運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
363件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-13 第204回国会 衆議院 総務委員会 第16号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  先立つ質問者皆様ワクチンの話を取り上げられています。私も今日はワクチンの話も含めて質問したいと思いますが、ただ、立憲皆様が、先ほど大臣が言い返されていましたけれども、みんな頑張っているので、余り印象操作はよくない。実際に大臣がどういう言葉で自治体とコミュニケーションを取られているかというのは、やはり事実に即して評価していってあげた方がいいかなというふうには

足立康史

2021-05-06 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

足立委員 自民党提出者方々質問します。  今日は立憲民主党修正案についても議論してよろしいということで幹事会でお決めいただいたそうですので、立憲民主党修正案について、自民党に伺います。  立憲民主党修正案には、施行後三年という具体的な期限を設けて検討を求める内容になっておりますが、平成十九年に成立した国民投票法の附則に、いわゆるストッパー条項を含む三つの宿題が設けられていた経緯を踏まえ

足立康史

2021-05-06 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  前回のこの審査会の場で、共産党赤嶺委員が、世論が十分に盛り上がらなかったとの安倍総理言葉を引用して、それが国民の答えだと胸を張っていらっしゃいましたが、大事なのは、その後に続く安倍総理言葉であります。そこには、国会議論しなければ国民に広がらないとおっしゃっています。  まさに国会での活発な憲法論議を抜きにして世論が形成されるものではないと

足立康史

2021-04-27 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

足立委員 ありがとうございました。  小型炉を、私も、ちょっと勉強不足というか、メーカーと議論したこともあります。例えば東芝の技術陣とその実現可能性について、直接お越しをいただいて議論したこともあります。例えば、更に言えば、小型高速炉であれば、発電のための小型炉だけでなくて、使用済燃料の毒性を低減させるために使える炉という面もありますので、私はやはり次世代炉には期待をしているという立場であります。

足立康史

2021-04-27 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

足立委員 今、橘川先生の方から、自民党公明党は小学生以下だというコメントをいただきまして、私も同感でありますので、一応付言をしておきたいと思います。  そういう、いろいろな意味で先延ばしをしているんだと。特に、橘川先生は、規制委員会ができて、原子力規制政策については一定変化があったが、原子力政策そのものはやはり先延ばしではないかという議論がございまして、私も全く同感でございます。  そのときに、

足立康史

2021-04-27 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今日は、先生方、ありがとうございます。  それぞれ貴重な御意見を賜りましたので、私の方からも、先生方お一人お一人に御質問申し上げたいと思うんですが、ちょっと順番を、橘川先生鈴木先生黒川先生石橋先生の順でお願いをしたいと思います。基本的には、お一人、参考人先生方にそれぞれ御質問するんですが、ほかの方も、ちょっとそれ待て、俺も言いたいというのがありましたら

足立康史

2021-04-23 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第21号

足立委員 はい、委員長。  余り早いと、局長とか答弁者、上司が詰め倒すというわけだな。だから、むちゃくちゃ時間をかけて答弁書を作ることになってしまうと。直前に通告していただくと、もうばたばただから、大量の質問が来るから、もういいよ、いいよ、これは現場で適当にやるからいいよということになって、短時間で処理が終わるという議論もあるんですね。  だから、私は、やはり、そういうこともちょっと最近いろいろ配慮

足立康史

2021-04-23 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第21号

足立委員 ありがとうございます。  結局こうなるわけですね。こうなるってどうなるかというと、結局議論できないですよ。議論できないって、当たり前ですね。政府は、閣僚答弁する、ここまでです。  でも、本当は国会の在り方を、議運とかあるわけですけれども、こういうところでも、今日は国家公務員法ですから、本当はそういう議論をしたいんだけれども、与野党政府質問するという一方通行の質疑の形態が、議論の深まりを

