運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
371件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-03-31 第204回国会 参議院 本会議 第12号

この状況を見てもなお、少人数学級効果は薄いとして、最後まで法改正に否定的だった財務省に対し、教室内の変化子供たち変化であり、それは日本の未来の変化そのものだと不退転の意思で交渉に臨まれた萩生田大臣及び文科省、自治体、教育関係者皆様に心からの敬意をささげるとともに、内容の十全でない点はお伝えし、更なる措置を早急に検討いただくため、本法案課題を具体的に指摘させていただきます。  

伊藤孝恵

2021-03-31 第204回国会 参議院 本会議 第12号

委員会におきましては、参考人から意見を聴取するとともに、少人数学級効果教員確保に向けた取組、更なる学級編制標準引下げ必要性等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。  質疑を終局し、討論に入りましたところ、立憲民主・社民の斎藤理事国民民主党・新緑風会の伊藤委員日本共産党吉良委員より、それぞれ賛成意見が述べられました。  

太田房江

2021-03-30 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

本日は、少人数学級に向け、学級編制教職員定数標準に関する法律の一部を改正する法案についての審議でございます。私としても、少人数学級を進めようとする方向性自体は異を唱える考えはございません。五年間を掛けた段階的な取組とはいえ、ようやく少人数学級への道筋が付いたことに期待する声も少なくないと存じます。しかし、少人数学級の進め方、ICT教育推進教育質向上の問題など、課題も少なくありません。

舩後靖彦

2021-03-30 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

次に、インクルーシブ教育と少人数学級関連についてお尋ねいたします。  私は、障害のある子もない子も共に学び、育つことが重要だと考え、インクルーシブ教育実現を訴えています。また、障害だけでなく、外国籍子供や様々な文化社会的背景を持った多様な子供たちが同じ教室の中で学ぶ、誰も排除しないインクルーシブ教育を進める上で、少人数学級は重要だと考えております。  

舩後靖彦

2021-03-25 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

次に、インクルーシブ教育と少人数学級関係性についてお尋ねいたします。  私は、障害のある子もない子も共に学び育つことが重要だと考え、インクルーシブ教育実現を訴えています。また、障害だけでなく、外国籍子供や様々な文化社会的背景を持った多様な子供たちが同じ教室の中で学ぶ、誰も排除しないインクルーシブ教育を進める上で少人数学級は重要だと考えております。  

舩後靖彦

2021-03-25 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

参考人藤井昌也君) 少人数指導という話と学級という話があるんですが、私は、少人数学級基盤にあって、その上に乗っていくものが少人数指導ではないかと思っています。少人数指導基盤にあって学級はできないものですから、やっぱり少人数学級というところをまず踏み出していただいて動き出したということはとてもうれしいことで、決して通過点にならず、本当にどんどんやっていってほしいと思っています。  以上です。

藤井昌也

2021-03-25 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

さて、早速ですが、この少人数学級に関わる議論というのはこの間、長年されてきているわけで、その中で文科省は、長年、少人数学級だけではなくチームティーチング、習熟度別指導など、少人数指導も含め地方自治体が選択的に行うことが効果的と答えてきたという経緯があって、そこで、先ほども三幣参考人もおっしゃっていましたけど、地方自治体によっては少人数学級ではなくて少人数指導で対応してきたところもあると聞いているわけですけれども

吉良よし子

2021-03-24 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第7号

ICT環境整備と、その効果を最大化する少人数学級実現を車の両輪として進める中で、学習履歴、いわゆるスタディーログを効果的に利活用しつつ、より双方向型の授業を展開し、教師がこれまで以上に子供成長やつまずきなどの理解に努め、個々の興味、関心、意欲等を踏まえてきめ細かい指導を行うこと、一人一人の意見表出機会を増やし、多様な他者とともに問題の発見や解決に挑むという観点からの授業改善を図っていくこと、子供

瀧本寛

2021-03-24 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第7号

働き方改革なんかも含めて、ソサエティー五・〇時代教育に加えて、今回のコロナ禍という新しい社会在り方の中で少人数学級有効性が確認されたりとかする中での審議だったと思います。古くから議論されておりました少人数学級課題やこの現状の変化を大きく受けて、大変意義深い答申になったのであろうというふうに受け止めております。  

大串正樹

2021-03-23 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第5号

ソサエティー五・〇時代の到来や子供たち多様化が一層進展するなどの状況下において、安全、安心な教育環境の下、誰一人取り残すことなく全ての子供たち可能性を引き出す教育へと転換し、個別最適な学び協働的学び実現することが求められており、ICT活用した、子供たち一人一人の教育的ニーズに応じたきめ細かな指導を可能とする少人数学級推進することが必要であります。  

