運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
110件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-09 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号

杉本委員 日本維新の会の杉本和巳であります。  端的に伺います。ちょっと質問の順序を変えて、まとめて二度ほど伺えればと思っています。  まず、大臣ワクチンの件でありますけれども早期確保早期接種というのが極めて大事だと私は思っているんですけれども、いわゆる英米法というか、英米契約でいくと、アグリーメントというのは、極めて、五センチ、十センチの厚さの契約というのが普通、常識でございますよね。  

杉本和巳

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 ありがとうございます。  ちょっと質問一つ飛ばさせていただいて、時間があればまた戻りたいと思うんですけれども。  前回の積み残しで、防衛省設置法四条の十八、調査及び研究情報収集及び警戒監視を加える必要はないでしょうかということを伺おうということで、大臣に御答弁を御用意いただいたかと思うんですけれども、ちょっとそこに絡んで、具体的なケースとして、元の自衛隊幹部の方がケースとして挙げておられるんですけれども

杉本和巳

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 率直な御感想をありがとうございました。  岸大臣のお言葉に加えてというか、私の理解を少しだけ開陳させていただければと思いますが、「名将」という表現がある中で、明治天皇のときの「山県 大山 山本」という表現がございましたけれども、ここにおいて、やはり明治のときというのは、大臣に当たる方とか、あるいは軍というか、大尉なのか、トップに当たる方々がいわゆるリーダーシップを発揮されたときであったのかなというふうに

杉本和巳

2021-04-09 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 維新杉本和巳です。  最後質問者です。御協力お願いいたします。  まず、今、赤嶺先生もおっしゃられましたけれども、やはり沖縄、改めて大切だなという認識をさせていただきました。  ふと思い出したんですけれども、ゴルバチョフ旧ソ連の元大統領閣下というか大統領にお会いしたことがあるんですけれども、君ね、君のような人とまず会うことはないんだよと言われたのはちょっと印象的だったんですが、もっと

杉本和巳

2021-04-06 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 憲法の精神を読み解くのは学者がするべきことであって、行政なりがやはりきちっと法文化していく必要があるのではないかという認識を私は持っているということを申し上げたいと思います。  そんなこと、みんな分かっているし、我が国防衛するための必要最小限度実力組織という解釈というのは分かるんですけれども、やはり、この専守防衛という言葉が独り歩きしたり独り守りしたり、分からないですね、何か都合のいいときに

杉本和巳

2021-04-06 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 ありがとうございます。  ちょっと今申し上げるのが適切かどうか分かりませんが、最強のタッグで外務防衛をやっていただいていると思っていますので、是非、引き続きそういった御認識の下に、我が国外交防衛という意味で、抑止力対処力を増していただきたいというふうにお願いします。  今日は、問題意識として、抑止力対処力というのを上げていくという意味で、海保自衛隊のスムーズな連携というのを考

杉本和巳

2021-04-06 第204回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 維新杉本です。  最後質問者、時間二十分しかありませんので、端的なお答えをお願い申し上げます。  諸行無常という言葉があって、その言葉を私が記憶している、平家物語でというようなことの中で、今日も西銘さんから質問があったりとか皆さんから質問があって、二月一日に中国海警法が施行されたということがありました。この二月一日には、ミャンマーが軍事クーデターで今のような混乱状態に入っているということが

杉本和巳

2021-03-19 第204回国会 衆議院 外務委員会 第4号

杉本委員 ありがとうございます。大所高所から御答弁いただいて、かつ、お言葉でいただいているので、大変ありがたく思います。  次に、ちょっと順番を飛ばして、大臣から御答弁いただくようなものを先にさせていただきたいんですけれども、地政学とかそういった分野のことを伺おうと思っています。  約二十年前の数字が、共同防衛に関する同盟国の貢献に関する報告という、これは山尾さんが本会議場で、今ちょっと外されましたが

杉本和巳

2021-03-19 第204回国会 衆議院 外務委員会 第4号

杉本委員 ありがとうございます。改めて御見識を伺えてよかったなと思っております。  それでは次に、この議定書承認案件にちょっと入らせていただきます。  何人か御質問されているのに重なる部分もあるかと思いますが、改めて伺いますけれども、一年延長となる現行議定書等有効期間が二〇一六年から二〇二〇年の五年間であったものを、有効期間は五年だったということでありますけれども、今般、アメリカ政権交代等

