運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
260件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

泉健太君 国民民主党泉健太でございます。  まず、新潟山形地震、改めて被災者の皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。  我々野党も、この復興に関しては、先ほどお話がありましたように、与党野党ございません。全力を尽くして我々も協力をさせていただきたいと思います。  さて、私は、国民民主党無所属クラブ代表しまして、本日の議題である安倍内閣不信任決議案に賛成の立場で討論をいたします。(拍手)

泉健太

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

○泉委員 ありがとうございます。  恐らく、以前見られていた野球と、今、特にプロ野球の世界ですね、大きく変わっているのは、ヘルメットに装着をされているフェースガード、Cフラップという言い方もするようですけれども、このフェースガードをつける選手が大変ふえてきたということにあると思います。  これはメジャーリーグでも、有名な選手が最近、この数年間つける傾向が広がって、日本プロ野球でも、例えば巨人の原監督

泉健太

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

○泉委員 国民民主党泉健太でございます。  国民民主党は生活者の側に立つ政党でもありますので、経済産業はさまざまな分野がありますけれども、きょうは、野球の用品の安全性ということについてちょっと取扱いをさせていただきたいと思います。  私も地元ではいわゆる少年野球ですとかの連盟の顧問ですとかをさせていただいていまして、やはり子供たちの事故をどうやって防いでいくのかということについては、プレーのダイナミック

泉健太

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

○泉委員 今改めて確認をしたかったのは、要は、被害を受けている本人が通告を望んでいない、ないしは、本人が学校側が気づいていることを認識していないケース、これにおいても学校は通告をするケースがあるということですね。  それは客観的に先生方が、管理職、養護教諭、そして学校担任、学年主任、スクールソーシャルワーカースクールカウンセラー、さまざまな学校関係者がおりますが、これは決して児童本人、被害者本人の

泉健太

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

○泉委員 ありがとうございます。  今、私がこの点をクローズアップして、そして中村政務官にお読みをいただいたのは、改めてですけれども、恐らく、学校の心ある先生の中には、間に立てるものなら間に立ちたい、親にも、やはり何らかメッセージを届けることで親が軟化をするかもしれない、自分に何かできるかもしれない、そういうふうに思う学校の先生はいっぱいおられるはずなんです。だけれども、涙をのんで、歯を食いしばって

泉健太

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

○泉委員 国民民主党泉健太でございます。  まず、厚生労働委員会、こういった時間を与えていただいたことに感謝を申し上げます。  また、今回、この児童虐待防止法をめぐっては、各党各会派それぞれに案を持ちながら、御努力をしていただいて、一つの案に上がってきているというふうに思っておりますので、その御努力にも敬意を表したいというふうに思います。  さて、恐らくこれまでさまざまな点で御質問があったと思いますし

泉健太

2019-04-10 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 6号

○泉委員 いや、さすがですね。もう違いを感じました。  私、いわゆるコンビニのオーナーというか、個店の経営者の方々のお話を伺ったんですが、まさかフランチャイズトップのお話かなというのをびっくりして、そこでもう、ある種意識の違いというか、いや、今これだけ社会問題になっているときに……(発言する者あり)

泉健太

2019-04-10 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 6号

○泉委員 国民民主党の泉でございます。  きょう、いろいろと他の委員会との関係で質問の順番を少し調整をしていただいたことに、委員長に感謝を申し上げたいと思います。また、理事の皆さんもありがとうございます。  さて、私は、コンビニの問題をちょっと取扱いをさせていただきたいと思います。  まず、大臣大臣は、御友人ですとかでコンビニオーナーがおられたり、その皆さんのお話を聞かれたことというのはございますか

泉健太

2019-04-10 第198回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 3号

○泉委員 これは、毎度、恐らく行政国民の乖離だなと思います。食糧費という積算項目がありながら、そこは茶菓代、お酒じゃないですね、茶と菓子、茶菓代だそうです。あくまで、その投票所に、立会人たちや事務員のために置いてあるお茶とお菓子のお金のことを食糧費と呼んでいるのだけれども、食糧費には昼食代は入っていない。  本当に、行政というのは、どうしてこう国民の普通の一般的な認識と違うような言葉遣いをされるのかなと

泉健太

2019-04-10 第198回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 3号

○泉委員 国民民主党泉健太でございます。  まず、本日、他の委員会での質問も重なっておりまして、各党各会派理事におかれましては、御配慮いただきまして、国民民主党の私から先に御質問させていただくことになりました。委員長含めて感謝を申し上げたいというふうに思います。  そして、我々国民民主党は、どの委員会、どの法案についても、可能な限り、その姿勢を明らかにするとともに、対案を、対案というか提案をさまざまさせていただきたいというふうに

