていない相手方の取引、これについても管理規制管理なりカバーすることが必要ではないかと考えますが、この点、どのような仕組みでどういう実効性を担保しておるのか、この点について最後お伺いします。

小沼巧

2021-04-15 第204回国会 参議院 内閣委員会 第12号

国務大臣小此木八郎君) 先ほど杉尾委員との間でパチンコの話をしましたが、キャラメルの空き箱なんか狙ってこうやっていたことと、あるいは、それから何年かたつとインベーダーゲームというテレビゲームがあって、侵略してくるものを撃ったりなんかして、これが非常に人間の痛みを忘れているんじゃないかなんていう学校の先生やいろんな大人の方から教わったというか、そういうこともありました。  

小此木八郎

2021-04-15 第204回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号

内閣府で、科学技術イノベーション担当が実施しております研究開発事業であります第二期のSIPにおきまして、SNS上でAIが人間に代わって自動的に被災者と対話して情報収集等を行うシステム防災チャットボット、この開発、それから、大量の災害情報をAI処理して、必要な情報を自動抽出することで避難対象エリア避難指示タイミング判断の支援を行う市町村災害対応統合システム開発を、私ども防災担当市町村とも連携

青柳一郎

2021-04-15 第204回国会 参議院 法務委員会 第8号

私もその点、法制審議会部会質問もしましたし、部会資料の五十一番にも書いてありますが、十年の期間経過後に、相続人間具体的相続分による分割をするとの合意がされた場合、つまり法定相続分とは違うような協議をした場合でも、全員合意でやる場合はもちろん分割協議でもできるし、調停や審判の場でもそれは認められるとされておりますので、相続人全員合意があれば法定相続分によらない遺産分割を調えることが可能であるということが

今川嘉典

2021-04-15 第204回国会 参議院 法務委員会 第8号

においてこの申告登記が有効かどうかという点については、こちらにつきましても、先ほども意見陳述で申し上げました、やはり合意をして、終局的な権利の帰属がやはり必要なことであって、相続人であるということを報告的に登記記録に残したとしても、それは、連絡先が確保されるという意味においては一歩前進という意味において評価はできる部分ではありますが、やはり本質的に解決するに当たっては、そういう連絡先記録ではなく、相続人間

阿部健太郎

2021-04-14 第204回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第4号

例えば、いじめですとか体罰や暴力といったことがきっかけになって、それが大人になって何らかの形でフラッシュバックみたいなことが起きているということが特徴としてあるかなと思いますし、その職場人間関係の中でそういうことを想起させるということも起きているということで、なかなか集団生活自体に恐怖や不安を感じて、そういう社会的ストレスがある、が理由になっている、あるいは、元々持っていた見えない特性が理解されない

池上正樹

2021-04-14 第204回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第4号

クオリティー・オブ・ライフが高いということをお示しいたしましたけれども、これは基本的に、災害時であろうが災害後であろうがコロナ禍であろうが、やはりいろんな世代の方が少しずつ関与しているというのが、こういう地域をつくっていくということがこれから持続可能性あるいは発展性という意味で重要だと思いますので、決して役所の方も縦割り高齢福祉課だけとか教育委員会だけというんではなくて、もうともかく過疎地というのはある意味では役場の人間

藤原佳典

2021-04-14 第204回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第4号

それで、引きこもりのきっかけということでいうと、今日お話にもあったように、学生時代いじめであるとか暴力が多いということだったんですけれども、それだけにとどまらずに、例えば社会に出ても職場のパワハラがあったり、人間関係があったり、病気になったり、例えば長時間労働なんかがあったり、そのきっかけというのは非常に多岐にわたっていて、これ、誰にでも起こり得るということなのかなというふうにも思うんですね。  

