運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
61788件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-28 第204回国会 参議院 情報監視審査会 第5号

この二つの条項の矛盾というものが最初から気になっておりまして、この当委員会に出すときにはそのおそれがないとき、一方で、指定するときにはそのおそれがあるときと、こういうふうになっておると。じゃ、当委員会提出される特定秘密というのは一体どういうものなんだろうかと、これがいつも疑問に思っておるところでございます。

江藤洋一

2021-04-23 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号

二つ目は、今回の緊急事態宣言は、大型商業施設の休業、大規模イベントの原則無観客の要請等、これまでよりも強力に私権を制限する措置となると承知していますが、その具体的な内容と解除に向けての基準について、明確な御説明をお願いします。  三つ目は、国民皆様に御協力していただかなくてはなりませんが、新型コロナウイルス問題が深刻な問題となって以来、もう一年以上が経過しています。

盛山正仁

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

なかなか、いろいろな問題があってうまくいっていないところなので、まさに真っ二つになったんです。  そこで、この期日投票のことが問題になりまして、期日投票は、実は、役場のところで、水曜日から土曜日まで四日間、毎日開いていて、朝の八時半から夜の八時まで開いているんですね。ところが、B地区の方は、開いている時間が二日間、しかも、それは六時までで閉めるというふうになっているんです。

今井雅人

2021-04-20 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号

これは、私の資料で四ページに二つの方法で押し下げ効果を推計していますけれども、いずれも押し下げ効果は一%程度と見ています。これが妥当なのかどうかということなんですね。  もしこれが妥当だとすると、仮に国債買入れをやめても長期金利は一%程度しか上昇しないというふうに日銀は考えているということになりますけれども、それでいいんですか。黒田総裁、お答えください。

階猛

2021-04-19 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第2号

○池田(真)委員 検査の話とワクチンの話と、二つまとめてお答えをいただいたような形だと思いますけれども、まず、検査の話もありますが……(田村国務大臣「ごめんなさい。ワクチン検査と、ちょっと勘違いしちゃいました」と呼ぶ)いいです、お答えいただいたワクチンは、それで受け止めさせていただきます。  

池田真紀

2021-04-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号

二つ目として、この変異種が全国的に猛威を振るいつつある中で、蔓延防止等重点措置の適用が必要な地域が今後も拡大していくのではないかということもまた懸念されているわけでございますが、今現在の見通しとして、どのように受け止めておられるのかということをお伺いいたします。  三つ目になります。  

木村次郎

2021-04-16 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号

それによって、いわゆる二つ大きく出てきたと思いますけれども、一つは、消費者がいる市場において物理的な拠点、いわゆる倉庫とかいうのを置かずにビジネスが勝手に、アマゾン、ばっと持ってきてそのまま配達しちゃうというような形で、そういったことができる多国籍企業に対して、市場、マーケットを提供している、すなわち日本なら日本、どこならどこと、そういうところにおいても、そこにある市場国が適切に課税ができるようにするという

麻生太郎

2021-04-16 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号

やはりこれだけ貸出しをして、それが本当に正常債権で戻ってくればいいわけですが、そうならなかったときの心配で、これはかなり緩い条件で貸出しをしているわけですから、貸出しを受けた企業、とりわけ信金ですから中小企業、その経営の問題と、それからもう一つは、そうやって返済が滞ることによって受ける信金のダメージというんですか、この二つをやはり考えておかなければいけないということです。  

海江田万里

2021-04-16 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号

前回も議論させていただきました日本貸借対照表二つ貸借対照表について、これを表にしてみました。左側が財務省さんが作成している国の財務書類一般会計特別会計を合算したものです。右側は、内閣府作成の国民経済計算一般政府を表しているものです。  これは、左側を見ますと、五百九十一兆円の債務超過になっております。一方、国民経済計算貸借対照表を見ますと、九十八・六兆円の資産超過になっております。

