運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
114件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  まず、桜を見る会への招待者の推薦名簿でございますけれども、農林水産省行政文書管理規則に基づきまして、過去五年分を保存しているところでございます。  また、推薦の方でございますけれども、当省からは、本年は百三十二名、推薦をしてございます。例年、同程度の人数となってございます。  推薦者の属性でございますけれども、内閣府からの推薦依頼に基づきまして、事務次官外局

枝元真徹

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  まず、桜を見る会への招待者の推薦名簿でございますけれども、農林水産省行政文書管理規則に基づきまして、過去五年分を保存しているところでございます。  また、推薦の方でございますけれども、当省からは、本年は百三十二名、推薦をしてございます。例年、同程度の人数となってございます。  推薦者の属性でございますけれども、内閣府からの推薦依頼に基づきまして、事務次官外局

枝元真徹

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  基本計画の見直しにつきましては、まず、食料農業農村政策審議会の企画部会で、広く現場の声をまず聞くということで、三月から六月にかけまして、農業者、食品事業者等からのヒアリングを八回にかけて行いました。  このようなヒアリングでの論点も踏まえた上で、本年の九月に諮問を行いまして、現在、年内、企画部会、これまで五回開催してございますけれども、農業の部分、農村

枝元真徹

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  基本計画の見直しにつきましては、まず、食料農業農村政策審議会の企画部会で、広く現場の声をまず聞くということで、三月から六月にかけまして、農業者、食品事業者等からのヒアリングを八回にかけて行いました。  このようなヒアリングでの論点も踏まえた上で、本年の九月に諮問を行いまして、現在、年内、企画部会、これまで五回開催してございますけれども、農業の部分、農村

枝元真徹

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  被災しまして泥をかぶったリンゴの取扱いにつきまして、当初、今先生からございましたとおり、被害を受けたリンゴを購入したいという申出に応じてリンゴを洗浄している、そのような様子が報道をされました。その後、長野県が水をかぶったリンゴを出荷しないように生産者に呼びかけており、JAも水をかぶったリンゴを取り扱うことはないし流通することはない、こういう旨の報道が改めて全国

枝元真徹

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  被災しまして泥をかぶったリンゴの取扱いにつきまして、当初、今先生からございましたとおり、被害を受けたリンゴを購入したいという申出に応じてリンゴを洗浄している、そのような様子が報道をされました。その後、長野県が水をかぶったリンゴを出荷しないように生産者に呼びかけており、JAも水をかぶったリンゴを取り扱うことはないし流通することはない、こういう旨の報道が改めて全国

枝元真徹

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  放任園地につきましては、黒星病の発生拡大の原因にもなってございますので、放任園地からの本病の蔓延防止、また、防除の的確な実施のほか、放任園地がふえないようにしていくことが非常に重要でございます。  このため、放任園地の発生を未然に防止する対策といたしまして、担い手への園地の承継、集約、園地の管理作業の省力化に向けた施策を講じているところでございます。  まず

枝元真徹

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  放任園地につきましては、黒星病の発生拡大の原因にもなってございますので、放任園地からの本病の蔓延防止、また、防除の的確な実施のほか、放任園地がふえないようにしていくことが非常に重要でございます。  このため、放任園地の発生を未然に防止する対策といたしまして、担い手への園地の承継、集約、園地の管理作業の省力化に向けた施策を講じているところでございます。  まず

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  審議会におきましては、環境保全型農業直接支払制度によります有機農業への支援につきましては、減農薬と有機では技術的に異なるので、直接支払いによる支援に差をつける必要があるのではないか、また、有機農業の作業負担についてきめ細かく支援し、生産者のインセンティブを上げるべき等々の御議論がございました。

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  我が国の有機農業の取組面積でございますけれども、平成二十一年に約一万六千ヘクタールであったものが、平成二十九年には約二万三千ヘクタールへと四三%拡大、有機食品市場規模も、平成二十一年に推計で一千三百億円だったものが、平成二十九年には約千八百五十億円と四二%拡大してございます。  しかしながら、平成二十一年から二十九年の八年間で、世界全体の有機農業の取組面積

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  御指摘をいただきました環境保全型農業直接支払制度でございますけれども、令和二年度から第二期対策に入るということになります。このため、同制度に関します第三者委員会におきまして、これまで実施されてきた各取組の実施状況、また効果の評価、施策の点検等が行われているところでございます。  このうち、各取組の効果の評価は、地球温暖化防止、すなわち、農地土壌への炭素貯留効果

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  審議会におきましては、環境保全型農業直接支払制度によります有機農業への支援につきましては、減農薬と有機では技術的に異なるので、直接支払いによる支援に差をつける必要があるのではないか、また、有機農業の作業負担についてきめ細かく支援し、生産者のインセンティブを上げるべき等々の御議論がございました。

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  我が国の有機農業の取組面積でございますけれども、平成二十一年に約一万六千ヘクタールであったものが、平成二十九年には約二万三千ヘクタールへと四三%拡大、有機食品市場規模も、平成二十一年に推計で一千三百億円だったものが、平成二十九年には約千八百五十億円と四二%拡大してございます。  しかしながら、平成二十一年から二十九年の八年間で、世界全体の有機農業の取組面積

