運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
255件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

白眞勲君 では、確認ですけれども、今までの答弁では、自衛隊中東派遣法的根拠というのは防衛省設置法上の調査研究であるということから、調査研究に従事する自衛隊による武器使用については自衛隊法九十五条の武器等防護が適用され得るとされているわけで、自己又は自己管理下に入った者がいた場合においても、日本籍船舶日本船舶外国組織からの襲撃があったとしてもそれは適用されないということなのか、あるいは自衛隊

白眞勲

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

白眞勲君 立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  今回の水害におきまして被害を受けられた皆様に対し、心からのお見舞いを申し上げます。また、自衛隊におかれましては、今回の水害に対する救援活動に心より敬意を表したいというふうに思います。  では、質問に入らせていただきます。  まず、イージス・アショアの件についてお聞きする前に、一つだけ。先日の読売新聞自衛隊中東派遣に係る武器使用についての

白眞勲

2020-06-17 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第5号

会長白眞勲君) ただいまから国民生活経済に関する調査会を開会いたします。  継続調査要求に関する件につきましてお諮りいたします。  国民生活経済に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件継続調査要求書議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

白眞勲

2020-06-12 第201回国会 参議院 本会議 第24号

白眞勲君 国民生活経済に関する調査会における中間報告につきまして御報告申し上げます。  本調査会は、国民生活経済に関し、長期的かつ総合的な調査を行うため、第二百回国会令和元年十月四日に設置され、三年間の調査テーマを「誰もが安心できる社会実現」と決定し、調査を開始いたしました。  一年目は、調査テーマのうち、「困難を抱える人々現状」について調査を行うこととし、「子どもをめぐる諸問題」及び「

白眞勲

2020-06-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

白眞勲君 結局できないということなんですけど、中国との関係においては、先ほど山田先生からもありましたけれども、マスコミでも話題になっている香港ですね、国歌侮辱禁止条例、国の歌ですね、国歌というのは。国の歌の、侮辱したことを禁止させる条約ができるかどうかということでこれ話題になっていますけど、これ違反して仮に日本人禁錮刑を受けた場合、これこの対象にならないということでよろしいですね、そうすると。

白眞勲

2020-06-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

白眞勲君 交渉中ということで。  今までこの条約というのは様々な国と締結しているんですけれども、各国との条約で、相手国側に例えばスパイ罪実刑判決を受けて服役している日本人受刑者を移送することができるのかどうかと、日本では当然スパイ罪というのはないわけですから。このように、日本法令において犯罪に該当しない行為が相手国法令では犯罪に該当し実刑判決を受けた受刑者の取扱いについては、これ一般論でいいので

白眞勲

2020-06-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

白眞勲君 おはようございます。立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  初めに、拉致被害者家族会初代代表で、拉致被害者横田めぐみさんの父、横田滋さんが一週間前の六月五日に御逝去されました。心からのお悔やみを申し上げます。  では、日・ベトナム受刑者移送条約について質問します。  この条約は、日本で服役しているベトナム人受刑者数が多いことから、条約を締結する意義が確かにあると思いますが、これと

白眞勲

2020-06-10 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第4号

会長白眞勲君) さて、新型コロナウイルス感染症拡大は、生命への危険だけではなく、我が国の国民生活経済にも甚大な影響を及ぼしております。  この国難ともいうべき状況の中、医療従事者皆様国民生命を守るために懸命に働き、また、保育や介護、ライフラインの維持、そして生活必需品の流通に携わられる方々も昼夜を分かたずその職務を全うされております。  私たち生活はこのような使命感あふれる方々によって

白眞勲

2020-06-10 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第4号

会長白眞勲君) ただいまから国民生活経済に関する調査会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言申し上げます。  新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、日本においても多くの尊い命が奪われ、哀惜の念に堪えません。  新型コロナウイルス感染により亡くなられた方々とその御遺族に対し深く哀悼の意を表するとともに、現在闘病されている方々の一日も早い回復をお祈りいたします。  つきましては、ここに

