運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
230件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-07 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第25号

竹谷とし子君 現在、外務省は、感染拡大が広がるインドにおいて、日本人に対して一時帰国を含めた対応を検討するよう呼びかけております。海外から帰国される方が、感染拡大しないよう隔離する対策と並行して、十分な支援、そして差別や偏見が起きないようにお願いしたいと思います。  最後に、コロナ禍でとりわけ困窮世帯子供状況が深刻です。政府は、低所得世帯への、子供がいる世帯への現金給付決めていただいたことに

竹谷とし子

2021-05-07 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第25号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  今、横沢委員からも御質問ありましたけれども、水際対策強化についてまず伺います。  本日決定されました基本的対処方針では、インド等での流行状況を踏まえてB・1・617への対応強化を迅速に進めるとしております。海外から日本へ入国した後に陽性となる方がいるために一定期間自主隔離が求められていますが、その誓約を守らない人が相当数いるのが実態と聞いております。外国からの

竹谷とし子

2021-05-07 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第8号

竹谷とし子君 議事要旨を拝見いたしますと、発言をされているワーキンググループ委員の方はおおむね前向きであると理解をいたしました。この問題に関しては、やはり在留資格を所管する法務省が鍵を握っていると思います。  私は、この問題につきましては、そもそも国家戦略特区制度というよりも日本全体で取り組むべき人権上の課題だというふうに理解しております。それが今すぐには解決が難しそうだと判断して、東京都は、国際金融都市

竹谷とし子

2021-05-07 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第8号

竹谷とし子君 ありがとうございます。  重要な課題であるとの認識が示されました。  この件に関する国家戦略特区ワーキンググループヒアリング議事要旨を拝見いたしますと、引き続き法務省と事務的に議論し、ワーキンググループ等でまた議論機会を設けられればというような内容になっておりました。  その後の法務省との協議はどうなっていますでしょうか。もう少し詳しくお願いいたします。

竹谷とし子

2021-05-07 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第8号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  今回の法改正によりまして、株式会社等による農地取得特例期限延長することとなっています。農地は農業を営む上で必要となる基本的な生産基盤であり、我が国のように、国土が狭く、かつその三分の二は森林が占めるという自然条件の下、食料の安定的な供給を図るためには、優良な農地を確保し効率的に利用することが必要であると理解をしております。一方で、本法による株式会社等

竹谷とし子

2021-04-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第7号

竹谷とし子君 よろしくお願いいたします。  次に、同じ伊豆諸島の島でございます利島村という島に関して質問をさせていただきたいと思います。  利島村というのは大変小さい島でありますけれども、洋上から見ますと、海から見ますと、島がもう丸ごと山というような、そういう島です。また、ツバキが有名で、ツバキ林もあって独特の風景を有しております。また、村落の中には玉石垣、丸い石を積んで造った石垣、それが続く道とか

竹谷とし子

2021-04-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第7号

竹谷とし子君 営巣期においては来島の自粛呼びかけが図られるようになってきたということで、前進をしているというふうに認識をしておりますけれども、今回この法案ができることによって、もしその呼びかけがうまく機能しなかった場合にも、また対処をする方法が、手だてができたというふうに認識をしております。  今呼びかけが行われているということですので、それを見守って、島の方々とともに見守っていきたいと思っておりますが

竹谷とし子

2021-04-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第7号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子でございます。  まず初めに、私の地元であります東京伊豆諸島を含む富士箱根伊豆国立公園も今回公園法対象になりますので、この伊豆諸島に関して質問をさせていただきます。  八丈島というのは大変有名なんですけれども、実はこの八丈島から漁船で三十分程度行ったところに、もうすぐ見えているんですけど、八丈小島という無人島があります。  この八丈小島最後に学校の先生をしていらっしゃった

竹谷とし子

2021-04-15 第204回国会 参議院 環境委員会 第6号

竹谷とし子君 ありがとうございます。  また、同じような業種、業態の中でCO2生産性が高い事業者が見えるようになるということとともに、その事業者商品について購入時にポイントを付与するなど、購買インセンティブを付与して、購買を通じて事業者評価をされる、そのことによって国民参加型の脱炭素化の好循環が進むと考えます。  公明党は、先日、小泉大臣に、菅総理にも同じ提案をさせていただきましたが、二〇五

竹谷とし子

2021-04-15 第204回国会 参議院 環境委員会 第6号

竹谷とし子君 よろしくお願いいたします。  今、環境省は、既に企業CO2排出量報告を受けて公表するという取組をされています。先日、若い世代で食品ロスに取り組む方々がいらっしゃいまして、どうしたら企業取組を促せるかなということを考えたときに、この環境省制度っていいねという話になりました。ただ、見てみると、物すごいたくさんの企業排出量を全部並べてあって、どれが多いんだか少ないんだか分からないという

