運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
462件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1996-05-30 第136回国会 衆議院 外務委員会 10号

○楢崎委員 事前協議条項はイエスもありノーもある、そうなっているでしょう。それが、もうノーはないんだ、包括承認というのは全部イエスだということを前提にしなければ、この研究は具体的に進まないのではないかということを聞いたんです。おわかりにならなかったそうですが。  それは事前協議、あなたが出てくる前から国会におるんだから。これはいろいろ問題になって、岸・ハーター交換公文、おわかりのとおり、どれが事前協議

楢崎弥之助

1996-05-30 第136回国会 衆議院 外務委員会 10号

○楢崎委員 市民リーグ・民改連の会派に属しております楢崎弥之助です。  前の方々の質疑を全部聞いておりませんので、時間が二十分しかございませんし、もし私の質問の中で、もうそれは前に済んだということであれば、もうそうおっしゃって省いていただきたいと思います。  私も国会に籍を置きまして三十三年間、主として外交、防衛をやってきました、予算委員会、外務委員会、内閣委員会で。我々の先輩の後を継いで、大いに議論

楢崎弥之助

1996-05-29 第136回国会 衆議院 金融問題等に関する特別委員会 4号

○楢崎委員 私は、市民リーグ・民改連の会派の楢崎弥之助であります。  本題に入る前に、イントロとして、高級官僚の綱紀粛正の問題についてお伺いをすることから始めます。  私は、ことしこの会派に入りました。それまで無所属でございましたから、委員会は懲罰委員会、だから普通の委員会の質問ができませんから、昨年十月から十一月にかけて、国会法の第八章「質問」、第七十四、第七十五条に基づいて質問主意書を三回出しました

楢崎弥之助

1996-04-04 第136回国会 衆議院 予算委員会 25号

○楢崎委員 実は私の質問時間、例によって十五分しかないので、用意しておった問題があるのですけれども……。  きのうこういうものを印刷されておるのですね、政府は。けさ私はこれを手に入れましたよ。これは「住専問題とは何ですか。」というパンフレットですね。いいですか、これを与党三党が出されるならいいのですよ。政府が出されるというのは一体何ですか。これは私は……(発言する者あり)黙って聞きなさいよ。せっかく

楢崎弥之助

1996-04-04 第136回国会 衆議院 予算委員会 25号

○楢崎委員 今度の予算委員会を振り返ってみまして、議長のあっせんによって正常化したことを大変私も喜んでおります。  それで、過去の経験から見ても、いわゆる議会というところは間接民主主義ですね。直接民主主義というのは国民の声を聞くことでして、今度のこの住専問題で税金を使うという点について、これほど間接民主主義の国会といわゆる国民の声といいますか、直接民主主義のその声の乖離といいますか、非常に離れておる

楢崎弥之助

1996-02-29 第136回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○楢崎分科員 それは違いますね。あなたは本当にその書類を見ましたか。いいかげんなことを言っちゃだめですよ。住宅資金と書いてあるはずだ、全部。  桜井主査さんにお願いしたい。それはプライベートなあれがあるから住専七社のどこどこというところは消しておいていいから、その使途のところ、全部一緒だと言ったから、農林中金の人は私に、だから本物を見せていただきたい。それがお願いです。  それで角道さんも、いいですか

楢崎弥之助

1996-02-29 第136回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○楢崎分科員 それですか、意味するところは。融資審査手続、そうでしょう。「借入申込書」、これがひな形です。これで住専はいわゆる系統金融に融資の申し入れをしておる。この中に「使途」、使い道という項目があります。これは何と書いてあるか、あなた方は半期ごとに報告を求めておるから御存じのはずだ。何と書かれておるか、使途に。どうですか。

楢崎弥之助

1996-02-29 第136回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○楢崎分科員 市民リーグ・民改連の楢崎弥之助であります。  私は、二月十五日の参考人招致のときに、農林中金理事長角道さんにいろいろと質問しました。短い時間ですから、主査の桜井さんも聞かれておったと思うのですけれども。  あのときに、私はこれを聞いたのですよね。「信用農業協同組合連合会の農業協同組合法第十条第九項第三号に規定する「その他の金融機関」に対する貸付けについて」、昭和五十五年十月十六日の通達