杉本和巳

2021-03-19 第204回国会 衆議院 外務委員会 第4号

杉本委員 維新杉本和巳であります。よろしくお願いします。  まず、ちょっとこの場をおかりして恐縮なんですけれども、去る一月十二日に亡くなられました歴史研究家、近現代史の大家であられた半藤一利さん、御冥福をお祈りさせていただきたいと思います。  それで、半藤さんの書物で、茂木大臣は博識なのでもう御存じだと思うんですけれども、この場の皆さん御存じないことかと思ったので、ちょっと一つトピックスを紹介

杉本和巳

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第2号

杉本分科員 ありがとうございます。お立場というか状況は分かりました。  私の提案としては、勝手な提案かもしれませんが、この診療の手引一つ取っても、二行というのはさすがに処方されるケースと比べて少ないような気がいたしますので、お立場上はっきり推せないんだけれどもというのだったら、例えば別冊とか付録だか分からないですけれども、そういった形で、開業医の先生方、あるいは当然病院先生方理解がしやすいような

杉本和巳

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第2号

杉本分科員 御答弁ありがとうございます。  ちょっとだけ触れようかなと思っていたところを最後おっしゃっていただいて、何か、求職して、いわゆる訓練延長なのか訓練給付なのか、私もよく区別が分からないんですけれども毎日職業訓練を受けないと出ないよみたいなことになっちゃっていて、私の立場はどちらかというと、子供を見なきゃいけなくてどうしても飛び飛びになっちゃったりとか、コロナが心配なので家を少し見なきゃいけないのでみたいなお

杉本和巳

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第2号

杉本分科員 日本維新の会の杉本和巳です。  皆さん、おはようございます。  今日は、田村厚労大臣、さきの予算委員会集中審議に続きまして御列席ありがとうございます。  また、長妻元大臣も後ろにいらっしゃって、菅原一秀元経産大臣やら、赤澤亮正さんやら、井上さんやらという、そうそうたる面々で、かつ委員長が橋本前厚労大臣ということで、何を言いたいかというと、私は、厚労行政はどちらかというと余り勉強できていなくて

杉本和巳

2021-02-22 第204回国会 衆議院 予算委員会 第15号

杉本委員 御答弁ありがとうございます。  ちょっと、我が党、時間が少ないので、次に、積極防衛ということで。  もう端的に、我が国は、領土、領海、領空を守るには、積極外交積極防衛が必要だ。今日、茂木大臣はいらっしゃいませんけれども岸大臣、お見えでございます。  そんな中で、ちょっと済みません、総理には、官房長官総理のというのは、ちょっと時間がないのでこの質問の中で交ぜて伺えればと思いますが、総理

杉本和巳

2021-02-22 第204回国会 衆議院 予算委員会 第15号

杉本委員 よく考えて決めるということなんですが、私の方からは、あくまでもワクチン接種は大事なんだということは、十分肝に銘じていらっしゃると思いますが、お願いをしておきたいと思います。  さて、そこで、昨日のNHKスペシャルを見ました。大臣も御覧になったかもしれないですが、自宅療養者あるいはホテル等宿泊施設療養者が、先月の数字で、警察庁発表だと思いますが、百三十二名、残念ながらいらっしゃったということで

杉本和巳

2021-02-22 第204回国会 衆議院 予算委員会 第15号

杉本委員 日本維新の会、維新杉本和巳であります。  まず、二十日の日に、航空自衛隊隊員アメリカにおいて訓練中、二等空尉、殉職されました。誠に残念の極みでありますが、ここに敬意を表し、殉職された隊員の御冥福をお祈り申し上げたく存じます。  また、今日は、ニュージーランド地震から十年、そして、一週間余り前、二月十三日に東北の地震が、今も高橋さんが質疑されていましたけれども地震があって、三月十一日

杉本和巳

2020-11-27 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

杉本委員 ありがとうございます。  今、防衛省防衛大臣、そして海保さんから拝聴しました。  今聞いた限りでは大丈夫なのかなというふうに思いましたけれども、やはり事態はどんどんどんどん厳しくなっていっているということでありますので、今、海上保安庁法二十条、警察比例というか、の部分と、あるいは二十五条で「この法律のいかなる規定も海上保安庁又はその職員が軍隊として組織され、訓練され、又は軍隊の機能を営

