運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
677件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-20 第198回国会 参議院 内閣委員会 24号

国務大臣菅義偉君) ただいま議題となりました日本国憲法第八条の規定による議決案につきまして、その提案の理由を御説明申し上げます。  皇室財産を譲り受けるには、日本国憲法第八条の規定により国会議決に基づかなければならないことになっておりますが、皇室経済法及び皇室経済法施行法の規定によりまして、通常の私的経済行為に係る場合等のほか、天皇、上皇及び内廷にある皇族について一年間にこれらの方を通じて、

菅義偉

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

○菅国務大臣 ただいま議題となりました日本国憲法第八条の規定による議決案につきまして、その提案の理由を御説明申し上げます。  皇室財産を譲り受けるには、日本国憲法第八条の規定により国会議決に基づかなければならないことになっておりますが、皇室経済法及び皇室経済法施行法の規定によりまして、通常の私的経済行為に係る場合等のほか、天皇、上皇及び内廷にある皇族について一年間にこれらの方を通じて、譲受けの価額

菅義偉

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

国務大臣菅義偉君) 会計検査院は、憲法第九十条に基づいて、国の収入支出の決算は、全て毎年会計検査院がこれを検査することとされており、また、会計検査院法第二十条第二項に基づき、会計検査院は、常時会計検査を行い、会計経理を監督し、その適正を期し、かつ、是正を図ることとされております。  今委員から御意見がありました、まさに内閣検査官を選任する際にも、当然、こうした業務を遂行することができる人格、識見

菅義偉

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

国務大臣菅義偉君) まず、昨年十一月に、御指摘のとおり、スネドン氏に関する決議案、米国上院で全会一致で可決され、成立をいたしました。本件の決議は、我が国が従来から米国議会の関係者に働きかけをして行ってきたものであり、我が国としては、米国における拉致問題のその問題意識を高める上で極めて大事なことであり、歓迎をいたしております。  また、日米の間で、この拉致問題の早期解決に向けて、先ほど申し上げましたけれども

菅義偉

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

国務大臣菅義偉君) 安倍総理は、北朝鮮の核、ミサイル、そして何より重要な拉致問題解決に向けて、相互不信の殻を破り、次は自分自身が金委員長と向き合うとの決意を述べておりました。条件付けずに会うということは、そのことをより明確な形で表現をした、このように思っています。

菅義偉

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

国務大臣菅義偉君) 今お話にありましたように、私自身、先般訪米をいたしまして、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官、さらにシャナハン国防長官代行と会談をし、拉致問題の早期解決に向けて協力を要請し、引き続き緊密に連携しながら対応する、そういうことを確認をいたしました。また、ニューヨークの国連本部における拉致問題のシンポジウムにおいては、まさに拉致被害者家族の方も参加をされまして、家族の切実な生の声というものを

菅義偉

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

○菅国務大臣 まず、内閣衆議院解散を決定することについては、憲政上、これを制約する規定はありません。いかなる場合に衆議院解散するかは、内閣がその政治責任で決すべきものであると考えます。  また、解散の当否については、最終的には、選挙等を通じて、国民政治判断に委ねるものであるというふうに認識をいたしております。  いずれにしろ、衆議院解散権というのは、立法府行政府の均衡を保つ意味から、憲法

菅義偉

2019-05-20 第198回国会 参議院 行政監視委員会 1号

国務大臣菅義偉君) 先ほどから、委員は経済見通しが非常に悲観的なお話をされておられますけれども、有効求人倍率政権交代をしてから、〇・八三倍でありましたけれども、現時点においても一・六三倍であります。四十五年ぶりの高い水準。そして、退職者が出るからということでありましたけれども、働く世代が退職をされるにもかかわらず、雇用が新たに三百八十四万人増えてきている、このことも事実じゃないでしょうか。そうしたことを

菅義偉

2019-05-20 第198回国会 衆議院 決算行政監視委員会 3号

○菅国務大臣 先ほど内閣法制局政府参考人から答弁がありましたけれども、衆議院解散は、憲法第七条の規定により、天皇の国事に関する行為とされておりますが、実質的には、衆議院解散を決定する権限を有するのは、天皇の国事に関する行為について助言承認を行う職務を有する内閣である、また、内閣衆議院解散を決定することについて憲法上これを制約する規定はなく、いかなる場合に衆議院解散するかは内閣がその政治責任

菅義偉

2019-05-17 第198回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○菅国務大臣 今委員からお話をいただきました二〇〇二年、五人の拉致被害者が帰国して以来、一人の拉致被害者の帰国も実現しておらず、政府としては大変申しわけなく思っております。  ことし二月に第二回米朝首脳会談が行われ、トランプ大統領から金委員長に対し改めて拉致問題が提起され、そして、政府としては、引き続き米国を始めとする国際社会と緊密に連携をしながら、拉致問題解決に向けて全力で取り組んでいるところであります

