運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
35件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

2016-05-12 第190回国会 参議院 農林水産委員会 7号

政府参考人(櫻庭英悦君) まず、お答えする前に、先ほどの件でございますが、九十二件の案件のうち、東が四十五、西が四十七と、ほぼ半々という形でございます。  そして、今お尋ねの件でございますけれども、農林漁業成長化ファンドにつきまして、現在、畜産分野に関しましては二十六件、総額二十九億七千万円の出資決定を行っているところでございます。  畜産分野につきましては、今先生が御指摘のとおり、自らの生産物を

櫻庭英悦

2016-05-12 第190回国会 参議院 農林水産委員会 7号

政府参考人(櫻庭英悦君) ちょっと今割合は全てすぐ分かるわけではございませんけれども、基本的に一番多い都道府県が、まずは北海道が八、それから千葉、東京都、広島、そして福岡が五という具合になっておりまして、その次が茨城が四、長野が四、愛媛が四、鹿児島県が四という形になっておりまして、まだ生まれていない県が幾つかございまして、例えば群馬、山梨静岡、愛知、富山高知大分などでございます。

櫻庭英悦

2016-05-12 第190回国会 参議院 農林水産委員会 7号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  農林漁業成長産業化ファンド、これは農林漁業者が自ら生産した農林水産物を活用して新商品の開発等の新たな事業分野を開拓する取組を支援するものでございます。株式会社農林漁業成長産業化支援機構、略称A―FIVEと呼んでおりますけれども、これは平成二十五年一月の設立以来三年が経過したところでございます。  これまで全国に五十一のサブファンドによる推進体制が整備

櫻庭英悦

2016-05-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人(櫻庭英悦君) 例えば餌のトウモロコシでございますが、これは種子というよりはトウモロコシそのものを輸入しているということでございますので、やはり我が国の高温多湿な環境でございますので、これは種子とはちょっと切り離して考えた方がいいと思いますけれども、私どもが今考えておりますのは、例えば伝統野菜というのがございます。これは、その地域に根差した、例えばすごく長いニンジンであるとか辛みの利いた

櫻庭英悦

2016-05-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人(櫻庭英悦君) 一つの種子とこれを、栽培が違いますのでなかなか申し上げられませんけれども、例えば種子と農薬を一緒に扱っている世界のメジャーな会社がございます。その売上げの比率で申し上げますと、例えばダウ・デュポン、ダウとデュポン、これが合併しまして世界一の種子・農薬会社でございますが、これの二〇一四年の出荷額が二兆円強になっておりますが、種子と農薬が大体半々の割合、その出荷額のですね、そういった

櫻庭英悦

2016-05-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  主要農作物の種子の国産のシェアでございますけれども、稲ですと国産のシェアが一〇〇%、あと主要農作物でいきますと麦、大豆もほぼ一〇〇%でございまして、正確に申し上げますと、麦で九九・七%、大豆で九七・八%となっております。  そのほか、これは率ではなかなか把握できないものが野菜とか花とか、これはなかなか率ではできない状況でございますけれども、例えば野菜

櫻庭英悦

2016-04-04 第190回国会 参議院 決算委員会 4号

政府参考人(櫻庭英悦君) 農林水産省でございます。  農林水産省の取組について御説明させていただきます。  食品ロス削減の取組といたしましては、まず食品廃棄物等の発生抑制目標の設定をいたしました。これに加えまして、先生お示しのとおり、商慣習検討ワーキングチームへの支援、あるいは納品期限見直しパイロットプロジェクト、あるいはフードバンク活動などを行うNPO法人等への支援等々、ここにございますように事業

櫻庭英悦

2016-03-31 第190回国会 参議院 農林水産委員会 4号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  十年ほど前、政府がやるということで、すしポリスと言われましたけれども、私、そのときの担当課長でございましてしっかり覚えておりますので、そうならないような仕組みを今回検討しているところでございます。  まず、日本食というのは生ものの取扱いが多い料理であるということ、したがいまして、食品衛生管理や調理方法に関する知識がないと、これは非常に重大な事故

