運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
29件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○西岡委員 そこで提案と申しますか、そのような方針が表明をされたということについては、今までの検証をしながら進めていくということと矛盾をするのではないかということにちょっと疑問を私自身は持っております。  次に、この報告書につきまして、これまでも委員会質疑の中で、研修事業については我が党の大西委員が委員会質疑を通じて再三質疑をいたしておりますけれども、国民生活センター徳島県での取組については、相模原

西岡秀子

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  まず、先ほどからも議論があっております、五月三十日に発表されました消費者行政新未来創造プロジェクト検証専門調査会報告書についてお尋ねをいたします。  二〇一四年度、政府は、まち・ひと・しごと創生総合戦略閣議決定をし、それに基づいて、二〇一六年に

西岡秀子

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

○西岡委員 一層この管理士の皆さんがこれからの大変大きな役割を果たされると思いますので、この研修、育成、今後とも進めていただきたいと考えております。  次に、平成三十一年度に改正をされました浄化槽設置整備事業実施要綱についてお尋ねをいたします。  この改正については、地方自治体との意見交換意思の疎通が十分とられておらず、混乱が生じているという指摘が地方自治体から上がっております。  地方からの要望

西岡秀子

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

○西岡委員 今、小宮山委員からもございました、さまざま浄化槽には大変メリット、大変環境にも貢献をしますし、大変少子高齢化の今の地域の状況にも大変見合った施設ではないかと思っておりますけれども、先ほど議論になりましたけれども、地域において、それぞれが地域の特性に合わせた排水施設を取り入れて構築をしていくということが大変重要でございます。  その意味でいきますと、この所管の省庁とともに、総務省も含めた連携

西岡秀子

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  早速質問に入らせていただきます。  ただいま起草されました浄化槽法の一部を改正する法律案について質問いたします。  まず、取りまとめをいただいた提出者の先生方に心より感謝を申し上げます。  生活排水の処理形態は、下水道、浄化槽、農業集落排水施設、コミュニティープラントなど、それぞれが、先ほども

西岡秀子

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○西岡委員 小宮山議員、これは通告をいたしておりませんけれども、複数の自治体においては、所有者が不明の猫の取引について、要件を三つ指定をしているという都道府県もございます。  一つとして、負傷している猫、二として、遺棄されたことが明確な場合、また、三、大変幼齢で母親がいない子猫に限って運用をしているということを聞いておりますけれども、このように所有者不明の引取りについて要件を限定するということについて

西岡秀子

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○西岡委員 ありがとうございます。  それでは、引き続きまして、犬、猫等の引取り等についてお尋ねをいたします。  平成二十四年の改正時に、委員会決議におきまして、引取り数の減少が殺処分の減少に寄与するということを鑑み、引取り要件を厳格化するということを目指すということが明記をされました。  引取りにつきましては、平成二十九年度には犬、猫合わせて十万一千頭となっております。犬、猫ともに官民の努力により

西岡秀子

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  ただいま起草のありました動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律案について質問いたします。  まず、提出者である小宮山泰子議員に、以下四問質問させていただきます。  まず、特定動物について質問させていただきます。  動物愛護法では、専門的な知識を持つ者以外飼育することが大変難しく

西岡秀子

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○西岡委員 ありがとうございます。  今回の法改正につきましては、お配りをしました資料を配らせていただいておりますけれども、フロン類の対策については、この資料にあるように、さまざまな法を通じて、またいろいろな対応を通じて今まで対応をとってきていただいておりますけれども、二〇二〇年に五〇%、二〇三〇年に七〇%という目標がある中で、二〇二〇年五〇%を目前に控えた今、この法改正が行われているということ。先

西岡秀子

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○西岡委員 さまざまな取組で改善傾向にあるということでございますけれども、一方で、昨年のモントリオール議定書の会議におきまして、東アジアで相当量のCFC11と言われる特定フロンが放出をされているということが報告をされました。一方で、放出されているだけではなくて生産されている可能性もあるということを指摘されたというふうに聞いておりますけれども、このことについて我が国としてどのように捉えているか、また、

