運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6593件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-16 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第1号

今、我が国現状、千人、約千人と申し上げましたけれども、人口比でどのようになっているのかを先進各国、そして中国、そしてロシア人口比で比べてみました。パネルでございますけれども、人口百万人当たり死亡者数でございます。(資料提示)  G7の中で見ますと、我が国は突出して低いわけでございます。

三宅伸吾

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

何らかのイージス・アショアに代わる対応を考えなければいけないということ、それから、先ほどから御説明をしておりますように、新しいミサイル技術というものが、北朝鮮もそうですし、中国ロシアも様々な技術開発をしておりますし、新たなそうした脅威にいかにして対抗していくかということを併せて検討する、そういうことで政府内、しっかり議論をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。

河野太郎

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

国務大臣河野太郎君) 日本周辺安全保障環境が、北朝鮮の核あるいはミサイル能力開発をしている、あるいは中国がこの三十年、国防予算、表に出ているだけでもこの三十年間に四十倍以上に増やしている、中国ロシアが飛行機あるいは艦船共同運航、運用している、そういう実態がある中で、日本周辺安全保障環境、厳しいと言わざるを得ないと思います。  

河野太郎

2020-07-08 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

今後とも、日米日米韓で緊密に連携をいたしまして、中国ロシアを始めとする国際社会とも協調しながら、北朝鮮の完全な、そして検証可能な、かつ不可逆的な方法での全ての大量兵器大量核兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄の実現に向けて、関連します国連安保理決議の完全な履行も含めまして、北朝鮮の完全な非核化を目指してまいる、このような決意でございます。

若宮健嗣

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

そのうち一番核兵器を持っているのはロシアであります、六千三百七十五発。三番目が中国、これ今年にフランスを抜いて三百二十発あります。北朝鮮、九番目、最下位でございますが、これ推計によりますと三十発から四十発あるというような発表がされております。優に、この三つのところだけを考えると、日本の周りに約五〇%以上を超えるような核兵器が置かれているというような現状があるのであります。  

小沼巧

2020-06-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 閉会後第1号

最近のロシアとの交渉会談等についてでございますけれども、五月二十八日に日ロ外相電話会談が行われまして、茂木大臣ラブロフ外務大臣は、新型コロナウイルスへの対応について緊密に協力していくことで一致するとともに、平和条約交渉を始めとする日ロ間の協議協力についてしっかり進めていくために事務レベル協議を早期に開催することで一致をいたしました。  

宇山秀樹

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

それに対して、ロシアザハロワ情報局長が、二国間関係に好ましい雰囲気を醸成するという首脳レベルの合意に反するというふうに外交青書に対して批判の発言をされましたし、また、先日、プーチン大統領が、ロシアの日において、北方領土などを列挙し、私たち一人一人にとっての祖国は家族であり家でもあるというふうに発言されました。特に、このザハロワ情報局長外交青書に対して批判されたんですね。  

道下大樹

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

指摘の、中国ロシアの間の国境画定交渉でございますけれども、一九六〇年代、委員御指摘のとおり武力衝突にまで発展いたしましたけれども、一九八六年に当時のゴルバチョフ書記長が、河川中国側対岸国境とするというソ連の従来の立場を変更して、河川主要航路国境とすることが可能だという立場を表明いたしまして、翌一九八七年から国境画定交渉が再開されました。  

宇山秀樹

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

そのときは、借り上げ船ロサルゴサ号に乗って、友好の家にも宿泊して、対話集会では、北方領土問題についても、ロシア島民と元島民そして我々と、意見交換をすることができたわけであります。  しかし、残念ながら、今は、領土問題について発言、対話することはロシア側から禁止されているというふうに私は承知しております。そうした状況になっているのは非常に残念だなというふうに思っております。  

道下大樹

2020-06-16 第201回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

例えば、現在利用している国といたしましては、アメリカフランス中国ロシア、インド、カナダといったような二十カ国を超える国で活用が進められており、アメリカでは九十五基、百基近い原発が運転をしている。それから、フランスも五十七基、中国も四十八基、ロシアも三十八基といったような形で利用が進められているところでございます。  

村瀬佳史

2020-06-16 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第14号

一方で、公海における外国漁船によるサンマの漁獲が増えていることもありまして、平成二十八年以降、ロシア洋上販売することを基本として公海域での操業を開始したところでございます。しかしながら、昨年の公海操業では、漁獲が低迷したことにより採算が取れなかったというふうに聞いております。  

山口英彰

2020-06-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

複数の政府高官の詳述によるとして、ロシア中国に対してアメリカが迅速に実験できることを見せることは、アメリカ政府が最大の核兵器国の間で保有量を規制する三か国の取引を追求する観点から有益だと、こういう議論がされたという内容であります。  この報道について、アメリカ政府については確認をされたんでしょうか。

井上哲士

2020-06-03 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第4号

御高承のとおり、我が国は、十九世紀、欧米列強によるアジア植民地支配が進む中、近代国家日本としての存亡を懸け、海軍力を強化するため、横須賀、呉、佐世保に鎮守府を置き、そしてロシア脅威を強く意識する中で、日本海側国防の要として、明治二十二年に鎮守府条例において舞鶴への鎮守府設置を決定し、一九〇一年、明治三十四年に舞鶴鎮守府が開庁され、一九〇三年、明治三十六年には海軍艦船等開発、建造する海軍直営

多々見良三

2020-06-03 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第7号

国務大臣江藤拓君) ロシアチェルノブイリ並み面積単位で細かくという話についてはなかなか困難な部分もありますし、それぞれ農政連やJAの方々が一生懸命やっていただいたことについてはもう一度しっかり勉強させていただきたいと思います。  しかし、これまで何も農水省がしてこなかったのかということについては、そうではないということだけは申し上げたいと思います。  

江藤拓

2020-06-02 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第15号

時間ですから最後になりますけれども、大臣、二十八日のラブロフさんとの電話会談のとき、日本側日本側でのこういう会談であったという説明はされておりますけれども、ロシア側の、ロシア外務省発表ですと、ロシア側からは、二国間関係の質を新たなものとするには、安全保障分野と国際的な諸事案に対する両国の立場近接化、近づけるですね、させるための信頼関係醸成する必要があり、そのための作業の加速化原則的重要性を強調

鈴木宗男

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

その後は、ロシアのソユーズという宇宙船に、宇宙飛行士、一回当たり一人九十三億円くらいのコストを支払って、宇宙に連れていってもらっていたという状況が続いていた。  そこで、NASAが民間に新たな宇宙船開発を依頼しまして、そこに対してNASAが二千八百億円を出資しているんですね。そういった出資金を元手に、スペースXは、無人宇宙船開発し、今回、初めての有人宇宙飛行に成功したということであります。  

浅野哲

2020-06-01 第201回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号

それに加えて、やはり選挙において、与野党が拮抗する激戦区などに対してターゲットを絞って広告を展開することができるなら、資金力で優位な選挙を恣意的に進めることが可能となってしまうということに加えて、これは多分、落選運動自体、誰がやっちゃいけないということすら決まっていないものですから、今、例えば、アメリカ大統領選挙であったロシア疑惑の話、そして台湾の総統選挙で言われた中国介入疑惑、これと同様に、日本

中谷一馬

2020-05-28 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

あるいは、ロシアですとこれはGLONASSだったかな。EUだとガリレオ。そして、中国はいよいよ、年内中には、三十基で地球全体を覆う北斗という、ベイドウというシステムを立ち上げます。日本では、準天頂衛星が、二〇一八年の十一月に「みちびき」がサービスを開始して、それから一年半が今経過をしています。  

大島敦