菅義偉

2019-05-17 第198回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○菅国務大臣 拉致被害者家族が、北朝鮮にとらわれております肉親の状況や、肉親を取り戻すため、政府の取組状況について情報を強く求めている、このことは当然のことだろうというふうに思いますし、そうした事実も承知をしております。  政府としては、種々の機会を通じて、御家族の声を直接お伺いをするとともに、御家族の皆さんに対して各種情報をできる限り提供するよう努めているところであります。  総理自身も折に触れて

菅義偉

2019-05-17 第198回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○菅国務大臣 拉致問題担当大臣菅義偉でございます。  先週行った私の米国出張について御報告申し上げます。  今回の米国出張では、拉致問題の解決等に向けた日米両国の連携強化を図るべく、ワシントンDC及びニューヨークを訪問してまいりました。  ワシントンDCでは、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官、シャナハン国防長官代行とそれぞれ会談をしてまいりました。これらの会談において、拉致問題の早期解決に向け、日米両国

菅義偉

2019-05-17 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 2号

国務大臣菅義偉君) 拉致問題をめぐる現状について御報告申し上げます。  北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民生命安全に関わる重大な問題であり、国の責任において、主体的に取り組み、解決を目指すべき課題であります。日本政府は、全ての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けております。  しかしながら、北朝鮮に残されている拉致被害者の方の帰国が実現しないまま

菅義偉

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

○菅国務大臣 今、片山大臣が答弁したとおり、各行政機関においては、行政機関責任のもとにこの文書管理を行うことになっておりますので、今答弁したとおりであるというふうに思います。  それと、私ども、できる限り国民の皆さんに、大臣として、公のものについてはやはり明らかにする必要があるというふうには思っております。

菅義偉

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

○菅国務大臣 まず、各行政機関文書管理については、公文書管理法、行政文書の管理に関するガイドライン及びこれらに基づいて各行政機関が定める行政文書管理規則にのっとり、それぞれの責任において対応しているということになっております。  各大臣の日程についても、それぞれの政策や業務を所管する各行政機関責任で適切に対応しているものと承知しております。  今般、委員から御質問をいただくという形の中で、私自身

菅義偉

2019-05-13 第198回国会 衆議院 決算行政監視委員会 2号

○菅国務大臣 今回のトランプ大統領の発言は、米朝首脳同士の信頼関係によるやりとりの中で行われたものであり、我が国としてその一つ一つに対してコメントすることは、ここは差し控えたいと思います。  ただ、その上で申し上げれば、今般の北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射については、米国の国務省も、先ほども申し上げましたとおり、いや、国防省ですね、弾道ミサイルの発射を行った旨、これは発表しております。日米の間

菅義偉

2019-05-13 第198回国会 衆議院 決算行政監視委員会 2号

○菅国務大臣 まず、政府でありますけれども、これまでに収集した種々の情報を総合的に勘案した結果、北朝鮮は、五月九日、短距離弾道ミサイルを発射したものと考える、これが政府の見解であります。  そして、今回の訪米の際、九日に北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したことを踏まえて、引き続き日米の間で、分析、対応を含め、あらゆるレベルで連携をしていく、このことを確認してきました。  それと同時に、我が国として第三国

菅義偉

2019-05-08 第198回国会 参議院 本会議 15号

国務大臣菅義偉君) 男女平等についての課題認識についてお尋ねがありました。  政府としては、男女平等の理念を前提とする男女共同参画社会の実現に向けて、あらゆる分野における女性の活躍、安全、安心な暮らしの実現、男女共同参画社会の実現に向けた基盤整備、このことを重点的な課題と位置付けた第四次男女共同参画基本計画を策定をし、取組を推進をいたしているところであります。  安倍内閣における女性活躍推進の取組

菅義偉

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 13号

○菅国務大臣 平成五年の八月四日の内閣官房長官談話については、平成三年十二月から政府慰安婦問題について調査を進めた結果を発表し、その際に表明したものであります。安倍総理が従来答弁しておりますとおり、安倍内閣として、かかる内閣官房長官談話を見直す考えはないということを申し上げております。  また、デジタル記念館慰安婦問題アジア女性基金に記載されている事項については、財団法人女性のためのアジア平和国民基金

菅義偉

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 13号

○菅国務大臣 お答えする前に、先ほどの私の答弁の中で、沖縄人口の約八割を占めるというところを米軍の人口と言ったようでありまして、そこは訂正させていただきます。  五十年先を見据えるというのはなかなか難しいお話かなというふうに思っています。  ただ、現在、国際社会のパワーバランスというのは大きく変化しておりまして、我が国を取り巻く安全保障環境というのは、格段に速いスピードで、厳しさと不確実性、これが

菅義偉

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 13号

○菅国務大臣 今、森田議員から、米軍基地の削減についての御提案をいただきました。そのことは重要なことだというふうに、当然、受けとめさせていただきます。  その上で申し上げれば、実は、現在の返還計画、これがございまして、地元の皆さんの御要望を受ける形で、日米合意で返還計画というのは今決定をいたしております。  例えば、安倍総理とオバマ大統領との最初の会談の際に、米軍の人口の約八割を占める嘉手納以南の人口密集地

