運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
14292件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-06 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

しかし、政局的な観点から、国会対策という理由で合意の履行が長期にわたって引き延ばされてきたことは誠に遺憾であって、与野党合意の下での運営ばかりを主張して、政局から離れて国民のための議論を行うという憲法審査会の精神をないがしろにしてきた一部野党の一部の皆様には猛省を促したい、このように思います。

新藤義孝

2021-05-06 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

この自由討議取扱いについては、ただいま与野党筆頭間で協議しておりますので、今後については、これを踏まえ、幹事会等において協議をいたしたいと存じます。  これにて自由討議は終了いたしました。  次回の審査会は、来る十三日木曜日に開会することについて筆頭間で協議しております。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後一時一分散会

細田博之

2021-04-23 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号

そうした中で、今回、この国会で、与野党協力もいただきながら、早期審議をしていただいて、特措法改正で、事業者皆さんに対して支援を行うとともに、命令罰則もある規定を措置していただいたわけであります。  その上で、国民皆さんに対して、例えば外出制限、いわゆるロックダウンのようなことを求めていくのはどうかという御議論であります。  

西村康稔

2021-04-23 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号

二分の片道ということで、ちょっと今日は視点を変えまして、るる今まで国会報告議論を、これは与野党を超えて、今の現状、窮状は厳しいというのは、もう与野党共に、政府も各地の首長さんも同じ思いで、何とかしなくてはならないと、同じ気持ちだと思うんです。今の状況を何とかしたいという思い共有している中で、こんな現状になっている。  

遠藤敬

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

このCM規制の問題は非常に重要な問題でございますので、論点を整理していくためにも、幹事会の下に特別の検討委員会を設けて論点整理をしていく、そういうことが重要であるというふうに申し上げましたが、新藤筆頭幹事の御提案というのは全く私と同じ考えでございまして、論点整理を行って、そして与野党一つ方向性に向かって合意形成をしていくということは大変重要であるというふうに思っております。

北側一雄

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

先週、奥野委員が、何らかの結論という与野党合意について、事実上、現在の七項目の案については廃案になることも容認するような解釈を述べられました。少なくとも、七項目についてそのまま採決するということではなくて、ほかの論点も盛り込んでいくことも何らかの結論一つではないかとおっしゃいました。これはまさに廃案を意味するものと私は解釈せざるを得ませんが、山花会長代理の御意見を伺いたいと思います。  

足立康史

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

この自由討議取扱いについては、ただいま与野党間の筆頭間で協議しておりますので、今後については、これを踏まえ、幹事会等において協議をいたしたいと存じます。  これにて本日の自由討議は終了いたしました。  次回は、来る五月六日木曜日午前九時五十分幹事会、午前十時審査会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十一時四十三分散会

細田博之

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

細田会長 本日の自由討議は既に一時間を超えて、予定の時間は超えておるわけでございまして、ただいま与野党間の筆頭間で協議もしております。今後の自由討議取扱いにつきまして、また、これを踏まえまして、幹事会等において協議をいたしたいと存じます。  これにて本日の自由討議は終了いたしました。  次回は、来る二十二日木曜日審査会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     

細田博之

2021-04-13 第204回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第4号

坂本国務大臣 佐々木委員とは、農林水産委員会で、お互い与野党筆頭理事としていろいろと意見を交換いたしましたので、私なりのいろいろな意見も、私的な意見も含めて御答弁させていただきます。  やはり、所有を認めるということは、これまでは一定のリスクがあるというふうに言われてまいりました。

坂本哲志

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

言うまでもなく、国際情勢をしっかりと踏まえて我が国国益最大化を目指すというゴールは、与野党とも同じ認識であり、それは国が違っても同じことだと思っております。国益最大化において日本が行うあらゆる施策も戦略的に一貫性があるべきだと思うし、今回の日本とインドのACSAもそうあるべきであろうというふうに考えます。  そうした観点で、以下、質問をさせていただきます。  

