運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
650件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1962-05-04 第40回国会 参議院 社会労働委員会 26号

○相馬助治君 時間もありませんので、端的に私の聞いていることをお答え願いたいと思うのですが、今問題になっておる臨時医療報酬調査会法は、実は通すか通さないかは、全く国会側のわれわれの自由です。したがいまして、この法案が通れば、中央医療協に引きかえに入るのだということがわかっても、それだからといって、そういう意思をもって、それじゃあの人たちを入れるためにこれを通さなくちゃならぬという義理合いも筋合いもわれわれにはないのです

相馬助治

1962-05-04 第40回国会 参議院 社会労働委員会 26号

○相馬助治君 私は立法府のものとして、国会議員の立場からお尋ねしているので、あなたが政府を非難されることはきわめて自由でありまして、ただ、私がお尋ねをしているのは、中央医療協議会法というものは、三党協同一致で国会を異議なく通過した法案です。それはどういう反省の上でかといえば、従来の中央医療協では問題が解決しなかった。医師会側がこの協議会をボイコットしたとかしないなぞということは別にして、この際、その

相馬助治

1962-05-04 第40回国会 参議院 社会労働委員会 26号

○相馬助治君 私は、安田参考人及び園参考人にお尋ねをします。  まず、安田参考人にお尋ねしたいことは、社会保障制度審議会の答申によって調査会法案は、さきの医療協法案と不可分一体の形として出されたのだという立場と認識とをとられておるようですが、この場合におきましても、社会保障制度審議会が独自の意見として出したのではなくて、当時の厚生大臣から答申を求められて、ただいま議題になっておる調査会法案のことについて

相馬助治

1962-05-02 第40回国会 参議院 社会労働委員会 25号

○相馬助治君 関連して。  私は、この調査会法に基づいて基本的なことを尋ね、順次内容的なことに触れたいと、かように思ったのですが、今、徳永委員の質問に関連して、気づいたことについて、この際、総理府長官に一点ただしておきたいと思うのです。  ただいま保険局長の答弁で明らかでありますように、医療費の算定については、歴史的に見て、その経過からして、きわめて困難、しかも、微妙な段階を経て今日に至ったと、こういうことが

相馬助治

1962-04-12 第40回国会 参議院 社会労働委員会 19号

○相馬助治君 私は、民社党を代表して、ただいま議題になっておる児童扶養手当法の一部を改正する法律案に対して賛意を表するものでございます。  現在の社会保障制度を充実いたしまするためには、当然国民の所得を保障し、別に医療を保障するという、この二本立ての骨組みによってこれを前進せしめなければならないと存じます。現に議題となっておりまする児童扶養手当法そのものは、もちろん十分であるとは申しがたいものでありまするが

相馬助治

1962-03-31 第40回国会 参議院 文教委員会 12号

○相馬助治君 政府部内の意見がまとまらないままに、こういう法案を提出してですね、提案者としてまことに苦しい答弁をしている大臣に対してお気の毒だと思います。しかし、全くこの法案はわけがわからない。正しくは無償制度調査会設置法案とも私はいうべきものだとどうしても考えざるを得ない。そこで今問題になったのですが、調査会の内容ですね、二十人の良識と、こういいますが、そうして学識経験者と、こういいますが、これは

相馬助治

1962-03-31 第40回国会 参議院 文教委員会 12号

○相馬助治君 この際、文部大臣に二点だけ伺って、所見並びにその心がまえをただしておきたいと思うのです。第一点は、今、同僚議員も触れられた問題ですが、この児童の保健管理ということの重大だということがわかっていても、通例的に養護教諭というものが教育の主体的なにない手ではなくて、何かそういう、もの的な、そうして付属物的な、あればないよりましなんだというような考え方が、長きにわたって教育界を、一般社会を支配

相馬助治

1962-03-30 第40回国会 参議院 予算委員会 22号

○相馬助治君 学校給食の問題が、逐年改善の方向に向いている事実は私も認めます。ただ、その速度がきわめておそいということを指摘し、同時に早急に解決されなければならない不備が法制的にも、その運用の面においても、国がこれに対する基本的な見解の点においても問題があるということを私は指摘しておるのです。実態をごらんになるとおわかりでございまするが、給食費の徴収の問題についても、施設設備の整備等の問題についても

