運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
132件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1986-05-14 第104回国会 参議院 環境特別委員会 5号

国務大臣森美秀君) いただきましたものを見ますと、産業公害については随分任務を果たしてきた、ついては生活排水が問題であるということを指摘しておりましたので、産業界が果たしてきた今までのいろいろな御努力については高く評価するけれども、産業界から何も生活雑排水のことについて云々言われるいわれはないということを指摘したわけでございます。

森美秀

1986-05-14 第104回国会 参議院 環境特別委員会 5号

国務大臣森美秀君) 確かにいただきました。それはほかにも、患者側からもいろいろなところからも陳情なり要請なりが来ております。これは私どもは、今部会に出して検討してもらうべく準備をしております。  なお、先ほどお話がございました経団連文書云々というのは、届いたものに対しては私が言ったものでありまして、返したとかなんとかということはございませんので、よろしくお願いします。

森美秀

1986-04-15 第104回国会 衆議院 決算委員会 5号

○森国務大臣 詳しくは局長からお話をさせますが、私といたしますと、今下水道の普及率が三三%あるいは三七%、その程度が手賀沼印旛沼でございます。琵琶湖が一一%ですか。視察してみまして、やはり結論として下水道をともかく早くやらなければならないということは、これは当然の帰結でございますが、手賀沼印旛沼に関しましては、実はこの二十一日に県知事以下皆さんとお話をして、ともかく千葉県として抜本的に考えてくれないかということを

森美秀

1986-04-15 第104回国会 衆議院 決算委員会 5号

○森国務大臣 私は漁業の出身でございまして、その意味からも海というものは保全されなければならない、また、環境の点からいっても埋め立てによるマイナスをなるべくこうむらしたくないという気持ちでおるわけでございますが、先生のお話の問題につきましては、これから将来にわたっての問題があると思いますので慎重に対処してまいりたい、こう考えております。

森美秀

1986-04-15 第104回国会 衆議院 決算委員会 5号

○森国務大臣 環境庁昭和五十八年度歳出決算につきましてその概要を御説明申し上げます。  まず、昭和五十八年度の当初歳出予算額は、四百四十八億三千三百九十六万円余でありましたが、これに予算補正追加額五千四百九十八万円余、予算補正修正減少額五億四千百万円余、予算移しかえ増加額九千五百六十七万円余、予算移しかえ減少額二十九億四千六百十六万円余、前年度からの繰越額五千六百四十八万円余、流用等減少額二億九千三百三十四万円余

森美秀

1986-04-11 第104回国会 衆議院 環境委員会 3号

○森国務大臣 待ちに待ったという言葉を使ってもいいと思いますが、ようやく専門委員会の報告が出てまいりました。先生先ほど拙速ではいかぬとおっしゃっておりましたが、この部会でワーキンググループによって作業がこれから進められると思いますが、おっしゃるようになるべく早く、この席で言っていいかどうかわかりませんが、私は同時選挙反対の河本グループでございますから、私は十月まで生命があると思っておりますが、一刻も

森美秀

1986-04-11 第104回国会 衆議院 環境委員会 3号

○森国務大臣 私の前任者からこの問題を申し受けまして、岩垂先生が大変な御苦労をなさって、えらいきつい質問もあった、それから、私はゴルフコンペの話も耳にいたしまして、たまたま例のワシントン条約の問題で、小康は得ているものの、根底に今おっしゃったような日本人の本来的な経済優先主義的なものからワシントン条約に対する日本の熱度を海外から批判をされるというようなこともあるかと思いまして、私も小さな胸を大変痛めておりまして

森美秀

1986-04-03 第104回国会 参議院 予算委員会 20号

国務大臣森美秀君) 先ほど大蔵大臣からナショナルトラストという問題が出ましたけれども、これは御承知のように百年くらい前に英国で起こった制度でございますが、日本昭和五十年くらいに始めまして、そこへ中曽根総理が花と緑の運動というのを重点政策にしまして、環境庁といたしましてこれに大変今熱を入れてやっておりまして、この四月の七日にも新宿御苑を開放して、約一万人の方々に千円会費で集まってもらう、そういったような