西岡秀子

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。法案についてきょうは質問をさせていただきます。  早速質問に入らせていただきます。  現在のオゾン層の状況についてお尋ねをいたします。  従来から使われておりました特定フロンがオゾン層破壊するということがわかりましてから、一九八〇年代からは、それにかわって代替フロンが広く冷媒で使われておりましたけれども

西岡秀子

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 18号

○西岡秀子君 国民民主党長崎一区選出、西岡秀子でございます。  ただいま議題となりました女性の職業生活における活躍推進に関する法律の一部を改正する法律案並びに野党会派提出三法案について、国民民主党無所属クラブ代表して質問いたします。(拍手)  政府提出の本法律案は、主に五つの法律の改正案から成る束ね法案でございます。  令和の時代を目前に控え、平成の時代は、働く女性を支援する法律がこれまで一歩

西岡秀子

2019-04-02 第198回国会 衆議院 環境委員会 4号

○西岡委員 現在、その保護区の指定につきましては、小笠原海溝の海域を決める方向であるというふうに伺っておりますけれども、今回の法改正で沖合海底特別地域とそれ以外の区域を設定して、それぞれ許可制、届出制に規制する方針となっておりますけれども、海底の形態を変更するおそれという定義については、具体的にどのような行為であるのか、その規制の対象についてお尋ねをいたします。  先ほど着床式の構造物の設置のことについても

西岡秀子

2019-04-02 第198回国会 衆議院 環境委員会 4号

○西岡委員 現在、日本海洋保護区は八・三%でありますけれども、このうち、そのほとんどである八・一%が漁業法に基づく共同漁業権区域であり、水産資源保護が中心となっているものとなっております。  愛知目標である二〇二〇年までに一〇%との期限を間近に控えて、取組が国際的にも大変おくれている状況の、その理由についてお尋ねをいたします。

西岡秀子

2019-04-02 第198回国会 衆議院 環境委員会 4号

○西岡委員 長崎一区選出、国民民主党、西岡秀子でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  早速質問に入らせていただきます。  まず、自然環境保全法の一部を改正する法律案について質問させていただきます。  我が国は、美しい海に囲まれ、日本領海排他的経済水域は世界で六番目に広い、まさに海洋国家日本であります。  海洋基本計画のもと、生物多様性国家戦略二〇一二―二

西岡秀子

2019-03-12 第198回国会 衆議院 環境委員会 2号

○西岡委員 やはり、かなり大胆な取組をしていかなければ、中期目標も含めまして、この二〇五〇年の目標というのは大変実行が難しいというふうに思いますので、大胆な取組をぜひ大臣にはお願いをしたいと思っております。  このことはちょっと直接通告はいたしておりませんけれども、二〇一七年に米国がパリ協定から離脱を表明されております。既に協定が発効しており、規定によって二〇年の十一月までは脱退できないという状況の

西岡秀子

2019-03-12 第198回国会 衆議院 環境委員会 2号

○西岡委員 先ほどの議論にもございましたけれども、長期的な目標として二〇五〇年に八〇%削減という大きな目標がございます。今の進捗状況を見ていたときに、このことが実現できるのだろうかという大変不安ですとか疑問を持つわけでございますけれども、その実効性についても大変厳しい状況があるのではないかと思っております。  この長期的な二〇五〇年についての目標について、大臣のお考えをお聞かせいただきたいと思います

西岡秀子

2019-03-12 第198回国会 衆議院 環境委員会 2号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  昨日は、東日本大震災から八年目の日となりました。先ほど大臣からも、今後、復興に向けた取組について力強いお言葉がございましたけれども、まだ避難をされている方もたくさんいらっしゃいますし、また仮設住宅に今なおお住まいの方もいらっしゃいます。まだまだ復興に向けた取組は道半ばだというふうに

