運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
167件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

舟山康江君 国の動きを待っていられないということで各自治体でも条例を作る動きがあって、何とかこういったあつれきを生まないようにしていこうという努力は、それはそれで地方分権の中でいいんですけれども、やっぱり国としてこういった仕組みをしっかり入れていかないと、もういいところまで行って断念するとなると、これ事業者にとっても逆にマイナスだと思うんですよ。やっぱりそこをもうちょっと考えていくべきだと私は思います

舟山康江

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

舟山康江君 そういった問題を解決するために、経産省としてどのように取り組まれているのか。  私は、やはりまずは地元での合意形成を先にしっかりと進めるべきではないかと考えていますけれども、累次の運用見直し等で、例えば努力義務として住民説明会ですとか、そういったものが盛り込まれるようにはなりましたけれども、これ義務化にはなっておりません。やはり、後になって問題が起きるよりも、入口段階できちっとした地元

舟山康江

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  まず、農山漁村における発電事業可能性課題についてお聞きしたいと思います。  二〇五〇年カーボンニュートラルという目標の中で、その手法一つとしてやはり再エネの推進というのは必要ではないかと思っておりますし、元々、再生可能エネルギーは、地方の様々な資源利用してその利益が地方にも還元すると、そしてまた、分散型エネルギーということで非常にリスク分散

舟山康江

2021-05-12 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第6号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  この調査会の二年目のテーマは「資源安定供給等」ということでありました。何回かにわたりまして参考人方々から様々な意見をいただきまして、私にとりましては本当に有意義な議論だったなと感じております。  今、世界全体で取り組むべき大きな課題は、SDGs、持続可能な開発目標の実現であり、つまりは、地球環境への負荷をできるだけ低減することだと考えています。

舟山康江

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

舟山康江君 やはり、国内生産を増やしていくという方向性の中で、一戸当たりの飼養頭数を増やすのか、農家戸数の減少を食い止めていくのか、私はどちらも必要なのかと思っています。そういう中で、残念ながら今離農が相次いでいるということで、年々、農家戸数はどの畜種を見ても大きく減少しているというところの中で、やはりこれを食い止めると。大きなところだけを支援するんではなくて、小規模畜産農家をしっかり支援する、

舟山康江

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

舟山康江君 今大臣から御答弁いただきましたように、具体的な被害はまだ分からないというのが実態なのかなと思いますが、先ほど触れましたように園地によって九割の芽が枯死しているということになると、幾ら人工授粉等をやってもなかなか追い付かないのかなと思います。  是非、国としても県、現場と連携をしていただいて、まず被害状況をしっかり把握されて、必要な対策があれば、おかげさまで今年の豪雪に関しては相当特例的

舟山康江

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  法案の質疑に入る前に、果樹の凍霜害についてお聞きしたいと思います。  関東北部から東北地方にかけまして、四月十日から十五日までと四月の二十五日頃、低温と降霜がありました。それによって花の雌しべが枯れるなど果樹生育障害が多数報告されております。例えば、福島県では桃を中心に、また私の住む山形県ではサクランボを中心に、庄内地方では柿、あとリンゴ等も一部報告

舟山康江

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

舟山康江君 私、総理決断をお聞きしていますし、今おっしゃったような、途中で要件変えていますけれども、もっともっと具体的に、やはり今困窮している方に対して、これは事業者に対しても個人に対してもですけれども、やはり遅い、少ない、こんな指摘がたくさんある中で、やっぱりそこをセットでやっていかないと実効性が上がらないと思っています。  だからこそ、ずるずると、短期間で収めようと思っても長引いてしまう、人流

舟山康江

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

舟山康江君 そういう意味で、やはり今、さっき言ったように、やっぱりあれだけの大規模な百貨店に対して一日二十万円ではもう焼け石に水なわけですよ。そういう中で、やっぱり要請するんであれば、感染症対策のためにもまずは支援をする、補償するということはこれ必須だと思いますので、その辺りのまず総理決断を聞きたいと思っています。

舟山康江

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  私からも、まずは新型コロナによって経済的影響を受けた方々への支援についてお聞きいたします。  今、企業個人も経済的に大打撃を受けている方がたくさんおられるという状況です。今回も人流を止めるためということで休業や時短要請を行っていますけれども、当然、事業者、そしてそこで働く方々への経済的な影響は甚大となっています。  今回の緊急事態宣言の中で、大規模

