運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
207件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

片山さつき君 ありがとうございます。そういうことがないと、やはり日本雇用日本製造業は守れないと。大きく言っていただいて、ありがとうございます。  次に、サプライチェーン国内回帰について、この二月以降、本当に私どもが申し入れた様々な対策を取っていただいて、だんだんだんだん結果も出てきておりますが、最初のきっかけは、自民党の方に戦略的重要物資研究会というのをつくったんですが、きっかけは、神奈川県

片山さつき

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

片山さつき君 ありがとうございます。本当に頑張っていただきたい。  そして、今回の補正予算で、いつそうなるか予見し難い予算の不足に財政法上充てるべき予備費十兆円、これは私は、こういう人類経験がなかったぐらいの大きなパンデミックでは、十兆円、十分意味があると思います。五兆円は既に財政演説で示されておりますが。  このグラフを御覧いただきたいんです。日本の働く人、その中で一番大きいのはやっぱり雇用者なんですよ

片山さつき

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

片山さつき君 ありがとうございます。自由民主党片山さつきです。  まず、冒頭コロナ肺炎で亡くなられた方の御冥福を心よりお祈り申し上げます。  お手元にお配りしたちょっとカラフルな一覧表なんですけど、コロナ対策個人への給付免除等支援として、この一月末以降積み重ねてきたものでございます。(資料提示)  黄色が一次補正まで、赤が今回二次補正予備費対応させていただいている分ですが、この中で、五月一日

片山さつき

2020-05-29 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

片山さつき君 支援を大幅に増強する形で二次補正の案も作らせていただいているわけですが、なかんずく被災地においては四重であるということをしかと御認識いただいて、さらに、実際に手に届くような伴走型支援をきちっと強化していただきたいと思います。  副大臣にお伺いしますが、この株式会社東日本大震災事業者再生支援機構、いろいろな案件を、本当に多様な案件をさばいてきていただいておりますが、今申し上げたようなコロナ

片山さつき

2020-05-29 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

片山さつき君 ありがとうございます。今お示しになられたような方針で、どうぞ何とぞよろしくお願いを申し上げます。  次に、いわゆる二重ローン問題、中小零細企業の資金繰り問題に移らせていただきたいと思います。  先ほど申し上げましたように、いわゆる二重ローン機構機構法筆頭提出人として、私は、この委員会に来ますといつも自分が答弁席で、一日半一日半か何かやったんですね、議員立法にもかかわらず、それで成立

片山さつき

2020-05-29 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

片山さつき君 自由民主党片山さつきです。  私は、今は自民党総務会長代理をしておりまして、各県連とは非常に頻繁にいろんなやり取りをするんですが、この大事な大事な復興庁設置法等の一部改正法案、岩手県、宮城県、そして福島県の三県連とも、一日も早い成立と、そしてしっかりとした財源確保を強く期待するというお声があったことを冒頭お伝えさせていただきます。  まず、東日本大震災につきまして発災以降の様々

片山さつき

2020-05-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

片山さつき君 今日は株も五百円以上上がっておりまして、本日から一都三県、北海道も含めて全国で緊急事態解除、いよいよ国民全体がコロナ対策経済再起動を両立させる新しい日常生活ニューノーマルを心掛けていくことになりますが、やはりニューノーマルに対するいろいろな設備投資等、当然投資が要ります。  その中に、やはり、かねてからお願いしておりまして、また、昨日の総理の御発表で二兆円の積み増しということになりました

片山さつき

2020-05-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

片山さつき君 ありがとうございます。  配付させていただいた「コロナ対策 個人への給付免除支援」は、働き方のステータスごとに人口を分けまして、黄色部分が一次補正で拡充した部分、赤が予備費と今回の補正予算案の見込みでございますが、できるだけ弱い立場の方にセーフティーネットを広げていく方針で苦労して次から次へと、多少逐次拡大という御批判もありますが、できるだけ漏れがないような形でここまで広げてきたという

