運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
390件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1985-12-10 第103回国会 衆議院 本会議 11号

○稻葉修君 ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員松沢俊昭君は、昭和五十七年一月以来、大腸がんのため再三の大手術を受けられ、文字どおり満身創痍の状態にありながら、持ち前の闘魂たくましく不死身の活動を続けてこられましたが、去る十一月十日御家族の手厚い看護のかいもなく、新潟大学附属病院においてついに逝去されました。まことに痛惜の念にたえません。  ここに私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表

稻葉修

1984-05-09 第101回国会 衆議院 文教委員会 12号

○稻葉(修)委員 なかなかいいお心がけてあります。したがって、政治家は謙虚でなければいかぬ、こういうふうに思うんです。総理大臣なんかになると、何様になったつもりでいるのかわからぬようなのがおりましたがね。また、諸外国を歩いて声価が上がっているというふうに思って、世界は中曽根を求めているみたいな考えにならなければいいかと思っているんだ。かつてそういうことを言って総裁選挙ではかっと負けた人もいる。教育改革

稻葉修

1984-05-09 第101回国会 衆議院 文教委員会 12号

○稻葉(修)委員 教育改革に取り組むために臨時教育審議会というものを設置される、その法案を出しておられますが、私は、文化と政治の関係は文化の方が上だと思っているのです。政治は二の次だと思っている。政治権力が最高だ、人類価値にとって最高だとは思わないのです。そういう国は全体主義の国で、ソルジェニツィンのような大文豪を追放したりサハロフを幽閉したり、随分野蛮なことをやるなと私は思っております。自由民主主義

稻葉修

1984-05-09 第101回国会 衆議院 文教委員会 12号

○稻葉(修)委員 文部大臣に三つばかり項目を申し上げておきます。  一つは、日本の社会世相、そういうことを踏まえて教育改革に本当に腹を据えて取りかかってもらいたいというのが一つ。  もう一つは、教育は文化の源泉であるから、その文化とは何ぞや、文化と政治の関係といいますか、正しい教育観についてお尋ねしたい。  第三は、私は、学校教育というのは先生次第、先生は校長次第だと思っているのです。正しい教師観が

稻葉修

1976-12-22 第78回国会 参議院 決算委員会 閉1号

○国務大臣(稻葉修君) ロッキード事件の全貌を徹底究明して、その全貌を国民の前に明らかにすることは私の責任だと思っておりますが、今日、児玉、小佐野ルートの捜査が進んで、そうして全貌を明らかにする段階にまで至らずに明後日は退任するわけでありますんです。しかし、検察当局は鋭意捜査をしておりますから、中間報告にもありますとおり、その児玉に入った金の使途等の解明がまだ十分と言えない状態にあると。しかしながら

稻葉修

1976-12-22 第78回国会 参議院 決算委員会 閉1号

○国務大臣(稻葉修君) 捜査の技術に関することでございますので、その点について特に配慮をしたことはございません。この事件の出発の当時から、三木総理も私も、一切の政治的介入を排し、厳正公平、不偏不党の検察庁の立場を尊重してまいっておりますから、そういう総選挙を終わるまで待てとか、あるいは総選挙を前にやっちまえとか、そういうことを言うはずはありませんのであります。

稻葉修

1976-12-22 第78回国会 参議院 決算委員会 閉1号

○国務大臣(稻葉修君) 十月十五日の中間報告では概略、大ざっぱに言って丸紅ルート、全日空ルートについては、刑事責任の追及についてはおおむね解明ができましたという報告と、第三のルートである児玉ルートについては、解明が不十分であるという結論になっております。その後、捜査当局は鋭意見玉ルートの解明について究明を進め、捜査を進め、国会における小佐野賢治氏の証言に絡んで衆議院の予算委員長の告発もありましたから

稻葉修

1976-11-04 第78回国会 参議院 法務委員会 6号

○国務大臣(稻葉修君) そのときの状態は、検事総長から電話があったと、こういうことを言われましたから、そんなことはないと、こう言ったのです。そんなことはあるわけはない。それでもって、これはもう相手にする気持ちが全然なかったです、私。そんなあるべきことではありませんからね。それから政治的介入なんということは全然あるべきことではありませんから、総理も、途中でおかしいと思ったけれどもと、こういうことをおっしゃっただけで

