運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
81件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

○清水委員 前例がないということで、国交省としても想定していなかったということだと思います。しかし、実際に列車が逆走するという重大事故が起こったわけです。多くのけが人が出ていますし、この路線の利用者も代替輸送の利用を余儀なくされ、混乱を招いたわけです。想定外ということで本当に済まされるんでしょうか。  六月四日付東京新聞も、「無人運転の場合はあらゆる事態を想定し、自動停止事故を防ぐ機能が必要不可欠

清水忠史

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

○清水委員 運営会社の話によりますと、運行制御の回路が切断されていたとか、あるいはシステムそのものに欠陥があったというふうにも言われております。大変重大な事故だということです。  シーサイドラインと同様に無人の自動運転をしている新交通システムは、このほかに六事業者七路線あるわけで、影響は重大だと思うんですね。事故の原因究明を早急に求めたいと思います。  気になるのは、今回の事故について、シーサイドライン

清水忠史

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  航空法及び運輸安全委員会設置法の一部改定案について質問をさせていただきます。  法案の質疑に入る前に、六月一日に発生した横浜シーサイドライン列車逆走事故について質問したいと思います。  今回の事故では、十四名の方が重軽傷を負われたと報道されております。被害に遭われた方々に心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  初めに、鉄道局より、この事故の概要

清水忠史

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

○清水委員 私は、日本共産党代表し、道路交通法改正案に対し、反対の討論を行います。  本案は、レベル3の自動運転を解禁するものです。運転者が認知、予測、判断、操作に至る一切の動作を行わず、システムが運転する新たなステージに踏み込むには、交通安全目的としている道交法に自動運転の安全確保策を盛り込むことが不可欠です。  ところが、本案に盛り込まれているのは、自動運転の運転者の遵守事項として、国土交通大臣

清水忠史

2019-05-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 14号

○清水委員 最後に、盛山正仁議員にお伺いしたいと思います。  これまでも、災害時の応急、復興等の対策には、随意契約や指名競争入札を行ってきたわけです。そして、これらの契約では、手続の透明性、公正性確保を図るために、これまでも国土交通省ガイドラインをつくってきたと思うんですね。  この法案では、改めて条文で、発注者は、緊急性に応じた随意契約、指名競争入札等適切な契約方法を選択することとしています。

清水忠史

2019-05-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 14号

○清水委員 ありがとうございました。  続いて、津村啓介議員にお尋ねしたいと思います。  本法案の第三条第八項では、公共工事に従事する者の賃金労働時間、安全衛生その他の労働環境の適正な整備について配慮することで公共工事の品質を確保するという内容がございます。  公共工事の従事者には雇用契約のない一人親方なども当然含まれるわけで、雇用保険に入らない一人親方につきましても労働時間や安全衛生を守るルール

清水忠史

2019-05-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 14号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律案起草の件につきまして、発議者の方々に法案提出の趣旨について確認させていただきたいと思います。  初めに、中野洋昌議員に説明をしていただきたいと思います。  本法案は、公共工事の施工時期の平準化により労働環境の適正な整備を図るとしております。  公共事業の施工時期の平準化、一般的には聞きなれない言葉なんですが

清水忠史

2019-05-22 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 ありがとうございます。  労働災害の減少にも寄与するものだという御答弁をいただきました。  ところで、今大臣の方からも答えていただいたんですが、適切な工期を設定する、ゆとりある工期を設定するということが長時間労働を是正していくんだ、そして労働災害を減少していくんだというこの法案なんですが、実は、ちまたに、私も驚いたんですが、工期短縮を促進するという書物が出ているんですよね。  私もびっくりしたんですが

清水忠史

2019-05-22 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 事前には聞きおいていなかったということですが、三十年度の完成工期を二十八年度に前倒ししたことについては、そのことは発表の後は御存じだったということだというふうに思います。  この前倒しが適正だったのかどうかということが非常に問題でして、例えばこの新名神高速道路でいいますと、二〇一六年四月に神戸市北区で起きた橋桁落下事故では、お二人の方が亡くなり、八人がけがをいたしました。事故から三年たちました

