運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
424件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-15 第204回国会 衆議院 本会議 第21号

江田康幸君 公明党江田康幸です。  私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案について質問をいたします。(拍手)  近年、世界中で気候変動影響が指摘されている極端な異常気象は、今後もより頻発化、激甚化する可能性が予測されています。それゆえ、こうした気候変動地球温暖化の原因である温室効果ガス排出削減に取り組むことが世界共通の喫緊の課題

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございました。しっかりと、今後の国立公園満喫プロジェクトを大きく展開していっていただきたいと思います。  続きまして、宮崎政務官にお伺いをさせていただきます。  国立公園等の保護と利用の好循環実現していくためには、地方公共団体また地域との連携協力が非常に重要でございます。今回の改正によって、重要な地域資源となっている国立公園国定公園について、地域主体取組が進んで、地域

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 大臣、ありがとうございました。法改正意義が明確に分かったところでございます。  次に、国立公園満喫プロジェクト位置づけと今後の取組についてということで、環境省にお伺いをさせていただきます。  国立公園国定公園は、自然環境を保護していかなければならないことは当然でありますが、その自然環境を楽しむ利用の観点も重要であり、これらを両立していく必要があると考えます。特に近年は、積極的

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、皆さんに引き続いて、私の方も自然公園法改正案について質問をさせていただきます。  早速、大臣から質問をさせていただきます。  地域状況が変化していく中で、観光地方創生への重要な切り札となっております。多くの地域がこれに力を入れております。  私の地元阿蘇くじゅう国立公園を始めとして、多くの国立公園国定公園日本を代表する自然環境として

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

江田(康)委員 それでは次に、変異株対策の強化についてお聞きをさせていただきます。  既存株感染拡大とともに、これまでより感染力が強いとされる変異した新型コロナウイルス変異株拡大が見られております。変異株PCR陽性者数は、三月三十日までに累計で千二百件。そして、ゲノム解析の結果、変異株は三月三十日時点で国内事例六百七十八例、空港検疫百二十三例の計八百一例が確認をされております。その大半はイギリス

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

江田(康)委員 是非とも明確な、分かりやすいメッセージを発出していただきたいと思います。  緊急事態宣言を先行して解除した大阪、兵庫、そして宮城では蔓延防止等重点措置適用に至りましたが、今後、三週間遅れて宣言を解除した東京を始め首都圏にも同じように感染拡大し、この蔓延防止等重点措置適用が必要となる可能性が出てまいりました。感染拡大防止には先手の対応を望みたいところでありますが、現段階で、政府

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、一般質疑ということでございますので、新型コロナ関連ということで質問をさせていただきます。  一月の八日に発出された緊急事態宣言は三月二十一日をもって全都道府県で解除されたわけでございますが、その後、政府としても、このリバウンドを抑えるために、緊急事態宣言解除後の総合対策として様々手を打ってきたところではございます。しかし、既に感染拡大のピーク

江田康幸

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

衆議院議員江田康幸君) お答えさせていただきます。  これまでこの有明海八代海等総合調査委員会は、平成十八年度そして平成二十八年度にその報告書をまとめております。現在は令和三年度の中間まとめに向けて、小委員会を設置して議論を行っていると承知しております。  そこで、この評価委員会の毎回の議事資料というのはインターネットで公表されているものの、御指摘あるとおり、評価委員会における議論専門的でありまして

江田康幸

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

衆議院議員江田康幸君) ありがとうございます。  舟山先生から御質問をいただきました。何が改善され、何がまだ足りないのか、また出口はどこかということでございます。お答えをさせていただきます。  平成十四年の有明海八代海等再生特別措置法の制定以来、本法や公害特措法に基づく財政措置を活用しながら、有明海八代海再生に向けた様々な取組が行われておりまして、一部の海域や水産資源では漁獲高回復が見られるなど

江田康幸

2021-03-19 第204回国会 衆議院 環境委員会 第3号

江田(康)委員 今の二つ事業なんかは大変重要だと思います。これらを活用して、リサイクル拡大高度化に向けて総力を挙げるということだと思いますので、期待をいたします。  更に質問を続けます。  自治体リサイクル拡大に向けた制度的な措置についてお伺いをしたいんですね。  リサイクル拡大に向けては、自治体取組の促進が非常に重要な点となる。自治体状況は様々でございます。大臣地元というか、東京

