運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
389件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

国務大臣森まさこ君) 人事院処分指針別紙が御指摘であると思いますが、その別紙に重いものとすることが考えられる場合として例示されている一から五までの項目と思われます。  一、非違行為動機若しくは態様が極めて悪質であるとき又は非違行為の結果が極めて重大であるとき、二、非違行為を行った職員が管理又は監督の地位にあるなどその職責が特に高いとき、三、非違行為公務内外に及ぼす影響が特に大きいとき、四

森まさこ

2020-06-09 第201回国会 衆議院 予算委員会 第26号

森国務大臣 犯罪成否は、捜査機関により収集された証拠に基づき個別に判断されるべき事柄であり、お答えは差し控えさせていただきますが、なお、刑法百八十五条の賭博とは、一般に、偶然の勝負に関し財物得喪を争うことをいうと解されますので、したがって、あくまで一般論として申し上げれば、お尋ねのかけマージャンが偶然の勝負に関し財物得喪を争うものである場合には、刑法賭博罪が成立し得ると考えられます。

森まさこ

2020-06-08 第201回国会 参議院 本会議 第23号

国務大臣森まさこ君) 徳永エリ議員お答え申し上げます。  まず、入管収容施設感染予防対策についてお尋ねがありました。  法務省では、専門家の御助言を得て感染防止マニュアルを取りまとめ、これに基づき入管収容施設感染防止に取り組んでいます。  具体的には、各収容施設において職員マスク着用手洗い等を徹底すること、新規入所者については二週間程度既存の被収容者とは分離して収容することといった対策

森まさこ

2020-06-08 第201回国会 参議院 本会議 第23号

国務大臣森まさこ君) 有田芳生議員お答え申し上げます。  まず、黒川氏に対してなされた訓告の意義や懲戒処分との区別についてお尋ねがありました。  法務省の訓令上、訓告は、将来における服務の厳正又は職務遂行の適正を確保するため当該職員を指導する措置として行うものとする旨定められています。このうち、将来における服務の厳正とは、将来にわたって組織の秩序を維持し、組織目的を統一的、能率的に達成するために

森まさこ

2020-06-05 第201回国会 参議院 本会議 第22号

国務大臣森まさこ君) 井上哲士議員お答え申し上げます。  まず、検察庁法改正案策定過程に関する文書作成等についてお尋ねがありました。  本年三月、国家公務員法等の一部を改正する法律案について成案が得られましたので、法務省においては、そのうちの検察庁法改正部分について策定過程を明らかにするため、必要な文書を作成しているところです。  現在、担当部局において鋭意作業を進めておりますが、法案審査資料

森まさこ

2020-06-05 第201回国会 参議院 本会議 第22号

国務大臣森まさこ君) 吉川沙織議員お答えを申し上げます。  検察庁法改正案策定過程に関する文書作成等についてお尋ねがありました。  本年三月、国家公務員法等の一部を改正する法律案について成案が得られましたので、法務省においては、そのうちの検察庁法改正部分について、策定過程を明らかにするため、必要な文書を作成しているところです。現在、担当部局において鋭意作業を進めていますが、法案審査資料

森まさこ

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

国務大臣森まさこ君) 御指摘のとおり、適用範囲が拡大し過ぎるのではないかという御懸念がある一方で、また、先ほどの山下委員のように、国民感情からすればもっと適用すべき事項があるのではないか、様々な要請があるわけです。  その中で、適用範囲というものを明確にしていくという努力をしてまいりました。改正後の本法第二条第五号及び第六号においては、どのような行為をした場合に処罰対象となるか十分に示されており

森まさこ

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

国務大臣森まさこ君) おっしゃるとおりでございまして、今般は事案実態に即した対処をするため追加をしたわけでございますけれども、今後とも、委員の御指摘も踏まえて、自動車運転行為による死傷事犯実態や問題となる運転行為が有する危険性程度、すなわち暴行に準じた危険性となるかということでございますが、また、危険運転致死傷罪として重い処罰対象とするべき行為類型を明確かつ限定的に定めることができるかどうかなどの

森まさこ

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

国務大臣森まさこ君) 山下委員、約七年前の本法の創設のときに初めて質問したということで、熱心な御質問をありがとうございます。  この通行を妨害する目的の認定は、加害者供述のみによって行うものではなく、ドライブレコーダーの映像や、被害者目撃者供述などを含む様々な証拠を収集し、加害者の具体的な運転態様被害者車両の動きや位置関係犯行時や犯行前後における加害者の言動など様々な事実に基づいて総合的