相馬助治

1962-03-30 第40回国会 参議院 予算委員会 22号

○相馬助治君 現在の学校給食は、学校給食法によって進められておりますが、率直に申しまして、その責任体制が明確化していないと思うのです。これは現行法の不備に基づくものでございますか、それとも運営の点において遺憾な点があるというふうにお考えでございますか。具体的な例をあげて私が聞きたい焦点を説明いたしておきますと、たとえば、給食用の物資購入に関する仕事、これも現行制度ではだれがどのような責任において購入関係

相馬助治

1962-03-30 第40回国会 参議院 予算委員会 22号

○相馬助治君 この際、私は池田内閣総理大臣並びに荒木文部大臣に対して以下の質問をいたします。  まず第一に、学校給食の問題についてでございまするが、従来ややもすれば、この学校給食の問題はごく小さな区々たる問題として、予算編成の中においても重大なポイントを占めたことはなかったように思います。しかし、この問題に熱意を持つかどうかということが、そのときの内閣の基本的な性格を知る意味においても重大な内容を持

相馬助治

1962-03-06 第40回国会 参議院 社会労働委員会 11号

○相馬助治君 今日、環境衛生同業組合に網羅されておる理容、美容、クリーニング、その他各種業者は、いずれも過当競争に苦しんでいて、本来ならば、料金協定の問題についても、五十七条を発動して規制命令を出してほしいというような念願を持っていると思うのです。ところが、今回の東京都の理容同業組合が出したものは、それらの問題に触れずに、まじめに、年々減少していく従業員の保護と、その労働力の確保の目的をもって、何とかして

相馬助治

1962-03-06 第40回国会 参議院 社会労働委員会 11号

○相馬助治君 私は、この際、環境衛生法によって守られている理容の問題に関して、主としてその労働力の確保という角度から、具体的な事柄を中心として厚生当局に質問したいと思います。  まず最初にお尋ねしたいことは、東京都理容環境衛生同業組合が、先般営業法を主として、規制命令の申請書を東京都に提出したと伝えられていますが、厚生省はそういう事実を知っておりますか。そうして、また、それに対してどのように措置をされておるのか

相馬助治

1962-02-20 第40回国会 参議院 社会労働委員会 8号

○相馬助治君 委員長の御発言を了解いたし、協力したいと思っております。  この際、厚生大臣に承っておきたいと思います。今度提案が予想されておる臨時医療報酬調査会法案この法律案を、衆議院、参議院の審議の過程において研究し、修正を加える点があれば修正を加え、そうしてこれを通しいくという柔軟な厚生省の御意見と承って、基本的な考え方としてはそうあるべきだと、一応賛意を表します。しかし、問題なのは、医師会が今日一

相馬助治

1962-02-20 第40回国会 参議院 社会労働委員会 8号

○相馬助治君 ただいま坂本委員が触れられた臨時医療報酬調査会法案の取り扱いについてお尋ねします。前国会の中央医療協法案については、議運からお仕着せの形で、衆議院と取り扱いを別にして、社労委員会で取り扱いました。今回は、本院においては、制度上内閣委員会が取り扱うという公式的な方式を排して、内容を熟知している社労委員会が扱うのが至当であるという理由によって、社労委員会において取り扱うべきだと思うのです。

相馬助治

1962-02-13 第40回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 政治的な問題を次のこととして、法的に尋ねているのですが、そうすると現在の段階では、シカゴ条約及び航空法は軍人について定期便を利用した場合にかくかくというような積極的な規定のないことを私も承知しております。したがって、非武装ならば軍人の輸送は法的には拒み得ないものだ、かように外務大臣は了解しているのですか。

相馬助治

1962-02-13 第40回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 従前の経緯について、今外務大臣から報告を聞きましたが、おおむねその処置は正しかったと思うのです。しかし問題はオランダ政府が西イリアンにおける兵士の交替であるというような説明、あるいはまた、それは兵員の増員ではないからというような弁解めいたこと、そしてまた事実問題としては定期便を使って、いわゆる兵士風の若者が送られていると新聞が伝えているというようなこういう状況を見まするときに、羽田というものが

相馬助治

1962-02-13 第40回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 先般来、オランダ軍人らしい外人がKLM機でわが羽田を経由して、現在紛争中の西イリアン地方へ多数旅行しているという事実が伝えられております。これに関連して、政府もその取り扱いに関して苦慮していると新聞が報じておりまするが、これに関してその経緯をまず外務大臣より承りたいと存じます。

