運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
209件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○藤野委員 今、大臣自身が理解を深めなければいけないという思いということでありました。私自身も実はそれは同じ考えでありまして、やはりこの問題は本当に、当事者の方から、あるいは支援されている方、関係者の方からお話を聞くというのは非常に大きな力になるといいますか、中身になってくるなというのを私自身も感じております。  それに係ってなんですが、大臣は、二月二十五日の予算委員会の第三分科会で、我が党の本村議員

藤野保史

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○藤野委員 ぜひ法務省としても、この問題でもイニシアチブを発揮していただきたいと思います。  石川さんが声を上げて、一年という短い間に、これが全国に広がって、国会にも届いて、総理大臣や、今、森大臣からも前向きな答弁を引き出したということで、これは、皆さんの運動といいますか、もっと言えばジェンダー平等社会の実現に向けても、今回のクー・トゥー運動というのは非常に大きな動きだというふうに思っております。この

藤野保史

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  まず、私、クー・トゥー運動についてお聞きをしたいと思っております。  クー・トゥーというのは、靴を履くことに伴う苦痛、そして性暴力告発するミー・トゥー運動に合わせてつくられた言葉でありまして、昨年の一月に女優の石川優実さんがツイッターで投稿されて一気に共感の声が広がって、署名も三万筆を超えまして、昨年六月には厚生労働省にも提出をされました。  これは、同じ

藤野保史

2020-02-28 第201回国会 衆議院 本会議 第8号

藤野保史君 私は、日本共産党代表して、政府提出の二〇二〇年度一般会計予算外二案に反対の討論を行います。(拍手)  新型コロナウイルス対策が緊急課題となっています。国内の治療、検査、相談体制を強化し、国民の命と健康を守る。とりわけ、中小零細業者や非正規雇用、ウーバーイーツなど雇用によらない働き方、共働き、一人親家庭子供高齢者障害者など、こうしたときに特に大きな影響を受ける方々への支援を抜本的

藤野保史

2020-02-27 第201回国会 衆議院 本会議 第7号

藤野保史君 私は、日本共産党代表して、森まさこ法務大臣不信任決議案に賛成の討論を行います。(拍手)  不信任の理由の第一は、森大臣が、憲法に由来する検察官の職責の特殊性を無視して、検察庁法解釈をねじ曲げたことです。  検察庁法は、定年について、検事総長は六十五歳、検察官は六十三歳と明確に定めています。検察官に定年延長制度の適用がないことは、一九四九年、一九八一年の二度にわたって立法府意思が明確

藤野保史

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

○藤野分科員 例えば、一点だけ具体例でちょっと見たいんですけれども、現場で話になったのは、今、観光庁の事業で、二〇二〇年度予算案に、国際競争力の高いスノーリゾート形成促進事業というのがありまして、これは予算二十億円なんです。インバウンド需要を取り込もうということで、国際競争力の高い事業主体を対象として行われる。  ただ、観光庁の事業は対象がすごく限定されていまして、国際競争力が高いという。白馬はそれに

藤野保史

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

○藤野分科員 今省エネとおっしゃいましたけれども、この白馬高校では、今断熱の取組をされているそうなんです。  何でそういうのを始めたのかと聞いたら、いや、もう単純に言って、教室が気持ちよくないからですと。夏は暑くて冬は寒い。何とかしたいというので考えていくと断熱だというので、今いろいろな制度も調べてやっていらっしゃるということで、やはり、気持ちよく過ごすためにとか楽しくなっていくということは多くの方

藤野保史

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

○藤野分科員 日本共産党藤野保史です。  私は、地球規模の気候変動問題について質問させていただきます。  日本でも、台風、豪雨災害の大規模化や猛暑による米生産への打撃、海水温上昇による不漁など、深刻な影響が出ております。今や気候変動ではなく、気候危機というレベルだと思います。  昨年の十二月四日に、長野県の白馬村が、全国の自治体で三番目となる気候非常事態宣言を行いました。私、今月の二十二日に、この

藤野保史

2020-02-05 第201回国会 衆議院 予算委員会 第7号

○藤野委員 今いろいろおっしゃいましたけれども、世帯人員なんというのは確かに減っていますけれども、その影響だけでこれほど、十二カ月のうち一カ月分の消費が減るなんてことは全然説明できないわけであります。ほかも、GDP、まさかGDPを持ち出すと思いませんでしたけれども、それは十七日に発表されますから。民間のシンクタンク全部、個人消費はマイナスですよ。  それはまだいいですけれども、要するに私が言いたいのは