西岡秀子

2019-03-01 第198回国会 衆議院 予算委員会 15号

○西岡委員 国民民主党無所属クラブ、西岡秀子でございます。  私は、国民民主党無所属クラブ代表し、ただいま議題となりました政府提出平成三十一年度予算三案について、反対の立場から討論を行います。  今回の毎月勤労統計を始めとする統計不正問題は、政策立案の根底を揺るがし、日本国際的な信用もおとしめる大問題です。  委員会質疑を通じて、官邸官僚までかかわっていた勤労統計調査が不正にゆがめられた理由

西岡秀子

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○西岡委員 総理はこれまで消費税増税を二度先送りされております。今回、総理からもまだ正式な表明はないというふうに私自身は理解をいたしております。  そもそも、今回の増税は、三党合意に基づく社会保障と税の一体改革に基づいたもので、ふえ続ける社会保障費の確保と財政健全化の両立を目指すこと、そして次世代に負担を先送りしないという理念に基づいていたと理解をいたしております。  また、増税の前提として議員定数削減

西岡秀子

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○西岡委員 二〇一四年に五%から八%に増税したときにも、大規模な経済政策を打たれたにもかかわらず景気の後退があったことから、今回、過剰とも言える景気対策を講じておられます。  一昨日の財務金融委員会で、麻生財務大臣は、質疑の中で、今回の経済対策について、今回税率を上げて、もし腰折れをしたらいよいよ終わりという恐怖感があったと率直な思いを吐露されました。  総理の率直な思いを、ぜひお聞かせいただきたいと

西岡秀子

2019-02-28 第198回国会 衆議院 予算委員会 14号

○西岡委員 国民民主党長崎一区選出、西岡秀子でございます。  本日は、貴重な質問の時間をいただきまして、まことにありがとうございます。国民の皆様の思いを持って質問をさせていただきたいと思っております。  第一問目につきましては、安倍総理に質問させていただきます。  総理、ことし十月、導入が予定されております消費税増税について、総理にお尋ねをいたします。  これまで総理に何度もお尋ねがあっておりますけれども

西岡秀子

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 1号

○西岡分科員 今大臣からはっきりと御答弁いただきまして、安心をいたしました。  ただ、今、現実的な問題といたしまして、新鳥栖―武雄温泉間の整備のあり方について結論が出ていない状況にございます。当然、沿線自治体佐賀県の意向というものは大変大切なものでございますし、重要なものだというふうに認識をいたしております。  ただ、何より、終着地である武雄温泉長崎間がフル規格で今整備をされているということを考

西岡秀子

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 1号

○西岡分科員 ありがとうございます。  それでは、今のお話から、フリーゲージトレインが当初採用されたときには乗り入れが可能だったけれども、その後、高速化、さまざまな時代の変化によってフリーゲージトレインの導入が難しくなったという理解でよろしいでしょうか。  よろしいですか。はい、ありがとうございます。  それでは、今、暫定の対面リレー方式ということで、これはあくまでも暫定的な措置であるというふうに理解

西岡秀子

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 1号

○西岡分科員 国民民主党、西岡秀子でございます。  きょうは、国交大臣、石井大臣に初めて質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。  私は長崎一区選出でございます。去る二月九日から十日まで、石井大臣には長崎対馬を、インフラ整備の状況を視察ということでお越しをいただきました。  長崎におきましては、まちづくりの状態や世界遺産、そして長崎駅の周辺、また、国道三十四号線新日見トンネル、そして

西岡秀子

2019-02-26 第198回国会 衆議院 予算委員会公聴会 1号

○西岡委員 ありがとうございます。  今回の問題についても、昨年からの問題もそうですけれども、与野党の政局の問題ではなくて、やはり、こういうことが行われているということについてしっかりと解明をして、そして、このようなことが二度と起こらない体制を構築していくというのが私たちの役割だというふうに思います。  その中で、その解明の経緯というものをやはり国民の皆様に明らかにしていくということも大変私たちの重要

西岡秀子

2019-02-26 第198回国会 衆議院 予算委員会公聴会 1号

○西岡委員 ありがとうございます。  本当に先進的なお取組の数々を行っていただいていると思いますので、これからも全国でも大変参考になるというふうに思いますし、先生からの国への要望についても、しっかり対応していきたいと思っております。  それでは、上西先生にお尋ねをさせていただきます。  先ほど先生のお話の中でもございましたけれども、昨年、先生の御指摘を受けまして、働き方改革法案の審議の中で裁量労働制