楢崎弥之助

1996-02-27 第136回国会 衆議院 予算委員会 19号

○楢崎委員 どうせそうされるんだったら、この問題のときに、私は、そのポストから外されておった方が誤解を生まないで済んだんじゃないかと、まあこれは私の意見です。テークノートをしておいていただきたい。  きょういろいろ質問を聞きました。だから、私は、まあ落ち穂拾いと申しますか、ちょっと抜けたんじゃないかと思われる点、確かめたいと思うんです。  要するに、この沖縄の基地縮小の問題、これを国民に、公に公約されたのは

楢崎弥之助

1996-02-27 第136回国会 衆議院 予算委員会 19号

○楢崎委員 無理もないと思いますね。  私はこういうことはあるということで言っているんじゃないですよ、今から言うことは。  そのとき、大臣官房企画官森本学という方です、この方が、いわゆる問題の覚書、その後の密約等々に寺村局長と協力をしてやられたんですね。これは私はもう調べてわかっております。  それで、私は、先ほど申し上げたとおり、それは、私は立派な方だと思いますよ。だから、たとえ親子であっても、それはきちんとやられたと

楢崎弥之助

1996-02-27 第136回国会 衆議院 予算委員会 19号

○楢崎委員 市民リーグ・民改連の楢崎弥之助であります。  私はうかつにも、きょうの集中審議、外交・安保等というのを、「等」がようわからぬかったものですから、ほかの問題でもちょっと触れていいんだぞということをきょう聞いたものですから、そのほかの問題を先にやらせていただきます。  突然で恐縮ですが、大蔵大臣にお伺いをいたします。まあ、今まで住専問題、いろいろやられた。そして大体帰するところ、なぜ農協系金融機関

楢崎弥之助

1996-02-15 第136回国会 衆議院 予算委員会 13号

○楢崎委員 御案内のとおり八分でありますから、まともに質問、お答えをいただいておったら一、二問で済んでしまいますので、私は主として農林中金理事長を中心に質問をしたいと思っておりました。  きのう、本会議が遅くなって、私が会館に帰ったら、三分前にあなたと副理事長と、もう一人部屋に来られたそうですね。名刺がありました。それで、大体わかっているがどういう質問をなさるのでしょうか。そうだと思いました。  私

楢崎弥之助

1994-06-14 第129回国会 衆議院 決算委員会 4号

○楢崎委員 お立場はよくわかります。ただ、与党の幹部の方がおっしゃっておるから、これは真剣にひとつ御考慮をいただきたい。「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉がありますから、真剣にお考えをいただきたいと思います。  次に、私は大変不愉快な事実を明らかにしたいと思うのであります。  最近、予算の分科会なりあるいは当決算委員会の分科会で、私と同僚議員が日本船舶振興会の問題について質問をいたしました。私自身

楢崎弥之助

1994-06-14 第129回国会 衆議院 決算委員会 4号

○楢崎委員 御案内のとおり、社会党の久保書記長は、まず本年度予算を成立させた後に直ちに総辞職を行い、政策をコーディネートして、諸決定の手法の透明性や民主性を確約、合意することを条件にして、新しい連立政権参加の可能性を示唆されておるように私は見ております。  それで、最近、与党の幹部の方が、大幅改造をして社会党の復帰を呼びかけるという発言が相次いでおります。これは、私は久保書記長が提案しておる骨子と違

楢崎弥之助

1994-06-14 第129回国会 衆議院 決算委員会 4号

○楢崎委員 私は、社会党・護憲民主連合の楢崎弥之助です。  総理と言葉を交わすのは委員会では初めてでございますから、冒頭、焦眉の問題について御見解を承りたいと思います。  今から申し上げる私の意見は、社会党の意見ではありません。所属は無所属でありますが、護憲民主連合としての意見でありますから、誤解のないようにお願いします。まず羽田政権、大変少数、不安定性を持った政権で苦労なさっておられると思います。

楢崎弥之助

1994-06-07 第129回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 1号

○楢崎分科員 ちょっと確認だけしておきますけれども、これは大変詳しく報告されておりますが、せんだって私は、天下りの役人さんの数は百二十だ、百十九じゃないと、振興会に一名、名前も挙げて指摘しました。それで、結局運輸省の皆さん方は、百二十名ですと答弁されたはずです。これがまた百十九名になっておりますね。それはどうしてかということ。  それから、念のためですが、平成六年度のその補助団体への予算額の総額ですね