藤野保史

2020-02-05 第201回国会 衆議院 予算委員会 第7号

○藤野委員 今いみじくもおっしゃったように、前回ほどでないというのは、増税前の駆け込み需要とその後の反動減の幅の話なんですね。  配付資料の三を見ていただきますと、このグラフ、八%、二〇一四年のまさに駆け込み需要と反動減、これは確かに幅があります。今回の一〇%増税の幅、確かに比べるとちっちゃいんですが、重大なのは、八%の増税後、ずっとこう水面下にある、消費の落ち込みがずっと続いていて回復していない、

藤野保史

2020-02-05 第201回国会 衆議院 予算委員会 第7号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  私は、消費税増税の影響についてお聞きをします。  安倍総理は、消費税を二度にわたり増税した初めての総理大臣です。八%への増税の痛手から暮らしも経済も抜け出していない段階で一〇%増税を強行した、このことが深刻な事態を生んでいると感じております。  富山とか新潟とかいろいろなところで話を聞いてきましたが、一つだけ紹介しますと、八十二歳の女性が、それまで電動カート

藤野保史

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○藤野委員 けさの朝日新聞でも、ジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使が、要するに、日米がお互いに、より多くのことをしなければならないという認識だということを、トランプ大統領の発言にも触れておっしゃっているわけで、なぜ米側が繰り返し繰り返し負担要求を突きつけてくるのか。  交渉のことをおっしゃらないので、公の場で公開されたものを紹介したいんですが、やはり安倍総理は日米六十周年の記念レセプションでこうおっしゃっております

藤野保史

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○藤野委員 安倍総理は、昨年の当委員会、他の野党議員の質問ですけれども、十月十一日の予算委員会でこう答弁されているんですね。外交上のやりとりの問題で総理はこうおっしゃっています。これはこういうルールがありまして、自分の発言は紹介していいけれども、相手の発言はそこでは言わない、相手方の発言は勝手には引用しないというのは、これは常識なんだろうと。その上で、総理は、私の言ったことは紹介できるから私がここで

藤野保史

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

○藤野委員 私は日本共産党の藤野保史です。  私は在日米軍の駐留経費の負担増についてお聞きします。  ことしは日米安保条約六十周年ということで、この節目の年に、今、米トランプ政権から、この在日米軍駐留経費について不当な増額要求が突きつけられている。  例えば、昨年十二月三日には、トランプ大統領自身が、NATOの事務総長との会談の冒頭でこうおっしゃっている。晋三には、君たちは我々を助けないといけない、

藤野保史

2020-01-28 第201回国会 衆議院 本会議 第4号

藤野保史君 私は、日本共産党代表して、二〇一九年度補正予算案に反対の討論を行います。(拍手)  初めに、桜を見る会やカジノ汚職などで、安倍総理の政治責任が厳しく問われています。  桜を見る会で問われているのは、政府の公的行事に総理の地元後援会事務所が幅広く参加者を募り、地元有権者を接待した疑惑であります。これが、公的行事を利用した税金の私物化や公選法違反に当たるのではないかという疑惑であり、さらに

藤野保史

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

○藤野委員 済みません、ちょっと時間があれですが、ちょっと黒川委員長に。  今言った自主的な規制に干渉していく、要するに規制機関意思決定に業界が干渉していく懸念というのが私は強まっていると思うんですが、それが政府が実は旗を振っているという点についてはどのようにお感じになるんでしょうか。

藤野保史

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

○藤野委員 これ、もう一点指摘したいのは、これを推進しているのは実は経済産業省だということなんですね。  時系列で見ていきますと、「新たな組織の設立などメーカー等も含めた」、電事連に加えてですね、「メーカー等も含めた産業大での連携を強化」ということがエネルギー基本計画に載っている。  その上で、世耕前経済産業大臣は、昨年五月二十三日の衆議院経産委員会などでこう言っているんですね。「産業大で」、産業全体

藤野保史

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  きょうは、参考人の皆さん、本当にありがとうございます。  アドバイザリーの皆さん方からまさに一様に、今までも指摘はありましたけれども、七つの提言の実施計画とその進捗状況の国民への公表という御指摘がありました。私自身も本当に改めてやらなければならないなというふうに思いましたし、私からも委員長に改めて御尽力のほどを心からお願いをしたいと思います。  その上でちょっとお

