運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
29264件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

その際、システム導入が延期となった要因や導入に当たって指摘された課題についても検証し、英語技能を適正に評価するシステムを国が責任を持って実施できる体制についてしっかり検討してまいりたいと思います。  今後の検討においては、民間試験団体の意向やこれまでの実績に基づく知見などについても伺いますけれども、現時点においてどのような仕組みで今後の試験を行っていくかを決定しているものではありません。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

国務大臣萩生田光一君) 大学入試英語成績提供システムの令和二年度からの導入見送りにつきましては、十一月一日の会見で高校生や保護者の皆様に対するメッセージを発表するとともに、ホームページやSNSを用いて情報発信をしたところですが、十一月十五日の金曜日に改めて全国の国公私立大学高等学校の設置者等に対して正式にその旨を通知をいたしました。  

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

今の桜を見る会に至っては、総理大臣国会で、本会議で先日答弁した、シンクライアント方式による新しいデータシステムなので記録がないと、もう削除されていて復元もできないと。とんでもない話でありまして、シンクライアント方式、百三十二億八千四百万円、これ、四年間のシステム経費ですよ、百三十二億八千四百万円。  あの森友のやつ、私も仕様書、契約書を取り寄せましたけれども、すぐ出してきました。

森ゆうこ

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

今、平成三十年の十月からこの運用を開始しておりますけれども、今年の五月末時点の登録された方、約二千六百人いるところでございまして、今現在は、既に、牛の個体識別情報、いわゆる牛がどこで生まれてどこで飼われて、さらに、どこに買われていってどこで肥育されているとか、そういったことが分かるシステムが開発されておりますので、今後このシステムの充実を図るという観点で、乳量ですとか乳成分ですとか、あと病気の履歴、

水田正和

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

それで、問題の二つ、農業者戸別所補償、これは農林水産省の公訳、オフィシャルなので、これを使っているんですね、インディビジュアル・インカム・サポート・アローアンス・システム・フォー・ファーマーズと。経営所得安定対策はこうでと。  当然ですけれども、日本の方が、日本では二百七十六万、経営所得安定対策が使われています。戸別所補償はもう使われなくなっています。

篠原孝

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

中国側によります口蹄疫、BSEに関する解禁令を公告し、二つ目は、中国側は同じく我が国の食品安全システムを評価していただくこと、三番目に、輸出までの検疫条件に関する日中双方の合意が必要となりまして、最終的には、我が国の輸出施設が認定及び登録されることが必要となっております。  早期に日本牛肉中国向け輸出を実現できるよう、関係省庁とも連携を図りながら、協議の加速化に努めてまいる決意でございます。

河野義博

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

これも、恐らく国会の下に、ある程度似たような、独立性がある、専門性もバランスがとれた専門性があるような委員会をつくっておいて、その都度意見を聞くというような方法がいいんではないかと私も思いますが、そういうシステムをもうちょっとレギュラーに、レギュラーというか、定期的に問題については、先生方は本当にお忙しい方だし、いろいろな案件がありますけれども、独立したこのような専門委員会をつくりながら、その都度諮問

黒川清

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

その際、システム導入が延期となった要因や導入に当たって指摘された課題についても検証し、英語技能を適正に評価するシステムを国が責任を持って実施できる体制についてしっかり検討してまいりたいと思います。  今後の検討においては、民間試験団体の意向やこれまでの実績に基づく知見などについても伺いますけれども、現時点においてどのような仕組みで今後の試験を行っていくかを決定しているものではありません。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

国務大臣萩生田光一君) 大学入試英語成績提供システムの令和二年度からの導入見送りにつきましては、十一月一日の会見で高校生や保護者の皆様に対するメッセージを発表するとともに、ホームページやSNSを用いて情報発信をしたところですが、十一月十五日の金曜日に改めて全国の国公私立大学高等学校の設置者等に対して正式にその旨を通知をいたしました。  

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

今の桜を見る会に至っては、総理大臣国会で、本会議で先日答弁した、シンクライアント方式による新しいデータシステムなので記録がないと、もう削除されていて復元もできないと。とんでもない話でありまして、シンクライアント方式、百三十二億八千四百万円、これ、四年間のシステム経費ですよ、百三十二億八千四百万円。  あの森友のやつ、私も仕様書、契約書を取り寄せましたけれども、すぐ出してきました。