白眞勲

2020-05-27 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第3号

会長白眞勲君) ただいまから国民生活経済に関する調査会を開会いたします。  国民生活経済に関する調査議題といたします。  本日は、中間報告書を取りまとめるに当たり、これまでの調査を踏まえ、「誰もが安心できる社会実現」のうち、「困難を抱える人々現状」について委員間の意見交換を行います。  本日の議事の進め方でございますが、まず、各会派一名ずつ指名させていただき、その後は、会派にかかわらず

白眞勲

2020-05-26 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第13号

白眞勲君 いや、その具体的な何かやり方というのは、もちろん支店からといってもなかなか、申し訳ないですけど、なかなか日本銀行というのは一般国民にとってみたら遠い遠い、先の遠い話でありまして、その辺りについてどういう形を取っていくのかというのは、日銀総裁としてはどういうふうにお考えですか。

白眞勲

2020-05-26 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第13号

白眞勲君 ありがとうございます。そのとおりなんですね。  特に、これは黒田総裁も四月二十九日におっしゃったように、余り自分たちは今まで信用金庫とか信用組合とはお付き合いがなかったと。ですから、逆に言うと、それを周知するといっても、なかなか信用組合信用金庫の皆さんが、えっ、日本銀行みたいな感じになっている部分というのは私はあると思うんですね。ですから、それはこれからも頑張ってもらいたいと思うんですけれども

白眞勲

2020-05-26 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第13号

白眞勲君 立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。質問の機会をいただきまして、誠にありがとうございます。  まず、早速でございます、黒田総裁にお聞きしたいと思いますが、日銀はこの二十二日に開いた臨時の金融政策決定会合で、金融機関を通じて中小企業の資金繰りを助ける新たな資金供給策を正式に決めたわけですね。これについては、私は四月の二十九日の予算委員会で、黒田総裁出席していただいた中で、とっても

白眞勲

2020-05-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第11号

白眞勲君 私もこういう経験ってないんですけど、半年間ですよね、日本を出航してまた戻ってくるまで。その間、ほとんど陸地は踏めない、まあ岸壁では少し運動もできそうだということですけれども。本当、今、防衛大臣、フラストレーションもということをおっしゃっていましたけど、息抜きができないと、狭い艦内でほぼほぼずっととどめ置かれるというのは、これ隊員にとってみても大変なストレスであると。単に中にいるだけではなくて

白眞勲

2020-05-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第11号

白眞勲君 おはようございます。立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  まず、中東派遣関係で、今回護衛艦がもう出発したわけでございますが、ここで防衛大臣にお聞きいたします。  このコロナ関係で、今回、護衛艦乗組員たち、ほぼほぼ陸地を踏めない勤務になりそうだという報道があるんですけれども、この件についてちょっと御説明いただければ有り難いと思っています。

白眞勲

2020-04-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第17号

白眞勲君 まさに今、一生懸命外務省も頑張ってくれている。しかし、やっぱりこのWHO本当にこれ入れるのか。特に、毎年五月、WHOは総会を開くようなんですけれども、そこで台湾オブザーバー参加を認めるかというのが今大きなポイントになっているんですね。  そういう中で、総理として、これ国際社会と連携して台湾オブザーバー参加について強く働き、努めないと、ああ、そうですかって、今の事務局長さんはそれでおしまいになっちゃう

白眞勲

2020-04-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第17号

白眞勲君 総理のおっしゃるとおりなんですよ。いろいろ私も言いたいことはあるんですよね、WHOには、今の状況の中で。  そういう中で、今おっしゃいました台湾WHO加入の問題なんですけれども、外務大臣台湾WHOに入れてくれない、外務大臣、そのためにどんなことを今までしていましたでしょうか。

白眞勲

2020-04-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第17号

白眞勲君 立憲民主党白眞勲でございます。  じゃ、早速ですけれども、このパネル見ていただきたいと思います。(資料提示)  この表は、感染ピークをずらし、遅らせるのと同時に、ピーク時の患者数を抑えることで感染拡大を防ぐことを表にしたというものなんですね。これはテレビの見ている方は皆分かると思う、ああ、この表ねって。これ、今国民みんな知っている。  ただ、実はこれ、いつ出たかといえば、もう今から

