運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
209件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1980-11-28 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 9号

○石破国務大臣 ただいま議題となりました地方公務員法の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。  現在、地方公務員につきましては、国家公務員と同様、定年制度は設けられていないのでありますが、近年、わが国人口年齢構成が急速に高齢化しつつある現状に照らし、地方公共団体におきましても、高齢化社会への対応に配意しつつ、職員の新陳代謝を確保し、長期的展望に立った計画的かつ

石破二朗

1980-11-27 第93回国会 参議院 地方行政委員会 6号

国務大臣(石破二朗君) あるんじゃなかろうかと思うんです。よく調べます。  そこで、労働基準法の適用のある地方公務員もあれば、適用のない地方公務員もある――職種と言った方がいいんですか――そういうふうなことでございまして、ばらばらになっておる点、御指摘のとおりあるようでありまして、ここでどれほどということは申し上げかねますけれども、何とか理屈のつくような、説明のつくような措置を必ずとります。何とかして

石破二朗

1980-11-27 第93回国会 参議院 地方行政委員会 6号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。  御指摘の点、検討の必要があると思いますけれども、よく調べた上でないと何とも言えませんけれども、実は国家公務員につきましても同じような問題が起こる余地があるのではなかろうかと思います。要するに、その任命権者といいますか、仕事を命ずる者が自分で安全衛生の点についての監督権も持つと、二重人格になるところに問題があるという御指摘でございますが、国家公務員についてもあるいはそういうのが

石破二朗

1980-11-26 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 4号

国務大臣(石破二朗君) 昨年の自由民主党に対する政治献金の額が政治資金規正法改正直前の状態にも増してふえておるのをどう思うか、こういう御質問と思いますけれども、この当時の五年後見直しに関する附則に示されておりますのとは、どうも方角がちょっと違うように判断いたしております。

石破二朗

1980-11-26 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 4号

国務大臣(石破二朗君) 昨年の届け出政治資金の額が多い、特に自由民主党が多い点についての御指摘がありましたが、どうも実態を実は正確に把握することが自分としては困難な面があるわけであります。政治資金規正法が改正されます前、事実をよく知りませんけれども、正確に届け出られておったのかどうかというような点についても疑問なきを得ません。政治資金規正法が強化されましたゆえんのものも、表に出ない政治資金が余りにも

石破二朗

1980-11-25 第93回国会 参議院 地方行政委員会 5号

国務大臣(石破二朗君) 先ほど来佐藤委員の御質問を拝聴しておったわけでありますけれども、大都市交通、特にパス交通の問題は解決きわめて困難な問題のように考えております。  御承知のとおり、東京、大阪、名古屋、若干の差はありますけれども、乗車効率十数%から二十数%にとどまっております。結局、悪い表現ですけれども、世間ではよくこれは、こういう場合には、よけいなバスを走らしておるんだと、走らぬでもいいバス

石破二朗

1980-11-25 第93回国会 参議院 地方行政委員会 5号

国務大臣(石破二朗君) 川治の先般の火災事故でありますけれども、御承知のとおり、午後三時半過ぎといういわば真っ昼間であります。お年寄りが比較的多かったという点はありますけれども、真っ昼間起こった火事で、在館中の約三分の一が亡くなっておるわけであります。これはもうまさに異常中の異常と言わなきゃなりません。原因なり何なり目下究明中でありまして、そう簡単にどうこうという結論を出すわけにはいきませんけれども

石破二朗

1980-11-21 第93回国会 参議院 運輸委員会、地方行政委員会、商工委員会連合審査会 1号

国務大臣(石破二朗君) 先ほどの御答弁を補足さしていただきます。  第三セクターを私は否定はいたしておりません。運輸大臣と私との間の統一見解として運輸委員会において申し上げましたとおり否定はいたしておりませんが、慎重に対処していただきたいと考えております。