竹谷とし子

2021-04-15 第204回国会 参議院 環境委員会 第6号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  まず、大臣質問させていただきたいと思います。  令和二年度気候変動に関する世論調査において、積極的に取り組みたい、ある程度取り組みたいと答えた方に、脱炭素実現に向けて日常生活の中で今後新たに取り組んでみたいと思うことはあるか聞いたところ、地球温暖化への対策に取り組む企業商品購入やサービスの利用を挙げた人の割合が最も高いという結果であります。  消費者

竹谷とし子

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

竹谷とし子君 今回の事業対象品目日配品を加えていただいたということは評価をしております。特にこの日配品食品ロスの大きな要因になっているということを小売事業者方々から聞いておりますので、これらの日配品が、日付が近い、非常に足が速いものでありますので、それらが日付が古い順から売れていくと食品ロス削減に大きな効果があると期待をしておりますので、この事業も着目しております。どうぞよろしくお願いいたします

竹谷とし子

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

竹谷とし子君 ありがとうございました。  当初はなかなか生米の御提供ということについてお認めいただくのが難しい状況にあったのを、今、生米の提供も可能という御答弁を明確にいただきました。ありがとうございます。  続いて、食品ロス削減に関して質問いたします。  事業者食品ロスを防ぐ方策の一つとして、期限が迫った商品の見切り売りがあります。また、規格外など通常売れにくい商品を売り切るということも重要でございます

竹谷とし子

2021-04-09 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子でございます。  まず最初に、質疑順序について御配慮をいただきました与野党の先生方に御礼を申し上げます。ありがとうございます。  質問に入らせていただきます。  新型コロナウイルス感染症世界的な拡大を受け、外食、インバウンド等需要先が消失した生産者等支援する国産農林水産物等販路多様化事業について農水省に質問をいたします。  この事業では、子供食堂子供宅食への

竹谷とし子

2021-04-08 第204回国会 参議院 環境委員会 第5号

竹谷とし子君 重量ベースということも重要ですし、個数ベースということも発生抑制をしていくに当たっては分析も重要だと思っております。こちらの資料の方も配付をさせていただいておりますけれども、プラスチックごみというのがこの中でも何個あったかということが明確にされております。こうした分析というのも非常に重要なものだと思っております。  プラごみ発生抑制に関しては、今国会でまた別の法改正も行われる予定となっておりますので

竹谷とし子

2021-04-08 第204回国会 参議院 環境委員会 第5号

竹谷とし子君 海岸漂着物処理推進法記載に合わせてということで、この法律と一体となって取り組んでいくということであると理解をいたしました。  環境省で、海洋ごみ調査を実施をされています。海岸漂着ごみ、これ内海か、また外海かによっても異なってくるとは思っておるんですけれども、その代表的なものを多い順に教えていただきたいと思います。

竹谷とし子

2021-04-08 第204回国会 参議院 環境委員会 第5号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  瀬戸内海環境保全特措法改正に関連して質問をさせていただきます。  本法案の第十六条の二について、追加された内容、「海岸に漂着し、又は海岸に散乱している」、そして「国と地方公共団体及び地方公共団体相互間の連携の下に」、さらに「発生抑制」、この文言が追加をされております。  これが追加をされた理由、そして、この条文によって海岸漂着物処理推進法との関係はどうなるのか

竹谷とし子

2021-04-06 第204回国会 参議院 環境委員会 第4号

竹谷とし子君 グローバル企業取引先にもRE一〇〇を求めるようになった場合に、対応していない日本企業サプライチェーンから外されるというリスクがあるということでございます。日本政府として適切に対応していくことが日本企業競争力を維持し、産業、そして何より大事な雇用、これを守ることに直結すると思います。  日本企業が受ける影響を、環境省が経産省とも連携をして、こちら民間企業調査ということでございますが

竹谷とし子

2021-04-06 第204回国会 参議院 環境委員会 第4号

竹谷とし子君 自社だけではなくて、サプライヤー、取引先にもRE一〇〇を求める動きがあるということでございます。これは、我が国産業、また雇用にも重大な影響があることだと思われます。  これに対応するため、日本企業はどのように取り組まれていますでしょうか。また、今後、RE一〇〇を宣言しているグローバル企業取引先にもRE一〇〇を求めるようになった場合、影響を受ける日本企業取引額は年間どの程度と推定

竹谷とし子

2021-03-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第3号

竹谷とし子君 二年間で九・七ポイント上昇して五五・六%、直近ではなっているということでございます。非常に身近なところで取り組める施策として重要でありますが、まだポテンシャルはあるなということを思っております。  これ、だんだんLEDの価格も身近なものになってきているんでしょうか。LEDに替えるといいよということを、これも知らなかったという人もまだいると思いますので、普及、周知を図っていくということも

