運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
304件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

森まさこ君 大臣から検討をしていただくという御答弁をいただきました。大変うれしいです。  風評被害対策について、渡辺復興大臣がリーダーシップを持って様々な新しい施策も打ち出していただいていることは承知をしております。そのことについては感謝を申し上げます。ただ、風評被害の払拭というのは時間が掛かる問題であり、中長期的な粘り強い試みが必要です。そして、その成果が出てくるまでも時間が掛かりますが、償還金

森まさこ

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

森まさこ君 大臣、ありがとうございます。  後継組織については、今後、自民党の復興加速化本部においても議論がなされておりますので、どうかまたそういった議論もしっかり参考になさって決めていただきたいというふうに申し上げます。  また、土地改良区の償還金の救済措置についてでございますが、今ほど御答弁なさっていただいたものは全国一律の支援策でございます。また、復興庁農業機械、商品開発、加工、販売について

森まさこ

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

森まさこ君 自民党の森まさこです。  本日は二問質問をいたしますが、質問の時間が短いので、二問まとめてまず質問をし、その後、答弁を大臣にお願いをいたします。  復興庁は、復興庁設置法第二十一条により、平成三十三年三月三十一日までに廃止するものとされており、その存続期間は、残り二年余りとなっています。  後継組織の在り方については、私は早い段階から問題意識を持っておりまして、二年前の平成二十九年四月二十八日

森まさこ

2019-03-14 第198回国会 参議院 環境委員会 3号

森まさこ君 私、今年も、先ほどの木村さんと別に、上野さん、上野敬幸さんという、南相馬市の萱浜で御家族を亡くされた方ですけれども、お会いしてまいりました。南相馬市の萱浜地区では七十七名が命を失っております。やはり、当時三メートルというふうに警報が出されたけれども、二十メートル近くの津波が来て流されてしまいました。  上野さんはおっしゃっておりました。御両親と小さな子供二人を流されたんです。先ほどの帰還困難区域

森まさこ

2019-03-14 第198回国会 参議院 環境委員会 3号

森まさこ君 原田大臣には政府主催の慰霊祭に出席をしていただき、そして、あきもと副大臣福島県主催の慰霊祭に出席していただきまして、ありがとうございました。  続けて、内閣府防災担当にも同様の趣旨の質問をしたいと思いますが、私は、一年前の東日本大震災復興特別委員会、二〇一八年の四月四日でも質問をいたしましたが、その後の状況について確認をさせていただきたいと思います。  その際は、内閣府津波対策について

森まさこ

2019-03-14 第198回国会 参議院 環境委員会 3号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  本日は三月十四日です。東日本大震災の原発事故、水素爆発二回目が起きた日でございます。三日前の三月十一日には、東日本大震災から八年目を迎えました。  私は、福島県の出身でございまして、選挙区福島県でございますので、三月十一日は毎年、原発事故のあった近くまで足を運んでおります。三月十日には毎年、仮設住宅に泊まってまいりました。今年の三月十日は復興住宅に泊

森まさこ

2018-11-27 第197回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 大臣の取組に期待をしております。よろしくお願いいたします。  次に、生分解性プラスチックの利用促進について質問いたします。  生分解性プラスチックは、カーボンニュートラルとされるバイオプラスチックの一種です。現在使われているプラスチックは石油由来のものが多くを占め、燃焼処理時に大量の二酸化炭素を排出し、地球温暖化の一つの要因であるとされています。また、プラスチックが海洋河川に流出し、

森まさこ

2018-11-27 第197回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 ありがとうございます。  海洋に流出したプラスチックの発生推計量二〇一〇年によりますと、一位が中国、二位がインドネシア、三位がフィリピンと、東アジア東南アジア諸国が上位を占めています。日本は三十位と推計されております。こうしたことを踏まえると、海洋プラスチックごみの発生抑制や削減を図るためには、国際社会と連携協力して取り組むことが必要不可欠であると考えます。  原田大臣は、先日の所信的挨拶