足立康史

2021-04-23 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第21号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今の後藤祐一議員議論、今日は法案審査ですからちょっと場違いだとは思いますが、興味深い論点だと思います、酒類の話ですね。  ただ、是非また別の機会にじっくりやりましょうよ。ちょうど今、私の地元大阪でも、緊急事態宣言という方向で、みんなで一致団結してこの状況を乗り越えていこうということで頑張っている中で、また、関東でも、緊急事態宣言の手前で、蔓延防止等重点措置

足立康史

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

足立委員 私の五分の持ち時間での質疑を望んでおりましたが、会長議事運営でございますので、異論はありますが、従いたいと思います。  今日の時間内で、是非山花代理に伺いたいのは、共産党のそうした非常識な意見に関する立場を教えてください。  それから、赤嶺委員に対しては、度々、国民が改憲を求めていないとおっしゃっています。先ほど馬場提出者の方からは、国民憲法改正を求めているその根拠をお示ししました

足立康史

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  日本維新の会は、今、新型コロナウイルス感染症蔓延という脅威に対応する中で、緊急事態条項に係る議論を今こそ深める必要があると考えています。そうした観点から、そのためにも国民投票法改正案の速やかな可決成立を図り、憲法改正原案に関する実質的な審査に入るべきであると訴えておきます。  その上で、山花会長代理赤嶺委員質問します。私の持ち時間を使って質問

足立康史

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  私たち日本維新の会は、国民投票法改正案については既に審議が尽くされたとの立場であります。そして、直ちに採決をし、可決成立を図るべきであると考えております。そうした観点から、国民投票法改正案についての個別の論点について質問することはもうございませんが、大所高所から、馬場伸幸提出者に三点御質問したいと思います。  まず一点目は、馬場伸幸提出者は、中山太郎憲法調査会長

足立康史

2021-04-21 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

足立委員 是非お願いします。  飲食店以外のいろいろな業種、それから規模が広がっていくわけでありますので、是非、特に地域知事は、やはり、通貨発行ができませんというか、財政的な制約が非常に地方は強いわけですから、そこで判断がそういう観点で抑制されることがあってはならないと思います。やはりその点は国の方で是非リードを、財政面では議論をリードしていただきたい、こう思います。  報道によると、この規模別協力金

足立康史

2021-04-21 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

足立委員 今週、正念場でございます。しっかり私たちもお支えしたいと思いますので、全国の、大阪、東京、兵庫、しっかり協議をお願いしたいと思います。  通告でいうと二、三をちょっと後回しにして四に飛びますが、今お話があったように、百貨店とかも議論されている、広範な休業要請議論されていますが、これを本当に効果を上げていくためには、やはり、規模別協力金ということで準備をいただいているものが、売上げの四割

足立康史

2021-04-21 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今日は、河野大臣西村大臣にお時間を頂戴して、コロナについて質問したいと思います。  ちょっと一言、その前に、先ほど玄葉光一郎委員の方から処理水の話がありました。大変貴重な御意見だと思いました。私どもも、福島だけにこれを押しつけるのは、やはりどうしても私は気持ちがそれを許せないところがあって、政府が決めた後も、吉村知事松井市長も、また私たちも、やはり

足立康史

2021-04-20 第204回国会 参議院 内閣委員会 第13号

衆議院議員足立康史君) 柴田委員にお答えを申し上げます。  柴田委員指摘のとおり、このデジタル社会基本法、まず、衆議院から来ました足立康史でございます。ちょっと名前を言っておかな、ありがとうございます。  柴田委員指摘のとおり、デジタル社会基本法政府原案の九条を見ると、国と地方公共団体役割として大きく二つの柱、国民利便性向上と、行政運営簡素化効率化及び透明性向上という二つの大きな

足立康史

2021-04-16 第204回国会 衆議院 環境委員会 第5号

足立委員 私は、問題意識を共有していただいているということについては感謝をしますが、今日、細野先生もいらっしゃいますが、いつも失礼していて済みません、ツイッターでいろいろ絡んでいまして、細野豪志議員からすれば面倒くさいやつだなというところはあるかもしれませんが、当時、三十年後県外というのをお決めになった当事者として、私はそこにこだわっているわけですね。  もし違っていたら、また別途反論をいただいたらありがたいんですが