萩生田光一

2021-03-17 第204回国会 参議院 予算委員会 第12号

その中で、例えば子供たちには少人数学級実現を今しようとしておりますし、また一人一台の端末の環境整備を今年度末までに進めるということで進めております。まさに多様な学び、そして個別最適な学び実現をして、子供たちの世界が広がるような環境をつくっていく、そのために政府が率先して必要な予算確保して投資をしていくということ。  

西村康稔

2021-03-17 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

今回、義務標準法改正をいたしまして、小学校について、学級編制標準を五年かけて三十五人に引き下げ、教職員定数の計画的な改善を図ることとしましたが、これに応じて、現在、自治体独自の少人数学級実施するために措置しているものなど、加配定数の一部を含む合理化減活用することとしております。  

瀧本寛

2021-03-17 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

まず最初に、少人数学級実現に向けて、大臣が大変御尽力いただいてこの法案が出てきたということになるかと思います。大臣の御尽力に対して、心から敬意を表させていただきます。  その上で、最初質問として、少人数学級編制実施に伴って非正規の教員が増えるんじゃないか、その点について質問させていただきたいと思います。  

山内康一

2021-03-16 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第3号

政府参考人青木孝徳君) 今般の三十五人、小学校の三十五人学級につきましては、きめ細かに児童を見ることができるという利点が、より低年齢であり、担任の役割が大きい小学校において、より大きいというふうに考えられることと、それから、三十五人学級の導入に伴い自治体独自の少人数学級実施するために措置しているものなど、加配定数の一部を含む合理化減などを活用することとしたことなどを含めまして、総合的に判断をしたものでございます

青木孝徳

2021-03-16 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

たちがいるんだとすればこれはすごく残念なことで、インクルーシブ教育考えたら、障害のある先生学校に一人いらっしゃることで私は子供たち理解も高まるんだというふうに逆に思いますので、自信を持って最後まで教職で教員資格を取ってもらうことを是非促していきたいなと思っていますし、またあわせて、せっかく、今日は午前中からずっと申し上げていますけど、この四月からもう日本公教育はフェーズが変わるわけですから、少人数学級

萩生田光一

2021-03-16 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

ですから、何が言いたいかというと、三十五人学級導入するので先生の数増えるから、いわゆる教科担任もその分で増えるから、クラスが多くなるからいろいろやりくりがしやすくなる、これはまあ事実ではありますけれども、ただ、持ちこま数自体は増えるものですから、何が申し上げたいかというと、少人数学級進捗による定数増と今局長がおっしゃったいわゆる定数増というのは全く別、別物だと、こういうような考え方でいいか、この点だけ

斎藤嘉隆

2021-03-16 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

そうじゃなくて、やっぱり少人数学級は少人数学級でやります。これ、きめの細かい指導ができるようにやります。  で、専科必要性というのはまた別の話でありまして、先ほど上野先生がウエルビーイングによる科学技術の大切さ、お話しいただきました。実は私は東京なものですから、私の小学生のときから五年生は理科は専科だったんですけど、全国的に見ますとまだ四割程度なんですね。

萩生田光一

2021-03-16 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第5号

末冨参考人 少人数学級実現が、とりわけ困難な世帯の子供たちに対して重要であるのは、学校が、安心して学べることができる、友達としゃべったり遊んだりすることができる、居場所であるということに尽きると思います。学校学級が安心した居場所であればこそ、子供たちが学ぶ意欲を持ち、そして自らの能力資質を伸ばしていくことができる土壌となると考えております。  

末冨芳

2021-03-16 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第5号

たち公明党も、遡りますと、一九九九年に党の基本政策に、少人数学級実現ということを主張いたしました。特に、コロナ禍を受けまして、昨年は、安倍総理始め文部科学大臣など、少人数学級実現に、強く働きかけてきたところでございます。本法律案早期成立を期してまいりたいと考えております。  まず、末冨参考人にお伺いをしてまいります。  

古屋範子

2021-03-12 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第4号

そうした中で、公明党の皆さんからいただいた少人数学級に関する力強い決議や、地方六団体を始めとする学校現場における少人数学級効果必要性の声は、今回の少人数学級実現に当たり、大きな後押しになりました。  また、少人数学級については、小学校のみならず、中学校においてもその必要性に変わりはないと認識しております。  

