運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
235件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1974-03-14 第72回国会 参議院 予算委員会 8号

○鬼丸勝之君 大体わかりましたが、この事業量そのものが、詳しく数字で伺うつもりはありませんけれども、四十七年度以下――四十八年度以下が実質は四十七年度程度かそれ以下だということになりますと、もともと予算編成のときの事業量そのものが少ないわけでございます、ほんとうは。それはまあ総需要抑制という立場からまあやむを得ないということで私どもも承知いたしておりますが、そこで起債の問題もからんできますけれども、

鬼丸勝之

1974-03-14 第72回国会 参議院 予算委員会 8号

○鬼丸勝之君 ただいま総理からまことに力強い決意と御所信のほどを伺いまして、大いに頼もしく感じました。どうかひとつ、夏までをめどに一そうの御努力、御健闘をお祈り申し上げます。  そこで、公共事業の問題に移りますが、総理の施政方針演説の中では、公共事業は今年度以下に押える、四十八年度ですね、そういうふうに言われておりますが、そこで、私が仄聞するところでは、どうも四十七年度並みの事業量ということで新予算

鬼丸勝之

1974-03-14 第72回国会 参議院 予算委員会 8号

○鬼丸勝之君 私は、昭和四十九年度の予算案に関連し政府政策の重要な事項について若干の御質問を申し上げます。  四十九年の予算案は、すでにたびたび申されておるように、総需要抑制の立場に立つ世直し短期決戦型の予算といわれておりますように、前年比一般会計において一九・七%増、財政投融資において一四%増、公債〇・九二といういままでにない緊縮型であります。しかし、その内容におきましては相当行き届いた配慮がなされておりまして

鬼丸勝之

1973-07-04 第71回国会 参議院 議院運営委員会 25号

○政府委員(鬼丸勝之君) 電波監理審議会委員杉村章三郎及び田中久兵衛の両君は、七月十三日任期満了となりますが、田中久兵衛君を再任し、杉村章三郎君の後任として市原昌三郎君を任命いたしたいので、電波法第九十九条の三第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、両君は、公共の福祉に関し公正な判断をすることができ

鬼丸勝之

1973-06-14 第71回国会 参議院 逓信委員会 10号

○政府委員(鬼丸勝之君) 先ほどから森先生の御激励、御鞭撻のおことばを伺いまして、私も同感でございます。  いままで五年間余り論議もされずに今日に至っておりますが、他の新種保険もだいぶ処理されましたので、いよいよこれからこの簡易災害保険にしっかり取り組んで、お話のように両三年、できるだけ早い機会にということで、何とか成案を得るように持っていきたい。  ただ、先生御指摘のように、この問題は郵政省内で事務的

鬼丸勝之

1973-06-14 第71回国会 参議院 社会労働委員会 11号

○政府委員(鬼丸勝之君) いま労働大臣から申されたとおりでございますが、特に、差別扱いの問題は、そういう意図は毛頭ございませんけれども、あるいは結果的にですね、結果的にそういうふうに思われるようなことがあったかと思いますが、そういう点は、今後十分注意してまいりたいと存じます。

鬼丸勝之

1973-06-14 第71回国会 参議院 社会労働委員会 11号

○政府委員(鬼丸勝之君) ただいま御指摘の王子の問題は、この前からの大橋先生の御指摘の点をよく承っておりますので、ことにことばだけでなく、前向きに、積極的にピッチを上げて処理するようにひとつ進めさしていただきたいと思います。

鬼丸勝之

1973-06-14 第71回国会 参議院 社会労働委員会 11号

○政府委員(鬼丸勝之君) 先ほど来の大橋先生の御質問なり御意見、私もよく理解できるところでございます。まあ、マン・ツー・マン方式で需品費から金を出すということで、厳密にチェックするということはあるいはむずかしい面もあろうかと思います。ただ、経理局長が申しましたように、昨年の二月、従来のブラザー制度の運用でまあ不合理な点を改正いたしまして、経理支出の方法につきましてはかなり合理化して、会計検査院の検査

鬼丸勝之

1973-06-13 第71回国会 参議院 決算委員会 11号

○政府委員(鬼丸勝之君) ただいま郵便貯金会館の建設を直接郵政省が金を出してやっていることにつきまして、設置法上拡大解釈ではないかという御意見でございます。私も厳密に設置法を読みますと、そういう疑問をなしとしません。しかしながら、現在までは貯金会館の建設は設置法上抵触するものではないという見解でやってきておりますが、確かに拡大という点においては拡大と言われれば、そういう疑問が出てまいります。そこで、

鬼丸勝之

1973-06-13 第71回国会 参議院 決算委員会 11号

○政府委員(鬼丸勝之君) ただいま黒柳先生の御質問と御意見、私も実は省内で多少検討いたしておりますが、お話のように、郵便貯金の周知宣伝のためだけに貯金会館を設けるという点については、お話の点ごもっともだと思います。ただこれは御承知のように、全国民のうち約六割が郵便貯金をしておる。この六割の預金者に対するサービスといいますか、預金者保護、こういう趣旨も込めまして、そして新しく若い人たちがだんだん成人して