岩渕友

2021-04-13 第204回国会 衆議院 総務委員会 第14号

まず、外資規制、二〇一四年九月に外資規制の違反に気づいた際の対応、先ほど自民党橘議員からも質問がありまして、お答えしていただいたと思いますが、金光社長にお願いしたいのは、私、NHKに入ったとき言われたんです、義務教育を終えた人間が聞いて分かるようにちゃんと書け、ちゃんと映像も撮れと。さっき、義務教育を終えただけではなかなか分かりにくい。分かりやすく、明確に御説明願いたい。  

岡島一正

2021-04-13 第204回国会 衆議院 総務委員会 第14号

そのときの記録、これは、取材した人間まあ社長が記者だったかどうか私は分かりませんけれども、メディアにいる人間なら当然記録に残しますよ。私、四十年前にアジアを回っていた頃、三十年前に回っていた頃の記録取材ノートを持っていますよ、まだ。誰と会って、いつだったか、全部分かりますよ。パスポートも残っているし。当たり前じゃないですか。  金光社長、そのときの記録、ありますよね。録音でもいいんです。

岡島一正

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

本日は、京都大学大学院人間環境学研究科教授小畑史子君にも参考人としてお越しいただく予定でありましたが、京都府においてもまん延防止等重点措置が実施されることとなったため、長距離の移動を伴うことを考慮し、不本意ながら御出席いただかないこととなりました。皆様のお手元には、本来委員会で陳述していただくはずであった小畑君の御意見を配付しております。  

小川克巳

2021-04-13 第204回国会 参議院 法務委員会 第7号

これまでも様々相続の相談を受けてきた中でも、やはり価値がある土地であっても、いろんな人間関係とかその後の手続とか様々考えたときに、もう要らないというような判断をする方というのはたくさんいらっしゃるのかなというふうにも感じているところでもあります。  この相続放棄が増えてしまうんじゃないかという点についてどのように捉えられているのか、御説明いただけますでしょうか。

伊藤孝江

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

そして、その方がおっしゃったのは、自分のような人間をもうつくらないようにしてくれと、とにかく対策をつくってくれということを私はもうお話を聞かせていただいていますので、是非皆様と一緒にこのゲーム依存症対策、本当の対策をつくらさせていただきたいと思います。  続きまして、ゲームに関連しまして、外国製の、海外製ゲームの浸透、そして消費者の保護について話をさせていただきたいと思います。  

藤末健三

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

大門実紀史君 じゃ、今日はもう時間なので、引き続きやっていきますけれど、はっきり申し上げて、二〇〇九年の与野党修正自民党から共産党まであれだけ議論してやったのは、消費者庁人間、加納さんは非常に能力あって頑張っている人だと分かりますよ、私とはちょっと立場違うけど。ある意味で物すごく有能ですよね。だから頑張り過ぎなんですよ。

大門実紀史

2021-04-09 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第4号

先ほど依田参考人は、人間は誤りを犯すものだということもありますし、限定合理性というのもあって、後悔をするものだということなんですけれども、相田みつをさんは、つまずいたっていいじゃないか、人間だものという。何か、ナッジ理論で悩んでいるセイラー教授の、悩む必要はないんだというようなことが相田みつをさんのそういう言葉にあって、それに引かれたのかななんというふうに思ったんですけれども。  

串田誠一

2021-04-09 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第4号

依田参考人 まず、行動経済学的な考え方というものの中において、人間というのは確かに、今、串田先生がおっしゃったように弱い存在でございます。したがって、全ての情報を入手し、それを正しく合理的に情報計算して選択を、AかBか選ぶことはできません。  そこで、二つ考え方がございます。

依田高典

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

周囲の人間被災者に向けて掛けてよい言葉、不適切な言葉、こういったものも震災から学んだものとして教訓ノウハウの中に厚労が残していかなければ、これは災害から何も学ばないということになってしまいます。  本当に十年で学んだことを後世に見知として残していきたいと、その精神的なケアについて厚生労働省が基準を設け、マニュアルのようなものを必ず教訓ノウハウに入れていただきたいんですが、いかがでしょうか。

