運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
154件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

○石井苗子君 心身のケアとお聞きしました。心のケアではありません。心のケアと心身のケアというのは、微妙ですが、かなりはっきりした違いがあります。心身のケアというのは、自分の具合が悪いのが体の中のどこから起きているのかということもはっきり相手に伝え、そして個人が回復していくというのが心身のケア、つまり精神科だったり心療内科だったりということも含めます。自治体の作成、見守り、保健師による相談、これもみんな

石井苗子

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  二〇一一年の三月に母校の旧聖路加看護大学仲間たちと福島県医療支援を始めてから、十年目の節目に当たることになります。現在も活動を続けていながら現地で感じることは、被災地は生き物であるということです。九年の時間の経過とともに、なりわいも生きがいも人の気持ちもどんどん変化していく。震災で命を落とさなかった方が孤独死でお亡くなりになるということがある中で、私

石井苗子

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

○石井苗子君 資料一を見てください。  特許庁の二〇一九年度模倣被害実態調査報告書というものがあります。模倣品の生産国は圧倒的に中国と韓国が多い状況です。グラフを見ますと、中国の模倣品製造されている会社、四千七百社以上です。日本の知的財産の侵害が多く発生しているということです。これほどの差がある。  しかも、六か国の、そのEUのみというところで相互保護をやっているんですと、これは意味がないわけなんですが

石井苗子

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  先ほどから議員の皆様の質疑を聞いておりますと、このコロナショックがやっぱり世界、特に、世界はそうですけど、日本食料危機につながるような不安をつくらないような対策をつくっていくことが必要だと思っております。  舞立議員の質疑にもありましたけれども、国民の皆様、特に生産者の皆様の声を国が制度法律に変えて、現実的に今役に立つ制度に変えていって守っていかなければならないと

石井苗子

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

○石井苗子君 能登半島沖の大和堆という周辺ですが、これ、言うまでもなく、日本の屈指の好漁場なんですね。特にスルメイカ漁場として知られておりまして、漁業資源の宝庫と言われております。近年のスルメイカ、この資源量の推移、どのようになっているのか教えていただけますか。近年漁獲量が減ってきていますが、その理由は何でしょう。

石井苗子

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

○石井苗子君 ありがとうございます。  PCR検査など、これからいろいろ状態が変わってくると思いますので、今後も業者さんに対して情報提供をお願いしたいと思っております。  本日は、水産業、特に日本のEEZ水域での外国船の違法操業の質問をさせていただきます。  大臣は、所信表明で、能登半島沖の大和堆周辺水域で違法操業について取締り体制を強化することに言及していらっしゃいます。  我が国のEEZ水域での

石井苗子

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  まず冒頭、私から、新型コロナウイルス対策について大臣質問をさせていただいております。  厚生労働省を始めとしていろんな対策を出しておりますけれども、飲食店や食品を販売する業者さん、特に周知徹底する必要があると私は思うんですけれども、農林水産省としては、所管する食品関係の業者さんにどのようなコロナウイルス対策をどのように周知していらっしゃいますか。

石井苗子

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

○石井苗子君 ですから、今はまだ、国民の皆様には今はまだパンデミックではないというふうにお伝えしていいのかと思うんです。  それで、その中において、やはり不安や恐怖がありますので、イベントを自粛してくださいというような要請が出ますと、やっぱりいつまでこの自粛をすればいいのか、まだパンデミックではないのにいつまで自粛をすればいいのかと。二月二十六日に総理から、不特定多数が集まるイベントなどの自粛要請が

石井苗子

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  昨日、日本維新の会も、総理との会談の場で新型コロナウイルス対策提言第二弾をお渡ししました。政府から情報を発信する際には、現状と今後の成り行きをしっかり分けて国民の皆様にお伝えするべきだと思います。それぞれの皆様が、今の情報なのか、これから先の情報なのかということを正しく把握して理解できるよう注意を払うべきだと考えます。  そのために、例えば必要なことが、