森ゆうこ

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

今、平成三十年の十月からこの運用を開始しておりますけれども、今年の五月末時点の登録された方、約二千六百人いるところでございまして、今現在は、既に、牛の個体識別情報、いわゆる牛がどこで生まれてどこで飼われて、さらに、どこに買われていってどこで肥育されているとか、そういったことが分かるシステムが開発されておりますので、今後このシステムの充実を図るという観点で、乳量ですとか乳成分ですとか、あと病気の履歴、

水田正和

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

政府参考人(大塚幸寛君) 先ほどお答えいたしましたが、ちょっと先生の今お配りしたその資料、例えばデータファイル群が具体的に何を意味しているのか、それと私どものシステムの関係がどうなのかということはにわかに分かりかねますので、今のお尋ねにはお答えができないということでございます。

大塚幸寛

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

このシステムを使うと、今インターネット上にあふれていますが、これ、復元できるというのは多いんですね。このシステムを使うとデータが自動的に削除されないと聞いています。これで、これは、だから復元できるというのでいいですね。バックアップ群で復元できる、よろしいですね。

福島みずほ

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

その場で、長野県当局からは、千曲川、犀川天竜川で国管理区間と県管理区間が分かれている状態となっているいわゆる中抜け区間等について、国による一元管理の必要性が強調されるとともに、災害予防システムの構築等、防災情報の提供体制の強化等について要望がありました。  その後、長野市穂保地区に赴き、千曲川における堤防決壊現場の被災・復旧状況を視察いたしました。  

長峯誠

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

沖縄科学技術大学院大学、OISTについては、世界最高水準の教育研究を行い、イノベーション国際拠点となるため、規模拡大に向けた取組を支援するとともに、OIST等を核としたイノベーション・エコシステムの形成の推進を図ってまいります。  喫緊の課題となっている沖縄子供貧困対策については、引き続き、支援員の配置や居場所づくりを推進するとともに、支援の質の向上を図ってまいります。  

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

その場で、長野県当局からは、千曲川、犀川天竜川で国管理区間と県管理区間が分かれている状態となっているいわゆる中抜け区間等について、国による一元管理の必要性が強調されるとともに、災害予防システムの構築等、防災情報の提供体制の強化等について要望がありました。  その後、長野市穂保地区に赴き、千曲川における堤防決壊現場の被災・復旧状況を視察いたしました。  

長峯誠

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

沖縄科学技術大学院大学、OISTについては、世界最高水準の教育研究を行い、イノベーション国際拠点となるため、規模拡大に向けた取組を支援するとともに、OIST等を核としたイノベーション・エコシステムの形成の推進を図ってまいります。  喫緊の課題となっている沖縄子供貧困対策については、引き続き、支援員の配置や居場所づくりを推進するとともに、支援の質の向上を図ってまいります。  

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

政府参考人(大塚幸寛君) 先ほどお答えいたしましたが、ちょっと先生の今お配りしたその資料、例えばデータファイル群が具体的に何を意味しているのか、それと私どものシステムの関係がどうなのかということはにわかに分かりかねますので、今のお尋ねにはお答えができないということでございます。

大塚幸寛

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

このシステムを使うと、今インターネット上にあふれていますが、これ、復元できるというのは多いんですね。このシステムを使うとデータが自動的に削除されないと聞いています。これで、これは、だから復元できるというのでいいですね。バックアップ群で復元できる、よろしいですね。

福島みずほ

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

アメリカなどでは全ての社内資料が見られるようになっている例もあると聞いておりますが、いい情報も悪い情報も、特に悪い情報が伝わる仕組みというのは大事なことだと思っていますけれども、こういう情報、重要な社内情報を社外取締役に提供するシステムの構築というものを義務化する、こういったこともこれからは検討する必要があるんではないかと思いますが、どうでしょう、どういうお考えか、お聞きをしたいと思います。

柴田巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

この点、社外取締役に対する報告や情報提供につきましては、内部統制システムの一内容として必要な体制を構築することが考えられます。取締役会の職務には内部統制システムの構築の基本方針を決定することが含まれておりまして、社外取締役を含む各取締役は業務執行取締役が具体的な内部統制システムの構築義務を適正に履行しているかどうかを監視する義務を負っております。  

