運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
271件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

○薬師寺みちよ君 これ、二回目調査しなかったらそれが分からなかったということが、どうして厚生労働省として気付いていただけなかったのか。これ、以前から指摘をされていたことです。  大沼先生が政務官のときに、やはりこの事態というものをすごく重要に捉えてくださいまして、厚生労働省の方でもやはり児童相談所を通じて調査しようということになりました。しかし、関西医科大学の石崎先生、小児科の先生から、いや、それでは

薬師寺みちよ

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

○薬師寺みちよ君 是非お願いします。  実は、これ以前にも調査をしていただきました。その場合には、児童相談所を通じて調査を行った、全く違う数字が出てきております。一か月以上医療機関に入院した子供たちが全国に百九十五人、そして、その治療が終わったにもかかわらず退院できなかった子供たちが六十三人。    〔委員長退席、理事そのだ修光君着席〕  この二つの調査、この差について厚労省はどのような見解をお持ちなのか

薬師寺みちよ

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は、私も宿題をいただいておりました子供の社会的入院につきまして質疑させていただきたいと思います。  まさに小児科入院病棟九百三十五施設、皆様方に御協力をいただき、回答率四二・二%。昨年一年間で診療時に虐待が疑われた子供は五千百十六人。入院した千七百八十一人のうち、家庭など受入先がなく退院できない社会的入院が約、約ではないですね、これは

薬師寺みちよ

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

○薬師寺参議院議員 本年通常選挙後からは、参議院議員の定数は三人増加することになります。これに対しまして、昨年の公選法改正の際の附帯決議におきましては、定数増における参議院全体の経費が増大することのないよう対応することが求められる、先ほど御説明をさせていただいたとおりでございます。また、同附帯決議では、それと同時に、参議院の選挙制度改革について引き続き検討が行われることとされております。令和四年の通常選挙

薬師寺みちよ

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

○薬師寺参議院議員 御質問は、参議院に限定して歳費の一部を返納する理由につきましてということで、私の方からお答えさせていただきたいと思います。  今回私どもが提出をいたしました自主返納法案は、参議院の定数六増を伴う公選法の改正におきまして、参議院の定数の増加に伴い、参議院全体の経費が増大することのないよう、その節減について必要かつ十分な検討を加えることという附帯決議が行われたことをもとに提案をさせていただいたものでございます

薬師寺みちよ

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございました。  次に、高橋参考人にもお伺いさせていただきたいんですけれども、いや、私もこれすごく重要な問題だと思っておりまして、実は、要はアフターケアって、その保護されたお子さんだけじゃないんですよね。私もある成人男性の話を聞きまして、弟がいわゆる暴力によって亡くなってしまった、でも、そのときには事故として済まされてしまった、成人になって初めて、あのとき何が起こったのかが

薬師寺みちよ

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございました。  それでは、佐藤参考人にお伺いさせていただきたいと思います。  先ほどから何回もございますように、やっぱり児童福祉司の仕事って感情労働じゃないですか。私、やっぱりそこ、すごく受け止めるというその役目も必要で、いわゆる業務のスーパーバイズをするだけではなく、もっと労働者として私はケアする必要があるのではないかと思いますけれども、参考人の御意見いただけますでしょうか

薬師寺みちよ

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は、本当にありがとうございました。  まず、江口参考人、鈴木参考人にお伺いさせていただきたいと思うんです。  私も、塩崎先生が開かれました超党派の勉強会の中で、オーストラリアの、いわゆるデータベースの構築をしながら瞬時にリスクアセスメントを行っていく、それも全国レベルで行っていらっしゃるようなシステムを実際に見せていただきました。こういうものが

薬師寺みちよ

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  だから、これは以前からもお願いしていますように、全国一律でいいのか。やはりこういう地域にはこういう手当てが必要なのかということが分からないと、やみくもに手を出してしまうことになりますよね。ですから、都市型若しくは農村型みたいなもので、いろんなパターン分けができるかもしれません。そうすることによって、より効率的にもちろん財源も使うことができるということで、是非

薬師寺みちよ

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  だから、以前からそういう回答じゃないですか。現状は変わっていないんだと、ただ、通報件数は、例えばいちはやくという番号が知られるようになったから件数が増えたんだ、そういう受け止め方では駄目ではないですか。一体何がこの世の中で起こっているからこそ、これだけ通報される方々の数というのが増えたのか、子供を守っていくためにはどうしたらいいのかと、私は本気で考えていただきたいんですよ

