運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
17038件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

どういう活用があったかというと、浸水域長野県防災ヘリコプターの画像と建物情報を重ね合わせて何世帯が被災したかというのがすぐ分かる。実は環境省も恩恵を受けていまして、「One NAGANO」ってありました。あれは、いわゆるボランティアとか長野市自衛隊が集積所がどうなっているかというのをリアルタイムで共有できるというので、これが非常にうまく動き出したんですね。  

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

どういう活用があったかというと、浸水域長野県防災ヘリコプターの画像と建物情報を重ね合わせて何世帯が被災したかというのがすぐ分かる。実は環境省も恩恵を受けていまして、「One NAGANO」ってありました。あれは、いわゆるボランティアとか長野市自衛隊が集積所がどうなっているかというのをリアルタイムで共有できるというので、これが非常にうまく動き出したんですね。  

浜田昌良

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

当初、半壊は三世帯、一部損壊が六百十五世帯だったものが、認定変えた後は、半壊が三百二十九世帯、一部損壊は四百八十三世帯ということになったということでありました。なぜ変えたかということをお聞きしましたら、市長が時間がたってみないと分からない被害があるということに私が気付いたということをおっしゃっておりました。  

武田良介

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

当初、半壊は三世帯、一部損壊が六百十五世帯だったものが、認定変えた後は、半壊が三百二十九世帯、一部損壊は四百八十三世帯ということになったということでありました。なぜ変えたかということをお聞きしましたら、市長が時間がたってみないと分からない被害があるということに私が気付いたということをおっしゃっておりました。  

武田良介

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

こうしたことから、日本人等で貸付けを受ける際の預託金の金額につきましては、今申し上げましたシンガポールの例を参考としつつ、我が国における平均的な世帯の年間収入から見て相当の資力を有する者とすることを念頭に置いて、今後カジノ管理委員会規則において定められることとなっておるところでございます。

並木稔

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

こうしたことから、日本人等で貸付けを受ける際の預託金の金額につきましては、今申し上げましたシンガポールの例を参考としつつ、我が国における平均的な世帯の年間収入から見て相当の資力を有する者とすることを念頭に置いて、今後カジノ管理委員会規則において定められることとなっておるところでございます。

並木稔

2019-12-02 第200回国会 参議院 本会議 第9号

また、官民の寄り合い世帯は生き馬の目を抜く投資の世界に不向きで、官の判断の遅さが致命傷になりかねません。  では、なぜ官民ファンドがこんなに増えたのかといえば、設立額が大きく、政策の見かけの規模を膨らませることができ、各省庁に使い勝手のいい自分の財布を持っていて損はないという発想があるからにほかなりません。  このため、過去にも大きな失敗を起こしました。

柴田巧

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

福島みずほ君 高齢化が進む住宅団地において買物支援やコミュニティーバスの導入、介護サービスの充実が考えられていますが、現在居住している高齢者にとっては利便性が高まるにしても、若年世帯の流入を促進する施策が不十分ではないでしょうか。  先ほど森本議員からもありましたが、コンビニ、配送業、介護施設等での職は想定されているものの、それで十分なんでしょうか。

福島みずほ

2019-11-29 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 4号

実は、高齢者世帯の、先ほどの、総務省からいただいているその調査のベースになっている数字なんですけれども、高齢者の皆様が、現預金で見ると大体平均で何千万という高齢者世帯を、それが虎の子の一千万なのか二千万なのかを切り崩しながらやっていくので、老後二千万別途預貯金してくださいというのが、今回のお蔵入りになったレポートの眼目だったわけですよね。  

古本伸一郎

2019-11-29 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 4号

労働供給という意味ではこれは大きな成果だと思いますが、日銀の展望レポートを見てみますと、共働き世帯消費性向というのは、そうでない世帯と比べて相対的に低くなっております。また、高齢者有業世帯消費性向も、年金収入に依存する高齢者無職世帯に比べて相対的に低くなっておりまして、高齢者の就業の増大というのは消費の低下に寄与しているということが書かれているんです。  

