運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
15件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2021-03-22 第204回国会 参議院 内閣委員会 第5号

これ、失業したからといって、すぐに女性たち、非正規の方々、自殺に追い込まれるわけではなく、蓄えや支援などで生活を営むことはできるだろうと、それが一か月、二か月と経過するうちに貯蓄がついえ、そして追い込まれて自殺に至ってしまう、雇用調整の影響を最も強く受けた女性の非正規雇用者を見るとより明確になると、完全失業者数の増加後に約二か月たって自殺者が増加しているのが分かると、このようなニュース記事配信をされました

塩村あやか

2020-06-01 第201回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号

この政治知新というサイトは、二〇一九年の参議院議員選挙において、広島選挙区の森本真治参議院議員、そして秋田選挙区の寺田静参議院議員対象として、ネガティブな印象を有権者に与えるニュース記事を掲載し、フェイスブック有料広告配信をされておりました。  

中谷一馬

2015-05-26 第189回国会 衆議院 総務委員会 第16号

それから、放送法案、昭和二十三年六月十八日国会提出については、四条で、ニュース記事放送については、厳格に真実を守ること。そして、二十四年十月十二日の閣議決定で、当時は四十四条でありましたが、こうした公衆に関係がある事項について、真実を曲げないで報道することということで、そうした点が、このたび、この四条一項三号に、報道真実を曲げないですることという形になっていったわけであります。  

武正公一

2013-11-06 第185回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

韓国では、約百四十五万ウォン、日本円で十一万六千円の授業料が徴収されてきたんですけれども、実はここに、七月三十一日KBSワールドニュース記事を持ってまいりました。  韓国では、来年から、高校の授業料無償化を段階的に進めていくことになりました。これは、朴槿恵大統領が昨年末の大統領選挙の際に公約した政策の一つで、大統領府青瓦台と与党セヌリ党が三十日に合意して決めたものです。

宮本岳志

1998-03-19 第142回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

昨今の少年ナイフ事件とか中高生の覚せい剤事件とか、さまざま連日のようにニュース記事になっているということが遺憾だ、こう思うわけであります。  そうすると、そういうことがまた引き金になって、今回、教育改革の中身じゃなくて、またいきなり少年法の改正というふうなことで刑罰の適用年齢を十四歳に引き下げるという議論に今来ているわけです。

田端正広

1988-04-13 第112回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号

なれない手でもちつきをやったとかということをその後聞きましたが、えてして私ども一生懸命防衛政策に取り組んでおる者にとりましては、かような記事というものはニュース記事になりにくい今日でございますが、関係紙が大変大きく報道をいたしておりますし、また地域の皆さんからも今度の共同訓練は非常にうまくいったという、市民サイドからも評価いただいたことにつきましてこの席をかりまして御礼を申し上げる次第でございます。

瓦力

1985-05-31 第102回国会 衆議院 外務委員会 第17号

これは、総理がサミットへ行きいろいろな弁解もされておられますし、あるいはまた駐英大使の方も御努力なすっておられますが、ここ最近非常にニュース記事も話題にしております。通産省としてどう対応なされるのか、あるいはまた外務省としていわれなき批判ではないか、こういう問題等についてどのようになすっておられるのかお伺いをして、私の質問を終えたい、こう思います。

草川昭三

1974-04-12 第72回国会 衆議院 地方行政委員会 第27号

○小川(新)委員 新聞記者質問のほうが私たちよりも専門的であり、長官からいろいろとニュース記事になるものを取り出すテクニックがうまいのだとは思いますよ。私は特にこういうことはへたですから、全く無能でございますので、何聞いていいかわからないでいまおどおどしておるのですけれども、少なくとも十二日の朝刊に出ている以上のことがここから出てこなければ審議しているあれにはならないのですね。  

小川新一郎

1970-03-27 第63回国会 衆議院 文教委員会著作権法案審査小委員会 第3号

それから写真が従来、他の著作物よりも短い保護期間で十分とされたことは、写真の中のあるもの、たとえば非常にニュース的なものとかいうことをさしているわけですが、新聞雑誌ニュース記事同様——これは御存じのようにフリーになっております。新聞雑誌のニュース的なものは、著作権対象にならない。全然頭から認められない。ということは、この記事そのもの公共性があり、社会性がある。

鈴木敏夫

1969-11-21 第61回国会 衆議院 大蔵委員会 第53号

只松委員 いま直ちにはないというようなことをおっしゃいますけれども、巷間も相当六分といって――これはいままでの日歩建て年利建てになるということ等も関連してでございますけれども、これは一ぺんニュース記事として抜かれたということじゃなくて、もう経済面を見るとほとんど六%というのは流布されておりますね。

只松祐治

  • 1