運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
847件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1977-07-28 第81回国会 参議院 本会議 2号

○河野謙三君 先般私は本院議長を退任いたしました。在任中は各位の絶大な御協力と御厚情を賜り、まことに感激にたえません。また、ただいまは御懇篤かつ過分なお言葉をいただき、身に余る光栄でございます。心からお礼を申し上げます。  本院に議席を得まして以来、常に私の念頭に離れなかったものは、二院制度のもとにおける参議院の使命をいかにして達成し、国民の負託にこたえるかということでありました。そして、この思いは

河野謙三

1977-06-09 第80回国会 参議院 本会議 18号

○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。  まず、アメリカ合衆国の地先沖合における漁業に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件及び経済協力に関する日本国とモンゴル人民共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件を一括して採決いたします。  両件を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔賛成者起立〕

河野謙三

1977-06-09 第80回国会 参議院 本会議 18号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 アメリカ合衆国の地先沖合における漁業に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件  日程第二 経済協力に関する日本国とモンゴル人民共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件   (いずれも衆議院送付)  日程第三 在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正

河野謙三

1977-06-07 第80回国会 参議院 本会議 17号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 北西太平洋のソヴィエト社会主義共和国連邦の地先沖合における千九百七十七年の漁業に関する日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(趣旨説明)  本件について提出者の趣旨説明を求めます。鳩山外務大臣。    〔国務大臣鳩山威一郎君登壇、拍手〕

河野謙三

1977-05-27 第80回国会 参議院 本会議 16号

○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。  まず、中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律案及び小売商業調整特別措置法の一部を改正する法律案の採決をいたします。  両案に賛成の諸君の起立を求めます。    〔賛成者起立〕

河野謙三

1977-05-27 第80回国会 参議院 本会議 16号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律案 (内閣提出、衆議院送付)  日程第二 小売商業調整特別措置法の一部を改正する法律案(衆議院提出)  日程第三 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)  以上三案を一括して議題といたします。  まず、委員長の報告を

河野謙三

1977-05-25 第80回国会 参議院 本会議 15号

○議長(河野謙三君) この際、国家公務員等の任命に関する件についてお諮りいたします。  内閣から、科学技術会議議員に藤井隆君、村井資長君を、  社会保険審査会委員に竹下精紀君を、  運輸審議会委員に内藤良平君を任命することについて、本院の同意を求めてまいりました。  まず、科学技術会議議員のうち藤井隆君の任命について採決をいたします。  内閣申し出のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます

河野謙三

1977-05-25 第80回国会 参議院 本会議 15号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。  議席第十一番、地方選出議員、新潟県選出、長谷川信君。    〔長谷川信君起立、拍手〕     ―――――――――――――

河野謙三

1977-05-20 第80回国会 参議院 本会議 14号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 国務大臣の報告に関する件(昭和四十九年度決算の概要について)  大蔵大臣から発言を求められております。発言を許します。坊大蔵大臣。    [国務大臣坊秀男君登壇、拍手]

河野謙三

1977-05-18 第80回国会 参議院 本会議 13号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 緊急質問の件  加瀬完君から、成田空港における機動隊の警備問題に関する緊急質問が提出されております。  加瀬君の緊急質問を行うことに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-05-13 第80回国会 参議院 本会議 12号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、日程に追加して、  日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の北部の境界画定に関する協定及び日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の南部の共同開発に関する協定の締結について承認を求めるの件について、提出者の趣旨説明を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-05-02 第80回国会 参議院 本会議 11号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律案(内閣提出)を議題といたします。  まず、委員長の報告を求めます。地方行政委員長高橋邦雄君。    〔高橋邦雄君登壇、拍手〕

河野謙三

1977-04-22 第80回国会 参議院 本会議 10号

○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。  よって、議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に内藤誉三郎君を、  豪雪地帯対策審議会委員に塚田十一郎君を、それぞれ指名いたします。      ―――――・―――――

河野謙三

1977-04-16 第80回国会 参議院 本会議 9号

○議長(河野謙三君) この際、日程に追加して、  昭和五十二年度一般会計予算  昭和五十二年度特別会計予算  昭和五十二年度政府関係機関予算  以上三案を一括して議題とすることに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-04-16 第80回国会 参議院 本会議 9号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  議員亘四郎君は、去る四日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。  同君に対しましては、すでに弔詞を贈呈いたしました。  ここにその弔詞を朗読いたします。    〔総員起立〕  参議院は議員正三位勲一筆亘四郎君の長逝に対しつつしんで哀悼の意を表しうやうやしく弔詞 をささげます      ―――――・―――――

