運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
27件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

1981-07-15 第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 9号

○関説明員 お答え申し上げます。  ロストウ軍備管理軍縮庁長官は、指名を受けておりましてまだ現在上院本会議での正式の任命の承認を得てはおりませんけれども、ただいま先生おっしゃいましたように、六月二十二日に、個人的な立場から、自分の軍縮あるいは軍備管理についての考え方を明らかにいたしております。  そのまず第一点といたしまして、軍備管理協定につきましては国際的武力行使に関するルールとしての国連憲章、特

関栄次

1981-06-04 第94回国会 参議院 法務委員会 11号

○政府委員(関栄次君) 難民条約の第一条には難民の定義がはっきり規定されておりまして、その定義に合致しない者は、いわゆる条約上の難民ではないわけでございます。  したがいまして、流民といいましても、その場その場によりましていろいろ言葉の使い方が違いますし、意味内容も違ってまいりますので、その流民と言われる人たちがすべて条約上のいわゆる難民としての資格を持つかどうかということは、これはいろいろ個々のケース

関栄次

1981-06-04 第94回国会 参議院 法務委員会 11号

○政府委員(関栄次君) ただいま先生御指摘のとおり、一般的にはディスプレイスト・パーソンというのは流民というふうに訳されております。ただ、難民高等弁務官府において使われております言葉のディスプレイスト・パーソンという意味の内容は、難民とほぼ同じような境遇にある者である、難民条約、あるいは議定書の定義に必ずしも完全に合致はしないけれども、ほぼ同様な境遇にある者というふうに難民高等弁務官府では解釈しているわけでございます

関栄次

1981-06-04 第94回国会 参議院 法務委員会 11号

○政府委員(関栄次君) 御答弁申し上げます。  難民条約及び議定書、ただいま御審議いただいているわけでございますが、それと国際人権規約は、いずれも社会権、すなわち教育を受ける権利であるとか労働の権利、それから労働者の団結権等そういう社会権、それから自由権でございますが、思想の自由であるとか表現の自由、それから人身の自由等のいわゆる自由権を認めると、これらの社会権、自由権を規定しているということにおきましては

関栄次

1981-05-29 第94回国会 衆議院 法務委員会 17号

○関(栄)政府委員 先ほど申し上げましたように、条約上は何の規定もございません。それで、これは難民を受け入れるかどうかということを義務づける何らの規定もないわけでございますものですから、義務というふうには私ども外務省といたしましては考えておりません。

関栄次

1981-05-29 第94回国会 衆議院 法務委員会 17号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  難民条約には、受け入れの義務につきましては直接規定をいたしておりません。これは、外国人をその国に受け入れるかどうかは主権行使の一部ということが、国際法上一般的に確立されているわけでありまして、その反映かと思われるわけでありますが、わが国といたしましても、難民と認定した者につきましては原則としてこれを受け入れることとするのが、条約の趣旨とか精神からいきまして

関栄次

1981-05-22 第94回国会 衆議院 法務委員会 15号

○関(栄)政府委員 先ほど申し上げましたように、条約の定義に従いまして、個々の具体的案件を申請ごとに審査しませんと結論が出ないわけでございますけれども、あのような異常事態のもとで、小船であるいはひどい条件下で脱出しなければならないという人が多くあったことは、これは確かに異常事態でございますし、条約の定義にございますような条件に当てはまる人も相当数いるのじゃなかろうかというふうに私どもとしましては推測

関栄次

1981-05-22 第94回国会 衆議院 法務委員会 15号

○関(栄)政府委員 ただいま先生が御言及になりました人たちの中には、確かに条約に規定されております難民の方もおりましょうし、そうでない方もあろうかと思いますので、やはり個々の具体的ケースに当たりまして入管当局の方で認定の作業を進めていただき、その結果、難民としてこの条約の定義に合致する者につきましては、難民としての資格を与えられるということじゃなかろうかと思います。