森まさこ

2018-11-27 第197回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。本日は質問の機会をいただき、ありがとうございます。  原田大臣環境大臣就任おめでとうございます。環境省の役割は、地球温暖化の影響又はそれによる激甚災害の頻発、その際のごみ処理問題、さらには福島県復興を担う原発事故に基づく汚染物質の除染、中間貯蔵施設建設などの問題など、ますます環境省の役割が大きくなり、その業務も増えております。大臣は所信において力強い

森まさこ

2018-06-07 第196回国会 参議院 文教科学委員会 14号

森まさこ君 不安に思う、遠くなる自治体に対して、今具体的な案としてはお一つお示しなされましたけれども、現在と同等又は現在と同等以上の機能が発揮できますように、是非運用をお願いしたいというふうに思います。  この中央省庁地方移転でございますけれども、まち・ひと・しごと創生本部が取りまとめた基本方針にのっとって行っているということで、消費者庁の方は平成二十九年の七月に徳島県消費者行政新未来創造オフィス

森まさこ

2018-06-07 第196回国会 参議院 文教科学委員会 14号

森まさこ君 地方創生、そして地域との緊密な連絡調整で一層文化芸術政策を進められるということでございますが、東北北海道など東日本地域自治体にとっては物理的には遠くなるわけでございますが、これは文化庁の、相談行ったりとか調整をしたり、そういったことに支障が出ることはないのでしょうか。

森まさこ

2018-06-07 第196回国会 参議院 文教科学委員会 14号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。本日は質問の機会をいただき、ありがとうございます。  今回の文部科学省設置法の一部を改正する法律案の趣旨は、文化庁の京都への全面的な移転に向け、新文化庁にふさわしい組織改革、機能強化を図り、文化に関する施策を総合的に推進することであると伺っておりますが、文化庁が京都へ移転することとなった経緯及びその趣旨について、改めてお聞かせください。

森まさこ

2018-06-05 第196回国会 参議院 環境委員会 11号

森まさこ君 しっかりと進めていただきたいとお願いをいたします。  さて、次に、自然災害について聞いてまいりたいと思います。  気候変動の影響は、自然災害にも密接に関係してまいります。私は、大規模な自然災害に関する国際資格でありますエマージェンシーマネジャーの資格をIAEMの下で日本人で初めて昨年末に取得したところでございますけれども、この世界的な取組の中でも気候変動に関する適応という観点からの自然災害

森まさこ

2018-06-05 第196回国会 参議院 環境委員会 11号

森まさこ君 国際的な取組という御答弁ございました。是非、日本のリーダーシップ果たしていただけますようにお願いをいたします。  さて、気候変動への影響が大きい分野の一つに農業がございます。私はこれまで多くの委員会農業問題取り上げさせていただいてきたところでございますが、今日は農水副大臣、谷合副大臣がお越しですけれども、冒頭、御礼を申し上げたいと思います。  実は、先般の四月十日の農水委員会、そしてその

森まさこ

2018-06-05 第196回国会 参議院 環境委員会 11号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  本日は地球温暖化に関するこの本法案の質疑ということで、まず立法の経緯からお伺いしたいと思います。  平成二十七年に、我が国初めての適応策の計画として、気候変動の影響への適応計画が閣議決定されました。この当時、私は自民党の環境部会長でありまして、各省にまたがる適応に関する施策を一つにまとめるということで、部会の方で作業をさせていただきました。  この適応計画

森まさこ

2018-05-28 第196回国会 参議院 予算委員会 19号

森まさこ君 本当にそのとおりです。財務省は恥ずかしいことをやりましたね。  このような書換えや、交渉記録があるのにないと答弁を繰り返してきたこと、この書換え自体、三千ページ見ますと、本当に細かい作業を、もうやるのも大変な作業を、本来の仕事していないんですかと思ってしまいます。  これだけ膨大な作業を部屋の中でやっていて、たった一人でやったんでしょうか。それを見て誰も気が付かなかったんでしょうか。複数