櫻庭英悦

2016-03-31 第190回国会 参議院 農林水産委員会 4号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  今御指摘がありましたように、知財戦略二〇二〇には八つの柱がございまして、その一つが種苗産業競争力強化でございます。例えば、これに基づきまして、ASEANプラス日中韓によりまして、東アジア植物品種保護フォーラムを通じました植物品種保護制度の整備拡充や育成者権侵害対策の強化に取り組んでいるところでございます。さらに、今般のTPP協定によりましてUPOV

櫻庭英悦

2016-03-31 第190回国会 参議院 農林水産委員会 4号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  先生御指摘のとおり、長野県は、長野県が育成した品種の欧州でのブランド普及や許諾料獲得のため、イタリアの生産者団体シナノゴールドの大規模商業栽培のライセンス契約をこの三月二十四日に締結したという具合に伺っているところでございます。  今御指摘がありました植物新品種の知的財産権保護につきましては、植物新品種の保護に関する国際条約、UPOV条約と呼んでおりますけれども

櫻庭英悦

2016-03-23 第190回国会 参議院 農林水産委員会 3号

○政府参考人(櫻庭英悦君) 補足させていただきます。  A―FIVEの出資した、先ほど委員御指摘のようなカミチクのような大きなタイプではございませんけれども、ハム、ソーセージを作ったり、六次産業に取り組んでいる出資案件は二十五件でございます。

櫻庭英悦

2016-03-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 2号

政府参考人(櫻庭英悦君) 先生御指摘のとおり、農林水産物食品輸出額が農家の所得にどのように寄与するかというのを統計的に把握することは結構難しい問題であることは御理解いただきたいと思いますが、ただし、事例的に一つ一つ追いかけている部分がございます。  例えば、イチゴ等の青果物でございますが、輸出相手先国の価格が日本の二倍以上になっているにもかかわらず、農家の出荷額は国内に販売するのと同程度という

櫻庭英悦

2016-03-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 2号

政府参考人(櫻庭英悦君) HACCPにつきまして、これまでの導入率についてまず御答弁させていただきます。  食品製造業者のHACCPの導入について、平成十八年度と平成二十六年度、当省の統計で調べてみました。全事業者の平均が、十八年度が一五%、二十六年度が二九%、この中で事業規模の大きな層でございますけれども、これは七三%から八八%、一方で、大宗を占めます中小の事業者につきましては一六%から三四%と

櫻庭英悦

2016-03-10 第190回国会 参議院 農林水産委員会 2号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  昨年決定されましたTPP関連政策大綱におきまして、委員御指摘のとおり、チェックオフ制度の導入について検討することとされたところでございます。このため、現在、チェックオフ制度を参考に、生産者等が主体的に取り組む国産農林水産物の需要拡大や輸出促進の仕組みを検討するための調査を実施しているところでございます。  具体的には、まずチェックオフ制度に関する国内外

櫻庭英悦

2016-02-25 第190回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 1号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  個別産品につきましては、登録の申請を受け付け審査する立場であることから、回答を差し控えさせていただくことを御理解いただきたいと思いますが、一般論として申し上げさせていただきたいと思います。  地理的表示法に基づく登録を認めるかどうかにつきましては、その特性が特定の地域に結びついているかどうか、産品の名称が普通名称でないかどうかといった点について申請書類の内容

櫻庭英悦

2016-02-25 第190回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 1号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  酒米は、地理的表示の対象産品であることから、登録の申請を受け付けることは可能でございます。  しかしながら、一般論として申し上げますと、地理的表示法に基づく登録を認めるかどうかにつきましては、その特性が特定の地域と結びついているかどうか、そして、産品の名称が単純な植物品種名などの普通名称でないかどうかといった点につきまして、申請書類の内容を個別に審査した上で

