運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
213件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1951-08-07 第10回国会 参議院 大蔵委員会租税特別措置法の一部を改正する法律案に関する小委員会 閉会後第1号

と申しまするのは、漁業会の会員は世帯單位に入つておりましたけれども、今度の漁業協同組合においては従事員も誰でも、そういうものまで一家族の中から何人でも入れるというような関係もございまするので、而も従来の持分、出資の関係を見ますると、一組合百人とか、百五十人というようなものでございまするので、今度証券が入つて参りまして出資に当てられるとしますと、恐らく一人が二万円とか、三万円とかいうようなことになろうかと

及川孝平

1951-07-24 第10回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号

第二にお伺いしたいのは、去る第十国会において——おそらく政務次官においても、お帰りの後においてそれぞれ他の政府委員よりお聞きとりのことであつたと思いますが、第十国会国民より提出をされた請願の中に、留守家族を援護するために、全国三十有万世帯の留守家族約百七十万でざごいますが、それらの留守家族の一部の人を除いて、その大部分の留守家族はあるいはその父いまだ帰らず、夫いまだ帰らず、その留守家族の生活の実態

庄司一郎

1951-07-24 第10回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号

なお私が視察いたしました北海道のある地方——これはまた報告のときに詳しく申し上げますが、引揚者を収容いたしておりますところの寮の中では、半数が被保護世帯である。これらの人たちも、今ここでもう少し住宅の問題を解決してあげたならば、立ち上り得る人たちが相当あるというような実情も拝見して参りました。

堤ツルヨ

1951-06-13 第10回国会 参議院 電力問題に関する特別委員会 閉会後第1号

さようなわけでございまして、料金の値上が成るべく早くお許しを願えまするならば、さような修繕も見通しをつけましてやれるのでありますが、何分世帯が小さいものでありまするから、余り冒險をしまして金が足りないということになつても困るのでありますが、様子を眺め眺めしているようなわけであります。

藤波收

1951-06-04 第10回国会 参議院 本会議 第52号

政府は、現在のままでやられると言われたり、又相互に融通し合えばよいと言われるが、一つの世帯を二つにして、果して毎日々々鍋釜を融通し合えるでありましようか。北海道庁では、この分割に伴つて、人件費の増加、現場事務所の設置、機械器具の設備等で、経常費、臨時費を含めて十四億余円を必要とすると言つておるのでありまするが、この事実を政府はどう見るか。

千葉信

1951-06-04 第10回国会 参議院 本会議 第52号

(「汚いぞ、選挙に負けておいて」「その通り」と呼ぶ者あり)丁度私は、これは甚だ卑近な例かも知れませんが、大きな世帯を任された学校を出たばかりの息子が、世帯を持ち切れなくて、(「その通り」と呼ぶ者あり)おやじが今度手助けをしてやるというのと同じでありまして、(「余計な失敬なことを言うな」と呼ぶ者あり)何にもそこに差がない。

有馬英二

1951-05-25 第10回国会 衆議院 本会議 第40号

さらにこの機会に要望したいことは、生活保護法に関連いたしまして、現在のところ、いま一歩で本法の適用者に転落せんとする階層が、すでに七十万世帯を越えておるのであります。これらの、いわゆるボーダー・ラインの階層に対しまして、生活資金の供給をやつていただきたい。

岡良一

1951-05-23 第10回国会 衆議院 運輸委員会 第29号

それがもし別世帯になれば、国有鉄道はおそらくそれほど狭量ではあるまいと思いますが、国有鉄道にもたくさんの人間がおりまして、一旦支線になつた以上は、省の車も入りにくいというような結果が、具体的に現実に各線において起り得ることを、鉄道の経験から徴しまして非常に杞憂いたしております。

岡田五郎

1951-05-21 第10回国会 衆議院 運輸委員会公聴会 第1号

それから第二の、改善をどうしたらいいかという私どもの希望をもう一度繰返しますと、要は今の一両、二両、あるいは三両、四両持つた人間が、運輸省の最近の御方針の十両の基準のペースを置かれますと、二人、三人あるいはまた一両持は十人寄らなければ、その会社ができないということで、つまり何人かの人が寄合い世帯にならないと、この事業が行えない。

山成豊

1951-05-21 第10回国会 衆議院 運輸委員会公聴会 第1号

その内紛に悩みまして、業者みずから解体させてくれということを訴え出たことが動機になりまして、今東京では再編成という言葉を使いまして、十両ペース場ということでやつておるのですけれども、十両ペースを希望したのではなしに、いつそのことわれわれの年来の希望である個人企業戦争前同様の二両でも三両でも個人がやれるということを熱望しておるのでありますが、十両ベースになりますと、また寄合い世帯となり、再びそういう

山成豊

1951-05-10 第10回国会 参議院 法務委員会 第11号

他方、市町村におきましては、配給制度実施の必要上、昭和十五年頃から寄留簿とは別途に、世帯台帳を調製し、これに市町村の住民を世帯別に登録しているのでありますが、市町村としましては、寄留制度が先に申述べました実情にありますため、世帯台帳を住民を把握するための重要な基礎資料として、ひとり配給事務だけでなく、選挙教育、徴税、衛生統計生活保護、住民の居住関係の証明等、各種行政事務の処理に利用している実情

鍛冶良作

1951-03-31 第10回国会 参議院 本会議 第35号

即ち患者総数は全国約百五十万人と推定せられ、十世帯に一人の患者がいることになると言われております。又死亡率昭和二十四年では人口一万に対しまして一六・九名で、諸外国のそれの数倍となつております。この結核によりますところの直接間接の国民経済に與える損失は極めて大きく、推定一千億円に上ると言われているのでございます。

