運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
559件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○河野国務大臣 今回、初めて閣僚級の2プラス2をインドと行いました。また、同時に、日印の防衛大臣会談も行い、自由で開かれたインド太平洋というビジョンに基づいた日印の防衛協力・交流を今後も着実に進展させていこうということで一致をいたしました。  具体的に申し上げれば、日印の間でのACSAの締結に向けた交渉の大幅な進展を歓迎し、今後、作業を加速させていくことで一致をいたしました。また、日印の共同訓練につきましては

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○河野国務大臣 中東平和と安定は、我が国を含む国際社会平和と安定にとって極めて重要でありまして、この中東地域での緊張緩和、情勢の安定化、これは、日本にとっても非常に関心のあるところでございます。我が国はこれまでも外交的な努力をしっかりと続けてまいりました。  また、この中東、特にペルシャ湾、ホルムズ海峡というのは、主要な世界のエネルギー供給元になっているわけでございまして、この海洋の航行の安全

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○河野国務大臣 今回、初めて閣僚級の2プラス2をインドと行いました。また、同時に、日印の防衛大臣会談も行い、自由で開かれたインド太平洋というビジョンに基づいた日印の防衛協力・交流を今後も着実に進展させていこうということで一致をいたしました。  具体的に申し上げれば、日印の間でのACSAの締結に向けた交渉の大幅な進展を歓迎し、今後、作業を加速させていくことで一致をいたしました。また、日印の共同訓練につきましては

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○河野国務大臣 中東平和と安定は、我が国を含む国際社会平和と安定にとって極めて重要でありまして、この中東地域での緊張緩和、情勢の安定化、これは、日本にとっても非常に関心のあるところでございます。我が国はこれまでも外交的な努力をしっかりと続けてまいりました。  また、この中東、特にペルシャ湾、ホルムズ海峡というのは、主要な世界のエネルギー供給元になっているわけでございまして、この海洋の航行の安全

河野太郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

国務大臣河野太郎君) 防衛省におきましては、ソフトウエアを含む情報システムへの最近のサイバー攻撃等の脅威に鑑みて、IT調達におけるサプライチェーンリスクを考慮し、サイバーセキュリティーを一層確保することが重要だというふうに認識をしております。  政府としても、サプライチェーンリスクへの対応の強化を図るため、政府全体として、IT調達に係る申合せが昨年十二月に行われたところでございます。  防衛省におきましては

河野太郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

国務大臣河野太郎君) 防衛省におきましては、ソフトウエアを含む情報システムへの最近のサイバー攻撃等の脅威に鑑みて、IT調達におけるサプライチェーンリスクを考慮し、サイバーセキュリティーを一層確保することが重要だというふうに認識をしております。  政府としても、サプライチェーンリスクへの対応の強化を図るため、政府全体として、IT調達に係る申合せが昨年十二月に行われたところでございます。  防衛省におきましては

河野太郎

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

国務大臣河野太郎君) 領域国の同意があれば所掌事務の遂行に必要な範囲で派遣することは法理上可能ではありますが、そもそも調査研究として行う活動は、国民権利及び義務に関わらない行為であって、実力の行使を伴うようなものではないことから、情報収集活動自体に武器使用権限が与えられているわけではありません。情報収集活動を含め、自衛隊の全ての活動は、国際法及び憲法を含む我が国の国内法令等に従って行われることは

河野太郎

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

国務大臣河野太郎君) 領域国の同意があれば所掌事務の遂行に必要な範囲で派遣することは法理上可能ではありますが、そもそも調査研究として行う活動は、国民権利及び義務に関わらない行為であって、実力の行使を伴うようなものではないことから、情報収集活動自体に武器使用権限が与えられているわけではありません。情報収集活動を含め、自衛隊の全ての活動は、国際法及び憲法を含む我が国の国内法令等に従って行われることは

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○河野国務大臣 飛行安全に関する日米専門家会合は、日米双方の航空機による高いレベルでの飛行安全の確保を目的として、日米間で、広く飛行安全をテーマにした包括的な議論を実施するものであります。  これまでこの会合では、各自衛隊及び在日米軍各軍の飛行安全に関する多数の専門家参加をしており、それぞれが専門的知識、経験を有することから、日米間で意見交換情報共有を実施し、一層の相互理解を深めるための重要な機会