江田康幸

2021-03-19 第204回国会 衆議院 環境委員会 第3号

江田(康)委員 それでは、続けて質問をさせていただきますね。  マイルストーン実現するために、リサイクル拡大高度化に向けた政策が大変重要であるということでございます。プラスチック資源循環戦略マイルストーン一つに、二〇三五年までに使用済みプラスチックをマテリアルリサイクルケミカルリサイクルエネルギー回収により一〇〇%有効利用するというものがありますけれども、サーキュラーエコノミー構築のためには

江田康幸

2021-03-19 第204回国会 衆議院 環境委員会 第3号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  先週の大臣所信に対する質疑では、私、脱温暖化社会実現、また二〇五〇年カーボンニュートラルについて質問をさせていただきました。本日は、脱炭素社会に資する循環経済サーキュラーエコノミーについて、プラスチック資源循環中心大臣質問をさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  早速でございますが、循環経済、すなわちサーキュラーエコノミー

江田康幸

2021-03-09 第204回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 当然、このエネルギー基本計画エネルギーミックスについても野心的な数字になろうかと思っておりますので、しっかりと見直し検討をやっておいていただきたい、そのように思います。  次に、この二〇五〇年カーボンニュートラル実現に向けた施策について、お伺いをさせていただきます。  まず、グリーン成長戦略目標について、これも経産省にお伺いをさせていただきますが、この二〇五〇年カーボンニュートラル

江田康幸

2021-03-09 第204回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 ありがとうございます。  今大臣の決意を伺ったわけでございますけれども、一方で、この温室効果ガス削減の二〇三〇年の中期目標は、その表裏一体の関係にあるエネルギー基本計画エネルギーミックスについてもその見直しが求められるわけでございます。  温対計画と歩調を合わせて見直しが進められる必要があると考えておりますけれども、今日は経産省に来ていただいております。それらについてお聞きしたいんですが

江田康幸

2021-03-09 第204回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、小泉環境大臣所信表明に関連して私の方からも質問をさせていただきます。これまでの質問と重なる部分もあろうかとは思いますけれども、丁寧な回答をよろしくお願いを申し上げます。  まず、脱炭素社会実現について一連の質問をさせていただきますが、その中でも、最初には、中期目標見直しについて小泉環境大臣にお伺いをさせていただきます。  昨年十月の総理

江田康幸

2021-03-05 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

江田(康)委員 ありがとうございました。  私の九州川内原発また玄海原発周辺区域におけるこの特措法支援が、まさに避難道路避難所等整備に重要な役割を果たしてきているということを具体的に示していただきました。  続いて、この特措法で指定される支援地域の範囲についてもお伺いをさせていただきたいと思います。  東日本大震災を我々は経験したわけでございます。原子力災害対策重要性が指摘されたわけでございますが

江田康幸

2021-03-05 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

江田(康)委員 続いて、特措法に基づく国の支援額特措法支援による成果、これまでの成果についてもお伺いをさせていただきたいと思います。  まず、この原子力立地地域特措法に基づく国の支援額は年間でどのくらいになっているのか、また、過去の国の支援額については対外的に公表をしているのか、お伺いをします。  あわせて、特措法に基づく支援が行われることで、実際に立地自治体防災インフラ整備が進んで、安全

江田康幸

2021-03-05 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、引き続いて、この原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法の一部を改正する法律案原子力立地地域特措法に関連して質問をさせていただきます。  まず、本法律を延長する必要性について、井上大臣の方にお伺いをさせていただきたいと思います。  原子力立地地域特措法は、御承知のとおり、一九九九年に発生した茨城県東海村のジェー・シー・オー臨界事故

江田康幸

2021-01-29 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第1号

江田(康)委員 ありがとうございました。  最後に、今回、宿泊療養自宅療養要請が、これまでは法的根拠がなく行われてまいりました。これは舘田先生にお伺いをしたいんですが、今回の改正で、都道府県知事による宿泊療養自宅療養協力要請が新設されることになります。この点でこれまでと何が変わると専門家からは期待されるか、お伺いをしたい。  そして、感染が急拡大している地域では、自宅で療養する方が急増していて