屋良朝博

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

要するに、当時衆参で、まず衆議院与野党修正協議が行われました。自民党から共産党まで一緒になって、こういう修正をしようと、そのポイントがこの消費者委員会だったわけであります。当初は消費者庁に設置する消費者政策委員会というものだったんですが、それだと消費者庁消費者行政を監督できないと、監視できないということで、わざわざ外して内閣府に置いたわけですね。

大門実紀史

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

大門実紀史君 じゃ、今日はもう時間なので、引き続きやっていきますけれど、はっきり申し上げて、二〇〇九年の与野党修正自民党から共産党まであれだけ議論してやったのは、消費者庁の人間、加納さんは非常に能力あって頑張っている人だと分かりますよ、私とはちょっと立場違うけど。ある意味で物すごく有能ですよね。だから頑張り過ぎなんですよ。

大門実紀史

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

立憲民主党は、東日本大震災から十年の節目を迎えるに当たって、党内議論を重ね、人を中心としたふるさとの復興再生を目指し、復興与野党なしの立場で、被災地被災者の一人一人に寄り添い、復興最終的責任を負う覚悟で取り組んでいくことを誓いまして、東日本大震災復興に対する三十四項目の提言を取りまとめまして、先般、三月九日、平沢復興大臣に手交させていただいたところでございます。  

小沢雅仁

2021-04-08 第204回国会 参議院 内閣委員会 第10号

今、与野党を問わず問題意識がこの法案で示されましたので、非常にプライバシー権含めた充実した審議デジタル改革関連法でもできるのではないかということも期待したいというふうに思います。  それから、加害者への更生というのも私も問題意識を持っています。それで、法務省にお聞きしたいんですけれども、ストーカー規制法によって懲役刑を受けた場合に、加害者には刑務所での更生教育は行われているのではないでしょうか。

田村智子

2021-04-06 第204回国会 衆議院 本会議 第18号

しかし、審議過程で、与野党を超え、近い将来これらの残された課題に挑戦しようとする機運が盛り上がったことは、指摘しておきたいと思います。  今回の法案でも積み残された課題については、一日も早く、更に一歩も二歩も前進させていく決意を表明して、私の賛成討論といたします。  御清聴ありがとうございました。(拍手

岸本周平

2021-04-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

また、感染症法の一部改正部分につきましては、一月下旬に行われました与野党修正協議過程衆議院法制局から誤りがある旨の知らせを受けた職員がおりましたが、それが局内幹部への共有に至らず、結果的に国会議員皆様、ひいては国民皆様への報告が遅くなってしまったことにつきまして、この点、重ねておわび申し上げます。  

大島一博

2021-04-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

この件について、衆議院法制局において法案修正作業が行われた際の経緯について調べたところ、一月下旬に行われた与野党修正協議過程衆議院法制局から誤りがある旨の知らせを受けた職員がいたものの、それが局内幹部への共有に至らず、結果的に与野党協議に関わっておられた方を始めとする国会議員皆様国民皆様への報告が遅くなってしまいました。このことについて改めて深くおわび申し上げます。  

田村憲久

2021-04-06 第204回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

他方、道州制については、私は、与野党の枠を超えて法整備をしっかり推進していくべきではないかと考えております。地方活性化のために、地方への権限移譲及び地方分権を促進する道州制の重要性については大臣認識共有しているのではないかと存じておりますが、坂本大臣も、道州制に関しては非常に思い入れが深いと私自身は承知しております。  

美延映夫

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

政府様々努力はされていると思いますし、この対応については与野党関係ないと思うんですね。私たちの方からもいろんな提案をさせていただいておりますし、いいものはそれは取り入れていただいて、そしてお互い知恵を出し合って少しでも早く封じ込めるということが大事だと思うんです。  こういう言い方は失礼かもしれませんけど、やっぱりちょっとワンテンポ遅いのかなと。

田名部匡代