運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
149件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

衆議院議員生方幸夫君) 獣医療が高度化、多様化するとともに、獣医療に対する社会的要請が高まっております。このような要請に応えるためには、人の医療と同様に、獣医師と愛玩動物看護師とが診療の現場において各々の高い専門性を前提に、目的情報共有して獣医療を提供するチーム獣医療の体制を構築し、獣医療の質の向上を図っていくことが求められております。  法案では、こうしたチーム獣医療の重要性を踏まえ、四十一条

生方幸夫

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

衆議院議員生方幸夫君) お答えいたします。  動物愛護管理法において、動物の飼い主に対しては終生飼養の努力義務が課せられております。愛玩動物に対する獣医療の需要は高いものと承知をしております。また、愛玩動物の飼い主は飼養している愛玩動物の看護等について必ずしも十分な知識、経験等を有しているとは限らないため、飼い主等に対する助言その他の支援について専門的知識を有する愛玩動物看護師資格の制定が必要

生方幸夫

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

衆議院議員生方幸夫君) おはようございます。  宮沢委員にお答えをいたします。  まず、なぜ今国家試験なのかということですが、動物医療の高度化というのが挙げられるというふうに思います。  私が前に訪ねたことがある中国地方動物病院では、CTやMRIとか手術台とか、本当に人間医療と同様な設備が整えられ、極めて高度な医療が実施をされておりました。この背景には、愛玩動物の数が増えると同時に、動物家族

生方幸夫

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

衆議院議員生方幸夫君) 天然記念物に指定された日本犬種以外の犬種を繁殖しているブリーダーやペットショップに販売を行う場合については、特例の対象外であり、出生後五十六日未満の販売等が禁止されることになります。  この趣旨は、天然記念物に指定された日本犬種以外の犬種の繁殖を行っている者は日本犬について十分な知識、経験を飼い主に伝えられないおそれがあること、また、一般の飼い主がペットショップから購入する

生方幸夫

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

衆議院議員生方幸夫君) 八週齢規制の例外として、天然記念物に指定された犬について、その犬種の保護との調整を図るため、専ら天然記念物に指定された犬の繁殖を行う業者が犬猫等販売業者以外の者に犬を販売する場合は七週齢規制とすることにいたしました。  この例外措置は、天然記念物として指定されている日本犬を専門に繁殖しているブリーダーが一般の飼養者に直接販売する場合に限って適用されることを想定をいたしております

生方幸夫

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○生方委員 田村委員にお答えをいたします。  今回の法律は、愛玩動物看護師資格を定め、その業務を規律することにより、愛玩動物に関する獣医療の普及及び向上並びに愛玩動物の適正な飼養に寄与することを目的としております。  愛玩動物看護師は、獣医師の指示のもとに診療の補助を行うことを業務の一つとしていることから、獣医師公益的な役割に貢献し、愛玩動物に関する獣医療の普及及び向上に寄与するものであります。

生方幸夫

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○生方委員 お答えいたします。  動愛法についてはずっと議員立法でやっておりまして、私も、前回のときに環境委員長としてこの動愛法の改正にかかわりました。  今回の動愛法の改正、議員立法ですが、直接的には、犬、猫の殺処分禁止する議員連盟という超党派の議員連盟がございまして、その中に動愛法の改正プロジェクトチームというのができて、そこが、多くの関係団体からこの二年間にわたって多方面から意見を聞いてきた

生方幸夫

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

○生方委員 長尾委員にお答えをいたします。  我が国の犬、猫等の飼育頭数は約二千万頭と推計されており、愛玩動物は多くの家庭においてかけがえのない存在となっております。そのような中で、飼い主が求める獣医療は高度化する一方で、飼い主によるしつけ等の徹底も求められております。  これらの課題に対処していくためには、愛玩動物の診療における獣医師動物看護師によるチーム獣医療の体制の整備や、動物看護師によるしつけ

生方幸夫

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

○生方委員 山本委員にお答えをいたします。  我が国の汚水処理人口普及率は、現在約九〇%を超えておりますが、いまだに約一千二百万人が汚水処理施設を利用できておりません。また、浄化槽が整備されている場合であっても、単独浄化槽の合併浄化槽への転換が進んでおらず、浄化槽全体の約五三%に当たる約四百万基の単独浄化槽が残存しているのが現状でございます。  そこで、今回の法改正では、そのまま放置すれば生活環境