清水忠史

2019-05-22 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  建設業法及び公共事業の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部を改正する法律案について質問いたします。  先日十五日までに、ゼネコン主要二十六社の一九年三月期の決算が出そろいました。連結ベースの売上高が初めて二兆円を突破した大林組を筆頭に、大手ゼネコンらの業績は好調でありまして、二十六社中十九社が増収、そのうちゼネコン大手四社、清水、大成、鹿島、

清水忠史

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 11号

○清水委員 つまり、船舶所有者に、保険契約の内容に瑕疵がある場合、保険がおりないだとか、あるいは船舶所有者が失踪して、その責任が問えずに、結局、被害の損害金を補填してもらえない、こういうことから、直接被害者が、例えば地方公共団体だとか漁業関係者が船舶所有者が契約している保険会社直接請求することが、この本改正案とそして二つの国際条約批准することによって可能となるということでありますね。  それでは

清水忠史

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 11号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  船舶油濁損害賠償保障法、いわゆる油賠法の一部改正案について質問いたします。  本改正案は、燃料油汚染損害の民事責任条約、それと難破物除去ナイロビ条約、この二つの国際条約締結するために必要な国内法の整備という位置づけになっております。  海難事故というのは本当にふえておりまして、例えば油による海洋汚染、さらには船舶の沈没や座礁、こういうことがふえている中で、

清水忠史

2019-05-10 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 所有者、居住者の安全対策は当然なんですが、今大臣も答えられましたように、まだ転居が調整中であるという方が九千人以上ですか、これはかなりの数だというふうに言わなければなりません。  資料の二をごらんいただきたいと思うんです。  この資料の二は、昨日、レオパレス21が発表いたしました天井部施工不備物件、いわゆる屋根の界壁などが不足しているそういう物件だと思うんですが、これの住みかえ状況についての

清水忠史

2019-05-10 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 本年一月末時点で、違法建築が千八百九十五棟、特定行政庁は百七十三でしたから、今お答えいただいたんですが、この二カ月の間にもレオパレスの違法建築が拡大している、重大だと思うんです。本日あたりはいわゆる社長の退任報道もなされておりますが、社長がかわって済む問題ではないというふうに思うんですね。  さて、資料一をごらんいただきたいと思います。これは、国土交通省が作成し、第一回共同住宅建設時の

清水忠史

2019-05-10 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  本日の一般質疑では、賃貸共同住宅における違法建築問題について質問したいと思います。  サブリース大手、レオパレス21の違法建築の問題につきましては、本年二月二十一日の衆議院予算委員会におきまして、当時の我が党宮本岳志衆議院議員質問をしております。  現在、国土交通省が特定行政庁を通じまして把握しているレオパレスの違法建築物件の棟数及び関係する特定行政庁の数

清水忠史

2019-05-08 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 9号

○清水委員 今局長答えられましたように、引継ぎまでの間、縮退運転、フォールバック、あるいは、運転者が何らかの理由によって運転を引き継げない場合には、自動的に、例えば高速道路上であれば路肩に停止をするというミニマル・リスク・マヌーバー、MRMですね、これらは本当に自動運転を実用化する上で必要な措置だというふうに思うんですね。  これらの機能は、例えば、レベル3、自動運行装置が実施される段階においては必

清水忠史

2019-05-08 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 9号

○清水委員 これからは、レベル3と呼ばれる自動運転について伺いたいと思うんですね。  このレベル3という段階では、例えば高速道路上においてシステムによる自動運行の継続が難しくなったときに、例えばインターチェンジからおりるというとき、こういうときに、システムが運転者に対して、かわってくださいと運転の引継ぎを要求します。運転者はそれを受けて運転を引き継ぐこととされている、これがいわゆるレベル3における自動運行

清水忠史

2019-05-08 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 9号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  道路運送車両法の一部を改正する法律案について質問いたします。  この大型連休中も、各地で自動車による死傷事故が多発いたしました。けさも、るる言われておりますように、大津市の県道で、保育園児らが歩いている列に軽自動車が突っ込むという大変な事故が起きまして、死傷者が出ております。  また、高齢者の運転による自動車事故社会問題となっておりまして、亡くなられた方々