稻葉修

1976-11-04 第78回国会 参議院 法務委員会 6号

○国務大臣(稻葉修君) 何月何日という記憶はございません、遺憾ながら。ただ、総理が聞かれて日にちを置いてではなかったように思います。広島へ出向かれる日の朝であるか、その前の日であるか、とにかく場所は閣議終了後の、何といいますか、閣議終了後よく総理に呼ばれて総理大臣室へ行って聞くことがありますが、総理大臣室へ呼ばれないで、閣議終了後の皆帰るときの立ち話のように記憶しておりますがね。そこで――それだけですな

稻葉修

1976-11-04 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 8号

○国務大臣(稻葉修君) 先ほど公開の委員会に、委員長から委員会を代表しての御提案がございました。したがいまして、私どもの御要望申し上げました秘密会にしていただきましたことは厚く御礼を申し上げます。  申し上げましたとおり、秘密会であるならば、三十ユニットに関係する五人の氏名、それから受け取った金額及び事実関係、そして理由――時効で不起訴にしたとか、金銭の受け取りはあるけれども、トライスターの売り込みに

稻葉修

1976-11-04 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 8号

○国務大臣(稻葉修君) 政府は、いわゆる灰色高官名の発表につきましては、道義的政治的責任の追及者であられる国会の基準が示されれば、議長裁定の線に沿い最大限の協力を申し上げることを一貫して述べてまいりました。ただいま大谷委員長から三十ユニット分については政治的道義的責任あるものと認めるという御発言がございました。これはとりもなおさず、時効で不起訴になった者及び職務権限はないがトライスターの売り込みに関

稻葉修

1976-11-02 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 8号

○稻葉国務大臣 ただいまの委員長の御提案により政治的道義的責任ありといたされました五名、すなわち、時効で不起訴になった者と、職務権限はないがトライスターの売り込みに関して金銭を受け取った者、すなわち三十ユニット関係五名につきまして、とりあえず、その人名、受け取った金額及び事実関係について口頭で資料を提供いたします。  なお、全日空のプール資金に関する十三名についてはでき得る限りの御協力をいたします。

稻葉修

1976-10-29 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 6号

○国務大臣(稻葉修君) 妙な電話がきのう来たと、きのうか、妙な電話が来てねと、検事総長だって言うんだよと、そんなばかなことあるはずはないですなと、それは筋違い、検事総長があなたに直接電話するわけはない、こう言ったんです。そうしたら内容を説明しませんでしたね、内容を。私がそういうふうに言っちゃったもんだから内容を説明しませんでしたね。内容聞けばよかったと、いまにして思うとそう思うんですが。内容を聞かないで

稻葉修

1976-10-28 第78回国会 参議院 法務委員会 5号

○国務大臣(稻葉修君) 総理に話すことはわけないのですね。そして、総理もいいよと言うに決まっていると思うのです。ただ、鬼頭判事補に、ああいう週刊誌なら週刊誌、あるいは読売新聞のあの記事を持ってきて、このとおり聞いてくれというテープを、だれがどこで吹き込ませるか、これは私の任務じゃないと思うのですね。それさえあれば、そういうことができたら、総理、あなたはそのテープを聞いて記憶を呼び起こしてもらいたいものだがどうですかということはきょうにでも

稻葉修

1976-10-28 第78回国会 参議院 法務委員会 5号

○国務大臣(稻葉修君) それは実行しません、まだ。それは、私伺ったのは、総理によくテレビを見て電話の声と一致しているかどうか聞いてみろと、これだけだったと思っておったです。いまおっしゃったようなことはまだやっていません、したがってね。――それは失礼しました。それをやってみる必要があるかもしれませんね。また総理ともよく相談します。