関栄次

1981-05-22 第94回国会 衆議院 法務委員会 15号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  確かに、新聞報道等で難民の定義につきましていろいろなことが言われていることは外務省としましても存じておりまして、先生御指摘のような点もあろうかと思いますけれども、外務省といたしましては、この条約に加入するからには、この条約に規定されております難民の定義に従って法務省の方で難民認定の実際の業務をやっていただくということをお願いすることになっているわけでございまして

関栄次

1981-04-27 第94回国会 衆議院 決算委員会 11号

○関(栄)政府委員 まことに申しわけございません。ちょっと訂正させていただきます。二百十七円と申し上げましたのは本年度の予算要求の基準となった支出官レートでございまして、先生の御指摘の期間におきましては百九十五円でございます。  それから地域的に日本の拠出金が偏って支払われているのじゃなかろうか、そこに偏向があるのじゃなかろうかというような先生の御指摘でございますが、外務省といたしましては、国連及びその

関栄次

1981-04-27 第94回国会 衆議院 決算委員会 11号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  国際連合本部及びその他国連関係機関に対しますわが国の分担金及び拠出金の予算案の編成に当たりましては、たとえば本年度におきましては支出官レートを二百十七円で計算して予算を認められております。ただいま先生お尋ねのレートは随時変動いたしておりまして、確かに予算編成時におきます支出官レートと実際の支出時におきますレートとの間に相違が生ずることがあるわけでございますけれども

関栄次

1981-04-14 第94回国会 衆議院 内閣委員会 6号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  ただいま上田委員御指摘のワシントン条約に関しますニューデリーにおきます会議は、二月の二十五日から三月の八日まで開かれたわけでございますが、この会議におきましては、ワシントン条約を円滑に実施していく、そのための施策につきましていろいろ検討が行われたわけでありまして、特に輸出入の許可書等の記載内容を統一するとか、あるいは養殖の問題、それから象牙取引の際の手続等

関栄次

1981-04-07 第94回国会 衆議院 内閣委員会 4号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  その点につきましては、諸外国の拠出状況を見ながら検討していくべきことかと思います。国連におきましては、御承知かと思いますが、大体どの国際機関、特に国連本部の場合には二五%を限度とするというような総会の決議もございまして、先ほども申し上げましたけれども、国連の当初の予算でございました約四億ドルの四分の一を負担する、二五%を日本が負担するという基本方針をとっているわけでございまして

関栄次

1981-04-07 第94回国会 衆議院 内閣委員会 4号

○関(栄)政府委員 まず日本の資金面の協力でございますが、現在までに九千一百万ドルを拠出いたしております。そして昭和五十六年度予算におきましては、さらに百万ドルを拠出する予定にいたしております。  諸外国についてでございますが、現在までに三十三カ国から約四千四百万ドルの拠出の成約が行われております。

関栄次

1981-04-07 第94回国会 衆議院 内閣委員会 4号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  外務省の外交の基本的な方針といたしまして、国連に協力するということが大きな柱になっているわけでございますが、国連大学が設立されました経緯、この構想が出ました当初から日本政府はこれに非常な関心を示しまして、特に、この大学が実現した場合にはぜひ日本に招致したいということで、国連に対して働きかけをやってきたわけでございます。そういうような日本の積極的な姿勢を示すという

関栄次

1981-03-20 第94回国会 衆議院 外務委員会 5号

○関説明員 外国為替管理法は一昨年の十二月に国会で通過をいたしたわけでございますが、この趣旨は、わが国の対外取引をできるだけ自由な体系に移していく、こういう趣旨でございまして、法律の立場から管理調整を行っていくのはできるだけ最小限度にとどめていこう、こういう基本的な考え方でございます。したがいまして、対外直接投資につきましては改正前も極力自由にするという態勢で運用してまいったわけでございますが、改正

関栄次

1981-03-20 第94回国会 衆議院 外務委員会 5号

○関説明員 大蔵省といたしましては、対外直接投資を外国為替管理法に基づいて管理をしている立場でございますが、いま先生御指摘のような具体的な事実について最近掌握をしていることはございません。

