運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
214件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1963-06-26 第43回国会 衆議院 外務委員会 28号

○飯塚政府委員 特に、ビルマとしては、農業、さらに工業の点について努力しておるようでございます。したがいまして、日本からも、農機具、トラクター、そういうものに対しての協力が非常に必要だと思いますし、それから、自動車あるいは農業用のポンプ、そういうものに対しても非常に望んでおるように見てまいったのであります。

飯塚定輔

1963-06-26 第43回国会 衆議院 外務委員会 28号

○飯塚政府委員 お答えする前に一言お礼を申し上げます。三月二十九日のビルマ調印の際、皆さんの御支援によってビルマに行かせていただきましたことを心からお礼申し上げます。  現地で、政情とか、建設の方途と申しますか、そういう点についていろいろ聞いて、あるいは見てまいりましたが、少し侮辱したことばかもしれませんけれども、非常に後進性が強いのでございます。ただ、政情については、いまのネ・ウィン将軍の革命政権

飯塚定輔

1963-06-13 第43回国会 衆議院 内閣委員会 26号

○飯塚政府委員 西村先生のお話しの北鮮との出入国に関しての問題に関しましては、これもできるだけ御期待に沿うようにやっていきたいと考えておりますが、御承知のように、昭和三十五年に、国会議員が、北鮮帰還の問題のときに三名、平壌を目的地として日本を出ておるのでございますが、それ以後は全然ございません。約八万人に近い北鮮の諸君は行ったきりでございます。それから北鮮の赤十字社からは毎月一ぺんくらいずつ新潟までおいでになっておりますが

飯塚定輔

1963-06-13 第43回国会 衆議院 内閣委員会 26号

○飯塚政府委員 ただいま西村先生からいろいろ御高説を伺いましたが、その中には私も同感申し上げる点が多々あるのでございます。したがいまして、中国からの日本に対する入国、これは国際慣例としては、未承認国からの入国は認めないのが慣例になっておるようでございますけれども、中国からの入国の申し出に対しては、現在までかなり御希望に沿うように努力はしてきております。昭和三十七年度には、団体数からいうと十団体でございますが

飯塚定輔

1963-05-30 第43回国会 参議院 外務委員会 20号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました海外移住事業団法案につきまして、その提案の理由を御説明いたします。  政府は従来から海外移住の重要性にかんがみ、戦後昭和二十七年に海外移住が再開されて以来、ボリビア、パラグァイ、ブラジル、アルゼンチンの諸国との間に移住協定を締結するなど、本邦人の海外移住の道を広げることに努めるとともに、諸種の総合的な施策を行ない、移住者の援助、指導その他海外移住の振興

飯塚定輔

1963-05-14 第43回国会 参議院 外務委員会 18号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました日本国とアメリカ合衆国との間の領事条約の締結について承認を求めるの件につきまして提案理由を御説明申し上げます。  わが国は、アメリカ合衆国との間に領事に関する事項を規定するための領事条約の締結につき、かねて交渉を行なって参りましたが、先般最終的に妥結を見、昭和三十八年三月二十二日、東京において大卒外務大臣とライシャワー・アメリカ大使との間でこの条約の

飯塚定輔

1963-05-09 第43回国会 参議院 外務委員会 17号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました「日本国政府とニュー・ジーランド政府との間の小包郵便約定の締結について承認を求めるの件」及び「日本国と南アフリカ共和国との間の小包郵便約定の締結について承認を求めるの件」につきまして、提案理由を一括御説明いたします。  ニュー・ジーランド及び南アフリカ共和国は、いずれも、万国郵便連合の小包郵便物に関する約定に参加していないため、わが国とこれら両国との

飯塚定輔

1963-03-19 第43回国会 衆議院 内閣委員会 11号

○飯塚政府委員 それは、この二十二日の閣議で決定されることでありますから、まだ正確にお答え申し上げることはできませんが、大使ということじゃなく、全権委員という形で、その主席として私が出かけることになると思います。

飯塚定輔

1963-03-19 第43回国会 衆議院 内閣委員会 11号

○飯塚政府委員 大へんおほめの言葉をいただきまして恐縮しておりますが、誠意を持ってお答え申し上げたいと思います。ただいまの御質問に対しましては、担当者より詳細にお答え申し上げることといたします。