森まさこ

2018-05-28 第196回国会 参議院 予算委員会 19号

森まさこ君 自民党、福島県選挙区森まさこです。  前回に引き続き、質問をさせていただきます。  総理、ロシア出張お疲れさまでした。外交問題が重要な局面を抱える中でのこの成果については後ほどお伺いをいたしますが、まずは本日のテーマである公文書管理問題について財務省質問をいたします。  先週五月二十三日、森友学園への決裁文書について財務省から報告書が本委員会に提出されました。三千ページプラス一千ページ

森まさこ

2018-05-14 第196回国会 参議院 予算委員会 18号

森まさこ君 是非よろしくお願いします。  その中で出てまいりました風評被害でございますが、これが福島県農産物観光、非常に風評被害がきついんです。福島県を含む東北等の県は、今なお中国政府、韓国政府による食品輸入規制を受けています。これまでも安倍総理は、あらゆる機会を捉えて規制の早期撤廃を申し入れてこられました。既に、二十七か国で規制を撤廃、四十八の国や地域条件付ながら輸出可となっておりますが、

森まさこ

2018-05-14 第196回国会 参議院 予算委員会 18号

森まさこ君 よろしくお願いいたします。  さて、外交について、安倍総理のトップ外交、これだけではなく、私は多重的、多層的に外交を繰り広げることが大事だと思っておりますが、それについて、日中韓の首脳会談触れながら議論させていただきたいと思います。  先ほども塚田委員の質問の中にもございましたが、この日中韓首脳会談、南北首脳会談の後に北朝鮮の対応について三か国の足並みをきっちりそろえる意味で、大変重要

森まさこ

2018-05-14 第196回国会 参議院 予算委員会 18号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  様々な指摘がなされておりますが、安倍総理がずっと繰り返しおっしゃっていただいているとおり、徹底的に調査し、うみを出し切る、このことをしっかりとお願いしたいと思います。  その上で申し上げますと、国政には重要な課題が山積しております。国会の場で、国民のために重要な国政課題をしっかりと議論をし、前に進めてまいりたいと思っています。その意味で、今日、国会が開

森まさこ

2018-04-19 第196回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

森まさこ君 経済的なインセンティブについて前向きな御答弁をいただき、ありがとうございます。  次に、看護師の不足について質問します。  近年、男性の看護師も増えてきておりますが、大多数は女性です。そして、原発事故のときは、お子さんをお持ちの女性の看護師さんが数多く避難したことから、震災後、福島県では看護師が減少しました。中でも、資料二にお示ししておりますけれども、相双地域での落ち込みは激しく、この

森まさこ

2018-04-19 第196回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

森まさこ君 よろしくお願いいたします。  今、産婦人科の話が出ましたけれど、調査室から配られたこの分厚い参考資料を読んでおりましたら、二百五十三ページに平成二十八年臨床研修者アンケート調査というのがあって、産婦人科と小児科だけ、きついところだけ、研修前と研修後で激減しているんですよね。研修したら産婦人科になりたい人と小児科になりたい人が激減していまして、四百九十八人から小児科の場合は四百十一人に八十七名

森まさこ

2018-04-19 第196回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  本日、質問の機会をいただき、委員長、そして与野党理事の皆様、委員の皆様に感謝をいたします。  本日は、福島県医師不足看護師不足について質問をさせていただきたいと思います。  この質問は、一年半前に、平成二十六年十一月十七日に東日本大震災復興特別委員会で同様の質問をさせていただいたわけですが、本日、資料一をお配りをさせていただいておりますけれども、