石破二朗

1980-11-21 第93回国会 参議院 運輸委員会、地方行政委員会、商工委員会連合審査会 1号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。正確な御答弁は後刻担当の局長からお答え申し上げることにいたしまして、今回の特定地方交通線の廃止に関しまする私の基本的な考え方を申し上げてよければ申し上げたいと思います。  自治省はこの特定地方交通線廃止については、当時私はおりませんけれども、恐らくまあいやいやながらやむを得ず賛成したんだろうと思うんです、いやいやながら。と申しますのは、現在の国鉄は御承知のとおり

石破二朗

1980-11-19 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 3号

国務大臣(石破二朗君) 必ずしもこの提言の条章に従って整理して、その項目ごとに御審議を煩わすことになるとは思いません、あれこれ組み合わせになるかもしれませんし。けれども、大体この提言の趣旨はごもっともなことばかりでございますので、これのどれとどれとを一緒にとかいうことは申し上げかねますけれども、ここに提言されておりますことは順を追って政府において検討し、あるいは国会に御審議をお願いして実現するように

石破二朗

1980-11-19 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 3号

国務大臣(石破二朗君) 御指摘になりましたとおり、今回御審議をお願い申し上げておりますのは、再発防止のための協議会の御提言のごく一部でございまして、政治浄化のためのすべての方策というわけではもちろんございません。  そこで、ほかにどういうことを考えておるのかというお尋ねでございますけれども、このほかに、御承知のとおり昭和五十年の政治資金規正法の大改正の際に附則第八条というものを設けまして、昭和五十六年一月一日

石破二朗

1980-11-19 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 3号

国務大臣(石破二朗君) 宮之原委員も御承知のとおり、昨年の九月五日、航空機疑惑問題等防止対策に関する協議会が提言をいたしています。その中で、大きく分けまして、第一番目には「政治の浄化のための対策」、さらに第二といたしまして「企業倫理の確保のための対策」、第三といたしまして「行政の公正確保のための対策」、第四といたしまして「制裁法規等の整備強化」、こう四つの項目を挙げまして航空機疑惑問題等の再発防止

石破二朗

1980-11-14 第93回国会 参議院 本会議 9号

国務大臣(石破二朗君) 第二次臨時行政調査会と地方自治との関係につきましては、すでに行政管理庁長官からお答えがございまして、おおむね私も同じ考えでありますので特に申し上げることもなかろうかと思いますが、せっかくの御指名でございますので、重複するかもしれませんけれども、私からもお答え申し上げさせていただきます。  このたび政府の設置いたしまする行政調査会は、国の行政制度及び行政運営の改善合理化につきまして

石破二朗

1980-11-13 第93回国会 参議院 地方行政委員会 3号

国務大臣(石破二朗君) 実は、佐藤委員御指摘になりましたとおり、この公的負担分についての検討を続けることという御趣旨のその附帯決議がつきましてから一年近く経過しておるわけでありまして、私も実は気が短いせいもありますが、一体これいつまで検討するんだと言っておるんです。非常に複雑な問題だからと。複雑な問題には違いない、しかし、一年たって結論が出ない、じゃ何年すれば出るんだ。いや、何年といって年月で限るお

石破二朗

1980-11-12 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) 自由民主党内にいろいろの段階の選挙制度研究組織と申しますか団体がございますが、現在のところ参議院自由民主党の中の全国区の選挙制度の調査のための特別委員会で御議論になっておる段階でございます。そのように承知いたしております。あるいは事務当局は御連絡をいただいておるかもしれませんけれども、私自身はまだお話を直接承っておりません。

石破二朗

1980-11-12 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) 総理大臣直接、自由民主党選挙関係の責任者をお呼びになりまして、ただいま片山議員が仰せになりましたような参議院の全国区制について、まず党内の意見の集約を図ってほしいという御指示があったと承知いたしております。事は、お話のございましたとおり、国会ルールづくりにも関する問題でありますので、自治省はあえてこれに関与しないで今日に至っております。