菅義偉

2019-04-16 第198回国会 衆議院 本会議 19号

国務大臣菅義偉君) 国際博覧会担当大臣の必要性についてお尋ねがありました。  国際博覧会担当大臣の設置を含む大阪・関西万博に関する特別措置法は、衆議院での御審議及び参議院委員会での御審議において御党の御賛同もいただいたところでありますが、万博は国が開催責任を負う大規模イベントであり、政府として責任を持って対応する体制が不可欠であります。  また、今回は、過去の博覧会と比較しても、BIE加盟国がふえ

菅義偉

2019-04-15 第198回国会 参議院 決算委員会 4号

国務大臣菅義偉君) 国の行政機関については、行政機関休日に関する法律に基づいて、原則として土日祝日及び年末年始は休日として執務を行わないこととされており、国の行政機関の非常勤職員は通常勤務することを要しないことにされております。  即位日等休日法により本年に限って休日となる日についても、法律に基づき施行が行われていることとされている日を業務上の必要のない日にもかかわらずあえて非常勤職員が勤務する

菅義偉

2019-04-15 第198回国会 参議院 決算委員会 4号

国務大臣菅義偉君) いずれにしろ、この行政をめぐる様々な問題について、行政全体に対する国民の皆さんの信頼を損なうものであり、こうした問題が生じないように、再発防止の徹底など、国民の信頼を回復するための努力を積み重ねていきたいというふうに思っております。  例えば、再発防止策の徹底、幹部候補者全員のセクハラ防止研究講座、そうした徹底、公文書管理についての人事評価への反映、懲戒処分の明確化、こうしたことをしっかり

菅義偉

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 18号

国務大臣菅義偉君) 職場におけるハラスメント対策への決意についてお尋ねがありました。  職場におけるハラスメントは、働く方の尊厳や人格を傷つけ、職場環境を悪化させるものであり、あってはならないものと考えております。  このため、政府としては、ハラスメントのない社会に向けて、今回の法案に基づくセクハラやパワハラの防止対策の強化などを通じて、誰もが働きやすい職場づくりを進めてまいりたいと考えております

菅義偉

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 18号

国務大臣菅義偉君) 私の過去の発言と、今般の女性活躍推進法の見直しに向けた認識についてお尋ねがありました。  御指摘の発言につきましては、その発言をした、約三年半ほど前でありますけれども、国会において、結婚や出産は個人自由であることは当然であり、結婚、出産、子育てに伴うさまざまな負担や障害をなくし、誰もが個人希望をきちんとかなえることのできる環境を整備することが政府の役割であると認識していることを

菅義偉

2019-04-11 第198回国会 衆議院 本会議 17号

国務大臣菅義偉君) 櫻田大臣に関するお尋ねがありました。  昨日、櫻田大臣から総理に対し、被災地の皆様のお気持ちを傷つける発言をしたため、辞任したいとの申出があり、総理はこれを受理いたしました。  被災地の皆様のお気持ちに寄り添いながら復興に全力を挙げていく、これが安倍内閣の揺るぎない方針であり、被災地の皆さんには深くおわびを申し上げる次第でございます。  全ての大臣復興大臣であるとの認識を再確認

菅義偉

2019-04-09 第198回国会 参議院 内閣委員会 7号

国務大臣菅義偉君) この四月三十日には、憲政史上初めて、天皇陛下が御退位をされます。そして、五月一日には皇太子殿下が御即位されることになっており、国民の皆さんがこぞって祝意を表する中で皇位の継承がつつがなく行われるように、政府としては万全の体制で進めているところであります。  一方、今委員から御指摘いただきました、五月一日の御即位の日前後が長期の連休となることで国民生活に支障を来さないように、関係省庁連絡会議

菅義偉

2019-03-28 第198回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 2号

○菅国務大臣 拉致問題担当大臣菅義偉でございます。  拉致問題をめぐる現状について御報告申し上げます。  北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民生命安全にかかわる重大な問題であると同時に、拉致された方々の貴重な未来、多くの夢を断絶し、家族とのかけがえのない時間を引き裂く、人権、人道上のゆゆしき問題であります。  北朝鮮に残されている拉致被害者の方々の帰国が実現しないまま長い年月がたち、拉致被害者

菅義偉

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

国務大臣菅義偉君) 私の答弁、もう一度読まさせていただきます。  一昨年六月の国会でも答弁したように、最初に報道された五月十七日の時点では、報道された文書は出所や入手経路が不明なものであり、信憑性もよく分からない文書であったと承知しています。また、大臣副大臣、政務官も見たことがない文書であるという、聞いております。さらに、私や私の補佐官について書かれている部分も明らかに事実と異なっており、そうした

菅義偉