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

○藤野委員 この間、この外弁法というのは何度も改正されまして、それこそ要件も緩和されてきて、法人についても、A法人と言われるものについてはもうできるようになっているということなんですが、今答弁があったように、率直に言って、期待されているほどふえていないと言わざるを得ないというふうに思うんですね。  これは大臣にお聞きしたいんですが、この間の規制緩和が私は行われてきたと思っているんです。にもかかわらず

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

○藤野委員 やはり弁護士法一条、社会正義の実現にとって、今回この法改正がどういう意味を持つのかというのをちょっと見ていきたいと思うんです。  その前提としまして、この七十二条の趣旨というのは、いわゆる無資格者、資格を持たない者が法律事務を提供することを禁止しておりますが、それは、国民法律生活の公正かつ円滑な営みと法律秩序を維持しようという点にあるというふうに思います。その点から今回の改正を見ていきますと

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  早速質疑に入らせていただきます。  今回、外国弁護士制度をまた改正するということですが、我が党は必ずしもこの制度自体を否定しているわけではありません、当然ながら。ただ、これは、歴史的にも、そして今現在の問題から見ても、やはりしっかり考える必要があるというふうに思っております。  歴史的に見ますと、日本における外国人弁護士制度というのは非常に複雑な歩みをしてきたと

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

○藤野委員 この間、この外弁法というのは何度も改正されまして、それこそ要件も緩和されてきて、法人についても、A法人と言われるものについてはもうできるようになっているということなんですが、今答弁があったように、率直に言って、期待されているほどふえていないと言わざるを得ないというふうに思うんですね。  これは大臣にお聞きしたいんですが、この間の規制緩和が私は行われてきたと思っているんです。にもかかわらず

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

○藤野委員 やはり弁護士法一条、社会正義の実現にとって、今回この法改正がどういう意味を持つのかというのをちょっと見ていきたいと思うんです。  その前提としまして、この七十二条の趣旨というのは、いわゆる無資格者、資格を持たない者が法律事務を提供することを禁止しておりますが、それは、国民の法律生活の公正かつ円滑な営みと法律秩序を維持しようという点にあるというふうに思います。その点から今回の改正を見ていきますと

藤野保史

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

○藤野委員 日本共産党の藤野保史です。  早速質疑に入らせていただきます。  今回、外国弁護士制度をまた改正するということですが、我が党は必ずしもこの制度自体を否定しているわけではありません、当然ながら。ただ、これは、歴史的にも、そして今現在の問題から見ても、やはりしっかり考える必要があるというふうに思っております。  歴史的に見ますと、日本における外国人弁護士制度というのは非常に複雑な歩みをしてきたと

藤野保史

2019-11-28 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

○藤野委員 日本共産党の藤野保史です。  私も、関電の原発マネー還流問題を質問したいと思います。  この間、高浜町や福井県がそれぞれ独自の調査結果を発表しております。十一月十五日には、高浜町が、監査委員からの特別監査実施報告を発表しております。  これを見ますと、森山栄治元助役が取締役だった警備会社オーイング、この会社は、二〇〇〇年以降の二十年間、高浜町から五百八十三件の契約を全て随意契約で受注していたという

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

○藤野委員 これは、大臣の先ほど答弁があったように、性暴力というのは人格に取り返しのつかない傷を与えると大臣はおっしゃいました。そのとおりだと思うんです。こうしたことをやはり先延ばしにすれば、またさらなる被害者が生まれるわけですから、これは三月に向けてその取組を加速していただきたいというふうに思います。  そして、法務省にお聞きしたいんですが、刑法の百七十六条、百七十七条は、改正された後でも十三歳というものが

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

○藤野委員 ありがとうございます。  このフラワーデモを主催している団体のフェイスブックを拝見しますと、やはり一つの大きなきっかけとして、ことしの三月に四つの地裁判決が連続したということが紹介されているんですね。  三月十二日の福岡地裁、これは、女性が抵抗できなかったという状況を認定しながらも、男性が、加害者が、女性が合意していたと勘違いしていたという理由で無罪になっている。  三月十九日の静岡地裁

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  私は、性暴力をなくすための刑法改正について質問いたします。  ことし四月から、毎月十一日にフラワーデモというものが行われております。十一月は、東京駅前の広場で三百人が参加をいたしまして、私も参加をしてまいりました。これは、デモという名前がついていますけれども、実際には、何か行進したりするわけでもなく、性暴力被害者の方あるいは支援者の方が静かにお話をされる、

