運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
239件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1952-07-30 第13回国会 衆議院 水産委員会 52号

○石原(圓)委員 私は、漁業及び水産物の貿易等については、できるだけ当業者間の折衝が必要である。今の言葉で申しまするならば、漁業者、水産業者の国民外交ということが言えるのであります。たとえば朝鮮のごときは、漁業及び水産に関しては日本を親のように思つておるのであります。漁業者も加工業者も、師匠のような、親のような考え方で日本に臨んでおるのであります。従つて現在でも漁船や漁具を非常に希望して参りまして、

石原圓吉

1952-07-30 第13回国会 衆議院 水産委員会 52号

○石原(圓)委員 いろいろ拝承いたしまして参考になりました。ごもつともの点もたくさんあると思うのであります。ところでわが国の水産物の輸出、いわゆる外貨獲得という点から申しますと、先刻来申しますこんぶ、するめ、いかの各品目、それに魚類カン詰、真珠等があるのであります。このカン詰の方は、一応アメリカの課税問題が日本の主張が通つた形になつて安定はしておりますが、この問題もまたいつ再燃するかもわからない状況

石原圓吉

1952-07-30 第13回国会 衆議院 水産委員会 52号

○石原(圓)委員 通商産業政務次官が御出席になりましたので、一応御質問を申したいと思うのであります。そのうちもつとも重大視するところの中共との貿易に関することであります。きのう通産省からも御出席になつたのでありまして、そのときにまず第一にお尋ねいたしましたのは、外務省に対してのお尋ねでありました。その第一点は、支那貿易で重要なる品目は禁止はされていないのでありますけれども、われわれ水産物の関係からは

石原圓吉

1952-07-29 第13回国会 衆議院 水産委員会 51号

○石原(圓)委員 これが大臣が出席せねばならね一つの要素であります。少くも経済局次長が御出席になつて御説明ができないことは、これは事務的の立場から当然でありましよう。われわれはそういうことをお尋ねするのではなくして、蒋介石政権を認めた吉田内閣が、中共に対してどういう感じを與えたか。そしてそれによつて中共との交易がどうなるか。どうせねばいかぬか、またどういう考えを持つておるか。こういうことをただしたいのが

石原圓吉

1952-07-29 第13回国会 衆議院 水産委員会 51号

○石原(圓)委員 私の第一回は、中共貿易に対する中共における政府の措置いかんということをお尋ねしたのでありますけれども、それには当てはまらない御説明であつたのであります。そこで端的にひとつお尋ねすることは、蒋介石政権を吉田内閣が認めて協定をした。このことはいわゆる中共、毛澤東政権に対してどういう影響を與えておるか、その点が中共との貿易にどういう影響があるかということを、外務省の経済局次長より御説明を

石原圓吉

1952-07-29 第13回国会 衆議院 水産委員会 51号

○石原(圓)委員 質疑の前に御参考に御報告を申し上げておきます。水産議員連盟におきましては、一昨二十六旧と二十八日の二日間連続して連盟会議を開きまして、二つの決議をいたしたのであります。その一つは、極東貿易に関係ある日、米、英、仏、加の五カ国は、七月末華府で極東貿易国際会議を開催することとなり、既に去る七月二十四日通商産業省通商局次長松尾泰一郎氏外二名は出発した。  本会議は極東の貿易に関係ある主要諸国

石原圓吉

1952-07-26 第13回国会 衆議院 水産委員会 50号

○石原(圓)委員 その間接被害につきましては、重大であると思うのであります。これをわが国のみが負担する場合には、米軍は都合のいい場所はほとんど永久的に、無期限に使うというようなかつてな行動をとるおそれがあると思う。あくまでも米軍にも相当の負担をせしめるようにという方向へ、ぜひとも強く運んでもらいたいと思うのであります。なおこの海軍の方は大体協定がついたが、陸軍側が遅れておるということは、これは原則としては

石原圓吉

1952-07-26 第13回国会 衆議院 水産委員会 50号

○石原(圓)委員 先刻来の質問の問題はこれは非常に重大でありまして、かつて私は、この損害の賠償なるものは、そのとき限りでやつてはいけない。漁場を荒らし魚族を散乱せしめ、演習があると当分は漁獲ができない。また爆発物の沈下等の被害、種々の悪影響があるから、これが補償される賠償方法でなければいけないということを強く要求をしたのでありますが、その点に対しては、大体どういう方向に御協定ができておるでありましようか

