運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
572件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  米軍嘉手納基地や普天間基地周辺の河川や湧き水で高濃度の有機弗素化合物、PFOSやPFOAが検出されている問題について質問をいたします。  沖縄県の玉城知事は、今月十二日に上京し、この問題で政府に要請を行いました。これまで政府が行ってこなかったPFOSやPFOAの基準値の設定を求めたのに対し、厚生労働省は、今後目標値の設定に向けた検討を進め、来年四月ごろまでに

赤嶺政賢

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

○赤嶺委員 つまり、劣化した部品を放置して飛行している、そういうことですか。これは許されるものじゃないですよね。  一昨年十二月には、普天間第二小学校の校庭にCH53Eの窓が落下をいたしました。あのとき、米軍は、再発防止策として、全ての整備員に対して品質管理や整備に関するブリーフィングなどを実施し、整備員が技能基準を満たしていることも改めて確認した、このように当時述べておりました。にもかかわらず、また

赤嶺政賢

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  初めに、米軍機の部品落下の問題から質問をします。  今月四日午後三時三十五分ごろ、沖縄県浦添市内の中学校のテニスコートにゴム製の切れ端のようなものが落下する事故がありました。テニス部員二十数人が部活動の中で、一人の生徒の足元の三十センチほど前に落ちてきたとのことです。  米軍は、昨日五日、落下物が米軍普天間基地所属の大型ヘリCH53Eのプロペラの部品であることを

赤嶺政賢

2019-05-16 第198回国会 衆議院 本会議 24号

赤嶺政賢君 私は、日本共産党代表し、新防衛大綱、中期防について質問します。(拍手)  安倍政権が昨年末に閣議決定した新防衛大綱、中期防は、アメリカ第一を掲げ、同盟国に軍事分担と財政負担の拡大を求めるトランプ政権につき従い、過去最大の軍事予算を投じて、日米軍事同盟の拡大強化を図るものです。  新大綱、中期防は、現在の安全保障環境の特徴として、国家間の競争が顕在化していることを挙げ、従来の陸、海、空

赤嶺政賢

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○赤嶺委員 表現の自由というのは極めて大事なもので、特に選挙国民投票法などについても自由に行われるべきだと考えております。私も沖縄県の選出ですが、県民投票が二回行われた地域でもあります。  ただ、実態として、憲法という事柄を考えてみた場合に、やはりそこの広告は公平でなければいけない、そして民放連自身が公平にコマーシャルを流すということがどういうことなのかということについても真剣にお考えいただきたいなということを

赤嶺政賢

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○赤嶺委員 先ほど申し上げたのは、禁止期間が二週間あるといっても、それ以前はいわば広告の規制がないわけですから、やはり資金量によって広告の違いが出てくることの懸念を申し上げたことであります。  それで、日弁連は意見書で、憲法改正案の賛否に関する広告について量の規制を行わないのであれば、仮に憲法改正案の賛成又は反対のいずれかの広告のみが出稿された場合、そのまま片方の広告のみを放送することになるのか、このような

赤嶺政賢

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  私たちは、憲法審査会憲法改正原案、改正の発議を審査するための場であり、国民の大多数が憲法改正を望んでいない中、憲法審査会は動かすべきではないという立場であります。  国民投票法についても、国民改憲を望んでいないもとで改憲手続のための法整備を行う必要はないという立場をとってまいりました。  同時に、国民投票法には最低投票率の規定がないこと、公務員や教師の意見表明

赤嶺政賢

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 8号

○赤嶺委員 鑑定人を複数選ぶということもその審理員の頭の中であったけれども、結局は一人になったということを私は問うているのであります。本当に、専門家がいろいろな意見がある中で、一人でよかったのかということであります。  外務委員会で私は、日下部教授が辺野古工事を行っている業者から寄附や研究費などを受け取っていないか確認するよう求めました。依頼した鑑定人が関係者から寄附などを受けていないかということは

赤嶺政賢

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 8号

○赤嶺委員 四月十日の外務委員会で、私の質問に対し国交省は、鑑定を複数人に依頼する選択肢もあったが、時間がなかったので一人にした、このように答弁しております。  辺野古の地盤改良工事については、これまで経験したことがないほどの難工事になると指摘する専門家もいらっしゃいます。そもそも、土木地盤工学は、同じデータでも見る人によって解釈が異なることがよくある、このように言われています。  さまざまな見解

赤嶺政賢

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 8号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  きょうは、国土交通委員会質問を与えていただきました。委員長を始め、理事の皆様にお礼を申し上げたいと思います。  私も、日吉議員に続きまして、辺野古新基地建設の問題について質問をいたします。  四月五日、石井大臣沖縄県の埋立承認撤回を取り消す裁決を出しました。沖縄防衛局が同じ政府内の国交大臣に審査請求を行い、大臣が審査することについては、当初から自作自演だという

