運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
594件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

枝野幸男君(続) 自由民主党総裁である安倍総理が、予算委員会で内外の諸課題について全ての大臣とともに丁寧に説明するとの意向を示せば、予算委員会はすぐにでも開くことができます。  総理は、いつぞや、常に民意の存するところを考察すべしなどと原敬の言葉をうそぶいていましたが、あれは一体何だったのでしょうか。内閣の不十分かつ不誠実な対応には、行政府としての矜持はみじんも感じられず、国民を小ばかにした傲慢さがあるのみであります

枝野幸男

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。  私は、国民民主党無所属クラブ日本共産党社会保障を立て直す国民会議、社会民主党市民連合及び立憲民主党無所属フォーラムを代表し、安倍内閣不信任決議案について、提案の趣旨を説明いたします。(拍手)  まず、決議の案文を朗読します。   本院は、安倍内閣を信任せず。    右決議する。     〔拍手〕  安倍内閣が不信任に値する理由は枚挙にいとまがありませんが

枝野幸男

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 るるお話をいただきましたが、私の問いかけには正面から答えていただいたと思っておりません。  今回の報告書そのものは、一つの仮定なりモデルを前提として、二千万円というのは、あるモデルに当てはまる人にとっては老後必要な金額ということかもしれませんが、今回のことを契機にして、従来から、それは例えばこの二千万円のケースで想定されている二十万円弱の年金国民年金の方はとてもこんな金額の年金を受け

枝野幸男

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 今の不安が前提なんだろうと思いますが、今回のいわゆる二千万円報告書を契機として多くの皆さんの声が上がっているというその本質は、安心ばかりを強調して、そして実態と向き合わない、この姿勢にあるのではないかと私は考えております。  今回の二千万円という金額についても、確かに、平均値であったり一つの試算であったりします。しかしながら、多くの有権者の皆さんがそれぞれの生活を考えたときに、自分が今

枝野幸男

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 まず冒頭、私からも、昨夜の地震によって被害に遭われた皆さんにお見舞いを申し上げます。  けさほど、国対を通じて、政府としての迅速な対応に必要ならば、きょうのQTの延期も含めて柔軟に対応をいたしますということを申出させていただきましたが、問題ないというお答えをいただきました。しかし、引き続き、余震等の心配がございますので、ぜひ、政府におかれては、万全の対応をお願いを申し上げたいと思います

枝野幸男

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○枝野委員 いや、従来のルール基準、原則の中ではできないということは、これは、当時の山田参考人が葉梨議員質問に対する答えで、今までの放送基準の中のいわゆる広告放送に関する条文に想定をされていないと明言をされているところでございます。  また、繰り返しになりますが、先ほど申しましたとおり、何人もの委員の方々がこの量的規制に特出ししてお尋ねになっていることに対して、いずれも積極的な御答弁をされておられます

枝野幸男

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○枝野委員 それで、私の過去の国会での発言も引用していただいて大変光栄でございますが、確かに当時から、できるだけ国民投票運動は自由であるべき、法規制をかけるべきではない、私もそういう立場でしたし、全体もそういう立場であったと思っております。  ただ一方で、テレビコマーシャルに代表されるような部分のところで、特に、量的な偏在などが全部自由放任でいいのかどうかということについては大変重要なテーマであると

枝野幸男

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

○枝野委員 立憲民主党の枝野でございます。  きょうは、現行法を制定するプロセスの時点の野党側の責任者でございました、当時の与党側の責任者だった船田先生とかなり綿密な議論、協議をしながら現行法をつくってきた、その立場からお尋ねをさせていただきたいと思いますが、まず最初に確認をさせていただきたいと思います。  平成十八年六月一日に、民放連の立場から、当時の山田良明さんが参考人としておいでをいただき、そこで

枝野幸男

2019-02-25 第198回国会 衆議院 予算委員会 13号

○枝野委員 お互いの経験値だけで話しても、なかなか、基本的な物の捉え方が違うようですからかみ合わないとは思うんですが、私も官房長官の経験がありますが、もちろん総理から直接指示を受けたりすることはありましたけれども、総理も忙しいし、こちらも忙しいですから、総理の秘書官から、総理はこういう御意向なんだけれども、官房長官どうでしょうかみたいな話は少なからずありましたし、また、その際に、総理の意向はこうなんですがということが