森まさこ

2020-06-02 第201回国会 参議院 法務委員会 第10号

国務大臣森まさこ君) 自動車運転により人を死傷させる行為等処罰に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。  いわゆるあおり運転は、悪質、危険な運転行為であり、こうした運転行為による悲惨な死傷事犯等が少なからず発生しております。また、近時、あおり運転厳罰化を求める国民皆様の声も高まっているところです。  この種事犯に対しては、自動車運転により人を死傷させる

森まさこ

2020-06-01 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第4号

森国務大臣 黒川氏は、緊急事態宣言下でかけマージャンを行っていたものであり、大変不適切であり、遺憾に存じます。  その上で、黒川氏の処分を、事案内容等、諸般の事情を総合的に考慮し、先例も踏まえて決定をいたしました。監督上の措置の中で最も重い訓告といたしました。  今回の黒川氏の行動について、国民皆様からさまざまな御指摘、御批判をいただいております。また、法務検察に対しても同様でございます。法務

森まさこ

2020-05-28 第201回国会 参議院 法務委員会 第9号

国務大臣森まさこ君) 黒川氏への人事上の処分としては、訓告訓告の主体である稲田事務総長から実施済みでございます。訓告について既に終えております。また、黒川氏は既に退職をしていることから、退職後はその処分が変更されることはないので、そのような意味で人事上の処分は確定したと言えるものでございます。

森まさこ

2020-05-28 第201回国会 参議院 法務委員会 第9号

国務大臣森まさこ君) 木村花さんが二十二歳の若さでお亡くなりになったこと、本当に胸が痛い思いです。御冥福をお祈りします。  法務省では、SNS上での誹謗中傷書き込みは、同様の書き込みを次々と誘発し、取り返しのつかない重大な人権侵害にもつながるものであって、決してあってはならないという観点の下、取り組んでおります。例えば、昨年一年間のインターネット上の人権侵害情報に関する新規救済手続開始件数は千九百八十五件

森まさこ

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

国務大臣森まさこ君) 木戸口英司議員お答え申し上げます。  まず、黒川東京高検検事長勤務延長検察庁法改正案等に関する私の責任についてお尋ねがありました。  検察官勤務延長についての解釈変更は、関係省庁との協議等の適正なプロセスを経たものです。その上で、黒川氏の勤務延長は、検察庁業務遂行上の必要性に基づき、検察庁を所管する法務大臣から閣議請議を行って閣議決定され、引き続き勤務させることとしたものであり

森まさこ

2020-05-27 第201回国会 衆議院 法務委員会 第12号

森国務大臣 今委員の方でさまざまお示しのあった人事院指針でございますが、勤務時間に遅刻してくる、勤務を無断で欠勤する等、職務との関連性の有無も重要な要素になってまいります。  黒川氏については監督上の措置の中で最も重い訓告としたものでございますが、法務省調査では、黒川氏については、緊急事態宣言下であったにもかかわらず、報道関係者三名と金銭をかけたマージャンを行っていたことが認められました。このことはまことに

森まさこ

2020-05-27 第201回国会 衆議院 法務委員会 第12号

森国務大臣 まず、新型コロナウイルス感染症対策については、政府を挙げて取り組んでいるところでございます。  一方、近時、いわゆるあおり運転による悲惨な死傷事犯が少なからず発生しており、この種事犯に対して厳正な対処を求める国民の声も高まっております。  現行の、自動車運転により人を死傷させる行為等処罰に関する法律第二条第四号の危険運転致死傷罪については、例えば、加害者が、通行妨害目的で走行中の被害者車両

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

森国務大臣 訓告を含む監督上の措置とされた場合には、これらの処分を受けたこと自体により退職手当支給額影響を受けないものと承知をしております。  他方で、黒川氏の場合は、いわゆるかけマージャンを行ったものとして訓告処分に付されており、これは非違行為に当たるものと考えられます。そのため、黒川氏は、国家公務員退職手当法第五条の、その者の非違によることなく退職した者とは認められず、黒川氏には、同条が規定

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

森国務大臣 黒川氏の処分については、法務省として、調査結果を踏まえ、監督上の措置として最も重い訓告が相当であると考えました。そこで、検事長監督者である検事総長に対し、法務省が行った調査結果とともに、法務省としては訓告が相当と考えるという意見を伝え、検事総長においても訓告が相当であると判断したものです。したがって、黒川氏の訓告処分内容を決定したのは、あくまで法務省及び検事総長です。  そして、任命権者

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

森国務大臣 まず、このたびの黒川検事長行為については、検察信頼を損なう不適切な行為であり、まことに遺憾でございます。国民皆様に大変な御迷惑をおかけし、法務大臣としておわびを申し上げます。  また、委員指摘のとおり、犯罪成否については、捜査機関により収集された証拠に基づき個別に判断されるべき事柄であります。御指摘のぶら下がりの発言はあくまでも一般論を述べたものでございますが、一般論であるということを

