運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
58件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2016-05-27 第190回国会 参議院 本会議 31号

○西村まさみ君 民進党・新緑風会の西村まさみでございます。  私は、ただいま議題となりました児童福祉法等の一部を改正する法律案につきまして、会派を代表して、賛成の立場から討論を行います。  児童虐待の現実は今どのような悲惨な状況にあるのか、全国の児童相談所での児童虐待に関する相談対応件数は、児童虐待防止法施行前の平成十一年度に比べ、平成二十六年度には七・六倍に増加しています。児童虐待により死亡した子供

西村まさみ

2016-05-26 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 23号

○西村まさみ君 民進党・新緑風会の西村まさみでございます。午前中の参考人質疑に続きまして質疑をさせていただきます。  私は、この六年間、子供の虐待問題に取り組んできた一人として、今回の改正案で理念を明確化して、全ての子供が健全に育成されるよう、虐待の発生予防から自立まで一連の対策を強化すること等々、明確化されたことは率直に評価をし、感謝を申し上げたいと思います。しかし、午前中の参考人質疑の中での御意見

西村まさみ

2016-05-26 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 23号

○西村まさみ君 三人の参考人の皆様、本当にありがとうございました。  私たちも、多分共有した認識の下で、日本の宝である子供たちが親の環境に左右されることなく家庭的な雰囲気、本当は家庭が一番いいのは誰もが分かっていますが、それがかなわなかった子供たちに対してこれからも是非ともお力をお貸しいただきますことをお願いを申し上げまして、質問を終えたいと思います。  ありがとうございました。

西村まさみ

2016-05-26 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 23号

○西村まさみ君 民進党・新緑風会の西村まさみでございます。  三人の参考人の皆様、本当に今日はお忙しい中ありがとうございました。  時間が大変短いので、いろいろお尋ねしたいんですが、お一人一問ずつお尋ねをしたいと思います。  まず、磯谷弁護士には、私は弁護士の資料を読ませていただきまして、どの親も子供を愛して、そして一番好ましい環境の中で育てていく、こういったことから親権というものが守られてきたと思

西村まさみ

2016-03-29 第190回国会 参議院 予算委員会 20号

○西村まさみ君 民進党の西村まさみでございます。  私は、会派を代表して、ただいま議題となりました平成二十八年度予算三案に対し、反対の立場から討論を行います。  アベノミクスの旧三本の矢が打ち出されてから三年以上が経過いたしましたが、第一の矢である金融緩和を続けても、物価上昇率はいまだ目標の二%には及びません。第二の矢である財政出動は一時的に需要を拡大するのみで、むしろ不要不急な公共事業の温存といった

西村まさみ

2016-03-22 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

○西村まさみ君 ありがとうございました。  今、局長に教えていただきました数字を見てみても、明らかに施設で生活をしている子供たちが多いということが分かると思います。何より子供が育つ環境というのは、私は恒久的な家庭の中での養育というものがこれは大変望ましく、全ての子供は、たとえどんな環境で生まれてきたとしても、家庭の中で家族の一員として親から、家族から愛されて、そして育てられる権利はあると思うんです。

西村まさみ

2016-03-22 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

○西村まさみ君 大臣、ありがとうございました。  なぜこれを最初に聞いたかと申しますと、今日は私は社会的養護が必要な子供たちについて大臣にお尋ねしたいと思いましたので、先に聞かせていただきました。やはり虐待死が見逃されるというようなことがないように、しっかりと国での取組も、大臣、先頭になってやっていただきたいと思います。  それでは、いわゆる今日は里親制度、養子縁組制度につながるような話をちょっとさせていただきたいと

西村まさみ

2016-03-22 第190回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

○西村まさみ君 民主党、西村まさみでございます。  今日は、準備した質問の前に、朝日のデジタル新聞という中で、今朝ちょっと見たことがありました。それについて最初に、質問通告はしておりませんが、大事なことなものですからお尋ねをしたいと思います。  今日、私がぱっと見たときに一番最初に目に付いたのは、虐待死の可能性、国の集計の三倍から五倍、小児科学会が初推計という見出しでした。年間で約三百五十人もの子供