石破二朗

1980-11-12 第93回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) ただいま議題となりました政治資金規正法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由と内容の概略を御説明申し上げます。  この法律案は、昨年九月に行われた航空機疑惑問題等防止対策に関する協議会の提言を受けて、政治家個人に係る政治資金の明朗化を図るため、その政治資金を取り扱うべき政治団体の届け出、収支の公開等に関する制度を新たに設けようとするものであります。  次に、この法律案

石破二朗

1980-11-11 第93回国会 参議院 地方行政委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) お言葉、ごもっともなようにも拝聴いたしますけれども、御承知のとおり、すでに政府責任を持って法案を提案し御審議をお願いいたしておりますので、この段階におきまして、法案そのものについて関係都道府県知事あるいは市町村長さん等の御意見を改めて聞き直すという意思は持っておりません。御承知のとおり、政令にゆだねられております点、決め方いかんによりましてはある程度の御理解は関係都道府県知事

石破二朗

1980-11-11 第93回国会 参議院 地方行政委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) 現在御審議願っております国鉄の再建法案につきましては、政府部内におきまして十分検討を重ねた結果提案申し上げ、御審議をお願いしておる次第でありまして、ぜひとも一日も速やかに原案どおり御可決くださいますように心からお願いを申し上げる次第でありますけれども、御指摘のとおり、国鉄は国民の欠くことのできない必要な足でございます。特に北海道は、面積も広うございまするし、さらに積雪等他の

石破二朗

1980-11-07 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 5号

○石破国務大臣 お答えいたします。  ただいま御指摘になりました本年十月十八日付毎日新聞の夕刊に載っております近畿弁護士会連合会第十一回人権擁護大会で、具体的な数字、たとえば誤判を生む原因としては捜査段階でのうその自白八十七件、その他の数字が載っておりますけれども、これが事実かどうか警察当局もまだ詳細に調べていないようでありますので、直ちにこれについての自分の意見をあれこれ申し上げることはできません

石破二朗

1980-11-07 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 5号

○石破国務大臣 頸肩腕症候群の地方公務員の方々の、これを公務災害補償として救済する点についてでありますけれども、地方公務員公務災害補償制度も、いわば地方公務員給与とは申しませんけれども処遇の問題でありまして、民間あるいは国家公務員と別個に考えるわけにはまいるまいと思います。一般労働者、さらに国家公務員地方公務員、平仄を合わせていかなければいかぬと思うのでありますけれども、労働省の関係当局からお

石破二朗

1980-11-07 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 5号

○石破国務大臣 お答えいたします。  消防団員の皆さんの処遇の問題でありますけれども、御指摘になりましたとおり、消防団員消防職員と相協力していただきまして、全く犠牲的な精神から地域の皆さんの生命、身体、財産を守るために、献身的な御努力をいただいておる方々であります。  不十分ながらも、公務災害補償につきましてはおおむね消防常勤職員と同じような処遇をすることに相なっておりまするが、何分にも犠牲的な精神

石破二朗

1980-11-07 第93回国会 参議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) 御承知のとおり、選挙というものをやります以上は、有権者の皆さんに候補者自身の人柄なり抱負なり政見というものをあまねく広く周知徹底しなければなりません。そうしなければ選挙になりません。皆さんに自分の人柄なり政策を十分御理解いただきますためにはそれなりの運動が必要であります。運動の方法でありますけれども、いろいろありましょう。全く友人、知己、同志の自主的な労力により候補者の政見政策

石破二朗

1980-11-07 第93回国会 参議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 2号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。  近年、航空機購入等に絡みます事件を契機といたしまして、政界の腐敗事件とも申すべきものが次々と表ざたになってまいりまして、世間一般の政治に対する信頼が薄らぎ、わが国民主主義の基盤をも脅かしかねないというような事態になってまいりまして、去る昭和五十年、政治資金規正法の大きな改正が行われ、さらにその後、昨年でありましたか、航空機疑惑問題等防止対策に関する協議会