森美秀

1986-04-03 第104回国会 参議院 環境特別委員会 4号

国務大臣森美秀君) 公健法の見直しにつきましては、今目黒が申しましたように、近々専門委員会の結果が出てまいります。また部会にこれがかかりまして、慎重、真剣なる討議がなされると思っております。そういう見地から、今先生がおっしゃったように、ともかくいろいろな問題につきまして私どもは真剣な結論を出していきたいと考えております。

森美秀

1986-03-31 第104回国会 参議院 予算委員会 18号

国務大臣森美秀君) 環境汚染というものが私ども環境庁にとっては大変な事態でございますので、もしこの問題で環境汚染が起きるというようなことになりますと、当然環境庁としては庁を挙げてやらなきゃならない性質のものだと思います。したがいまして、今までこの回収業者にやっていただいたことは、環境庁の仕事を手伝っていただいたような立場だと思いますので、私どもが一生懸命努力をしてやっていきたいと思います。

森美秀

1986-03-28 第104回国会 参議院 環境特別委員会 3号

国務大臣森美秀君) 多少言葉が多くなりますが、お許しいただきたいと思います。  実は六、七年前に私、社会党の亡くなった三宅先生のお供をしてブラジルへ行きまして、そのときにアマゾンに入りました。至るところ乱伐をされておりまして、それを見て三宅先生ともども、一体これでいいのかな、世の中こんなになっていいのかなという、そのときの思いが私はずっとしておりました。昨年十二月二十八日に私が辞令をもらったときに

森美秀

1986-03-28 第104回国会 参議院 環境特別委員会 3号

国務大臣森美秀君) 先ほどから山東先生のお話を聞いておりますと、まことに私ども環境行政をつかさどっておる者にとりましてありがたいお話で、感謝を申し上げる次第でございます。  まず第一に、結論から申し上げまして、どうしてもこの事業団はつぶすなどということは私ども毛頭考えておりません。今までこの事業団の果たした役割、車の両輪の規制と助成、その一方を担う環境行政上の大変重要な役柄であることは御承知のとおりでございます

森美秀

1986-03-28 第104回国会 衆議院 環境委員会 2号

○森国務大臣 第百四回国会における衆議院環境委員会の御審議に先立ち、環境行政に関する私の所信を申し述べ、委員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。  昭和四十六年環境庁が発足して以来、今年で十五年を迎えます。  当時我が国は、高度経済成長の過程の中で、かつて経験したことのない危機的な環境問題に直面していましたが、自来十五年、国会を初めとして、関係省庁地方公共団体国民各位の御協力を得て、各般の

森美秀

1986-03-24 第104回国会 参議院 予算委員会 14号

国務大臣森美秀君) 御指摘のように、この環境問題というのは、最近は例えば閉鎖性の地下水の中に今のお話のように入っているとか、あるいはNOxの問題とか湖沼の問題とかいろいろ複雑多岐になってきております。そういう意味で、いよいよこの事業団というものは私どもがもっともっと多岐にわたるような姿で運営をしていきたい、またいってもらいたいということで今考えております。

森美秀

1986-03-24 第104回国会 参議院 予算委員会 14号

国務大臣森美秀君) 私どもも大変この事態を心配しておりまして、ことしの一月に事務次官アメリカに行く機会がありました。そのときに課長二人を特別にこのシリコンバレーに派遣しまして実態調査をしてまいりました。結果は、五十九年、六十年、六十一年度でやっておる調査、それによって結論を出していくつもりでございますが、私どもも決して楽観視はしていないということでございます。

森美秀

1986-03-14 第104回国会 参議院 予算委員会 9号

国務大臣森美秀君) お答えいたします。  環境行政の大先輩の高桑先生でございます。御承知のように一昨年の八月閣議決定いたしまして、その後、この効果を一生懸命見てまいっておるところでございます。したがいまして、このことは国民にとっても大変大事なことだと思いますので、先生方もひとつ御協力いただいて、より立派な実効ある閣議決定にしていきたいと考えております。

