運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
564件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

紙智子君 基本計画の方は十年先を見越してというようなことを言っていましたし、みどり戦略はイノベーションで二〇五〇年までと、言ってみれば長期目標ということになるんでしょうか。  そこで、基本法が目指している国民への食料安定供給についてお聞きします。  新型コロナは、世界の食料事情に大きな影響を与えました。国連がSDGs取組として二〇三〇年までに飢餓人口ゼロと掲げていますけれども、二〇二〇年の七月

紙智子

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  農林水産省は、五月十二日にみどり食料システム戦略を決定しました。SDGs環境への対応が重視されるようになり、新しい食料システム提案していく必要があるというふうに説明をされています。  そこでまず、みどり戦略食料農業農村基本計画との関連性についてお聞きします。  食料農業農村基本法は、食料農業及び農村に関する施策を総合的、計画的に推進することを

紙智子

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

紙智子君 そこで、今話がありましたように、この新法で利用基準技術基準ソフト基準ハード基準と言われていますけれども、これを省令で定めるということになっていますよね。そこで、先ほども話出ていましたけど、A基準B基準が示されています。それぞれのこれハード基準地震を想定したときの基準について説明をお願いします。

紙智子

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  畜産酪農現場を歩きますと、中小の農家から、堆肥盤一つ造るにも建築基準が厳しくて負担が重いということなど、畜舎の建築コストを削減するために建築基準制度の緩和を求める要望というのが出されてきました。それで、経営を継続する、あるいは継承するという上でも、過剰な投資は避けたいというのはこれ当然の要望だというふうに思うんですね。ただし、それはやっぱり安全性

紙智子

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

紙智子君 互恵的な協定になったんでしょうかというふうに私聞いたんですよね。そこがすごく気になるところで、RCEP協定について幾つかの論評が出されています。  エコノミストは、工業製品人件費の安いところで組み立てることができる加工拠点として使えるとか、国境を越えて最適分業体制をしきたい企業にとっては使い勝手がいい協定だという意見が出ています。一方、インドが離脱したことについては、ASEANに進出した

紙智子

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

紙智子君 ASEANが全体を、いろんな条件がある中でそこの、主導的にというか、やっていくという意味なんじゃないのかなというふうに捉えています。  それで、RCEP参加国には、今もお話ありました格差があります。一人当たり国民総所得は、トップの約六万ドルから五千ドルにも満たない後発開発途上国まで含まれているということです。私、この発展段階などで相違がありますから、ASEAN中心性という言葉を聞いたときに

紙智子

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。答弁は極力簡潔にお願いいたします。  今日、RCEP協定について質問します。  RCEP交渉会合等会議日程が公表されず、何が議論されているのかよく分からない状況で進んできました。  私、交渉会合が開かれるという情報を得て、各国の交渉関係者市民団体意見交換会に何回か参加をしたことがあります。意見交換会では、TPPとは違ってバランスを取ろうとしているという

紙智子

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

紙智子君 この都市計画審議会は、その日に採決を押し切ろうとしたために、複数委員から保留を認めてほしいという意見が出されているということなんです。結果、出席委員が二十二名なんですけど、賛成は十五名のみと。特に、九人の学識経験者委員の方がいて、そのうちの五人もの委員議論の見直しと採決延期を求めました。審議会としてはこれ異例事態だと思うんですけれども、審議会委員審議会の結果を国に報告してほしいという

紙智子

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

紙智子君 それで、札幌市の三月議会で令和三年度からの調査費を付けているんですけれども、そこに至るまでのちょっと経過についてお聞きしたいと思います。  今年一月二十六日の札幌市の都市計画審議会議論が行われましたが、異例事態となりました。審議会冒頭市民公募委員から、コロナ感染拡大で前回の審議会のときとは違った状況に今なっていると、市民合意が得られていない中で採決延期すべきという、採決延期