江田康幸

2021-01-29 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第1号

江田(康)委員 ありがとうございます。  引き続き質問をさせていただきますが、ちょっと感染症法について、今日は橋本先生が来ていただいております。公衆衛生専門家でもあられる先生にお伺いをさせていただきたいと思いますが、一方で、この感染症法改正では、入院勧告、また宿泊療養、そして積極的疫学調査について、感染拡大防止を徹底するという意味で、それに協力しない患者等については、罰則、これは刑事罰に当初なっておりましたが

江田康幸

2021-01-29 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第1号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、特措法並びに感染症法の審議に入った、その際の参考人質疑ということでございますので、できる限り私は先生方から答弁を引き出したいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  先ほど感染症専門家であられます舘田先生から様々なデータを見せていただきました。特に、一番先にありましたように、国内死亡率において、これは国際的にもそうですけれども

江田康幸

2020-11-19 第203回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございます。  次に、今の質問回答ともダブるかもしれませんけれども、改めて、支援金支給対象世帯拡大支援金支給額等について伺わせていただきます。  支援金支給対象世帯については、平成三十年十一月に、全国知事会は、全ての半壊世帯対象にすべきと提言をいたしておりましたけれども、本法律案では中規模半壊世帯までとしたのはなぜか。また、中規模半壊に至らない半壊世帯に対する

江田康幸

2020-11-19 第203回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、被災者生活再建支援法について質問をさせていただきます。  まず、大臣にお聞きをさせていただきます。  七月豪雨災害では、私の地元でもあり金子委員長地元でもある熊本県を中心として、九州各県、そして全国にも甚大な被害が発生したところでございます。私も直ちに被災地に入り、現状を視察するとともに、被災地からの要望をもとに復旧復興に全力で取り組んでまいりました

江田康幸

2020-11-17 第203回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 宮崎政務官、ありがとうございました。  次に、経済産業省にお聞きをいたしたいと思います。  我が国の温室効果ガスの約八五%はエネルギー起源CO2となっておりまして、この温室効果ガス排出削減を進める上でエネルギー対策をどうしていくかが重要であります。三月に提出されたNDCにおいても、削減目標検討エネルギーミックスの改定と整合的に行うとされておりますから、現在政府において同様に見直

江田康幸

2020-11-17 第203回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 大臣、まさにおっしゃられたとおりでありまして、二〇五〇年までの温室効果ガス排出実質ゼロ宣言は非常に画期的です。国際的にも、グテーレス国連事務総長を始め各方面から称賛の声も上がっております。  しかし、これは脱炭素社会実現に向けての第一歩であって、これからが新たなスタート。今大臣もおっしゃられましたように、大競争時代、スピード、そういう中で、いかにこの二〇五〇年カーボンニュートラル

江田康幸

2020-11-17 第203回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、小泉環境大臣所信に対して、主に気候変動と脱炭素社会構築に関して、私の方から質問をさせていただきたいと思います。  まず、大臣にお伺いをさせていただくわけでございますが、先月二十六日、菅総理が今国会の所信表明演説で、二〇五〇年までの温室効果ガス排出実質ゼロにする、また、二〇五〇年カーボンニュートラルとして脱炭素社会実現を目指すことを

江田康幸

2020-07-28 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号

江田(康)委員 ありがとうございました。万全の体制で進めていただきたいと思います。  鉄道早期復旧に向けた支援についてもお伺いをさせていただきます。  甚大な被害を受けたのは鉄道もしかりでありまして、JR肥薩線また肥薩おれんじ鉄道及びくま川鉄道については、地域住民生活再建のためにもこの早期全線復旧が必要であります。復旧の見通しについてどうか、また、この早期復旧のためには熊本地震JR豊肥線

江田康幸

2020-07-28 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号

江田(康)委員 大臣、よろしくお願いをいたします。  次に、公共土木施設等早期復旧と国の直轄権限代行の指定について、私からも質問させていただきます。  熊本県によると、球磨川等にかかる道路橋の崩落は十四カ所にも及ぶわけでありまして、特に、球磨川にかかる橋梁十橋及びこの関連する国道二百十九号、県道、市町村道復旧については、国の直轄権限代行により迅速に進めることが必要と要望をしてまいりましたが、これを