稻葉修

1976-10-28 第78回国会 参議院 法務委員会 5号

○国務大臣(稻葉修君) 早速総理に聞きました。そうしたら、特徴のある声でなかったものだからよく覚えていないと言うのですね。それから鬼頭判事補がテレビに出てしゃべったのを見たり聞いたりされましたから、それは見もし、聞きもしました。それは聞いたが、前の電話のときの声があんまり特徴ある声だと思っていなかったのでよく覚えていないから、一致しているかどうかわからないと言っているのですね。そういう返事です。そういうことでした

稻葉修

1976-10-27 第78回国会 衆議院 法務委員会 4号

○稲葉国務大臣 身分帳というようなものが、裁判官の身分を有する者でありましても、手渡されて写真を撮るというようなことははなはだ遺憾なことだ、よろしくない。  それから、きょうの矯正局長の報告は中間のものでありますから、この上さらに調査を進めなければいかぬ。しかし、今日までのところではよくそこまで調査がいったなという感じがいたしますね。

稻葉修

1976-10-27 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 7号

○稻葉国務大臣 これは私の中間報告の二十八ページに、「簿外資金に順次組み入れて保管していたところ、そのうち合計五千七百五十万円を同四十七年十一月から同五十年九月までの間前後二十八回にわたり合計十三名の国会議員に贈っていたことが認められた。この点について右金員授受の趣旨を捜査した結果、国会議員の職務に関する対価であることが認定できないため収賄罪の成立は認められない。」これはどういうことかというような話

稻葉修

1976-10-26 第78回国会 参議院 法務委員会 4号

○国務大臣(稻葉修君) 参議院ロッキード問題調査特別委員会でただいま佐々木委員の述べられたような質疑がございました。これに対し総理からも答弁があり、また委員から法務大臣に対しても厳重に調査すべき問題であるという御意見がありましたので、刑事局長を通じ、その旨検察庁側に厳重に捜査されるよう申し入れをさしたところ、ただいま裁判官の身分を持っている人だと言われておりますので、電話の主がですね、新聞等では。それで

稻葉修

1976-10-26 第78回国会 参議院 法務委員会 4号

○国務大臣(稻葉修君) 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を便宜一括して説明いたします。  政府は、人事院勧告の趣旨にかんがみ、一般の政府職員の給与を改善する必要を認め、今国会に、一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律及び沖繩国際海洋博覧会政府代表の設置に関する臨時措置法

稻葉修

1976-10-22 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 4号

○国務大臣(稻葉修君) 大分前のことですから記憶が薄れていますけれども、総理大臣からそういう話がありましたから、こんなばかなことをやるわけはない、検事総長がそんなばかなことをやるわけはないじゃないですか、そんな電話はわしのところにもたくさんくるんだ、あんまり気にしなさんな、とこういうことを言うたことは覚えているんですね。これでけさの新聞を見て――いま衆議院の法務委員会でやっているでしょうが、鬼頭裁判官

稻葉修

1976-10-22 第78回国会 衆議院 法務委員会 2号

○稻葉国務大臣 そうですね、検事はやはり検事ですね。副検事はやはり副検事。それは、捜査ですか、そういうものには犯罪の種類によっていろいろ捜査に難易があることはお認めであろうと思うのです。それで、検事の人数が足りない。したがって、まあ捜査のしやすい軽微な犯罪事件については副検事で足らす、間に合わすと言うのは悪いけれども、それで賄うという制度はあながち批判すべきものではないのではないですか。それは、むずかしい

稻葉修

1976-10-22 第78回国会 衆議院 法務委員会 2号

○稻葉国務大臣 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を便宜一括して説明いたします。  政府は、人事院勧告の趣旨にかんがみ、一般の政府職員の給与を改善する必要を認め、今国会に、一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律及び沖縄国際海洋博覧会政府代表の設置に関する臨時措置法の一部

稻葉修

1976-10-20 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 5号

○稻葉国務大臣 結論から申し上げます。あなたはさすがに計算の大家で、そのとおりです。  十七名を調べました。そのうち起訴された者三名、あと十四名、これ全部灰色高官なんて新聞に書いてあるけれども、それはだめなんです。十四名について一部の新聞がすべて灰色高官扱いされておることを知って、その中には金の授受とは関係のない事項について取り調べた国会議員も含まれていることを明らかにしたのです。そしてそれは、なお