楢崎弥之助

1994-06-07 第129回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 1号

○楢崎分科員 私も二十数年予算委員をいたしておりまして、その半分は理事をいたしております。今度のようなケースは、私の記憶では初めてであります。しかし、そういう決まりになっておれば、やむを得ないと思います。十四日の日に決算委員会がございますので、そこは今の規定は当てはまりませんので、改めて笹川陽平氏を参考人として招致をいたしたい、このように思います。  私は、先ほど社会党の小森君も指摘をしておりましたが

楢崎弥之助

1994-06-07 第129回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 1号

○楢崎分科員 まず冒頭、主査にお願いがあるのですが、私は、日本船舶振興会理事長、財団法人ですね、それから全モ連の会長をなさっていらっしゃる笹川陽平氏の参考人招致をお願いを理事会にいたしておりましたが、何かそれが実現しなかったようであります。簡単でよろしゅうございますから、なぜ呼べなかったか、経過をお聞かせいただきたいと思います。

楢崎弥之助

1994-05-27 第129回国会 衆議院 決算委員会第四分科会 2号

○楢崎分科員 ちょうどいい機会ですから、きょうはこっちの方を取り上げてみたいと思っております。  この全モ連、全国モーターボート競走会連合会、全モ連がいかに競艇ファンを裏切り、不公正なインチキを陰でこっそり行っているか。行っているのですね。その代表的な事例を私は今から、時間が少ないから二、三挙げて、全モ連と監督官庁の運輸省の反省を促したいと思っておるのです。これをもし競艇ファンが知ったら暴動が起こりますよ

楢崎弥之助

1994-05-27 第129回国会 衆議院 決算委員会第四分科会 2号

○楢崎分科員 理事になっているはずですね、まだあなた方承認していないが。調べてみてごらんなさい。それは宿題として与えておきます。  先ほど小森君も言いましたが、この種の問題は後起こる可能性がありますよ。もう既に週刊誌等でも出ていますね。「すぱーく」ですか、屋内ゲートボール場、それから総合老人福祉施設のケアポート、もう既に問題になっていますね。どこに一体原因があるのか、これは二つあると思うのですよ。一

楢崎弥之助

1994-05-27 第129回国会 衆議院 決算委員会第四分科会 2号

○楢崎分科員 小森委員の質問、それを受け継ぐ形で、わずかな時間ですが、質問いたしたいと思います。  実は、私は四月十九日に、この笹川一族のモーターボート競走会の問題について質問主意書を出しましたところが、どういう理由か知りませんけれども、大体一週間ないし十日で来るものが、やっときょう来たのですね、きょう。だから、そのことについてはきょう、質問はその中の一つだけしますけれども、時間がないから。どうしてそんなに

楢崎弥之助

1993-11-25 第128回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○楢崎委員 とにかく港区の区議会の議事録を読んでごらんなさい。それならまた徹底的にやらなくちゃいけない、そういう無責任な知識であればですね。  私は、そのことはさておき、こういう問題の土地ですよということを申し上げたにすぎないのであって、今それを本格的に問題にしようとは思っていません。ただ、こういう請願が出ておることについて一顧だに値しないのか、それを問うておるわけでして、時間が参りましたからもう一遍答弁

楢崎弥之助

1993-11-25 第128回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○楢崎委員 与党として初めて質問をいたしますので、なれませんから、立場を超えないように気をつけながら質問をさせていただきます。  実は、防衛庁の中枢が六本木から市ヶ谷に移転する、そして市ヶ谷の実動部隊が分散する、その問題について質問をするわけですけれども、私のところに請願が来ております。  藤井治夫さん、これは軍事評論家ですね。小川和久さん、これは国際政治アナリスト。ほか、学者、文化人十八名の連名で

楢崎弥之助

1993-05-25 第126回国会 衆議院 予算委員会 25号

○楢崎委員 しかし、それは伊藤君の質問に対してはそういう説明はなかった。(発言する者あり)しかも、今本人が言っているとおり、そういうことは聞いてないと言っている。これは素直に謝ってもらいたい、そして取り消してもらいたい。これは根幹にかかわる問題です、我々の審議の。