石井苗子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

○石井苗子君 大変ですね。これ、もう一段階ぐらい上がっちゃうんじゃないかというふうに思っているんですけれども。  輸入豚肉の価格が下がってきますと、国産の豚肉輸入品に押されて苦戦するんじゃないかと、もし違ったら指摘していただきたいんですけれども、国内の畜産農家の経営を圧迫することにならないですか。これに対して、大臣、お答えいただけますでしょうか。

石井苗子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今日は、畜産物の価格の安定に関する質問をさせていただきます。  十二月二日の日本農業新聞、一面トップでございますけれども、豚肉在庫、これ、輸入も含めて、過去五年間の中で最多水準に積み上がっていると。私、そんなに専門家じゃないんですけど、ちょっと読んでも、国産の豚肉の相場の不安定要因になっているんじゃないかなと心配しているんですけれども。  これは、ASF

石井苗子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

○石井苗子君 大変ですね。これ、もう一段階ぐらい上がっちゃうんじゃないかというふうに思っているんですけれども。  輸入豚肉の価格が下がってきますと、国産の豚肉輸入品に押されて苦戦するんじゃないかと、もし違ったら指摘していただきたいんですけれども、国内の畜産農家の経営を圧迫することにならないですか。これに対して、大臣、お答えいただけますでしょうか。

石井苗子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今日は、畜産物の価格の安定に関する質問をさせていただきます。  十二月二日の日本農業新聞、一面トップでございますけれども、豚肉在庫、これ、輸入も含めて、過去五年間の中で最多水準に積み上がっていると。私、そんなに専門家じゃないんですけど、ちょっと読んでも、国産の豚肉の相場の不安定要因になっているんじゃないかなと心配しているんですけれども。  これは、ASF

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

○石井苗子君 意志強固であるお気持ちはよく分かるんですけれども、この共同声明のところの英文を見ますと、前半の一月からの四か月以内の、そのコンサルテーションということは、その細かいこと、今のその日米貿易協定の細かいことを詰めていきますと、そして、アンドでつながって、以降、四か月以降に関しましてはこれこれのことに関して二国間で、二国間でです、決めていく意図があると、インテンド・ツーというのはそういう意味

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

○石井苗子君 それをまさしく私が申し上げた話なんです。だけれども、ここの英語を見ますと、エンター・イントゥー・ネゴシエーションズ・ゼアアフターと、そこから改めてエリア、こういったエリアのものに関して話をしていくというふうに英文に書かれておりまして、もう一つ、今日資料でお配りしたものがあります。  これは、やはり同日、九月の二十五日ですね、アメリカの通商代表が発表したものです、USTRという。ファクトシート

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今日は連合審査ということなので、まず、外交交渉について、アメリカのTPP復帰について質問させていただきます。  日本政府は、アメリカがTPPに参加できるように主導的な役割を果たすとおっしゃっています。日本維新の会は、これは是非頑張っていただきたいと思っているところなんです。  しかし、一方では、この日米貿易協定締結したことによって、アメリカがTPPに戻

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

○石井苗子君 意志強固であるお気持ちはよく分かるんですけれども、この共同声明のところの英文を見ますと、前半の一月からの四か月以内の、そのコンサルテーションということは、その細かいこと、今のその日米貿易協定の細かいことを詰めていきますと、そして、アンドでつながって、以降、四か月以降に関しましてはこれこれのことに関して二国間で、二国間でです、決めていく意図があると、インテンド・ツーというのはそういう意味

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

○石井苗子君 それをまさしく私が申し上げた話なんです。だけれども、ここの英語を見ますと、エンター・イントゥー・ネゴシエーションズ・ゼアアフターと、そこから改めてエリア、こういったエリアのものに関して話をしていくというふうに英文に書かれておりまして、もう一つ、今日資料でお配りしたものがあります。  これは、やはり同日、九月の二十五日ですね、アメリカの通商代表が発表したものです、USTRという。ファクトシート