相馬助治

1961-10-31 第39回国会 参議院 社会労働委員会 10号

○相馬助治君 訂正されましたが、仲裁委員の場合には一種の裁判権を持っているので、これは明らかに違うと思ってお聞きしたいと思ったのですが、労働委員ということですから若干事情は違ってきますが、労働委員会の場合におきましても、三者構成で、その公益委員というものは仲裁委員会ほどではありませんが、一種の裁判権に似た権限を有しておるのであって、若干今の説明は若しいように考えるのですが、とにかくそのことについて私

相馬助治

1961-10-31 第39回国会 参議院 社会労働委員会 10号

○相馬助治君 石橋議員に二点だけお尋ねしたいと思います。  この公益委員について国会承認事項といたしましたことは、この種諮問機関の中ではきわめて珍しい例のように私は考えるのですが、他との関係はどのようになっておるかということが質問の第一点です。  それから質問の第二点は、一口に諮問機関と申しましても、社会保障制度審議会のように、日本の最高の知能の水準の者を集めて最高の答申を期待する性格のものと、それからただいま

相馬助治

1961-10-31 第39回国会 参議院 社会労働委員会 10号

○相馬助治君 ただいま議題となりました五法案について、そのうち国民年金法の一部を改正する法律案並びに年金福祉事業団法案に対しましては反対の意思を、残された三法案に対しましては賛成の意思を民主社会党を代表して表明いたします。  まず、国民年金法の問題でありますが、ともかく今の時代におきまして、自民党内閣がこの年金制度を考え、老齢福祉年金をも含む年金制度を実現せしめたということに対しましては、私はこれに

相馬助治

1961-10-30 第39回国会 参議院 社会労働委員会 9号

○相馬助治君 今、坂本委員が質問していることに関連して貸付を受けるもの――受けることができるものという規定の適用について一点伺いたいと思いますが、中小企業団体法並びに環境衛生法で規定されている同業組合は、貸付の対象になるかどうか。私はなり得ると思いますが、なるとすれば、その同業者がたとえば理髪業なら理髪業というものが、リクリエーションを目的とした宿泊所を作ろうとすれば、貸付の対象の業種に入るかどうか

相馬助治

1961-10-30 第39回国会 参議院 社会労働委員会 9号

○相馬助治君 今坂本委員の質問したことは非常に大事です。それで、大臣は努力したいと言いますが、私どもはそれは当てにならぬということを言いたい。灘尾さんの時代でなくて、前の大臣のことですが、今年度の予算を見ると一〇%上がる。したがって、患者にかぶせないなら二十四億要るということが明瞭なんだ。にもかかわらず十五億しか計上できなかったのです。それで九億というのは流されたような形になっている。しかし、これは

相馬助治

1961-10-17 第39回国会 参議院 社会労働委員会 5号

○相馬助治君 私は坂木委員の提案に賛成です。ただそれと一緒にお願いしたいのは、身体障害者雇用促進法について、状況と不備の点と坂本先生がおっしゃいましたが、それに加えて、この法律ができたために視力障害者が、病院で雇用されていた方が逆にこの法律で基準があったために、今まで雇用されていた者が逆に悪くなった例すらありますから、そういうふうな早急にこの法律で直さなければならないというふうな積極的な点を不備という

相馬助治

1961-10-17 第39回国会 参議院 社会労働委員会 5号

○相馬助治君 今、議論されておることはきわめて重大だと思います。何としても私はさっき政務次官が率直におっしゃったことに敬意を表します。そこへすわると、えてしておざなりのいいかげんなことを言う人が多いが、森田さんが言うように、看護婦さんが将来に向かって明かるい希望の目を持っていないと僕は直観した、実に重大な発言であり、傾聴に値する発言だと思います。そこで問題は、今、待遇改善のことが問題になっておりますが

相馬助治

1961-10-14 第39回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 沖繩の問題については、率直に申して、このサンフランシスコ条約規定の条項を守っていないと私は思うのです。いわゆる査察権を伴う国連の信託統治にするという、こういう考え方というものは現に実現しておりません。もっとも平和条約時代に予想した事態とは全く違うのでありまして、信託統治にするというととを一方的に申しても、それはソ連の拒否権その他から事実の問題としてはそれは無理であろうと私はこれを認めます

相馬助治

1961-10-14 第39回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 帰路立ち寄る調査団に対して、その機会を利用して政府の見解、それから沖繩の人々の要請している点、そういうものを十分に納得せしめるような努力がほしいと私は思って以上のことを申し上げたのであります。  で、十一月二日から開かれんとしておりまする日米合同委員会にはアメリカの主要閣僚も来朝すると伝えられておりますが、予想される議題の中に、重要な事項の一項として沖繩問題というのが見当たらないのでありまするが