石破二朗

1980-11-06 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 4号

○石破国務大臣 小渡委員の御指摘の点、十分承知しておりませんでしたので、的確なお答えになるかどうかわかりませんけれども、御質問を拝聴いたしておりましてよほど考えなければいかぬということを痛感いたしました。沖繩県は、復帰はいたしましたけれども、まだ十年になっていないはずであります。もともと市町村消防力は弱い上に、復帰後まだ年月がたっていない。沖繩の施政権が米軍にありますときは、米軍が消防についてもある

石破二朗

1980-11-06 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 4号

○石破国務大臣 お答えいたします。  公務員部長がお答え申し上げましたとおり、制度としてどうにもならないということであります。そういう特別の方々のために地方公務員共済制度基本を崩すわけにはまいりませんが、その他の方法でただいま御要望のありましたような点におこたえすることができないものかどうか、さらに検討させていただきたいと思います。

石破二朗

1980-11-05 第93回国会 参議院 本会議 6号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。  第三セクター方式による経営の肩がわりは、地方自治体に長期間にわたって財政負担を課することになるのだが、自治大臣はそれについてどう考えておるかという趣旨の御質問でございますが、玄人中の玄人であります国鉄がせっかく努力されましても赤字を生ずるような、いわゆる特定地方交通線であります。地方自治体参加しましても、第三セクターと申しましても、とてもこれは黒字経営

石破二朗

1980-11-05 第93回国会 参議院 本会議 6号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。  国鉄再建方策の一手段としての特定地方交通線の廃止後の善後措置としてのいわゆる第三セクターなるものは、関係地方公共団体に多大の負担を与えることになりはしないかと、自治省の所見はどうかという意味のお尋ねでございましたが、先ほど総理大臣からすでに御答弁がございましたので、重複する点につきましては御遠慮いたしますけれども、やっぱり自治大臣といたしましては、地方公共団体

石破二朗

1980-11-05 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○石破国務大臣 あるいは塩崎委員御指摘のとおり、全部指定団体に御本人から寄付をお願いするというのがよりいいかもしれぬと思いますけれども、余りそう一挙にいきましてもどうか。あるいは中途半端という御指摘を受けるかもしれませんけれども、余り急激なことをやるのもいかがかと考えまして、今回御審議願っておるような案に落ちついたわけであります。よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。

石破二朗

1980-11-05 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○石破国務大臣 政治資金の取り扱いについて、政治資金に対する考え方について、国民の皆さんに十分の御理解をいただけますようなあらゆる努力をしなければならぬ立場にあります自治省において、その努力が足りない点につきましては反省し、今後とも努力してまいりたいと考えておりますが、昭和五十四年度の政治資金の収支報告は、御承知のとおり、政党が六、その他が四というような割合になっておるはずでありまして、以前よりか政党

石破二朗

1980-11-05 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 3号

○石破国務大臣 先般、自治大臣が直接扱います五十四年度の政治資金の収支報告を発表したのでありますけれども、それに対する報道機関報道姿勢についてのお尋ねでございますが、報道機関報道態度をあれこれ批判するつもりは毛頭ありませんけれども、他の党に対することは御遠慮申し上げますけれども、私の所属しまする自由民主党あるいは自由民主党の党員あるいはそれの後援団体等に対する取り扱い方は、あるいは塩崎委員御指摘

石破二朗

1980-10-31 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 3号

○石破国務大臣 若干の地方閑散鉄道の路線の廃止を中核としまする国鉄財政再建法案につきましては、政府がすでに提案いたしまして御審議願っております国家財政に重大な関係のあります法案でありますので、これはぜひとも原案どおり御承認賜りたいと思いまするし、さらに大都市圏農地の宅地並み課税の強化につきましても、昨年末の税制調査会等の御答申、御意見の趣旨もありますので、鉄道の問題さらに農地の宅地並み課税の強化の