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○河野国務大臣 米軍の施設・区域の共同使用につきましては、これまでも、2プラス2共同発表や新ガイドラインにもあるとおり、より緊密な運用調整、相互運用性の拡大、柔軟性や抗堪性の向上、地元とのより堅固な関係の構築といった観点から、今後充実させるべき日米協力分野の一つであると考えております。  沖縄においては、これまで、自衛隊が訓練のために、キャンプ・ハンセン、沖大東島射爆撃場、トリイ通信施設、ホワイトビーチ

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○河野国務大臣 十月三十一日未明に発生いたしました首里城の火災に際しては、沖縄県那覇市にございます第十五旅団司令部の隊員が沖縄県に対して延焼状況や煙の状況、消防当局の対応に係る情報収集を行いましたが、自衛隊に対する災害派遣要請が発出されなかったことなどに鑑みて、災害派遣の判断には至りませんでした。  沖縄県との間では、引き続き、自衛隊が有する災害対応能力に係る情報共有災害時の対応に係る意見交換

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

○河野国務大臣 飛行安全に関する日米専門家会合は、日米双方の航空機による高いレベルでの飛行安全の確保を目的として、日米間で、広く飛行安全をテーマにした包括的な議論を実施するものであります。  これまでこの会合では、各自衛隊及び在日米軍各軍の飛行安全に関する多数の専門家参加をしており、それぞれが専門的知識、経験を有することから、日米間で意見交換情報共有を実施し、一層の相互理解を深めるための重要な機会

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

○河野国務大臣 米軍の施設・区域の共同使用につきましては、これまでも、2プラス2共同発表や新ガイドラインにもあるとおり、より緊密な運用調整、相互運用性の拡大、柔軟性や抗堪性の向上、地元とのより堅固な関係の構築といった観点から、今後充実させるべき日米協力分野の一つであると考えております。  沖縄においては、これまで、自衛隊が訓練のために、キャンプ・ハンセン、沖大東島射爆撃場、トリイ通信施設、ホワイトビーチ

河野太郎

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

○河野国務大臣 十月三十一日未明に発生いたしました首里城の火災に際しては、沖縄県那覇市にございます第十五旅団司令部の隊員が沖縄県に対して延焼状況や煙の状況、消防当局の対応に係る情報収集を行いましたが、自衛隊に対する災害派遣要請が発出されなかったことなどに鑑みて、災害派遣の判断には至りませんでした。  沖縄県との間では、引き続き、自衛隊が有する災害対応能力に係る情報共有災害時の対応に係る意見交換

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

国務大臣河野太郎君) 予備自衛官の方につきましては、どうも今まで、海自、空自、余りしっかりと説明をしてこなかったということが反省要因としてあるようでございますので、今後しっかり説明をするというところからスタートさせたいと思っております。  また、雇用している企業について、この即応予備自衛官が招集された場合には給付金をお支払をする制度、これが今回初めて支払われるということになります。こういう制度もしっかりと

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

国務大臣河野太郎君) 今、四つの要件がございますが、その中の四番目、引き続き二日間以上従事する場合、これ来年の概算要求で一日でもいいようにしていきたいと思っております。  また、人命救助などで生命に著しい危険を伴うというところがありますが、この生命に著しい危険を伴うものならば人命の救助以外でもいいのではないかと思っておりますので、この二つに関して来年度の概算要求でまずしっかり改善を図っていきたいというふうに

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

国務大臣河野太郎君) 防衛計画の大綱及び中期防においては、人的基盤の強化を防衛力の中心的な構成要素の強化における優先事項と位置付け、様々な取組を推進することとしております。  具体的に、多様かつ優秀な人材を確保するとともに、全ての隊員が高い士気を維持し、自らの能力を十分発揮できるよう、採用層の拡大、多様な募集施策の推進による採用の取組強化、女性の活躍推進や定年年齢引上げ等による人材有効活用、隊舎