河野謙三

1977-03-31 第80回国会 参議院 本会議 8号

○議長(河野謙三君) この際、お諮りいたします。  社会労働委員長戸田菊雄君から、常任委員長を辞任いたしたいとの申し出がございました。  これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-03-31 第80回国会 参議院 本会議 8号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  来る四月十日から十六日まで、オーストラリアのキャンベラにおいて開催される列国議会同盟本年度春季会議に、本院から青木一男君、浜本万三君を派遣いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-03-19 第80回国会 参議院 本会議 7号

○議長(河野謙三君) この際、国家公務員等の任命に関する件についてお諮りいたします。  内閣から、原子力委員会委員に新關欽哉君、宮島龍興君を、  土地鑑定委員会委員に曾田忠君を、  中央更生保護審査会委員に笠松章君を、  日本銀行政策委員会委員に梶浦英夫君を、  運輸審議会委員に内藤良平君を、  鉄道建設審議会委員に佐々木敬一君、竹田弘太郎君、真藤恒君、藤本一郎君、森本修君、松沢卓二君、角本良平君、

河野謙三

1977-03-19 第80回国会 参議院 本会議 7号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  松本英一君から病気のため十三日間請暇の申し出がございました。  これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-03-14 第80回国会 参議院 本会議 6号

○議長(河野謙三君) この際、日程に追加して、  所得税法の一部を改正する法律案  租税特別措置法及び国税収納金整理資金に関する法律の一部を改正する法律案  以上両案について、提出者の趣旨説明を求めたいと存じます。御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-03-14 第80回国会 参議院 本会議 6号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  岩本政一君から病気のため七十六日間請暇の申し出がございました。  これを許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-02-05 第80回国会 参議院 本会議 4号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  藤井恒男君から裁判官弾劾裁判所裁判員予備員を、木島則夫君から裁判官訴追委員を、それぞれ辞任いたしたいとの申し出がございました。  いずれも許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-02-04 第80回国会 参議院 本会議 3号

○議長(河野謙三君) この際、  裁判官弾劾裁判所裁判員三名、  裁判官一訴追委員二名、  九州地方開発審議会委員一名、  北陸地方開発審議会委員二名、  首都圏整備審議会委員、  離島振興対策審議会委員、  鉄道建設審議会委員各一名の選挙を行います。

河野謙三

1977-02-04 第80回国会 参議院 本会議 3号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、お諮りいたします。  小川半次君、町村金五君、吉武恵市君から裁判官弾劾裁判所裁判員を、加藤武徳君、宮崎正雄君から裁判官訴追委員を、それぞれ辞任いたしたいとの申し出がございました。  いずれも許可することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

河野謙三

1977-01-31 第80回国会 参議院 本会議 2号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  この際、常任委員長の辞任についてお諮りいたします。     内閣委員長     中山 太郎君     地方行政委員長   上田  稔君     大蔵委員長     岩動 道行君     文教委員長     山崎 竜男君     農林水産委員長   小林 国司君     商工委員長     柳田桃太郎君     逓信委員長     森勝  治君     

河野謙三

1976-12-30 第80回国会 参議院 本会議 1号

○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。  よって、沖繩及び北方問題に関する特別委員会外七特別委員会を設置することに決しました。  本院規則第三十条により、議長は、議席に配付いたしました氏名表のとおり特別委員を指名いたします。      ─────・─────

河野謙三

1976-12-30 第80回国会 参議院 本会議 1号

○議長(河野謙三君) この際、特別委員会の設置についてお諮りいたします。  沖繩及び北方問題に関する対策樹立に資するため、委員二十名から成る沖繩及び北方問題に関する特別委員会を、  災害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名から成る災害対策特別委員会を、  公害及び環境保全に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名から成る公害対策及び環境保全特別委員会を、  

河野謙三

1976-12-30 第80回国会 参議院 本会議 1号

○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。  日程第一 議席の指定  議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいまの仮議席のとおりに指定いたします。      ―――――・―――――

河野謙三