石原圓吉

1952-06-27 第13回国会 衆議院 水産委員会 48号

○石原(圓)委員 先刻問題になりました行政機構改革のうち、水産庁の問題であります。これに対しては、今朝十時水産議員連盟の臨時総会を開きまして、種々論議の結果、以下のような決議をいたしたのであります。  農林省設置法案中水産庁の取扱については飽くまで衆議院議決の通り各党々議を以て支持せられんことを強く要請する右決議する  こういう決議をいたしました。これはさきの衆議院の決議のときには、共産党を除く他の

石原圓吉

1952-06-27 第13回国会 衆議院 水産委員会 48号

○石原(圓)委員 この際一応趣旨弁明をいたしておきたいと思います。  このまぐろ関税問題は、御承知の通り昨年一月一日からアメリカ合衆国に輸入するまぐろ油づけカン詰に対する輸入税二二、五%でありましたものを大幅に引上げ、これを倍額の四五%といたし、さらにまた今回は生及び冷凍まぐろに対しても、ポンド当り三セントの輸入税を新たに課する法案が昨秋十月にアメリカ合衆国下院を通過せしめたのであります。  このことは

石原圓吉

1952-06-27 第13回国会 衆議院 水産委員会 48号

○石原(圓)委員 私は今回アメリカにおけるまぐろ関税に対して、まことに日本に対する好意ある措置がとられたので、この際決議案を提出して御決議を願いたいと思うのであります。その案文を朗読いたします。   まぐろ関税に関する感謝決議案   米国政府並びに国会の深甚なる理解と好意とにより、まぐろ関税法案が上院において不成立となつたことは、確固たる日米経済協力の現われであつて業界はもちろんわが日本全国民のひとしく

石原圓吉

1952-06-23 第13回国会 衆議院 水産委員会 47号

○石原(圓)委員 私は漁業に関する影響の生ずる法律をつくる限りには、漁村の今申したような問題に対しても、あなたの方が相当の権限を持つ法律をつくるべきだと思うのであります。そうしなければ、海底電線をひつぱる場合には、漏業権は停止もしくは制限を加えられる。そうしてその電信をひつばつた向うの島の陸上の施設については、何ら関係も権力も持たないということになれば、非常にそこに矛盾が起ると思う。であるからして電燈

石原圓吉

1952-06-23 第13回国会 衆議院 水産委員会 47号

○石原(圓)委員 この問題は非常に漁業にとつては重大でございまして、河川、海面、海底等、いずれも現在漁業権の設定してあるものは、非常に漁民の生活問題に直結しておりますから重大と考えるのであります。またこれから定めんとするものに対しては、最近水産資源保護法案ができて、その法案によりますと、漁業の側も保護区域を設定するという法律ができておるのでありまして、相当これは入念に審議せなければならぬ問題と思うのであります

石原圓吉

1952-06-23 第13回国会 衆議院 水産委員会 47号

○石原(圓)委員 これは突然拝見しまして、まだ詳しくわからぬのでございますが、この水底という文字から申しますると、従来海底電線とかいう言葉が通用語になつておつたのでありますが、それが水底線路ということになりますと、あるいは河川というものに重きを置いたような條項にも見えるのでありますが、決してそろでなかろうと思う。むろん海底も河川も、全部包括されたものであると思いまするが、大体どういうことをおやりなさるのでありまするか

石原圓吉

1952-06-20 第13回国会 衆議院 水産委員会 46号

○石原(圓)委員 代船建造のことで申し添えておきます。このことは、松田委員が非常に熱意をもつて心配されて、議員連盟へも持ち出された問題でもありますが、その後聞くところによると、この代船建造の資金は、水産庁塩見長官において特別なる考慮があるから、そのために漁船課などは差控えておれというような話もあつたということを、間接に聞いておるのであります。それにもかかわらず、その後何ら長官としての意見が出て来ない