舟山康江

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

舟山康江君 平成十八年からの累計で二千三百五ヘクタールというお答えがありました。実は、そのほか、国内外資系企業と思われる者による森林買収もほぼ同じというか、それ以上ですね、累計で二百一件、五千二百五十五ヘクタールあるということで、これ両方合わせると七千五百ヘクタール以上という形になります。  今大臣から御答弁ありましたように、果たしてその目的が何なのか、本当に地下水を取ろうとしているのか、そういったところは

舟山康江

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  私からは、外国資本による水源林などの森林買収実態についてお聞きしたいと思います。  政府は今国会におきまして、重要施設周辺等及び国境離島など重要土地利用調査及び利用制限に関する法案を、先月、国会提出すべく閣議決定をしております。この中には水源林というものは入っておりませんけれども、ただ、やはりこの外国資本による森林買収に関する問題はもうかれこれ

舟山康江

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

舟山康江君 改めて確認ですけれども、学校設置者といった場合に、学校教育法では市区町村と、市区町村立の場合には市区町村と定めているんですけれども、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の第二十一条によりますと学校設置や管理は教育委員会の仕事だとなっていて、ちょっと分かりにくいんですけれども、最終的には教育委員会設置者という理解でよろしいのか、市町村ということでよろしいのか、ちょっとそこだけ確認

舟山康江

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

舟山康江君 そのときもいろんなことを考慮しながら、最終的に、大臣も含めて、今振り返るとやむを得なかったということになっているのかと思いますけれども、ただ、私、冒頭に紹介させていただいたように、後で振り返って、いろんな、医療の現場とか教育現場から、やはりこれは控えるべきだったんではないかと、半ば反省にも似たような声が出ているのもこれ事実であります。  そういう中で、ちょっと一点、改めてお聞きしたいんですけれども

舟山康江

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  私からは、新型コロナ感染拡大に伴って行われました学校休校オンライン授業等について、大臣の見解を中心としてお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  昨年の二月二十七日に突如として発表された学校の一斉休校要請、これは教職員や保護者も含めて教育現場に大混乱を引き起こしただけではなくて、三か月間もの学習の遅れという重大な結果を招きました

舟山康江

2021-04-21 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第5号

舟山康江君 ありがとうございました。  環境負荷という意味では、例えば太陽光太陽光発電をすると、必ず太陽光パネルの、多分これからその廃棄の問題なんかは大きな課題になっていくと思いますし、電気自動車で、その排出、要は、CO2排出削減のために触媒を使うとかいろんな問題があって、やっぱりそこにも目を向けていかないと、クリーンだからよかっただけではないのかなというふうに思いますので、そういった再エネ

舟山康江

2021-04-21 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第5号

舟山康江君 ありがとうございました。  私も、そのライフサイクルアセスメント考え方の中でこういった問題を考えていかないと、一面だけを捉えてそこが、何というんでしょう、クリーンになったからいいんだではなくて、そこがクリーンでもほかのところで非常に負荷を大きく掛けているとすれば、それはやっぱり選ぶべき手法ではないと思いますので、今後の政府カーボンニュートラル対策とか環境対策に対しては、そういった考

舟山康江

2021-04-21 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第5号

舟山康江君 国民民主党舟山康江と申します。今日はありがとうございました。  まず、松下参考人にお聞きしたいんですけれども、事前に配付いただきました参考人が執筆された資料を拝見いたしますと、生態系崩壊危機人間生存危機にもつながっていると。これは、多分、環境問題もそうだし、パンデミック、このコロナもそうだという文脈で書かれております。そしてもう一つは、自然資源利用を持続可能な範囲にとどめるべきだと

舟山康江

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

舟山康江君 かなり多額の国費を使っての取組なわけですから、点の存在として拡大を目指すということから、やっぱり面として、全体として所得の向上とか、全体として農業生産拡大を図っていかなければいけないと思いますけれども、ちょっと見ているとまだまだ点の存在で、全体が果たしてこの輸出促進に対して恩恵を受けているのか。トータルとして、確かに一部成功している人もいますけれども、トータルとして本当にこの方向で今

舟山康江

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

舟山康江君 額はさっき言ったように四千六百億円ぐらい、その取組前ですね、それまでもやっていましたけれども、大々的に計画を立てて始めた前と現在比べると五千億円弱ということ。投資効果がどれだけあったのかなという疑問はありますけれども、いずれにしても輸出増加にはつながっているということではあるのかなと思います。  ただ、私は、本来の目的は、輸出の額の増加をするだけではなくて、その次に何があるのか、まさに