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 第12号

○藤野委員 これは、大臣の先ほど答弁があったように、性暴力というのは人格に取り返しのつかない傷を与えると大臣はおっしゃいました。そのとおりだと思うんです。こうしたことをやはり先延ばしにすれば、またさらなる被害者が生まれるわけですから、これは三月に向けてその取組を加速していただきたいというふうに思います。  そして、法務省にお聞きしたいんですが、刑法の百七十六条、百七十七条は、改正された後でも十三歳というものが

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 第12号

○藤野委員 ありがとうございます。  このフラワーデモを主催している団体のフェイスブックを拝見しますと、やはり一つの大きなきっかけとして、ことしの三月に四つの地裁判決が連続したということが紹介されているんですね。  三月十二日の福岡地裁、これは、女性が抵抗できなかったという状況を認定しながらも、男性が、加害者が、女性が合意していたと勘違いしていたという理由で無罪になっている。  三月十九日の静岡地裁

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 第12号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  私は、性暴力をなくすための刑法改正について質問いたします。  ことし四月から、毎月十一日にフラワーデモというものが行われております。十一月は、東京駅前の広場で三百人が参加をいたしまして、私も参加をしてまいりました。これは、デモという名前がついていますけれども、実際には、何か行進したりするわけでもなく、性暴力被害者の方あるいは支援者の方が静かにお話をされる、

藤野保史

2019-11-22 第200回国会 衆議院 法務委員会 11号

○藤野委員 先ほどもおっしゃいましたけれども、プライバシーというのは理由にならないと思うんです。おととい神田参考人もおっしゃっていましたが、今既に金融商品取引法のもとで、年総額一億円以上なんですけれども、報酬は個別開示されているんですね。ですから、プライバシーというのはもう理由にならない。より広くするかという議論はしたらいいと思いますけれども。  二つ目に、外国と比べて低いと言いましたけれども、これもやはり

藤野保史

2019-11-22 第200回国会 衆議院 法務委員会 11号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  きょうは、役員報酬の問題についてお聞きしたいと思います。  先ほど松田委員も質問されていましたが、まず、法務省に確認いたします。  本法案を議論した法制審の中間試案の段階では、役員報酬の個別開示も検討とされていたと思いますが、最終的には落ちてしまった。  なぜ役員報酬の個別開示は盛り込まれなかったんでしょうか。

藤野保史

2019-11-22 第200回国会 衆議院 法務委員会 第11号

○藤野委員 先ほどもおっしゃいましたけれども、プライバシーというのは理由にならないと思うんです。おととい神田参考人もおっしゃっていましたが、今既に金融商品取引法のもとで、年総額一億円以上なんですけれども、報酬は個別開示されているんですね。ですから、プライバシーというのはもう理由にならない。より広くするかという議論はしたらいいと思いますけれども。  二つ目に、外国と比べて低いと言いましたけれども、これもやはり

藤野保史

2019-11-22 第200回国会 衆議院 法務委員会 第11号

○藤野委員 日本共産党の藤野保史です。  きょうは、役員報酬の問題についてお聞きしたいと思います。  先ほど松田委員も質問されていましたが、まず、法務省に確認いたします。  本法案を議論した法制審の中間試案の段階では、役員報酬の個別開示も検討とされていたと思いますが、最終的には落ちてしまった。  なぜ役員報酬の個別開示は盛り込まれなかったんでしょうか。

藤野保史

2019-11-20 第200回国会 衆議院 法務委員会 10号

○藤野委員 これも三人の参考人にお伺いしたいんですけれども、今関西電力の関係で、原発マネーと言われるものが還流したのではないかというケースが起きておりまして、関電だけでなく、日産のカルロス・ゴーン元会長の問題もありますし、東芝の不正経理の問題もありまして、結局これは、経営陣が不正に関与していた、あるいは、監査役がこれを見抜けなかった、あるいは、監査役は、見抜いていたというか知っていたのに、その事実を

藤野保史

2019-11-20 第200回国会 衆議院 法務委員会 10号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  参考人の皆さん、きょうは本当にありがとうございます。  まず初めに全員の参考人にお伺いしたいんですが、ちょっと重なるんですけれども、電力会社に対する例えば脱原発の株主提案運動という、運動といいますか、そういう提案権の行使がございます。私は、これは、みずからの主張だけでなく他の株主にも働きかけてコミュニケーションをとって、ひいては会社との信頼関係を醸成していくという