石原圓吉

1952-06-20 第13回国会 衆議院 水産委員会 46号

○石原(圓)委員 この問題は最も緊急な重大な問題であります。ことに北海道の漁村のごとき、また全国の離島のごときは、最もこの問題に苦しんでおるのでありまして、一刻も早くこれが実現を要すると思うのであります。一例を申しますと、三重県の志摩軍神島村、この神島村は伊勢湾のまん中にある島でありまして、燈台を設け、外国船の出入その他に非常に重要な役割を負担しておるのであります。しかもこの島に水力電気の配電がないのでありまして

石原圓吉

1952-06-20 第13回国会 衆議院 水産委員会 46号

○石原(圓)委員 これは直接運輸大臣の所管とも申しかねますが、この機会に水産業者の希望しておる点を申し述べてお考えを願い、またそれに対する御意見もあつたら、この際お聞かせを願つておきたいのであります。  水産議員連盟におきましては、外油の統制撤廃並びに関税撤廃の実現に強力に努力をしたわけでありますが、関税の撤廃等もそれぞれ目的を達することになつたわけであります。しかるにその間におきまして、国産石油の

石原圓吉

1952-06-18 第13回国会 衆議院 水産委員会 45号

○石原(圓)委員 ただいま松田提案者の御意見がはつきりしまして、まことにわが意を得たものと思うのであります。この漁業協同組合法は一部修正ということではなく、全般にわたつて大修正を加える、むしろつくりかえるということの必要を感じておるものであります。しかしながらこの国会はもう時期も迫つておりますので、次の国会と申しますか、あるいは選挙以後の国会と申しますか、とにかくわれわれ委員は、一致団結してこの協同組合法

石原圓吉

1952-06-18 第13回国会 衆議院 水産委員会 45号

○石原(圓)委員 前刻以来、協同組合法の一部改正について論議をせられておりますが、提案者の松田委員の申されることも非常に考えるべき点が多いと思うのであります。また小松君の、民主主義の立場から、政府に権限を持たすことはいけないということも、大いに了承せにやならぬ点だと思うのでありますが、何分にも経済行為を全国的な団体がやるという場合は。その問題は全国の零細なる漁民に直接影響を及ぼすことでありまするから

石原圓吉

1952-06-14 第13回国会 衆議院 水産委員会 44号

○石原(圓)委員 本案に賛成します。但し、これは全漁連、全国を打つて一丸として結成された連合会に限るということをはつきりしておきたいのであります。それと同時に、全国の合会ができましても、経済行為をやらない場合には経営が非常に困難で、実質が伴わない結果を来して、かえつて漁民の迷惑を来すおそれがあるのでありまして、農林大臣が許可権を持つた以上は、慎重に検討をして、これならば確実に財源になるという見通し、

石原圓吉

1952-06-14 第13回国会 衆議院 水産委員会 44号

○石原委員 私はあくまで私の申し上げた方法が今回に処する最も妥当適切、有利なる條項であるとかたく信ずるものであります。しかしながら小委員会で正式の決定は見ていないのであります。しかるうちに理事会の決定があつて、委員長がここにそれの採決を求められておるのでありまして、私も外交の軟弱、この問題が将来に重大なる影響を及ぼすこと、ことに、岡崎大臣においては、ほとんどその論拠がなつていない。この條約の案が成立

石原圓吉

1952-06-14 第13回国会 衆議院 水産委員会 44号

○石原(圓)委員 公海漁業に関する小委員会としては、以上各項の理由により、本條約は今国会においては継続審議の手続をとり、しかる上至急実地調査を行い、その上にて採決するを妥当と認む。なお米国国会は審議いまだ半ばにあり、カナダも何どき審議するも未定とのことである。はたしてしからば、ひとり日本のみ不利益を忍びて決定するは不可である。こういう意見が小委員の大部分の意見でありまして、このことを参考に供する次第

石原圓吉

1952-06-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 43号

○石原(圓)委員 昨日外務委員会との連合審査の際の質疑の残りをお尋ねいたします。この問題の批准につきましては、御承知のように、水産委員会の空気は非常に険悪であります。従つてできるだけ核心に触れた質疑応答をしておく必要があると思うのであります。その意味においてまず第一にお尋ねいたしたいのは、この條約のアメリカ及びカナダの国会における進渉状態参はどういう程度でありましようか、一応承つておきたいのであります