江田康幸

2020-07-28 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号

江田(康)委員 皆様、おはようございます。公明党江田康幸でございます。  本日は、熊本福岡大分を始めとする令和二年七月豪雨に関して質問をさせていただきます。  このたびの令和二年七月豪雨においてお亡くなりになられた方々とその御家族に対して深く哀悼の意を表しますとともに、今なお避難所等において不自由な生活を余儀なくされている皆様に心からお見舞いを申し上げます。  私の地元熊本県では、七月の三日

江田康幸

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

江田(康)委員 まさに、今回の災害は、新型コロナ禍後に初めて起こっている災害でございます。どうか新型コロナ感染防止対策等についてもしっかりと支援をしていただきたいと思います。  次に、ボランティアの要請についてでございます。  球磨川氾濫で、二メーターの床上浸水や二階までの浸水など、多くの家屋が甚大な被害を受けています。山積した泥のかき出しから、浸水して使えなくなった家財道具の廃棄処理など、大変

江田康幸

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

江田(康)委員 ありがとうございます。万全の対応をよろしくお願いをいたします。  次に、人吉市におきましては、十施設避難所に約千百名が避難されております。七百十六名が避難されている人吉スポーツパレスでは、新型コロナ感染防止対策として、検温のための非接触型体温計、そして消毒薬やマスクが配備され、パーティション、段ボールベッド、そしてマット、洋式の簡易トイレなどが整備されつつありますが、絶対量が足

江田康幸

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

江田(康)委員 皆様、おはようございます。公明党江田康幸でございます。  本日は、熊本を始め福岡大分など九州各地で甚大な被害をもたらしている豪雨災害に関して緊急の質問をさせていただきます。新型コロナ感染症における災害対策でもありますので、よろしくお願いをいたします。  球磨川氾濫や土砂崩れが相次いだ私の地元熊本県では、昨日までに死者五十三人、行方不明者九人、甚大な被害が出ているところであります

江田康幸

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございます。  沖縄県の場合、雇用調整助成金給付率全国平均からすると高いということで、着々と進んでいると思っております。  このような状況の中で観光需要をやはり一気に引き上げていく、そういうことが観光産業にとっては大変重要なわけでありますが、この観光産業再生を図ることが期待される政府のゴー・トゥー・キャンペーンについてお伺いをします。  先ほどもございましたけれども

江田康幸

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございます。  新型コロナウイルス感染流行が、この後、我々、この感染拡大防止とそして経済再生を両立して目指していくわけでありますけれども、その流行が収束して需要が戻ったとしても、まず観光リゾート産業ダメージが今あるわけでありまして、それを回復できなければ観光客の客入れ、受入れというのは困難であります。  短期間でコロナウイルス流行前の水準に戻るのは難しいとの指摘もあります

江田康幸

2020-06-18 第201回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、沖縄観光再生や、また首里城再建等について質問をさせていただきたいと思っております。  質問時間が短いですので、早速に質問に入らせていただきます。  今、沖縄県の経済は非常に厳しい状況である、そのように思っております。特に、沖縄県のリーディング産業である観光リゾート産業は、新型コロナウイルス感染拡大影響により深刻なダメージを受けております

江田康幸

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

江田(康)委員 大臣の丁寧な御説明で、今回の法案意義というのがよくわかりました。またさらに、人文科学に係る科学技術、またイノベーション創出、こういう概念を加えていくということにおいて、非常に前進であろうかと思っております。  その上で、一つだけ最後質問をさせていただきますが、このイノベーション創出、これは、こういうような新型コロナの、かつてない、今、治療薬もない、ワクチンもない、そういう状況

江田康幸

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございました。  これからも、国内ワクチン開発実現に向けては、種々、我が党からも提言を続けてまいりたいと思いますので、しっかり頑張っていただきたいと思います。  それでは、本法案質疑に入らせていただきます。  まず、竹本大臣に根本的なところをお伺いさせていただきたいと思いますが、デジタル化人工知能ゲノム編集技術など、近年の科学技術イノベーションの急速な展開、進展