紙智子

2021-04-26 第204回国会 参議院 決算委員会 第5号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  今日は、都心アクセス道路ということで伺います。  一般国道五号・創成川通についてお聞きします。  これは、札幌市が進める都心アクセス道路と呼ばれて、札樽自動車道札幌北インターチェンジと市の中心部まで四・八キロを地下トンネルで結ぶ高規格道路です。全体の事業費と自治体の負担額、本年度の予算額を教えてください。

紙智子

2021-04-21 第204回国会 参議院 本会議 第17号

紙智子君 日本共産党紙智子です。  会派を代表し、地域的な包括的経済連携協定、いわゆるRCEPについて、茂木外務大臣並びに野上農林水産大臣に質問します。  RCEP協定は、ASEAN東南アジア諸国連合十か国と日本中国韓国、オーストラリア、ニュージーランドの十五か国から成るFTAであり、日本にとって中国韓国との間での初めての経済連携協定になります。それなのに、二〇一三年五月の交渉開始以来、

紙智子

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

紙智子君 二〇一九年のところまでというふうに言っていたんですけれども、二〇二〇年の話もしてくれました。  それで、輸出農産物は今の話で見ても二千七百四十二億円増加したのに対して、輸入農産物は四千五百八十一億円も増大していると。輸出額よりも千八百三十九億円上回っているということです。人口減少して消費減少するということになったら、これ輸入も減るんじゃないかというふうに思うわけですけど、ところが、輸入

紙智子

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

紙智子君 国内の市場が縮小する、で、海外が増えるという話されていて、いつも聞くと人口減少があるんだということを言われるんですね。果たして本当にそうなんだろうかと。本当に日本食品市場というのは、人口減少しているから縮小していくんだろうかと。安倍政権以来取られてきた輸出拡大政策で、農林水産物輸出も増えているけれども、輸入も増えているということなんじゃないでしょうか。  二〇一三年と二〇一九年の農林水産物

紙智子

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  農業法人投資円滑化特措法改正案についてお聞きします。  本法に基づく投資対象農業法人に限定されていましたが、今回、大幅に拡大されています。それは、農林水産物食品輸出拡大実行戦略を進めるためで、リスクを取って輸出に取り組む事業者投資対象を拡大するものです。  事業者リスクを負わせてまで、なぜ輸出を促進するんでしょうか。

紙智子

2021-04-19 第204回国会 参議院 決算委員会 第4号

紙智子君 アイヌって人間ということで、アイヌモシリというと人間の大地ということなんですよね。  それで、官房長官アイヌ政策責任者ということもありますので、是非アイヌの方とお会いするときにはちょっと知っておいてもらって、口に出してもらうといいかなということもあり、お聞きをいたしました。  そこで、アイヌ語の問題で、このアイヌ語をどう継承するかというのが一つ課題になっております。  文化庁にお聞

紙智子

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

紙智子君 つまり、圃場で複数取組を認めないということが一時下がっている要因というふうに言えると思うんです。  多面的機能支払も、これ認定農用地面積減少しています。これも新しく五年間計画が立てることができなくなっているというふうに聞いています。  農林水産省産業政策地域政策が車の両輪だというふうに言ってきました。しかし、地域政策がこれ機能していないんじゃないかと思うんですね。農地の保全を軸

紙智子

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

紙智子君 要するに、今の説明でいうと、中山間地域高齢化が進んでいて、五年以上もの農業継続できないということが一つ大きな要因としてあるという話だったと思うんですね。  次に、今立ち上がりましたけれども、環境保全型の農業直接支払、これ自然環境保全に役立つ農業生産活動実施に伴う追加的コスト支援するというものですよね。この交付金も、二〇一七年度の八万九千八十二ヘクタールをピークにして下がって、二〇

紙智子

2021-04-13 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  冒頭、これ質問しませんけれども、東京電力の福島第一原発事故による汚染水海洋放出について述べたいと思います。  この問題、私も本委員会で何度か取り上げてきましたし、昨日も、党の国会議員団としても梶山経済産業大臣のところに申入れをしまして、決めるなということで言いました。まだ決まっていないと、近日中というふうに言っていたんです。近日中と言っていて、昨日の