泉健太

2019-02-12 第198回国会 衆議院 予算委員会 5号

○泉委員 私は、これはそうは思えないんですね。やはり、国会の主導権を握られているのは与党であります。よく、この統計の問題でいえば、与党議員の皆さんからも、与野党を超えて真相究明だというふうに言われているわけですね。  でも、ふたをあけてみたら、理事会で呼んだ人がなかなか来ないとか、あるいは要求した資料がなかなかこちらに来ないとか、これはやはりちょっと、委員会で要求してもというか、野党が要求しても与党

泉健太

2019-02-12 第198回国会 衆議院 予算委員会 5号

○泉委員 そして、そもそも統計不正の問題にかなり質問時間が予算委員会全体でとられているんじゃないでしょうか。多くの国民は、真相究明と被害者救済、二千万人にも及ぶ、これを求めているわけです。  この統計問題の解明、これは委員長、いつぐらいまでに解明されるべきだと考えていますか。  というのは、要は、予算委員会開催中というのは基本的に他の委員会は開かれない、これが国会ルールですね。そうしますと、我々野党

泉健太

2019-02-12 第198回国会 衆議院 予算委員会 5号

○泉委員 国民民主党泉健太でございます。  この予算委員会の場、やはり予算委員会ですから、しっかりとこの予算を練り上げたいというふうに思っております。  私は、国民民主党議員として、やはり重要政策を真剣に審議をして、そして国民の期待に応えてまいりたい、そう思っております。我々国民民主党もそうですし、また野党もそうですけれども、権力におもねることなく、やはり正義感あふれる仲間議員たちがたくさんおります

泉健太

2018-11-21 第197回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 4号

○泉委員 ありがとうございます。  今後、この公職選挙法が有権者の皆様に笑われることのないような法律であるように、また運用であるようにということをぜひまず冒頭お願いをさせていただいて、質問に入りたいと思います。  本日は、公開討論会ということについて少し触れさせていただきたいと思います。いわゆる政治家の公開討論会ですね。  私も、議員になる前なんですけれども、学生時代に政治家による公開討論会の実行委員会

泉健太

2018-11-21 第197回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 4号

○泉委員 国民民主党泉健太でございます。  本日はどうぞよろしくお願いいたします。  我々国民民主党は、「つくろう、新しい答え。」、こういうキャッチフレーズも掲げて、今、各方面で政策の提案もさせていただいております。ぜひ、本日、大臣にも、我々の質問を聞いていただいて、そして、よいものはぜひ取り入れていただければというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。  まず、質問の前に、やはり、この間

泉健太

2017-06-15 第193回国会 衆議院 本会議 34号

泉健太君(続) よく安倍総理も人の名前を名指しして質疑をされますね。  与野党で誠実に取り決められた申し合わせ事項を与党は次々とほごにしました。質疑者の要請がないままに政府参考人を出席させ、慣例で認められてきた質疑者の資料配付を与党側が阻止する、こういったことは数の横暴にほかなりません。大変情けない。良識のない数の暴挙に断固抗議をしたいと思います。  不信任の第三の理由は、安倍内閣経済財政運営です

泉健太

2017-06-15 第193回国会 衆議院 本会議 34号

泉健太君 民進党泉健太です。  民進党無所属クラブ代表し、憲法六十九条に基づき提出された内閣不信任決議案に賛成の立場で討論をいたします。(拍手)  民進党が不信任案を提出したその最大の理由は、安倍内閣与党の目に余る国民軽視、国会軽視の姿にあります。  民主主義と独裁国の違いは、民主主義では、まず投票して、その後で命令を聞くが、独裁国では投票する無駄が省かれているということである。米国の作家

泉健太

2017-06-01 第193回国会 衆議院 議院運営委員会 31号

○泉委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明いたします。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     天皇退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議(案)  一 政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方の御年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに

泉健太

2017-04-21 第193回国会 衆議院 議院運営委員会 22号

○泉委員 それが事実でございます。今回が初めてであります。  そして、当時の申し合わせ、各派協議の申し合わせも私は調べてまいりましたけれども、そこには、「政府参考人を招致する場合は、質疑通告の時点で予め要請し、」と書いてあります。  ですから、委員が要請をするということが前提になっている申し合わせであるということも付言をさせていただきたいと思います。  これは、与党が困る、野党が困るということでの判断