関栄次

1981-03-02 第94回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  確かに先生ただいま御指摘のように、先般の総理大臣官邸におきまして総理大臣に提出されました「国連婦人の十年後半期に向けて」という婦人問題企画推進会議の報告書の中には、その点が指摘されておりますけれども、婦人差別撤廃条約の批准のための国内法の整備につきましては、非常に多岐にわたりまして問題点がございます。それから、外務省といたしまして協議を必要といたします関係

関栄次

1981-03-02 第94回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

○関(栄)政府委員 外務省といたしましては、昨年六月二十七日、婦人問題企画推進本部で申し合わせが行われました趣旨にのっとりまして、この条約の批准は、わが国の政府が現在実施しております国内行動計画後半期の重点課題の一つでもございますものですから、なるべく早期にこの批准を実現したいということで、現在関係の省庁と鋭意問題点を洗い出すとともに、国内法の改正あるいは新しい法律の制定の必要の有無等について鋭意検討中

関栄次

1981-03-02 第94回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 3号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  先生御指摘の点につきましては、確かに今朝、新聞に出ておりました法務省御発表の要綱等には出ていないのでございますが、現在、外務省といたしましては法務省その他関係省庁と、それらの点を含めまして協議中でございます。

関栄次

1981-02-27 第94回国会 衆議院 文教委員会 3号

○関(栄)政府委員 五条の(b)項は、児童の利益の重要性にかんがみまして、家庭教育での母性に対する適正な認識と、それから児童の養育に対する男女の共同責任についての理解を高めることを確保するように、政府、地方公共団体等が適当な措置をとることを義務づけているわけでございます。

関栄次

1981-02-27 第94回国会 衆議院 文教委員会 3号

○関(栄)政府委員 この第二条の(a)と(b)は、この条約を実施する上での基本的な原則を定めたものでございまして、第二条の(a)項は、男女平等の原則が自国の憲法等に組み入れられていない場合には、これを立法化するということを締約国に義務づけているわけでございます。わが国の場合は、すでに憲法第十四条において性に基づく差別が禁止されておりますので、その点については問題ないわけでございます。  それから第二条

関栄次

1981-02-27 第94回国会 衆議院 文教委員会 3号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  婦人差別撤廃条約は、先生御案内のとおり、婦人差別をなくし、婦人の人権及び基本的自由の享有を確保するということを基本的な目的といたしております。人権の尊重という問題につきましては、昭和二十三年に国際連合において世界人権が採択された以後、国際的にも非常に大きな、重要な課題になっているわけでございまして、人権尊重という分野において種々の国際協力が進められてきておりまして

関栄次

1981-02-25 第94回国会 衆議院 法務委員会 1号

○関(栄)政府委員 お答え申し上げます。  このローマ条約につきましては、国内におきまして著作権、著作の隣接権制度の運用の実態、それから関係当事者の見解、さらにはアメリカを初めといたします諸外国の動向等をさらに見きわめたいというふうに外務省は考えております。ただ、この条約の加盟につきましては、外務省といたしましては、今後とも文化庁初め関係省庁と協議の上、前向きに対処してまいりたいというふうに考えております

関栄次

1980-11-06 第93回国会 参議院 外務委員会 3号

○説明員(関栄次君) 世界の人口増加と食生活の向上が食糧不足とどのような関係にあるかということにつきましては、必ずしも十分な資料がないわけでございますが、ただ一例といたしまして、FAOが昨年発表いたしました紀元二〇〇〇年の農業と題する報告書によりますれば、開発途上にあります九十カ国を対象にいたしまして、一九八〇年から二〇〇〇年までの人口増加率を年間二・三%、それから一日一人当たりのカロリー摂取量の増加率