片山さつき

2020-05-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

片山さつき君 自民党片山さつきです。  まず冒頭、今般のコロナ肺炎で亡くなられた方に心から御冥福をお祈り申し上げます。  年金機能強化法でございますが、今回の法案で最も重要な点は被用者保険適用拡大でございます。  るる議論が今日もございましたように、年金は、支え合い、共助で人生百年時代の大切なセーフティーネットでございますが、今般の新型コロナウイルス不況と戦う上でも、やはり真っ先に大きな影響を

片山さつき

2020-05-22 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

片山さつき君 本当にこういった規制改革分野、それからデジタル化、さらに、やはり新技術の導入、ロボティクス関係、ディープラーニング、立法が必要なことって増えてくると思います。ですから、各省庁だけではなくて、立法府にある我々がそのテクノロジーの共通理解を持って、しかもそれがしょっちゅう変わっていくわけですから、その議論を正確にしていくということがいかに重要かということが、この法律はそのほんのほんのほんの

片山さつき

2020-05-22 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

片山さつき君 衆参の委員会での皆様の大変すばらしい質疑議事録を見させていただいて、ここのところをストレートに聞かれたところがなかったので、今のお答えも含めて議事録にとどめられることは極めて重要ではないかと思っております。  次に行きますが、これも我々が検討している過程で、自治体のITシステムはねという話はあったんですよ。それは常に、今もありまして、今給付金を払っておりますが、マイナンバーでもちろん

片山さつき

2020-05-22 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

片山さつき君 本日は、極めて重要なこの委員会質疑の機会をいただけて大変光栄でございます。  実は、去年の秋になりますか、もうおととしの秋になりますね、二〇一八年でございますから、私が地方創生規制改革等大臣を拝命して直ちに安倍総理より、この岩盤規制の打破が安倍政権の、アベノミクスの中心なんだけれども、その規制改革の方も国家戦略特区の方もややここに来て踊り場に来ているので、誰から見ても分かりやすいような

片山さつき

2020-03-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

片山さつき君 これは現場感覚を持つ我々議員の総意だと思うんですね。最低でもすべからく五分の四、場合によってこの状況が続けば十分の九ということでお願いをしたいと思います。  また、教育訓練加算につきましても、今はまだ平常状態なんですが、これもリーマン・ショック時並みに引き上げるべきではないかという要望も非常に強いですから、こちらもお願いを申し上げます。  次に、外国人の方の質問がこの委員会でも出ておりますが

片山さつき

2020-03-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

片山さつき君 この法案の中に高年齢者就業確保措置が定められているんですが、その業務委託を締結する制度社会貢献事業に従事する制度等もございますが、地方創生担当大臣を一年やらせていただいて、UIJターンのところまでついに現金を支給するという制度をつくっておりますが、今のままだと、就業なのかどうかということも含めて、そのままぴったり合わないんですが、地方創生首都圏から地方への人の移転、あるいは人生二毛作

片山さつき

2020-03-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

片山さつき君 ありがとうございます。  まず冒頭、先ほど大臣からもお話がありますように、コロナ対策特措法に基づく対策本部設置ということで、風雲急を告げております。昨日の東京都の記者会見も含めまして、連日、私どもも党の方で経済対策の方の策定も急いでおりますが、最良の対策はこの感染症拡大防止そのものであることは誰の疑いの余地もなく、そして、治療薬、ワクチン、さらに、今日これから質問の中にも入れさせていただきますが

片山さつき

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 第10号

国務大臣片山さつき君) ただいまの地方創生先行型交付金の不適切な執行に対する検証についての審査措置要求決議につきましては、既に地方公共団体に対して交付金事業の適切な執行に係る留意事項について都道府県知事宛てに通知するなどの対応実施したところですが、御趣旨を踏まえ、適切に対処してまいります。  また、男性育児休業取得推進についての審査措置要求決議につきましても、御趣旨を踏まえ、適切に対処してまいります