足立康史

2021-04-16 第204回国会 衆議院 環境委員会 第5号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  大臣、よろしくお願いします。  先日、三月の十日に、遠藤国対委員長浦野政調会長と私の三人で大臣オンライン会議をさせていただいて、本当にありがとうございました。  当時、処理水海洋放出がまだ決まっていないタイミングで、大臣是非御助力をということでお願いをして、オンライン会議に応じていただきました。そのときに私どもが強調して申し上げたことは、実

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

足立委員 日本維新の会の足立康史です。  本日は、国民投票法改正案について審議し、法案提出者の一人として答弁した我が党の馬場伸幸委員とともに、新型コロナウイルス感染症蔓延という脅威に対応する中で、緊急事態条項に係る議論を今こそ深める必要があること、そして、そのためにも、国民投票法改正案の速やかな可決成立を図り、憲法改正原案に関する実質的な審査に入るべきこと等について指摘をしました。  私からは

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

足立委員 ありがとうございます。  直ちに採決と私たちが申し上げているのは、審議が尽くされているということに加えて、中身議論を急がなあかんということです。  やはり、コロナも含めて様々な課題が浮き彫りになってきております。もちろん我が党は三項目の提案をしておりますが、緊急事態条項も含めて検討を急ぐ、そのためにも、国民投票法改正案採決、直ちに採決すべきと考えておりますが、馬場伸幸委員見解を伺います

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  本日、こうして憲法審査会が開催され、国民投票法改正案審査を行えることについて、関係皆様感謝を申し上げたいと思います。  ただ一方、この間、政局を持ち込まないというこの憲法調査会以来の伝統が一部野党取組で滞ってきたことは、大変遺憾に思います。  特に山花会長代理におかれては、野党筆頭というお立場もあるのは承知をしていますが、会長代理としての役割

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 総務委員会 第15号

足立委員 これは、国民皆様には大変申し訳ないけれども、多分もうここまでだと思います。  いろいろ、よう分からぬという国民の声も届いていますので、本来は国会でこれを明らかにしてただしていく必要があるんですが、今法制局もおっしゃっているように、一義的には総務省判断で、かつそれは、政治家としての大臣最終判断がそこにあるわけですから。  私は総務大臣は応援しておりますが、この件について御不満がある国民

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 総務委員会 第15号

足立委員 いや、だから、さっき私が申し上げたように、そんなもの、株式議決権なんというのは幾らでも操作できるわけだから。  だから、私どもの当時の扱いにも問題があったと今おっしゃったけれども、九九%郵政省の問題ですよ。郵政省が自らを何かするのはいいですよ。しかし、東北新社については、僕はちょっとかわいそうだな。私は、別に菅正剛氏がいるからかわいそうだと言っているんじゃないんですよ。一般論として、これはかわいそうに

足立康史

2021-04-15 第204回国会 衆議院 総務委員会 第15号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  共産党本村委員が時間どおり終わるのが珍しいので、ちょっと一瞬焦りまして、走ってまいりましたが、政府参考人の出入りに時間がかかっておるようでありまして、これはまず全部出てから入ったらいいですよね、という余計なことは言わない方がいいと思います。  大臣、基本的に吉田局長に聞きますが、フジの話は、今、松尾委員とか神谷委員もやっていましたが、ちょっとやはり

足立康史

2021-04-14 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第18号

足立委員 ありがとうございました。私たち思い一定受け止めていただいているということで確認をさせていただきました。  加藤長官、もう一点。私、ちょっと怒っていまして。枝野代表福島みずほ代表、これはちょっとひどくないですか。政府決定したことについて、その決定前から、福島県民をばかにしているとか、あるいは、決定について、安全性説明が尽くされていないとか。これに対しては公明党山口代表も、原発事故当時政権