生方幸夫

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○生方委員 今回の法改正では、平成二十四年改正時の激変緩和措置を削除し、出生後五十六日未満の販売等を禁止する、いわゆる八週齢規制を完全施行することになっております。  その中で、特例として、天然記念物として指定された日本犬については、出生後四十九日未満の販売を禁止する現在の規定を維持することとしております。  八週齢規制の特例の適用範囲についての御質問ですが、この特例は、天然記念物として指定されている

生方幸夫

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○生方委員 我々がこの法律をつくるときに、二〇二〇年にオリンピックが開催されることが決まっております、二〇二〇年までに日本から動物のいわゆるガス室による殺処分を何とかゼロにすることができないかということで、ずっと議論を進めてまいりました。  今回、この条文にあるように、国際的動向を踏まえということは、当然、国際的動向の中では動物に多大な苦痛を与えて殺処分をするということは禁止をされておりますので、今

生方幸夫

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○生方委員 動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律案の起草案につきまして、提案者を代表して、その趣旨及び内容を御説明申し上げます。  動物は、我々人類にとって利用の対象であるとともにかけがえのない伴侶であり、大切に取り扱われなければならない存在であると同時に、適切に管理されなければならない対象でもあります。これまで、動物の愛護と管理の取組を車の両輪として進めていくことを通じ、人と動物

生方幸夫

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○生方委員 お答えいたします。  フロン代替物質とは、脱フロン化、低炭素化を推進するため、環境に対する負荷がより少ない冷媒などを指し、環境人体への影響などが検証されているものが望ましいと考えます。  例えば、CO2も冷媒として使用されていますが、CO2は森林が吸収することができるものであり、自然界でバランスをとることが可能なものです。  本年一月に発効したモントリオール議定書のキガリ改定では、オゾン

生方幸夫

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○生方委員 お答えいたします。  御懸念はごもっともだというふうに思います。そこで、私たちは、しっかり二〇五〇年までにフロン類を廃絶するという修正案を出しました。  昨年十月に発表されたIPCCの一・五度C特別報告書では、パリ協定の一・五度C目標に整合するためには、二〇五〇年ごろまでに人為的な温室効果ガスの排出をほぼゼロにする必要があると言われております。これに整合するようなフロン対策の強化が必要とされております

生方幸夫

2019-05-17 第198回国会 衆議院 環境委員会 6号

○生方委員 おはようございます。  ただいま議題となりましたフロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表して、その趣旨及び概要を御説明申し上げます。  修正案は、お手元に配付したとおりであります。  フロン類対策については、フロン類が強力地球温暖化物質であり影響が長期に及ぶこと、加えて代替フロン環境影響や人体影響などの検証が不十分

生方幸夫

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 磯崎副大臣、お越しをいただきまして、ありがとうございました。  副大臣にちょっとお伺いしたいんですが、今の環境省のお立場でいうと、環境アセスメントを厳しく適用して、石炭火力については厳しく対応すると。この座長案でも、石炭火力は全廃するという方向が打ち出されていて、副大臣も御承知のとおり、石炭火力は、日本は非常に力を入れている、海外にも輸出をしているということで、この間、インドネシアの住民

生方幸夫

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 今の、力強い意見だというふうには思うんですけれども、環境アセスメントを厳しく適用するということで、国民にわかりやすく説明するとすると、例えば、今までとはこう違って、こういうふうに厳しくするんだ、だから石炭火力はこうやって抑えられるんだということを、もう少し具体的にお話をしていただきたいんですが。

生方幸夫

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 きょうは、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  まず最初に、政府がこのたび発表いたしました温暖化対策長期戦略についてお伺いしたいというふうに思います。  二〇五〇年までに温室効果排出ガスの八〇%を削減するということとか、今世紀の後半のできる限り早い時期に脱炭素社会を目指すという目標自体は、もちろんこれは大変立派なものだというふうに思っております。問題は、これをどう実現

生方幸夫

2018-04-17 第196回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 人が住んで復興になるわけで、人が帰ってこなければ復興にはならないわけで、その辺はもちろんいろいろな方の意見を聞いていらっしゃるんでしょうけれども、例えば、十年後に我々がもう一回行ったとき、ああ、ちゃんとやってくれたんだな、人が戻ってきたんだなという状況にしていただきますようにお願いを申し上げます。  それでは、次の質問に移りたいというふうに思いますが、中間貯蔵施設福島第一原発をいわば取