枝野幸男

2019-02-25 第198回国会 衆議院 予算委員会 13号

○枝野委員 我々国会議員も、なかなか野党の立場で総理大臣の秘書官と直接話をするケースはありませんが、若干の期間、与党をやらせていただいたこともありますが、総理とか官房長官とかあるいは大臣の秘書官から意見を聞けば、それは、その仕えている大臣なり、総理大臣秘書官ならば総理の意向が背景にあるんだと受けとめるのが私は普通だと思うのですが、総理、違いますか。

枝野幸男

2019-02-25 第198回国会 衆議院 予算委員会 13号

○枝野委員 ほかの質問を用意してきているんですが、今の小川委員の話、もう一度整理をしてお話をさせていただいた上でお伺いをしたいんですが、この問題の端緒は、確かに、ルールどおり統計をとっていなかったというのが端緒であります。でも、今問題になっているのは、その不正云々という話ではありません。  そこが端緒となって、いろいろな統計に関する事実関係について国会の行政監視機能として調べてきたところ、今問題になっている

枝野幸男

2019-01-30 第198回国会 衆議院 本会議 2号

○枝野幸男君 立憲民主党・無所属フォーラムを代表して、施政方針演説に関し質問いたします。(拍手)  ことし五月、新しい時代が始まります。  立憲民主党は、結党以来訴えている、多様性を認め合い、お互いさまに支え合うという新しい社会像を更に高く明確に掲げ、次の時代の扉を開きます。  どんな人でも、自己責任だけで、自分の力だけで一生を通じて生きていくことはできません。人生の中では、誰もが一人では乗り越えられない

枝野幸男

2018-10-29 第197回国会 衆議院 本会議 2号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。  私は、立憲民主党市民クラブを代表して、総理の所信に対し質問いたします。(拍手)  さきの通常国会閉会後、大島議長は、今国会を振り返っての所感という談話を出されました。  談話は、立法府行政府の間の基本的な信任関係にかかわる問題や国政に対する国民の信頼にかかわる問題が数多く明らかになり、民主的な行政監視、国民の負託を受けた行政執行といった点から、民主主義

枝野幸男

2018-07-20 第196回国会 衆議院 本会議 45号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。  まず冒頭、さきの大阪北部地震及び今般の豪雨災害でお亡くなりになられた方々に改めて衷心から哀悼の意を表します。また、被災された全ての皆さんに心からお見舞いを申し上げます。  発災以来、消防警察海上保安庁自衛隊、そして自治体職員消防団の皆さんなど、さらには各地からボランティアの皆さんが被災地にお入りをいただき、猛暑の中、被災者の皆さんのために御尽力

枝野幸男

2018-06-27 第196回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 2号

枝野幸男君 残念ながら、今日も聞かれたことにはお答えをいただいておりません。その直後に予定されている消費税増税との見合いで理解を得られるかということについてはお答えいただいていない。今回の提案の趣旨は十分に聞いております。  ちなみに、二〇一二年十一月の党首討論で、当時の野党自民党の安倍総裁は、選挙制度についてこうおっしゃっています。少数政党の意見を聞かないといけないという趣旨の発言をされ、民主党

枝野幸男

2018-06-27 第196回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 2号

枝野幸男君 言うまでもなく、消費税の引上げには、納税者、国民の皆さんには強い抵抗感があります。国民の理解を得るためには、政治に対する強い信頼が欠かせないと考えます。  そんな中、自民党は、会期末が近づいて、突然、来年の夏から参議院議員定数を六増員するという案を提起をされました。いろんな御指摘ありますが、合区対象地域の現職自民党議員の議席を守る党利党略だという指摘すらあります。  消費税を上げる直前

枝野幸男

2018-05-30 第196回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 答えていただいたのは最後の部分だけです。  そして、実は、谷査恵子さんが籠池前理事長から手紙が来てという話は去年の話でありまして、先日財務省から公表された資料を先ほど私は読み上げました。  その知り合いの方から、社会福祉法人同様、優遇を受けられないかと総理夫人に照会があり、当方から問い合わせいただいたものとあって、この文書によれば、総理夫人に対して照会があった、その総理夫人が、いや、これは