日吉雄太

2021-04-15 第204回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

ミャンマー・エコノミクス・ホールディング・リミテッド、MEHLと、ミャンマー経済公社MEC二つで、両社は傘下に宝石業や銀行、通信、運輸など幅広い分野で計百以上の子会社を有して収益を上げていると言われております。この二つとその関連企業日本のODAにも参加をして利益を上げているわけですね。  

井上哲士

2021-04-15 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第9号

もう一つ登録する無形文化財保持者の死亡や保持団体の解散、実施形態が大きく変わり、登録無形文化財としての価値がなくなってしまったような場合、その登録を抹消する、これが二つ目でございます。そういった場合に抹消することとなると考えられます。  文化庁としては、日頃から必要な指導、助言を行い、保持者等保護に対する熱意等をしっかりと尊重しながらその継承に努めてまいりたいというふうに考えております。

矢野和彦

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

したがって、元首、英訳するとヘッドオブステートと規定してしまうことは、天皇陛下の本来の役割を矮小化しかねず、諸外国に対しても誤解を与える、あるいは、天皇はあくまでも天皇であり、エンペラーそのものではなく、また国家責任を負うヘッドオブステートそのものでもなく、祭祀と元首のお役目を併せ持つ、世界に二つとない存在であるという考え方を持っていらっしゃる方もいます。

城内実

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

二つ目は、同時に、今政治がやるべき最優先の課題は、新型コロナ対策です。改憲や国民投票法ではありません。  コロナ感染拡大が各地で深刻になっています。この事態に対し、憲法の見地からどう対応するのか。それは、憲法を変える議論ではないと思います。国民、住民の皆様の命と暮らしを守り、憲法が規定する生存権を保障するために、具体的にどういう施策が必要かを議論することだと思います。  

本村伸子

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

改めて私は、何度も申し上げていますけれども、そのことを訴えて、その上で、かつ、この投票法の問題が片づかないので憲法本体はまだ先だというのは、これまた全くおかしな話で、そもそも憲法審査会というのは、日本国憲法と、そして日本国憲法改正手続に関する国民投票法、この二つを議論しましょうというのが役割ですから。

新藤義孝

2021-04-15 第204回国会 参議院 内閣委員会 第12号

さて、それに併せて、若干これも製造のところに関連して、これ、もしかしたら答弁が二つ、経産省なのか警察なのか、どちらにもまたがっちゃうかもしれない案件なんですが、製造についての今回はあれであります、所持について、完成品を所持したことについての規制ということでありますが、部品、完成品、仕掛品、これについての規制というのは抜け道としてないんだろうか、このように思うわけでございます。  

小沼巧

2021-04-15 第204回国会 参議院 内閣委員会 第12号

一方、この全日本クロスボウ協会日本ボウガン射撃協会二つ団体会員数も少なく、販売店との連携についても十分ではないように見受けられます。  警察庁としては、既存する団体運営実態などをどのように把握されているのか、そして、今後、このような団体、どのように育成しようとされているのか、お答えいただければと思います。

矢田わか子

2021-04-14 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号

この二つ事業をうまく利用して、例えば、東京在住ITリテラシーの高い人材DX人材を地方に移住させて、農業人材として活用することができれば農業人材の確保と農業スマート化というものが一気に進む、また、東京一極集中是正も解決できるということで、大変私はいい事業だというふうに思います。  そこで、今日は吉川政務官にお越しいただいております。

佐々木紀

2021-04-13 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第9号

全部を紹介できませんけど、一つ二つ申し上げますと、国税庁の事務運営通達、指針にもなっていますが、取引先等に対する反面調査実施に当たっては、その必要性反面調査先への事前連絡の適否を十分検討すると。事前連絡をやる必要がある、やらない必要、やらないというのはよっぽどの事例だと思うんですけれど、十分検討する必要があると。実態として事前連絡をされた例は、私は余り承知しておりません。  

大門実紀史

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

私は、この二つの代表ではありますが、マタニティーハラスメントの被害者でもあります。そして、働きながら四人の子供を育て、来月には母の介護が始まる当事者目線でのお話もさせていただければと思います。  NPO法人マタニティハラスメント対策ネットワーク、以後、マタハラNetと呼ばせていただきます。  