石井苗子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今日は連合審査ということなので、まず、外交交渉について、アメリカのTPP復帰について質問させていただきます。  日本政府は、アメリカがTPPに参加できるように主導的な役割を果たすとおっしゃっています。日本維新の会は、これは是非頑張っていただきたいと思っているところなんです。  しかし、一方では、この日米貿易協定締結したことによって、アメリカがTPPに戻

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

○石井苗子君 是非そこのところを支援していって、確実にペレット化を進めていただく。これ、女性も農業に従事することができる、軽いし汚れないし。あと、お料理するみたいに、堆肥何グラム、何グラムと考えながらまけるということで、大変分かりやすくなってきているというのも重要な点だと思うんですが。  この原料、先ほどから確認させていただいておりますが、肥料原料の輸入に頼っているというところですけれども、ちょっと

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

○石井苗子君 私もそう思います。配合ができて一度でまくことができる、つまり、それによって土づくりができる、アンチエージングができるということで。  ちょっと気になるんですけれども、その畜産由来の堆肥、今お話があった。これ地域的な偏在があるんじゃないかと言われておりまして、ペレット化というんですが、とてもいい考えだと思うんですけれども、新しい考えだと思うんですが、これ、広域に流通できて偏在が解消することができるのかどうか

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今回の肥料法の改正、私は大変期待しているところがありまして、これは、地力、地力の回復ですね、地力の回復を目指す土のアンチエージング法と呼んでもいいんではないかと思うほど期待しております。  質問が重複していることもありましたので、ちょっと違った方向から。  これ、平成二十八年十一月二十九日に作られました農業競争力強化プログラムというのがございまして、ここに

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

○石井苗子君 是非そこのところを支援していって、確実にペレット化を進めていただく。これ、女性も農業に従事することができる、軽いし汚れないし。あと、お料理するみたいに、堆肥何グラム、何グラムと考えながらまけるということで、大変分かりやすくなってきているというのも重要な点だと思うんですが。  この原料、先ほどから確認させていただいておりますが、肥料原料の輸入に頼っているというところですけれども、ちょっと

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

○石井苗子君 私もそう思います。配合ができて一度でまくことができる、つまり、それによって土づくりができる、アンチエージングができるということで。  ちょっと気になるんですけれども、その畜産由来の堆肥、今お話があった。これ地域的な偏在があるんじゃないかと言われておりまして、ペレット化というんですが、とてもいい考えだと思うんですけれども、新しい考えだと思うんですが、これ、広域に流通できて偏在が解消することができるのかどうか

石井苗子

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  今回の肥料法の改正、私は大変期待しているところがありまして、これは、地力、地力の回復ですね、地力の回復を目指す土のアンチエージング法と呼んでもいいんではないかと思うほど期待しております。  質問が重複していることもありましたので、ちょっと違った方向から。  これ、平成二十八年十一月二十九日に作られました農業競争力強化プログラムというのがございまして、ここに

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

○石井苗子君 ありがとうございます。  私は批判しているのではなくて、先ほど言ったように、台風十号、十三号、十五号、十七号、十九号です。ということは、これから先の政策として考えていかなければならないことがあるんじゃないかと。  大臣の所信の三ページに、収入保険農業共済など災害の備えとして活用できる施策を現場へ十分理解いただける努力をしたいと、このように書かれています。これは、もちろん被害が発生してからでは

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

○石井苗子君 私が聞いていることは、共済保険のことではなくて、つまり、今、梨とおっしゃいましたけれども、梨に対して、ここにあった梨に対して収入補償されない、その収入保険、入ってくるはずだった収入保険はどうなっているんですかということを聞いております。  つまり、共済保険に入っていなければ、農林水産物、物ですね、物の出荷、生産を再開して売れるまで、物の出荷がなければ収入の道を断たれるのでしょうか

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  農林水産委員会、初めての質疑でございますので不勉強なところもあると思いますが、どうぞ御容赦ください。  まず最初に、台風でお亡くなりになられた方に心からのお悔やみと、また、被災されていらっしゃる方々にお見舞いを申し上げます。  台風の被害、長引いております。冒頭は、十月二十五日に政府が出されました被害への支援対策資料の中から質問をさせていただきます。  