宗清皇一

2019-11-29 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号

実は、高齢者世帯の、先ほどの、総務省からいただいているその調査のベースになっている数字なんですけれども、高齢者の皆様が、現預金で見ると大体平均で何千万という高齢者世帯を、それが虎の子の一千万なのか二千万なのかを切り崩しながらやっていくので、老後二千万別途預貯金してくださいというのが、今回のお蔵入りになったレポートの眼目だったわけですよね。  

古本伸一郎

2019-11-29 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号

労働供給という意味ではこれは大きな成果だと思いますが、日銀の展望レポートを見てみますと、共働き世帯消費性向というのは、そうでない世帯と比べて相対的に低くなっております。また、高齢者有業世帯消費性向も、年金収入に依存する高齢者無職世帯に比べて相対的に低くなっておりまして、高齢者の就業の増大というのは消費の低下に寄与しているということが書かれているんです。  

宗清皇一

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

福島みずほ君 高齢化が進む住宅団地において買物支援やコミュニティーバスの導入、介護サービスの充実が考えられていますが、現在居住している高齢者にとっては利便性が高まるにしても、若年世帯の流入を促進する施策が不十分ではないでしょうか。  先ほど森本議員からもありましたが、コンビニ、配送業、介護施設等での職は想定されているものの、それで十分なんでしょうか。

福島みずほ

2019-11-28 第200回国会 参議院 総務委員会 4号

この国勢調査、来年始まりますけれども、我が国に住んでいる全ての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査であることから、しっかりこの調査をしていかないと、私たちの政策あるいは対策を考えていくための大きなベースになりますから、この国勢調査をしっかりやっていくことは、これは必要だと思います。  大臣にお聞きしますけれども、総務省会計検査院からどのような指摘を受けたんでしょうか。

小林正夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

厚生労働省さんがこの所得代替率で使用しているのは、世帯当たりの賃金が四十三・九万円、これは資料三に出ておりますけれども、四十三・九万円を標準としております。世帯当たりの所得が増えていくと所得代替率は減っていくことになっているんですね。ですので、このモデルを男性だけ、女性は専業主婦というふうに設定することによって、この所得代替率、高めに設定されているのではないかというようにも感じております。

田島麻衣子

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

モデル世帯というものを前提にしてこの公式を使っていらっしゃるんですが、現役男子の平均手取り額、これを使うのに標準的なモデル世帯として、男性が四十年働き、四十年間女性が専業主婦をした世帯であるということを前提に、この所得代替率にしております。  

田島麻衣子

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

国務大臣加藤勝信君) モデル世帯とおっしゃったんですが、これはモデル年金世帯ということであります。もう御承知のとおり、平成十六年改正附則の第二条でどうやって計算しますかというのは書いてあるわけでありますから、それにのっとって私たちは出させていただいているということであります。  

加藤勝信

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

○高橋(千)委員 半壊世帯の実態調査を行っているということでございました。私は法改正につながるものだと期待をしておりますが、ただ、今紹介された部分が、百万未満が相当数あるという、何か大したことないよみたいに聞こえる報告でございましたが、決してそんなことはないわけで、私たち、たくさん事例がございますが、一千万近い負担をしているだとか、さまざまあります。

高橋千鶴子

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

○高木(錬)委員 この自主防災組織は、この十年間で、数も大変右肩上がり、ふえていまして、国内の全世帯に対して自主防災組織がカバーする世帯数は八割強だというふうに、消防庁さんの御努力も含めて、ふえてきているものだと認識はしていますし、また、昨年視察に行きました総社市のある地域では、やはり日ごろから訓練をしていて、そこは夜間訓練もしていて、そのときには、大変な浸水がありましたが、一人も犠牲者を出すことなくという

高木錬太郎