江田康幸

2020-06-01 第201回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、私も科学技術専門とする人間の一人として、科学技術基本法改正案について質問をさせていただきます。  その前に、まず、新型コロナウイルス感染症について、開発が急がれる治療薬ワクチン開発について一問だけお聞きをさせていただきたいと思っております。  ワクチン開発でありますが、感染拡大を防止して感染を終息させる、そのためには、最終的には

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

江田(康)委員 ありがとうございます。  引き続き、再生可能エネルギーにおいても大変重要な、災害に強い分散型電力システムということについて、中野政務官にお伺いをさせていただきます。  再生可能エネルギー分散型電力システムの柱であります。昨今の災害対応の教訓から、主要送配電網を用いた一極集中型の電力システムではなくて、地域に存在する分散型電源を活用した分散型電力システム構築が急務となっていると思

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

江田(康)委員 大臣、ありがとうございました。丁寧に説明をしていただきました。まさに政府取組が大変重要でございます。今のような中身が本当に明文化されることによって、しっかりと実質的な実効力のある災害連携計画ができ上がるものと考えますので、どうぞよろしくお願いします。  次に、送電網の増強についてお伺いをさせていただきます。  我が党は、世界的な脱炭素化の潮流も踏まえて、太陽光、風力といった再生可能

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  私もこの委員会にはかつて所属をしていたわけでございますが、委員長もさせていただきましたが、きょうは久々にこちらの方で、エネルギーに関して質問をさせていただきます。  本日は、エネルギー供給強靱化法でございます、これについての質疑でございますけれども、まずは冒頭新型コロナウイルス感染が今このように拡大をしているわけでございます。このたびのこの新型

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございました。  それでは次に、適切な事前調査の確保について伺ってまいります。  新たに義務づける事前調査の結果の都道府県への報告については、石綿の有無にかかわらず行うとされているために、報告による事業者への負担については十分に配慮する必要があると思います。事前調査結果の報告一定規模以上の建築物調査について義務づけるとされておりますけれども、どのような規模対象としていくのか

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 大臣、ありがとうございました。  それでは、今回の主な改正のポイントについて質問をさせていただきます。  まず、いわゆるレベル建材への規制対象拡大について、改めてお伺いをいたします。  これまでは、飛散性が相対的に低いということで、いわゆるレベル建材はこの対象となってこなかったわけですが、今回、いわゆるレベル建材戸建て住宅にも多く使用されておりまして、新たに規制対象にするからには

江田康幸

2020-05-15 第201回国会 衆議院 環境委員会 第4号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、大気汚染防止法改正について御質問をさせていただきます。  冒頭ではございますが、新型コロナウイルス感染拡大は続いております。このたびの新型コロナウイルス感染でお亡くなりになられた方々お悔やみを申し上げますとともに、治療中の方々には一刻も早い回復をお祈りするものであります。さらに、感染危険性にさらされながらも懸命な治療そして診療に当

江田康幸

2020-03-11 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第3号

江田(康)委員 ありがとうございました。  次に、イベントの開催自粛等による損失補償等について、この特措法における位置づけをお聞きしたいと思います。  この特別措置の中には、金銭の債務の支払い猶予政府系金融機関による融資が規定されております。さまざまな影響を受けた事業者に対する支援措置でありますが、今回実施される第二弾も含めてでございますけれども、雇用調整助成金の拡充や、また、休校による休業補償

江田康幸

2020-03-11 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第3号

江田(康)委員 ありがとうございました。  それでは次に、緊急事態宣言要件客観性等について質問をさせていただきます。  特措法第三十二条及び特措法施行令第六条において、緊急宣言二つ要件を満たしたときになされる。一つ要件は、新型インフルエンザ等国内で発生し、肺炎等の重篤である症例の発生頻度相当程度高いこと、また、第二の要件としては、この新型インフルエンザ等全国的かつ急速な蔓延により

江田康幸

2020-03-11 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第3号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、新型インフルエンザ等対策特別措置法について、特措法改正案について質問をさせていただきます。  冒頭新型コロナウイルス感染でお亡くなりになられた方々に心からお悔やみを申し上げますとともに、治療中の方々に一刻も早い回復をお祈りいたします。また、国民の皆様にも心からお見舞いを申し上げたいと思います。  この新型コロナウイルス感染世界全体