清水忠史

2019-04-25 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 6号

○清水委員 私は、日本共産党代表して、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案に反対の討論を行います。  第一は、放課後児童健全育成事業における放課後児童支援員の配置基準条例化に当たって、従うべきとしていた基準を参酌する基準に緩和することです。  放課後児童支援員を原則二名以上配置することは、子供の命を守り、安全、安心できる生活の場を全国的に一定水準

清水忠史

2017-06-07 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 23号

○清水委員 確認できました。  東和海陸運輸の給与明細には労働時間の記載がありません。ですから、給与明細だけを見て、自分が一カ月どれだけ働いたのかということがわからないわけですね。  奨励手当時間外労働が全部含まれるというんですけれども、実は、この会社賃金規定を確認しますと、「奨励手当は時間外勤務手当相当分として支給する」、確かにこう書いています。同時に、「実際の時間外勤務がその金額を超えた場合

清水忠史

2017-06-07 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 23号

○清水委員 今大臣が言われましたように、将来の担い手を確保する、これは非常に大事だと思っております。建設業界とあわせまして、いわゆる運送業につきましても人手不足が叫ばれて久しいと思いますので、そういう観点からも、きょうは労働条件の問題について伺っていきたいと思います。  大阪市で海上コンテナ輸送業を営む東和海陸運輸株式会社で働くトレーラー運転手の賃金労働時間の実態について紹介したいと思います。  

清水忠史

2017-06-07 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 23号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  本日は、運輸労働者、とりわけトラックやトレーラーなどの運転手の労働時間と賃金の実態などについて質問したいと思います。  運輸業に携わる自動車運転者の労働時間の定めにつきましては、適正な賃金を確保するだとか、あるいは運輸業務の安全性を担保するだとか、運転者の健康とかたく結びついたものでなければならないと思います。  運輸行政をつかさどる国土交通大臣としてどのようにそれを

清水忠史

2017-05-30 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 21号

○清水委員 ありがとうございました。  続いて、永山参考人に伺いたいと思います。  永山参考人は、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部の部長をかつて務められたことがあると伺っております。  全旅連青年部は、民泊の緩和に関する新設ルールに対して要望書を出しておられますよね。その中には、民泊旅館業法の適用を求めるとか、営業日数は年間三十日以内に限るべきだとか、あるいは宿泊者と対面確認をすることが

清水忠史

2017-05-30 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 21号

○清水委員 ありがとうございます。  先ほど永山参考人も、フランスのパリの例を出されまして、いわゆる投資用の物件がふえて、家賃がどんどん高騰して、従来いた方々が住みづらくなっているということを紹介されました。  中林参考人にもちょっとお伺いしたいんですけれども、諸外国観光が盛んな国々においては、大都市でも民泊を規制する方向で動いているというふうに伺っているんですが、具体的な例がパリ以外にありましたら

清水忠史

2017-05-30 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 21号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  本日は、民泊を解禁する法律案につきまして三人の参考人の方々に貴重な意見を述べていただきまして、まことにありがとうございます。  初めに、中林参考人に伺いたいと思います。  京都での民泊における近隣トラブルについてもお述べになられました。騒音の問題だとかごみの問題だとかですね。  やはり観光政策というのは、訪れてよしということとあわせて、住んでよし、やはり

清水忠史

2017-05-26 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 20号

○清水委員 自由民主党大阪市議員団も懸念を表明するような鉄道事業であります。  北港テクノポート線の完成期限については、一応、二十九年度末、今年度末というふうになっているんですね。ところが、まだ着工しておりませんので、結局これも絶望的ですから、このたび、三回目の延長申請がなされるということであります。開発頼みの鉄道事業については、許可を取り消すということも含めて厳しく検証するということを指摘しておきたいと

清水忠史

2017-05-26 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 20号

○清水委員 結局、事業の着工にも至らない背景には、夢洲という人工島土地利用の見込みが全く立たないということが最大の理由だと思います。  配付資料の三枚目をごらんいただきたい。  これは、自由民主党大阪市議員団のニュースであります。「万博・IR 一千三百億円では済まない万博の開催経費! 乗り越えるべき問題が山積」という記事でございまして、隠れた経費問題ということで、今申し上げました北港テクノポート