飯塚定輔

1963-03-18 第43回国会 衆議院 内閣委員会 10号

○飯塚政府委員 御趣旨はよくわかります。従いまして、ビルマは古くから日本とも友好関係もございますし、新興国としてのビルマの生々発展のためには、経済的にも、今度の協定といいますか、それが非常に役立つことと存じます。これらの点について十分注意をして、向こうとの友好関係、特に経済的にも将来の発展を希求して、使命を果たして参りたいと思います。

飯塚定輔

1963-03-18 第43回国会 衆議院 内閣委員会 10号

○飯塚政府委員 お答え申し上げます。  決してビルマとタイ国を回るのが私の使命ではございませんが、ビルマの平和条約に対して、いわゆる第五条による通貨の協定に調印をするのでございます。ただ、私もタイとかビルマは初めてでございますから、帰りに一日ぐらいタイに寄ってこようじゃないかという考えを持っておるだけで、本旨はビルマの条約調印のために出かけるのでございます。

飯塚定輔

1963-03-14 第43回国会 参議院 外務委員会 12号

○政府委員(飯塚定輔君) 第七条の4項の今度の改正を要する問題は、実は以前は労使ともに、また政府代表も、ヨーロッパから理事が多く出て、ほとんどヨーロッパに占められるという実情でございました。政府代表のほうでは、一九五三年の総会において同じ規定がございましたが、その当時政府代表十八名を五十三年に二十名に増員いたしまして、そうしてやはりこれと同じ規定を削除したのでございます。今度の削除も、それ以来世界の

飯塚定輔

1963-03-14 第43回国会 参議院 外務委員会 12号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました、千九百六十二年の国際小麦協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。  わが国は、千九百四十九年の国際小麦協定以来、累次修正、更新されてきた小麦協定に、継続して加盟して参りましたが、千九百五十九年協定は千九百六十二年七月三十一日に失効いたしますので、これにかわるものとして千九百六十二年の国連小麦会議で作成されましたのが

飯塚定輔

1963-03-08 第43回国会 衆議院 外務委員会 6号

○飯塚政府委員 その期日の問題については私申し上げることはできませんけれども、関係法規等の検討もしていることと思いますので、すみやかにできることと、私の考えとしては信じておる次第であります。

飯塚定輔

1963-03-08 第43回国会 衆議院 外務委員会 6号

○飯塚政府委員 これは、総理大臣も施政方針演説の際申し上げましたように、今度の国会においては提出されることと私も信じておりまするが、諸般の情勢と申しますか、法規上の関係の問題を今検討中だと思いますから、御期待に沿うようなことになることと私は信じております。

飯塚定輔

1963-03-07 第43回国会 衆議院 外務委員会 5号

○飯塚政府委員 ただいま議題となりました関税及び貿易に関する一般協定の譲許表の訂正及び修正に関する締約国団の確認書の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  わが国の国定税率を定める関税定率表の附表は、一昨年六月一日全面的に改正され、新しい関税品目分類法に準拠するものとなり、また、この改正の後に締結したガット文書に収録されるわが国の関税譲許表もすべてこの新しい関税品目分類法

飯塚定輔

1963-03-07 第43回国会 参議院 外務委員会 10号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました「関税及び貿易に関する一般協定の譲許表の訂正及び修正に関する締約国団の確認書の締結について承認を求めるの件」につきまして、提案理由を御説明いたします。  わが国の国定税率を定める関税定率表の附表は、一昨年六月一日全面的に改正され、新しい関税品目分類法に準拠するものとなり、また、この改正の後に締結したガット文書に収録されるわが国の関税譲許表もすべてこの

飯塚定輔

1963-03-01 第43回国会 衆議院 大蔵委員会 13号

○飯塚政府委員 先ほど佐藤さんの御質問の中に、御注意の中に、高級よりも低級の所得者の旅行に対して、一等あるいは二等の問題でお触れになりましたが、今度の改正によっては、高級者よりも低級者の方を主として増額することになっておりますから、この点もつけ加えてお答え申し上げます。