赤嶺政賢

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

○赤嶺委員 大々的に返還式典をやった事柄ですよ。これで沖縄基地の負担は軽減されたというような大演説も、菅官房長官、やりましたよ。なのに、返還跡地の上空、返されるべきものがそのままになっている。  事前の説明を受けたら、米軍が返還後の空域使用のニーズを示していないことが協議が進んでいない理由の一つだということでありました。そういうことですか、副大臣

赤嶺政賢

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  初めに、衆議院沖縄三区の補欠選挙で、辺野古新基地建設反対を掲げた屋良朝博さんが七万七千百五十六票を獲得して初当選を果たしました。辺野古推進の立場を明確にした相手候補に大差をつけての勝利であります。  政府に対し、この結果を真剣に受けとめ、辺野古新基地建設を直ちに中止し、普天間基地の閉鎖、撤去を決断することを強く求めたいと思います。  きょうは、米軍北部訓練場

赤嶺政賢

2019-04-17 第198回国会 衆議院 外務委員会 8号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  条約については、いずれも賛成であります。  きょうは米軍犯罪について質問をいたします。  四月十三日、沖縄県谷町のアパートで米兵が会社員の女性を殺害し、その後、自殺するという痛ましい事件が起こりました。心からお悔やみを申し上げるとともに、このような事件がまた繰り返されたことに強く抗議するものであります。  地元紙の報道によると、被害者家族ぐるみのつき合いがあった

赤嶺政賢

2019-04-10 第198回国会 衆議院 外務委員会 6号

○赤嶺委員 これまでは政府憲法上認められないとしてきた武力行使と一体化した兵たん支援活動、これまでのアメリカオーストラリアイギリスの三カ国に加えて、カナダフランス軍隊に対しても可能になるということであります。  憲法違反の安保法制、日米ガイドラインの具体化を更に推し進めるものであり、私たちは絶対に認められないということを指摘しておきたいと思います。  それでは次に、辺野古の基地建設の問題について

赤嶺政賢

2019-04-10 第198回国会 衆議院 外務委員会 6号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  まず、協定について外務大臣質問をいたします。  今回の協定は、これまでのACSAと同様に、平時の共同訓練だけでなく、重要影響事態や存立危機事態、武力攻撃事態なども適用対象としています。  日本の同盟国ではないカナダフランスとのACSAで、日本平和安全にかかわるこれらの事態を対象としたのはなぜですか。

赤嶺政賢

2019-04-09 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  週末に東村高江で起こった問題について最初に伺っておきます。  集落を取り囲むように米軍ヘリやオスプレイの着陸帯が建設をされた東村高江で、住民が抗議活動のために設置していたテントや掲示物などが米軍に撤去されました。事前の警告もなく、住民が不在になった三日の夕方から翌朝までの間に撤去されていました。住民からは、全国の支援による思いのこもったものだ、米軍なら問答無用

赤嶺政賢

2019-04-02 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○赤嶺委員 ですから、保良地区に持っていくということを想定しているわけですよね。保良地区の方々は、弾薬庫をつくられることに非常に不安を持って反対の声を上げておりますが、その保良地区で皆さんが説明した資料の中に迫撃砲の写真がありまして、この迫撃砲は保良地区には置きません、こう書いてあるんですよ、住民説明会に。これとの整合性はどうなりますか。

赤嶺政賢

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

○赤嶺委員 書いてあることにいろいろな解釈をして短く見せよう短く見せようとしても、結局、海上工事、陸上工事地盤改良で四年九カ月かかるということは、報告書にはそう書かれているということではありませんか。埋立てがいつ終わるか完了時期も見通せないと言っているわけですが。  ただ、防衛大臣は、海上工事と陸上工事を同時に進めることも可能だと説明をしております。これらを別々に行うことが、新たに環境アセスを行う

赤嶺政賢

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  辺野古の新基地建設問題について質問をします。  初めに、安倍内閣が三月二十五日、県民投票で示された県民の民意と、埋立工事を中止し、沖縄県との集中協議に応じるよう求めた玉城デニー知事のたび重なる要請を無視して、新たな区域への土砂投入を開始したことに強く抗議をするものであります。  防衛省は、三月十五日、参議院予算委員会理事会に、これまでに実施したボーリング調査

赤嶺政賢

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○赤嶺委員 総理、真摯に受けとめる、しかし辺野古はつくる。それなら、辺野古をつくるなという県民投票の結果は、真摯に受けとめるという言葉とどんな整合性を持つんですか。全く真摯に受けとめていない。  現場では何が起こっているか。投票日の翌日から、県民投票などなかったかのように埋立工事が続行されています。地元紙の報道によると、キャンプ・シュワブゲート前では、座込みを続ける六十人の市民を強制的に排除しながら