枝野幸男

2018-05-30 第196回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 今、一連お述べになった答弁は、当然調べてきております。  そういった趣旨の御発言もありましたが、しかしながら、じゃ、金品の授受がなければ問題ないんだというように受け取られるような発言ではなかったというふうに思っておりますし、多くの国民の皆さん、この間の経緯を追いかけてこられた皆さんがどう受けとめられるかということだと思います。  そして、問題は、金品の流れ等があったかなかったか、それはこの

枝野幸男

2018-05-30 第196回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。  まず冒頭、きょうのこの持ち時間については、無所属の会岡田克也代表に御配慮いただきまして二分譲っていただきました。御礼を込めてここで御報告させていただきます。  とはいえ、十九分しかありませんので、早速お尋ねいたします。  総理は、昨年二月十七日の衆議院予算委員会で、私も妻も一切、この認可にも国有地払下げにも関係ないわけでありまして、私や妻が関係したということになれば

枝野幸男

2018-04-11 第196回国会 衆議院 予算委員会 21号

○枝野委員 決裁権者として、中身を判断して、きちっと判断に基づいて決裁しなきゃならなかった人が、読んでもいなかったと公然と認めた。当然、懲戒処分に向けた対処を始めます、最低限そうならないとおかしい。  もはやこの国の行政機関の建前が崩壊しているんじゃないか。社会というのは建前も大事なことがあって、それは、しっかりと決裁権者が責任を持って自分はその中身を判断しました、そういう前提で社会は成り立っているんじゃないですか

枝野幸男

2018-04-11 第196回国会 衆議院 予算委員会 21号

○枝野委員 決裁をしているということは、決裁者が中身を読んで、その担当者としてしっかりと責任を持って了解をする。その担当者が了解をする必要があるから、決裁権者の中に入っている。その人が読んでいなくて決裁をしていた、十分懲戒処分の対象じゃないですか。

枝野幸男

2018-04-11 第196回国会 衆議院 予算委員会 21号

○枝野委員 順番を変えて、今の話、財務大臣、私からもう一回聞きます。  決裁の担当者、決裁に、形式的には判こじゃないですが、判こを押した当人が、決裁文書を読んでいませんでしたと公然とおっしゃる。役所として、たがが外れ過ぎじゃないですか。

枝野幸男

2018-02-14 第196回国会 衆議院 予算委員会 11号

○枝野委員 これまで総理からも、裁量労働制の方がむしろ、時間外労働、トータルの労働時間は短くなるんだというような趣旨の答弁が繰り返される中で、いわゆる働き方改革についての議論がなされてきました。  どうも、このデータの出た時期を考えると、この間の労政審などの議論においても、こうしたデータに基づいて、実は、裁量労働制にしたらむしろ時間が短くなるんだなんという間違った根拠に基づく議論がなされ、それに基づいて

枝野幸男

2018-02-14 第196回国会 衆議院 予算委員会 11号

○枝野委員 総理も発言を撤回されていますが、要するに、総理は、一般の労働者の方が、いわゆる裁量労働制の働き方よりも時間外労働が長いということもあるんだということをこれまで繰り返し述べてこられた。  このデータが撤回されたということで、その根拠になるデータはなくなったということでよろしいんですね、厚生労働大臣

枝野幸男

2018-02-14 第196回国会 衆議院 予算委員会 11号

○枝野委員 立憲民主党の枝野でございます。  通告していました順番をちょっと変えて質問させていただきますので、御了承ください。  先ほど江渡委員との質疑において、厚生労働省、働き方の時間、これについての調査結果の報告を撤回をされました。  昨日、我が党の長妻代表代行がこの予算委員会で取り上げたパネルと同じものであります。「一般労働者の「平均的な者」の法定時間外労働の実績」ということで、これまで厚生労働省

枝野幸男

2018-01-24 第196回国会 衆議院 本会議 2号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。(拍手)  質問に先立ち、一言申し上げます。  草津白根山の噴火によって、訓練中の自衛官の方が亡くなられました。心から哀悼の意を表します。また、被害に遭われた皆さんに、心からお見舞いを申し上げます。二次災害に十分注意しながら、万全の対応を政府にもお願いをしたいと思います。  さて、立憲民主党は、結党直後の総選挙で、一千百万を超える皆さんから貴重な一票をお預

