運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
8件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

1971-12-22 第67回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 6号

○浅古政府委員 ただいまのお話ずっと伺っておりましたのですが、会計検査院のほうがまずお取り上げになっているわけでございます。会計検査院は憲法で定められた権威のある機関で、私どもといたしましては、こういう問題については大体会計検査院の御見解というものを尊重するという立場でおるわけでございます。

浅古迪

1971-10-13 第66回国会 参議院 社会労働委員会、運輸委員会連合審査会 閉1号

○説明員(浅古迪君) お答えいたします。  ただいまの御質問の件でございますが、私ども初めて聞いたことでございまして、これの金銭の支出の当否につきましては、第一次的には会計検査院が毎年検査されておりますので、これの検査結果というものを私ども行政管理庁としては尊重する立場でございます。こういうものを支出することが適当かどうか、この点につきましては一応、手続的に成規の手続がとられて支出されているとすれば

浅古迪

1971-09-30 第66回国会 衆議院 決算委員会 3号

○浅古説明員 お答えいたします。私ども今回タクシーの免許、それから計画配車その他につきまして、来月からもう一回監察いたしたいと思っておるわけでございますが、これは運輸省の措置が悪いとか回答がよろしくないとかいうことではございません。運輸省はいろいろ出先を指導しておられるようでございますが、この指導が一片の通達に終わってしまわないように、もう一回私どもでその通達がどのくらい実行されておりますか、現地で

浅古迪

1971-09-29 第66回国会 参議院 決算委員会 閉2号

○説明員(浅古迪君) 私どもとしては、おおむね私どもの勧告の線に沿ってお考えいただいていると考えておりますが、この勧告は、干拓事業について、相当農政の転換を中心にした勧告でございますので、早急にはそういうのをすぐ右から左へはいろいろの関係で変えられるということはむずかしいではないかというふうに思っております。

浅古迪

1971-09-29 第66回国会 参議院 決算委員会 閉2号

○説明員(浅古迪君) 簡単に申し上げます。  干拓事業採択のあり方について検討していただきたいという事項に対しましては、「今後の干拓事業の採択にあたっては、最近の米の需給事情等を考慮し農地の造成潰廃の長期見透しのうえにたち、他事業の土地利用との調整を図って、将来とも食糧の供給基地として存続する地域に経営規模の拡大に資する優良農地の造成を行なうように配慮してゆきたい。」、こういう趣旨の回答であります。

浅古迪

1971-08-05 第66回国会 参議院 運輸委員会、内閣委員会、交通安全対策特別委員会連合審査会 閉1号

○説明員(浅古迪君) 勧告の回答を受けましてから行政監察局といたしましては、三十七年の四月二日、監察局長から関係の運輸省の官房長に対しまして、その後の改善状況を照会いたしました。で、三十七年の十月八日、運輸省官房長から回答を受けているわけでございます。その後、行政管理庁の監察局としては公文の照会はいたしておりません。

浅古迪

1971-07-22 第66回国会 参議院 予算委員会 1号

○説明員(浅古迪君) お答え申し上げます。  私どもといたしましては、まず最初に、概況調べという調書を各省から出していただきます。これは実際に提出いたしました時期を申し上げますと、総理府が六月二十一日に受け取っております。警察庁は六月十八日に出しております。行政管理庁が六月二十一日でございます。北海道開発庁が六月十四日に出しております。防衛庁が六月十八日に出しております。経済企画庁が六月二十五日に出

浅古迪

1970-09-29 第63回国会 参議院 内閣委員会 閉3号

○説明員(浅古迪君) お答えいたします。  御質問の趣旨は名称の点かと思いますが、行政監理委員会の性格そのものは諮問委員会でございます。名称がどうかという御質問だと思いますが、行政監理委員会は、先ほども申し上げましたように、重要な事項について行政管理庁の長官に意見を述べたり、または行政管理庁長官を通じて内閣総理大臣に意見を述べることができる、そういうような非常に大切な任務を持っているわけでございまして

浅古迪

1970-09-29 第63回国会 参議院 内閣委員会 閉3号

○説明員(浅古迪君) お答えいたします。  行政監理委員会の委員は、通常は週一回総会ということをもちまして集まってもらっておるわけでございますが、そのほか、行政改革の委員側の意見、こういうものも時に応じて考えていただくと、こういうようなこともやっておるわけでございまして、そういうことになりますと、週一回会合しているからという、そのときだけが活動という形でもないわけでございまして、そういう重要なことをお

浅古迪

1967-09-11 第56回国会 衆議院 決算委員会 2号

○浅古説明員 それでは、見出しだけを申し上げます。  (2)郵便募金管理会、(3)日本蚕糸事業団、(4)東北開発株式会社、(5)日本学校給食会、(6)漁業共済基金、(7)森林開発公団、(8)電源開発株式会社、(9)日本てん菜振興会、(10)漁業協同組合整備基金、  2 次のものは、それぞれに統合すべきである。  (1)愛知用水公団、(2)北海道地下資源開発株式会社、(3)医療金融公庫、年金福祉事業団

浅古迪

1967-09-11 第56回国会 衆議院 決算委員会 2号

○浅古説明員 それでは、意見書を朗読いたします。   昭和四十二年八月三十一日  行政管理庁長官 松平勇雄殿          行政監理委員長 松平勇雄     特殊法人の改革に関する第一次意見   行政監理委員会は、かねて公社、公団等特殊法人の改革に関しすでに臨時行政調査会の改革意見において指摘されていたものおよび   一、当該法人設立の目的がすでに果たされたもの   二、その性格が類似しており、

浅古迪

  • 1