杉本和巳

2020-11-27 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

杉本委員 ありがとうございます。  それでは、今、防衛省トップからお話をいただいたわけでございますけれども、ちょっと海保さんの方の事実確認をさせていただきたいと思います。やはりこの著書の中の、私は同様の疑問を持ったので質問させていただくんですけれども中国海警局の船が巨大化、武装化され、海軍艦艇海警局公船に転用するケースがあるといったようでございますし、このような環境変化の中で、海上保安庁

杉本和巳

2020-11-27 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第4号

杉本委員 維新杉本和巳です。  最後質問者です。御協力、御理解お願い申し上げます。  先般は、軍事力というか、あるいは国力というか、あるいは経済力というか、そういうものが背景にあって、米中の関係みたいなことを質疑させていただいた記憶がありますが、きょうは、島嶼防衛と、あと防衛力研究といったようなテーマで質問させていただきます。  それでは、まず二つほどちょっと別の話をしますが、きょう、領土

杉本和巳

2020-11-19 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 不断に検討いただくということですが、サイバーなんかの分野というかコンピューターの分野というかは、年をとっていくとついていけなくなるという一方で、本当に、小学校、中学校、そのぐらいのときから一種秀でた人があらわれてきている。将棋の世界もそうかもしれないんですけれども。そういった意味で、高等学校というところで陸自はありますけれども、むしろ中学校とかそういうときから本当に人材をつくっていかないと

杉本和巳

2020-11-19 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 御答弁ありがとうございます。  防衛省自衛隊存在憲法上どうなんだとかいろいろ議論もありますけれども、やはりそういったことをしていただくこと、さらに、継続、強化していただくことによってその存在の意義といったものが理解、促進されると思いますので、ぜひ強化、促進、かつ継続お願いしておきたいと思います。  次に、私も、この安全保障委員会、久々という感じでございますので、改めて勉強しなきゃいけないということで

杉本和巳

2020-11-19 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第3号

杉本委員 維新杉本和巳であります。  きょうは法案審議ということでありますが、前回大臣所信で積み残しというか御提言というかあったので、一つだけそれをさせていただいて、法案審議という形に進めさせていただきたいと思います。  まず、新型コロナウイルス、COVID―19、思い起こしていただくと、ことしの一月、中国春節、そして二月に入ってダイヤモンド・プリンセス、そして三月を置いて、四月に緊急事態宣言

杉本和巳

2020-11-13 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 ありがとうございます。  重たい答弁で、中国の側も多分その御答弁をきちっと見てくださっているかなというふうにも思います。  最後に、質問ということで防衛大臣に。  我が国防衛施設周辺あるいは国境離島土地、水源、外国人等の、その他地域と関係ない方々に売却されているなどの事案が起きています。我が国安全保障を脅かしかねない事態が生じているということで、我が党維新はこの点について問題意識を持

杉本和巳

2020-11-13 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 ありがとうございます。  もう御案内だと思いますが、おっしゃっているとおりだと思う一方で、やはり最近の中国科学技術の進歩というのは、実は、中国国内で学んだというよりは、アメリカに留学に行って、中国に戻って、そして国のために貢献されている方々によって、宇宙、サイバー電磁波という部分の中でも、サイバー電磁波などの分野統合分野でありますけれども、そういったところの研究が随分進んでしまっている

杉本和巳

2020-11-13 第203回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

杉本委員 維新杉本和巳です。ラストバッターで、御協力、御理解お願い申し上げます。  岸大臣、御就任おめでとうございます。初の大臣就任でいらっしゃいますけれども、これから恐らく重責を幾つもされていかれるということなので、激励を込めて、ちょっと書生論みたいな質疑をさせていただきたいというふうに思っています。  また、茂木大臣におかれましては、引き続きの外務大臣の御重責ということで、敬意を表させていただきたいと

杉本和巳

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

杉本委員 最後、時間がなくなってきたので、こちらから一方的に提言だけ申し上げる形になるかと思いますが、水際対策玄葉外務大臣からも御質問がありましたけれども、やはり外から入ってくるものを防ぐんだ、そして、出入国緩和がされていくだろうけれども、この水際、空港でしっかりやっていくということをぜひお願いしたいと思います。  特に関空で問題意識を持っているわけですが、PCRから抗原検査へ、そして唾液を活用