石原圓吉

1952-06-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 43号

○石原(圓)委員 仰せはごもつともでありまして、法律が認めて全国的の団体が民主的にできる場合は、認可制度になれば認可をすればそれでいい、それ以上のことはそのときに至らなければいけないという御意見はごもつともであります。そこで私が考えるのには、すでに参議院においてはこれが通過したようでありまして、農業その他各種の全国的な団体がそれぞれできているのでありますから、この際委員長におかれては、小委員会に付して

石原圓吉

1952-06-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 43号

○石原(圓)委員 協同組合の問題は再三論議されるのでありますが、従来は要するに三百という数に制限されておる点が非常に窮出なのであります。この三百以内というような制限をつけたということはどこから出たかと申しますと、これははなはだ不徹底なのであります。多分連合軍の指導が織り込まれたと思うのでありますが、一つにはまた全漁連より中水に移つて、それが閉鎖されたということにも関連を持つたものでなかろうかと思うのであります

石原圓吉

1952-06-11 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 2号

○石原(圓)委員 はなはだどうも不満足であります。もつとも外務大臣は近ごろ御就任になつたのでありますから、そう深く御認識のないのは無理からぬと思うのであります。第一この日米加三国協定を結ぶにあたりまして、水産常任委員会においては水産庁、外務省とも非公式な意見の交換はあつたのであります。その交換のあつた結果、水産常任委員会といたしましては三つの原則を提案したのであります。すなわち海洋水産資源は世界の人類

石原圓吉

1952-06-11 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 2号

○石原(圓)委員 私のお尋ねしたことを、大臣ははき違えておるようであります。今日問題となつておるところの日米加三国協定においても、ここに論議が残されておるのでありますが、そのほかに台湾政府との漁業上の交渉、朝鮮との交渉、中共、ソ連等、まだ日本全国土を包囲するところの漁業全体が残されているといわなければならぬのであります。この漁業全体に対する、国際的な條約に対するところの関心をどこまで持つておるかということをお

石原圓吉

1952-06-11 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 2号

○石原(圓)委員 私は六月の六日と七日に外務・水産連合委員会並びに水産常任委員会等で日米加三国協定に関する疑義について説明を求めましたが、満足するような御回答が得られなかつたので、それで岡崎外務大臣、廣川農林大臣の御出席を求めた次第であります。元来この両大臣がわれわれの水産常任委員会にそろうて御出席になつたとはないのであります。おそらく今回も外務との連合であるから御出席になつたのだろう、こう察するのでありますが

石原圓吉

1952-06-10 第13回国会 衆議院 水産委員会 42号

○石原(圓)委員 ただいま小高君の御発言の演習関係の問題でありますが、これは劈頭に私どもは意見を申出ておいたのでありまして、このことは方法によりまして大いに先方に理解を求める道はあると思うのでありまして、この問題も外務省の軟弱なことが原因と、なつておるのであります。あくまでも外務省に対して、強く水産庁より当るべきであるという感を持つておるのであります。どうかそういう方向で十二分の御努力を願いたいのであります

石原圓吉

1952-06-10 第13回国会 衆議院 水産委員会 42号

○石原(圓)委員 既設のものを、これができたらそれへまつ先に買収させろとか、併合させろとかいうものがあるかないかということを御存じはないかということを尋ねたのでございまして、あなたの御意見をお尋ねしたのではないのであります。その点は非常にはつきりさせておかねばならぬ点であろうと考えますし、私もそういう点について多少耳寄りのことを聞いたものでありますから、お尋ねをしたわけであります。  なお小高委員及

石原圓吉

1952-06-10 第13回国会 衆議院 水産委員会 42号

○石原(圓)委員 まだ十分提案者の説明も聞かないのでありまして、慎重審議すべきものと考えるのであります。つきましては、今度この法案が成立しまして、参議院の通りに衆議院も同調してやる場合には、これはすみやかにおおよそ全国的な連合会ができるものと察してよいと思うのでありますが、そういう場合に、これを構成する方針といいますか、心構えといいますか、そういう点に対して、何か参考になるような提案者の方に御意見がありましたら