足立康史

2021-04-14 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第18号

足立委員 昨日も大阪吉村知事が決まった段階で改めておっしゃったので、私もちょっと驚いたんですが、大阪湾での放出について、多分記者に聞かれたからかな、政府から正式に要請があれば真摯に検討していきたいということで、報道もされています。  私たちとしては、思いとしては、福島だけに押しつけるものであってはならない、日本全国で考えるべき問題だ、こういう問題意識で、吉村知事松井市長も、私たち、党として一貫

足立康史

2021-04-14 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第18号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  お昼にちょっと食い込んでおりまして恐縮でございますが、まず、加藤長官、昨日の関係閣僚会議総理もお出になっていますが、長官が議長のこの閣僚会議で、福島第一原発事故に伴う処理水、この海洋放出を決めていただきました。  私たち日本維新の会としては、この政治決断については高く評価をしていますが、一方で、福島だけにこの処理水の問題を押しつけることについて、

足立康史

2021-04-13 第204回国会 衆議院 総務委員会 第14号

足立委員 その昭和五十六年法制局見解について、私は九日から、大臣が今朝おっしゃった、今朝というのは九日の朝、大臣がおっしゃった昭和五十六年法制局見解ってどれですかということを何度も総務委員の一人として総務省に問い合わせましたが、まだ見せられないんだと。  その見せられない状況、要は説明責任を果たせないわけですね、自分たちが取った行動について説明責任を果たせない段階で発表するというのは異常じゃないですか

足立康史

2021-04-13 第204回国会 衆議院 総務委員会 第14号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今日は、フジ外資規制の話と、それから、今日、ちょうど今朝の関係閣僚会議で決まりました処理水に係るNHKの報道について取り上げます。  まず、フジでございますが、今もございました、吉田局長法制局見解について十分な説明国会でできない段階でそれを根拠に対応を決めた、これはさすがに私もちょっとよく分からないですね。八日にフジ金光社長が会見を開いてしまったので

足立康史

2021-04-09 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

足立委員 済みません、失礼しました。議事整理委員長にお任せをしたいと思います。  さて、今、追加でお二人、政府参考人においでをいただきました。なぜかというと、昨日からちゃんと通告はしておったんですが、人口問題に係る一億人というこの数字が、数字というか人口目標ですかね。あっ、近藤長官お忙しいところ済みません。これは何だということが実はもう一つよく分からないことになってしまって、坂本大臣のところとはやっているんですが

足立康史

2021-04-09 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第17号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今日は、お忙しい中、皆様ありがとうございました。ちょっと、こういう時間になっているのは私のせいではありませんので、済みません。何かいろいろ委員会の御都合だそうで、むしろ私はそれに応じているということですので、政府皆様には御理解を賜りたいと思います。それから、お昼ですから、委員皆様も適宜外していただいて結構ですから。私は、定足数とかどうでもいいと

足立康史

2021-04-08 第204回国会 衆議院 総務委員会 第13号

足立委員 ありがとうございます。そういうことだと思います。  ただ、私は、こういう地上波をめぐる、電波放送をめぐるいろいろ不満があるんですね。余り言うとまた番組に出させていただけなくなるので申し上げられませんが、いろいろ不満があります。  何が不満かというと、やはり民主主義観点から、もちろん、いろいろな表現をしていくことは大事だし、いろいろな情報を提供していただくことは大事なんだけれども、何かゆがめていたりとか

足立康史

2021-04-08 第204回国会 衆議院 総務委員会 第13号

足立委員 ありがとうございます。  その関連で、御承知のとおり、三月三十日にBPOが、木村花さんの関係で、木村さんのお母様が、過剰な演出が番組内であったのではないかということで、人権侵害があったとBPO申立てをされて、フジテレビは、人権侵害は認められないと反論された、それに対して、委員会は、人権侵害は認められないが放送倫理上の問題があったと判断し、フジテレビに対して改善のための対策を講じることを