杉本和巳

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

杉本委員 検討というお言葉をいただきましたが、やはり、まさかというか、拡大してしまったときに強制力を持ったことができないという状況があってはならないので、まさかに対して備えるのも法律であるということで、ぜひとも前向きに、強く検討お願いしておきます。  次に、二点目。パネルをちょっと切りかえさせていただきます。  業種別、百五十一業種のガイドラインというお話先ほど質疑でございましたけれども現行

杉本和巳

2020-07-15 第201回国会 衆議院 予算委員会 第29号

杉本委員 日本維新の会の杉本和巳です。  時間が十分しかないので、端的にお願いしたいと思います。  まず、七月豪雨そして新型コロナで亡くなられた方々に心から御冥福をお祈りしたいと思います。また、被災あるいは罹患されている方々にお見舞いを申し上げます。  また、雨は今週も続くという見通しでございますし、コロナ感染がとまっていないという状況でございますので、国民皆様には警戒を引き続き、この場をかりてお

杉本和巳

2020-05-22 第201回国会 衆議院 外務委員会 第9号

杉本委員 ありがとうございます。略称CREDということで、ちょっと改めていただきました。  いずれにしろ、こういった国際機関、できる限り、人的資源に限界もありますし、高齢化が進んでいるということで、シニアの活用どもあるのかもしれませんが、国際的な感染症というのはますます、将来、現状もですけれども、大変な難敵でございますので、そういった意味で、我が国からも協力体制を整えていただければと思います。

杉本和巳

2020-05-22 第201回国会 衆議院 外務委員会 第9号

杉本委員 大臣うんちくを伺って、私の質問だったんですが、総合的な見地から歴史を振り返っていただいて、ありがとうございます。第一次大戦も、ドイツの将軍だったかトップが負けたのは病気で負けたみたいな発言をされていますので、そういった意味では、フグの毒も、あるいは感染症という問題も、実は本当に戦争という以上に我々は考えていかなければならないということで、大臣うんちくからちょっと話を戻させていただくので

杉本和巳

2020-05-22 第201回国会 衆議院 外務委員会 第9号

杉本委員 日本維新の会の杉本和巳です。  きょうは条約など五本の審議コロナ関係質問ということで、条約については一本の日・ベトナム受刑者移送条約についてのみ茂木大臣にずばっと御回答いただければということで、茂木大臣に伺おうと思います。  大西理事ベトナム数字をおっしゃってくださって、ベトナム側検挙数が六千四十、日本側は被拘禁邦人数は三ということにとどまっているということの中で、服役をするということを

杉本和巳

2020-05-21 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

杉本委員 重ねて、政府参考人の方にこの処理水の問題について伺いますが、風評被害等を含めたことをきちっと御意見を聞く場ということで、関係者の御意見を伺う場というのが四月六日から十三日、そして直近の三回目が経団連ほか全国団体方々から御意見を聞いたということを伺いましたけれども確認したいのは、トリチウムの健康上の問題がないというような、いわゆる、何というんですかね、科学的、医学的かわからないんですが

杉本和巳

2020-05-21 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

杉本委員 ありがとうございます。  現場を拝見させていただいた中では、やはりタンクがいっぱいになっていくとデブリを処理する場所がきちっと確保できない、あるいはデブリを処理するための機材を置く場所が確保できないとか、そういったことも伺わせていただきましたし、現場を見てそう感じました。  そういった意味で、このスケジュール、ロードマップが順調にいくかどうかは、実はこのタンクの問題もかかわっている。四十年

杉本和巳

2020-05-21 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

杉本委員 日本維新の会の杉本でございます。  きょうは、九年、十年ということで、更に十年という復興庁延長質疑ということで、基本的に賛成をさせていただく予定でございます。  ただ、ちょっと振り返ってみたりとか、あるいは、本当にこの震災、防災、こういう点、きちっと将来に我々は備えを十分情報として伝えていけるのかどうか、あるいは、ちょっと会計上のエネルギー特会の問題、本多委員がいい質問をされて、遠山副大臣

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 予算委員会 第24号

杉本委員 ありがとうございます。  節目節目で、二人三脚でとおっしゃる部分はわかります。ただ、全体の図表があった方がいいかな。シナリオA、Bぐらいはつくっていただきたいなと思っています。  それで、済みません、時間がないので次に行きたいんですけれども大阪では、あさって二十二日に新型コロナ専門病院をスタートさせます。維新の申し上げた提言の第五弾では、首都圏関西圏に一カ所ずつ、できれば、私は愛知