相馬助治

1961-10-14 第39回国会 参議院 予算委員会 3号

○相馬助治君 私はこの際、内閣総理大臣以下各閣僚に対して、若干の現在当面せる重要と思われる問題について質問いたします。  まず第一に沖繩の問題ですが、沖繩については、私は先般船田中氏を団長とする視察団の一員に加えられて、キャラウエイ高等弁務官の招待によって現地を見る機会に恵まれました。相当の心づかいをもって諸般の仕事をしていることを十分認めるのでございますが、沖繩の問題の中には非常に多くの悲劇的な要素

相馬助治

1961-10-13 第39回国会 参議院 本会議 8号

○相馬助治君 民社党を代表して、首相、大蔵、厚生の三大臣に質問いたします。  日本の社会保障制度の歴史にとって今年はきわめて重要な年だと思います。保険料納入によって、ただいま問題になっている国民年金の制度も曲がりなりにも発足し、また一方、医療保障の問題、国民皆保険の問題もここに出発したのであって、形式的に一応形は整えたけれども、問題はこれをどのように発展せしめるかであろうと思います。私は、六年ほど前

相馬助治

1961-10-10 第39回国会 参議院 社会労働委員会 4号

○相馬助治君 ただいま藤田委員から、社会保障のうちの一つの重要な柱である所得保障に関連して、きわめて適切な質問があったのであって、この問題については、ひとり厚生大臣のみをもって返答したり、確言を与えることは困難であろうと思うけれども、国民の所得の格差が池田内閣の所得倍増政策によって、残念なことながら、いよいよはなはだしくなる傾向にある今日、特に実力者内閣である現在の内閣、そしてまた、お世辞抜きに実力者

相馬助治

1961-07-31 第38回国会 参議院 社会労働委員会 閉3号

○相馬助治君 私小柳委員の質問に関連して、これは重大な問題だと思ってお尋ねしたいと思うのです。  われわれも気づいておりましたが、今鹿島委員からの報告を聞いて、あらためて、この委員会として考えてみる必要があろうと思うことは、この国民医療の向上上、まじめな医者、まじめな薬剤師、こういう人たちの努力に対しても、この種の薬屋の乱売、廉売、そして今度は薬事法にも明らかに違反するようなスーパーマーケット式のこの

相馬助治

1961-06-02 第38回国会 参議院 社会労働委員会 33号

○相馬助治君 関連して。今の藤田委員の質問に関連してのお答えについて、ただいま次官がおっしゃったことでもう尽きていますけれども、閣議が生ワクを入れることを決定しているほど政府自体が熱意を持っているはずなんですが、先ほどの答弁をむし返すようだが、文部省と、それから厚生省と、そして相手が外務省だから渡航申請がおくれるとか何とか言うておるが、これは毎週開かれる渡航審査会で一般に審査させるのとは、こういうような

相馬助治

1961-06-02 第38回国会 参議院 社会労働委員会 33号

○相馬助治君 ただいま議題となりましたじん肺法の一部を改正する法律案、労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案及び労働基準法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及びその概要を説明申し上げます。  金属鉱山等粉塵を発散する職場に働く労働者は、現在の商度の医学をもってしても治療の方法のないけい肺という職業病に侵されますことは、すでに皆様の御承知のところであります。このけい肺については、第二十二回特別国会

相馬助治

1961-05-29 第38回国会 参議院 予算委員会 29号

○相馬助治君 私は、民主社会党を代表して、ただいま議案となっておりまする政府提案の両予算補正案に対し、意見を付して賛成の討論を行なわんとするものでございます。  すなわち今般の政府案は、本年三月二十七日に公労委が行なった仲裁裁定の予算措置を行なうものでございまして、政府が、ともかく今日の財政窮迫の中におきましても、この仲裁裁定に対して完全実施をせんとしたそのことに対しましては、政府の今後仲裁に対するよき

相馬助治

1961-05-22 第38回国会 参議院 予算委員会 26号

○相馬助治君 従来この論議がしり切れトンボになったきらいがあるのは、債務である、ないというところに論争の中心があって、従って債務の額がどうであるとか、あるいは返済金の使途がどうであるとか、返済する場合にはどの会計からどういうふうに出して、それが国民経済にどういうふうに響くんだ、こういうことを聞きたいのだが、聞くというと、ああそうか、それではお前らは返すことを認めるのだな、こういうふうに思われはせぬかと