舟山康江

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。よろしくお願いします。  今回の改正法案は、農業法人投資育成事業対象法人につき、現行法から大幅に拡充して、林業漁業を営む法人輸出事業者等が追加されることとなったというものだと理解しております。  先ほど漁業の話、また林業の話がありましたけれども、私からは、まずは輸出が加わったということで、輸出全般について、今の現状をお聞きしたいと思います。  政府

舟山康江

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

舟山康江君 そして、改めてこれ大臣から強く御主張いただきたいのは、これ予算委員会総理にも直接申し上げましたけれども、やはり今、その地球環境問題、持続可能な社会をつくっていくという意味では、もちろん、カーボンニュートラルCO2削減というのは大事なんですけれども、それ以外に、生物多様性の維持、それから全体のその資源利用量低減、こういった全体の環境負荷低減そのものSDGs考える際にも、CO2

舟山康江

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

舟山康江君 いや、取り組んでおられることは私も理解しておりますけれども、ただ、その価格問題等先ほど加工用米の事例では、需要も少し減退しているというところで若干価格が下に引っ張られているということがあると思いますけれども、逆に、飼料用米とか麦、大豆に関しては、まだまだ需要があるにもかかわらず価格がなかなか低迷しているということ。やっぱりここの原因も考えていかないと。増やすために補助金を上げることが

舟山康江

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

舟山康江君 国民民主党舟山康江です。  今日は、先ほど高橋委員からも問題として取り上げておられましたけれども、みどりの食料システム戦略についてまずお聞きしたいと思います。  ただ、問題意識共有というついでで言いますと、米問題についても、私も全く今同じ思いで今年の米の今後の行方を心配していると、こんな状況です。以前の質問でも取り上げました。やはり米が過剰になるんではないか、こういった心配が現場各地

舟山康江

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

舟山康江君 このシステムは、避難者情報といいながら、これ自己申告ですので、無登録者避難者はカウントされていないということなんですね。ただ、やはり先ほど言ったような復興主役被災者だということで、その避難されている方がどんな状況で、そして今、要は避難元自治体においては復興に向けた住宅の整備とかいろんなインフラ整備が進められているわけですから、どのぐらいの方が本当に帰りたくて、どういう方々を受け

舟山康江

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

舟山康江君 資料の一枚目を御覧いただきたいと思います。ちょっと細かいんですけれども、下の方の右側ですね、囲ってあるところに今お答えいただいたことが書いてあります。住居の移転を伴い、住居に戻る意思を持っておられる方が避難者ということです。  そして、この避難者確認におきましては、まずこれ大きく二つありまして、一つは、総務省全国避難者情報システムというものをつくり、これ自己申告避難先自治体避難者

舟山康江

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  震災から十年が経過をいたしました。これまで震災からの復興ということで様々な取組が行われてまいりましたが、やはり復興主役被災者だと考えております。  そういう中におきまして、いまだに避難を余儀なくされている方々がまだたくさんおられるという現状があります。避難者の数は、発災直後は約四十七万人でありましたけれども、復興庁が毎月公表している調査によりますと

舟山康江

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

舟山康江君 是非、今回のこの延長を機に、改めて有明海八代海等再生に向けて今まで以上に全力で取り組んでいただきたいということをお願い申し上げたいと思います。  続きまして、今回の改正延長された分と新たに付け加わった分があると思います。そういう中で、海域の環境保全及び改善目的として行う事業として、新たに海岸漂着物の処理が加わりました。この理由と背景についてお答えいただきたいと思います。

舟山康江

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

舟山康江君 おはようございます。国民民主党舟山康江でございます。  早速質問に入らせていただきます。  本特措法案は、平成十四年に制定され、約二十年近くが経過をしております。そういう中で、今回、有明海及び八代海等再生は道半ばということで延長を行うというものと聞いておりますけれども、対象となる地域におきまして、まず、何が改善され、何がまだ足りないのか、出口はどこか、これについて、まずは提出者から

舟山康江

2021-03-25 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

舟山康江君 もうずうっと検討している、検討しているばっかりで、いや、もちろん私も利用促進に使うことを否定しているわけじゃないんです。ただ、一義的な目的森林整備なんですよ。森林整備が進んでちゃんと木が切り出されなければ、それこそ環境に対する貢献もできないし、木材利用にもつながらないわけですね。そういう中で、配分が高過ぎるんじゃないんですかという議論がたくさんあるんですよ。  それを、何かいつも、