紙智子

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

紙智子君 汚染水処理の問題めぐっては、先ほど議論になっていますけれども、四月七日に菅総理と全漁連の岸会長との会談が行われました。岸会長は、汚染水海洋放出について漁業者は絶対反対だと政府に要請してきた経緯がある、我々の反対考えはいささかも変わることはないというふうに、菅総理に対して改めて海洋放出反対の立場を表明しました。  菅政権によるこの現場の声をもし無視してこの汚染水海洋放出を強行するということになれば

紙智子

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  初めに、福島第一原発事故による汚染水処理の問題について平沢大臣にお聞きします。  今日のNHKの昼のニュースで、十三日にも関係閣僚会議を開き、海洋放出を決定する方針を固めたという報道が昼にありました。これは事実でしょうか。御存じでしょうか。

紙智子

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  諫早湾干拓事業についてお聞きします。  潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決から十年たちました。いまだに漁業者の苦悩が続いていますので、宝の海をどう再生させるのかが重要です。  有明特措法によって有明海・八代海総合調査評価委員会が設置されました。議員立法を作ったときのその趣旨を、立法提案者は、抗争の海から平和の海にしないといけない、豊かな海をつくっていく

紙智子

2021-03-26 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

紙智子君 日本共産党を代表して、森林間伐等実施の促進に関する特別措置法の一部改正する法律案反対する討論を行います。  森林間伐を進めることは、CO2吸収など森林地球環境保全機能と豊かな森づくりのために大切です。間伐事業に対する交付金制度の延長は、長期にわたり間伐を繰り返し行っている地域で活用されており、賛成できるものです。しかし、間伐の現状は目標に遠く及ばず、支援策を強化することが求められています

紙智子

2021-03-25 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

紙智子君 目標どおり間伐を進めることが必要だというふうに思うんですけれども、ところが、改正案は、間伐への支援が不十分なのに、特定母樹の苗木の植栽を促進するというふうに言っているわけです。  植栽するために主伐を進めることになるということになると、この元々の間伐特措法の理念が変わるんじゃないのかなと思うんですけど、いかがでしょう。

紙智子

2021-03-25 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  森林吸収量についてまずお聞きします。  京都議定書の第一約束期間森林吸収量目標を達成するために間伐を集中的に実施することが効果的であるとして、二〇〇六年当時の年間間伐面積三十五万ヘクタールに対して二十万ヘクタールを追加することで年間五十五万ヘクタール、二〇〇八年から二〇一二年の六年間で合計して三百三十万ヘクタールの間伐実施する必要があるとされてきました

紙智子

2021-03-24 第204回国会 参議院 予算委員会 第15号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  新型コロナ感染症農業食料供給に大きな影響を与えています。農業では、外食需要減少し、農産物が過剰になっている、特に主食である米が過剰になり、流通業者生産者経営に大きな打撃を与えています。その一方で、一人親家庭を始め、食料が買えず、食事を減らさざるを得ない状況が生まれているということです。  厚生労働省にお聞きします。  労働政策研究研修機構

紙智子

2021-03-23 第204回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

紙智子君 今もう八十代というか、御高齢になっているので、いつどうなるかというのもあって、自分が行けない場合でもその三世なんかも行かせていただければという趣旨でおっしゃっていますので、是非御検討いただきたいと思います。  それから、北特法改正による基金の取崩しについて質問します。  基金取崩しが認められたことによって、従来事業予算不足分に充てることができたのはよかったというふうに言っています。

紙智子

2021-03-23 第204回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

紙智子君 ちょっと、連携が必要なこと、まあ交渉もしなきゃいけないということだと思うんですけれども、この間、航空墓参なんかもやられていて、その仕組みを少し変えてできないかななんというふうに思います。  それから次に、後継者対策なんですけれども、今年の二月七日の北方領土返還要求大会はリモートで行われました。元島民の二世、三世、四世、今五世までなっているというふうに言われていました。今、自由訪問は三世は