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

○石井苗子君 ありがとうございます。  私は批判しているのではなくて、先ほど言ったように、台風十号、十三号、十五号、十七号、十九号です。ということは、これから先の政策として考えていかなければならないことがあるんじゃないかと。  大臣の所信の三ページに、収入保険農業共済など災害の備えとして活用できる施策を現場へ十分理解いただける努力をしたいと、このように書かれています。これは、もちろん被害が発生してからでは

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

○石井苗子君 私が聞いていることは、共済保険のことではなくて、つまり、今、梨とおっしゃいましたけれども、梨に対して、ここにあった梨に対して収入補償されない、その収入保険、入ってくるはずだった収入保険はどうなっているんですかということを聞いております。  つまり、共済保険に入っていなければ、農林水産物、物ですね、物の出荷、生産を再開して売れるまで、物の出荷がなければ収入の道を断たれるのでしょうか

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  農林水産委員会、初めての質疑でございますので不勉強なところもあると思いますが、どうぞ御容赦ください。  まず最初に、台風でお亡くなりになられた方に心からのお悔やみと、また、被災されていらっしゃる方々にお見舞いを申し上げます。  台風の被害、長引いております。冒頭は、十月二十五日に政府が出されました被害への支援対策資料の中から質問をさせていただきます。  

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

○石井苗子君 最後になりますが、最低基準というのは守らなければならないことだということはよく分かっているんですが、厚労省は、最低基準、最低はこのくらいだというようなガイドラインを引いて、最後は自治体責任でやるのだというぐらいの規制緩和をもって地方分権を進めるようにしないと、岩盤規制というのはなかなか緩和していかないのではないかということを申し上げて、次の質問に移らせていただきます。  国が、自治体

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

○石井苗子君 私も、質の確保は大変重要なことだと認識しております。  しかしながら、この待機児童の解決を前に進めるためには、児童福祉法の四十五条を見ますと、厚労省児童福祉施設や運営に当たっては参酌基準というルールを定めております。この参酌基準というのを自治体が参考にして独自に条例を作っていくことができるということになっていますが、この際、この最低基準があることはとても大事なことなんですが、原則、

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  時間も限られておりますので、パネルを用意しておりますので、よろしくお願いいたします。  日本維新の会は、岩盤規制の規制緩和政策の重要課題としております。これは日本維新の会の政務調査会の資料の一つですけれども、十大岩盤規制というリストでございます。(資料提示)  今日は、その中の九番目にあります保育介護施設の各種基準地方分権について質問させていただきます

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 第2号

○石井苗子君 最後になりますが、最低基準というのは守らなければならないことだということはよく分かっているんですが、厚労省は、最低基準、最低はこのくらいだというようなガイドラインを引いて、最後は自治体責任でやるのだというぐらいの規制緩和をもって地方分権を進めるようにしないと、岩盤規制というのはなかなか緩和していかないのではないかということを申し上げて、次の質問に移らせていただきます。  国が、自治体

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 第2号

○石井苗子君 私も、質の確保は大変重要なことだと認識しております。  しかしながら、この待機児童の解決を前に進めるためには、児童福祉法の四十五条を見ますと、厚労省児童福祉施設や運営に当たっては参酌基準というルールを定めております。この参酌基準というのを自治体が参考にして独自に条例を作っていくことができるということになっていますが、この際、この最低基準があることはとても大事なことなんですが、原則、

石井苗子

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 第2号

○石井苗子君 日本維新の会の石井苗子です。  時間も限られておりますので、パネルを用意しておりますので、よろしくお願いいたします。  日本維新の会は、岩盤規制の規制緩和政策の重要課題としております。これは日本維新の会の政務調査会の資料の一つですけれども、十大岩盤規制というリストでございます。(資料提示)  今日は、その中の九番目にあります保育介護施設の各種基準地方分権について質問させていただきます