片山さつき

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 第23号

国務大臣片山さつき君) 倉林議員から、子供に関わる機関におけるDVに関する知見の専門的研修教育義務付けについてお尋ねがありました。  DVは、家庭内で行われることから、外部からの発見、介入が困難である中で、児童虐待につながるなど、被害が深刻化しやすいとともに、被害者自身も、配偶者からの報復への恐怖や家庭事情など、様々な理由から保護を求めることをためらう傾向があるといった特性があると認識しております

片山さつき

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 第21号

国務大臣片山さつき君) スーパーシティではAIビッグデータなどの最先端技術を活用した複数分野にわたる先端的サービスが同時に実装されるというものなので、これを実現するために必要となる規制改革も当然数が多くなってきますから、同時、一括、迅速に進めることが不可欠でございます。その御認識委員の御指摘と変わらないと思うんですが。  従来の規制改革では、事業計画を御検討中に各省調整を行い、その段階で実はかなり

片山さつき

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 第21号

国務大臣片山さつき君) 御指摘のいわゆるスーパーシティ法特区法改正案等ですね、につきましては、四月十七日の国家戦略特区諮問会議で、速やかに閣議決定をした上で国会への提出を行うことについてお諮りし、了承をいただいたと、これは総理議長でございます。  現在、政府部内の調整はもう終えて、与党の調整プロセス最終段階で、先ほど政審、総務で了承されたという報告が入ってまいりまして、ただ、公明党さんの方

片山さつき

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 第21号

国務大臣片山さつき君) 御指摘のとおり、性犯罪性暴力被害者に与える精神的、肉体的な長期にわたるような傷ということを考えますと、これは当然、その心身の回復のための支援体制をきっちりつくり、そして相談しやすい体制をつくらなくてはいけないということは当然でございまして、第四次共同参画基本計画、それから第三次犯罪被害者等基本計画におきましてもこういった部分を盛り込んで努めているところでございまして、

片山さつき

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣片山さつき君) 社会のあらゆる分野について二〇二〇年までに指導的地位女性が占める割合を少なくとも三〇%という目標を立ててまいりまして、管理職的な部分では、民間企業課長相当職以上に占める女性割合を一〇%、国家公務員の同女性割合を五%という目標を、二十二年の第三次男女共同参画基本計画においてはこのようにしておりましたんですね。  その後、進捗状況も含め二十七年に今の第四次男女共同参画基本計画

片山さつき

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣片山さつき君) 女性活躍推進の方の予算も私どもでまとめておりまして、令和元年度は約九兆円と、これはまさに育児の手当とか社会保障関係まで全部くくっていますから相当な金額になるんですが、マイナンバーへの旧氏併記につきましては、まさに私、規制改革の方も担当しておりまして、そういったところからも出てきたところで、女性活躍加速のための重点方針の二〇一六年のところで決定をしております。  旧氏の使用

片山さつき

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 第9号

国務大臣片山さつき君) 平成を振り返って、大変貴重な御指摘をいただきまして、また、おっしゃるとおりに、東京一極集中には弊害があるという問題意識で取り組んできているわけですが、まず、人や情報の交流の直接性などの集積のメリットがあるから東京に集積しているわけですが、そのメリットを超えて生活環境面弊害があるんじゃないか。まず、通勤時間が平均百四分と余りに長い、住宅が高い、それから保育サービス高齢者介護

片山さつき

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 第20号

国務大臣片山さつき君) 現在、まちひと・しごとの第二期に向けて非常に活発な議論をさせていただき、まさに知事会市長会町村会、それから六団体ですね、議長会も含めて、御意見が出ている中で、地方創生推進交付金整備交付金については非常に高い評価が、まずこういった取組を維持強化していただきたいという声が非常に強いものですから、我々も意を強くして、地方への人の流れを生み出すという意味もありますし、