森まさこ

2018-04-10 第196回国会 参議院 農林水産委員会 10号

森まさこ君 ということなのでございます。  私、何回も農水省の方に来ていただいて、一生懸命勉強させていただいたんですが、この土地改良区の償還金について、利息、それから元金の一定程度の繰り延ばしというんですか延期、そして災害の場合の支援と、五つの支援対策があるということで御説明をいただきました。しかし、どれも今言った四つの土地改良区には当てはまらないんですね。  農水省の方がレクのときにおっしゃいました

森まさこ

2018-04-10 第196回国会 参議院 農林水産委員会 10号

森まさこ君 今説明があった支援策というのは全国的に行われているものですね。私の質問は、東京電力の原発事故によって風評被害が起きている、その風評被害というのは、農家の皆様にこそ一番辛い、重い負担を強いているんです。ここに関して特別な支援策がないのかとお聞きしているんです。いかがですか。

森まさこ

2018-04-10 第196回国会 参議院 農林水産委員会 10号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  本日、農林水産委員会質問の機会をいただきまして、委員長始め理事、委員の皆様に感謝をいたします。  本日は、福島県農業復興に向けた課題について伺いたいと思います。  まずは、土地改良事業について伺いたいと思います。  福島県には、国営総合農地開発事業が完了した母畑地区土地改良区、雄国山麓土地改良区郡山市東部土地改良区、矢吹西部土地改良区という四つの

森まさこ

2018-04-04 第196回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

森まさこ君 今、新妻政務官が御説明くださったとおり、文科省の中間指針をよく読めば、一律ではないと、そして、事案の特殊性をよく、特性をよく勘案して判断すべきと言われているんです。  それが、この休止したものにまでまるで一律に適用されるかのような、中間指針をまるで水戸黄門の印籠か何かのように使って言ってくるということは私には理解できないんです。  今、文科省が回答していただいたように、個別に判断すべきというのが

森まさこ

2018-04-04 第196回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

森まさこ君 ありがとうございます。  卵が先か鶏が先かという話でございまして、今見たように帰還アンケートを見ると、帰らないという人も介護病院、そして帰りたいという人も必要なのが介護施設病院と言っている中で、介護施設病院は利用者が一定程度いないと職員も雇えないんです。赤字も補填、赤字経営を黒字にできないんです。だから、一定程度人が帰るまで待っていますよというと、帰還する人も帰らない、お見合い状態

森まさこ

2018-04-04 第196回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

森まさこ君 福島県選挙区森まさこでございます。  今年の三月十一日からまだ一か月たっておりませんけれども、我々福島生きる者は、東日本大震災津波地震、さらには原発事故、甚大な被害と、そして生き残った者の筆舌に尽くし難い苦しみ、悲しみ、そこから七年間、様々な皆様の各方面からの御支援をいただいて今日まで来ました。そのことは福島県生きる者の誇りであります。しかしながら、現在もまだ復旧復興は道半ばであり

森まさこ

2017-12-07 第195回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 ありがとうございます。  今、米国の代表と会談した内容も示されまして、専門家である中川環境大臣のリーダーシップにより、日本のリーダーシップがますます強固に世界に示されるものと期待をしております。  次に、東日本大震災からの復興に関わることを質問したいと思いますけれども、ため池の除染について質問したいと思います。  本日は、礒崎農水副大臣にお越しをいただいて、ありがとうございます。  このため

森まさこ

2017-12-07 第195回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 大臣、ありがとうございます。環境行政、熱心に取り組まれてこられた中川環境大臣の今後の取組に期待したいと思います。  今お述べいただいた先月のCOP23での御活動でございますが、大臣所信的挨拶にもありましたけれども、その中でも特に企業自治体などの非政府主体を巻き込んだ世界的な行動を促進する積極的な取組が数多く示されたというふうにございましたけれども、この辺りを具体的に御説明をいただき、