枝野幸男

2017-11-20 第195回国会 衆議院 本会議 5号

枝野幸男君 立憲民主党代表枝野幸男です。(拍手)  立憲民主党は、十月三日に結党した、二カ月にも満たない新しい政党です。このままでは選択肢がない、私たちの声に耳を傾ける受け皿をつくってほしい、そんな多くの声をいただき、背中を押されてつくった政党です。  特定の価値観を上から押しつけるトップダウン型の政治ではなく、国民の皆さんの草の根からの声に支えられたボトムアップ型の政治へ。日本民主主義を、右

枝野幸男

2017-05-19 第193回国会 衆議院 法務委員会 18号

○枝野委員 そしてもう一つ、前回、計画の主体についてやりとりをさせていただいたところで、組織的犯罪集団の構成員ではなくても、つまり別表第三の罪を実行することという共同の目的を共有していなくても、当該行為を実行するための組織の一員であれば計画の主体になる、こうお答えになりましたよね。それでいいんですか。

枝野幸男

2017-05-19 第193回国会 衆議院 法務委員会 18号

○枝野委員 私は刑事局長に全て聞きますので、刑事局長、答えてください。  まず、質問の前に、通告していませんので、今の階さんの質問に関連して指摘をしておきたいと思います。  階さんとのやりとりの中でも、今の階さんの資料の一ページに条文が書いてありますが、条約では、本来、合意そのものを処罰する、これが原則である、ただし、五条の1(a)の(1)の後段で、ただ、例外的に推進行為を伴うという要件をつけることができる

枝野幸男

2017-05-12 第193回国会 衆議院 法務委員会 16号

○枝野委員 もうちょっと細かくいきましょう。  六条の二の条文には、「組織的犯罪集団の団体の活動として、」とありますが、この「活動として、」というのは「行われるものの遂行」にかかるんでしょうか、それとも「計画」にもかかるんでしょうか、両方にかかるんでしょうか。

枝野幸男

2017-05-12 第193回国会 衆議院 法務委員会 16号

○枝野委員 私は、技術的、細目的事項を基本的に聞きますので、基本的には刑事局長がお答えください。  通告した質問の順番を変えて、二番から聞いていきます。  六条の二第一項、我々が共謀罪と呼ぶ犯罪の主体は誰ですか。

枝野幸男

2017-04-21 第193回国会 衆議院 法務委員会 12号

○枝野委員 外務省の政府参考人、来ていますね。  どこの文言からそんなことが読めるんですか。わざわざ、ほとんどの活動は、それは幅広くこの目的を読むならですよ、「金銭的利益その他の物質的利益を直接又は間接に得るため」、幅広く見れば、純粋に精神的な満足を得るためのこと以外は全部入りますと。  そんな幅広く見るんだというのは、この条約のどこからどう出てくるんですか。どう日本語を読んだって、これは広く解するんですと

枝野幸男

2017-04-21 第193回国会 衆議院 法務委員会 12号

○枝野委員 でも、客観的にそうでしょう。政府与党がそう考えていなければ、先ほどだって、いや、それは技術的な事項だからここでは答えられません、そう答えればいいんです。それだと、基本的な事項についても何度もそう答えることになって、それじゃもたないと与党の皆さんがお考えになったから、こんな前例のない強引なことをやった。今までの歴代どの内閣でも、どの大臣でも、答弁が不安定で、これはちょっと何とかしないとというときは

枝野幸男

2017-04-21 第193回国会 衆議院 法務委員会 12号

○枝野委員 申し上げたいことはいろいろあるんですが、聞きたいこともたくさんあるので、絞って最初に申し上げたいと思いますが、自民党の皆さんというのは便利な記憶能力をお持ちのようで、民主党がやったことについての記憶は、非常に詳細にいろいろなことをおっしゃる。安倍総理に至っては、もうこれしかない。きょうも何か、大分前に修正案を民主党として出した、その修正案について一生懸命取り上げていただきましたが、自分たちがやってきたことについては

枝野幸男

2017-04-19 第193回国会 衆議院 法務委員会 11号

○枝野委員 出ると。いや、なかなか法務委員会で他の大臣を呼ぶのは難しい、慣習、慣例として。知っていますよ。にもかかわらず、きのう、わざわざ与党側から、呼ばれたときには出すという話があり、きょうの時点でも、委員会としては要請すると。(発言する者あり)要請をすると、きょうの午前中も言っている。こういう状況ですから、委員会運営の話じゃなくて、政府が出してこなかったんです。  しかも、外務省外務大臣は出せませんという