清水忠史

2017-05-26 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 20号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  大阪における鉄道事業、北港テクノポート線について伺います。  配付資料の一枚目をごらんいただきたい。これが北港テクノポート線建設事業の概要でございます。  これは、大阪港トランスポートシステム、以下、OTSと呼ばせていただきますが、国土交通省から西暦二〇〇〇年に事業許可を得ております。  ごらんいただきましたように、既にこの緑色の線区は地下鉄中央線が

清水忠史

2017-05-24 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 19号

○清水委員 留意事項を充実させるということなんですけれども、これから策定されるということでございます。  そうしたら、その留意事項について伺うんですけれども、国土交通省は、先ほども言いましたように、空き家だとか商店街、古民家、そういうものの活用を行うということなんですけれども、全ての事業が想定したとおり利益が上がるとは限りません。例えば、工事費が予想以上にかかるとか、想定していた賃料が入らないとか、

清水忠史

2017-05-24 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 19号

○清水委員 投資家、小規模の場合は百万円を上限にというふうに考えておられると思うんですが、百万円だったら損してもいいということはないと思うんですよね。  もともとこの法律ができた趣旨というのは、投資家保護の観点から、バブルのときに、いわゆる事業者が倒産し、多くの被害が出た、そのことをもって、ある程度の資本金を擁する事業者に限定しよう、その法の趣旨を私は忘れてはいけないというふうに思うんですね。  今回

清水忠史

2017-05-24 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 19号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  本日は、不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案について質問を行います。  質問項目が多いので、政府参考人の方におかれましては、ぜひとも簡潔な答弁をお願いしたいと思います。  初めに、小規模不動産特定共同事業について伺います。  本改定案では、空き家、空き室、空き店舗などを再生、活用するということで、地域不動産事業者などが幅広く参入できるように、小規模不動産特定共同事業

清水忠史

2017-05-17 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

○清水委員 それだけ具体的なケースがあるのであれば、最初の答弁でそう答えていただければよかったんですが。  ただ、局長、これだけの受け入れ需要があるということであれば、私が今申し上げましたように、埠頭を整備するとか岸壁を延伸するとか、そうして受け入れればいいわけで、なぜ法改正の必要性があるのかという質問をさせていただきました。  それで、今の局長の答弁では、その肝となるのは、みずからの投資によって旅客施設

清水忠史

2017-05-17 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

○清水委員 具体的には把握されていないということであります。  二〇一三年には十七万四千人だった訪日クルーズ客が、現行の港湾法のもとでも、二〇一五年に百十一万人を超え、昨年はおよそ二百万人となりました。今お話ありましたように、具体的なケースは国としてもつかんでおらない、また、クルーズ船社からの苦情などについても、今のところ把握していないというふうに伺っております。  これからどんどんふえていくんだということであれば

清水忠史

2017-05-17 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  港湾法の一部を改正する法律案について質問いたします。  本法案は、クルーズ船による訪日外国人旅行者に対応するため、受け入れ拠点となる港湾を指定し、ターミナルビルなどの旅客施設建設、整備することを条件に、特定のクルーズ船社に、岸壁、いわゆる係留施設ですけれども、これの優先的な利用を認めるというものであります。  政府の策定した明日の日本を支える観光ビジョン

清水忠史

2017-05-12 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

○清水委員 軽井沢スキーバス事故では本当に多くの方が亡くなられましたので、その教訓をしっかりと生かしていただくために、今回、せっかく登録制にし、ランオペの禁止行為を定めるわけですから、実効性ある対策の強化を求めておきたいと思います。  次に、ランドオペレーターの業務取扱管理者の資格について伺います。  資格取得は研修によって得られるということになっているんですよね。旅行業の場合は資格試験試験なんです

清水忠史

2017-05-12 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

○清水委員 配付資料の一枚目をごらんください。  これは、総務省が、二〇一七年、ことし三月三十一日に公表した「貸切バス等の安全確保対策に関する行政評価・監視 「ランドオペレーター」に関する中間公表」であります。  ランドオペレーターとの契約があるというバス事業者が九百三十七事業者あるんですね。そのうち、下限運賃を下回ることが常にある、時々ある、こう答えた事業者が合わせて二百五十二事業者でありまして、