関栄次

1980-11-06 第93回国会 参議院 外務委員会 3号

○説明員(関栄次君) お答え申し上げます。  世界食糧計画というのがございますが、この国連機関の昨年の報告書によりますと、開発途上国の食糧の不足量は、これはカロリーの摂取量をどのように計算するかによって違ってまいるのでございますが、年間最低三千五百万トンから五千四百万トンぐらいであろうかというふうに推計されております。  このような食糧不足を惹起する原因につきましては、一九七四年の世界食糧会議におきまして

関栄次

1980-11-05 第93回国会 衆議院 法務委員会 3号

○関説明員 お答え申し上げます。  ただいま先生御指摘の条約につきましては、七月十七日に日本は署名いたしましたけれども、現在国内体制の整備のために関係省庁と協議を進めている段階でございまして、目下のところ、具体的にいつの国会に提出できるということを申し上げるような段階にはまだ至っておりません。しかしながら、ことしの六月の婦人問題企画推進本部申し合わせというのがございまして、それによりますれば、昭和五十六年

関栄次

1980-11-05 第93回国会 衆議院 法務委員会 3号

○関説明員 お答え申し上げます。  条約の二十三条と二十四条に内国民待遇が規定されているわけでございまして、その中に国民年金、児童関係の諸手当それから健康保険等につきまして内国民待遇を与えるということが規定されておるわけでございます。これらの二つの条項と国内法との抵触する部分がございまして、その点につきまして現在厚生省と協議中でございます。

関栄次

1980-11-05 第93回国会 衆議院 法務委員会 3号

○関説明員 外務省の立場からお答えをさせていただきたいと思いますが、外務省といたしましては、この難民条約になるべく早く入りたいという念願を持っておりまして、前通常国会におきましてもできましたら御審議いただこうと思っていたわけでございますけれども、去る五月、当時の大来外務大臣から外務委員会で御答弁申し上げましたように、関係省庁との意見調整がつきませんで、残念ながら見送らざるを得なかったわけでございます

関栄次

1980-10-31 第93回国会 衆議院 外務委員会 5号

○関説明員 お答え申し上げます。  ただいまの先生の人口の増加率と食糧増産の伸びとの関連の問題でございますが、正直なところ十分な資料はないのでございますが、ただ一例といたしまして、FAOが昨年発表いたしました「二〇〇〇年の農業」と題する報告書がございます。これによりますと、開発途上にございます九十カ国を対象に一九八〇年から二〇〇〇年までの人口増加率を年に二・三%、それから他方食糧増産率を年に三・八%

関栄次

1980-10-28 第93回国会 衆議院 内閣委員会 5号

○関説明員 お答えを申し上げます。  ただいま先生からもお話ございましたように、イラン・イラク紛争をめぐりまして現在安全保障理事会を中心にいたしまして平和的解決のための努力が続けられておりまして、またそういう安保理での努力を補足する形で、イスラム諸国会議の一部の国が中心になりまして平和的解決への努力が現在必死になって続けられているわけでございます。現在までのところ、安全保障理事会で、先生がただいまおっしゃいましたお

関栄次

1980-05-09 第91回国会 衆議院 外務委員会 21号

○関説明員 先生がただいまおっしゃいましたように、ユネスコでどのような作業が行われておりますか、私ちょっといま存じておりませんので、後ほどまた調べてお答えさせていただきたいと思いますが、国連環境計画におきまして、将来の地球全体を規模といたします環境政策を立案するための基礎的なデータを収集するという目的で、もろもろの環境体系の相互関係、それから環境と汚染の原因の関係などを究明しようというような作業が現在行

関栄次

1980-05-08 第91回国会 衆議院 外務委員会 20号

○関説明員 お答え申し上げます。  現在、海洋汚染防止の見地から締結されております条約は六つございます。まず第一に、千九百五十四年の油による海水の汚濁の防止のための国際条約、第二に、油による汚染を伴う事故の場合における公海上の措置に関する国際条約、第三、油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約、第四といたしまして、油による汚染損害の補償のための国際基金の設立に関する国際条約、それから第五といたしまして