森美秀

1986-03-10 第104回国会 参議院 予算委員会 6号

国務大臣森美秀君) 今、先生御指摘の盤洲干潟の問題、私実は一週間前の日曜日に行ってまいりました。大変いい環境で今残っておることは事実でございます。したがいまして、東京湾横断道をつくりますについては、事業者とよく連絡して、よき自然を残しておきたいということを考えております。以上でございます。

森美秀

1986-03-08 第104回国会 衆議院 予算委員会 20号

○森国務大臣 この問題に関しましては、大変深刻な問題だという見地から、ことしの一月に環境庁事務次官以下アメリカに参りましたときに、二人の課長をシリコンバレーまで派遣いたしまして、その社会的な問題についても相当なものであるという認識を持って帰ってきておるわけでございます。したがいまして、六十一年の結果が出たところで、制度を含めて考えてみたい、こう思っております。

森美秀

1986-03-08 第104回国会 衆議院 予算委員会 20号

○森国務大臣 おっしゃるとおり、昭和五十七年、八年と地下水の汚染の実態を調べたわけでございますが、確かにトリクロロエチレン等の化学物質の問題がございました。私どもとすると、直ちに五十八年にこの地下水の保全対策の調査を開始いたしまして、三年かかってやります。六十一年に最終の結論が出ると思いますので、それまで待ちまして、至急にやるのですが、ただ便々と待っているわけにいきませんもので、今は暫定措置を講じておるところでございます

森美秀

1986-03-06 第104回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○森国務大臣 先般、経団連からいろいろ申し入れがございまして、それには、産業排水も随分技術が進歩してきた、しかしながら生活排水についていろいろこれからやってほしいんだという強い要望がございました。私は、産業排水の努力は認めるけれども、生活排水云々というのは余分なことであるという発言をしたわけでございますが、まさにそう思っております。

森美秀

1986-03-06 第104回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 1号

○森国務大臣 昭和六十一年度の環境庁関係予算案について、その概要を御説明申し上げます。  昭和六十一年度総理府所管一般会計歳出予算要求額のうち、環境庁予算要求額は四百六億八千二百二十七万四千円であり、これを前年度の予算額四百二十九億九千七百六十万七千円と比較すると、二十三億千五百三十三万三千円の減額となっております。  次に、予算要求額の主要な項目について御説明申し上げます。  第一に、公害対策について

森美秀

1986-03-05 第104回国会 参議院 環境特別委員会 2号

国務大臣森美秀君) このたび環境庁長官を拝命いたしました森美秀でございます。  委員長を初め、委員各位の御指導、御鞭燵のほどよろしくお願い申し上げます。  所信を表明させていただきます。  第百四回国会における参議院環境特別委員会の御審議に先立ち、環境行政に関する私の所信を申し述べ、委員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。  昭和四十六年環境庁が発足して以来、今年で十五年を迎えます。当時我

森美秀

1986-02-22 第104回国会 衆議院 予算委員会 15号

○森国務大臣 廃棄物の処理処分につきましては、昭和四十六年に廃棄物の処理及び清掃に関する法律というのが施行されまして、そして五十二年に、特に有害性の高い廃棄物について、この法律の中の第十五条ですか、埋め立てなどの最終処分に当たってはコンクリート槽への封じ込めを義務づけるなどやっておりますので、環境保全のためには厳しい要件を定められております。

森美秀

1986-02-21 第104回国会 衆議院 環境委員会 1号

○森国務大臣 このたび環境庁長官を拝命いたしました森美秀でございます。  環境行政は、公害を防止し、かけがえのない自然を保護し、さらに進んで、快適で潤いのある環境を創造する重要な行政であります。  私は、この重大な責務を痛感し、その使命を果たすべく全力を尽くす決意であります。環境汚染の未然防止に意を用いながら、長期的な視野のもとに積極的な環境行政を推進してまいりたいと考えております。  委員長を初め

森美秀