飯塚定輔

1963-03-01 第43回国会 衆議院 大蔵委員会 13号

○飯塚政府委員 お答えいたしますが、現在の旅費で足りるかどうかということに対しては、私、外務政務次官としてではなく、一言これをお答え申し上げたいと思います。  私もヨーロッパ等に旅行いたしましていろいろ話を伺ってみますと、なかなか苦しいということを伺っております。従いまして、昨年度の三十七年度の国内旅費規定の改正等によって国内の旅費規定が改正されておりますので、日本の財政上の問題も考えて、できるだけ

飯塚定輔

1963-02-26 第43回国会 参議院 外務委員会 8号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました、日本国とグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国との間の通商、居住及び航海条約及び関連議定書の締結について承認を求めるの件につきまして提案理由を御説明いたします。  日英両国間の戦後の貿易関係は、最恵国待遇の保障がないまま毎年更新される貿易取りきめによっていましたが、政府は、両国間にガット関係を設定し、最恵国待遇を相互に保障することの重要性にかんがみ

飯塚定輔

1963-02-21 第43回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 6号

○飯塚政府委員 お答えいたします。実は大臣が出席してお答えするはずでございましたけれども、ただいま参議院の外務委員会に出席しておりますので、あるいは十分ではないと思いますけれども、私から一応お答え申し上げたいと思います。  これは御承知のように、一月九日にアメリカのライシャワー大使から外務大臣に対して、口頭でもって、原子力潜水艦の寄港の問題について日本の意向をただして参ったのでございます。  日本といたしましても

飯塚定輔

1963-02-19 第43回国会 参議院 外務委員会 6号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました、国際連合の特権及び免除に関する条約の締結について承認を求めるの件、専門機関の特権及び免除に関する条約の締結について承認を求めるの件、並びに国際原子力機関の特権及び免除に関する協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を一括御説明申し上げます。  国際連合特権免除条約及び専門機関特権免除条約は国連総会で承認され、各加盟国の加入を要請されたものであり

飯塚定輔

1963-02-12 第43回国会 参議院 逓信委員会 5号

○政府委員(飯塚定輔君) 横川委員のお話、私よく承っておきます。北鮮との関係については、北鮮関係の方々からもいろいろと直接陳情を受けておりますので、それらの点につきましては、大臣ともよく相談の上で、できるだけ努力をいたしたいと考えます。

飯塚定輔

1962-08-30 第41回国会 参議院 法務委員会 4号

○政府委員(飯塚定輔君) 岩間委員に申し上げますが、先ほど申し上げたように、私は、外務省を担当してから日が浅いので、お答えすることはでき得ないと申し上げましたが、もし教育基本法に対しての外務省の解釈等に行き過ぎあるいは足りないところがありますれば、将来十分に研究させることにいたしますから、御了承願います。

飯塚定輔

1962-08-30 第41回国会 参議院 法務委員会 4号

○政府委員(飯塚定輔君) 私、外務省の仕事を受け持ちましてからきわめて日が浅いので、ただいまここで明確にお答えすることは不可能だと思いますけれども、これらの点についても、私もさらに勉強してお答えしたいと思います。

飯塚定輔

1962-08-29 第41回国会 参議院 外務委員会 4号

○政府委員(飯塚定輔君) ただいま議題となりました、通商に関する日本国とニュー・ジーランドとの間の協定を改正する議定書について補足御説明申し上げます。  わが国とニュー・ジーランドとの間には、戦前におきましては昭和三年七月に締結された暫定協定によって相互に通商、関税及び航海上の最恵国待遇を供与したのでありますが、同協定は昭和十六年七月、ニュー・ジーランド政府よりの廃棄通告があり失効いたしました。  

飯塚定輔

1962-08-24 第41回国会 衆議院 外務委員会 3号

○飯塚政府委員 ただいま議題となりました日本国とオーストラリア連邦との間の小包郵便約定の締結について承認を求めるの件及び日本国とカナダとの間の小包郵便約定第四条を改正する議定書の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を一括御説明いたします。  日本国とオーストラリア連邦との間の小包郵便約定につきましては、明治四十年一月一日に発効いたしました現行約定が何分にも五十余年前に作成されたものであるため

飯塚定輔