西岡秀子

2019-02-26 第198回国会 衆議院 予算委員会公聴会 1号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、公述人の皆様には、大変御多忙の中をお越しいただきまして、まことにありがとうございます。きょういただきました貴重な御意見を予算審議、またこれからの政策に反映をしてまいりたいと思っております。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  まず、江口公述人様、先ほどから大変いろいろ貴重なお話を伺いました。大変厳しい中で、子供たちの命を守るために

西岡秀子

2019-02-20 第198回国会 衆議院 予算委員会 10号

○西岡委員 ありがとうございます。  続きまして、市村社長様にお尋ねをいたします。  本当に大変すばらしいお取組で、大変勉強になることばかりでございましたけれども、社長が今まで長年まちづくりをされていく中で、民間主導でこれだけのまちづくりをしていくというのは大変なことだというふうに思いますけれども、民間主導のまちづくりというものはどこを一番大事に社長が進められてこられたかということをお聞きしたいことと

西岡秀子

2019-02-20 第198回国会 衆議院 予算委員会 10号

○西岡委員 市長、ありがとうございます。  長崎市も、実は、県庁所在地でありながらダム機能が果たせておりませんで、大変人口減少に今苦悩している都市でございますけれども、その中で、今後、公共交通のあり方というのが、大変、地方にとっては、本当に人口が減っていく中で、高齢者の皆さんの足もなくなっている、また一方で買物するところもなくなっているという中で、特に公共交通を今後どのようにしていくかというのは、ネットワーク

西岡秀子

2019-02-20 第198回国会 衆議院 予算委員会 10号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、意見陳述人の皆様には、大変お忙しい中お越しいただきまして、大変貴重な御意見をいただきましたことを心より感謝申し上げます。きょういただきました意見を、今後の予算審議、また今後の政策にぜひ生かしてまいりたいと思っております。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  加藤市長にまずお尋ねをさせていただきます。  私も、地方長崎市でございまして

西岡秀子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

○西岡委員 今片山大臣からもございましたけれども、先進的な取組の一つとしては、一時的な保護をする、その先としてステップハウスというものを設けまして、常駐のスタッフが母子の支援を続けながら、一年間そのステップハウスで生活をして地域になじんでいくということを、その中でいろいろな、裁判所に同行をしたりですとか、また、子供の養育、家事の補助をしたりですとか、そういう、一年間一緒にステップハウスで生活をしながら

西岡秀子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

○西岡委員 今総理からございました、女性相談部門と子供相談部門の連携というのが大変重要だというふうに思いますし、また、子供にかかわる分野の職員の皆さんに、虐待やDVについての理解を深めるということも大変有効ではないかと思っております。大学教育課程職員研修のカリキュラムの中に、このDVについて、また虐待についての研修を入れていくということも大変有効ではないかというふうに思っております。  御紹介でございますけれども

西岡秀子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  きょうは質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、児童虐待につきまして質問させていただきます。  連日、この予算委員会でも質疑があっております。去年、目黒区で船戸結愛ちゃんの大変痛ましい事件がありまして、二度とこういう悲しい事件を起こしてはいけないという思いの中でさまざまな取組がなされましたけれども、

西岡秀子

2019-02-05 第198回国会 衆議院 本会議 4号

○西岡秀子君 長崎一区選出、西岡秀子でございます。  私は、国民民主党無所属クラブ代表して、ただいま議題となりました政府提出の平成三十年度第二次補正予算二案について、反対の立場から討論を行います。(拍手)  予算は、政策的根拠をもとに編成されなければなりません。その根拠が、今、政府統計の不正という前代未聞の大問題により大きく揺らいでいます。現在、二十四の統計で不正や不備が明らかになっております。