薬師寺みちよ

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  まず、局長にお尋ねさせていただきたいと思います。  もう皆様方も御存じのように、児童虐待相談の対応件数、そして警察から児童相談所への通告児童数、増加の一途をたどっております。まず、その原因が何だと厚労省の方は受け止めていらっしゃるのか、教えていただけますでしょうか、お願い申し上げます。

薬師寺みちよ

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  資料一、皆様方にお配りをいたしております。  これ、一般企業だったら月一必ず義務化してやらなければならないということになっております。厚生労働省におきましてはこの委員会どのくらいの頻度で行われているのか、定塚局長、教えてください。

薬師寺みちよ

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  だから、適用ではないということでございますよね。だから、それに基づきました事業者が講ずるべき快適な職業環境の形成のための措置に関する指針というものも適用ではない。  私、昨日お願いをいたしまして、空気環境測定結果というものも、厚労省の皆様方の、取り寄せさせていただきました。そうしましたら、最大値、これ温度二十八・七度です。二か月に一回これは測定されておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は大変お天気が良く、私もちょっと外に出るだけでも汗をかきましたけれども、私は今日、厚労省の中で熱中症が出ていなければいいなという願いを込めて、まずは質問させていただきます。  大臣、御覧になられましたでしょうか。私、びっくりいたしました。厚労省内が暑過ぎ、朝からガリガリ君という記事が出ております。実は、私、以前もこの問題取り上げておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-06-04 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 14号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  それが合理的配慮だと私は思うんですけど、なかなかそれがどうしてこういうふうに理解が進んでいかないんだろうと思って不思議でならないんです。ですから、やはり審議会のような場におきましても、今の参考人の皆様方の御意見というのは、是非、私としてはそれらが前提として話合いを進めていっていただきたいと思っております。  また、石野参考人にお願いをいたします。  先ほどございました

薬師寺みちよ

2019-06-04 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 14号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。よろしくお願いいたします。  まず、三人の方にお伺いさせていただきたいと思います、中川参考人、阿部参考人、竹下参考人。  私は、大変心配なことがございます。実は、いろいろなこういった問題が起こってくるたびに、障害をお持ちの方というのがどうしても劣っているという発想でしか物事が進んでいかないということです。お三人の方が様々審議会などでも御参画いただいておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

○委員以外の議員(薬師寺みちよ君) 上限につきまして設定すべきかどうかという御意見につきまして、自主返納である以上、返納する場合にその額を幾らにするかにつきましては、それぞれの参議院議員の先生方の判断に委ねられるのが基本だと考えております。  歳費法附則第十五項で定めます歳費の一部に相当する額に該当する限りにおきましては、国庫への返納は可能です。ただ、自主的に国庫に返納できるようにする場合におきましても

薬師寺みちよ

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

○委員以外の議員(薬師寺みちよ君) 御質問ありがとうございます。とても重要な点だと私も考えております。  参議院全体の経費の節減のための検討を更に進めていくものとしておりまして、その旨を改正法附則第三項におきましても規定したところでございます。そこでは、ペーパーレス化、先ほどから何度も議論になっておりますけど、様々な今日も御提案をいただいていると私は受け止めております。そのような形で、今後、その見直

薬師寺みちよ

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

○委員以外の議員(薬師寺みちよ君) 平山先生から経緯につきましてもう一度ということで、重複する部分もあるかとは思いますけど、私の方から説明をさせていただきたいと思います。  まず、昨年の公選法改正におきましては、選挙区選挙におきまして、最大で三倍を超える一票の較差の縮小のため、定数二人増という結論、そして比例選挙におきましては、選挙区選挙の定数とのバランスも考慮しつつ、人口の少ない県の民意も含む多様

薬師寺みちよ

2019-05-30 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 13号

○薬師寺みちよ君 そうですよね。ですから、決してこれは福祉でやっているわけではなく、しっかりとその職業の場というものを適切に与え、そして、与えと言ったら言葉が悪いかもしれませんけど、そういう場を設け、で、その場で就労に対しその対価となるサラリーを得るといういい循環をつくっていこうということですよね。ですから、まずそういう認識を持っていただかなければ、いつまでたっても障害者イコール福祉、障害者イコール

薬師寺みちよ

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○薬師寺みちよ君 是非お願いいたします。  子供たちだけではなく、やっぱり青年がもっと参加しやすいようなイベント等も私は企画していただければ、もっと多くの方々にこの問題の深刻さというものが認識され、そして国民一丸となって、何としてでも一人残らず日本に帰国するという思いが強くなってくるんではないかと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。  そこで、外務大臣にもお尋ねをさせていただきたいと思います