河崎ナツ

1951-03-06 第10回国会 参議院 予算委員会 第20号

それから最近私たち主婦の間で非常に大きい問題になつておりますのは、配給米が、お米の配給が来たときにすぐにお金が払えない、こういうことは皆さん御存じであるかどうか知りませんが、私の近所の配給所で調べて見ますと、最近の私たちの近くのお米の配給所では、大体一千四百二十八世帯を対象にいたしておりますが、お米の配給を持つて行つてすぐお金をくれるのは約この半分です。

野村克子

1951-03-05 第10回国会 参議院 大蔵委員会 第14号

即ち昭和二十四年度におきましては、自作農創設特別措置特別会計に余裕資金が生じましたので、取りあえず一世帯に対して一定金額を限度として買入の措置を講ずるごととしたのでありますが、昭和二十五年度におきましては、多年懸案となつていた全額償還を急速に実行するため、この会計の余裕資金のほか一般会計債務償還費の一部をも買入に充てて参つたのであります。

西川甚五郎

1951-03-03 第10回国会 参議院 予算委員会 第18号

をしておるというようなことは、昨日の政府委員の説明も聞きまして、いわゆる生産財におきましても三四%、それから消費財においては一〇%、こういうような上昇率が動乱以後においてなされておるというようなことで、この点は認めておられるようでありまするが、問題点は、今回のこの予算の遂行に当りまして、いわゆる世界の軍拡及び又国内的な軍拡によるところの影響からいたしまして、どうしても輸入の問題につきましても、先の見込といたしましては、非世帯

内村清次

1951-02-19 第10回国会 参議院 予算委員会 第11号

そういうような意味におきまして厚生省行政を進めて行く上で、さような調査が特別のものを必要とするというふうに考えまして、実は昨年の九、十、十一の三ヵ月に亘りまして、この被保護世帯と申しますか、もつと言いますれば、必ずしも今日この生活保護法の対象と現実になつておりません、例えば母子家庭とか或いは肢体不自由者を持つております家庭とか、こういうような特殊世帶を一方とりまして、その対象として一般世帶も数千家族

曾田長宗

1951-02-19 第10回国会 参議院 予算委員会 第11号

標準世帶と申しますものは、普通言つておる標準世帯ではないのでありまして、これは生活保護のほうに該当する世帯の標準世帯でございます。これは五人世帶でありまして、老人が一人、女の世帯主が一人、子供が三人、こういう世帶を大体考えております。こういう世帶を以て五千四百七十円という大体の基準にいたしております。

木村忠二郎

1951-02-12 第10回国会 衆議院 予算委員会 第13号

その他の都市では同じく五人世帯で五千百二十円を五千五百二十七円、月四百七円増加する。つまり八%増加する。市町村では四千七百九十五円を四千九百六十八円にする、月百七十三円上る。これは三・五%の増ということになつておる。この金額はなるほどふやしてはあります。ふやしてはありますけれども、生活費の増加という上から考えると、そのふやし方はきわめて少い。

今井耕

1951-02-02 第10回国会 参議院 本会議 第10号

もとより政府におかれましても、これに対し相当の関心を携われまして貧乏世帯のやりくりをせられておる事実は、率直にこれを認むるにやぶさかでないのでありまするが、私はあえてここに「相当」なる言葉を用いたのでありまするが、現在の実績並びに二十六年度の計画に徴しまして、遺憾ながら政府の熱意なり努力なりが未だ十分であるとは考えられないのであります。

高木正夫

1950-12-08 第9回国会 参議院 大蔵委員会 第11号

今度の新税法によりますと、五人世帯でございますと、十万五千円ぐらい引きますので、大体十万円を加えますと、三十万円が勤労者の年所得営業者の場合は勤労控除がございませんから、それよりちよつと下になつております。まあ二十五万から三十万、四十万ぐらいの程度、この辺のところが実は相当今税率が高い。

平田敬一郎

1950-12-08 第9回国会 参議院 大蔵委員会 第11号

これは例えば今度の改正案によりますと、五人世帯ですと、子供が三人ありますと今の控除は年額七万一千七百六十五円、改正案によりますと八万八千二百三十六円、こういう控除になります。奥さんと子供三人ですと、これはお手許にお配りしました要綱のうしろにたしかくつつけてあると思いますが、一番最後の表のところですが、税制改革要綱とございますね。そのうしろの最後の表の下のほうにたしかくつつけてあります。

平田敬一郎

1950-12-08 第9回国会 参議院 大蔵委員会 第11号

奥さんと子供三人、つまり五人世帯です。それが今度十万五千八百八十三円になります。だから五人世帯ですと勤労所得十万までかからなくて、十万円までかからないと同時に、その代り所得額より低いのであります。例えば十一万の所得でございますと、課税や所得は五千円ぐらいになる。こういうわけでございます。

平田敬一郎

1950-12-07 第9回国会 参議院 大蔵委員会 第10号

つまり世帯が小さいなら小さいなりに、やはり確実な運営さえやつて行けば、それでも結構達成できるのではないかと考える。若しあなたのおつしやる理論を以てするならば、例えば出資額が原案の大都市の五百万円が千万円でありますならば、而もその條件を満たして設立するものがあるならば、原案よりはより以上に確実なる組合ができるということになる。

森下政一