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 参議院 法務委員会 第8号

国務大臣森まさこ君) この度の件については、検察信頼を損なう不適切な行為であり、誠に遺憾でございます。  黒川氏は、東京高等検察庁トップとして、公私を問わず自らを律し、国民から疑念を持たれないよう格段に意を注ぐべき立場にあったにもかかわらず、賭けマージャンをしたこと、そして緊急事態宣言下行為であったこと等々により、国民皆様に強い憤り、そして大きな不安を与え、社会的に重大な影響をもたらしております

森まさこ

2020-05-25 第201回国会 参議院 決算委員会 第6号

国務大臣森まさこ君) 先ほど申し上げたとおりでございまして、法務省内、そして任命権者である内閣とも協議を行いました。もちろん協議の中で様々な意見が出ましたけれども、法務省において、まずこの人事院処分指針における先例等について説明がございました。様々な先例参考にした上で、今回の黒川氏の訓告処分を決めたところでございます。

森まさこ

2020-05-25 第201回国会 参議院 決算委員会 第6号

国務大臣森まさこ君) まず、法務省の方で調査を行いました。調査の結果、黒川氏が金銭を賭けてマージャンを行った日を特定できたのは五月一日、五月十三日の二日間でございました。また、約三年前から月一、二回程度金銭を賭けたマージャンを行っていたということでございます。そのほか、様々な調査を行った結果、法務省内で協議を行い、もちろん任命権者である内閣とも並行して協議を行ったものでございます。  黒川氏の

森まさこ

2020-05-25 第201回国会 参議院 決算委員会 第6号

国務大臣森まさこ君) この度の件については、検察法務行政信頼を損なう誠に不適切な行為であり、誠に遺憾に感じております。  黒川氏においては、東京高検検察庁トップとして、公私を問わず自らを律し、国民から疑念を抱かれないように格段に意を注ぐべき立場であったと考えておりますが、賭けマージャンをしたその時期が緊急事態宣言下外出自粛中であったということにより、社会に重大な影響を与えたと考えております

森まさこ

2020-05-22 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第3号

森国務大臣 かけマージャンをしていたということは法務省調査によって本人が認めたところでございますけれども、人事院規則に、いわゆる賭博に当たるとして、そこに記載をされている減給又は戒告という処分に当たるかどうかの判断に当たっては、先ほど申し上げたような総合的な判断をしたということになります。(後藤(祐)委員「答えていないです」と呼ぶ)

森まさこ

2020-05-22 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第3号

森国務大臣 賭博をしたかとのお尋ねでございますが、刑法における賭博罪賭博ということでございますと、ここで言う賭博は、一般に、偶然の勝負に関して財物得喪を争うことをいうと解されておりますが、刑事処分に当たる、賭博罪に当たるかどうかについては、捜査機関において判断されるものでございます。  一方で、人事院規則記載をされております賭博については、刑法上の賭博罪と必ずしも同一かどうかということについては

森まさこ

2020-05-14 第201回国会 衆議院 本会議 第24号

国務大臣森まさこ君) 検察庁法改正法案についてお尋ねがありました。  今般の検察庁法改正法案は、一般職国家公務員定年引上げに合わせて、検察官についても定年を六十五歳まで段階的に引き上げるとともに、役職定年制及びその特例と同様の制度を導入するなどするものであります。  特例判断は、他の国家公務員と同様に、検察官についてもその任命権者が行うとするにすぎず、同改正法案は、検察官独立性を害するものではなく

森まさこ

2020-05-13 第201回国会 参議院 本会議 第16号

国務大臣森まさこ君) 福島みずほ議員お答えをいたします。  検察庁法改正法案についてお尋ねがありました。  今般の検察庁法改正法案は、一般職国家公務員定年引上げに合わせて検察官についても定年を六十五歳まで段階的に引き上げるとともに、役職定年制及びその特例と同様の制度を導入するなどするものであり、本来的に検察権行使に圧力を加えるものではなく、検察官独立性を害さず、三権分立に反するものでもありません

森まさこ

2020-04-16 第201回国会 衆議院 本会議 第19号

国務大臣森まさこ君) 後藤祐一議員お答え申し上げます。  まず、本法律案検察庁法部分案文修正端緒等についてお尋ねがありました。  検察官定年引上げに関する法律案については、昨年十月末ごろには内閣法制局第二部長の審査が終了いたしました。  しかしながら、法律案提出に至らず、本年の通常国会への提出までに時間ができたことから、昨年十二月ごろから、同法律案について改めて検討する中で、勤務延長制度

森まさこ