江田康幸

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 大変私は小泉大臣期待を申し上げます。きょうもそのESGの大きな会合が行われておりますので、環境省はぜひとも、ESG金融大国日本、これをつくり上げていっていただきたい、それがこの二〇五〇年排出ゼロを実現する大きな環境の力になってくると思いますので、よろしくお願いをいたします。  もう一つ大臣にお伺いをさせていただきます。  時間がなくなるといけませんので、先に石炭火力について私もお

江田康幸

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 ありがとうございました。  この革新的環境イノベーション戦略は、環境省とともにある経済産業省が主要な省庁でございますので、両省から聞かせていただきましたが、時間がないので、皆さんもはっきりとわかるというところまではいきませんけれども、ここに環境イノベーション戦略があります。こういうのの中に、本当に夢のある、また、実用化可能というか実用化できるものが私は全部盛り込まれている、世界にも

江田康幸

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

江田(康)委員 公明党江田康幸でございます。  本日は、小泉大臣大臣所信に対する質疑をさせていただきます。  冒頭ではございますが、現在、新型コロナウイルス感染拡大が続いております。学校の休校やイベントの自粛、また外出自粛、さらには観光客の激減など、やはり国民生活日本経済に大きな影響が出ているわけであります。政府におかれましては、感染拡大の防止を徹底して行っていただきたい、また、国民の健康

江田康幸

2020-02-18 第201回国会 衆議院 予算委員会 第13号

江田(康)委員 ありがとうございました。  続いて、商工会の笠会長に御質問をさせていただきます。  済みません、時間が限られておりますので次々に参りますが、まず、被災事業者支援についてお伺いをさせていただきたいと思います。  商工会の皆様が被災を受けた中小企業をしっかりと支えていただいて今日があるかと思っております。被災企業の事業再建におきましては我々も全力を尽くさせていただきましたが、グループ補助金

江田康幸

2020-02-18 第201回国会 衆議院 予算委員会 第13号

江田(康)委員 ありがとうございます。  次に、住まいの再建についてもお伺いをさせていただきます。  知事におかれましては、住まいの再興なくして心の復興はないという決意で取り組んでこられたわけでございますが、仮設住宅に入居された四万八千人の方々のうち、これまで約九割に当たる四万三千人の方々が住まいの再建実現したとお聞きしております。また、被災した十二市町村においても、整備を進めてきた千七百十五戸

江田康幸

2020-02-18 第201回国会 衆議院 予算委員会 第13号

江田(康)委員 公明党衆議院議員の、地元選出の江田康幸でございます。  本日は、意見陳述人の皆様におかれましては、大変お忙しい中で、このように予算委員会の公聴会に御参加をいただき、また、大変貴重な御意見を伺いましたことを心から感謝を申し上げます。  では、時間の限りで質問をさせていただきます。  まず、蒲島県知事に御質問をさせていただきたいと思います。  熊本地震から三年十カ月になるわけでございます

江田康幸

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

江田(康)委員 しっかり取り組んでいただきたいと思います。  次に、中小・小規模事業者に対する支援について経産省にお聞きをいたします。  今般の台風十五号、十九号による一連の災害を踏まえて、政府は、被災者の生活と生業の再建に向けた政策支援パッケージを取りまとめたわけであります。このパッケージには、中小・小規模事業者支援として、東日本大震災、また平成二十八年の熊本地震、三十年の西日本豪雨で実施されました

江田康幸

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

江田(康)委員 ありがとうございます。  被災自治体が安心して復旧復興に集中して取り組めるように、特別な財政措置実現をよろしくお願いを申し上げます。  次に、住宅の被害認定について、また、その支援についてお伺いをさせていただきます。  今般の台風十五号による被害を踏まえまして、住宅被害に対する支援としては、災害救助法による応急修理の対象が一部損壊で損害割合が一〇%以上二〇%未満の場合にまで拡充されました

江田康幸

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

江田(康)委員 おはようございます。公明党江田康幸でございます。  まず冒頭、台風十五号、十九号など一連の豪雨災害でお亡くなりになられました方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  本日は、台風十九号で甚大な被害を受けた福島、宮城両県の委員会視察を踏まえまして、私の方からは質問をさせていただきたいと思います。  まず、大臣にお聞きをさせていただきます

江田康幸