生方幸夫

2018-04-17 第196回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 非常に、放射能というと、センシティブに国民がなっておりますので、やる際にはくれぐれも安全性に留意をし、人体には影響がないということを確認した上で、どういうふうに取り組むのかがわかりませんが、拙速に取り組むのではなく、周辺住民あるいは国民の理解を得た上で進めていただきたいというふうに思っております。  現地の市町村の副町長さんともお会いをいたしまして、彼らは、除染が終わった後はインフラの整備

生方幸夫

2018-04-17 第196回国会 衆議院 環境委員会 5号

○生方委員 おはようございます。立憲民主党の生方でございます。  きょうは、四十分間質問をさせていただきます。  私も、今、中村委員がおっしゃったように、サマータイムは賛成でございます。夏の朝四時ごろ明るいのは本当に無駄だなというふうに思いますので、これはヨーロッパでもアメリカでも取り入れられているので、何とか日本でも本当に、せめて検討する機関をちゃんとつくっていただきたいなと。これは質問には全く関係

生方幸夫

2018-02-13 第196回国会 衆議院 本会議 5号

生方幸夫君 立憲民主党生方幸夫です。  立憲民主党代表して、所得税法等の改正案並びに国際観光旅客税法案について質問いたします。(拍手)  冒頭、大雪の被害に遭われている北日本、北陸の皆様にお見舞いを申し上げます。まだ大雪のおそれがあるようでございますので、政府として万全の体制をとるようにお願いをいたします。  さて、今週の金曜日、十六日から確定申告が始まります。税務署の職員にとっては最も忙しい

生方幸夫

2014-11-12 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 8号

○生方委員 川内原発の原子炉は、ほとんど三十年近くたっているわけですよね。最近つくられている原子炉というのは、大臣も御承知のとおり、格納庫を二重にする、これは例えば飛行機なんかがぶつかったとき、炉心が損傷しないようにという形で格納庫を二重にするとか、あるいは、原子炉の底にコアキャッチャーと呼ばれるような、日本では炉心溶融が起こってしまったわけですから、それが起こらないようにコアキャッチャーを置くとか

生方幸夫

2014-11-12 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 8号

○生方委員 ぜひ引き続き努力をしていただいて、当委員会でその調査書を見て議論をするように、ぜひともお願いを申し上げます。  それでは、一般の質問に入らせていただきます。  おはようございます、大臣。  まず、鹿児島県の川内原発の再稼働というのが新聞紙上をいろいろ騒がせております。政府が、安倍総理もたびたび使っている言葉で、日本安全基準というのは世界で最も厳しい安全基準である、それを規制委員会許可

生方幸夫

2014-11-07 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○生方委員 大事な問題なので、ぜひともそれはずっと心に置いていただかないと、言いっ放しで終わっちゃったんじゃ、この委員会は何を果たしたのかということになってしまいますので、ぜひともよろしくお願い申し上げます。  それから、前回、九電の接続拒否のことを質問させていただきました。そのとき経産省は、接続申し込みの回答留保を、例えば認めるとかあるいは指示したりという権限はございませんというふうに答えております

生方幸夫

2014-11-07 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

○生方委員 委員長も御承知のとおり、この委員会で小渕前大臣が、当委員会に調査結果を出すということを明言されているわけです。当委員会、あと、普通にいけば、もう半月しかないわけでございまして、その調査結果を受けて当委員会でしっかり議論をしなければいけないというふうに思いますので、重ねて委員長に、小渕前大臣に調査結果を早く出すようにぜひとも言っていただきますようにお願いを申し上げます。

生方幸夫

2014-11-06 第187回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 5号

○生方委員 当然、被害者というか消費者に還元をするというのが一番だというふうに思うんですけれども、仮に、返金をする額よりも課徴金の方が安いというようなことが生じた場合、企業の方が、これは消費者に返すよりも課徴金だけ払っちゃった方がいいやというふうに思ってしまう場合もあるかと思うんですけれども、そういう場合はどうするんですか。そういうことは起こり得ないんですか。

