運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
11件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2020-07-22 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

池田(佳)委員 今、大変心強い御答弁をいただきました。ありがとうございました。  配付資料にありますように、本年一月九日の読売新聞の社説も、わいせつ教師が再び教壇に立つ資格がないのは明らかだと訴えています。これは、多くの保護者国民の率直な思いであって、極めて常識的な指摘だと思います。政治は、常識に基づいて行われなくてはなりません。  他方、例えば、医師や弁護士といった他の職業資格との関係で、わいせつ

池田佳隆

2020-07-22 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

池田(佳)委員 今、浅田局長から説明がありましたが、官報に掲載されている、具体的な事実や処分内容が全くわからない懲戒処分の公示、この内容皆さん御存じでしょうか。  例えば、教育職員免許法十条一項第二号該当、そのようなことしか書いてありません。そのようなことを伝えたところで、実際の教員採用においてわいせつ教師を排除する上で全く役に立たないことなど、文科省は既に御存じのはずだと思います。  今回、安倍内閣

池田佳隆

2020-07-22 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

池田(佳)委員 皆さん、おはようございます。自由民主党・無所属の会の池田佳隆でございます。  まずは、年初来、新型肺炎犠牲になられた方々、そして今もなお闘病中の方々に、衷心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。また、令和二年七月豪雨で犠牲になられた方々の御冥福と、被災地皆様方に心からのお見舞いを申し上げまして、質問に入りたいと思います。  本年二月二十七日、安倍総理大臣は、新型肺炎感染拡大防止

池田佳隆

2019-11-08 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第4号

池田(佳)委員 ありがとうございました。  給特法を根本から見直す必要があることはもちろんのことでありますが、そのためには、とにかく、積み上がった学校教師業務をしっかり棚卸しして教師業務の量を見きわめるとともに、これからますます重要になる教師という専門職の処遇のあり方はどうあるべきかを、しっかりとしたデータと国民的な議論を重ねた上で見定めていかなければならないと思います。  このように、給特法

池田佳隆

2019-11-08 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第4号

池田(佳)委員 ありがとうございました。  今回の改正法案は、いわば教師業務の棚卸しを求めるものと考えます。  金八先生なんだから、あれもやってよ、これもやってよで積み重なった学校教師業務を仕分け、教師でなければできないことに業務を絞っていく。そのための働き方改革という総力戦の引き金、トリガーである教師業務に関する上限ガイドライン法的根拠のある指針に位置づけて実効性を高めるとともに、これらの

池田佳隆

2019-11-08 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第4号

池田(佳)委員 おはようございます。自由民主党池田佳隆でございます。  まずは、質疑に入ります前に、冒頭、さきの台風において被害に遭われた方々の御冥福衷心よりお祈り申し上げたいと思います。また、今もなお被災地において復旧復興にいそしんでおられます被災者皆様方に、心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  そして、今日まで日本教育再生に並々ならぬ情熱を注いでこられました萩生田光一文部科学大臣

池田佳隆

2017-04-12 第193回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

池田(佳)委員 ありがとうございました。  医療分野研究開発のために医療情報利活用していくということで、それによって新たな治療法や画期的な新薬が開発され、患者国民にその成果が還元されていくことが大いに期待されております。  ただ、病歴などの医療情報は、患者国民にとっては、やはり機微な、他人に容易に知られたくない情報であるということは言うまでもありません。他方医療分野研究開発を進めていくためには

池田佳隆

2017-04-12 第193回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

池田(佳)委員 大臣、ありがとうございました。  医療分野研究開発を進めていく上では、特に医療情報利活用が重要であるということでありますが、この点について、医療機関で得られた医療情報利活用させていただく患者皆様方国民皆様方の御理解を得ていくためにも、その医療情報によって一体どのような先端的研究開発が行われ、その成果としてどのようなことが患者利益国民利益として期待されるのかを、もう

池田佳隆

2017-04-12 第193回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

池田(佳)委員 おはようございます。自由民主党池田佳隆でございます。  医療分野研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律案について、幾つか御質問をさせていただきたいと思います。  二〇一二年十二月に始まったアベノミクスも五年目を迎え、現在五十一カ月もの景気拡大を続けております。これは、バブル期景気拡大に肩を並べ、間もなく戦後三番目の景気拡大になるわけでありますが、これも安倍政権下