西岡秀子

2018-12-04 第197回国会 衆議院 環境委員会 3号

○西岡委員 今、なかなか、マイクロビーズについて、禁止というところまでは、一足飛びに難しい状況があると思いますけれども、やはりこのマイクロビーズについては、もう回収ができないということで、生態系に与える影響が大変大きいというふうに思いますので、特にこのことについては、対応を引き続きお願いをしたいというふうに思っております。  関連いたしまして、マイクロプラスチックの健康及び生態系への影響について科学

西岡秀子

2018-12-04 第197回国会 衆議院 環境委員会 3号

○西岡委員 ありがとうございます。  今、年内に改定案をまとめられるということでございました。  この改正案が成立をいたしましたときに、附帯決議の中で、廃プラスチック類の削減推進と並んで、特に、マイクロビーズについては、できるだけ使用抑制に向けた検討を行うことということが明記をされました。  改正がありましたときに私が質問させていただいたときに、まだマイクロビーズ自体がどのような製品に使われているかという

西岡秀子

2018-12-04 第197回国会 衆議院 環境委員会 3号

○西岡委員 私は、長崎一区選出、国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、まことにありがとうございます。  原田大臣には、環境大臣御就任、まことにおめでとうございます。  私も大臣と同じ九州出身でございますので、大変親近感を覚えております。  我が国にとって、本当に、世界においても、この環境に係る諸問題が大変大きな政治的な重要なテーマとなっております。ぜひ環境大臣

西岡秀子

2018-11-20 第197回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○西岡委員 今おっしゃられたように、文字の大きさというのが、今大変高齢化社会になっておりまして、ただ、その表示をする面積の関係も含めて大変難しい状況があると思いますので、例えばQRコードですとか、そういう中で消費者にやはりたくさんの情報を提供するということは大切なことであるというふうに思いますけれども、現実的に物理的に難しい面もあると思いますので、今後、さまざまな検討をしていただくことをお願い申し上

西岡秀子

2018-11-20 第197回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○西岡委員 ありがとうございます。  食品表示法成立をしましてから、また、本当に目まぐるしい状況で今、日本社会状況が変化をして、情報社会の進展、社会構造の変化に伴いまして、私たち消費者を取り巻く環境も大きく変化をいたしてきております。  近年の食品表示に係る問題点ですとか課題というものがございましたら、ぜひ教えていただきたいと思っております。

西岡秀子

2018-11-20 第197回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○西岡委員 国民民主党長崎一区選出、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会をいただきましたことを心より感謝を申し上げます。  本日は、宮腰大臣に初めての質問をさせていただきます。  大臣におかれましては、このたびの御就任、まことにおめでとうございます。  大臣所信の中で、大臣は、消費者行政の現場である地方消費者行政の強化拡大、充実というものをうたわれております。また、どこに住んでいても、年齢

西岡秀子

2018-11-02 第197回国会 衆議院 予算委員会 3号

○西岡委員 今、総理から御答弁がございました。先ほどから、解明すべき問題についての集中審議を申し入れております。このことにぜひ総理としても積極的に、この集中審議の開催に総理としてもぜひ御協力をいただければというふうに思います。  私たち野党も、多くの皆様の信託を肩に背負ってここに立っております。同僚議員からもございましたが、真に国民のために資する野党の提案については、ぜひ議論の俎上にのせていただき、

西岡秀子

2018-11-02 第197回国会 衆議院 予算委員会 3号

○西岡委員 この五年余り、アベノミクス経済で、一二・二%成長を始めとして、さまざまな数字における、安倍総理はその実績を高らかに述べられております。しかし、私が地元長崎の皆さんと日々接していく中で、皆さんからのお声を聞く中で感じる思いというのは、国民の皆さんの暮らしと総理の話に相当乖離があるということを実感いたしております。  森友・加計問題を始めとして、公文書改ざん官僚の虚偽答弁、データ偽装など、

西岡秀子

2018-11-02 第197回国会 衆議院 予算委員会 3号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  昨年秋の衆議院選挙長崎一区から初当選いたしました。本日、予算委員会初めての質問となります。どうぞよろしくお願いいたします。  まず初めに、七月の西日本豪雨災害北海道胆振東部地震台風二十一号、大阪北部地震で亡くなられましたとうといみたまに心から御冥福をお祈り申し上げますとともに、今なお不安な避難生活を続けておられます皆様に心からお見舞いを申し上げます