枝野幸男

2017-04-19 第193回国会 衆議院 法務委員会 11号

○枝野委員 だから先ほど説明したんですよ。  きのうの理事懇ではこのことが話題になって、そして、なおかつさらに申し上げます、きょうになってから外務大臣が出ないという話があって、筆頭においていろいろ話をしていただきましたが、与党の筆頭からは、委員会としては来てくれと言っているので、本人が直接交渉しろというふうに私のところには返ってきました。  つまり、これは政府が出さないんです。委員会としては要請した

枝野幸男

2017-04-19 第193回国会 衆議院 法務委員会 11号

○枝野委員 本題に入る前に、委員会運営について二点、申し上げたり問いただしたりしなきゃならないことがあります。  まず、外務大臣。まず前提として、きのうの理事懇談会では、与党側からも、要求があれば外務大臣はいつでも出すというふうに話があったと聞いております。きのう、質疑が決まったのは十七時ちょっと前です。私は、十五時過ぎには遅くとも外務大臣を含めた通告をしています。なおかつ、昨夜の段階で、念のため、

枝野幸男

2017-03-31 第193回国会 衆議院 法務委員会 7号

○枝野委員 本人の承諾がある場合とか、裁判などで事実解明のために特に法律で定められた場合に解除される。  まさに大事な、守秘義務がないと、守られなければ、弁護士に相談できませんからね。当然のことだと思います。  もし弁護士法二十三条に違反して守秘義務違反をした場合、どういった制裁を受けることになっていますか。

枝野幸男

2017-03-31 第193回国会 衆議院 法務委員会 7号

○枝野委員 まず、大臣にぜひ、質問で何を聞かれているのかをきちっと理解して、聞かれたことにお答えをいただきたいと思います。  私、先週、森友学園の籠池さんという方の証人喚問をいたしました。あの方が言っていることが全て本当なのかどうか、私にはわかりません。あの方と、政治信条はどうも、百八十度とはいかないまでも、百二十度ぐらいは違っているようであります。  ただ、あの方、間違いないのは、私が聞いたこと、

枝野幸男

2017-03-23 第193回国会 衆議院 予算委員会 18号

○枝野委員 午前中はお手元になかったそうでありますが、午後はお持ちいただいていると思いますし、午前中注目されましたので、中身を確認されているだろうと思います。私も、昼に某テレビ局がなぜかお持ちになっているものが報道されていたのを仲間、同僚議員が見つけてくれまして、それがありますが、ここを見ますと、財務省本省に問い合わせをしたという記述がありますが、間違いないでしょうか。

枝野幸男

2017-03-23 第193回国会 衆議院 予算委員会 18号

○枝野委員 それから、今問題になっている送られていたとするファクスが、昼、午後一番のワイドショーか何かでテレビに流れているんですけれども、それから、参議院には出していただけるということを参議院の審議の中で言っていただいておりますが、院が違うものですから、衆議院にもお出しいただきたいと思いますが、この谷査恵子さんから出されたとされるファクスを衆議院にお出しいただけますか。

枝野幸男

2017-03-23 第193回国会 衆議院 予算委員会 18号

○枝野委員 民進党からお尋ねをいたします。  きょうは、おいでいただいてありがとうございます。  谷査恵子さんという方からファクスが来ていたと。午前中の御発言の後、調べましたけれども、確かに、経済産業省から内閣官房総務官室というところに出向されていた谷査恵子さんという方がいらっしゃいますが、午前中来お話しされている方は、この方という認識でよろしいでしょうか。

枝野幸男

2017-03-16 第193回国会 衆議院 憲法審査会 1号

○枝野委員 二十世紀の半ば以降、行政府による議会解散権には強い制約をつけるという傾向が世界的に強まっています。  ドイツでは、第二次世界大戦終結後、西ドイツの時代から解散権行使の要件を厳格に絞っており、内閣不信任の場合などしか解散が認められていません。議院内閣制の本家と言える英国でも、二〇一一年に議会期固定法を制定し、内閣による議会解散は認められなくなりました。カナダでも、二〇〇七年の選挙法改正

枝野幸男