薬師寺みちよ

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  私も様々なツールも見せていただきました。アニメで、今もホームページで公開をされておりますけれども、めぐみさんの御様子を見せていただいたり、最近では作文コンクールなども行われておりまして、多くの子供たちもこの拉致問題ということに触れる機会が増えてきているのではないかと思っております。  私も、十代の息子、二十代の息子おります。十代の息子の方が、実は拉致問題詳

薬師寺みちよ

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。よろしくお願い申し上げます。  私も、川崎で起こりましたあの悲惨な事件、大変心を痛めまして、しかし、考えてみますと、心臓が動いていることだけが生きているかというと、そうではございません。人権を奪われてしまったまさに拉致被害者の皆様方にとって、本当に生きるか死ぬかという、そういう問題が今、一刻一刻と迫っているのではないかという思いで私は今日質問

薬師寺みちよ

2019-05-28 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  しかし、大臣、まだまだ足りないんです。これ、若者の問題なんです。皆様方、道歩いていると、音漏れしているなという方いらっしゃいますよね。大き過ぎるんです、音が。注意喚起をしっかりしないと、このイヤホン難聴というのは突然起こってくるわけではなく、徐々に徐々に聞こえなくなってくるので、分からないんです、自分では。最近ちょっとテレビのボリュームが大きいなとか、何かこもっているな

薬師寺みちよ

2019-05-28 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  久里浜にももう既に入院していらっしゃる方がいらっしゃいました。これは我々世代ということではなく、結局、若年層の皆様方の課題でございます。eスポーツというものを推進したい、それは一つの施策としてすごく重要なことだとは思います。しかし、それは裏腹で、ゲームにはまってしまって全く生活、学習というものが成り立たない子供たちがいるということも、これは我々として無視はできません

薬師寺みちよ

2019-05-28 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 12号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日、三浦先生となぜか大変たくさん質問がかぶっておりますけれども、詳細につきまして私も確認をさせていただきたいと思います。  何度もやりましたゲーム障害、やっとWHOがここで旗を揚げてくださいまして、精神疾患の一つとしてこの度認められるという段取りになってまいりました。  まだまだ予防教育、相談窓口の設置、そして、そういう知識を持っているような

薬師寺みちよ

2019-05-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございました。  時間になりましたので終わらなければならないんですけど、話はここで終わるわけではなく、これから先も、未来の次の世代の子供たちのためにもしっかりと私どもは議論をさせていただこうと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。  ありがとうございました。

薬師寺みちよ

2019-05-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  本当に勉強になります。まだまだこれが入口だと思っております。  それに当たりまして、武石参考人、輪島参考人にもお尋ねをさせていただきたいと思います。  今回、女性活躍の方でも、結局、ポジティブにアクションを起こしていくための一つのものとして様々な指標なども今後定められていくのではないのかなと私は考えております。  東先生おっしゃったように、えるぼし認定というのが

薬師寺みちよ

2019-05-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日はどうもありがとうございます。  様々、私も今質問の中でも学ぶべきことがあったんではないのかなと思って聞いておりました。  私、産業医やっておりますので、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、まさに相談窓口でございます。しかし、こうやって相談を受けたとしても、結局、その後、もうここで止めておいてくれという方々がすごく多うございます

薬師寺みちよ

2019-05-21 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 10号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  ですから、しっかり、もちろん合理性、妥当性、先ほどおっしゃっていただいたものさえ整っていけば、それは可能性として否定できないということだと私は受け止めさせていただきました。  東京都等から、負担が大きいために抽出調査にしてほしいという要望があったのかないかにつきましても確認させていただいてよろしゅうございますか。

薬師寺みちよ

2019-05-21 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 10号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  何回こういった議論をしなければならないのか、私、六年の間にも、不祥事のために法案審議を打ち切りながら議論をする、大変無駄な時間だと思います。不祥事を起こしていただきたくない、そのためにはやっぱり何をしなければならないのか、最後に大臣にはお伺いさせていただかなければならないかと思います。  まず、私といたしましては、全数調査なのか抽出調査なのか

薬師寺みちよ

2019-05-16 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 9号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  現在も、しかし百一人以上三百人以下規模の企業の皆様方に努力義務を課されておりますけれども、何と四・五三%の皆様方しか策定してくださっておりません。もし何かそこに意義があるのであれば、もっと高い数字が出てくるはずだと私は思っておりますけど、なぜこれ増えてこないのか、原因分析なさっていらっしゃいますか。