片山さつき

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 第20号

国務大臣片山さつき君) この政府関係機関地方移転取組は、本当に東京一極集中の是正のために、もちろん地方側の今委員のおっしゃった創意工夫を前提にして、それぞれの条件を踏まえて、地域における仕事、人の好循環を促進するために極めて重要で、もう全力で私どもとしては取り組んできたという所存でございますが、今は、二十八年の三月に私どもまちひと・しごと創生本部決定させていただきました政府関係機関移転基本方針

片山さつき

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 第20号

国務大臣片山さつき君) 岡田委員におかれましては、水戸の市長を始め、本当に地方現場政治に最も御精通をされておられる方のお一方でいらっしゃいますが、まさに御指摘のとおり、この権限移譲実施するに当たっては、その事務実施支障が生じては致し方ないわけですから、支障が生じないように国として確実な財源措置を講ずるのが重要というのはこれはもう原則でありまして、その観点から、制度官庁の方が法令改正などによって

片山さつき

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

片山国務大臣 御指摘のとおり、先般五月二十八日に、DV防止法の一部改正を含む児童虐待対策防止法案衆議院で通りまして、いろいろと国会内での話合いで大変いい形になっているということで御指摘があったわけです。  このDV防止法につきましては、確かに、いろいろと御意見がありますし、経緯がいろいろとございまして、初めにつくるときから、超党派議員の非常に意識の高い、関心をお持ちの先生方が真摯に議論を積み重

片山さつき

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

片山国務大臣 取りまとめはもう今月中ということになると、残りが……(大河原委員「今週中」と呼ぶ)今週中ということになりますと、もう残りは三日というのか二日というのかなんですけれども、週内にまとめさせていただくことで、既に、最後の会合で会の委員長の一任をとっておりますので、最終的な調整をしているところでございますが、その中身については、まさに、安定的な運営ということを委員がおっしゃいましたけれども

片山さつき

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

片山国務大臣 お答えさせていただきます。  ことしの二月一日から具体的には公式な会合を始めさせていただいたんですが、昨年から、私のもとに設置させていただいた、DV等被害者のための民間シェルター等に対する支援の在り方に関する検討会で、学識経験者のみならず、現場の最前線の方々、多分委員のところにもいろいろと今までお願いにも行かれていた本当に長い方々に御参加をいただきまして、会合自体は四回させていただいて

片山さつき

2019-05-28 第198回国会 参議院 内閣委員会 第19号

国務大臣片山さつき君) 地域自主性及び自立性を高めるための改革推進を図るための関係法律整備に関する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  地方分権改革は、地域が自らの発想と創意工夫により課題解決を図るための基盤となるものであり、地方創生における極めて重要なテーマです。  本法案は、昨年十二月に閣議決定した平成三十年の地方からの提案等に関する対応方針を踏まえ、

片山さつき

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第16号

片山国務大臣 お答えをいたします。  各省においてどのような事務が行われているかについては、それは各省の問題ですが、日程表につきましては、予定の時刻に沿って業務を遂行するための行動行事等日程を示すものであって、通常、公文書のガイドラインにありますような、組織の活動についての意思決定とか事務事業に関する内容を含むものではないですから、意思決定過程等の合理的な跡づけや検証に必要な行政文書という、この

片山さつき

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第16号

片山国務大臣 お答えいたします。  私自身の先々の予定につきましては、秘書官などの大臣室職員によって、必要に応じて、先々のこと、一週間とか一カ月とかについては報告を受けております。  日程表が先々のものについて、ないということについては、行政文書としてないということについては、おのおの、秘書官等大臣室職員が把握している情報でちゃんと、そごがないようにというんですか、入るようにということをやっているわけですから

片山さつき

2019-05-10 第198回国会 衆議院 本会議 第23号

国務大臣片山さつき君) 高橋議員より、配偶者からの暴力防止及び被害者保護等に関する法律抜本的見直しについてお尋ねがありました。  政府としては、これまで、この法律等に基づいて、DV被害防止被害者の適切な保護を徹底するために、相談体制整備広報啓発調査研究、そして民間団体に対する援助等対策を講じてきているところです。  御承知のように、この法律は、超党派議員により議論が積み重ねられ