楢崎弥之助

1993-05-25 第126回国会 衆議院 予算委員会 25号

○楢崎委員 そうですか。はい、わかりました。  時間が短いのに、冒頭予定しない問題を取り上げざるを得ない。まことに残念です。  同僚の、午前中の伊藤忠治委員の質問の最後に、イタチの最後っぺみたいに総理は、ここにちゃんと私は、理事会に行ってとってきましたから間違いないです。こう言われましたよ、総理は。「いろいろ承りましたが、まず自衛隊というものが憲法違反でない、合憲であるということを明確にされた上で御議論

楢崎弥之助

1993-03-01 第126回国会 衆議院 予算委員会 16号

○楢崎委員 だから私は当初憲法四十三条の問題を出したのであって、しかも、一般の議員でも全国民を代表する、ましてや総理をなさった方だから国を代表する立場の人であった、そういう意味でその政治的道義的責任は大変重たいというのが我々の認識であります。  で、総理のお考えのとおりであれば私はいいと思うんですよ、まず自分が判断する、進退について。ところが、自分で判断しない議員がいるから、あのロッキード事件のときに

楢崎弥之助

1993-03-01 第126回国会 衆議院 予算委員会 16号

○楢崎委員 当たり前の話でございますが、しかし、竹下さんの議員辞職の世論とかいろいろその問題に関して、宮澤総理は、まずこれは本人が判断すべきである、そしてその個人の判断の基礎になるのは選挙民の意向である、そういう論理で答弁されたと思いますが、そう解釈していいですか、官房長官。

楢崎弥之助

1993-03-01 第126回国会 衆議院 予算委員会 16号

○楢崎委員 わかり切ったことを最初お聞きしなければなりませんが、憲法の第四十三条、「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」つまり、選挙された議員は全国民を代表するとなっておるわけです。当たり前の話ですね。選挙区を代表する議員じゃなくなるんですね。これが憲法四十三条と私は思いますが、その点、総理のアシスタントである官房長官のお考えをお聞きしたいと思います。

楢崎弥之助

1993-02-17 第126回国会 衆議院 予算委員会 10号

○楢崎委員 この奥さんの杉田弘子という方は、有名な女優でありました。そう年は変わりませんから、証人もあるいは覚えておられるかもしれません。で、芸名と本名と同じであります。そして、私は当然こういう、片一方は富士車輌の社長の次男という地位の人、片一方は有名な女優さんのこの結婚式ですから、当然芸能誌等のマスコミがわっと押し寄せて取材するはずですよね。それで、私は助手を福岡から呼んで、二日間かけて図書館でその

楢崎弥之助

1993-02-17 第126回国会 衆議院 予算委員会 10号

○楢崎委員 ここに、ある人の婚姻届を示す戸籍謄本があります。これは、昨年十二月九日、東京都下北沢にある世田谷区役所の出先の事務所に私が行きまして、やっと公用としていただいてきた謄本でありますので、この謄本の上段の最後二行、こう記載されておる。「杉田弘子と婚姻届出昭和参拾七年九月拾日受附 平成四年参月弐拾弐日妻死亡」、夫はUという方であります。その下に載っております。婚姻届をされたのは、一番右に書いてあります

楢崎弥之助

1993-02-17 第126回国会 衆議院 予算委員会 10号

○楢崎委員 楢崎弥之助です。  竹下さん、御苦労さんです。私も、自分のこの胸のバッジと政治生命をかけて、以下真実を明らかにしながら、竹下証人に質問をいたしたいと存じます。  まず、委員長にお願いします。  ここに戸籍謄本があります。これを証人に示したいと思います。

楢崎弥之助

1993-02-15 第126回国会 衆議院 予算委員会 8号

○楢崎委員 これからはっきりさせていただきたいと思います。そのためには粕谷委員長の御協力がぜひ必要であろうと、後から申し上げます。  今私が言った笠原という方の大体人物像は間違いないと思います。私が去年十一月三十日に質問したら、明くる日、十二月一日付で次のような手紙が北海道の江別から参りました。表紙はここにありますが、中身は別にここにワープロで打っております。こういう手紙が来ました。「十一月三十日の

