運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
13119件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 法務委員会 14号

なお、お手元に配付してありますとおり、当委員会に参考送付されました陳情書は、いわゆる「谷間世代」に対する救済措置の実施を求めることに関する陳情書外二十件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、選択的夫婦別姓制度の導入を求める意見書外十八件であります。      ――――◇―――――

松島みどり

2019-12-09 第200回国会 衆議院 法務委員会 第14号

なお、お手元に配付してありますとおり、当委員会に参考送付されました陳情書は、いわゆる「谷間世代」に対する救済措置の実施を求めることに関する陳情書外二十件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、選択的夫婦別姓制度の導入を求める意見書外十八件であります。      ――――◇―――――

松島みどり

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

大臣は、先月、海洋プラスチックごみ対策などの話合いの場で、このままいくと、来年生まれる予定の私の子供が三十歳になる二〇五〇年に世界の海は魚よりプラスチックごみが多い状態になります、そういう未来を私は子供に、次の世代に残したくありませんというふうに述べられています。私も全く同感で、恐らく環境省の皆さんも同じ思いを共有されていることと思います。  

寺田静

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

文部科学省としては、大学入試において、英語技能について適切に評価することの重要性に変わりはないことから、文部科学省の取組や各大学の方針に関わる新たな情報等について、受験生の方が安心できるよう、分かりやすく説明することは大切なことであると考えており、若い世代に伝わりやすい情報提供に一層努めてまいりたいと思います。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

年金世代が国の基である農業、そして国民の食卓を支えている現状、そして、人口減少社会の中で農家数、農地面積共に減少に歯止めが掛からない状況、さらには、近い将来の団塊世代たちの大量の離農などを考えますと、本当にこの農業農村の発展に残された時間は余りないという危機感を持って臨んでいく必要があると考えております。  

舞立昇治

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

文部科学省としては、大学入試において、英語技能について適切に評価することの重要性に変わりはないことから、文部科学省の取組や各大学の方針に関わる新たな情報等について、受験生の方が安心できるよう、分かりやすく説明することは大切なことであると考えており、若い世代に伝わりやすい情報提供に一層努めてまいりたいと思います。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

年金世代が国の基である農業、そして国民の食卓を支えている現状、そして、人口減少社会の中で農家数、農地面積共に減少に歯止めが掛からない状況、さらには、近い将来の団塊世代たちの大量の離農などを考えますと、本当にこの農業農村の発展に残された時間は余りないという危機感を持って臨んでいく必要があると考えております。  

舞立昇治

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

大臣は、先月、海洋プラスチックごみ対策などの話合いの場で、このままいくと、来年生まれる予定の私の子供が三十歳になる二〇五〇年に世界の海は魚よりプラスチックごみが多い状態になります、そういう未来を私は子供に、次の世代に残したくありませんというふうに述べられています。私も全く同感で、恐らく環境省の皆さんも同じ思いを共有されていることと思います。  

寺田静

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

とりわけ、元島民の方々の高齢化が進む中、次代を担う若い世代の関心を喚起することが重要であり、SNSを活用した情報発信や北方領土隣接地域への修学旅行の誘致の強化等に取り組んでまいります。  元島民の方々に対する援護については、特に、高齢化している元島民の方々の身体的な負担の軽減が喫緊の課題となっております。

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

とりわけ、元島民の方々の高齢化が進む中、次代を担う若い世代の関心を喚起することが重要であり、SNSを活用した情報発信や北方領土隣接地域への修学旅行の誘致の強化等に取り組んでまいります。  元島民の方々に対する援護については、特に、高齢化している元島民の方々の身体的な負担の軽減が喫緊の課題となっております。

衛藤晟一

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

次に、第二点ですけれども、若い世代の就労、結婚子育ての実現についてであります。  資料の三と四をごらんください。これも河合雅司さんがつくった資料ですけれども、「「無子高齢化」社会がやってきた!」「少子化最前線、出生数五人以下の自治体はこんなにある」と。これは日本地図にちゃんと図示されておりますけれども、子供が五人以下しか生まれない自治体がこんなにもある。そして、「地方に子どもがいなくなる!」。