萩生田光一

2021-03-10 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

地元の小中学校校長先生に聞いたところも、少人数学級に大賛成であると。その一方で、やはり人材確保教員確保、ここに大変御心配をしていますので、是非文科省としてもしっかり取り組んでいただければというふうに思います。  続きまして、学校施設整備についてお伺いをしたいというふうに思います。  この少人数学級推進に加え、ハード面の充実、これも非常に重要な案件だというふうに思っています。  

根本幸典

2021-03-10 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

まず最初に、少人数学級について質疑をさせていただきたいと思います。  今回の小学校における三十五人学級については、約四十年ぶりに行われる計画的な学級編制標準引下げであり、次代を担う子供たちが安心して学び、育つ環境整備が期待されています。  実は私も、小学校のとき、二十六人学級でありました。

根本幸典

2021-03-09 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

私は、文部科学大臣として、こうした改革を何としても前に進め、ICT活用と少人数学級を車の両輪として、新学習指導要領の着実な実施と相まって、全ての子供たち可能性を引き出す個別最適な学び協働的学び実現のため、令和日本型学校教育構築を目指す幕開けの年とすることを強く決意しているところです。  新しい学校教育実現に向けては、教育の質を支える教師の力が何よりも重要です。  

萩生田光一

2021-03-09 第204回国会 参議院 内閣委員会 第3号

人数学級ICT活用に個別最適な学びキャリアアップ支援リカレント教育の強化、テレワークや副業、兼業、フリーランス等の働き方の環境整備を進め、多様な人材能力、発想が発揮される社会を目指してまいります。  成長戦略で取りまとめた実行計画において、ポストコロナ時代を見据えた主要改革基本的方向性を具体化しました。

西村康稔

2021-03-05 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第2号

私は文部科学大臣として、こうした改革を何としても前に進め、ICT活用と少人数学級を車の両輪として、新学習指導要領の着実な実施と相まって、全ての子供たち可能性を引き出す個別最適な学び協働的学び実現のため、令和日本型学校教育構築を目指す幕開けの年とすることを強く決意しているところです。  新しい学校教育実現に向けては、教育の質を支える教師の力が何よりも重要です。  

萩生田光一

2021-03-05 第204回国会 衆議院 文部科学委員会 第2号

無償化を目指して全ての子供たちに行き届いた教育を求めることに関する請願務台俊介紹介)(第三四号)  同(下条みつ紹介)(第三六号)  同(井出庸生紹介)(第三八号)  国の責任による三十五人以下学級前進教職員定数増教育無償化教育条件改善に関する請願福田昭夫紹介)(第五八号)  同(柚木道義紹介)(第一五九号)  新型コロナウイルス感染症から子供を守り学ぶ権利を保障するために少人数学級

会議録情報

2021-03-01 第204回国会 衆議院 予算委員会 第17号

詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、ICT活用した教育在り方、少人数学級実現大学ファンド運用方針日本学生支援機構奨学金制度在り方、アクティブラーニングに対応した教員の養成、教育現場における子供性被害防止等であります。  以上、御報告申し上げます。

村井英樹

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第2号

次に、少人数学級教員確保について伺います。  今回、文科大臣、本当に尽力していただきまして、来年度からの公立小学校の一学級当たり児童数、段階的に三十五人に引き下げるということで、今国会にその関連法案が提出されております。少人数学級必要性について文科大臣の認識を伺いたいと思います。

道下大樹

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第2号

道下分科員 私も、是非、今回、何とか四十年ぶり前進になりましたけれども、更なる少人数学級を進めていただきたいと思います。  以前、国立教育研究所、今、国立教育政策研究所というふうになっていますけれども、そこの次長を九五年に退官された市川昭午先生というのは皆様御承知でしょうか。

道下大樹

2021-02-25 第204回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

鶏と卵みたいなところがあって、学校があるから初めてそこで子育てしようとか、そこで住み続けようということがあるので、ある程度、人口減少に伴って一定の整理は必要かもしれませんが、ある分水嶺を越えちゃうと、学校がなくなると一気にだだだだだっと逆に人がいなくなるということがあるので、私は、先ほど申し上げた自分の経験から、むしろ少人数学級は悪くないと。

玉木雄一郎

2021-02-25 第204回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

文科省としては、令和日本型学校教育実現し、教育の質の向上につなげるため、新学習指導要領を着実に実施するとともに、学校におけるICT活用と少人数学級を車の両輪として進めることや、子供一人一人の学びを最大限に引き出すための教師資質向上など、関連する取組に全力で取り組んでまいりたいと思います。

萩生田光一