稻葉修

1976-10-20 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 5号

○稻葉国務大臣 政治的道義的責任の判定者は皆さんですけれども、私どもの方は法務、検察ですけれども、せっかくのお問い合わせですから、私は法務大臣の立場をしばらく離れて、一国会議員として、政治家として、皆さん方と同じような立場に立って常識的に申し上げれば、私の中間報告にも出ているとおり、「ロッキード社から流入した金員そのものの授受はあるが、証拠上職務に関する対価であることが認定できない」それで収賄罪の成立

稻葉修

1976-10-19 第78回国会 参議院 法務委員会 3号

○国務大臣(稻葉修君) あんまり本当でないのですね、全面的には。こういうことでございます。政府としては、ロッキード事件に寄せられた国民の関心にこたえるとともに、前国会における両院議長裁定の趣旨に基づいて、本件にかかわる政治的、道義的責任に関する国会の国政調査にも資することを目的とし、関係人の人権の保護と将来の捜査及び裁判に対する不当な影響の防止に配意しつつ公開された委員会において開示できる最大限のものとして

稻葉修

1976-10-19 第78回国会 参議院 法務委員会 3号

○国務大臣(稻葉修君) いま御質問の、日米犯罪人引渡条約の中の犯罪の種類の限定は、今度のロッキード事件の経験等にもかんがみ、狭いように思っております。贈収賄をその引き渡し犯罪人の罪名の中に加えるべきかどうかを検討するべきものではなかろうかと、個人的には思っておりますね。

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 3号

○国務大臣(稻葉修君) こういう国際的大事件であり難事件であるものにつきまして、いろいろアメリカの証言拒否等があったりして支障は来しましたけれども、日米協力して一生懸命にやってきたつもりです。しかし、前にも申し上げましたとおり、一番金額の多い児玉ルートの解明ができていないことは遺憾であると、何度繰り返しても遺憾でありますが、まあ戦後わが国に起こりました疑獄事件をたくさん顧みまして、今度のこの疑獄事件

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 3号

○国務大臣(稻葉修君) 上田委員の御批判を受けるまでもなく、事件発生以来八カ月を経て、いまだに大切な児玉ルートの解明ができていないという中間報告をいたしますことは、法務大臣としてまことに遺憾千万であります。お説のとおりです。ただしかし、検審当局も鋭意捜査した結果、丸紅、全日空ルートの解明を一応終わったと、ほぼ終わったという今日、児玉ルートが余りにおくれました、そういう遺憾の意を表するとともに、この二

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 3号

○国務大臣(稻葉修君) ロッキード事件の捜査処理に関する中間報告を申し上げます。  まずこの報告の目的についてでありますが、政府としては、かねてからロッキード事件全体の捜査が完了したときは、法令の許す範囲内において、できる限り事件の真相を国会を通じて国民に明らかにすることを約束してまいりました。しかし、いわゆる児玉ルートの解明がおくれていますので、いわゆる丸紅ルートと全日空ルートの捜査がおおむね終了

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 4号

○稻葉国務大臣 検察当局のロッキード事件の捜査はあくまでも厳正公平な立場を堅持し、適正な法の手続にのっとり真相解明に努力してきたものであります。法務大臣たる私としては、検察当局の捜査処理に全幅の信頼を置いております。  田中前総理を外為法違反で逮捕したことについて、一部に別件逮捕ではないかという声を耳にいたしますが、これは検察当局の捜査を十分に理解していないものと思われ、はなはだ遺憾と考えております

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 4号

○稻葉国務大臣 正確には刑事局長から補足してもらいますが、一応お答え申し上げます。  法務、検察という国家機関の職務権限は、刑事責任の追及を権限とするものでございます。元来、不起訴にした者を公表するなどということはいまだかつて例がないことであります。(「前にもあるよ」と呼ぶ者あり)ほとんど例がないことであります。正確には刑事局長に補足させることを前もってお断り申し上げておきました。しかし、本日の報告