石破二朗

1980-10-31 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 3号

○石破国務大臣 お答えいたします。  石川委員御指摘のとおり、大都市圏、特に首都圏等におきましては御指摘のような状態が進行しつつありまするし、他方、地方におきましては鉄道の不採算路線の廃止というような、きわめてどうも明治初期以来なかった現象、つまりお互いここ百数十年にわたりまして、交通機関一つとってまいりましても、地域の住民、どこに住んでおる人間にしましても、日を追い年を追いましてだんだんだんだん便利

石破二朗

1980-10-31 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 3号

○石破国務大臣 お答え申し上げます。  田園都市構想、御指摘のとおりいまは亡き前大平総理大臣が具体的に田園都市という言葉をお使いになった次第でありますけれども、何となしにお互いの頭の中には、こういう町であってこそ初めて人間らしい生活ができるというような映像は、お互い言わず語らず持っておったのじゃないかと思うのであります。と言いますのは、戦後廃墟から立ち上がりましてだんだん復興してまいり、特に昭和三十五

石破二朗

1980-10-29 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○石破国務大臣 非常に重要な御質問でございまして、必ずしも十分なお答えにならないかもしれませんけれども、お聞き取りいただければ大変幸せと存じます。  善悪は別といたしまして、選挙を行い、有権者の方々に候補者の人格なり識見なりあるいは主張を十分承知していただく、これは選挙をやります以上はどうしても必要なことと思います。それにはあれこれ方法はありましょうけれども、相当の経費を伴うこと、善悪は別でありますけれども

石破二朗

1980-10-29 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○石破国務大臣 お答え申し上げます。  ここ数年、国民の皆さんの政治に対しまするお考えまことに厳しいものがございまして、政治に対する不信感と申してもいいぐらいの国民の皆さんの御感情がありますこと、お話のとおりと思います。原因はいろいろありましょうけれども、やっぱり政治倫理が必ずしも確立されていない。特に政治に関しまして金がかかり過ぎる、あるいは政治資金が明朗化されていないというような点も大きな原因であろうと

石破二朗

1980-10-29 第93回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 2号

○石破国務大臣 ただいま議題となりました政治資金規正法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由と内容の概略を御説明申し上げます。  この法律案は、昨年九月に行われました航空機疑惑問題等防止対策に関する協議会の提言を受けて、政治家個人に係る政治資金の明朗化を図るため、その政治資金を取り扱うべき政治団体の届け出、収支の公開等に関する制度を新たに設けようとするものであります。  次に、この法律案

石破二朗

1980-10-29 第93回国会 参議院 本会議 5号

国務大臣(石破二朗君) お答えいたします。  御質問の第一点の大都市圏の宅地供給を円滑化するための農地に対する宅地並み課税の強化についてでありますけれども、総理大臣及び国土庁長官から御答弁がございました。自治省といたしましても全く同様の考え方でありますので、重複を避けまして答弁は遠慮さしていただきます。全く同意見であります。  御質問の第二点の、都市計画法による市街化区域と調整区域の線引きの見直しについて

石破二朗

1980-10-24 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 2号

○石破国務大臣 ガスの安全使用につきましては、消防庁自治省といたしましても若干の意見を持っております。通産省当局にも申し入れておりますが、現在のところ通産省当局のおっしゃいますことは、法律というようなかたい、やかましい措置をとらなくても、ガス供給業者というものは限られておるものであるから、自分の方で間違いのない行政指導をやっていくつもりであるから任してくれとおっしゃいまするし、消防庁といたしましてはそうはまいらぬということで

石破二朗

1980-10-24 第93回国会 衆議院 地方行政委員会 2号

○石破国務大臣 消防責任官庁といたしましては、高層ビルあるいは地下街危険度の増す場所におきましては、ガスなどは使ってもらいたくないと考えております。てんぷらを揚げるのに都合が悪いというお話がございましたが、これぐらいはひとつがまんしていただいたらどうかと思います。通産省には正式に申し入れておりませんけれども、私はそういう感じを持っております。

石破二朗