池田佳隆

2016-11-16 第192回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

池田(佳)委員 ありがとうございました。ぜひ推し進めていただきたいと思います。  このような教育改革を全力で推進するに当たって、どうしても乗り越えなければならない課題があります。  先日、横浜市で、前任校でも生徒セクハラをしていた教師が、現任校生徒十四人に対するセクハラを理由に懲戒免職されたという報道がありました。あってはならないことであります。  前任校懲戒免職になっていたら、この十四人は

池田佳隆

2016-11-16 第192回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

池田(佳)委員 大臣、ありがとうございました。ぜひ推し進めていただきたいと思います。  続いて、主権者教育の目的と方向性について御質問させていただきたいと思います。  昨年六月の公職選挙法改正によって、投票年齢が七十年ぶりに引き下げられ、本年七月の参議院議員通常選挙から、十八歳以上の国民選挙権を持つことになりました。  我が党は、この問題についていち早く議論を行い、昨年七月、「選挙権年齢の引下げに

池田佳隆

2016-11-16 第192回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

池田(佳)委員 皆さん、おはようございます。自由民主党池田佳隆でございます。  まずは、本日、このような質問の機会をいただきましたことを、関係各位皆様方に心から感謝を申し上げたいと思います。  私が、青年会議所時代から衆議院議員として活動する今日に至るまで一貫して追求してきたことは、独立自尊の精神と良心が織りなす心ある国日本の創造であります。私が教育政策に強い関心を持っておりますのも、このライフワーク

池田佳隆

2015-09-02 第189回国会 衆議院 文部科学委員会 第18号

池田(佳)委員 ぜひ、新国立競技場日本らしさを前面に出していただきたいと思います。  次に、下村文部科学大臣に御質問をさせていただきたいと思います。  下村大臣は、文部科学大臣着任後、直ちに戦後教育政策についてさまざまな改革を断行されてまいりました。歴代大臣の中でも、その情熱実行力は比類なきものと心から敬意を表するところであります。  そんな下村大臣も、新国立競技場整備計画について、さまざまな

池田佳隆

2015-09-02 第189回国会 衆議院 文部科学委員会 第18号

池田(佳)委員 ありがとうございました。  今回策定された整備計画によれば、コスト上限は千五百五十億円とされております。安倍総理の英断によって白紙撤回された従来の整備計画において、総工費二千六百五十一億円という巨額の経費が厳しい社会的批判にさらされていたことを考えれば、千百一億円という工費の圧縮は、乾いた雑巾をさらに絞るような、相当なコストの見直しが行われたと私自身は感じております。我が国の厳しい

池田佳隆

2015-09-02 第189回国会 衆議院 文部科学委員会 第18号

池田(佳)委員 皆さん、おはようございます。自民党池田佳隆でございます。  昨日発表されたエンブレムの白紙撤回の件、大変遺憾に思うところでございますが、本日は、国民の大変な関心事であります二〇二〇年東京オリンピックパラリンピックの主会場となる新国立競技場の新しい整備計画について、下村文部科学大臣並びに遠藤オリンピックパラリンピック担当大臣に御質問をさせていただきたいと思います。  世界最大

池田佳隆

2015-06-11 第189回国会 衆議院 憲法審査会 第4号

池田(佳)委員 御指名ありがとうございます。自民党池田佳隆でございます。  かつて日本青年会議所において二度にわたり憲法草案を起草してきた私といたしましては、この憲法審査会の場では改憲の必要性について意見を述べるのが筋だと思いますが、前回の憲法学者お話大変違和感を覚えたことから、今回は、昨年七月の閣議決定政府見解合憲性と、今審議中の平和安全法制必要性について、自説を述べさせていただきたいと