鬼丸勝之

1973-05-10 第71回国会 衆議院 社会労働委員会 20号

○鬼丸政府委員 ただいま村山委員から御指摘の、またお見せくださいました「健生ニュース」これは壁新聞でございますが、ふだんは病気の予防とか保健衛生の基礎知識をわかりやすく簡明に説明しておるというもので、大部分の郵政局におきまして昔から購入し、配布いたしておるものでございます。たまたま、ただいま御指摘のような記事が掲載されたというのが実情でございます。  そこで、これは特に政治問題となっておるものを郵便局等

鬼丸勝之

1973-05-10 第71回国会 参議院 社会労働委員会 8号

○政府委員(鬼丸勝之君) ただいま、この警告書の印刷物をいただきましたが、これまだ、詳細にこれを見ますとちょっと時間がかかりますので、大体案について私が承知いたしておりますところで感想と申しますか、申し上げたいと思いますが、よろしゅうございますか。――日弁連からブラザー制度が人権侵害のおそれがあるという警告が出されるということは伺っておりますが、これは昭和四十五年から六年にかけての東京地方あるいは関西地方

鬼丸勝之

1973-04-24 第71回国会 参議院 逓信委員会 8号

○政府委員(鬼丸勝之君) 私は、就任早々、ことしの一月から二月にかけまして、九州郵政局管内それから近畿郵政局管内等で、郵政局をはじめ熊本市の郵便局あるいは福岡市内の中央郵便局等々を七、八カ所、大阪では中央郵便局等視察をいたしまして、その際、こういう感じを受けたのであります。  ですから、きょう、いろいろ森委員からも伺いまして、ほんとうに意外な感じを持ったんでありまして、そのこと自体が事実かどうか私もつまびらかにいたしておりませんので

鬼丸勝之

1973-04-03 第71回国会 衆議院 社会労働委員会 12号

○鬼丸政府委員 ただいま島本委員から御指摘の件につきましては、私も全く同感に存じます。郵政省といたしましては常々事故防止、安全対策につきましては公社に対して強く慎重、十分な配慮をするように要請をいたしておりますところでありますが、御指摘のように最近、事故が多発しておる、まことに遺憾でございます。いま副総裁からお話もありました、特に請負業者の末端まで安全管理、事故撲滅の訓練を徹底するということ、これは

鬼丸勝之

1973-03-14 第71回国会 衆議院 逓信委員会 7号

○鬼丸政府委員 ただいま会長から決意並びに今後の運営上の心がまえを述べられましたが、郵政省といたしましては、現在の放送法の関係諸規定を十分守ってもらいまして、国民のためのNHKとして遺憾なきを期してもらいたい、かように考えております。

鬼丸勝之

1973-03-14 第71回国会 衆議院 逓信委員会 7号

○鬼丸政府委員 ただいまの共同で建設を進める場合の負担がお互いに多少安くなるということはおっしゃるとおりであろうと思います。そこで、先ほど申し上げましたように民放関係がおくれておる事情を勘案いたしまして――ただその負担関係だけでなくいろいろ問題もございますから、新年度におきましてこの予算が成立いたしましたならば、郵政省として調査会を設置いたしまして、僻地の難視聴問題ばかりでなく、都市部の受信障害解消

鬼丸勝之

1973-03-14 第71回国会 衆議院 逓信委員会 7号

○鬼丸政府委員 ただいまの小沢委員の御意見はまことにごもっともでございまして、難視聴解消のために民放のほうがおくれてきておることも事実でございます。NHKと共同で難視聴解消の施設を進めることは、郵政省といたしましては一そう積極的に進めてまいりたいと考えております。お話の点を十分考慮いたしまして、具体的にどういうふうに進めるかということにつきましてはさらに検討を加えてまいりたいと考えております。  後段

鬼丸勝之

1973-02-22 第71回国会 衆議院 逓信委員会 2号

○鬼丸政府委員 ごあいさつを申し上げる機会がたいへんおくれまして恐縮に存じておりますが、昨年の暮れに、はからずも郵政政務次官を拝命いたしました参議院議員の鬼丸勝之でございます。  委員各位の格段の御指導、御鞭撻のもとに郵政行政の進展のために一生懸命に努力をさしていただきたいと決意いたしておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)     ―――――――

鬼丸勝之

1973-02-22 第71回国会 参議院 逓信委員会 2号

○政府委員(鬼丸勝之君) ごあいさつを申し上げる機会がたいへんおくれまして、恐縮に存じます。  私も、昨年の暮れに、ほんとうにはからずも郵政政務次官を拝命いたしました。生来、魯鈍非才の者でございますが、委員各位の格別の御指導、御鞭撻を賜わりまして、一生懸命郵政行政の進展のために働きたい決意でございますので、どうぞ今後とも一そうの御指導、御後援を賜わりますよう、心からお願いをいたしまして、ごあいさつといたします