生方幸夫

2014-11-06 第187回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 5号

○生方委員 同じように課徴金を課すことができる独禁法とか金融商品取引法というのがございます。これは課徴金に幅が持たれていますよね。ある場面では何%で、ある場面では何%というふうに変わっている。このように前例があるわけですから、今大臣もお答えになりましたけれども、とりあえず三%で始めても、これが余り適当でない、幅を持たせた方がいいということであれば、まあ、始める前に変えろと言うのもなんですけれども、柔軟

生方幸夫

2014-11-06 第187回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 5号

○生方委員 おはようございます。民主党の生方でございます。  今委員長から報告のありました不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。  去年、おととしあたりですか、食品偽装が非常に問題になって、あるところは、会社自体がおわびをして、経営者がやめるというようなこともありましたけれども、余りにも頻繁に起こるので、その次は謝っただけとか、その次はもう報道で一回出ただけでその

生方幸夫

2014-10-29 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

○生方委員 もう一度委員長に申し上げますけれども、これは小渕さん自身が、できるだけ速やかに当委員会に調査報告書を出すというふうに言っているんですよ。近藤委員が、それは遅くても来週の初め、だから、少なくとも今週の初めには提出するんでしょうねということを言っているわけですよ。  だから、幾ら客観的な調査委員会を立ち上げても、小渕さん御自身が調査をした範囲で報告できるものを報告しなさいということを委員長から

生方幸夫

2014-10-29 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

○生方委員 小渕さんが大臣をやめたからといって、この問題がけりがついたわけではないのはもう御承知のとおりでございます。報告書がきちんと当委員会に提出をされ、それを受けて討議をすることが何よりも大事だというふうに私は考えております。  もう一度、前回の委員会のときの答弁をここで御紹介いたしますが、我が党の近藤洋介議員が、書類はきちんと委員会の求めに応じて、かつ、委員会の求めに応じられなくても、できる限

生方幸夫

2014-10-29 第187回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

○生方委員 おはようございます。  江田委員長におかれましては、委員長就任おめでとうございます。私は、経済産業委員会に入ったことがなくて、初めての質問でございますので、よろしくお願い申し上げます。  まず最初に、前回の当委員会で、我が党の近藤委員が小渕前経済産業相の政治資金の問題について質問をいたしました。委員長もお伺いしていたというふうに思います。  そのやりとりの際に、近藤議員から小渕前大臣に対

生方幸夫

2014-06-20 第186回国会 衆議院 本会議 34号

生方幸夫君(続) そして、そのような暴言を吐いた石原大臣をかばい立てするということは、かばい立てする人もまた同罪ということになります。  以上のとおり、イシハラ信太郎君は、環境委員長として全く不適格であることから、委員長を解任すべきであることを申し上げ、討論を終わります。(拍手、発言する者あり)

生方幸夫

2014-06-20 第186回国会 衆議院 本会議 34号

生方幸夫君 民主党生方幸夫です。  私は、民主党無所属クラブ代表して、ただいま議題となりました環境委員長伊藤信太郎君解任決議案に賛成の立場で討論をいたします。(拍手)  故伊藤宗一郎議長長男として宮城県加美町に生まれ、宮城県第四区を地盤とする伊藤環境委員長にとって、震災からの復興というのは何よりも重要な課題であると拝察いたします。  日ごろ、被災者とじかに接し、その苦労を熟知している伊藤委員長

生方幸夫

2014-06-05 第186回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 7号

○生方委員 これは本当に非常に難しい問題で、最後は誰かが政治的な決断をしなければいけないということになるんでしょうけれども、今の状況を考えれば、私も以前は、原子力発電というのはCO2を出さないし、事故も起きたことがないから、もうちょっとふえてもいいんじゃないかなというふうに思っていたんですけれども、三・一一以降は、やはりこれは私の認識が甘かったんだということで、これからは原子力に頼ることはできないだろうというふうに

生方幸夫

2014-06-05 第186回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 7号

○生方委員 大変貴重な御意見で、私もそのとおりだというふうに思います。  松浦参考人にお伺いしたいんですが、私、この間、原発をトルコ輸出をするという案件がございまして、反対をして党から処分を受けたんですが、何で反対したのかというと、自分が責任を持てないことはやはりやってはいけないんじゃないかと。特に原子力の問題は、我々人間が生きている期間はこんなに短いのに、使用済み核燃料の問題から廃炉の問題からまで