足立康史

2021-04-08 第204回国会 衆議院 総務委員会 第13号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  今日はプロバイダー責任制限法ということでございますが、今いろいろな委員方々が御質問されて、大体もう質問論点が尽くされまして、もう分からないことがなくなっちゃいました。困りましたが、一つ局長、このプロバイダー責任制限法は、木村花さんの事件とかもあって、こういう形でまとめられていることについては敬意を表したいと思うし、我々も賛成をするという方針でございますが

足立康史

2021-04-07 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

足立委員 当然だと思いますね。  ちょっともう一つ土谷審議官、お手数ですが、外国投資家というときに、規制体系の中で、例えば密接関係者、広がりがある、要は、誰が外国で誰が日本なんだというのは結構難しい話で、それについては外為の規制体系の中で密接関係者範囲等も定められていると、素人でございますが、承知していますが、そういうことで間違いないですね。

足立康史

2021-04-07 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  一言、苦言を申し上げたいと思いますが、今朝の理事会で、今井理事後藤理事が、さきのデジタル改革関連法案に係る立憲民主党提案修正案関連資料について、誤植というかミスがあったということで、九十度、深々く理事会室で陳謝をされました。  私は、政府・与党のミスに対しては、閣議決定をやり直せということを国対委員長がおっしゃるとか、本会議場でなじるとか、そういうことが

足立康史

2021-04-06 第204回国会 衆議院 本会議 第18号

足立康史君 日本維新の会の足立康史です。  ただいま議題となりましたデジタル改革関連法案賛成立場から討論します。(拍手)  日本維新の会は、結党以来、マイナンバーフル活用を通じた、透明で公正公平な経済社会構築を目指してきたところ、今般のデジタル改革関連法案は、遅きに失した面があるとはいえ、日本経済社会をアップデートしていくには不可欠の法案です。党派を超えて、賛成する立場から、その成立協力

足立康史

2021-04-06 第204回国会 衆議院 総務委員会 第12号

足立委員 局長、ありがとうございます。  余り通告がちゃんとできていない中で、丁寧に御答弁いただいていることに感謝を申し上げますが、今おっしゃった、今までの取組は分かっていますが、やはり、ルール透明化、例えばオークションとかそういうことで、諸外国グローバルスタンダードを見たときに、この論点整理が、ある限界があって、その枠内にとどまっているように私は感じていまして、むしろ、この論点整理段階でそこを

足立康史

2021-04-06 第204回国会 衆議院 総務委員会 第12号

足立委員 ありがとうございます。  私も、昨日の今日なので、全て精査できているわけではありませんが、いろいろ中身をざっと拝見すると、もちろん帯域開放について頑張っていくというような方向性一定程度評価はしますが、何か、見ていると、基本的に全て比較審査にとどまっているような気がします。  今回、総務省裁量行政がいろいろな不祥事の中で注目される中で、やはりルール透明化、要は、裁量をどうやって減らしていくんだ

足立康史

2021-04-06 第204回国会 衆議院 総務委員会 第12号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  例のフジ外資規制の話は今日はやりません。先ほど質疑を聞いていましたが、さすがにこのばたばたで、ここで余り取り上げても余り生産的ではありません。  ちょっと、外資規制の問題は、LINEの問題が単なるLINEの問題ではなくて経済安全保障の問題であるのと同様、この外資規制の問題も独り東北新社の問題ではないことが明らかになって、むしろもっと本質的なテーマ

足立康史

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

足立委員 ありがとうございます。  これは大変重要な示唆があると思っていまして、先ほどから何か、現場をよく御存じないのかもしれませんが、一部委員の方が、遅いとか早いとか、遅過ぎるとか早過ぎるとか、後からいろいろ批判するのは簡単です。しかし、日本維新の会も、吉村知事と連携しながらやっている中で、やはりこの新型コロナウイルス感染症経済を回しながら対応していくのがいかに難しいことかということを実感している