舟山康江

2021-03-25 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  ちょっと質問順番を変えまして、まず森林環境譲与税算定基準見直しについてからお聞きいたします。  元々、森林環境税及び森林環境譲与税目的は、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保するということでありました。木材利用もさることながら、やっぱり元々は森林整備なんですね。  そういう中におきまして、森林環境譲与税配分をめぐっては、いろんな議論

舟山康江

2021-03-22 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

舟山康江君 是非、やっぱり国の基準を大きく逸脱してはなかなか高いハードルを設けられないと、こういった声も県から聞いておりますので、是非そういった技術的指導を通じてしっかり、困るのは現場ですから、もう本当に農作業遅れるとか、いや、びっくりしたんですけれども、農作業遅れ人海戦術で石を拾うとか、それから営農に支障が出て、もう補償が出ないから協議会見舞金を出すとか、こんなことまでやっているんですよね

舟山康江

2021-03-22 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

舟山康江君 確かに指導はしているようなんです。ただ、その前に、やっぱり最低限、入札参加に当たってクリアしなければならない基準というようなものを国として作っていただかないと、県としてはなかなか、国の基準に従ってやっているので、言葉は悪いけれども排除できないと、こういった状況なんですね。  ですから、やはり一定基準、そして国からの一定指導、何か結構みんな知っているというんですけれども、いや、なかなかその

舟山康江

2021-03-22 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  私からはまず、先ほどの大臣からの予算説明の第四番目に位置付けられていました農業農村整備事業に関し、その施工業者選定基準についてお伺いしたいと思います。  実は、これ地元から相談を受けた案件なんですけれども、こういった農業農村整備事業、当然生産条件改善目的として事業が行われるわけですけれども、例えば、事業後、ぬかるみがひどくて機械が入れなくなってしまったとか

舟山康江

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

舟山康江君 セーフガードが発動されるぐらい急にアメリカ産の輸入が増えたということに対する我々、そしてまた現場懸念と、そして、今後、更にセーフガード発動基準が上がるということはもっと入ってくる可能性があるということですから、ここに対する影響はしっかりと注視していただきたいと思いますし、協議内容については是非委員会にも報告をいただきたいと思っておりますので、委員長、お取り計らいいただきたいと思います

舟山康江

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

舟山康江君 国民生活への影響は言及しつつ生産者に対する影響は言及されないというのも、ちょっとなかなか理解しにくいなという気がしております。  マーケットに影響を与えるような発言をしろとは言っていませんけれども、ただ、少なくとも、やはり大きな影響があると、だからこそ日米貿易協定議論のときにもあれだけ大きな懸念の声が寄せられたと思っていますので、やはりここはしっかり注視していただいて、何らかの対応を

舟山康江

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  まず、今朝のニュースでしたので通告してありませんけれども、私からも米国牛肉セーフガード発動について質問をさせていただきたいと思います。  これ、日米貿易協定によって関税率が下がっていくということも含めて、米国産の牛肉輸入量に対する懸念は以前からありました。協定前からも我々懸念を申し上げてまいりましたし、直後からかなり牛肉輸入量が増えているという

舟山康江

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

舟山康江君 総理からも御検討いただけるということですので、是非前向きに御検討いただければと思っています。  続いて、ワクチン接種についてお聞きします。  今回新たに整備するワクチン接種記録システムについて、とにかく早くという政府要請の中、二月十七日に随意契約株式会社ミラボ契約書を交わしております。  まず一つ、なぜ随意契約なのか。二週間での開発がどうも求められていたようですけれども、既に完成

舟山康江

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

舟山康江君 この長引く様々な自粛の中で、やっぱり精神的にも大変大きな影響が出ていますし、もう一つは経済的にも大きな影響があります。やはり事業者にとってみると、私はやはり一律の給付では不十分だということがいよいよ明らかになったんではないのかなと思います。実際の損害以上に給付を受けている事業者もあれば、全く足りない事業者もあるということで、不公平感拡大する一方です。  政府は、平均が四万円を超えなければ

舟山康江

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  本日、一都三県における緊急事態宣言が二週間延長になる見込みであります。正直、またかという印象ですね。当初のときも、二月の延長のときも一か月で解除したいと、こういった方針を述べられただけに、えっ、またかよという感じがしますけれども、一方で、もう限界だという、そんな事業者からの声も各地から聞こえてまいります。  総理にはこういった声は届いているでしょうか

舟山康江

2021-02-24 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

舟山康江君 ありがとうございました。  私も、いろんな分野でEUは極めてしたたかに戦略的に取り組んでいるなと感じています。欧州グリーンディールの中でも、もちろん真に環境のためとか温暖化防止のためというのもありますけれども、やっぱり自分たちがルールを作って、有利になるような仕組みを先につくっていこうと、これ農業の部分でもそうですけれども、非常にそれを感じている中で、やっぱり我が国としても、人材、その