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

二〇四二年が高齢者人口がピークだ、二〇五六年は勤労世代が五千万人を割り込む、二〇七六年には年間出生数が五十万人を割り込むと。この高齢者の激増、勤労世代の激減、出生数の激減で人口がどんどん減っていって、日本が消滅をしてしまうのではないかという図ですね。こういうこともやはり頭に入れて少子化対策をやっていかなくちゃだめだと思っています。  次に、二つ目の、今後の三つの基本的視点の見直しについて。  

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

年齢によって、やっぱりこれ得意不得意な世代というのはあると思いますので、現在教職課程学んでいる皆さんはこのICTを活用した学校現場での教育指導を受けていますけれど、途中からこういう世の中になってきて、なかなか慣れない先生もいらっしゃって、これがまた負担になったんでは逆行してしまうと思いますので、是非、その辺は丁寧な対応ができるようにしっかりしていきたいと思っています。

萩生田光一

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

その意味で、我々、今回の法改正を踏まえまして運営要綱、対象者はもちろんでございますけれども、例えば市町村の産婦健康診査など、あるいは子育て世代包括支援センターなどの中で、こういったその市町村の担当者が、母親からの申出がなくても、利用が必要だと思う場合には利用を勧奨するなど、幅広く支援につなげていけるよう、運営要綱につきましても見直しをしていきたいと思っております。

渡辺由美子

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

次に、第二点ですけれども、若い世代の就労、結婚子育ての実現についてであります。  資料の三と四をごらんください。これも河合雅司さんがつくった資料ですけれども、「「無子高齢化」社会がやってきた!」「少子化最前線、出生数五人以下の自治体はこんなにある」と。これは日本地図にちゃんと図示されておりますけれども、子供が五人以下しか生まれない自治体がこんなにもある。そして、「地方に子どもがいなくなる!」。

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

二〇四二年が高齢者人口がピークだ、二〇五六年は勤労世代が五千万人を割り込む、二〇七六年には年間出生数が五十万人を割り込むと。この高齢者の激増、勤労世代の激減、出生数の激減で人口がどんどん減っていって、日本が消滅をしてしまうのではないかという図ですね。こういうこともやはり頭に入れて少子化対策をやっていかなくちゃだめだと思っています。  次に、二つ目の、今後の三つの基本的視点の見直しについて。  

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

○小泉国務大臣 堀越先生におかれましては、私と同世代ということで、自然系議員という、初めて私も耳にした言葉ですが、エールを、また一緒になって取り組んでいきたいと思います。  アニマルウエルフェアにつきましては、私も農林部会長のときに、アニマルウエルフェアというのが、農林水産業においても、年々この問題が高まってきているという認識を持っておりました。  

小泉進次郎

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

先般、温暖化サミットに行かれた九月二十二日の記者会見でも、小泉大臣は、世界と地球の脱炭素化にコミットメントするんだ、こういうこと、意欲を大きく掲げていらっしゃいますし、若い世代、ミレニアル世代気候変動との闘いは自然と考えているんだ、全ての世代の間をかけ橋となって頑張るんだ、こう大きく思いをおっしゃっています。そして、それは困難な挑戦だともおっしゃっている。

近藤昭一

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

その意味で、我々、今回の法改正を踏まえまして運営要綱、対象者はもちろんでございますけれども、例えば市町村の産婦健康診査など、あるいは子育て世代包括支援センターなどの中で、こういったその市町村の担当者が、母親からの申出がなくても、利用が必要だと思う場合には利用を勧奨するなど、幅広く支援につなげていけるよう、運営要綱につきましても見直しをしていきたいと思っております。

渡辺由美子

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

年齢によって、やっぱりこれ得意不得意な世代というのはあると思いますので、現在教職課程学んでいる皆さんはこのICTを活用した学校現場での教育指導を受けていますけれど、途中からこういう世の中になってきて、なかなか慣れない先生もいらっしゃって、これがまた負担になったんでは逆行してしまうと思いますので、是非、その辺は丁寧な対応ができるようにしっかりしていきたいと思っています。

萩生田光一