片山さつき

2019-05-08 第198回国会 参議院 本会議 第15号

国務大臣片山さつき君) 礒崎議員より、女性活躍推進法改正によるジェンダーギャップ指数経済分野スコア改善についてお尋ねがありました。  御指摘ジェンダーギャップ指数は、経済教育、保健、政治の四分野について、それぞれの国の男女平等の程度を表す指標でございます。経済分野労働参加率男女比管理的職業従事者男女比などで評価されており、近年、日本経済分野スコアは、この現行女性活躍推進法

片山さつき

2019-04-25 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第6号

片山国務大臣 御指摘のように、今おっしゃったように、地方議会から政府に対して、放課後児童クラブ職員配置基準等堅持ですとかあるいは放課後児童支援員等処遇改善を求める意見書提出されてございまして、基準堅持を求める意見書は、私どもの了知しております限りでは十議会処遇改善の方を求める意見が十議会ということのようでございます。  繰り返しになりますけれども職員の資格や員数に関する基準参酌化

片山さつき

2019-04-25 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第6号

片山国務大臣 この委員会でもずっと御指摘をいただいておりますが、いわゆる放課後児童クラブにつきましては、地方公共団体の、それぞれの地域実施主体により、独自にその地域事情に応じて、法律化させる、法によって位置づけられる前からやってきておられるわけですね。  そこで、その後、平成二十四年の児童福祉法改正と、これを受けた平成二十六年のいわゆる基準の制定によって、放課後児童クラブに係る従うべき基準というのが

片山さつき

2019-04-25 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第6号

片山国務大臣 まず、提案募集でございますが、件数をふやしていくために、さまざまな支援を私どもとしてもさせていただいております。  まず、現状を申し上げますと、近年、住民に最も身近な市区町村からの提案割合は増加しておりまして、平成三十年は、市区町村提案団体数提案件数、ともに過去最多となっております。平成三十年、提案団体数が二百五十六、これは前年が百二十九でした、これが二百五十六にふえ、提案件数

片山さつき

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

片山国務大臣 御指摘法案につきましては、従来にない思い切った内容を含むものであることから、主に法技術的な観点からこれまで政府部内でぎりぎりの努力を重ねて検討を行ってきたため、時間を要しておりましたところでございますが、しかしながら、政府部内での調整もほぼ整ったことを受け、昨日四月十七日に開催された安倍総理議長を務める特区諮問会議におきまして、速やかに閣議決定をした上で国会への提出を行うことについてお

片山さつき

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

片山国務大臣 地方分権改革の起点になりましたと言われております地方分権推進に関する決議から約二十五年が経過をしております。その間、国と地方関係上下主従から対等、協力の関係に転換するとともに、三位一体の改革地方に対する権限移譲規制緩和など、地方自主性自立性を高めるための改革を積み重ねてまいりましたところでございます。  平成二十六年からは、提案募集方式に基づきまして、地方のお声にきめ細

片山さつき

2019-04-18 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

片山国務大臣 委員指摘のとおり、平成三十年は、関係府省との調整を行ったもののうち、提案が実現するなど、対応できるものの割合平成二十九年と同程度の約九割となりました。具体的には、子供、子育てや地域資源利活用関係を始めとした地方現場支障を解決してほしいという切実な御提案に対しまして、きめ細かくその実現を図ることができたのではないかと考えております。  提案対応率が高くなっている要因としては

片山さつき

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

片山国務大臣 お答えをいたします。  まさに全ての女性が輝くということ、そして、一億総活躍にしても、人生百年時代にしても、それから、全世代型社会保障にしても、希望をお持ちになったらその希望が実現できるようにしたいという意味で、その御希望がお子さんを欲しいということであれば、それを後押しするのが国家で、それ以上のことではないというふうに思っております。