藤野保史

2019-11-20 第200回国会 衆議院 法務委員会 第10号

○藤野委員 これも三人の参考人にお伺いしたいんですけれども、今関西電力の関係で、原発マネーと言われるものが還流したのではないかというケースが起きておりまして、関電だけでなく、日産のカルロス・ゴーン元会長の問題もありますし、東芝の不正経理の問題もありまして、結局これは、経営陣が不正に関与していた、あるいは、監査役がこれを見抜けなかった、あるいは、監査役は、見抜いていたというか知っていたのに、その事実を

藤野保史

2019-11-20 第200回国会 衆議院 法務委員会 第10号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  参考人の皆さん、きょうは本当にありがとうございます。  まず初めに全員の参考人にお伺いしたいんですが、ちょっと重なるんですけれども、電力会社に対する例えば脱原発の株主提案運動という、運動といいますか、そういう提案権の行使がございます。私は、これは、みずからの主張だけでなく他の株主にも働きかけてコミュニケーションをとって、ひいては会社との信頼関係を醸成していくという

藤野保史

2019-11-19 第200回国会 衆議院 法務委員会 9号

○藤野委員 今、取締役会等が判断するということでありました。  しかし、濫用に当たるかということと株主権利行使というのをいわばはかりにかけて、濫用を理由に権利行使を制限するというのは、私は、そもそもこの株主提案権が会社法に導入された趣旨を没却するんじゃないかというふうに思うんですね。両者ははかりにかけるようなものじゃないと。一定の議論を経た上で、権利行使を優先しようということでまさにこの権利が新設

藤野保史

2019-11-19 第200回国会 衆議院 法務委員会 9号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  早速質疑に入らせていただきます。  本法案は、株主提案権に新たな制限を加えようとしております。法案の三百四条二号では、いわゆる不当目的の場合、例えば、自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的などの場合、あるいは第三号では、株主総会の適切な運営が著しく妨げられ、株主の共同の利益が害されるおそれがある場合、会社株主提案を拒絶できるということであります。  まず

藤野保史

2019-11-19 第200回国会 衆議院 法務委員会 第9号

○藤野委員 今、取締役会等が判断するということでありました。  しかし、濫用に当たるかということと株主権利行使というのをいわばはかりにかけて、濫用を理由に権利行使を制限するというのは、私は、そもそもこの株主提案権が会社法に導入された趣旨を没却するんじゃないかというふうに思うんですね。両者ははかりにかけるようなものじゃないと。一定の議論を経た上で、権利行使を優先しようということでまさにこの権利が新設

藤野保史

2019-11-19 第200回国会 衆議院 法務委員会 第9号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  早速質疑に入らせていただきます。  本法案は、株主提案権に新たな制限を加えようとしております。法案の三百四条二号では、いわゆる不当目的の場合、例えば、自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的などの場合、あるいは第三号では、株主総会の適切な運営が著しく妨げられ、株主の共同の利益が害されるおそれがある場合、会社株主提案を拒絶できるということであります。  まず

藤野保史

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

○藤野委員 三十六人全国でいらっしゃるうち、十四人が大村に集中している。  昨日、院内集会が行われまして、先ほど松田委員も触れられましたけれども、私も参加をさせていただきました。その中で、その大村で支援されている方の報告では、今十四人というお話がありましたけれども、十人以上がハンストをされていて、うち五人はもう死を覚悟しているという意思表示をされているという報告もあったんですね。  ですから、今回の

藤野保史

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

○藤野委員 自殺の場合は、確かに、いつどこでそういう事態に至るのかというのは、入管はこれはなかなか判断できない、把握できないこともあると思うんです。  しかし、ハンストの場合、その先に、ハンストの末に飢餓死に至るような場合というのは、今回の報告書も出ていますけれども、入管の管理下に事実上あるわけですね。入管が結果を左右できた可能性が極めて大きい。これはやはり自殺と決定的な違いだと思います。ですから、

藤野保史

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

○藤野委員 日本共産党藤野保史です。  私からも、まず冒頭、香港の弾圧、デモに対する言語道断の野蛮な暴挙につきまして強く抗議をするとともに、即刻中止を求めたいと思います。  私ども、先ほど山尾委員も御紹介いただきましたけれども、党として対応しておりまして、十月十六日には、孔鉉佑中国大使に正式に委員長から抗議と中止を求めましたし、実弾発砲事件が起きました直後には、十四日に、今度は中国政府に対して弾圧

藤野保史