足立康史

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  西村大臣河野大臣お越しをいただいています。まず、大阪吉村知事始め全国の今感染が増えている地域知事皆様としっかり連携をいただいて、また迅速に御対応いただいていることを感謝を申し上げたいと思います。  西村大臣、これは通告していないんですが、昨夜、ごめんなさい、全部見れていないんですが、脇田座長の、これは厚労省だからちょっと所管は外れるかもしれませんが

足立康史

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

足立委員 ただいま議題となりましたデジタル社会形成基本法案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  日本維新の会は、結党以来、マイナンバーフル活用を通じた透明で公正公平な経済社会構築を目指すとともに、今月十七日の党大会に向けて、経済成長格差解消を実現するための税、社会保障労働市場三位一体改革日本大改革プランの策定に取り組んでいるところです。  所得

足立康史

2021-03-31 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

足立委員 ちょっと今の御説明は難しいんですが、私は不十分だと思っています。  今、菅政権携帯電話改革に取り組んでいただいているので、相当安いプランも入ってきていますので、すごく分かりやすくというか乱暴に言うと、一日百円で月のテレワークを実行できるというようなイメージだと思いますので、私は、そういうものも、何か、たかが百円かとおっしゃるかもしれませんが、就労支援を受けていらっしゃる支援利用者

足立康史

2021-03-31 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

足立委員 ありがとうございます。本当にこれは、現場利用者皆様も深く感謝をしておられると聞いています。  部長さんは替わられたんやね。何月、まあいいや、そこを質問したらあかんな。  当時、昨年の二月、私が初めてこの問題を国会で取り上げたときには、橋本泰宏部長障害保健福祉部長さんが大変真摯な御答弁を下さったことを覚えています。これは、役所は一部、閣僚ばかりが注目されますが、本件については、諏訪林

足立康史

2021-03-31 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  先日も申し上げましたが、私、かねがね、国会廃止法案というのを半分冗談で申し上げることがあります。今、日本生産性生産性という議論がある中で、国会生産性がいかがなものかという議論をしてきたことがあります。特に官僚の諸君にはそういう言葉を励ましの意味も込めて申し上げることがありますが、ただ、この内閣委員会は、木原委員長の差配の下、本当にいい議論ができてきたと

足立康史

2021-03-24 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

足立委員 マイナンバー一定の管理が、法人番号よりも個人番号は大切に扱わなければならないという枠組みで今できています。本当はこれは議論があるんですが、今はそうなっています。  そういう中で、インボイス制度を導入されるに当たって、新たな個人向けの国税庁としての番号が振られるということですが、これは全ての国民に振られるわけじゃありませんね。  ただ、税務上必要な方だけじゃなくて、ちょっとこれは通告していませんが

足立康史

2021-03-24 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

足立委員 ありがとうございます。  私がこだわってきたマイナンバーの番号法そのものの第一条、目的規定にも、公正な給付と負担の確保と書いてある。これはやはり、このデジタル社会の一つの基本理念の大きな柱の一つ、十本の一つではなくて、私は三本柱の一本ぐらいの価値があるテーマだと思いますので、引き続き、与党の皆様と条文修正に向けて、これはなかなか、この議院内閣制の下で難しいわけですが、力を尽くしてまいりたい

足立康史

2021-03-24 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第12号

足立委員 日本維新の会の足立康史でございます。  この内閣委員会、一連の審議LINE問題を取り上げてまいりましたが、ようやく、平先生や濱村先生の質疑も経て、恐らく論点が明確になってきたと思います。  最初、朝日新聞が報じてえらい騒ぎになったその当日から、翌日かな、から私は、この問題は、LINE独りの問題ではない、LINEの不手際とかそんな矮小な問題じゃなくて、経済安保、国家安全保障の根幹を揺るがす

足立康史