櫻庭英悦

2016-02-25 第190回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 1号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  先生御指摘のとおり、地理的表示は、地域で長年生産され、高い品質と評価を獲得するに至った地域ブランド産品の名称を登録し、知的財産として保護するものであります。  地理的表示につきましては、名称とともに品質の基準や品質を確保するための生産方法の基準を登録することによりまして国がその品質を担保すること、また、地理的表示の不正使用があった場合には国がこれを取り締まることといった

櫻庭英悦

2015-12-09 第189回国会 参議院 農林水産委員会 閉1号

政府参考人(櫻庭英悦君) 農林水産業は、地域における基幹産業として地域経済あるいは地域社会の維持発展に貢献するなど政策的配慮を要する産業分野であることから、先生今御指摘がありました対内投資については、外国為替及び外国貿易法、いわゆる外為法に基づく事前審査制度で規制しているところでございます。  したがいまして、今回の政策大綱では、外国企業研究開発部門、そういったものを我が国に誘致するなど対内投資

櫻庭英悦

2015-09-02 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 21号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  平成二十二年十二月に閣議決定されました独立行政法人事務・事業の見直しの基本方針の中で、バレイショの原原種の生産コストと配布価格に大きな乖離があるため、配布価格を引き上げることによって自己収入の拡大を図ることとされました。  種苗管理センターでは、本基本方針に基づきまして、農林水産省と協議の上、バレイショの原原種の配布価格を、平成二十二年の二十キロ当たり千七百七十円

櫻庭英悦

2015-09-02 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 21号

○櫻庭政府参考人 お答えを申し上げます。  種苗管理センターは、平成二十六年度におきまして、先ほどの受託収入は五千百万円でございます。  その内訳といたしましては、農林水産省からの委託事業として、登録品種の標本、DNA保存が五百万円、種苗病害検査手法の開発が四百万円、遺伝子組み換え植物の緊急検査が百万円、また独法からということで、農業生物資源研究所からの委託事業として、遺伝資源の保存技術の開発が二百万円

櫻庭英悦

2015-08-25 第189回国会 参議院 農林水産委員会 17号

政府参考人(櫻庭英悦君) 先ほど申し上げましたように、やはり農業者の皆さんが自己資本率あるいは借入金割合が高いということからなかなかそちらの事業に手を伸ばせないということで、先ほど三点申し上げた点を基本指針として変えたところでございます。  また、JAの関係で申し上げますと、現在、最新では六十五の六次産業化の企業が生まれておりますけれども、JA関連はこのうち十社と一番多くなってございまして、全国農業協同組合連合会

櫻庭英悦

2015-08-25 第189回国会 参議院 農林水産委員会 17号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  農林漁業成長産業化ファンドは、農林漁業者が自ら生産した農林水産物を活用して新商品の開発等の新たな事業分野を開拓する加工、流通などの取組を支援し、農林漁業の成長産業化の実現を目指すものでございます。  その際、農林漁業者による加工、流通分野のノウハウや販路の獲得が重要であることから、パートナー企業資本参画を通じてこのようなノウハウが獲得できるような

櫻庭英悦

2015-08-04 第189回国会 参議院 農林水産委員会 14号

政府参考人(櫻庭英悦君) 先生御指摘の点でございますけれども、例えば平成二十六年の輸出額六千百十七億円でございますけれども、うち加工食品が千七百六十三億円、残り四千三百五十四億円でございますけれども、農産物が千八百六億円、林産物が二百十一億円、水産物が二千三百三十七億円となっておりまして、ここの一次産品の大部分は国産と推計されております。  また、食品製造業の国産原料の調達割合、これはちょっと古うございますけれども

櫻庭英悦

2015-06-17 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 18号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  これは、六次産業化を進める上で、まず、農林漁業者が主導して取り組むことを基本とする、その上で、地域食品産業等の企業を初め多様な関係者のアイデアあるいはノウハウを結集して取り組むことが、地域の活性化に大きな効果を発揮し得ると考えられるケースがあるとして記載されたものと承知しております。  具体的には、例えば、市町村が策定する六次産業戦略に基づきまして農林漁業