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

国務大臣河野太郎君) 予備自衛官の方につきましては、どうも今まで、海自、空自、余りしっかりと説明をしてこなかったということが反省要因としてあるようでございますので、今後しっかり説明をするというところからスタートさせたいと思っております。  また、雇用している企業について、この即応予備自衛官が招集された場合には給付金をお支払をする制度、これが今回初めて支払われるということになります。こういう制度もしっかりと

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

国務大臣河野太郎君) 今、四つの要件がございますが、その中の四番目、引き続き二日間以上従事する場合、これ来年の概算要求で一日でもいいようにしていきたいと思っております。  また、人命救助などで生命に著しい危険を伴うというところがありますが、この生命に著しい危険を伴うものならば人命の救助以外でもいいのではないかと思っておりますので、この二つに関して来年度の概算要求でまずしっかり改善を図っていきたいというふうに

河野太郎

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

国務大臣河野太郎君) 防衛計画の大綱及び中期防においては、人的基盤の強化を防衛力の中心的な構成要素の強化における優先事項と位置付け、様々な取組を推進することとしております。  具体的に、多様かつ優秀な人材を確保するとともに、全ての隊員が高い士気を維持し、自らの能力を十分発揮できるよう、採用層の拡大、多様な募集施策の推進による採用の取組強化、女性の活躍推進や定年年齢引上げ等による人材有効活用、隊舎

河野太郎

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

国務大臣河野太郎君) ただいま議題となりました防衛省職員給与等に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  防衛省職員給与について、本年度の官民較差に基づく改定を実施するため、所要の措置を講ずる必要があります。  以上が、この法律案の提案理由であります。  次に、この法律案の内容について、その概要を御説明いたします。  第一に、一般職職員

河野太郎

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

国務大臣河野太郎君) ただいま議題となりました防衛省職員給与等に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  防衛省職員給与について、本年度の官民較差に基づく改定を実施するため、所要の措置を講ずる必要があります。  以上が、この法律案の提案理由であります。  次に、この法律案の内容について、その概要を御説明いたします。  第一に、一般職職員

河野太郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

国務大臣河野太郎君) 即応性の維持というのは我が国の安全保障にとっても大切なことでございますから、運用方法の見直しといいますか、この訓練のやり方について日本側ももう少しコミットして、この訓練がしっかりと安全にできるようなやり方を双方一緒に考えるということは大事だと思っておりますので、そうしたことはしっかりやってまいりたいと思います。

河野太郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

国務大臣河野太郎君) 日本を取り巻く安全保障環境が大変厳しくなっている、こういう状況の中で、日米同盟の維持、そして米軍の即応性の維持というのは非常に重要だと思っておりますが、そんな中で、この同盟を維持する、あるいは在日米軍の安定的な駐留を維持するためには、やはり地元の御理解というのが大前提でございます。地元の御理解をいただくためには、米軍がこの安全に最大限の配慮を払うということが何よりも大切であり

河野太郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

国務大臣河野太郎君) 即応性の維持というのは我が国の安全保障にとっても大切なことでございますから、運用方法の見直しといいますか、この訓練のやり方について日本側ももう少しコミットして、この訓練がしっかりと安全にできるようなやり方を双方一緒に考えるということは大事だと思っておりますので、そうしたことはしっかりやってまいりたいと思います。

河野太郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

国務大臣河野太郎君) 日本を取り巻く安全保障環境が大変厳しくなっている、こういう状況の中で、日米同盟の維持、そして米軍の即応性の維持というのは非常に重要だと思っておりますが、そんな中で、この同盟を維持する、あるいは在日米軍の安定的な駐留を維持するためには、やはり地元の御理解というのが大前提でございます。地元の御理解をいただくためには、米軍がこの安全に最大限の配慮を払うということが何よりも大切であり

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○河野国務大臣 防衛大学で言う採用計画数というのは、その年に採りたい人数のことでございまして、採用数というのは、実際に入ってくれたその人数であります。  当然に、防衛大学一本で受験をする学生もいれば、ほかとかけ持ちという学生もおりますから、合格をしてもよそへ流れるという部分をやはり加味して採用をするということになるわけでございます。  防衛大学というのは、集団生活を行う、あるいは、自衛隊でございますから