石原圓吉

1952-06-07 第13回国会 衆議院 水産委員会 41号

○石原(圓)委員 百七十五度線は科学的にこれを尊重すべきであるというようなお説は、もつてのほかといわなければならぬと思う。公海の自由を認める原則において、かかる一線を引くことが科学的に必要だということは、私は暴論に近いと思う。ことにさけ、ますというものはとれないが、その他のものは何でもとれると言うけれども、その他にどういう魚がおるのでありますか魚のおらない所へ、わざわざ日本の漁業者は、経費と油と漁具

石原圓吉

1952-06-07 第13回国会 衆議院 水産委員会 41号

○石原(圓)委員 一線を画したことの前例がないとすれば、それは自由平等の原則に対する日本の譲歩といわなければならぬと思うのであります。しかしごのことはこれだけを申し上げて次の質問に移ります。  一九四五年九月二十八日にトルーマン大統領は、アメリカの距岸百五十マイルないし二百マイルの漁業保警。海区を太平洋に設定するという宣言をしたことがあります。しかるに列国の反対気勢を考慮して、一九四七年には国務長官

石原圓吉

1952-06-07 第13回国会 衆議院 水産委員会 41号

○石原(圓)委員 昨日の私の質問に対する石原外務次官並びに土屋欧米局長の御答弁の一部を要約いたしますと、今回提出された日、米、加漁業條約は、これまでの漁業上の国際條約の前例を破つて、国際間の公海企業の自由を制限する片務的の漁業制限を設定したこと、すなわち国際間の漁業企業の自由の原則に例外を設けたこと。この漁業制限を画する一線を條約の本文に明記したこと。これはおそらくは今回が例外であると思うのであります

石原圓吉

1952-06-06 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 1号

○石原(圓)委員 これ以上極端に論議をしますことは、私ども議会人としての立場から、また今後に及ぼす国際漁業の影響というようなものは人一倍に憂慮するのでございまして、その点に影響の起ることをおそれまして、ある程度以上は次の機会に譲りたいと思います。ただ私の繰返し申し上げますことは、どうしてガラス張りの明朗な方法で外交交渉をしないのか、この点であります。さきにも申し上げます通りに、アメリカやカナダから急

石原圓吉

1952-06-06 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 1号

○石原(圓)委員 表面の御説明はそれでよろしいのでありますが、この会議が始まるまでにアメリカ、カナダより日本に対して、この條約を早くしたいという要望がひんぴんとあつたということは、社会公知の事実であります。しかるにかかわらず、いよいよ交渉を開始するにあたりましては、ただいま申すように農林大臣が欣然としてこれを迎えた、こういうような巷間伝えるところの一般的な公表されておる事実と、農林大臣のあいさつとが

石原圓吉

1952-06-06 第13回国会 衆議院 外務・水産委員会連合審査会 1号

○石原(圓)委員 私は、北太平洋の公海漁業に関する国際條約の内容のいかんは、沿岸漁業との相剋摩擦を起すおそれがありますので、わが国水産業の生命線であり、全国漁民の運命を制する国家の重大條約であるのみならず、平和回復後、独立国家新日本としての最初の国際條約でありますので、私は終戰以来、わが国水産業界を代表する者の一人として日夜心胆を砕いて参つたのであります。  この国際漁業條約の準備工作として、衆議院水産委員会

石原圓吉

1952-06-04 第13回国会 衆議院 水産委員会 40号

○石原(圓)委員 長官は、赤道直下の向うの方へやつて、かつお、まぐろの従来の漁業者をおびやかさないようにするというお言葉でありましたが、それは全然実行できないことであります。航海中にまぐろやかつおに行き当つて、漁業者がそれをとらずに赤道を向いて船団が突破し得るというような、そんなばからしいことはないのであります。至るところでとるのであります。またかりに赤道直下にしましても、赤道直下からあそこに遊泳しているかつお