鬼丸勝之

1972-10-17 第69回国会 参議院 運輸委員会 閉3号

○理事(鬼丸勝之君) ただいまから運輸委員会を再開いたします。  都合により、私が委員長の職務を行ないます。  午前中に引き続き運輸事情等に関する調査を議題といたします。  質疑のある方は順次御発言を願います。

鬼丸勝之

1972-06-08 第68回国会 参議院 運輸委員会 16号

○鬼丸勝之君 私から簡単にお答えいたしまして、また詳細は、克明にメモされておりますから、そちらからお答えがあるかと思いますが、結論的に申しますと、篠山線の場合は条件つきで了承された、こういうふうに私ども承知いたしました。その条件というのは、先ほど報告にも申し上げましたが、何といっても一番のポイントは福知山線の複線電化、これが地元の四町の強烈なる要望でございます。そのほかに、国道一七三号線、これを整備

鬼丸勝之

1972-06-08 第68回国会 参議院 運輸委員会 16号

○鬼丸勝之君 関西視察の結果を御報告いたします。  派遣されました委員は、山崎委員、藤田委員、伊部委員、山田委員及び私鬼丸、一行五名で、六月六日及び七日の二日間にわたり、山陽本線住吉-東灘間の高架化工事、兵庫県下の篠山線の廃止後の状況及び滋賀県下の湖西線の建設工事の現場を視察してまいりました。  まず、山陽本線住吉 東灘間の高架化工事は、踏切道改良促進法に基づく工事で、三キロ余にわたる区間の踏切道十二

鬼丸勝之

1972-05-23 第68回国会 参議院 運輸委員会 10号

○鬼丸勝之君 きょうの冒頭における人事案件を委員長がおはかりいたしましたにつきましては、その前の理事懇談会、それからここで理事会を開かせていただきまして、人事案件をまずはかっていただいて、そして十九日の職権開会の指揮をとったことにつきまして野党の委員の方々から御発言があるということで、御発言があった後に委員長から釈明をいたしまして、それから公団法の質疑に入るという議事の段取りを理事懇談会で森中理事と

鬼丸勝之

1972-05-23 第68回国会 参議院 運輸委員会 10号

○鬼丸勝之君 ただいまの点について申し上げますと、確かに森中理事から五月の上旬のある日、九日か十一日だったと思いますが、まあ正式の理事会でなくて懇談会で確かにそういう御要望がありまして、そこで理事会としましては、開会時間と閉会時間、それから昼の休憩時間、これは原則としてそういうふうにひとつやりましょうという合意に達しました。そこで、いまの、火曜日の午後、調査案件に充てるという件は、じゃあ五月の十六日

鬼丸勝之

1972-03-30 第68回国会 参議院 運輸委員会 4号

○理事(鬼丸勝之君) ただいまの瀬谷委員の発言につきましては、後刻理事会において打ち合わせをして処理したいと思っております。  他に御発言もなければ、本日の調査はこの程度にとどめておきます。  本日はこれにて散会いたします。    午後四時四十四分散会      ―――――・―――――

鬼丸勝之

1972-03-16 第68回国会 参議院 運輸委員会 3号

○理事(鬼丸勝之君) ただいまから運輸委員会を開会いたします。  本日は、木村運輸委員長不在のため、私が委員長の職務を代行いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る九日、藤田正明君が委員を辞任され、その補欠として稲嶺一郎君が選任されました。     ―――――――――――――

鬼丸勝之

1972-03-07 第68回国会 参議院 運輸委員会 2号

○鬼丸勝之君 関連。  ただいま小柳委員から、ローカル線のダイヤ改正について地域住民あるいは市町村長の意向を十分ひとつ聞くように、また、そのためのPRを徹底してやるようにという御意見、これはまことにごもっともだと思うのです。それで、実はさっきちょっとお話もありましたが、一月にダイヤの削減の改正を発表して、新聞に出て、それからあわてて沿線の関係市町村長が、議会で議決をしたりして、福岡の場合ですと門鉄の

鬼丸勝之

1971-10-26 第67回国会 参議院 運輸委員会 2号

○鬼丸勝之君 第三班の派遣報告をいたします。  派遣委員は、江藤委員、小柳委員と私の三人でありますが、熊本県で森中委員が現地参加されました。  また、派遣期間は、九月二十八日以降五日間でありまして、山口、福岡、長崎、熊本各県所在の運輸省、国鉄地方機関等の管内事情を聴取し、港湾、空港施設、海員学校、三菱重工長崎造船所及び熊本交通センター等の実情を視察調査してまいりましたので、これらの調査事項のうち、主要

鬼丸勝之