運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
25件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

2021-03-18 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)  国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)  エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)  中小企業者等事業不動産

会議録情報

2020-12-04 第203回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号

促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)   四、国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)   五、エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)   六、中小企業者等事業不動産

高木毅

2020-12-04 第203回国会 衆議院 経済産業委員会 第4号

についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出エネルギー協同組合法案  第二百一回国会後藤祐一君外七名提出中小企業者等事業不動産

富田茂之

2020-11-13 第203回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)  国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)  エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)  中小企業者等事業不動産

会議録情報

2020-09-18 第202回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)  国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)  エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)  中小企業者等事業不動産

会議録情報

2020-09-18 第202回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出エネルギー協同組合法案  第二百一回国会後藤祐一君外七名提出中小企業者等事業不動産

富田茂之

2020-09-18 第202回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号

促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)   四、国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)   五、エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)   六、中小企業者等事業不動産

高木毅

2020-06-24 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第18号

利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)  四、国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)  五、エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)  六、中小企業者等事業不動産

会議録情報

2020-06-17 第201回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号

促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)   四、国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)   五、エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)   六、中小企業者等事業不動産

高木毅

2020-06-17 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第17号

近藤昭一君外五名提出、熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱利用を促進する等のためのエネルギー使用合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修実施等に関する法律案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出エネルギー協同組合法案  後藤祐一君外七名提出中小企業者等事業不動産

富田茂之

2020-05-13 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

   (中小企業庁事業環境部長)            奈須野 太君    政府参考人    (中小企業庁経営支援部長)            渡邉 政嘉君    経済産業委員会専門員   佐野圭以子君     ――――――――――――― 委員の異動 五月十一日  辞任         補欠選任   高村 正大君     古賀  篤君     ――――――――――――― 四月二十八日  中小企業者等事業不動産

会議録情報

2015-03-31 第189回国会 参議院 財政金融委員会 第6号

今例示をされました事業不動産などの件でございますけれども、例えばそれが、保有してどこかで売ったというような場合に、どういう状況でそれを把握できるかということになりますと、国外におるものですからなかなか状況が入ってこないということになりますので、やはり毎年報告をしていただくということの中で、例えばそこが、状況が変動していれば、そこに譲渡が生じていたということが分かるといったようなこともございます。

佐藤慎一

2011-10-27 第179回国会 衆議院 総務委員会 第2号

これは百四区分あって、電気通信事業用にほとんど使っているんですが、水資源開発用とか核燃料事業用とか金融事業不動産、競争事業用、出版、索道、わけがわからないようなのがいっぱいあるわけですよ、百四。これは、絶対に今見直すチャンスなんですよ。既得権益みたいに、電波を独占した人とかというのは残っちゃうんです。

平井たくや

2004-04-26 第159回国会 参議院 決算委員会 第10号

ここで見ましても、前提条件として、「収益還元法による収益価格」という項目の中で「対象不動産のようなホテルを中心とするリゾート施設キャッシュフロー分析にあたっては、」と明確に書いてありますし、「鑑定評価額の考え方」の中にも、「本件は、事業不動産(リゾート施設)の評価であるため、」というふうにして、「ディスカウント・キャッシュフロー法によって鑑定評価額を求めた。」

松井孝治

2004-03-16 第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第10号

一般的に、銀行については、その事業上の性格を考えてみますと、総資産に占める事業不動産の割合は小さいものがございまして、また、加えて、近年、合併等により支店の統廃合が進展をしておりますので、減損会計強制適用銀行貸し出し行動に与える影響は限定的なものではないかというふうに考えております。

伊藤達也

2004-02-27 第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第6号

このいわゆる事業用土地譲渡損というものに関して、事業不動産譲渡損益は例えばその本人の勤労所得と合算するというのは、今言ったような意味でこれは考えていくべきだというふうな議論というのは、私は一つあるのかなというふうに率直に思っております。リアリズムからいったら今すぐやるのはどうかというのは別ですよ、しかし、そういった議論はあるだろうと。  

松原仁

2003-06-11 第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第22号

そして、自分がいわゆる処理しているものをブレークダウンすることなくて、例えば事業不動産十九件、所有不動産十、そして簿価取得価格五十八億四千百万円、評価額四十四億三千九百万、こういう形で出ているんです。  理事長永代信用組合というのは大正十五年につくられているんですよ。そして、この中には本店も入っているんですよ。大正十五年の簿価取得価格というのは、今と比べるならば、ほぼゼロに近いはずですよね。

東祥三

2001-03-07 第151回国会 参議院 予算委員会 第5号

すなわち、親から子に事業承継をする場合、親名義の事業不動産預金等々が贈与税対象となるため、速やかかつ円滑な事業承継の障害となっております。  ことしの税制改正で、相続税または遺贈により取得をする財産、すなわち特定事業用宅地等々に係る特例対象面積を三百三十平方メートルから四百平方メートルに拡大したことは評価をするところであります。その効果はいかがなものか、両大臣にお尋ねを申し上げます。

三浦一水

1996-02-23 第136回国会 衆議院 法務委員会 第2号

正常債権三・五兆円といいますけれども、一般の住宅向け個人ローンというものを除いた三・五兆の中のほとんどがきっと事業不動産向け債権ということであると思いますが、それは一度経営破綻をして処理をされるという状況の中で、その債権回収がどんなに困難を伴うかということは、これは幾つかの例を見ても明らかなわけであります。  

山田英介

1990-03-29 第118回国会 参議院 地方行政委員会 第2号

第七十三条の四第一項第十三号及び第十三号の二の改正は、新技術事業団及び新エネルギー産業技術総合開発機構事業不動産に係る非課税措置を縮減しようとするものであります。  第七十三条の四第二項の改正は、保安林の用に供するために取得した土地に係る非課税措置について、一定の施設等の用に供するものを除外しようとするものであります。  

湯浅利夫

  • 1
  • 2