舟山康江

2021-02-24 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  今日は、三人の先生方、それぞれ本当にありがとうございました。  私も常々、所参考人資料の七ページ、プラネタリーバウンダリーのこの概念図を基に、いかに小さなサークルの中にいろんな負荷とかこれからの生き方を求めていくのかということはずっと考えてきたんですけれども、そういう中で、やはり政府カーボンニュートラルを打ち出したのはいいんですけれども、ただ一方

舟山康江

2021-02-10 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

舟山康江君 ありがとうございました。  今いろんなところでマッチングの必要性ということが言われていますので、多分その面でやはりしっかり役割明確化にしていく必要があるのかなという課題がよく分かりました。ありがとうございます。  続きまして、清水参考人にお聞きしたいのは、循環型社会とか、あと、これから特にコロナで多分早まっていると思いますけれども、分散化という流れの中で、これが資源の、このレアアース

舟山康江

2021-02-10 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  今日は、三人の参考人の皆様、本当にありがとうございました。    〔会長退席理事滝波宏文君着席〕  私からは、三人順番質問させていただきたいと思いますけれども、まず縄田参考人にお聞きしたいのは、都市鉱山というような言葉もあるように、日本は資源はないんですけれども、いろんな、携帯電話も含めてかなりの製品があって、それがきちっと分離、再利用されないような

舟山康江

2021-02-03 第204回国会 参議院 本会議 第6号

舟山康江君 国民民主党・新緑風会の舟山康江です。  会派を代表し、新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案について、反対の立場から討論いたします。  まずは、法案内容についての問題を指摘します。  今回の特措法等改正は、これまでの感染拡大防止対策が行き詰まった結果、特措法改正コロナ収束後という方針政府は年末に大転換し、苦し紛れに改正にかじを切ったのだと理解しています。しかし

舟山康江

2020-12-08 第203回国会 参議院 農林水産委員会 閉会後第1号

舟山康江君 私、別に吉川元農林水産大臣に限った話ではなくて、その前、現在含めて、大臣室に来たことがあるのか、どのぐらい来たのか、いつなのかということを客観事実として教えていただきたいと思いますし、大臣室訪問、かなり厳格に管理していると思うんです。アポを取って、時間を調整してということですから、記録はあるはずなんです。そこを是非出していただきたいと思いますけれども、もう一度、いかがでしょうか。

舟山康江

2020-12-08 第203回国会 参議院 農林水産委員会 閉会後第1号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  今日は、畜産物等価格安定等に関する件という議題でございますので、畜産絡みで私からも、アキタフーズグループから吉川元農林水産大臣への現金提供疑惑などについてまずお聞きしたいと思います。  いろんな方が大臣室に要望に行くというのは、これは普通な話だと思います。先ほど高橋委員大臣に要望に行かれたと、そんな話をされていましたし、いろんな団体、業界の方がやはりこういった

舟山康江

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

舟山康江君 いや、それ違います。捜査は捜査として、実際にいわゆる収賄があったのか、口利きがあったのかということはそうですけれども、今、農林水産省を舞台として農林水産大臣という職務権限のある者が疑いを掛けられていると、こういったことであります。  少なくとも疑惑がある以上、私は、農林水産省の現在のトップである大臣がやはりこのガバナンスの問題としてしっかり調査をする、過去どうだったのか、政策決定がゆがめられていなかったのか

舟山康江

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

舟山康江君 ありがとうございます。  ということは、当然、大臣就任後も特にないということだと思います。ありがとうございます。  報道によりますと、吉川元大臣は刑法における賄賂罪の中の受託収賄罪の疑いがあると思われます。まだ疑いですのでまたそこは本人の問題だと思いますけれども、大臣に次にお聞きしたいのは、一般論として、農林水産省の業務に関してこのようなことが起こる、また、起き得ることについてどう思われますでしょうか

舟山康江

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

舟山康江君 国民民主党舟山康江でございます。  今日は、法案に関する質疑の前に、昨日から新聞紙上、報道をにぎわしておりますアキタフーズグループから吉川元農林水産大臣が現金を受け取ったと、この疑惑についてお聞きしたいと思います。  まず、野上大臣にお聞きします。  野上大臣は、アキタフーズの関係者と面識はあるでしょうか。そしてまた、過去にパーティー券の購入や何らかの金品の提供を受けたことがあるでしょうか

舟山康江