枝元真徹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  御指摘をいただきました環境保全型農業直接支払制度でございますけれども、令和二年度から第二期対策に入るということになります。このため、同制度に関します第三者委員会におきまして、これまで実施されてきた各取組の実施状況、また効果の評価、施策の点検等が行われているところでございます。  このうち、各取組の効果の評価は、地球温暖化防止、すなわち、農地土壌への炭素貯留効果

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  家畜の精液の生産状況につきましては、精液採取の際に供する雄の家畜につきまして義務づけられてございます種畜検査を通じて、全国の種畜の精液の生産状況を定期的に把握してございまして、平成二十九年度においては約百八十六万本が流通しているところでございます。  一方、受精卵は、精液と異なりまして、一頭当たりの生産量が限られて、疾患が伝播するリスクが低いということ等から

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  家畜の遺伝資源を知的財産として保護できないかという点につきましては、平成十八年にも、検討会におきまして、植物に関する知的財産権を定めます種苗法を参考に検討がなされてございます。  その際、種苗法に基づく育成者権につきましては、同一世代でその特性が十分均一であるという均一性、また、何代増殖を繰り返しても特性が安定しているという安定性、こういう要件を満たせば新品種

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  担い手の減少、高齢化によりまして労働力不足が深刻化する中で、ドローン分野のイノベーション農業分野に取り込むことは極めて重要でございます。  このため、農林水産省におきましては、農薬散布や生育状況のセンシングを始めといたしまして、農林水産分野におけるドローンの活用を加速させていくことを目的といたしまして、農業者、ドローンメーカー、サービス事業者、関係団体、また

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  家畜の精液の生産状況につきましては、精液採取の際に供する雄の家畜につきまして義務づけられてございます種畜検査を通じて、全国の種畜の精液の生産状況を定期的に把握してございまして、平成二十九年度においては約百八十六万本が流通しているところでございます。  一方、受精卵は、精液と異なりまして、一頭当たりの生産量が限られて、疾患が伝播するリスクが低いということ等から

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  家畜の遺伝資源を知的財産として保護できないかという点につきましては、平成十八年にも、検討会におきまして、植物に関する知的財産権を定めます種苗法を参考に検討がなされてございます。  その際、種苗法に基づく育成者権につきましては、同一世代でその特性が十分均一であるという均一性、また、何代増殖を繰り返しても特性が安定しているという安定性、こういう要件を満たせば新品種

枝元真徹

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  担い手の減少、高齢化によりまして労働力不足が深刻化する中で、ドローン分野のイノベーション農業分野に取り込むことは極めて重要でございます。  このため、農林水産省におきましては、農薬散布や生育状況のセンシングを始めといたしまして、農林水産分野におけるドローンの活用を加速させていくことを目的といたしまして、農業者、ドローンメーカー、サービス事業者、関係団体、また

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  畜産環境対策は先生おっしゃるとおり非常に重要でございまして、むしろそのふん尿を処理できる範囲でしか規模が拡大できないという観点もあろうかというふうに思ってございます。  それで、研究開発の方でございますけれども、汚水処理の水準の向上に当たっては、古い処理施設の機能の向上、飼養規模の拡大に伴います処理水量の増加への対応、省スペースでの処理能力の向上、

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  御指摘いただきましたとおり、我が国におけるグローバルGAPの審査会社、三社ございますけれども、新規の認証取得要望が増加する一方で、審査員数が不足する、また、グローバルGAPにつきましては、日本の審査会社というのはある意味代理店でございます。そういう関係もございまして、現在、新規審査の申請が困難な状況となってございます。  農林省といたしましては、GAP

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  今御指摘いただいたGAPの認証取得経営体でございますけれども、年々増加してございまして、GAPの認証別に公表の時期が異なりますけれども、足し上げますと四千八百七十三経営体となってございます。これは認定農業者数全体の約二%に相当してございます。また、都道府県からの聞き取りによりますと、平成三十年度中の一年間で千四百七十五経営体が新規に認証を取得してございます

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  畜産環境対策は先生おっしゃるとおり非常に重要でございまして、むしろそのふん尿を処理できる範囲でしか規模が拡大できないという観点もあろうかというふうに思ってございます。  それで、研究開発の方でございますけれども、汚水処理の水準の向上に当たっては、古い処理施設の機能の向上、飼養規模の拡大に伴います処理水量の増加への対応、省スペースでの処理能力の向上、

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  御指摘いただきましたとおり、我が国におけるグローバルGAPの審査会社、三社ございますけれども、新規の認証取得要望が増加する一方で、審査員数が不足する、また、グローバルGAPにつきましては、日本の審査会社というのはある意味代理店でございます。そういう関係もございまして、現在、新規審査の申請が困難な状況となってございます。  農林省といたしましては、GAP