泉健太

2017-04-21 第193回国会 衆議院 議院運営委員会 22号

○泉委員 民進党泉健太でございます。  本日は、この議院運営委員会あるいは国会全体の運営にかかわることについて発言をさせていただきたいと思います。  過日、法務委員会の現場において、質疑者が要求をしていない政府参考人委員会議決によって出席をされるというような事態が発生をいたしました。これは、一九九九年、国会の審議活性化を目的としたさまざまな取り組みの中にあって、それ以降初めてのケースでございました

泉健太

2017-04-14 第193回国会 衆議院 文部科学委員会 10号

○泉委員 ありがとうございます。  きょうは資料としてはお配りしておりませんけれども、昭和二十三年六月二十五日に、文部次官より各都道府県知事通達通知がなされております。そこには、衆参両院において決議がなされたので、その趣旨を徹底し、遺憾のないよう万全を期すことと書かれておりまして、まさに、ここでいわゆる教育勅語の回収ということも行っているわけでありますけれども、これが現在も生きているということの

泉健太

2017-04-14 第193回国会 衆議院 文部科学委員会 10号

○泉委員 民進党泉健太でございます。  通常は文科委員ではありませんが、きょうは、出張で質問をさせていただくことをお許しいただきたいと思います。  また、松野大臣におかれましては、先日、京都、文化庁事務局の全面的な開始ということでお越しをいただきまして、ありがとうございました。ぜひこれからも、京都における、地方における政府機能が遺憾なく発揮をされるということで期待をしたいと思いますので、どうぞ御支援

泉健太

2017-04-07 第193回国会 衆議院 内閣委員会 5号

○泉委員 今私もそこを扱いたいと思っていたんです。  唯一でなければ、根本であることは差し支えないのかということなんですね。根本が何を指すかというのは、これはまた個別具体いろいろあると思うんですが、唯一でなければ、根本となっても構わないと考えるのか、根本となることも否定をするのかだと思うんですね。そこはいかがですか、副大臣

泉健太

2017-04-07 第193回国会 衆議院 内閣委員会 5号

○泉委員 私はまだ個別の例を出しておりません。  やはり、お伺いしたいのは、唯一の根本とするような指導でなければ使用できるというような解釈になってしまうというか、例えば、唯一でなければ、根本とするような指導であることについては、それは文科省としては問題意識はないという理解でよろしいでしょうか。

泉健太

2017-04-07 第193回国会 衆議院 内閣委員会 5号

○泉委員 民進党泉健太でございます。本日、官房長官そして文科副大臣、よろしくお願いいたします。  今、私も、かつて官房長官が長くお務めになられた議運の筆頭理事をさせていただいておりまして、まさに与野党国会を常に正常化すべく、目に見えない努力というのがたくさんあるんだなということを感じさせていただいておりますけれども、その議運の筆頭理事だからこそ、さまざまなことに、今まで見えなかったものに触れることも

泉健太

2017-03-15 第193回国会 衆議院 内閣委員会 4号

○泉委員 もう一回お伺いしますね。森友も含めてで結構です。政府は調べているはずですよ。  例えば、安倍総理夫人が森友に行く際のチケットの購入、そういったものは全て本人が行っている、私的活動だから、政府職員は、そのチケットの購入やあるいは行き先との連絡調整、こういったものは政府職員は行っておらず、安倍総理夫人本人のみが行っているということでよろしいですか。

泉健太

2017-03-15 第193回国会 衆議院 内閣委員会 4号

○泉委員 民進党泉健太でございます。  いきなり本題から入らせていただきます。官房長官、しっかり議論をして、いい結果を出したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  前回の議論では、総理夫人については私人である、これは閣議決定もされた答弁書でも明らかですが、活動は私的活動のみということがわかりました。ですから、政府からの要請で公務に随行していただくことはあるけれども、夫人については私的活動

泉健太

2017-03-10 第193回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○泉委員 委員長、何か勘違いされていないですかね、これは。今、防災政務官はおられるんですよね。そうしたら、何で委員会に呼んでいないんですか。おかしいでしょう。私は防災政務官を呼んでいるんですよ。  長靴を履いておらず、おんぶされて、しかも問題発言でやめていった人など、どうでもいいんですよ。今の防災政務官を呼んで、委員会で質疑をするんでしょう。いないじゃないですか。何を勝手に削除しているんですか。これはおかしいですよ

泉健太

2017-03-10 第193回国会 衆議院 内閣委員会 3号

○泉委員 民進党泉健太でございます。  まず、本日は三月十日でありますけれども、東日本大震災からあすで六年ということで、改めて心より御冥福をお祈りしたいと思いますし、また、復興が一日でも早く進みますように、政府にもお願いしたいというふうに思います。  冒頭、大変恐縮ですが、今、私は、務台政務官が来ないという話を伺いました。きょうの八時の閣議で辞任の決定になった、辞任というか、おやめになられたということであろうと