西村まさみ

2016-03-08 第190回国会 参議院 予算委員会 11号

○西村まさみ君 大臣の趣旨、非常によく分かったんですが、五か所では選択するのが非常に難しいと思うんですけれども、例えば手挙げ方式で、こういう事業をします、手を挙げてくださいという中で五か所に限られるんですか、それとも複数、五か所以上でも、熱心にやりたいというところがあればそれは認めることがあるんですか。

西村まさみ

2016-03-08 第190回国会 参議院 予算委員会 11号

○西村まさみ君 文科大臣、今、モデル事業として全国の自治体五か所とおっしゃいました。私は、たとえ千五百万、僅かな予算であったとしても、全国でまず四十七都道府県広くシンポジウム等をやって、まず周知をすることが大事だと思うんですが、なぜ五か所にされたのか、その理由をお聞かせいただきたいと思います。

西村まさみ

2016-03-08 第190回国会 参議院 予算委員会 11号

○西村まさみ君 おはようございます。民主党の西村まさみでございます。  まず、依存症予防教育推進事業についてお尋ねしたいと思います。  御承知のように、近年、飲酒、喫煙、ドラッグ、そういった医学的な依存症に加えて、青少年のスマホですとか、パチンコ、ギャンブル、今では買物依存症や美容整形依存症、自傷行為依存症など、本当に多岐にわたってこの依存症というものが社会現象として起こっています。とりわけ、先月は

西村まさみ

2016-02-17 第190回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 2号

○西村まさみ君 藤田委員にお答えいたします。  日系の方々とお目にかかりましたが、同じ南米地域でも、アルゼンチンとパラグアイの日系の方々の御苦労というのは少し違っているんじゃないかなというようなことを感じました。  アルゼンチンの方では、最初にまず伺ったのが、言葉の壁がありましたので、最初日系の方が移住した際にはなるべく言葉を使わないでできる仕事、クリーニング屋さんとかお花屋さんというところ、ほとんどがそういった

西村まさみ

2016-02-17 第190回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 2号

○西村まさみ君 ODA調査派遣第三班について御報告いたします。  当班は、昨年十月二十一日から十月三十日までの十日間、ODA調査派遣として初訪問国となるアルゼンチン共和国及びパラグアイ共和国に派遣されました。  派遣議員は、団長の松山政司議員、鶴保庸介議員、そして私、西村まさみの三名であります。  訪問国のうちアルゼンチンは、南米地域の主要国で、既に第三国への支援が可能な国であります。他方、パラグアイ

西村まさみ

2016-01-20 第190回国会 参議院 本会議 4号

○西村まさみ君 民主党・新緑風会の西村まさみでございます。  私は、ただいま議題となりました平成二十七年度補正予算二案に対し、会派を代表して、反対の立場から討論を行います。  安倍総理は、年頭、六十年前の経済白書の表現を用い、もはやデフレではないと宣言されました。しかし、個人消費や実質賃金の回復が見られない現在、果たして本当にデフレから脱却したのか、国民の生活は本当に良くなったのか甚だ疑問であります

西村まさみ

2015-09-15 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 35号

○西村まさみ君 先ほどの質問の中で、副大臣が、今回のメリットは何でしょうとの質問に対して、例えばグループ病院内での紹介、安心ができる、信頼ができるといったことであったり、重複検査を防ぐことができる、また、カルテのラインによって様々その患者さんがどちらの病院に行ってもグループ内ではいい医療が受けられる、また退院のときに早期の支援ができるとか、またロゴマーク、広告なんというお話をされましたが、これ、じゃ

西村まさみ

2015-09-15 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 35号

○西村まさみ君 医療連携というぐらいですから、今局長がおっしゃってくださったように、みんなが一つになってやっていかなければ、これは地域に貢献する、なかなか支援するというわけにいきませんので、忘れちゃうことのないように是非肝に銘じていただきたいということをまず最初に、そこが違うと、私の質問、根底から全然違う方向に行かなければなりませんので、改めて確認をさせていただきました。  今回の医療法改正ですが、