白眞勲

2020-03-26 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第6号

白眞勲君 ちょっと驚きました。六十以上の国でいまだに足止めされている邦人の方々がいらっしゃると。これ、大変なことだと私は思っております。  今、人数は、なかなか何人というのは言えないけれども、おおよそ何名というのは言えるかと思いますが、おおよそで結構でございますので、おっしゃっていただきたいと思います。

白眞勲

2020-03-26 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第6号

白眞勲君 是非それをお願いしたいと思うんですね。  なおかつ、もちろん、いろいろ予算で今、経済対策云々とあります。もちろん、それ一つ一つは非常に重要な話ですけれども、ワクチン開発もきちっと予算を掛けていくということは、これもまた当たり前のことだと私は思っております。  今、茂木大臣から、先ほどですか、8Kとかいうのがありましたけれども、私は画像は白黒でもいいと思っているんです、余り私の顔を8Kで映

白眞勲

2020-03-26 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第6号

白眞勲君 立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  ちょっと質問通告はしていなかったんですけど、外務大臣、今、松川委員が非常に大切なことをおっしゃったのは、やっぱりテレビ会議についてです。  非常に、G7で昨日の夜、一生懸命やっていただいた。これ本当、私、評価するんですよ。そういう中で、やっぱり一番重要なことは、やはり今のこの新型コロナウイルス関連においては、国民というか、全世界の人たち

白眞勲

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

白眞勲君 ですから、向こうからは要求されたんですか、被告の送還を。それを、事実関係としてどうなんだと聞いているんですけれども。それは、別に要求されたって、それは我々としてはお断りしますということでいいと思うんですよ、別に。それだけの話だと思うんですよ。何でそれ外交上のやり取りだというふうに言うのかどうか、ちょっと分からない。その辺の事実関係について教えてください。

白眞勲

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

白眞勲君 立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  まず、カルロスゴーン被告身柄引渡要求に関して質問をしたいというふうに思います。  カルロスゴーン被告は、逃亡後にレバノンのベイルートで記者会見をして、日本司法制度には欠陥がある、拘束は地獄のような体験だった、不当な迫害から逃れてきたと日本司法制度について繰り返し批判をしており、一方的な批判を受けることによって、日本イメージ相当傷

白眞勲

2020-02-19 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第2号

会長白眞勲君) ただいまから国民生活経済に関する調査会を開会いたします。  国民生活経済に関する調査議題といたします。  本日は、「誰もが安心できる社会実現」のうち、「困難を抱える人々現状」に関し、「外国人をめぐる諸問題」について三名の参考人から御意見をお伺いした後、質疑を行います。  御出席いただいております参考人は、明治大学国際日本学部教授山脇啓造参考人愛知淑徳大学交流文化学部准教授小島祥美参考人及

白眞勲

2019-12-09 第200回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第2号

会長白眞勲君) 本調査会調査テーマについて御報告いたします。  今期調査テーマにつきましては、理事懇談会等で協議をいたしました結果、三年間を通じた調査テーマを「誰もが安心できる社会実現」とすることに決定いたしました。  また、本調査テーマの下、一年目の調査につきましては、「困難を抱える人々現状」について調査を進めていくことになりましたので、併せて御報告いたしますとともに、何とぞ委員各位

白眞勲

2019-12-09 第200回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第2号

会長白眞勲君) ただいまから国民生活経済に関する調査会を開会いたします。  委員異動について御報告いたします。  立花孝志君の退職に伴い一名欠員となっておりました本調査会委員として、去る十月十五日、藤木眞也君選任されました。     ─────────────

白眞勲

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

白眞勲君 ありがとうございます。  そうしますと、今、中川参考人は、交渉結果は、関税交渉では日本は互角以上の成果を上げたんだということをおっしゃっているわけなんですけれども、ということは、今の段階において日本は、よく政府ウイン・ウインだと言っているんですけれども、実際には本音では日本ウインなんだということなのかなというふうにも思えるんですね。  これには、関税交渉関税の撤廃が入っていることを