片山さつき

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

片山国務大臣 セクハラの問題について、重大な人権侵害であって、男女共同参画社会の形成を大きく阻害する、あってはならないものということは、もう政府として当然の認識で、私もそのように随時答えておりますし、菅官房長官もその基本認識にとっていろいろな発言はされていると考えております。  もちろん、結婚にいたしましても出産にいたしましても、個人の非常に尊厳ある決定でございまして、もうそれに尽きるということだと

片山さつき

2019-04-17 第198回国会 衆議院 内閣委員会 第13号

片山国務大臣 御指摘のAV出演強要問題を始めとする若年層女性に対する性的な暴力に係る問題は、被害者心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害認識しております。  そこで、政府におきましては、男女共同参画担当大臣、私を議長とする関係省対策会議を設置して、これが二十九年三月からございますが、その都度、対策を取りまとめ、今、このフォローアップをずっと実施をしているところでございます。  さらに、政府

片山さつき

2019-04-15 第198回国会 参議院 決算委員会 第4号

国務大臣片山さつき君) お答えいたします。  御指摘の四月七日の道府県議会議員選挙及び政令指定都市議会議員選挙におきましては、いずれも女性候補者当選人の比率も過去最高とはなったんですが、道府県議員の方が約一割、政令市の方は二割ですから、あらゆる意味で、まだ大きく伸ばしていかなければいけないというか伸びていただきたいという、更なる推進が必要であると、そういう数字だということは間違いのないところでございます

片山さつき

2019-04-15 第198回国会 参議院 決算委員会 第4号

国務大臣片山さつき君) お答えいたします。  まさに、この夏に向けて様々な指針を、こういった皆様からの御意見、お叱り含めて作っていく過程に我々あるんですが、その中で非常に大きなポイントの一つでございます。  女性活躍推進のためにはやはり男性も協力しなければ駄目だということを今日さる場所でOECDグリア事務総長から直接私言われまして、IMFでも世銀でもOECDでも同じようなことを言われているわけですけれども

片山さつき

2019-04-15 第198回国会 参議院 決算委員会 第4号

国務大臣片山さつき君) 委員の御指摘趣旨、よく分かります。私も均等法ができる前に就職した世代でございますから、もう本当に、リアルな部分ではいろいろなものが目に浮かぶんですが。  御指摘のとおり、今般の均等法改正法案、閣法では、自社の労働者他社従業員からセクハラを受けた、他社セクハラ防止措置実施を求めた場合に他社から報復を受けることを防止するという直接の規定は置いてはありません。実際

片山さつき

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 第18号

国務大臣片山さつき君) セクシュアルハラスメント禁止制裁措置立法などについてのお尋ねがありました。  セクシュアルハラスメントは重大な人権侵害であり、政府でも、昨年六月に取りまとめたセクシュアルハラスメント防止に関する緊急対策に基づき、外部の者からの通報窓口整備など、職場における取組も含めた実効的な対策を進めているところです。  新たに禁止規定を設けることは、違法となる行為の要件を明確化

片山さつき

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 第18号

国務大臣片山さつき君) 政治分野における男女共同参画推進についてお尋ねがありました。  我が国の現状は、国民の代表である政治の場に女性議員が少なく、衆議院議員女性は約一〇%で、世界百九十三カ国中百六十五位と、国際的に見てもおくれている状況です。  民主主義社会では、政治的意思決定に対して男女が積極的に参加し責任を担うことができなければならず、国又は地方公共団体の政策の立案及び決定において多様

片山さつき

2019-04-12 第198回国会 衆議院 本会議 第18号

国務大臣片山さつき君) 女性活躍推進法改正による女性活躍取組推進についてお尋ねがありました。  今回の法改正は、安倍内閣推進してまいりました女性活躍流れを更に力強くするために、企業などの行動計画策定女性活躍情報の見える化を進めるものでございます。  まず、行動計画策定情報公表義務対象企業常用雇用者数三百一人以上から百一人以上の企業拡大することにより、現行の約三倍の企業において

片山さつき