楢崎弥之助

1993-02-15 第126回国会 衆議院 予算委員会 8号

○楢崎委員 あの報道内容だけでは足らないなら、私のところへ来てください。詳しく申し上げます。  それで、あのインタビューに応じた笠原という人物は、こういう人物であるやに私の調べではなっておる。それが事実かどうかをまたお答え願いたい。  白神氏は、昭和四十九年に八紘会というのをつくる、そして八紘連合というものをまたつくる。だから、八紘会はその中核組織になる。その中に国民社という組織があります。その会長

楢崎弥之助

1993-02-15 第126回国会 衆議院 予算委員会 8号

○楢崎委員 一時間五十分もあるものですから、ゆっくりさせてもらいますが、今日までの予算委員会のやりとりを聞いておりまして非常に印象を深くしたのは、宮澤総理だけが点数を上げたんじゃないか。支持率もちょっと上がりましたね。なぜだと思われますか。今、創憲とか改憲とかいろいろわかりにくい言葉が出てきた中で、総理が護憲という姿勢を明確に示されたからじゃないでしょうか。私はそのような感じがいたします。そして、女房役

楢崎弥之助

1992-11-30 第125回国会 衆議院 予算委員会 6号

○楢崎委員 あなた、一言多いんですよね、失礼ながら。本当に多いんですよ。  昭和六十一年の三月には、我が福岡県に来て例のも針論をやられました。野党支持者に、投票する人は毛針にかかる魚、知能指数が高くない。こんなばかにした話がありますか。  次はあれでしょう、六十三年二月、大阪市の街頭演説。中国の山西省あたりには、まだ穴を掘ってその中に住んでいる人がいっぱいいる、これは政治がよくないことと関係があると

楢崎弥之助

1992-11-30 第125回国会 衆議院 予算委員会 6号

○楢崎委員 あれは昭和五十一年二月四日、太平洋を渡ってSECから来たわけですね。総理はお覚えでしょうが、その三カ月前、昭和五十年十月二十三日、予算委員会で私は既にそのことを当時の外務大臣にお伺いしているはずです。そのときは、アメリカの上院の銀行委員会、プロキシマイヤー委員長の委員会、ここにそのときのホートンというロッキードの会長が証人として呼ばれている。そして、世界各国売り込みについてわいろが、上乗

楢崎弥之助

1992-11-30 第125回国会 衆議院 予算委員会 6号

○楢崎委員 これまでの佐川スキャンダルの証人喚問なりあるいは審議を聞いておりまして、ちょっと私は錯覚を抱きそうになったのは、国会というところは司法と違って、真相を解明する、そして政治家としての政治的道義的責任を明らかにしながら、再発防止をいかにするか、これが国会の任務であって、決して犯人なり罪人をつくるところではない。ところが、質疑応答を聞いておりまして、法に触れなかったら差し支えないんだという、どうもそういう

楢崎弥之助

1992-06-13 第123回国会 衆議院 本会議 31号

○楢崎弥之助君(続) 昔々ですね、フランスにルイ十四世という皇帝がおった。五歳で即位をされて、フランス王政の最盛期をつくった人、ベルサイユ宮殿をつくった方です。この方が、朕が国家なりとおっしゃった。だから、今多数を擁して自民党の皆さんは、朕が国家、朕がルール、そのように思っていらっしゃるんじゃございませんか。どうもそういう気がしてならない。それで、その皆さん方の、多数を擁した皆さん方の言われるままに

楢崎弥之助

1992-06-13 第123回国会 衆議院 本会議 31号

○楢崎弥之助君(続) 私も学がございませんが、あの物理的という言葉ですね、これは岩波書店の広辞苑あるいは学研の新国語辞典、あれを引いてごらんなさい。物理的とは、そんなこと書いてない、物の理と書いてある。つまり、道理的な行動のことを物理的と、これは私の理解であります。だから、こんなむちゃなことを言うから、一月ぐらい前に私のところにこういう電話がかかってきた。渡辺美智雄さんがもし総理大臣になられたら国民