枝元真徹

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  今御指摘いただいたGAPの認証取得経営体でございますけれども、年々増加してございまして、GAPの認証別に公表の時期が異なりますけれども、足し上げますと四千八百七十三経営体となってございます。これは認定農業者数全体の約二%に相当してございます。また、都道府県からの聞き取りによりますと、平成三十年度中の一年間で千四百七十五経営体が新規に認証を取得してございます

枝元真徹

2019-05-08 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  昨年九月の豚コレラの発生以降、四月二十二日に確認されました二十二例目までの殺処分の対象頭数、関連農場を含めまして、約八万九千頭でございます。これは全国の飼養頭数約九百万頭の一%程度ということでございます。  豚肉市場価格でございますが、豚コレラが発生いたしました九月以降、対前年を下回って推移してございましたけれども、本年三月には対前年を上回りまして、比較的安定

枝元真徹

2019-05-08 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  先生、今二つのことをおっしゃったというふうに思ってございます。  一つは、まず、関税緊急措置につきましては、対前年度実績の一一七%ということでございまして、当然、前年の方の輸入量がふえますと発動基準数量もふえますし、減りますと減るということで、例えば、二〇一七年度は減って、二〇一八年度は基準数量が上がっている、それは、その年々の輸入の状況で決まってまいります

枝元真徹

2019-05-08 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  昨年九月の豚コレラの発生以降、四月二十二日に確認されました二十二例目までの殺処分の対象頭数、関連農場を含めまして、約八万九千頭でございます。これは全国の飼養頭数約九百万頭の一%程度ということでございます。  豚肉市場価格でございますが、豚コレラが発生いたしました九月以降、対前年を下回って推移してございましたけれども、本年三月には対前年を上回りまして、比較的安定

枝元真徹

2019-05-08 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  先生、今二つのことをおっしゃったというふうに思ってございます。  一つは、まず、関税緊急措置につきましては、対前年度実績の一一七%ということでございまして、当然、前年の方の輸入量がふえますと発動基準数量もふえますし、減りますと減るということで、例えば、二〇一七年度は減って、二〇一八年度は基準数量が上がっている、それは、その年々の輸入の状況で決まってまいります

枝元真徹

2019-04-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 5号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  昨年七月の西日本豪雨によりまして、今おっしゃった宇和島を始めとした愛媛県のかんきつ産地では、土砂崩れによります樹園地の崩落に加えまして、農道の寸断、収穫物運搬用モノレールの破損等の被害が発生いたしましたので、先生御指摘のとおり、崩落を免れた園地でも収穫が危ぶまれておりました。  このため、私ども、被災農業者向け経営体育成支援事業によりましてモノレール

枝元真徹

2019-04-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 5号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  愛媛県の温州ミカンでございますが、収穫量につきましては、一九八九年産の三十一万五千三百トンから二〇一七年産の十二万三百トンへ減少、経営体数につきましては、一九九〇年の二万八百三十五戸から二〇一五年の七千九十二戸へ減少してございます。  温州ミカンにつきましては、昭和四十年代後半から過剰基調となりまして価格が暴落したことから、オレンジ及びオレンジ果汁自由化前

枝元真徹

2019-04-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  昨年七月の西日本豪雨によりまして、今おっしゃった宇和島を始めとした愛媛県のかんきつ産地では、土砂崩れによります樹園地の崩落に加えまして、農道の寸断、収穫物運搬用モノレールの破損等の被害が発生いたしましたので、先生御指摘のとおり、崩落を免れた園地でも収穫が危ぶまれておりました。  このため、私ども、被災農業者向け経営体育成支援事業によりましてモノレール

枝元真徹

2019-04-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

政府参考人(枝元真徹君) お答え申し上げます。  愛媛県の温州ミカンでございますが、収穫量につきましては、一九八九年産の三十一万五千三百トンから二〇一七年産の十二万三百トンへ減少、経営体数につきましては、一九九〇年の二万八百三十五戸から二〇一五年の七千九十二戸へ減少してございます。  温州ミカンにつきましては、昭和四十年代後半から過剰基調となりまして価格が暴落したことから、オレンジ及びオレンジ果汁自由化前

枝元真徹

2019-04-09 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  各産地でさまざま取組がございますけれども、成功事例という観点で申し上げますと、例えば愛媛県では、花のデルフィニウムの新品種さくらひめ、この生産面積がこの支援策も活用して三年間で六倍に拡大するなど、ブランド化に成功しております。また、例えば鹿児島県では、地理的表示保護制度、いわゆるGIに登録された辺塚だいだいというダイダイがございますけれども、かんきつがございますけれども

枝元真徹

2019-04-09 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号

○枝元政府参考人 お答え申し上げます。  各産地でさまざま取組がございますけれども、成功事例という観点で申し上げますと、例えば愛媛県では、花のデルフィニウムの新品種さくらひめ、この生産面積がこの支援策も活用して三年間で六倍に拡大するなど、ブランド化に成功しております。また、例えば鹿児島県では、地理的表示保護制度、いわゆるGIに登録された辺塚だいだいというダイダイがございますけれども、かんきつがございますけれども

枝元真徹