清水忠史

2017-05-12 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  旅行業法改定案を中心に質疑させていただきます。  旅行サービス手配業、いわゆるランドオペレーターは、これまで、さまざまな旅行におけるサービスを手広く扱っておきながら、法律上の規制が全くありませんでした。今回は、このランドオペレーターを登録制にするということでありまして、その管理などをしっかりとしていくということについては一定の意義があるものだというふうに思っております

清水忠史

2017-05-09 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 やはり運営主体としては、それこそキャッシングしてでも引き続き舟券を購入していただくことの方が売り上げは伸びるわけです。  夏までに一定の結論を出すというふうにおっしゃったんですが、私は、やはり国交省指導的役割を発揮して、運営協議会などに、このATMについては問題がある、廃止するべきではないかと迫るべきだと思うんですが、そういうお考えはあるんでしょうか。そこだけちょっと、もう一度確認させてください

清水忠史

2017-05-09 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 先日、私、地元大阪の住之江競艇へ行ってまいりました。地域の皆さんが案内していただいたんですね。ここでは、住之江競艇運営協議会事務局箕面市競艇事業局の職員の方が丁寧に案内をしていただきました。  配付資料の一枚目をごらんください。これは、住之江競艇場内にあるATMでございます。確かに、「いろいろなカードがご利用いただけます。」というふうに案内があるんですね。  ギャンブル依存症の分岐点

清水忠史

2017-05-09 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 13号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  本日は、競艇場におけるATM設置問題とギャンブル依存症対策について質問をいたします。  ことし三月三十一日に、ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議が、ギャンブル等依存症対策の強化に関する論点整理、以下、論点整理と言わせていただきます、これを取りまとめました。  ここでは、公営ギャンブル、パチンコ、パチスロにのめり込み、生活に支障を来す、いわゆるギャンブル依存症

清水忠史

2017-04-28 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 12号

○清水委員 私、実は石井大臣にお願いがあります。  二〇〇二年に、三菱製の大型トレーラーのタイヤが脱輪いたしまして、歩道を歩いていた親子を直撃、当時二十九歳だった岡本紫穂さんが死亡した事件、これを覚えていらっしゃると思うんですね。実は私、先日、紫穂さんの母親であります増田陽子さんから直接お話を伺いました。  今回、三菱が燃費データ改ざん事件を起こしたことについて何とおっしゃったか。また三菱か、開口一番

清水忠史

2017-04-28 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 12号

○清水委員 二十五年前から、三菱は、本来の法令と異なる方法で燃費データをとり続けていたということなんですね。  石井大臣にお伺いいたします。  三菱自動車は、昨年四月にこの不正事件が発覚した後も、都合のいいデータだけをとり続け、燃費を測定し、実際に車を販売し続けていたということでありまして、本当に反省していたのか、こう言わなければならないと思うんです。  三菱というのは、過去にリコール隠しを何度も行

清水忠史

2017-04-28 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 12号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  本日は、道路運送車両法の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。  本改正案の発端は、昨年四月二十日、三菱自動車工業株式会社、ここが、自動車の大量生産を可能にする、そのお墨つきを与える型式指定、この取得の際、実際よりも燃費をよく見せるため、排出ガスあるいは燃費試験において設定する際の走行抵抗値を、法令で定めた試験方法と異なる不正な方法で

清水忠史

2017-04-19 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 配付資料の三枚目をごらんください。  今、局長が答弁されましたように、この継ぎ手部分、交差部にくい基礎を打つ、そして、いわゆる道路ボックスカルバートが設置される部分は、固結工法、そして液状化対策のための置換工法、これによっていわゆる地盤改良を行い、災害時の目開きを最小限に抑えるという御答弁でありました。  それではお伺いするんですけれども、この道路橋示方書平成二十四年三月、新しい方のもの

清水忠史

2017-04-19 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 配付資料の一をごらんください。これは淀川左岸線の平面図であります。  今、局長が御答弁になられましたように、阪神高速池田線そしてJR東海道線交差部分の継ぎ手、ここが約三百ミリ目開きが起こるだろうと。あと、そこまではいかないけれども、その他三カ所で、交差部前後の継ぎ手部で道路ボックスの目開きが起こる、こういうふうに予測されております。  配付資料の二枚目をごらんください。これは阪急電鉄の交差部