関栄次

1980-05-08 第91回国会 衆議院 外務委員会 20号

○関説明員 先生がただいまお挙げになりましたいずれの条約におきましても、原因者が特定できる場合にのみ補償が行われるということでございまして、先生御承知のとおり廃油ボールの原因者を究明するということは非常にむずかしいわけでございまして、通常の場合にはこの条約による補償を求めるということは非常に困難があろうかと思います。

関栄次

1980-05-08 第91回国会 衆議院 外務委員会 20号

○関説明員 お答え申し上げます。  千九百五十四年の油による海水の汚濁の防止のための国際条約のほかに、海洋汚染を防止するためのいろいろな条約がございますが、これらのほかに、たとえば今国会ですでに御承認をいただきましたワシントン条約とか、それから水鳥の生息地を保存するための条約とか、移動性動物の保護に関します条約等幾多の条約がございます。海洋関係の汚染防止の条約につきましては現在六つばかりございますが

関栄次

1980-04-30 第91回国会 衆議院 外務委員会 19号

○関説明員 釧路湿原は北東アジア特産の種でございますタンチョウ等の重要な繁殖地でございまして、釧路湿原で繁殖しております鳥類といたしましては、そのほかにアカエリカイツブリ、オオジシギ、バン等三十八種が確認されておりまして、これらはいずれも国際的に重要な種と考えられております。その面積につきましては五千十二ヘクタールでございます。

関栄次

1980-04-30 第91回国会 衆議院 外務委員会 19号

○関説明員 お答え申し上げます。  先生御指摘のように、現在二十三カ国がこの条約の締約国になっておりますが、その二十三カ国が指定をしております湿地の数は全部で百九十でございます。そのうち一カ所だけを指定している国がオーストラリア、ノルウェー、スイスを初めとしまして六カ国ございます。湿地の総面積でございますが、この二十三カ国全部合わせまして約五百六十万ヘクタールになっております。

関栄次

1980-04-30 第91回国会 衆議院 外務委員会 19号

○関説明員 お答え申し上げます。  この条約の対象になります湿地には、沼沢地とか湿原とかその他もろもろのいわゆる湿った土地が対象となっておりますけれども、これらの湿地は動植物、特に水鳥の生息地として重要であるということが最近認識が深まっているわけでございます。特に湿地の中に生息する動植物の中でも水鳥がきわめて慎重な保護を必要とする、そういう保護がなければ今後絶滅するおそれもあるというようなことで国際的

関栄次

1980-04-25 第91回国会 衆議院 外務委員会 18号

○関説明員 内容を簡単に申し上げますと、この条約は、定期船同盟に対する加入を原則として公開、オープンにするということ、第二に、運賃、配船等につきましてプール協定を行う場合に、国別の積み取り比率を設定するということ、それから第三点といたしまして、運賃値上げ等につきまして荷主との間に事前協議を行うことを船主に義務づける、そういう規定がございます。第四点といたしまして、運賃値上げ等に関しまして実質的な凍結期間

関栄次

1980-04-25 第91回国会 衆議院 外務委員会 18号

○関説明員 ただいま先生が御引用されましたトン数条約につきましては、このトン数といいますのは、先生御承知のとおり安全基準とかその他港湾におけるいわゆる各種のチャージの基準になるものでございまして、非常に重要な一つの基準でございますけれども、このトン数をはかります基準を改正する場合には、国内的にも影響が及ぶ範囲が非常に広いわけでございまして、特に小型あるいは中型の船舶にその影響が大きく出る傾向がございます

関栄次

1980-04-25 第91回国会 衆議院 外務委員会 18号

○関説明員 ただいまの先生の御質問でございますが、まことに申しわけございませんけれども、私もそのあたり、なぜ今度締約国の数がそれほどふえていないのか事情を必ずしも正確には把握しておりませんけれども、主要海運国はほとんど同じように今度の条約にも締約国になりますし、今後もふえる見込みでございますものですから、条約の適用範囲といいますか、国際協力という観点からは特に問題はなかろうかと思うわけでございます。

関栄次

  • 1
  • 2