石井苗子

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

引き続き、増員ということでありますと、定員の状況、厳しい状況があったり、また先ほど委員から人間力というお話がございましたが、要員の確保であるとか養成の観点も踏まえなければなりませんけれども、そういった中で、様々な選択肢を含めて、ニーズに応じた適切な配置となるよう検討してまいりたいと考えております。

岡真臣

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

こういった諜報活動と、さっき質疑したサイバーの人材と意外とリンクするような気がいたしますが、一方で人間力が問われるみたいなところがあって、情報収集の方は。いわゆるCIAの方なのか分からないですけれども、日本でいくと、日露戦争ばかり言って恐縮ですが、明石元二郎という人がいました。  

杉本和巳

2021-04-08 第204回国会 参議院 内閣委員会 第10号

やっぱりそうなんですね、どんどん、二十年たちますと、科学技術も進歩しますけれども、やっぱり様々なこの人間関係的なことも進歩していく、変わっていく中で、私は、やっぱり定義そのものについても、ストーカーとは何なのかということの定義を見直さなければ、どうしてもその規制対象ではないということで外れてしまう方々がいらっしゃいます。  

矢田わか子

2021-04-08 第204回国会 参議院 内閣委員会 第10号

国務大臣小此木八郎君) これまでも、ちょっと三回も四回も同じような答えするのも私自身も好むところでありませんけれども、ストーカー規制法の立法当時とそして現在、今の段階では、委員がおっしゃるとおりに、時代も中身も、人間の在り方と申しますか、物事の進展した便利なものの使い方、様々環境が変わってまいりました。  

小此木八郎

2021-04-08 第204回国会 参議院 内閣委員会 第10号

木戸口英司君 このストーカー事案人間の感情から発する、そこからくる行為でありますので、非常に困難なまた対応ということになる、そのことは言うまでもありません。その意味で、今挙げた第十条、第十一条の取組というのは不断の取組が非常に大事だと考えますので、そのことの取組強化をお願いをいたします。  

木戸口英司

2021-04-08 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

自身、当時渦中の人間でしたから、かなりいろんな状況は知っているつもりでしたけれども、例えば、この中で、アメリカ、特に軍が当時どういうことを考えていたのか、当初は五十マイルまでの避難、しかし、海軍は二百マイルまでの避難ということを検討していたというようなことがいろいろと出ておりまして、そういう意味では、この十年を経て、改めて再検証の重要性というものを感じたところであります。  

菅直人

2021-04-08 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

○青山(雅)委員 そういう公平な、公正な目を持ってきちんと見ていただいているということは大変喜ばしいことですし、規制委員会やり方自体には御信頼を申し上げているところですけれども、ただ、人間ですから、あるいは企業ですから、どうしても申請が下りやすい方向に若干の操作、色合いをつけていくというのはこれは当然あると思うんですね。  

青山雅幸

2021-04-08 第204回国会 参議院 環境委員会 第5号

また、先日、日曜日の共同通信さんの記事でしたけれども、イギリスの大学の調査では、人間が一年間に魚介類を食べてそこから摂取をするマイクロプラスチックというのは、年間最大で五万個だそうです。そして、魚介類を多く摂取する日本人については最大十三万個、世界平均の二・四倍だということでした。東京湾のカタクチイワシなどからも一匹当たり二・三個のマイクロプラスチックが見付かっているということでした。  

寺田静

2021-04-08 第204回国会 参議院 環境委員会 第5号

今後、自然環境保全地区で人の手によって再生される藻場、そして干潟、こういったものが、先生の御懸念というのは、環境を再生したいという地域の皆さんのその思い、こういった声は大事だけれども、一方で、それが人間のエゴによって、結果として、善かれと思ってやったことが地域生態系を破壊しかねない、こういったことってやっぱり考えなきゃいけないことなので、そういったところをしっかり見ながら我々としても責任を果たすということが

小泉進次郎