石原圓吉

1952-06-04 第13回国会 衆議院 水産委員会 40号

○石原(圓)委員 ただいまの御説明でありまするけれども、国際漁業の関係につきましては、日本の漁民の総意を反映せしめる手段方法に欠くるところがあると私は思うのであります。このいわゆる国民外交、漁民外交という建前をとられて、日本の漁民の総意を反映せしめるという方法に、いま一段のごくふうが必要でなかろうか、こう私は思うのであります。ぜひその手段をとつてもらいたい。現に西経百七十五度線のごときも、われわれ水産常任委員会

石原圓吉

1952-06-04 第13回国会 衆議院 水産委員会 40号

○石原(圓)委員 取締りの問題で長時間を費したあとでありますが、御当局の御答弁はどうも核心にふれないように思うのであります。第一瀬戸内海なるものは、毛利氏の時代から海賊の巣である。伊勢湾もその通りであつて、われわれも先祖は海賊であつたかと思うておるのであります。そういう海賊の伝統的な血をもつて今日密漁をやつておる。そのものを普通の取締りでやつても効果は上らない。私はこの点には体験と意見を持つておる。

石原圓吉

1952-05-20 第13回国会 衆議院 水産委員会 37号

○石原(圓)委員 農林次官にひとつ御参考に申し上げておきたいのであります。それはかつてかに工船、まぐろ、さけ、ますの独航船の出漁に先だつて聴聞会を開き、また委員会を開いたことは数回に上るのであります。そのときにかに工船の出漁を一年見合わすという問題が台頭したのであります。そのときのいろいろ質疑応答のうちに、さきの西村条約局長は、これはまぐろの関税との間に微妙な関係がある。そのためにかに工船は今年は見合

石原圓吉

1952-05-20 第13回国会 衆議院 水産委員会 37号

○石原(圓)委員 このまぐろ関税の問題につきましては、前回の委員会におきまして、外務大臣並びに農林大臣の御出席を求めたのであります。しかるに予算委員会の関係で御出席ができないようであります。ただいま農林政務次官が御出席になりましたが、主要なお尋ねは、外務大臣、外務省に対してお尋ねをいたしたいのであります。その要点は、このまぐろカン詰、並びにまぐろ凍結等の税の問題につきましては、アメリカの上院の財政委員会

石原圓吉

1952-05-17 第13回国会 衆議院 水産委員会 36号

○石原(圓)委員 カン詰まぐろ、冷凍等の問題が今月九日に突如として上院歳入委員会を通過したことはまことに意外でありまして目下出漁に励んでおるまぐろ漁業者の出漁意識の喪失、これは驚くべき生産減になると思うのであります。またカン詰製造業者、輸出業者等も、この関税はよもや通過しないだろうという一るの望みを残して生産をやつておる、輸出計画をやつておる。こういう点から、これが万一通過したならば非常に重大な結果

石原圓吉

1952-05-17 第13回国会 衆議院 水産委員会 36号

○石原(圓)委員 私は一応当局で練り直して再提出するのが最も妥当と思うのでありますが、ただいま松田委員より非常に大局的な見地からの御意見が出たのであります。その点には私も同一意見を持つておるのでありまするが、ただその場合において、零細な沿岸の漁民が下敷になつてそのために非常な苦痛を感ずるということをおそれるがために、繰返し申し上げる次第であります。しかし小委員会に付して、その趣旨に対して十分に検討するという

石原圓吉

1952-05-17 第13回国会 衆議院 水産委員会 36号

○石原(圓)委員 この問題に対しての田口委員の質問に対するただいまの答弁は非常に不可解であります。この問題によつて生ずる損害は、アメリカの軍隊との関係であります。しからば、アメリカより賠償を受けねばならぬ問題であります。それにもかかわらず、国内法の運用でやつて行こうとすることは、いわゆる国費をもつてやろうということで、アメリカに弁償させるという意味が含まれていない。このことは、国家の負担の上からも、

石原圓吉

1952-05-15 第13回国会 衆議院 水産委員会 35号

○石原(圓)委員 安全保障条約そのものの性格は、沿岸であろうが公海であろうが、日本の領海であろうが、国際的に相互に安全なる方法をもつて漁業ができ得るということが根本の精神でなければならぬのであります。そういう場合においては、日本の水産庁といたしましては、日本の水産がどうしたら安全にでき得るということに根拠を置かなければならぬのであつて、その場合に、この条約に遠慮して、沿岸漁業なら何とかするが、公海ならば