西村まさみ

2015-09-15 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 35号

○西村まさみ君 民主党の西村まさみでございます。  まず冒頭、私からも、先般の台風、豪雨の災害で大きな被害を受けられた被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げますと同時に、改めて自然の恐ろしさというものを感じた一週間でありましたし、先ほど津田理事よりお願いをいたしました医療機関の早期支援というものを、これは厚生労働省、積極的にお願いをしたいということをまず冒頭申し上げたいと思います。  今日、医療法の

西村まさみ

2015-09-10 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 34号

○西村まさみ君 ありがとうございます。  となると、先ほどお示しした資料でも分かるように、救急車が到着する平均時間が八分を超えて、その段階でこの時間で見ると二〇%の生存退院率、いわゆるお元気で退院する率が二〇%にまで減ってしまう。それで、病院まで行く間には三十分掛かるということは、もう残念ながら本来であれば助けられる命を助けてさしあげることができないということがこのグラフからよく分かると思います。一分処置

西村まさみ

2015-09-10 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 34号

○西村まさみ君 是非よろしくお願いしたいと思います。  様々な意見の食い違いがあったまま何となく終わった感で、非常に我々としては大丈夫かなと心配でありますが、今の大臣の御答弁を信じまして、是非とも派遣労働者の皆様の安心、安全な暮らしをお守りいただきますことをお願いをしたいと思います。これからも度々、もし万が一何かがあったときにはこの委員会で質疑をさせていただきたいと思いますので、併せてお願いいたします

西村まさみ

2015-09-10 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 34号

○西村まさみ君 おはようございます。民主党・新緑風会の西村まさみでございます。  本日は、七十分ものお時間を頂戴いたしましたので、いつもより少しゆっくりお話をして、大臣、また厚生労働省の皆様に質問をさせていただきたいと思います。  まず冒頭、大臣にお願いでございます。  一昨日、労働者派遣法改正案が当委員会で、また、昨日、参議院本会議で、残念ながら、私たちとすれば残念ながら成立いたしました。反対討論

西村まさみ

2015-07-09 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 20号

○西村まさみ君 ありがとうございます。  何と言ったらいいのか、この年金の問題、私たちの民主党でも対策本部をつくって昨日まで二十二回やりました。どれも実は解決しているものがなくて、毎回毎回、宿題、宿題、宿題で、そのたびにまた、一週間たったり二週間たつと新しい問題が出てくるんですね。  今回のこの二千四百四十九件も六月の中旬に分かったというふうにいただいていますが、六月中旬にまず何が最初に分かったんでしょうか

西村まさみ

2015-07-09 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 20号

○西村まさみ君 おはようございます。民主党、西村まさみでございます。  この年金の問題は、私は非常に大きな問題だと思っています。何か集中でも、先ほどの答弁を伺っていても、本当に人ごとであって、本当に受給されている方、また保険料をお支払いになっている皆さんに対して本当に申し訳なかったという気持ちがどうしても伝わってこないんですが、少しだけ私も年金についてお尋ねしたいと思います。  まず、最初の百二十五万件

西村まさみ

2015-05-26 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○西村まさみ君 今の大臣の御答弁を聞いても、やはり明確になっていないんです。これは非常に重要なこと、総理も先ほどお話しになられたように、もしかしたら命があと僅かかもしれない、その皆さんに対して、新しい制度を使って、一人でも多くの方にというようなことに対しては、やはりそれに引き続いて起こるような救済制度をきちっと整えてからやるべきだと思うので、是非早急に御検討いただきたい、これをお願いしたいと思います

西村まさみ

2015-05-26 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○西村まさみ君 総理、確かにそのとおりなんですが、私が聞きたかったことは、もし何か健康被害が生じた場合の方策というものがこの議論の中では全く見えてきていない、そこをしっかりやらなければいけないんじゃないかということをお尋ねしたんですが、いかがでしょうか。