竹谷とし子

2021-03-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第3号

竹谷とし子君 自治体地域にある再エネ資源を活用して導入推進するということ、非常に重要であります。そのために今回予算も確保されるということでありますので、しっかり地方自治体連携しながら推進をしていきたいと思っているところでございます。  一方で、地域とともに家庭の脱炭素というものも重要でございます。気軽に手軽に身近なところで取り組めるものとして、LED、照明のLED化というものがあります。家庭

竹谷とし子

2021-03-22 第204回国会 参議院 環境委員会 第3号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  脱炭素に向けて、地域家庭取組、御協力は重要であります。そうした視点から質問をさせていただきます。  地方自治体地域内で省エネや温室効果ガス排出抑制成果を出すために特に有用だと思われる取組を御教示いただきたいと思います。そして、令和三年度の予算を執行してその取組を実施した場合に達成すると想定される定量的な数値、CO2排出量削減量を教えていただきたいと

竹谷とし子

2021-03-16 第204回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 是非市民参加型の脱炭素市民行動変容を促してライフスタイルを変えて、そして日本全体を脱炭素化していく、これはやはり環境省が取り組んでいく分野であるというふうに思いますので、今既に実践を、先駆的に実践をしていただいている小泉大臣発信力をもって、是非とも普及啓発にも取り組んでいただきたいというふうに思います。  一方で、今EUやアメリカが検討している炭素国境調整措置につきまして、先

竹谷とし子

2021-03-16 第204回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 次に、大臣に伺いたいと思います。  今、御答弁にありましたように、日本を含む世界各国カーボンプライシング導入をされているわけですけれども、炭素税の場合、その得られた財源の使途は様々であるということでございます。  私自身も、以前、化石燃料利用カーボンプライシング炭素税で減らしたという成果を上げたスウェーデン施策を視察に行ってまいりました。スウェーデンでは、この税の使い道について

竹谷とし子

2021-03-16 第204回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  小泉大臣所信表明に対して質問させていただきます。  小泉大臣は、COP26を始めとする気候変動問題に係る一連の国際会議に向けて、気候変動担当大臣としての職務を新たに菅政権の中で担当されることになりました。  気候変動問題は、国境のない、世界の国々が連携をして取り組むべき地球的課題であります。一方で、世界各国自国産業優位性を高めようと、脱炭素世界標準

竹谷とし子

2021-03-05 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第10号

竹谷とし子君 是非やるべきだと思います。  その上で、検査の質が重要でございます。二月に政府高齢者施設等に対して質の低い抗原定性検査推進しようとしていたことについて、我が党の高橋光男議員の指摘を受けて基本的対処方針修正していただきました。それが現場で反映されているということが重要だと考えます。しかし、政府が三月一日に出した資料を見ますと、抗原定性検査だけを計画している自治体が、西村大臣の御地元

竹谷とし子

2021-03-05 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第10号

竹谷とし子君 国民皆様の並々ならぬ御協力で、ピーク時、最大ピーク時に比べると感染は減少してきました。しかしながら、一都三県においては引き続き二週間緊急事態宣言延長することが決定をされました。  直近感染状況等評価によれば、クラスター高齢者施設での発生が継続しているとされています。今回の延長理由である医療提供体制への負担を軽減していくためには、ただいまの質疑にも、木戸口委員質疑にもありました

竹谷とし子

2021-02-02 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第5号

竹谷とし子君 どうかよろしくお願いいたします。  コロナでは、学生さんも大きな影響を受けています。大学受験に挑戦中の学生さんやコロナ禍で頑張ってきた学生さんが経済的な理由で誰一人大学での勉学を諦めることがないように、授業料の減免や給付型の奨学金等支援策を周知して、一人も漏れなく応援していただきたいと思います。  西村大臣、お願いいたします。

竹谷とし子

2021-02-02 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第5号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  今回の緊急事態宣言延長は、昨年来コロナ影響が長引いて収入の減少が続き、不安と苦しみを抱える方々に大変厳しいものです。何とか希望をつないでいただけるように、予備費を活用して新たな支援策を機動的に打ち出していくことが必要だと思います。  菅総理に伺います。  公明党は昨日、生活に困窮する方々中小企業への支援について、政府緊急提言を行わせていただきました

竹谷とし子

2020-12-25 第203回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号

竹谷とし子君 前総理は昨日の会見で、私自身政治活動後援会、事務所における資金透明性の確保につき、国民皆様から一点の疑問も生じることのないよう私自身責任を持って徹底してまいる考えとおっしゃいました。  不正の目的の有無にかかわらず、政治家収支報告への不記載の問題が後を絶たないということを考えると、間違えずに済むような再発防止策が必要だと思います。前総理自身はもとより、全ての政治家資金