赤嶺政賢

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○赤嶺委員 米軍普天間問題について質問をいたします。  二月二十四日、辺野古埋立ての賛否を問う県民投票が行われました。埋立てに反対が四十三万四千二百七十三票に上り、投票総数の七一・七%、圧倒的多数を占めました。  きょうは沖縄の地元紙を持ってきましたが、その投票結果を受けての沖縄タイムスの紙面であります。さらには、同じような結果について琉球新報の紙面であります。  いかに今度の結果が衝撃的に受けとめられているかというのが

赤嶺政賢

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  委員長に申し上げたいと思いますが、私も、質問時間を非常に厳密に守るように委員長から言われておりますが、今の総理の答弁は同じことの繰り返しで、そして、私たち委員の質問権を、本当にこれは妨害になっているなとしか思えません。厳密な委員会運営をお願いしたいと思います。

赤嶺政賢

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 1号

○赤嶺分科員 これは改善がされるのかどうか、全く予測がつかない。ガイドラインの原則の範囲内でといった場合には、本当に今、日本がその中で主権が行使できていない。問題は解決しないと思います。主権あっての見直しでなければならないと思います。強く申し上げておきたいと思います。  具体的な事故について伺いますが、二月六日、米軍普天間基地所属のAH1攻撃ヘリが渡名喜村入砂島に不時着しているのを住民が発見しました

赤嶺政賢

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 1号

○赤嶺分科員 二〇〇五年のガイドラインというのは、実際、もう規制線の中では日本主権が全く認められていないという事態で、非常に首長や当局の皆さんからも不満が高まっています。ですから、施設外で起きた航空機事故などについて、規制線の中で日本の当局が機体を調査し、検査することもできるようにガイドラインを見直す、そういうことですか。

赤嶺政賢

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 1号

○赤嶺分科員 日本共産党赤嶺政賢です。  きょうは、米軍機事故にかかわって、地位協定の問題等で質問をいたします。  河野大臣は、二月七日の参議院予算委員会で、事故時の規制線内への立入り権の確立について、日本当局がより適切に対応できるように指示をし、日米間で協議をしていることを明らかにいたしました。  おととし、米軍ヘリが高江の牧草地に墜落したとき、沖縄県防衛局が規制線の内側に入ることができたのは

赤嶺政賢

2019-02-05 第198回国会 衆議院 予算委員会 3号

○赤嶺委員 今の総理の答弁について後でもちょっと触れたいと思いますが、本会議の総理の答弁で、もう一つ、大変重大なことがありました。それは、辺野古の北側の海域に軟弱地盤があることを認めたことであります。地盤改良工事を行うため、県に設計変更申請を行う必要があると私たちの志位委員長にも述べられました。  しかし、軟弱地盤存在することは、これはもう三年前からわかっていたことであります。沖縄防衛局が二〇一六年三月

赤嶺政賢

2019-02-05 第198回国会 衆議院 予算委員会 3号

○赤嶺委員 今後も寄り添う、二十年間、市町村といろいろ話し合ってきたと言いますが、この二十年の間に、辺野古は絶対につくらせないという県民の決意が更に大きくなってきているわけですよね。  私は、なぜ寄り添うという言葉を施政方針演説で使えなかったか。それは、気持ちは変わらないと言いますが、やはり使えないだろうな、このように思いましたよ。政府がやっていることが、余りにも県民の意思とかけ離れているからであります

赤嶺政賢

2018-12-03 第197回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

○赤嶺委員 PFOSをまだ使っているというんですね。  日本の国内では、化審法によってPFOSの使用禁止をされています。日米の関係法令のうち、より厳しい基準を選択するのが、二〇〇〇年の、環境原則に関する共同発表での日米の合意だったはずであります。  化審法の基準を踏まえて、基地内でのPFOSの使用を直ちに禁止させるべきではありませんか。

赤嶺政賢

2018-12-03 第197回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

○赤嶺委員 宮腰大臣とはこれまでも、離島の振興や沖縄のサトウキビ、菊、いろいろ議論をしてまいりました。離島振興法は一緒に提案したこともありました。  それで、今、ファームポンドを満タンにしておけば改善されるというお話を私も事前に伺ったものですから、地元の農家に聞いたら、いや、あれは夜中に満タンにしてあるよと言うんですよ。だが一日で使い終わったと言うんですよ。  塩害は菊だけじゃなくて、御存じのように