西村まさみ

2015-05-26 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○西村まさみ君 おはようございます。民主党・新緑風会の西村まさみです。  総理、本日、どうぞよろしくお願いをいたします。  私からは、まず患者申出療養についてお尋ねしますが、昨年の六月十日、慶応大学病院を視察された後、総理が非常に重要なことをおっしゃっています。困難な病気と闘っておられる患者さんたちの強い思いをしっかりと受け止めなければならないと改めて思ったと。まさに私はここが一番大切なことであり、

西村まさみ

2015-05-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 13号

○西村まさみ君 石黒参考人、続けてちょっとお尋ねしたい。  今の保護の問題なんですが、今様々な病院の在り方、医師の在り方、お答えいただきましたが、さらに、それをきちっと監督するような外部でのシステムというものも私は必要じゃないかと思うんですが、参考人はどうお考えでしょうか。

西村まさみ

2015-05-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 13号

○西村まさみ君 ありがとうございます。  実は、足立委員が一昨日の質問の中でもそれをお尋ねになっていますが、どうも政府の答弁とはちょっと違う感覚なのかなという気持ちがしています、私としても。  もう一つお尋ねしたいのは、まず石黒参考人にお尋ねしたいんですが、やはり私も患者さんの選択肢を広げるということは非常に大切であるというふうに思っています。しかし、何よりも大事なのは、いわゆる利用する患者さんの保護

西村まさみ

2015-05-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 13号

○西村まさみ君 民主党の西村まさみでございます。  今日、お忙しい中、三人の参考人にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。  大変短い時間ですので、まず端的にお伺いしたいと思うんですが、中川参考人と石黒参考人にお尋ねします。  今回のこの制度は、保険外併用療養費制度の中の一つと捉えられていらっしゃるという理解でよろしいでしょうか。

西村まさみ

2015-05-19 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○西村まさみ君 何だかよく分からない、やっぱりよく分からないんですが、でも、それは過去のこととして、そういう経過がありました。小児科とか産科とか救急外来とか、本当に医師不足を招いたり、若しくは地域崩壊につながるような様々なことがありました。  ですから、今回そういったことがないようにしていかなければならないと思いますし、民主党政権下では、医療崩壊、地域医療の崩壊を食い止めるために二度の診療報酬プラス

西村まさみ

2015-05-19 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○西村まさみ君 今も政務官お答えになりました、様々複合的な問題で医療資源の配置、配分のゆがみと。その二つの言葉が分からないんですが、厚生労働大臣、是非、もしお分かりでしたら、医療資源の配置、配分のゆがみなどという、その配分のゆがみとか医療資源の配置ってどんなものか、もし御存じでしたら教えていただきたいと思います。

西村まさみ

2015-05-19 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○西村まさみ君 民主党の西村まさみでございます。午前中に引き続きまして、大臣、また皆様、どうぞよろしくお願いをいたします。  まず、この持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法案、非常に今の日本の社会を考えたとき、そして国民皆保険制度を堅持しながら国民の健康、長寿を守るという意味では、やはり必要なことがあるとは十分に理解をしています。  私自身も、本会議でも、先週、総理

西村まさみ

2015-05-13 第189回国会 参議院 本会議 16号

○西村まさみ君 民主党・新緑風会の西村まさみでございます。  ただいま議題となりました持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案について、会派を代表して質問をいたします。  医療保険制度は、現在、超高齢社会への突入などに伴う医療費の増加と支え手である現役世代の減少により、厳しい状況に置かれています。だからこそ、医療保険制度を持続可能なものとし、国民皆保険制度を堅持する

西村まさみ

2015-04-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○西村まさみ君 レセプトの取扱件数が少ないと、当然ですが月の実日数が増える傾向にありまして、超高齢社会の今の現状、高齢の患者さんが増えれば、当然ですが私ども歯科の場合は欠損補綴とか訪問診療が多くなり、レセプト一件当たりの点数が高くなるわけです。  診療内容やいわゆる請求が適切であっても指導の対象になるのは、これは保険診療の取扱い、診療報酬の請求に関する事項について周知徹底をさせることを主眼とする指導大綱