生方幸夫

2014-06-05 第186回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 7号

○生方委員 民主党の生方でございます。  きょうは、貴重な御意見を聞かせていただきまして、大変ありがとうございました。  私も、発災直後、二週間ぐらいたって南相馬に参りまして、あそこにもう人が住めないんじゃないかなというふうに思いましたら、今、かなりの方が戻ってきているということで、まずは、市長の御苦労、大変なことだったというふうに思います。  ただ、先ほどのお話にもあったように、市民希望が持てないというのは

生方幸夫

2014-04-18 第186回国会 衆議院 環境委員会 8号

○生方委員 そうすると、認定された業者の誰でもがその業務に従事することができるというわけじゃなくて、最初に認定するときの時点で、これこれこれだけの人間をやらせますということを環境省の方でチェックして許可するという体制になっているというふうに理解してよろしいんですか。

生方幸夫

2014-04-18 第186回国会 衆議院 環境委員会 8号

○生方委員 事業者を認定するということですから、例えば、警備会社が認定事業者になった場合、警備会社には、多いところではきっと三千人とか四千人とかというたくさんの従業員の方がいらっしゃると思うんですけれども、その従業員全員がこの事業を行うのに適当かどうかというのは非常に難しい判断だと思うんですけれども、法人認可して、そこに入っている従業員に対してはどういうチェックをするのかという、そのチェック体制をお

生方幸夫

2014-04-18 第186回国会 衆議院 環境委員会 8号

○生方委員 おはようございます。民主党の生方でございます。  鳥獣保護法の改定、きょう採決が行われるということでございますので、これまでもう随分審議が進んだと思いますが、私は必ずしも全部出ているわけじゃないので、ひょっとして重複する質問があったら御指摘をいただければというふうに思いますので、よろしくお願いを申し上げます。  まず最初に、今回の改定で認定鳥獣捕獲等事業者制度というのが導入されることになったというふうに

生方幸夫

2014-04-03 第186回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 2号

○生方委員 民主党の生方でございます。三十分ほど質問させていただきます。  まず、トルコアラブ首長国連邦への原発輸出についてお伺いしたいと思います。  既に、トルコアラブ首長国連邦日本との間には原子力協定が結ばれており、国会での承認を待っている状態となっております。  福島第一原発事故はとても収束しているという状況にはないと私は思っております。今でも汚染水の問題が頻繁に起きておりますし、事故によっていまだに

生方幸夫

2013-11-05 第185回国会 衆議院 環境委員会 3号

○生方委員 いずれ見直さなければいけないのは明らかでございますので、環境省としても、今、菅官房長官が言っているからということではなくて、ぜひ、石原環境大臣におかれましても、積極的に、どのように見直したらいいのかというお考えを早目におまとめいただいて、この委員会で披露していただければというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。

生方幸夫

2013-11-05 第185回国会 衆議院 環境委員会 3号

○生方委員 おはようございます。質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  日曜日ですか、楽天が優勝して、東北被災者の皆さんも大変勇気づけられたと、明るいニュースが出ておりました。  また、きょうの新聞で、原賠法それから原賠機構法を全面的に見直すというのが政府から出ているというのが報道されておりました。  汚染水の問題を見ても、東電だけに任せていたのではなかなかうまくいかないなというのは

生方幸夫

2013-06-13 第183回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 10号

○生方委員 民主党の生方でございます。  初めて質問をいたしますので、よろしくお願いを申し上げます。  同じような趣旨の法律が既にアメリカとかヨーロッパの国ではつくられておって、日本でも、おくればせながら、集団的な訴訟が、この法律ができるということで、一日も早く成立をしてほしいというふうに思っております。  アメリカでは、クラスアクションというんですか、一人の方が多数の方を代表して、個人訴えることができるという

生方幸夫

2013-06-04 第183回国会 衆議院 本会議 30号

生方幸夫君 民主党生方幸夫です。  ただいま議題となりました消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律案につきまして、民主党無所属クラブ代表して質問いたします。(拍手)  平成十八年、消費者契約法の一部を改正する法律案附帯決議などで、消費者被害の救済を講じる制度の検討が国会意思として示されています。  民主党は、平成二十一年三月、政府に先駆けて、平成十八年の

生方幸夫