赤嶺政賢

2018-12-03 第197回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  先ほど、期せずして沖縄農業の発展の問題が出ました。私は最初に、その農業にかかわって、台風二十四号、二十五号に伴う農産物の被害対策について伺いたいと思います。  立て続けに沖縄を襲った二つの台風は、サトウキビ、野菜、花卉、タンカン、シークワーサーなどの果樹生産農家に大きな被害をもたらしました。  私は、台風直後の農産物の被害を調査をするため、県内各地を回り、

赤嶺政賢

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○赤嶺委員 環境調査というのは、少なくともアセスでは二年、三年ですよ。それを皆さんは一年でやろうとしている。  しかし、今度は一年でもない。工事に着手するところだけ三月までに終えますという、こんなでたらめな話がありますか。そういう土地とか地域というのは一体となって存在しているわけですから、だから、与那国島では環境現況調査が終わってから造成工事が始まったわけですよ。異例なやり方ですよ。  結局、何でこんなやり

赤嶺政賢

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○赤嶺委員 その現況調査の件ですが、与那国島のときには、少なくとも環境調査が終わった後に造成工事の手続に着手をしました。今回はそうした手順さえ無視したままであります。  環境調査の結果もまだわからない、どのような対策をとるかも決めていないのに工事に着手するというのは、これは余りにも乱暴なやり方ではないかと思います。なぜそれほど急ぐ必要があるんですか。

赤嶺政賢

2018-11-29 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  きょうは南西諸島への自衛隊配備について質問をいたします。  先月の二十六日、日中首脳会談が行われました。習近平国家主席、李克強総理との間で、互いに脅威とならないという原則を再確認し、日中関係の改善に向けた取組が進められています。  一方、宮古島石垣島では、そのような動きなどなかったかのように、住民合意を置き去りにして陸上自衛隊の部隊配備に向けた工事、作業が

赤嶺政賢

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○赤嶺委員 まあ、全く同じ答弁なんですけれども。  沖縄防衛局は、当初は大浦湾側のK9護岸から工事を進めていました。その後、K9護岸の工事中断をしまして、辺野古側の工事に移行をいたしました。大浦湾の方では、当初想定されていなかった軟弱な地盤も確認をされています。  国交省に出向を求めた背景には、そうしたことへの対応もあったという理解でよろしいでしょうか。

赤嶺政賢

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○赤嶺委員 防衛省はこれまで岩国飛行場の沖合移設事業、埋立工事を行った実績もあるはずだと思いますが、出向をなぜ求める必要があったのか。具体的にどういう点で国交省の持つ専門的な知見が必要であったということでしょうか。先ほどもちょっと述べておられましたが、岩国の経験を持つ防衛省がなぜあえて出向を求める必要があったのか。

赤嶺政賢

2018-11-16 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○赤嶺委員 赤嶺政賢です。  法案については、人事院勧告に基づく国家公務員全体の給与引上げの一環であり、賛成です。  きょうは、まず、辺野古の基地建設にかかわる国土交通省から防衛省への出向状況について質問をいたします。  防衛大臣に伺いますが、二〇一六年一月以降、辺野古の基地建設にかかわり、国土交通省職員防衛省に出向していることが報じられています。そもそも防衛省国土交通省職員の出向を求めた経過

赤嶺政賢

2018-11-13 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○赤嶺委員 ちょっと違うと思いますよ。小野寺大臣は、アメリカ側の説明をそのまま受け取るわけにはいかない、防衛省として検証を行う、こうはっきり述べているわけですよ。  当初の説明は、米軍の点検整備が妥当なものかどうか日本政府として主体的に検証するということだったのではないですか。そのようにはっきり答弁しているのではありませんか。

赤嶺政賢

2018-11-13 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○赤嶺委員 この海域、一歩間違えたら漁船などへの被害につながりかねない重大な事故であります。事故原因の究明を最優先にし、同型機の飛行停止を求めるべきだということを重ねて求めたいと思います。  次に、米軍の機体整備にかかわる自衛官の派遣の問題についてであります。  この問題は、米軍機の相次ぐ墜落、部品落下に加え、ことしに入って米軍ヘリの緊急着陸が伊計島、読谷村、渡名喜村で立て続けに起きたことを受けて、

赤嶺政賢

2018-11-13 第197回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○赤嶺委員 日本共産党赤嶺政賢です。  きょうは大臣の所信質疑で、次回は法案ということになっておりまして、それで、朝の理事会では武田与党筆頭の方から十一月中に必ず一般質疑は入れるという断言もありましたが、委員会室内では、法案を通した後にやるものかとこういう危惧の声も聞かれておりますが、私は武田筆頭を信じたいと思います。ぜひその信頼を裏切らないように、いつまでも後ろ指を指されるということが絶対にないように

赤嶺政賢