楢崎弥之助

1992-06-13 第123回国会 衆議院 本会議 31号

○楢崎弥之助君 私は、ただいま提案をされております衆議院議長不信任決議案に対して、心ならずも賛成の討論をさせていただきます。  私がなぜ心ならずもと言ったかといいますと、実は、PKO特別委員会、あの終盤のときに、私ども進歩民主連合は修正案を出しておりましたが、その修正案の取り扱いが、皆さん方のざわめきによって全然聞こえなかった。それで、議長のところに参りまして、こういう経緯がありますからもう一度差し

楢崎弥之助

1992-06-11 第123回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 5号

○楢崎委員 提案されておりますこの法案は、解釈改憲、憲法を変えないで解釈だけで憲法を逸脱する、そういう内容ですから、私は冒頭に、この法案は単純なる二分の一の賛成多数ではだめだ、三分の二以上の賛成がなくてはいけないという性格を持った法案である、このようにまず指摘をしておきます。  それから、昨日私は、昭和四十年二月十日予算委員会から始まりました三矢作戦計画のことを取り上げました。それは非常に論議は本質的

楢崎弥之助

1992-06-11 第123回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 5号

○楢崎委員 私は、進歩民主連合を代表いたしまして、国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律案に対し、修正の動議を提出いたします。  その内容は、お手元に配付されております案文のとおりであります。  国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律案に対する修正案の趣旨を申し上げますと、  第一に、自衛隊の部隊等が行う国際平和協力業務及び輸送の委託に関する規定を削除すること、  第二に、国際平和協力本部

楢崎弥之助

1992-06-10 第123回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 4号

○楢崎委員 こういう資料について、いろいろ資料をあのとき提出されて、争われた。その中の一つに「戦時諸法案と補正予算案の国会提出と成立」、こういう資料があった。その中に、いざというとき国会に対しては、国会の召集を行って約二週間で成立させる、こうなっているのです。こうなっているのですよ。それから、いいですか、そのために緊急なものは特別委員会を設けて審議させる、並びに、もっと緊急なものは委員会の省略を行って

楢崎弥之助

1992-06-10 第123回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 4号

○楢崎委員 宮澤総理は博学の方ですから御存じだと思いますが、フランスの有名な作家にバルビュスという人がおって、戦争というものは戦場の前線に出ない者が決定する限り何回でも起こり得る、有名な言葉です。私もそうでしょう、もはや前線に出る年じゃありません。宮澤総理もそうでしょう。渡辺副総理もそうでしょう。加藤さんもそうでしょう。  それで、この前、五日の早朝、参議院のPKO特別委員会で下条特別委員長がああいう

楢崎弥之助

1992-05-21 第123回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○楢崎委員 あなたに聞いているのじゃない。外務大臣が発言され、金丸自民党副総裁が発言されておるから、この条約を熟知した上でああいう発言をされておるのかと聞いておるのです。条約局長が知っておるのは当たり前でしょうが。それで、もしこれを熟知されておればあのような発言はできないはずである。そうでしょう。自衛隊に地雷を除去する任務がありますか。紛争国が除去する義務があるのでしょうが。つまり、カンボジアですよ

楢崎弥之助

1992-05-21 第123回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

○楢崎委員 四月十四日の当委員会でも質問をしたのですが、そのときは外務大臣は御出席ではありませんでした。宮下防衛庁長官が出席されておる。外務大臣は四月のある週刊誌のインタビューに応じて、自衛隊派遣の理由の一つとして、カンボジアには数十万の地雷があるのだ、その除去の任務があるのだ、そういうことを言われております。金丸信自民党副総裁は、江沢民中国総書記がお見えになったときにお会いになって同じようなことを

楢崎弥之助

1992-04-14 第123回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○楢崎委員 多分今出ている雑誌と思いますが、渡辺副総理兼外務大臣がインタビューの中で、PKO法案が素直にいかなかったら同日選挙、そういうことを述べた後で、PKO法案はどうしても通さなくちゃいけない、今カンボジア問題は目前にある、難民の問題もあり、橋をかけたり道をつくったり、その後にカンボジア領内に幾十万の地雷が敷設されておる、これも除去しなければならない。PKO法案と絡めて地雷除去の話を出されております

楢崎弥之助