西岡秀子

2018-05-30 第196回国会 衆議院 文部科学委員会 15号

○西岡委員 今大臣からございました、正式な時期の変更というものはないということでございますけれども、報道等で前倒しになったということでお聞きをしておりますので、この六月に発表される骨太の方針の中で時期についても発表があるものではないかというふうに思っております。  今、ちょっと大臣の方からもございました、幼稚園における預かり保育もその対象になるということでございましたけれども、これはちょっと通告をいたしておりませんが

西岡秀子

2018-05-30 第196回国会 衆議院 文部科学委員会 15号

○西岡委員 ありがとうございます。  今ほど申されたように、改めて、本当に痛ましいこの事件を受けまして、二度とこのようなことが起こらないために、あらゆる方策と申しますか、子供たちを守る方策にぜひ引き続きお取組をお願いしたいと思っております。  それでは、幼児教育の無償化について質問をさせていただきます。  従来、政府は、人づくり革命として、二兆円規模の政策パッケージということで発表をされておりました

西岡秀子

2018-05-30 第196回国会 衆議院 文部科学委員会 15号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会を与えていただいて、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、通告とちょっと順番が変わっておりますけれども、まず初めに質問をさせていただきたいと思います。児童生徒の登下校の危機管理についてお尋ねをいたします。  近年、児童生徒が登下校中に連れ去られるという事件が多発をいたしておりまして、凶悪犯罪に巻き込まれる

西岡秀子

2018-05-23 第196回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 8号

○西岡委員 撤回をされたということでございますけれども、ここまでの文書がつくられるということは本会議修正も考えていたというふうに普通考えると思いますけれども、大臣本会議の答弁の修正について内部的に検討がされていたということはございませんでしょうか。そうしないとこういう文書がつくられることがないというふうに思います。御答弁お願いいたします。

西岡秀子

2018-05-23 第196回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 8号

○西岡委員 一省庁大臣にとって、本会議での答弁を修正するということは、私は大変重いことだと思います。  私は、昨年当選した一年生新人議員でございますけれども、私でも、これを渡されたときに、初めて見たら、どういうことだということをまず渡された方に聞くと思います。  これを大臣がそのまま読み上げられたということは、内部文書ということでもう撤回をされたということで、もうお答えはないというふうに思いますけれども

西岡秀子

2018-05-23 第196回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 8号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本会議大臣に質疑をさせていただきましたけれども、委員会では初めての質問となります。どうぞよろしくお願いいたします。  先ほどから尾辻委員の方からもお話があっております、二十一日、黒岩委員に対しまして大臣が、本会議での答弁を修正しますということを申されました。  先ほど、この私たちが今手元に持っております「大臣本会議答弁の修正について」という文書は撤回

西岡秀子

2018-05-23 第196回国会 衆議院 文部科学委員会 13号

○西岡委員 ありがとうございます。  文化行政を進めていく上で、文化行政に国がどのように関与をしていくのかということについてお尋ねをいたします。  政府において文化行政を行っていくときに、文化の内容については不関与であるという原則のもとにこれまで文化行政が行われていたというふうに私は理解をいたしております。  これから、大変重要な、芸術文化の中でも多様な文化保護していくこと、そして、少数派となっている

西岡秀子

2018-05-23 第196回国会 衆議院 文部科学委員会 13号

○西岡委員 国民民主党、西岡秀子でございます。  本日は、質問の機会を与えていただき、ありがとうございます。先ほどから質疑があっております。重なる質問があるかと思いますけれども、どうぞよろしくお願いいたします。  今回の文部科学省設置法の一部を改正する法律案について御質問いたします。  今回の法律案は、文化芸術振興基本法の一部を改正する法律附則第二条に規定されたことについて必要な措置を講ずるものとなっております

西岡秀子

  • 1
  • 2