紙智子

2021-03-23 第204回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  まず、北方対策について質問いたします。  昨年、新型コロナ感染症のために四島交流事業が中止になりました。元島民の方にしてみたら本当に無念だったと思うんです。歯舞群島は、無人なのに行けないと。PCR検査を受けても行けるようにと思っていたけれども、そもそもそういう考えもなかったということなんですね。  今、歯舞群島がどうなっているのか、千島連盟の方から聞きました

紙智子

2021-03-22 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  養鶏業者アキタフーズと政界、業界の癒着、贈収賄事件について、先日の所信質疑のときに聞きましたけれども、時間がなくなってしまって、その続きを今日やります。  まず、国家公務員倫理報告書です。  二〇一九年九月十八日の会食に参加したのは十名ということだったんだけれども、一方、アキタフーズのコーポレートで支払われたのは十一名で、一名多いということになりました

紙智子

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

紙智子君 被災地実情を把握するという上でしっかり分析していただきたいというふうに思うんですね。  福島県、今言われましたけど、やっぱり原発事故に伴う操業停止がこれ直接影響しているというふうに思います。宮城岩手の差ということで言うと、私、創造的復興ということで大上段に掲げたところと、地域に目を向けて地域から復興を進めてきたというところの違いもあるんじゃないのかなというふうに思います。実情に応じた

紙智子

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

紙智子君 被災地漁業震災前から回復していないというふうに思うんですね。  岩手宮城福島漁業センサス震災前の二〇〇八年と十年後の二〇一八年を比較してみたんですけれども、海面漁業就業者は東北三県で二万千四百四十四人から一万三千六百三十一人に減少しています。経営体の数では一万六十二から六千百九まで、十年間で四〇%減少しています。県別で言うと、岩手県は五千三百十三から三千四百六、約三六%減少

紙智子

2021-03-16 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  今日、四テーマで質問したいと思います。  まずは、震災復興の問題です。  東日本大震災原発事故から十年、お亡くなりになられた皆さんや被災された皆さんに哀悼とお見舞いを申し上げるとともに、日夜復興を目指して頑張っておられる皆さんに心から敬意を表します。  二〇一一年の三月十一日というのは、国会にいましたけれども、議員会館自身がもうぎしぎしと揺れました。

紙智子

2020-12-08 第203回国会 参議院 農林水産委員会 閉会後第1号

紙智子君 令和元年、二〇一九年の牛乳生産費が公表されましたが、搾乳牛一頭当たりの全算入生産費は前年度よりも増加しています。現行水準以上の設定を求めたいと思います。  次に、新型コロナ生乳保存の利く乳製品に仕向けました。そのために、バターや脱粉、脱脂粉乳共在庫量も増加していると思うんです。新型コロナの収束が見えない中で、脱脂粉乳飼料用等での活用や、脱脂粉乳バター輸入品との置き換えなどの対策

紙智子

2020-12-08 第203回国会 参議院 農林水産委員会 閉会後第1号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  最初に、畜産物価格の問題から聞きます。  今年は新型コロナウイルス感染症拡大で、国民生活日本経済も大きな影響を受けました。外食需要インバウンド需要が落ち込んで、保存が利かない生鮮食品加工品以上に大きな影響を受けました。  生乳は、小中学校の一斉休校に伴って学校給食用牛乳への出荷が止まったために、酪農への影響が心配されました。この点では、指定団体

紙智子

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

紙智子君 対応できているという話なんですけれども、十八道県にとどまっているというふうに私は思いますね。これ、一層の周知を求めたいと思うんです。高級魚は売れないから操業を打ち切るか自粛しているという話が出てくるんですね。  東京の豊洲市場での二〇二〇年度上半期の取扱高が公表されていますけれども、それを見ますと、場内取引で約二百七十億円の減、前年同月比では数量で八%の減で約二十万トン、金額で一三%減、