櫻庭英悦

2015-06-17 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 18号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  六次産業化の意義につきましては、地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律平成二十二年の法律第六十七号でございますが、いわゆる六次産業化・地産地消法、この前文におきまして、一次産業としての農林漁業と、二次産業としての製造業、三次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、地域資源を活用した新

櫻庭英悦

2015-06-08 第189回国会 衆議院 決算行政監視委員会 4号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  平成二十五年一月に設立され、二月から業務を開始しました株式会社農林漁業成長産業化支援機構の経費につきましては、平成二十四年度決算につきましては、出資業務に係る費用が三億三千四百六十二万円、また、平成二十五年度決算におきましては、同じく六億四千三百五十二万円となっております。  他方、平成二十五年度までの六次産業化事業体への出資件数は八件となっております。A―FIVE

櫻庭英悦

2015-06-02 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 13号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  今大臣の方からございましたけれども、まず、商標であるとか、そちらの方のポイントはございますけれども、話し合いも、実は先行している国は百カ国以上ございまして、重立った国だとEUとか東南アジアがございます。そういう国々とお互いに相互登録の、この国と話し合いの結果、相互に登録産品を保護し合う、そういった枠組みづくり、こういったものを、まだきのうスタートしたばかりでございますけれども

櫻庭英悦

2015-05-21 第189回国会 参議院 農林水産委員会 9号

○政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申し上げます。  六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定件数、私ども当初、平成二十三年五月の第一回認定を行いましたけれども、目標を二十七年度一千件でございましたけれども、この四年間で実績値は約二千件という倍のペースで増加したということでございます。  この要因としては、認定事業者の九七%は加工に取り組んでいる、重複もございますので、もう一つは認定事業者の

櫻庭英悦

2015-05-21 第189回国会 参議院 農林水産委員会 9号

○政府参考人(櫻庭英悦君) 先生の方から大きくて三点の御質問がございました。  まず、新たな食文化サービス課なり海外展開・輸出促進課について御説明させていただきたいと思います。  我が国の農業の活性化を図るためには、農林水産業・地域の活力創造プランに基づく農政改革を着実に推進し、その成果を出すことが喫緊の課題となっております。その実現のために、これまでの国内外の農林水産物・食品の需要拡大を図る施策に

櫻庭英悦

2015-05-19 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 10号

○櫻庭政府参考人 本年三月三十一日に閣議決定されました食料・農業・農村基本計画にあわせまして、農村地域の関連所得の試算を行った、その中で、ファンド活用により、平成三十七年度までに一・一兆円程度の市場規模を見込んでいるということでございまして、昨年からスタートしたばかりでございますけれども、これに向かってしっかりと対応してまいりたいというぐあいに考えております。

櫻庭英悦

2015-05-19 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 10号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  先生御指摘のとおり、A―FIVEは二十五年二月に開業しまして、二十五年度の実績は八件、ただし、二十六年度は新たに四十五件の出資が決まりまして、五月十三日現在では五十九件という形になっております。出資決定時の計画ベースでは、約千二百名の新たな雇用がこれでできたというぐあいに考えております。  今先生の御指摘でございますけれども、ファンドの活用については、まずは

櫻庭英悦

2015-05-19 第189回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(櫻庭英悦君) 先生御案内のとおりでございまして、台湾というのは日本にとって第三番目の輸出相手国で非常に貴重な存在でありますし、また友好的なところでもございます。  この三年間で見ますと、平成二十三年、五百九十一億円の輸出でございましたけれども、平成二十六年には八百三十七億円と、三年間で二百四十六億円、四一・六%も増加しているというところでございます。  それを品目別で見ますと、リンゴ