竹谷とし子

2020-12-25 第203回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号

竹谷とし子君 数百万円ものお金が出ていたのを知らないというのは、庶民感覚と余りに懸け離れています。そして、管理体制に大きな問題があったと言わざるを得ないと思います。  また、たとえ知らなかったとしても、任せた秘書が不祥事を起こせば政治家にも同じ責任があるのではないでしょうか。本当のことを言えない雰囲気をつくった前総理自身にも責任があるのではないでしょうか。いかがでしょうか。

竹谷とし子

2020-12-25 第203回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  安倍前総理秘書政治資金規正法に違反して後援会主催の宴会に関する収支記載していなかったことにより罰金刑が科されました。そして、前総理がこれに関して事実と異なる答弁国会で重ねていたことで、国民からの政治及び政治家に対する信頼が大きく失墜しています。  本日は、前総理の求めに応じてこのように弁明の機会をつくることになりました。誠実な御答弁を求めます。  

竹谷とし子

2020-11-19 第203回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 また一方で、日本国内上場企業にとって最も重要な開示制度である有価証券報告書に、今後グローバル議論される可能性がある統一されたサステナビリティー報告基準をいかに反映させていくのか、これは大変大きな政策であると考えております。  どのように今後議論していくのか、金融庁方針を伺いたいと思います。

竹谷とし子

2020-11-19 第203回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 よろしくお願いいたします。  また一方で、現在、世界では、様々なサステナビリティー報告基準の乱立によって企業は非効率を強いられていることや、企業情報利用者の双方から信頼性の構築に足る報告が求められているという状況があります。また、気候変動などに関するイニシアチブの進展を後押しするための比較可能性企業報告に求められていると認識をしております。  こうしたことを背景に、IFRS、国際財務報告基準財団

竹谷とし子

2020-11-19 第203回国会 参議院 環境委員会 第2号

竹谷とし子君 公明党竹谷とし子です。  グリーン社会実現に向けたESG金融普及、展開、促進に関して、EUなど国際的な動向を踏まえて質問させていただきます。  議論取組日本よりも先行しているEUにおいては、サステナブルファイナンス政策の一環として、環境面で持続可能な経済活動を定義しリスト化するタクソノミーの法制化を進めており、カナダなどほかの国も動きがあると聞いております。  カーボンニュートラル

竹谷とし子

2020-09-18 第202回国会 参議院 法務委員会 第1号

委員長竹谷とし子君) 国政調査及び継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、従来どおり法務及び司法行政等に関する調査を行うこととし、今期国会閉会中も継続して調査を行うため、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹谷とし子

2020-06-17 第201回国会 参議院 法務委員会 第12号

委員長竹谷とし子君) ただいまから法務委員会を開会いたします。  これより請願審査を行います。  第一六号刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律の再検討に関する請願外八十六件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付資料のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一一四九号裁判所の人的・物的充実に関する請願外二十七件は採択すべきものにして

竹谷とし子

2020-06-05 第201回国会 参議院 本会議 第22号

竹谷とし子君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、自動車運転による死傷事犯実情等に鑑み、事案の実態に即した対処をするため、危険運転致死傷罪対象となる行為追加を行おうとするものであります。  委員会におきましては、参考人から意見を聴取するとともに、危険運転致死傷罪適用範囲あおり運転事件における証拠収集の在り方、

竹谷とし子

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

委員長竹谷とし子君) ただいまから法務委員会を開会いたします。  政府参考人出席要求に関する件についてお諮りいたします。  自動車運転により人を死傷させる行為等処罰に関する法律の一部を改正する法律案審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、法務省刑事局長川原隆司君外十名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹谷とし子

2020-06-02 第201回国会 参議院 法務委員会 第10号

委員長竹谷とし子君) 理事補欠選任についてお諮りいたします。  委員異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事選任につきましては、先例により、委員長指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹谷とし子

2020-05-28 第201回国会 参議院 法務委員会 第9号

委員長竹谷とし子君) 理事補欠選任についてお諮りいたします。  委員異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事選任につきましては、先例により、委員長指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹谷とし子

2020-05-26 第201回国会 参議院 法務委員会 第8号

委員長竹谷とし子君) 政府参考人出席要求に関する件についてお諮りいたします。  法務及び司法行政等に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、人事院事務総局職員福祉局長合田秀樹君外十一名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

竹谷とし子

2020-05-26 第201回国会 参議院 法務委員会 第8号

委員長竹谷とし子君) ただいまから法務委員会を開会いたします。  委員異動について御報告いたします。  昨日までに、櫻井充君が委員を辞任され、その補欠として川合孝典君が選任されました。  また、本日、柴田巧君が委員を辞任され、その補欠として鈴木宗男君が選任されました。     ─────────────

竹谷とし子