小出邦夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 6号

国内及び海外における決済システムにおいても、例えばベンモ、例えばアリペイ、例えばウイチャットペイ、こういったような、銀行のコルレス口座を介さずに個々人間で資金のやり取りができてしまうというような、こういう技術が生まれてきておりまして、それは実際に可能となって普及してございます。  

小沼巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

このことについてきちんと責任を取るシステムをつくっていただかないと、どんどんその場しのぎの虚偽で、次々と悪い段階に物事が進んでいくという、このことを止めることができません。その前段には、先生方が、あるいは霞が関の皆さんが国会などで発言されたことが後になって違ってくるわけですね、現実が。

鈴木宗男

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

国務大臣河野太郎君) 防衛省におきましては、ソフトウエアを含む情報システムへの最近のサイバー攻撃等の脅威に鑑みて、IT調達におけるサプライチェーンリスクを考慮し、サイバーセキュリティーを一層確保することが重要だというふうに認識をしております。  政府としても、サプライチェーンリスクへの対応の強化を図るため、政府全体として、IT調達に係る申合せが昨年十二月に行われたところでございます。  

河野太郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

これも詳細はちょっとなかなかお答えをしづらいので差し控えさせていただきますが、例えば時間を置いて作動するバックドアのような場合でございますと、システム内の様々な機器で発生をする挙動、それから通信、ちょっと時間が掛かりますが、こういうものを組み合わせて分析をすると、こういう手法が考えられます。  このような手法を含めまして、情報システム防御能力の向上に今後とも取り組んでまいりたいと考えております。

山内智生

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

これは、子供たち一人一台のタブレットの配備や、それからWiFi環境の整備とかに併せて、いわゆる校務支援システムというか、教員の働き方改革に資するようなものも含む、そしてもう一個、今大臣がおっしゃいましたけれども、教員がそのシステムを使って出退勤の、都道府県によってはやっていますけれども、その管理ができるようなシステムも含んでこれ整備することが可能だと、今回の補正予算で、もしこれが通ればですよ。

斎藤嘉隆

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

そういった意味で、まさに地域包括ケアシステムという、そういった仕組みの中においても大変重要な役割を担っていただいている。  例えば、今、院内助産や助産師外来の推進を進めるとともに、助産所がこれ分娩だけではなくて産後うつへの対応も含めて産後ケア等の多様な事業を担うことを後押しをしていく、そうした機能をより認識をして実践をしてもらうというモデル事業を実施をさせていただいております。

加藤勝信

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

アメリカなどでは全ての社内資料が見られるようになっている例もあると聞いておりますが、いい情報も悪い情報も、特に悪い情報が伝わる仕組みというのは大事なことだと思っていますけれども、こういう情報、重要な社内情報を社外取締役に提供するシステムの構築というものを義務化する、こういったこともこれからは検討する必要があるんではないかと思いますが、どうでしょう、どういうお考えか、お聞きをしたいと思います。

柴田巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

この点、社外取締役に対する報告や情報提供につきましては、内部統制システムの一内容として必要な体制を構築することが考えられます。取締役会の職務には内部統制システムの構築の基本方針を決定することが含まれておりまして、社外取締役を含む各取締役は業務執行取締役が具体的な内部統制システムの構築義務を適正に履行しているかどうかを監視する義務を負っております。  

小出邦夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

ふだんであれば、四条通りあるいは堀川通りに降った雨は、一旦側溝に集まって雨水升から下水道に行く、こういうシステムなんですけれども、一旦これを交差点にこしらえた日本庭園である雨庭に受け入れて、少し、九・五トンためてから、何日かかけて地下浸透させていくということなんですね。こういった雨水対策をやると、実は雨対策ということだけじゃなくて非常に景観対策としてもいいです。  

繁本護

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

水関心、水の問題に関心を寄せられている陛下のこの令和の時代にふさわしい水循環システムを取り戻す取組を進めていただきたいと思います。  この国民運動としての雨庭の重要性、そしてこれからどうやって整備していこうかということについて、最後に大臣にお尋ねをいたします。

繁本護

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

そういった意味で、まさに地域包括ケアシステムという、そういった仕組みの中においても大変重要な役割を担っていただいている。  例えば、今、院内助産や助産師外来の推進を進めるとともに、助産所がこれ分娩だけではなくて産後うつへの対応も含めて産後ケア等の多様な事業を担うことを後押しをしていく、そうした機能をより認識をして実践をしてもらうというモデル事業を実施をさせていただいております。

加藤勝信