白眞勲

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

白眞勲君 立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  本日、参考人皆様に、お越しくださいまして、本当にありがとうございます。  早速質問に入らせていただきます。  まず、中川参考人にお話を聞きたいと思うんですけれども、三人それぞれ今までお話聞かせていただいて、一つだけちょっと中川参考人の方には、協定附属書に書かれておる、例の米国が将来の交渉において農産品に関する特恵的な待遇を追求するという

白眞勲

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

白眞勲君 ちょっと大分先の方をしゃべっちゃっているような感じがするんですけれども、要は、調査研究目的でも陸上自衛隊派遣できるということが、今防衛大臣もお認めになっているわけですよ。  ただ、危ない、めちゃくちゃ危ないところには行かないよという、そういう内容だと思うんだけれども、ただ、今回の艦艇の派遣なんかを見ると、最終的には海上警備行動も念頭に置いてやっているということになって、これまあ海上自衛艦

白眞勲

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

白眞勲君 だから、やっぱり陸上自衛隊派遣が、調査研究目的で、いろいろな条件あるにせよ、可能であると、部隊の派遣がということにもなると思うんですよね。  これ、ちょっと防衛大臣にもお聞きしたいんですけど、これどう思われますか。要は何でもありなんですよ、調査研究ならば。若干条件があるんだけど。防衛大臣、どういうふうにお考えになるのか、お答えください。

白眞勲

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

白眞勲君 おはようございます。立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  日米貿易協定の審議の前に、一つだけちょっと防衛省にお聞きしたいことがありますので、よろしくお願いしたいと思うんですが。  さきの十一月十四日、当外交防衛委員会において、防衛省政府参考人が、調査研究根拠とした陸上自衛隊が国外に派遣されるケースとしまして、国際平和協力業務国際緊急援助活動に関わる検討を挙げて、空港、

白眞勲

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

白眞勲君 これ、二〇〇五年ですから、十五年も前の、約十五年前の話ですよね。にもかかわらず、今になってその検証を始めるというのはこれは本当に問題、放っておかれたわけですよね。今、まあ反省しているということですから。やはりこれ、もう指摘がされたときにすぐ遺骨を返すと、これ当たり前のことなんだと思うんですよ、私。これ失礼な話ですよ、日本人でない御遺骨を持ってきちゃうなんて話は。これ、外交上、本当に問題だと

白眞勲

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

白眞勲君 これ大変なことですね。この日本人ではないという専門家からの疑問の声が上がったのは二〇〇五年の五月であると。それ以降、今年七月に報道されるまで九回も指摘されていたのにもかかわらず、公表せずに放っておかれたようなんですが、何でこんなことになっちゃったんですか、お答えください。政府参考人で結構です。

白眞勲

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

白眞勲君 おはようございます。  立憲国民新緑風会社民白眞勲でございます。  まず、厚労省にお聞きいたしたいと思います。  シベリア抑留者関係です。シベリア抑留者遺骨として外国人遺骨を持ち帰った問題についてお聞きしたいと思うんですけれども、内部調査の結果、五百九十七人もの遺骨日本人ではない可能性があり、そのうち三百三十六人分の御遺骨は東京の千鳥ケ淵戦没者墓苑に納骨しているとの報道がありますが

白眞勲

2019-10-04 第200回国会 参議院 憲法審査会 第1号

会長代理白眞勲君) ただいまから憲法審査会を開会いたします。  岡田会長から会長辞任の申出がございましたので、私、白眞勲暫時会長職務を行います。  会長辞任についてお諮りいたします。  岡田会長から、文書をもって、都合により会長辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

白眞勲

2019-10-04 第200回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第1号

会長白眞勲君) この際、一言御挨拶申し上げます。  ただいま皆様の御推挙によりまして本調査会会長選任されました白眞勲でございます。  本調査会は、国政の基本的事項のうち、国民生活経済に関し、長期的かつ総合的な調査を行うことを目的として設置され、次の通常選挙までの三年間存続するものであります。  会長の責務を果たすに当たりまして、委員皆様の御指導、御協力を賜りながら、公正かつ円満な調査会運営

白眞勲