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 1号

○泉分科員 今、基本的にわいせつ行為があれば免職に値する、そういったことの通知等々で各都道府県教育委員会に促しておられる、また、徐々に公表の基準や処分の基準についても、以前に比べれば均一化してきたというか、どこでも同様な対応をしていただくようになってきてはいる。しかし一方で、公表するしないの問題だとかで、まだ足踏みをしているような都道府県もあるというふうに認識をしております。  例えば、大臣がおっしゃられた

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 1号

○泉分科員 これまで起こしてしまったことというのは非常に問題が多いわけですし、今その全容解明に当たられている、特に大臣には真摯に当たられているという御姿勢が私も感じられますし、ぜひ、これを機会に、本当にこういったことが行われないようにということを徹底していただきたいわけです。  その一つの手段というか、中で、確かに民間企業においては、それは採用の自由もある、待遇を決めるのも民間の自由なんですが、やはり

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 1号

○泉分科員 民進党泉健太でございます。  本日は、第四分科会ということで松野大臣質問させていただきますけれども、大臣も大変お疲れだと思います。何せ、今、文部科学省天下りの問題が非常に注目を集めておって、またさらに十七名ということでしたかという状況ですので、そういった関係の質問も多いと思います。  きょう私が主に取り上げるのはその質問ではないことなのでありますけれども、ちょっと冒頭、通告はさせていただいていないんですが

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○泉分科員 そうですね、今おっしゃっていただいたように、農水省国交省を含めて、ぜひ一丸となって取り組みを進めていただきたいというふうに思います。  関連しまして、法律の中には、外国人土地所有者に限らずですが、土地を持っている方がその市町村住所を持っておられない場合には、納税管理人制度というものがありまして、納税管理人を別に置くということになっているわけであります。  特に私が心配しますのは、国内

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○泉分科員 そして、今私が言った外国人土地所有、全てが悪いということじゃないんですが、一時期は、国の重要施設の隣を買収してしまったケース、あるいは水源地の確保と見られるようだけれども土地利用の意図がよくわからないケースというのもございました。  あるいは、最近ですと、本当に住宅地の中の一軒家が買われる。これは民泊ですね、いつの間にかたくさんの人が出入りする。これはもちろん外国人日本人もということではあるんですが

泉健太

2017-02-22 第193回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○泉分科員 民進党泉健太でございます。  きょうは分科会ということで、大臣も本当に朝早くから御苦労さまでございます。また、きょうは盛山副大臣にもお越しをいただいて、ありがとうございます。  きょう私が取り上げますのは、以前予算委員会で安倍総理にもお聞きをしたことがある案件なんですが、固定資産税、これについて、時代が変わってまいりまして、一つは土地に対する認識が随分変わってきたんじゃないかという時代

泉健太

2017-02-15 第193回国会 衆議院 議院運営委員会 6号

○泉委員 予算委員会において、与野党合意なく、浜田委員長の職権により公聴会開会決議が行われたということについて、まず強く抗議を申したいと思います。  昨年の臨時国会を受けて、大島議長からは、与野党は一層の意思疎通を図り、合意形成をつくる努力をすべきだという所感が示されたわけでありまして、各党とも、今国会の冒頭でも、その方向で努力をする、この意思を表明したばかりであります。  そういったことにもかかわらず

泉健太

2016-12-14 第192回国会 衆議院 議院運営委員会 18号

○泉委員 私ども民進党は、本日二十時、内閣委員長秋元司君解任決議案、議院運営委員長佐藤勉君解任決議案、衆議院議長大島理森不信任決議案、安倍内閣不信任決議案を提出させていただきました。  内閣委員長秋元司君は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案、いわゆるIR法案の審議を強行し、わずか五時間三十三分で質疑を打ち切って強行採決を行うという、強権的な委員会運営を行いました。IR法案については、

泉健太

2016-12-09 第192回国会 衆議院 議院運営委員会図書館運営小委員会 1号

○泉小委員長 ありがとうございました。  続きまして、私の方から経過の報告をさせていただきたいと思います。  図書館運営小委員会は、国立国会図書館に関する事項を審議するために、この衆議院議院運営委員会に設置されております。  具体的には、毎年度、八月の概算要求審査及び年明けの予定経費要求審査など、国立国会図書館予算に関する事項について、また、不定期ではありますが、国立国会図書館法改正など図書館運営

泉健太