池田佳隆

2014-06-18 第186回国会 衆議院 文部科学委員会 第24号

池田(佳)委員 大臣、ありがとうございました。  さて、先日、御案内のとおり、下村大臣の新しい著書が上梓をされました。この本には、下村大臣自身幼少時代の貧困の危機、そして胃がんという生命の危機を克服して、それでも教育改革に立ち向かってこられた下村大臣の半生が赤裸々に記されておりました。  私自身、読み進めていくうちに目頭が何度も熱くなったわけでございますが、政治家下村博文として、そして一人の日本

池田佳隆

2014-06-18 第186回国会 衆議院 文部科学委員会 第24号

池田(佳)委員 大変わかりやすいお話、ありがとうございました。  さて、一九八九年、平成元年の大納会、三万八千九百十五円八十七銭、史上最高の株価を記録してから二十五年余り、バブル経済の崩壊のみならず、資本主義を脅かすデフレ不況に陥ってから十五年以上の歳月を経てまいりました。その間、隣国中国にはGDPで抜かれ、世界第二位から第三位へ、そして、一人当たりのGDP世界第一位から第五位まで下がり、日本

池田佳隆

2014-06-18 第186回国会 衆議院 文部科学委員会 第24号

池田(佳)委員 おはようございます。自由民主党池田佳隆でございます。  今国会、くくりの貴重な質疑の時間をいただきましたこと、萩生田筆頭理事初め関係各位皆様方にまずはお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。  さて、第二次安倍内閣成立後、下村文部科学大臣におかれましては、いじめ防止対策の推進、新しい高校無償化制度の確立、教育委員会制度改革大学統治機構改革道徳用教材「私

池田佳隆

2013-11-27 第185回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

池田(佳)委員 今大臣から、事実上の無条件降伏をしたというお話がありました。それは多分、八月十五日以降の事実上の無条件降伏のような形のことを言われていると思うのでございますけれども、私が聞いているのは、八月十四日の御前会議日本国政府ポツダム宣言を受諾するということが無条件降伏であったのかどうか、そのことについてお尋ねをしているわけでございます。どうか下村大臣、明確に御答弁をお願いいたします。

池田佳隆

2013-11-27 第185回国会 衆議院 文部科学委員会 第6号

池田(佳)委員 愛知三区の池田佳隆でございます。  客観的な事実に基づく質問幾つ下村大臣そして西川副大臣にさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いをいたします。  唐突で恐縮でございますが、大臣が退席されなければいけない時間も近づいておりますので、客観的な歴史認識、史実についてお尋ねをしたいと思います。  日本無条件降伏をしたのでしょうか、していないのでしょうか。下村大臣に明確にお

池田佳隆

2006-06-07 第164回国会 衆議院 教育基本法に関する特別委員会 第11号

池田参考人 御指摘質問に的確に答えられるかどうか定かではございませんけれども、ニートという問題が今出ました。ニートというのは、いわゆる就職活動もしない、また就職してから生かせる勉強もしないという無気力、無関心状態に陥ってしまった若者のことの総称だと思います。まず、僕らと同じ世代という話がありましたけれども、JCというのは二十から四十歳までという幅がありまして、私はことしで四十になるわけなんですが

池田佳隆

2006-06-07 第164回国会 衆議院 教育基本法に関する特別委員会 第11号

池田参考人 定時制の話というのはきょう非常に詳しくお聞かせいただきまして、いろいろ勉強になったわけですけれども、我々青年会議所メンバーというのは中小零細が多いんですが、全国各地地場産業を担う中で、働きながら勉強しているという社員を持っている会社は非常に多うございます。そんな中で、我々からすると、定時制に通いながら仕事をするというのは、決して偏見や違和感はなく自然に受け入れられるわけでありまして

池田佳隆

2006-06-07 第164回国会 衆議院 教育基本法に関する特別委員会 第11号

池田参考人 皆さん、おはようございます。日本青年会議所会頭を務めております池田佳隆でございます。きょうは本当に貴重なお時間をいただきまして、まことにありがとうございました。  皆様方は御承知のとおり、日本青年会議所は、地域に密着した全国七百以上の青年会議所、そして全国四万人以上のメンバーとともに、明るい豊かな、平和で温かな社会をつくり上げようと勇猛果敢に頑張っている四十歳までの青年の団体であります

池田佳隆

  • 1