清水忠史

2017-04-19 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 10号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  二〇一五年九月の関東東北豪雨や二〇一六年八月の台風十号などでは、逃げおくれによる多数の死者が生まれ、また甚大な被害をもたらしました。  茨城県常総市の鬼怒川では、越水した堤防部分がソーラーパネル設置工事で掘削されていたということも話題になりましたね。国交省はその部分に土のうを積むなど対策をしていたわけですが、結果、防ぐことはできませんでした。このソーラーパネル

清水忠史

2017-04-14 第193回国会 衆議院 経済産業委員会 8号

○清水委員 私は何を危惧しているかといいますと、もちろん私たちは、カジノ、IRには反対しておりますし、実施法の制定には全力をもって反対する決意なんですが、しかし、仮にこの計画どおり万博とカジノを含むIRが現実のものとなったときには、例えば、BIE加盟国が日本に対して大阪を開催地にするということで投票する、支持を呼びかける。その後、大阪が選ばれた後に、ふたをあけてみれば、何と会場に隣接してカジノを含む

清水忠史

2017-04-14 第193回国会 衆議院 経済産業委員会 8号

○清水委員 いや、関係ないと思っておられるのは恐らく大臣だけだと思いますよ。大阪ではみんな、カジノ、IRと一緒に万博ができるものというふうに思っておりまして、実は関経連の森会長はこう述べておられます。インフラ整備などを限られた時間でやろうとすれば、現実的には万博とIRをセットにしてやる方法しかない、こう新聞紙上で語っておりますし、二月十五日に開かれた二回目の検討会におきましても、経済界の委員から、万博費用

清水忠史

2017-04-14 第193回国会 衆議院 経済産業委員会 8号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  本日は経済産業委員会質問の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  早速質問に入りたいと思います。  初めに、世耕大臣と万博の問題について議論をさせていただきたいと思います。  二〇二五年に行われる国際博覧会、万博について、大阪での開催を目指すことを政府が四月十一日に閣議了解いたしました。今月中にパリの国際事務局、BIEに正式に立候補の届け出

清水忠史

2017-04-14 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 9号

○清水委員 データに出たものを述べられただけで、いわゆるこの二〇一四年度の調査に対する分析、それを今述べられただけであって、報告書という形で出ていないですよ。分析した文書は出ていないですよね。これを一つ確認したいと思います。  それで、今回、この資料にもありますように、調査対象を拡大します。バス事業者は五十社から三千社、バス運転者は二百五十名から六千名、より対象を広げて実態調査を始めるということなんですね

清水忠史

2017-04-14 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 9号

○清水委員 日本共産党清水忠史です。  今月二十九日で関越道高速ツアーバス事故から五年を迎えます。悲惨な事故を二度と起こしてほしくないという遺族の皆さんの願いかなわず、昨年一月十五日、皆様御承知のとおり軽井沢スキーバス事故が発生し、多くの、特に若い命が失われたことは、大変残念であります。  今度こそこうした事故が起こらないよう万全の対策が必要だというふうに思うんですが、残念ながら、軽井沢以降もバス

清水忠史

2017-04-12 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 8号

○清水委員 地域住民のニーズを踏まえながらという御答弁でありました。  今大臣が述べられましたように、やはり都市公園というのは、憩いの場、遊び場都市住民の福祉の増進を目的としておりますし、景観防災等、多面的な機能を備えております。ですから、大幅な現状変更につきましては、利用者、地域住民の声を聞く、ニーズを探る、当然のことだと思うんですね。  それで、都市局長にお答えいただきたいんですが、今回の都市公園法改定案

清水忠史

2017-04-12 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 8号

○清水委員 日本共産党清水忠史でございます。  都市緑地法等の一部改定案について質問いたします。  本法案では、都市公園法の一部が改正され、都市公園内において保育所など社会福祉施設の設置を可能とするとともに、公園内でカフェ、レストラン、コンビニなどの収益施設の設置と同時にその周辺の広場の整備などを一体的に行う民間事業者を公募し、選定する制度が創設されるということです。  都市公園の中にこれらの集客施設

清水忠史