石原圓吉

1952-05-15 第13回国会 衆議院 水産委員会 35号

○石原(圓)委員 ただいまの答弁を調達庁にいたさしめるということは不当であります。調達庁というものは、過去のことを実例のように御説明なさるにとどまるのであり、調達庁そのものは今後の存在がどうなるかわからない、そういう役所をたよりにして今後の漁業の損害をきめるというようなことは、われわれは考えていないのであります。どうして水産庁がこれに対する説明をしないのか、はなはだけしからぬ。使用水面というだけのことであつて

石原圓吉

1952-05-15 第13回国会 衆議院 水産委員会 35号

○石原(圓)委員 この法律を拝見しますると、ただ単に水面を使用するということのみに限られておるようでありまするが、演習中に実弾射撃等の影響を受けて、後日にもあるいは機雷の爆発であるとか、その他科学的な関係から海水が汚濁するとか、そういう関係で演場を荒廃せしめ、または磯焼けを起し、その使用をしたあとは数年も魚族が集まらないとか、漁業ができないとかいうようなことは、どういう方法でこれを処置されるか。その

石原圓吉

1952-04-22 第13回国会 衆議院 水産委員会 31号

○石原(圓)委員 はなはだ不満足でありますけれども、時間の関係でその追究は後日に譲ります。  この際補正予算で相当追加を要求する意思が水産庁自体にありますか、あるならばその程度、調査の内容等の説明ができればお願いをいたします。

石原圓吉

1952-04-22 第13回国会 衆議院 水産委員会 31号

○石原(圓)委員 漁港の数がだんだんふえるが、これに伴う予算がふえない。これはどこに欠陥があるか、隘路があるかと申しますと、水産庁内の機構が漁港課ではいけないということを私は断ずるものでありますが、水産長官はどう考えておるか。厖大なる仕事になつて来たが、依然として昔のままの課の制度では絶対にふやすことはできない。予算をふやし仕事を充実することが根本である。私はそう考える。とにかく第一種の漁港が一年に

石原圓吉

1952-04-22 第13回国会 衆議院 水産委員会 31号

○石原(圓)委員 この災害の融資につきましては、前からすこぶる緊張した論議が進められておるのであります。ただいまの松田委員との資疑応答によつて、おそいながらも北海道の方は一時的な応急措置が講ぜられるようでありますが、それよりも教箇月も前の九州、四国方面の融資応急対策については、二階堂委員が申されておるように解決がつかないようであります。それを率直に言えば、あとの方が先になつて、先のものがあとまわしになる

石原圓吉

1952-04-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 29号

○石原(圓)委員 そのお言葉は銀行局を代表する総務課長さんのこの委員会における言明でありますから、私どもはかたくその点を確信を持つものであります。委員会が済んだならば、ただちにもその具体化に移るように、もう委員会が済んだら、また水産庁から何とか言つて来るだろうというようなことでは、漁民はほんとうに行き詰まるのでありますから、特にこの点は強い意味でお願いをいたしておきます。  次に開発銀行でありますが

石原圓吉

1952-04-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 29号

○石原(圓)委員 私らの立場から申しますと、日本の水産物全体の漁獲水揚げをせんならぬ漁船でありましてこの問題は漁業者の生活の基本であります。これがただいまのところ初めて御認識の第一歩に入られるということは、非常にわれわれとしては遺憾なのでありまして、これは今回を機として十分調査研究をすみやかにやつていただく、それにつきましては、單に銀行局内部のみでは、促進上そうゆつくりとしておれない問題でありますから

石原圓吉

1952-04-12 第13回国会 衆議院 水産委員会 29号

○石原(圓)委員 福田さんは銀行局の総務課長さんでありまして、およそ銀行局の仕事のすべての立案、その他実行等の枢軸をなすものと思うのであります。そういう方が御出席になつたことは、本委員会においても非常にけつこうだと思うのでありますが、今後もしばしば御出席を願いたいのであります。希望として申し述べておきます。  まずこの代船建造のことでありますが、これはもう二年もこのまま置けば、木造船の約半分は能率を

石原圓吉