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 予算委員会 第24号

杉本委員 ありがとうございます。  ぜひ、暫定承認等を含めて、ワクチン開発までの暫定であるというようなことでも御判断いただければと思っております。  次に、少し中長期的に、ハンマー・アンド・ダンスという言葉は、先生方御存じだと思いますが、皆さんはよく御存じないかも、ハンマーシャットダウンというか強力に感染を防ぐということ、ダンスというのは病気とうまくつき合っていくということの中で、それなりに、

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 予算委員会 第24号

杉本委員 日本維新の会の杉本和巳です。最後質問者です。どうぞよろしくお願いします。  まずもって、この新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々、七百七十余名、現在でいらっしゃいます。また、現在も闘病中の方々にお見舞いを申し上げ、そして亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りしたいと思います。  尾身先生脇田先生竹森先生は、本当に忙しい中、ありがとうございます。三人の先生方が日夜、日本

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 外務委員会 第8号

杉本委員 茂木大臣首脳会談があったということですが、外務大臣ラブロフ外相茂木外務大臣とのパイプも、ぜひテレビ会議等を使って、先ほどの北方領土の話も含めて、積極的に関係を強化していただきたいと思っております。  もう一問、ちょっとロシア関連で、これは外務省の政府参考人の方にお伺いをさせていただきたく存じますが、それこそ先ほど申し上げた「感染症世界史」というこの本の中で出てきたので、ちょっと事実確認

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 外務委員会 第8号

杉本委員 ありがとうございます。  慎重にというのは、前向き、慎重にお願いできればというふうにお願いしておきます。  あと鈴木参議院議員の話ですが、もう一つだけ、ちょっと、じゃ、せっかく大臣が言っていただいたんですが、松山千春さんがこういうことを言っていました。  中川一郎先生の後を受けて選挙に出馬して、鈴木宗男でございますと後援会幹部挨拶に行った。これは松山さんが言っていましたけれども挨拶

杉本和巳

2020-05-20 第201回国会 衆議院 外務委員会 第8号

杉本委員 維新杉本和巳です。  一般質疑、きょうは、コロナ関係というか感染症関連に絞って質疑をさせていただきます。  それで、ちょっと、理事会で本来、本の提示について御了解いただくべきところ、急遽大西筆頭岩屋筆頭の御了解をいただいておりますが、先生方はもう大変勉強熱心なので御存じでお読みになっていると思いますが、「感染症世界史」というのがありまして、これはかなり、新型コロナとか、感染症と人類

杉本和巳

2020-05-15 第201回国会 衆議院 外務委員会 第7号

杉本委員 ありがとうございます。  もう一点、ベーシックな確認をさせていただきたいんですが、今回の条約対象国が、アルゼンチンウルグアイペルー、ジャマイカといった中南米の国々との条約承認という部分がありますが、ベーシックな資料の中に、アルゼンチンウルグアイ加盟ペルーが準加盟となっているラテンアメリカのメルコスールという、関税同盟に値するものかと思いますけれども、これがあるというふうに伺いました

杉本和巳

2020-05-15 第201回国会 衆議院 外務委員会 第7号

杉本委員 維新杉本和巳です。  きょうは、通告は新型コロナウイルス関連租税条約ということでさせていただいていますが、まずもって租税条約の方を先に質問させていただきたいと思います。  先ほど、与党の委員の方ほか、GAFAの問題あるいはBEPSプロジェクトお話とかございました。私も同じ問題意識は共有させていただいています。これは質問ではないんですけれども問題意識としてぜひ皆さんに共有いただきたいと

杉本和巳

2020-04-29 第201回国会 衆議院 予算委員会 第21号

杉本委員 日本維新の会の杉本和巳です。  補正予算三案に賛成組み替え動議反対討論をいたします。  組み替え動議は、事前提示がありませんでしたので反対です。  今、私ども政治行政、国会に求められているのは、命を徹底的に守ることとスピードアップ、そして政治家の覚悟です。これらの観点から、補正予算三案には改善するべき点はありますが、賛成いたします。  私ども補正の準備を提起したのは、二月の当院

杉本和巳

2020-04-29 第201回国会 衆議院 本会議 第22号

杉本和巳君 日本維新の会の杉本和巳です。  私は、日本維新の会・無所属の会を代表して、令和二年度補正予算案三案に賛成立場から討論をいたします。(拍手)  まずもって、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、闘病中の方々にお見舞いを申し上げます。また、医療関係始めエッセンシャルワークに従事する方々に、また外出自粛に御協力してくださっている国民皆様敬意と感謝を申し上げます。  今、私ども政治