稻葉修

1976-10-15 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 4号

○稻葉国務大臣 ロッキード事件の捜査処理に関する中間報告をいたします。  まず第一に、この中間報告の目的について申し上げます。  政府としては、かねてからロッキード事件全体の捜査が完了したときには、法令の許す範囲内において、できる限り事件の真相を国会を通じて国民に明らかにすることを約束してまいりました。しかし、いわゆる児玉ルートの解明がおくれておりますので、いわゆる丸紅ルートと全日空ルートの捜査がおおむね

稻葉修

1976-10-14 第78回国会 参議院 法務委員会 2号

○国務大臣(稻葉修君) お答えいたします。  今回の最高裁の決定は、谷口繁義に対する死刑判決につき、その事実認定を覆すに足りる明白な証拠が新たに提出される可能性があると、そういう理由で特別抗告を入れたものであります。したがって、現行制度のもとで右の決定があったからといって、いま直ちに再審制度を広げるような制度の改正をする必要はないと、むしろ右決定などを契機として現行制度の一層適切妥当な運用がなされるものというふうに

稻葉修

1976-10-14 第78回国会 参議院 法務委員会 2号

○国務大臣(稻葉修君) 人に期待を持たせてがっかりさせるというようなことは非常に不道徳なことですから、そういう不徳漢にはなりたくないもんだなと、熱心にやりたいもんだと、こう思っております。

稻葉修

1976-10-14 第78回国会 参議院 法務委員会 2号

○国務大臣(稻葉修君) 速記録に私がそういうことを述べていることは事実でございまして、法務大臣の答弁ですから、そして、その法務大臣は法制審議会の会長でございますから、法制審議会がそういうふうになりますようこれからも努力いたしたいと思います。婦人に憎まれるよりは、やっぱり感謝されておる方が結構でございますからね。ですから、これからも大いに努力をして、それが食言にならないように一生懸命にやってみたい、こういうことを

稻葉修

1976-10-13 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 3号

○稻葉国務大臣 私どもの立場はあくまでも刑事責任追及の立場、それ以外に道義的責任だとか政治的責任だとかを追及する役所ではありません。そんなことをやることは、はなはだおこがましい越権である、身のほどを考えろ、こう言われる恐れもある問題でございます。しかし、国会には憲法六十二条に基づく国政調査権、それに国会法百四条等もあって、そういう権限がおありですから、そういう立場から、かねがね政治的道義的責任を追及

稻葉修

1976-10-13 第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 3号

○稻葉国務大臣 それはそのとおりでございますが、その意味はちょっと申し上げておきたいと思います。  それは、国会が国政調査権に基づき、検察当局が追及した結果刑事責任なし、こうした者のうち、いやそれでも政治的道義的責任は残ると国会が御判断になる、その場合に政府はこれに最善の協力をするという形でございますから、それは公表ではないのですね。公表判断権者が公表なさるかどうかをお決めになるわけですね。その判断

稻葉修

1976-10-12 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 2号

○国務大臣(稻葉修君) あなたの前の御質問に対する私の答弁を繰り返します。  中間報告は、第一に従来の国内捜査の経過及び結果の一般的概要、第二に真相究明のための日米政府間の協力活動、とりわけ米国資料の入手及び嘱託尋問の経過、第三に、いわゆる児玉ルートを中心とした今後の捜査の見通し等について行うことになりましょうと――これはそのとおりなんですね。そうしてなお国会におけるいわゆる灰色高官の定義、基準等の

稻葉修

1976-10-12 第78回国会 参議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 2号

○国務大臣(稻葉修君) 十五日にロッキード調査特別委員会、衆参両院において一日のうちに二つ両院を済ませたいと、こう思っております。それは、全部捜査が終わってない段階で中間報告なんかいままでしたことないわけですが、異例のことでございますけれども、まあ児玉ルートの解明がおくれるという、二つのルートは解明がほぼ終わったという段階で、国民の知る権利に可能な限りの答え、知る権利に対する答えということも、議長裁定等

稻葉修