薬師寺みちよ

2019-05-16 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 9号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  是非、そこはメッセージ性、間違えないでいただきたいと思っております。  私も産業医をやっておりますと、大変この女性活躍ということ、産業保健の中でも話題になってまいります。しかし、大変残念なことなんですけれども、今この女性活躍というのが、会社の中でも一部CSR、いわゆる社会的責任というような扱われ方をしてしまうことがございます。また、そういう話を聞く機会が大変多

薬師寺みちよ

2019-05-16 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 9号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。よろしくお願いいたします。  今回、女性の職業生活における活躍促進、大変私もうれしい話題でございますけれども、まず大臣にお願いしたいことがございます。  女性の活躍ということで、最近こうやって女性の職業生活ということがかなりフォーカスされてきております。しかし一方で、職業に就かなくてもしっかり輝いてくださっている女性の皆様方、この社会の中、大変多

薬師寺みちよ

2019-05-14 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  この調査結果の報告書の中で、やはりその概念自体がこれから広まっていくためにもアセスメントできるようなものをつくってみてはどうかという御提案もいただいておりますけれども、ここにつきまして、局長、御意見いただけますでしょうか、お願い申し上げます。

薬師寺みちよ

2019-05-14 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○薬師寺みちよ君 重要だということは御理解いただけたかと思います。  やはりヤングケアラーという概念自体がまだまだ自治体に根付いていないし、社会的にも理解が進んでいない。しかし、この調査結果を見ると、その悲惨な状況というのが浮かび上がってきたわけです。  ヤングケアラーの具体的なイメージを提示をした後、これは自治体から、要対協からの回答が、ヤングケアラーに該当する件数が四・七倍に跳ね上がっているんですよね

薬師寺みちよ

2019-05-14 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は、まず、ヤングケアラーの問題につきまして取り上げさせていただきます。  約一年前に、私、この質疑をさせていただきまして、初めてヤングケアラーの実態が調査がなされ、分かってきたところでございます。そのときには加藤大臣でございましたので、現大臣としてどのようなこの調査結果につきまして感想をお持ちなのか、まずは大臣の御意見いただきたいと思

薬師寺みちよ

2019-05-07 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 6号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  もう法案を審議した私どもの手を離れてしまいましたので、あとは厚労省にお任せするしかございません。責任感を持って対応していただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。  では、法案の質疑に入ってまいりたいと思います。私も、今日は高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施について詳細な議論をさせていただきたいと思います。  皆様方の元にも資料をお配りしておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-05-07 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 6号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  大臣、やはり最初からしっかりと考えていただかないと、こうやって指摘されて分かったから直す、これじゃ余りにも情けないですよね。私としては、これはもう標準化してほしいんです、もう電話番号を書いたら必ずファクスも。この間質疑させていただきましたけれども、御高齢になっていらっしゃるんです、対象の皆様方が。ということは、メールアドレスを書いたって、そこにアクセスする

薬師寺みちよ

2019-05-07 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 6号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は一時間たっぷりありますので、質問の数も大変多うございます。端的にお答えいただければと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。  法案に入ります前に、今日は、旧優生保護法救済法における、その後どうなったのかということをちょっと一言だけ私からも意見させていただきたいと思っております。これにつきましては、大臣、質問振っておりませんけれども

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 内閣委員会、文教科学委員会、厚生労働委員会連合審査会 1号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  それに当たりまして、今回、この保護者の軽減負担というものを考えるのであれば、もちろんその軽減税率の対象に子供用品なども含まれるべきだと考えておりますけれども、副大臣、いかが、御意見いただけますでしょうか。

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 内閣委員会、文教科学委員会、厚生労働委員会連合審査会 1号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  三大臣にお答えいただいたんですけど、やはりそれがつながって見えていかないというのがすごく残念でならないんですね。しっかり内閣府で考えてくださっていること、これは私も理解をいたしております。しかし、やっぱりなぜ消費税の増税分を充てなければならないのか。これはみんなでカバーしていくんだ、子供はみんなで育てていくんだ、かつ、根本大臣がおっしゃっていただきましたように

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 内閣委員会、文教科学委員会、厚生労働委員会連合審査会 1号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。よろしくお願いいたします。  子ども・子育て支援法、私は初めて質疑させていただきますので、まずは、その根底に流れております基本的な概念につきまして意見交換させていただきたいと思っております。  やはり、今回のこの法案の係る予算というものは、消費税の増税分を充てるということになっております。私は、この意味を考えましたときに、社会全体で子供を育てていく

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  それじゃ全く足りないと私は考えております。  資料二にもお配りをいたしております。これは全国ひきこもり家族連合会の皆様方が厚労省と共に調査をした結果でございます。これ、ひきこもり支援センターそして生活困窮者自立支援法の中で担当していらっしゃる皆様方に調査をしたものでございます。家庭訪問で孤立した本人を発見したことがあるというのは三一・一%の機関がこれ経験していらっしゃるんですよね