紙智子

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

紙智子君 先ほど要請もありましたとおり、やっぱり農水委員会としても、この問題、政策がゆがめられたら大変なわけですから、そういうことを検証するということでの対応をしていくということでの提案もありましたので、是非、引き続いてこの問題やっていきたいと思います。  さて、もう一つ、法案の前に、コロナの問題でも一言質問しておきたいと思います。  それで、漁業もこの新型コロナ感染症による需要減少による出荷量

紙智子

2020-12-03 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  私も冒頭先ほど田名部議員、そして舟山議員が質問していた、吉川元農水大臣のこの現金を受け取っていたという報道をめぐって疑惑があると。報道では非常にリアルに書いているわけですね。三回渡して、うち一回は大臣室でというような記述まであります。  極めて重大な、これが事実だとすると問題でありまして、この裏金で政策をゆがめられたんじゃないかというさっきの指摘ですね

紙智子

2020-12-01 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

紙智子君 もう長いだけ言っているけど、全然聞いたことに答えていないんですよ。生産実態にどちらが近いかって聞いたんですよ。  印鑰さんは、農林水産省データを活用して算出しています。登録品種が一七%しかないということを言うのであれば、米穀機構データではなくて自らのデータで公表すべきですよ。米穀機構の一部のデータを使って影響がないと都合のいい説明をしていて、これ、ごまかしじゃないかと思われても仕方がないんじゃないでしょうか

紙智子

2020-12-01 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

紙智子君 余分なことをいろいろしゃべらなくていいですよ。  実際には、国の研究所は独立行政法人化に伴って自己資金を自ら稼がなきゃいけないので、許諾料利率も上昇しているということですよね。率、今言わなかったですよね。消費税だって八%から一〇%に上げるときに多くの国民反対しました。で、利率を明らかにしなければ高いのかどうかというのは判断しようがないんですよ。種苗代が増えるということは通常ないとか考

紙智子

2020-12-01 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  二回目の質疑となります。一回目の質疑のときには、種苗法育成者農業者の利益のバランス論に立って立法化されたことを踏まえて、この改正案バランス論を崩すものになることを指摘しました。また、育成者権のみを強化すれば生産者負担が増えることになると、その事例を経営コストに占める種苗費の比率がこの十年間だけでも増えていることも示しました。その際、種苗代許諾料

紙智子

2020-11-26 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

紙智子君 まあ、そういうふうに答えるかなと思っていましたよ。育成者をちゃんと保護すれば回り回って農民のためになるんだというような議論だと思うんだけど、私は、やっぱり育成者権生産者との間に、アメリカのように何でも裁判で争って、ある意味、対立と憎しみを持ち込むようなことというのはやっぱりいいのかと思うんですよね。  それで、元種苗課長松延洋平さん、この方は新聞や雑誌でいろいろ発言していますけれども

紙智子

2020-11-26 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

紙智子君 海外流出を防ぐ手だてというのは、農水省自身が、これ何度も出ていますけれども、海外において品種登録を行うことが唯一の対策だと言ってきたわけですよね。それから、衆議院の質疑では、流出を完全に止めることは難しいという答弁をされているわけですよ。ですから、海外流出を防止するためというふうに言うんだけれども、これ本当に説得力はないなと思います。  種苗法の一九九八年改正以降、種苗海外に不当、不法

紙智子

2020-11-26 第203回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

紙智子君 日本共産党紙智子でございます。  種苗法は、農作物の新しい品種を開発した人や企業種苗生産や販売する権利、育成者権を認めるとともに、農業者収穫物の一部を種苗として使う自家増殖を認めています。これはUPOV九一年条約に沿った対応だと思うんです。  一九九八年に種苗法改正したときに、当時、高木賢農産園芸局長は、種苗の育成する側と使う農業者の側の一種の調和点だというふうに答弁されています

紙智子