運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
45件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-05-29 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

この水産加工事業者があらかた設備をやられまして、グループ補助を受給して設備を再開させたんですが、その後いろんなことが起きました。  一時的に非常にいい風が吹いたときもあるんですが、最近にも続いておりますように、サンマやスルメイカといった資源の大きな落ち込みにより魚種が変わり、しかも漁獲量が激減すると、つまり原料がないということですよね。

片山さつき

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

グループ補助支援制度についてお尋ねがございました。  まず、中小企業等グループ補助金については、本年度に土地造成が完成する地区など、事業者の責めに帰さない事由がある場合には支援を継続する予定であります。  次に、二重債務問題に係るいわゆる震災支援機構支援措置については、被災事業者の経営上のニーズも踏まえ、支援決定期限の更なる延長の是非も含めて検討してまいります。

田中和徳

2019-11-13 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第2号

具体的には、応急的な住まい確保に加えて、日常生活支障を来す程度の一部損壊住宅被害についても新たに支援対象とするなど、被災者方々ニーズに応じた自宅再建等支援宅地内や町中廃棄物土砂について、年内めどとした生活圏内からの撤去地域鉄道代行バス運行被災鉄道復旧への支援を始めとした地域住民方々交通手段確保中小企業等が明日への希望を持って事業再建に臨めるよう、グループ補助

武田良太

2019-11-12 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号

具体的には、応急的な住まい確保に加えて、日常生活支障を来す程度の一部損壊住宅被害についても新たに支援対象とするなど、被災者方々ニーズに応じた住宅再建等支援宅地内や町中廃棄物土砂について、年内めどとした生活圏内からの撤去地域鉄道代行バス運行被災鉄道復旧への支援を始めとした地域住民方々交通手段確保中小企業等があすへの希望を持って事業再建に臨めるよう、グループ補助

武田良太

2019-11-12 第200回国会 参議院 法務委員会 第3号

また、同じく十一月七日に公表されました被災者生活と生業の再建に向けた対策パッケージでは、農林漁業者支援においても、グループ補助活用しつつ、柔軟かつきめ細かく対応する旨が盛り込まれており、政府一体となって、地元の意向をお聞きしながら、来年の営農影響が出ないよう、被災地に寄り添って引き続き丁寧に対応をしてまいりたいと考えております。  

鈴木良典

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 第3号

理事三宅伸吾君退席、委員長着席〕  この中には、中小企業者等に対する新商品の製造ラインへの転換等も含めたグループ補助による寄り添い型支援被害を受けた果樹園における省力・効率的栽培法による営農再開支援、そして、これは原形復旧にとどまらない、今まで原形復旧でありますが、言わば、災害が非常に激甚化している中においてはそれに耐え得るものでなければいけませんから、原形復旧にとどまらない被災した河川等

安倍晋三

2019-11-07 第200回国会 参議院 内閣委員会 第2号

被災した中小企業にはグループ補助活用を積極的に進めていただくことが重要かと考えます。  一方、個人店舗などの小規模事業者にとっては、グループ補助金を利用することは簡単ではございません。この度の激甚災害指定を受け、例えば雇用調整援助金については助成率引上げ支給限度日数延長などの特例措置が認められました。一方で、被災した小規模店舗再建には数千万円が必要なところも多くあります。

高橋光男

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第5号

そのために、被災地ではグループ補助前例のない取組、支援制度によって事業復旧が進んでおります産業なりわい再生、現在着実に進んでいるというふうに思います。  他方、失われた販路回復観光分野でのインバウンドの呼び込みなど、復興ステージに応じた課題はまだ抱えているところであります。

渡辺博道

2019-05-22 第198回国会 参議院 決算委員会 第8号

被災地では、グループ補助前例のない支援制度により事業復旧が進んでおり、産業なりわい再生は着実に進展をしております。こうした支援を受けたことに加え、建設業運送業といった業種は、震災需要等を背景に復興が進んでおります。一方、水産加工業観光業、とりわけインバウンド分野においては、販路喪失風評被害等影響により復興遅れが見られているところもございます。

安藤裕

2018-04-12 第196回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号

具体的には、営利目的とする事業者が行う営利事業に対して直接的に補助を行うものづくり補助金等には収益納付を求める一方で、収益の増加ではなく災害からの復興目的とするグループ補助においては収益納付を求めておりません。  また、書類の保管や収益納付額の算出について中小企業に一定の負担をいただいていることは認識しているところであります。  

大串正樹

2018-01-31 第196回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第2号

今後、①として、特に沿岸地域における仮設から本設への移転に伴う新たな借入れ、②福島県や茨城県北部沿岸における既存の顧客喪失風評被害等による売上げ回復遅れによる資金繰り、③グループ補助交付先事業者自己負担分に係る高度化資金等融資返済の開始による資金繰りについて、機構活用ニーズが見込まれるという結果が出ています。  

紙智子

2017-11-30 第195回国会 参議院 予算委員会 第2号

その結果、今後の主な機構活用ニーズとして、仮設から本設への移転に係るニーズ、また従来からの顧客の減少や風評被害に係るニーズ、またグループ補助自己負担分の借入金の返済猶予期限到来等に関するニーズの三点が見込まれております。また、今後二重ローン支援に係る相談を希望する事業者は、そのパネルのとおり、約二千六百の方々が見込まれるとの推計結果になっております。  以上です。

吉野正芳

2016-11-18 第192回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

○副大臣(高木陽介君) 今御指摘がありましたグループ補助も柔軟に対応してその取りこぼしがないように取り組んでまいりたいと思いますし、また事業復興型の雇用創出事業に関しましては、厚労省の所管でございますけれども、これも来年度の概算要求で柔軟に対応できるようにやっているというふうに伺っておりますので、しっかり取り組んでまいります。

高木陽介