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  しかし、実際に調査をしてみると若年層よりも中高年の引きこもりの方が多いということが分かっているわけですから、実際にそういう方々が五〇%以上を占めていなきゃいけないわけですよね。でも、そこまで手が着いていないこの現状だということがこれでもう明白になってきたかと思います。  実際に、じゃ、そういう方々はどうやって支援を受けているのかというと、平成三十年度から生活困窮者自立支援制度

薬師寺みちよ

2019-04-25 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  今日は、中高年の引きこもりにつきまして質問させていただきたいと思います。  先日、内閣府から衝撃的な数字が発表されました。四十代から六十四歳の間で、全国で推計六十一万人の引きこもりがいる。これ、青少年と合わせましたら百万人の引きこもりがこの日本にいるんではないかというふうに予測されたわけです。  しかし、引きこもりというと、若年層の問題だろう

薬師寺みちよ

2019-04-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  そうなんです。ですから、しっかりとそういう方々を想定して、これは単なるシステムに終わらないようにお願いをしたいと思うんです。私たちは、今こういう話をしているのではなく、しっかりそこにどういう心を我々が乗せていかなければならないのかということを先ほどから何回も多くの議員が議論させていただいているんです。  ですから、どこにどのように請求するのか、どのような書類

薬師寺みちよ

2019-04-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  やはり障害特性というものを考えた上でも、当事者団体の皆様方が一番それを理解してくださっております。ですから、いきなり都道府県のその窓口に行って多くの傷を更に受けていただくよりも、まずワンクッション、しっかりとそこで整理がなされることも私は必要かと思っております。そこに対して十分な手当てがなされなければ、結局、今までこれだけ努力して、ここにしっかりと法案作成

薬師寺みちよ

2019-04-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。  私も立法府に身を置く者として、反省を込めまして今日は質問をさせていただきたいと思います。  私の質問の内容は、二度と傷ついていただきたくない、そのためにしっかりと運用していただけますかということでございます。  先ほどから何回も御答弁いただいておりますように、この周知徹底というものにつきまして、当事者団体の皆様抜きには語ることができません

薬師寺みちよ

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  全大臣が復興大臣であるというその心意気で、私は、連携を取りながら、何としてでもこのチャンスを物にしていただきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。  では、茂木大臣にお伺いさせていただきます。  TPP、いわゆるTPP11につきまして現状を教えていただけますでしょうか、お願い申し上げます。

薬師寺みちよ

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  その復興「ありがとう」ホストタウン、実はまだまだ登録されている市町村が低いという実態がございます。二割にも届かないですし、福島では五市町村と大変伸び悩んでいる現状もございます。  Jヴィレッジ、私もサッカー場としても行きました。そして、福一に行ったときにも、もちろんあの悲惨な状況も見ました。聖火リレーの出発地ということだけではなかなか納得いただけない方々も

薬師寺みちよ

2019-03-26 第198回国会 参議院 予算委員会 14号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  是非これ進めていただきたいんです。障害をお持ちの方こそスポーツが必要なんです。どんなに手足、動きが悪くても、手を動かす、足を何とか動かしていくということには、これはリハビリにもつながりますし、ほかの機能を温存させることにもつながっていくわけです。  しかし、残念ながら、なかなかこのパラスポーツというものが一般の方に縁遠いとされております。資料一にも付けておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-03-26 第198回国会 参議院 予算委員会 14号

○薬師寺みちよ君 ありがとうございます。  しっかりと、やっぱりパラリンピックにおける成功というものが東京オリパラの成功だということを私は認識していただきたいと思っております。  ですので、それにつきまして、障害者スポーツにつきましても文科大臣にお尋ねさせていただきたいと思います。  新たに始まります事業がございます。資料三に付けております。障害者のスポーツ活動推進プランです。私もこれ大変期待いたしておりますけれども

薬師寺みちよ

2019-03-26 第198回国会 参議院 予算委員会 14号

○薬師寺みちよ君 無所属クラブの薬師寺みちよでございます。今日もよろしくお願いいたします。  まず、櫻田大臣にお尋ねをさせていただきたいと思います。  私も、東京オリンピック・パラリンピック、特にパラリンピックにつきましては力を入れて政策的に御協力させていただいていると思っておりますけれども、大臣は、この東京オリンピック・パラリンピック、レガシーはどのようにお考えになっていらっしゃいますか、お願い申

薬師寺みちよ