櫻庭英悦

2015-05-19 第189回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(櫻庭英悦君) 私の方からは規制内容の事実関係について申し上げたいと思います。  先生御指摘のとおり、平成二十三年三月の東日本大震災東京電力福島第一原子力発電所事故に伴いまして、福島、茨城、群馬、栃木、千葉、この五県産の全ての食品輸入停止を行っているというところでございます。そして、これに加えて、今月十五日に輸入規制強化が実施されたと。  その内容でございますけれども、先ほど申し上

櫻庭英悦

2015-05-19 第189回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(櫻庭英悦君) お答え申します。  先生御指摘のとおり、平成二十五年に閣議決定されました再興戦略に基づきまして、国別・品目別の輸出戦略、これを策定させていただきました。その中に一兆円目標というのがありまして、実は各団体がばらばらであったということもありまして、司令塔となる輸出戦略実行委員会を昨年の六月に創設しまして、品目別に輸出拡大の策定や輸出団体育成などを進めているところでございます

櫻庭英悦

2015-05-14 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○櫻庭政府参考人 お答えいたします。  先ほど福島先生のときにお答えいたしましたけれども、ほとんどの県においてはジェトロの県センターがございます。そのジェトロの県センターが行う商談会とか、あるいはセミナーがございます。そういうところの御案内をしたりして、まずきっかけをつかんでもらうということもあります。  それから、六次産業化プランナーという方もいらっしゃいまして、六次産業化をして、直売ならぬ輸出まで

櫻庭英悦

2015-05-14 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○櫻庭政府参考人 先生御指摘のとおり、ジェトロは、確かに、貿易実務とかそういったマーケティング、海外、それから国内にも事務所を多く持っておりますので、そういった連絡網を持っているというのは事実でございますし、私ども、二年前から輸出サポート事業ということで、ジェトロに今年度も十五億円ほどお願いしまして、ジェトロと連携して行う。しかも、ジェトロと行うそのノウハウを、農水省が持っている現場とのネットワーク

櫻庭英悦

2015-05-14 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  現在、輸出に関しては、各国々から産地証明書等の証明書を求められております。その証明書の発行業務、あるいは県域を超える産地連携の取り組み、それから他省庁地方組織地方自治体商工会議所金融機関等の連絡調整、それから、農政局ごとに協議会を持っておりますので、輸出拡大の取り組みについて検証等を行うということで、農政の知見を持っている方々が現場におりますので、そういった

櫻庭英悦

2015-05-13 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

○櫻庭政府参考人 先生御指摘のとおり、廃棄物は非常にふえておりまして、流通問題はあります。  例えば、今御指摘のありましたコンビニエンスストア、ファストフード店につきましては、食品廃棄物の発生抑制の目標を設定していただきまして、何%以内に抑えますという形で、業界を挙げて取り組んでいただくということをお願いしているところでございます。  また、賞味期限納品期限というのがございまして、賞味期限の三分の

櫻庭英悦

2015-05-13 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

○櫻庭政府参考人 放射性物質の問題で禁輸なり証明書を求められているのは、あくまでも、日本政府とすれば、科学的なデータに基づいて禁輸の解除あるいは撤廃を求めている。それを、ハイレベルでの、例えば総理の外遊時、あるいは大臣のバイ会談等で働きかけていく。その成果は、例えば、各国それぞれ、タイとかそういったものは完全に解除してきているという状況でございます。  今後とも、引き続き、そういった国々に対しては働

櫻庭英悦

2015-05-13 第189回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

○櫻庭政府参考人 お答え申し上げます。  今、風評被害という部分と禁輸の部分と二つの御指摘があったと承りました。  例えば、先生の御地元の福島県というのは、非常に多くの国々から、禁輸措置、それから検査証明の提出、産地証明の提出を求められているのは事実でございます。  私どもは、復興庁と連携しまして、復興庁計上になりますけれども、農水省に関して、風評対策予算として、二十七年度十六億円という形で進めております

櫻庭英悦

  • 1
  • 2