宮下浩子

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

出生率と先のことばかり考えて絶対数で見てこなかったこと、ひいては現に生まれてきている子供たちを大切にしている、大切にする視点が不十分だったこと、ここのずれが原因二つ目だというふうに考えています。  さらに、国民生活にとって切実な問題という意味で大事なのは、数量的に子供の数を増やすことを目的とした少子化対策ではなくて、質的にストレスのない子育て生活を実現する子育て支援だというふうに考えます。  

井上久美枝

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

この交付金では、二〇一五年から二〇一七年、年度までですね、同じ圃場二つ取組をやった場合に重複してカウントできるという形でどちらも支援をしておりましたが、取組の実面積を拡大させるということを優先させるという観点から、二〇一八年度からは同じ圃場における支援対象取組一つに限定していただくと、こういった運用に見直したところでございます。  

水田正和

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

二つ目は、社会、環境、文化の視点から、持続可能な食を支える食育推進三つ目は、横断的な視点から、新たな日常デジタル化に対応した食育推進。この三つを掲げまして、SDGsの観点から総合的に推進することとしておりまして、持続可能な食や、新たな日常デジタル化への対応が盛り込まれたところであります。

野上浩太郎

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

もし、立ち止まって基本的なこと、徳育というものに主点を置かなければならないんだったら、いつだって振り返って元に戻ってもう一回考え直していいと思うんですが、新しい食育基本法では、先ほど御紹介があったように、生涯を通じた身体の健康を支える食育、持続可能な食を支える食育と、この二つでありますが、先ほどありましたように、国民皆様の持続可能な食事を健康のために支えているかどうかという御指摘もあったとおり、本当

石井苗子

2021-04-13 第204回国会 参議院 法務委員会 第7号

ちょっとそのシミュレーションをするに当たってどういう形でその方程式を作ったのかということについて私ちょっと定かではないんですが、今二つの数字を申し上げたその後半の地目別のということについては、それぞれの所掌の中で持っているデータ、つまり今ある農地はどのぐらいなのかというところに占めるいわゆる所有者不明の土地という、こういう分類の中で考えると、農地の場合には一八・五%という状況でありますので、それぞれの

上川陽子

2021-04-13 第204回国会 参議院 法務委員会 第7号

八千代市水道事業給水条例施行規則という規則を作りまして、この六条の中で、同意書等提出、先ほどの七条三項の同意書提出を求めることができるという本文のその同意等提出はどういう扱いかということになりますと、他人家屋又は土地内に給水装置を設置しようとする場合は当該家屋又は土地所有者同意を証する書面他人給水装置から分岐しようとする場合、当該給水装置所有者同意を証する書面と、前二号ですね、今の二つ

豊田俊郎

2021-04-12 第204回国会 参議院 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号

先ほど申し上げた七百九十二円や七百九十三円になっていますが、しかし、コロナ前にでも最低のこの賃金が十五県にも並んだということは、これ見て分かりますように、多くの場合は、一つの県しかなかったときもある、あるいは二つ三つあったときもあるけれども、今や十五県といいますと、四十七都道府県の三分の一ですよ、それがまさに最低のまま置かれ続けてきたのが、今の最低賃金行政なんですよね。

伊波洋一

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

その上で、委員指摘二つ措置の違いですが、緊急事態宣言というのは、分科会の提言に言うステージ4、いわゆる感染爆発段階で、国を挙げて感染拡大防止に努めるという措置であります。また、蔓延防止等重点措置については、その前の段階で、いわゆるステージ3、感染急増段階において、機動的かつ集中的に対策を講じて緊急事態宣言に至らないようにするというのが基本的な考え方です。  

赤澤亮正

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

今、一つ一つ、この二つのところの違いというものを御説明いただきました。でも、やはり緊急事態宣言蔓延防止措置というのは、若干強弱があって、似ている部分があろうかと思います。  そういった意味では、私自身が実は地元に帰ってよく言われたのが、その中の飲食店の皆さんへの協力金の話をやはり言われました。

田中英之