杉本和巳

2020-04-10 第201回国会 衆議院 外務委員会 第5号

杉本委員 ありがとうございます。  まずは我が国国民皆様の命、健康ということではあるんですけれども、やはり地球儀を俯瞰する外交という意味からも、我が国の財政も厳しい状況はありますけれども、一方で、本当に苦しんでおられるお立場方々に、各国の、特にASEANの方々、あるいはアフリカもそうかもしれないですし、各国に御支援の手というのをできる範囲で最大限お願いをしておきたいと思っております。  次に

杉本和巳

2020-04-10 第201回国会 衆議院 外務委員会 第5号

杉本委員 ありがとうございます。公式の見解をいただいて、感謝申し上げます。  ちょっとまた、いつも話がぶれて恐縮なんですけれども、私、銀行で人事部にいて、採用を担当していることがあって、それで、官僚になられる方々を私どもの中の言葉マル公といって、外交官試験を受かられている方はマル外というような言い方を内部ではさせていただいている中で、この新型コロナ始め、チャーター機の問題であったりクルーズ船の問題

杉本和巳

2020-04-10 第201回国会 衆議院 外務委員会 第5号

杉本委員 維新無所属の会の杉本和巳であります。  早速質疑に入りたいんですけれども、その前に、通告しておりませんですが、英国のボリス・ジョンソン首相が入院され、直近のBBCなりNHKの報道ですと、ICUから一般病室に移られておられるということで、ICUの中でも、酸素マスクをして、人工呼吸器まではいかなかったという状況で、よい方向に向かわれているというふうに聞いていて、私自身はほっとしている状況でございます

杉本和巳

2020-03-18 第201回国会 衆議院 外務委員会 第3号

杉本委員 三月五日の外務大臣談話確認させていただきました。  冒頭言っていただきましたマイナンバーの件については、恐らく、この後、経済対策、与野党が協議をしながら、協力して、現金給付とかもあり得るのかもしれないので、私、これは私見ですけれども、例えば、現金給付するようなタイミングで、必ず申請をしてくださいと。申請をしてくださった方には現金給付されるみたいなことになれば、まあ、反対される方々もいらっしゃるかもしれませんけれども

杉本和巳

2020-03-18 第201回国会 衆議院 外務委員会 第3号

杉本委員 維新杉本和巳でございます。  日経平均のきょうの引けは、一万六千七百二十六円五十五銭、マイナス二百八十四円九十八銭という引けでございます。  それで、ちょっと一方的に冒頭はお願いしたいと思っておりますけれども、今、日本感染者によるところの死亡者は、けさの十時半現在で二十九名プラス一名ということであります。ある意味で、日本感染拡大、踏みとどまっているという理解をしていいかと思うんですが

杉本和巳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

杉本委員 ありがとうございます。  無利子無担保の融資とかという形をとられると思いますけれども、さらに、今申し上げたフリーランスの方々などにはやはりむしろ給付の形で、生活をとにかくつないでいただくということで、私、総理には予算委員会の最後の締め総のときに申し上げましたけれども、香港では、一人当たり全香港市民に十四万円、総予算で、香港の予算で、日本円相当で一兆七千億、この手当てができているということなんです

杉本和巳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

杉本委員 今、大体の方向感は伺えました。  これもお願いというかですが、今おっしゃられたようなことの中で、やはり、私ども維新は、この間の党首会談でも六項目、提案をさせていただいているんですが、そのうちの一つに、たしか五番目だったと思いますが、地方公共団体との連携を一層強化していただき、財政的な裏づけもしっかりサポートしていただくというような趣旨の提言をさせていただいています。  今大臣の話を伺いながら

杉本和巳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

杉本委員 日本維新の会・無所属の会の杉本和巳でございます。  最後質問者ということで、もう一頑張り、おつき合いをいただきたいと思います。  まずもって、皆様もおっしゃっておられますけれども、我が党としても、東日本大震災からあすで九年という日にちを迎えます。改めまして、亡くなられた方々への哀悼の誠をささげますとともに、被災された皆様、また、今なおふるさとに帰れずにいらっしゃる方々などの皆様方に心よりお

杉本和巳