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○河野国務大臣 やはり、任期制の士の採用が難しくなってきているというのは現実にあると思います。やはり先々を考えると、任期のない曹候補生で定年まで自衛隊にいたいという若者がふえるというのは理解ができるところでございます。  また、今の自衛隊を見ておりますと、例えば、一つは国際化、それに適した人材を養成していかなければいけない。あるいは、新しい領域の宇宙、サイバーあるいは電磁波という領域を考えると、それなりの

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

○河野国務大臣 昨今の台風、豪雨等でお亡くなりになられた方々、そしてその御遺族の方々に深く哀悼の意を表します。また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。  先般の私の発言によって不快な思いをされた方々、特に被災者の方々や被災地において大変な御苦労をされている多くの皆様に、改めておわびを申し上げます。  防衛省自衛隊としては、引き続き被災者の方々にしっかりと寄り添いながら、全力で業務に当たっていく

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

○河野国務大臣 防衛大学で言う採用計画数というのは、その年に採りたい人数のことでございまして、採用数というのは、実際に入ってくれたその人数であります。  当然に、防衛大学一本で受験をする学生もいれば、ほかとかけ持ちという学生もおりますから、合格をしてもよそへ流れるという部分をやはり加味して採用をするということになるわけでございます。  防衛大学というのは、集団生活を行う、あるいは、自衛隊でございますから

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

○河野国務大臣 やはり、任期制の士の採用が難しくなってきているというのは現実にあると思います。やはり先々を考えると、任期のない曹候補生で定年まで自衛隊にいたいという若者がふえるというのは理解ができるところでございます。  また、今の自衛隊を見ておりますと、例えば、一つは国際化、それに適した人材を養成していかなければいけない。あるいは、新しい領域の宇宙、サイバーあるいは電磁波という領域を考えると、それなりの

河野太郎

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

○河野国務大臣 昨今の台風、豪雨等でお亡くなりになられた方々、そしてその御遺族の方々に深く哀悼の意を表します。また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。  先般の私の発言によって不快な思いをされた方々、特に被災者の方々や被災地において大変な御苦労をされている多くの皆様に、改めておわびを申し上げます。  防衛省自衛隊としては、引き続き被災者の方々にしっかりと寄り添いながら、全力で業務に当たっていく

河野太郎

2019-10-29 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 1号

国務大臣河野太郎君) 図っていると認識しています。このような状況は、国際社会全体にとっても深刻な課題です。さらに、ますます手法を巧妙化させながら、国連安保決議違反の瀬取りを含む違法な海上活動を継続しております。  中国は、透明性を欠いたまま継続的に高い水準で国防費を増加させ、軍事力を広範かつ急速に強化し、周辺海空域等における活動を拡大、活発化させております。  また、ゲームチェンジャーとなり得

河野太郎

2019-10-29 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 1号

国務大臣河野太郎君) 防衛大臣河野太郎でございます。本日は、北村委員長を始め、理事及び委員の皆様に防衛大臣として御挨拶申し上げます。  昨今の自然災害に当たりまして、災害派遣の要請を受け、自衛隊三万一千人の態勢で統合任務部隊を編成し、作業に当たっているところでございます。この自衛隊の隊員諸君が、被災者にしっかりと寄り添いながら、士気高く、健康を維持しながらしっかりと業務ができるように、私として

河野太郎

2019-10-29 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○河野国務大臣 法律案の提案理由説明の前に、昨晩の私の発言で不快な思いをした方々におわびを申し上げたいと思います。  自衛隊の諸君が、たび重なる台風などの災害のため、災害派遣の要請を受けまして、全力で今業務に当たっているところでございます。  自衛隊の隊員諸君が、被災者の皆様にしっかりと寄り添い、士気高く業務を遂行できるように、私としても、気をしっかりと引き締めて、隊員の健康管理、あるいは、災害派遣

河野太郎