西村まさみ

2015-04-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○西村まさみ君 それでは、質問に入ります。  まず、今日は四十分と時間が短いようでございますので、端的に質問させていただきますので、どうか御答弁も決められたことのみで結構でございますので、よろしくお願いします。簡潔にお願いいたします。  まず、指導についてお尋ねします。  平成二十五年四月二十五日付けで、公益社団法人日本歯科医師会より当時の医療指導監査室長に対しまして、個別指導、共同指導等に対する要望書

西村まさみ

2015-04-21 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○西村まさみ君 おはようございます。民主党・新緑風会の西村まさみでございます。  まず冒頭、委員長にお願いを申し上げたいと思います。  先週、委員会で、津田筆頭の質問の最中の私語、並びに再開が遅れるなど、目に余る行為が最近散見しております。是非とも、今後このようなことがないように、委員長から御注意をしていただきたいと思うんですが、いかがでしょうか。

西村まさみ

2015-04-07 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

○西村まさみ君 今局長がおっしゃってくださったように、これ、子供の健診というのは、常に生まれてからいろんな形で、何らかの形で携わってくるので非常に分かりやすいところではあるんですが、高齢者の皆さんのお口の健診というのは、なかなか、今までやってこないで、突然やりましょう、これが大事です、肺炎の予防になりますといっても、認識をされるのに時間が掛かると。その部分に関して、いわゆる広域連合の皆さんとともに、

西村まさみ

2015-04-07 第189回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

○西村まさみ君 民主党の西村まさみでございます。  まず、本日は予算の委嘱ということで質問をさせていただきたいと思いますので、大臣以下、皆様どうぞよろしくお願いをいたします。  本予算案の概算要求時の自然増八千三百億円を今現在は四千四百億円までに圧縮しています。これは、経済情勢の見直しだけではなくて、介護報酬の史上最悪と言われるマイナス二・二七%の引下げや国保組合の引下げ、受給者の三割に影響があるという

西村まさみ

2014-11-18 第187回国会 参議院 厚生労働委員会 10号

○西村まさみ君 是非よろしくお願いしたいと思います。  かむこと、これは非常に重要なことです。食べること、これは人間にとって非常に、健康寿命の延伸につながるだけではなくて、食べることの楽しみ、話すことの楽しみ、こういったことは人間の根幹に関わる部分、是非ともそこのところに新しい技術で、そしてより良い快適な口腔内をつくるということを鑑みても、是非とも今お話をいただいたこと、積極的にやっていただきたいということをお

西村まさみ

2014-11-18 第187回国会 参議院 厚生労働委員会 10号

○西村まさみ君 大臣、ありがとうございます。  私が非常に心配なのは、やっぱりネットで買うということは、年齢が非常に若い子供たちもこの被害に陥りやすいというか、買うことが結構簡単にできるということ、やはりここのところが大きな問題だと思うんですね。そして何よりも、違法性とかそういったことに気付かずにはまっていってしまうということ、これも非常に問題だと思うんです。だから、ネットの対策というものは、これは

西村まさみ

2014-11-18 第187回国会 参議院 厚生労働委員会 10号

○西村まさみ君 民主党、西村まさみでございます。  今の大変重要なところがうまくいっていないのに、この質問を、私、用意した質問をすることが果たしてこの場にふさわしいのか、非常に疑問ではありますが、少し観点を変えてお話をさせていただいて、お尋ねをしたいと思います。  そもそも今日、この危険ドラッグのことをするということ、決まっておりましたが、私は、答弁者に局長で、政務三役の方はお忙しいだろうから参考人

西村まさみ

2014-11-07 第187回国会 参議院 議院運営委員会 6号

○西村まさみ君 民主党・新緑風会の西村まさみでございます。  ただいま提出されました動議に関しまして、反対の立場から意見表明をさせていただきます。  巨大与党の強引な国会運営をまずただしたいと思います。  本年六月二十二日に第百八十六回国会が閉会いたしました。閉会後、三か月が経過した後、今国会、第百八十七回国会が九月二十九日に開会されました。今国会は、安倍政権のメッキが剥がれたとやゆされるような不祥事

西村まさみ