森まさこ

2017-12-07 第195回国会 参議院 環境委員会 2号

森まさこ君 自民党の森まさこでございます。  本日、自民党を代表して、中川環境大臣大臣所信的御挨拶に対する質疑をさせていただきます。  この参議院環境委員会におきましては、与野党の皆様の環境行政に対する真摯な質疑が行われてまいりました。私は、臨時国会そして昨年から通常国会と二国会、この参議院環境委員会で委員長を務めさせていただきましたけれども、与野党理事そして委員の皆様の御協力の下、昨国会でございますが

森まさこ

2017-06-16 第193回国会 参議院 環境委員会 19号

○委員長(森まさこ君) 理事の補欠選任についてお諮りをいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

森まさこ

2017-06-16 第193回国会 参議院 環境委員会 19号

○委員長(森まさこ君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十四日までに、青山繁晴君、小野田紀美君及び渡辺美知太郎君が委員を辞任され、その補欠として世耕弘成君、松山政司君及び牧野たかお君が選任されました。     ─────────────

森まさこ

2017-06-09 第193回国会 参議院 本会議 31号

森まさこ君 ただいま議題となりました二法律案及び承認案件につきまして、環境委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案は、廃棄物の適正な処理を推進するため、特定の産業廃棄物を多量に生ずる事業者について、産業廃棄物管理票の交付に代えて、電子情報処理組織使用して産業廃棄物に関する情報を登録することを義務付ける等の措置を講じようとするものであります

森まさこ

2017-06-08 第193回国会 参議院 環境委員会 18号

○委員長(森まさこ君) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律の一部を改正する法律案及び地方自治法第百五十六条第四項の規定に基づき、福島地方環境事務所の設置に関し承認を求めるの件、以上三案件を一括して議題といたします。  質疑のある方は順次御発言願います。

森まさこ

2017-06-08 第193回国会 参議院 環境委員会 18号

○委員長(森まさこ君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りをいたします。  廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案外二案件の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、消防庁審議官猿渡知之君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

森まさこ

2017-06-06 第193回国会 参議院 環境委員会 17号

○委員長(森まさこ君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律の一部を改正する法律案及び地方自治法第百五十六条第四項の規定に基づき、福島地方環境事務所の設置に関し承認を求めるの件、以上三案件を一括して議題といたします。  本日は、三案件の審査のため、参考人として国立研究開発法人国立環境研究所資源循環

森まさこ

2017-05-30 第193回国会 参議院 環境委員会 16号

○委員長(森まさこ君) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律の一部を改正する法律案及び地方自治法第百五十六条第四項の規定に基づき、福島地方環境事務所の設置に関し承認を求めるの件、以上三案件を一括して議題といたします。  政府から順次趣旨説明を聴取いたします。山本環境大臣

森まさこ

2017-05-26 第193回国会 参議院 本会議 26号

森まさこ君 ただいま議題となりました法律案につきまして、環境委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の適切な保存を図るため、国内希少野生動植物種に関する新たな類型の創設、希少野生動植物種の保全に取り組む動植物園等の認定制度の創設、国際希少野生動植物種に係る登録制度の強化等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、特定第二種国内希少野生動植物種制度

森まさこ

2017-05-25 第193回国会 参議院 環境委員会 15号

○委員長(森まさこ君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

森まさこ

2017-05-18 第193回国会 参議院 環境委員会 14号

○委員長(森まさこ君) 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案の審査のため、参考人として東京大学総合研究博物館・助教矢後勝也君、認定特定非営利活動法人トラ・ゾウ保護基金事務局理事弁護士坂元雅行君及び公益財団法人日本自然保護協会保護室室長辻村千尋君の三名に御出席いただいております。  この際、参考人の皆様に一言御挨拶を申し上げます

森まさこ

2017-05-16 第193回国会 参議院 環境委員会 13号

○委員長(森まさこ君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十二日、青山繁晴君が委員を辞任され、その補欠として世耕弘成君が選任されました。  また、本日、鴻池祥肇君及び松山政司君が委員を辞任され、その補欠として佐藤啓君及び青木一彦君が選任されました。     ─────────────

森まさこ