相馬助治

1961-05-22 第38回国会 参議院 予算委員会 26号

○相馬助治君 おのおの政党を形作って主義主張が違うのですから、内政問題については画然として両論に分かれて議論をすることはあり得てもよろしいし、またそのことは否定する必要がないと思いますが、事外交問題に関しては、でき得るならば国論を統一いたしまして、国際信用を高める上からも、そしてまたこのたびの首相の渡米にあたってもできるだけその成果を大ならしめるといろことは、立場を離れて全国民の期待するところだと思

相馬助治

1961-05-22 第38回国会 参議院 予算委員会 26号

○相馬助治君 私は、一番最初に、首相に対してガリオア・エロア資金問題についてお尋ねをいたします。  総理は、渡米前に、重要問題について野党の党首と話し合いをするということをお考えのようでございまするが、事外交問題に関して首相がそうした態度をおとりになるということに対しましては、大へんにけっこうなことであり、これがよき慣行になることを私は期待しております。そういう際に一番問題になりますことは、現在政府

相馬助治

1961-05-18 第38回国会 参議院 社会労働委員会 29号

○相馬助治君 もう実に筋の通ったような話をしながら無責任きわまるので、ここに、委員にはお医者さんがたくさんいらっしゃいまして、私はそのお医者さんには若干失礼な言葉になるかもしらないけれども、このお医者さんの立場からいえば、この療術師のような方がふえることはこれは必ずしも好ましくないと思うのです。もっと卑近な言葉をもって言えば、失礼ですけれども、医師の療養の範囲を荒される、端的にいえば商売がたきのような

相馬助治

1961-05-18 第38回国会 参議院 社会労働委員会 29号

○相馬助治君 私は、この法律案に関して基本的なことを聞いておきたいと思うのですが、現実に電気その他をもっておやりになっているこの療術師の医療効果というものは公共の福祉に反しないとかなんとかいうようなことで政府当局も見、療術師自身も部外だからなどといって遠慮をしておるけれども、現実にはこういう業が成り立って、こういうものによって病気がなおっている人があって、公共的に認められていると思います、現実に。それででたらめな

相馬助治

1961-05-18 第38回国会 参議院 社会労働委員会 29号

○相馬助治君 この阿具根委員の質問と藤田委員の質問の答弁の態度に現われておるように、厚生省は、この法律の、前に通過したときの立法、改正精神、並びにこれに附帯決議として乗っていたものの精神を体して努力を何にもしていないということを、ここにみごとに暴露しているのです。今申したこの指圧が入った歴史というのは、あん摩というものの概念は、押す、さする、なでる、たたくだと、それに押すがないなら指圧は入れることが

相馬助治

1961-05-11 第38回国会 参議院 地方行政委員会 20号

○委員外議員(相馬助治君) 今の局長の説明の中で、ごもっともな面もあるけれども、速記に残して国会の発言としてはきわめて穏当を欠くものがあります。そういうことは腹の中の問題だから、ここで言うべきではないというようなことでありますが、栃木県側の私どもといたしましても、そういうタイミングの問題は十分に考え――ただ、今、田植期を前にして血の雨が降るというような、水問題を中心としておるがゆえにこそお尋ねしておるのであって

相馬助治

1961-05-11 第38回国会 参議院 地方行政委員会 20号

○委員外議員(相馬助治君) 具体的なことになりまするので、必要あれば局長をして答弁せしめられてもけっこうでございまするが、大臣に承りたいことは、この調停案の内容は、従来慣習的に、水利の上からも、あるいはまた生活環境の上からも、また今までの経緯からも、こういう分村案というものは出ないであろうと、実のところは村当局並びに県は、私どもも含めて、考えていたところへこうした調停案が出たわけなんでございまするが

相馬助治

1961-05-11 第38回国会 参議院 地方行政委員会 20号

○委員外議員(相馬助治君) 重要な法案の審議の途中で委員外発言をお認め下さった委員長並びに委員各位に敬意を表します。  この際、安井大臣にお尋ねをいたし、特に善処方をお願いしたい件があって質問をいたします。  大臣すでに御承知のように、町村合併法の有効期間も残り少なくなって、この種問題について、それぞれ自治省が指導的立場に立って結論を急がなければならない事態は、私もよく了解をしているつもりです。ここに

相馬助治