石井苗子

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  会派代表して、平成二十九年度決算その外二件の是認に反対、平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書の是認に反対の立場から討論いたします。  なお、内閣に対する警告決議案には賛成します。  討論に入る前に、一言申し上げます。  金融庁年金報告書を政府が受取拒否をし、議論を避けている態度

石井苗子

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 第26号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  会派代表して、平成二十九年度決算その外二件の是認に反対、平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書の是認に反対の立場から討論いたします。  なお、内閣に対する警告決議案には賛成します。  討論に入る前に、一言申し上げます。  金融庁年金報告書を政府が受取拒否をし、議論を避けている態度

石井苗子

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  私は、会派代表して、平成二十九年度一般会計歳入歳出決算の是認に反対、平成二十九年度特別会計歳入歳出決算の是認に反対、平成二十九年度国税収納金整理資金受払計算書の是認に反対、平成二十九年度政府関係機関決算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書の是認に反対の立場から討論

石井苗子

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 第10号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  私は、会派代表して、平成二十九年度一般会計歳入歳出決算の是認に反対、平成二十九年度特別会計歳入歳出決算の是認に反対、平成二十九年度国税収納金整理資金受払計算書の是認に反対、平成二十九年度政府関係機関決算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書の是認に反対、平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書の是認に反対の立場から討論

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

○石井苗子君 六割、乳児院が四割。この統計から見ますと、物すごく日本で、実親から虐待が増えている、子供たちが、急にここに来て増えてきたから、これは社会の変化に伴って何とか民法も変えていかなきゃならない。皆様よく御存じだと思いますが、法律の中で基本になる法律ですので、そうちょくちょくは変えられないのではないかと、私、大変素人なんですが、そう思うんですね。ですので、今回はこういった社会意識の高まりから

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

○石井苗子君 現在において、日本社会が虐待に関しての関心が高まっているということ、それから意識が高まっているということ、そして深刻に至る前に救出することが必要であるということのそういう意識が高まってきているので、今回の法の改正はそれに押されて変わってきた、社会的な意識の変化に伴って民法が変えられたということである、これはそうだと思うんですが。  最後の質問ですが、養護児童施設に入所している今の子供たちは

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  本日ですけれども、日本維新の会はこの民法の一部を改正する法律案につきまして反対の立場を取っておりますが、本日はその反対する背景にある点を整理して質問させていただきます。  今回、三十年以上掛かって民法の見直しがなされたということであれば、現時点での日本社会において子供の幸せを考え、特別養子縁組制度がどうあるべきかということについて質問してまいります

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 第18号

○石井苗子君 六割、乳児院が四割。この統計から見ますと、物すごく日本で、実親から虐待が増えている、子供たちが、急にここに来て増えてきたから、これは社会の変化に伴って何とか民法も変えていかなきゃならない。皆様よく御存じだと思いますが、法律の中で基本になる法律ですので、そうちょくちょくは変えられないのではないかと、私、大変素人なんですが、そう思うんですね。ですので、今回はこういった社会意識の高まりから

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 第18号

○石井苗子君 現在において、日本社会が虐待に関しての関心が高まっているということ、それから意識が高まっているということ、そして深刻に至る前に救出することが必要であるということのそういう意識が高まってきているので、今回の法の改正はそれに押されて変わってきた、社会的な意識の変化に伴って民法が変えられたということである、これはそうだと思うんですが。  最後の質問ですが、養護児童施設に入所している今の子供たちは

石井苗子

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 第18号

○石井苗子君 日本維新の会希望の党の石井苗子です。  本日ですけれども、日本維新の会はこの民法の一部を改正する法律案につきまして反対の立場を取っておりますが、本日はその反対する背景にある点を整理して質問させていただきます。  今回、三十年以上掛かって民法の見直しがなされたということであれば、現時点での日本社会において子供の幸せを考え、特別養子縁組制度がどうあるべきかということについて質問してまいります

石井苗子