運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
58件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉です。  私は、会派代表しまして、ただいま議題となりました予算委員長金子原二郎君解任決議案に対し、断固賛成の立場から討論を行います。  金子委員長、衆議院五期、参議院二期、長崎県知事三期と、超ベテラ政治家であるあなたの識見とバランス感覚、そしてリーダーシップに私たちは期待をしていました。しかしながら、今回の予算委員会開会要求に対する対応は誠に残念極

杉尾秀哉

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

○杉尾秀哉君 確定的な見通しはなかなか持てないんでしょうけれども、いずれにしてもやはりそう時間がないと。その新聞報道等々によれば、最大五年程度、あってもと、こういうふうな報道もございます。  そこで、経産省に伺いたいんですけれども、専門家部会において五つの案が示されております、海洋放出、大気放出、地下埋設、地層注入、電気分解。これを受けて、有識者の小委員会で検討を続けてきたというふうに伺っておりますが

杉尾秀哉

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。  まず冒頭に、本日の委員会開催について、岡田筆頭を始めとする関係者の皆さんの御尽力、そして質問の機会をいただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。  前回は三陸の被災地の復興について伺いましたので、今回は福島の関連、とりわけ事故関連について幾つか質問させていただきたいというふうに思っております。  まず冒頭に、汚染水の

杉尾秀哉

2019-05-28 第198回国会 参議院 総務委員会 12号

○杉尾秀哉君 これぐらいにしますけれども、今後も、人事等を含めて、体制、注視していきたいと思います。  放送法の中身に入ります。  冒頭申し上げますけれども、私も民放におりました。放送通信の世界で大きな地殻変動が起きつつあるというのは、これは共通認識だと思います。長くメディアの王様とかと言われていたテレビが長期的に次第次第に低落傾向をたどる一方で、ネットが急伸して、例えば広告費のレベルで見るとテレビ

杉尾秀哉

2019-05-28 第198回国会 参議院 総務委員会 12号

○杉尾秀哉君 余計なこと言わなくていいです。理由だけ聞いたんです。額面どおり受け取ることができないんですよ。  私も四月二十五日の当委員会質問しましたけれども、板野氏の復帰を決めた四月九日の経営委員会、二人の経営委員の方が棄権をしました。これ、事実上の反対というふうに見られますけれども、そのうちの一人が小林委員なんですね。  過去の例から見て、この経営委員会でこうした少数意見を守るように、私はこの

杉尾秀哉

2019-05-28 第198回国会 参議院 総務委員会 12号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。引き続き質問をさせていただきます。  その前に、今、板野専務の復帰の話がございましたけれども、NHKの経営委員会人事について一言伺いたいことが、今回の任期が、五人の委員の方が任期ということなんですけれども、この五人のうち小林いずみ委員だけが再任されなかった、その理由は何なんでしょうか。

杉尾秀哉

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

○杉尾秀哉君 書庫の棚の上に平積みというのも驚くんですけれども。  それから、さっき説明がありました、これ不開示情報に当たらないということで開示されておりましたけれども、不開示情報に当たらないと判断したその理由、根拠ですね、これ教えてください。

杉尾秀哉

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。質問の機会をいただき、ありがとうございます。  本日は、一般質疑ということで、まず公文書管理と情報公開について伺いたいと思います。  資料を配付させていただきます。  資料一なんですけれども、私の地元長野県の信濃毎日新聞の五月三日朝刊一面トップのスクープでございます。中曽根内閣当時の一九八四年から八五年にかけて開かれた官房長官の私的諮問機関

杉尾秀哉

2019-05-21 第198回国会 参議院 文教科学委員会 10号

○杉尾秀哉君 いや、全然適切と思えないんですよね。大地震が起きたときは、本当に交通が寸断されて麻痺して、もちろん公共交通機関も止まりますし、車も渋滞で動けないということなので、一時間以内に到底参集できるとは思えない事態が招来すると思うんですが。  前回、大臣は、原子力事故の原因の分析とか文科省はそういうことを対応を担当する役所であって、初期対応を行う役所ではない、省庁ではない、こういうふうに答弁されています

杉尾秀哉

2019-05-21 第198回国会 参議院 文教科学委員会 10号

○杉尾秀哉君 全然答えになっていないと思うんですけれども、そもそも、大体、政務官の地元って、民間企業でいうと出張の区域に当たるんですよね。それだけ遠いということなんですが、お答えがなかったので、他省庁の運用ルール、少し調べさせていただきました。  聞いた役所はどこももっとルール厳格にしておりますし、例えば二十三区内と規定しているところ、それから公務の一環であると、こういう在京当番ですね、代理、公務の

杉尾秀哉

2019-05-21 第198回国会 参議院 文教科学委員会 10号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。先週に引き続きまして質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  前回の質問で、今日お越しいただきました白須賀政務官の在京当番問題に関連して幾つか資料の提出を要求させていただきました。回答はありましたけれども、残念ながら、問い合わせた事項にほとんどまともに答えられていないというふうに思います。  例えば、大臣のスケジュール

杉尾秀哉

2019-05-16 第198回国会 参議院 文教科学委員会 9号

○杉尾秀哉君 冒頭おっしゃいましたように、在京当番というのは、政府危機管理上、非常に重要な制度でございます。しかも、原子力を担当されている。  ところが、その原発事故というのはいつどこで起きるか分からない。にもかかわらず、資料一として配らせていただきました、東京新聞によりますと、政務官は、就任から今年三月末までのおよそ二十回の在京当番日に、少なくとも十三回、十三日、選挙区がある千葉県を政務と称して

杉尾秀哉

2019-05-16 第198回国会 参議院 文教科学委員会 9号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。本日は、質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  今日は、大学関連四法案の質疑ということなんですけれども、その前に、白須賀政務官のいわゆる在京当番問題というのが起きておりますので、それについてまず質問させていただきます。  早速ですけれども、政務官、在京当番という制度がなぜあるか、その理由を説明してください。

杉尾秀哉

2019-04-25 第198回国会 参議院 総務委員会 9号

○杉尾秀哉君 これまでNHKの関連会社から本体に復帰されたケースというのはたくさんあったと思うんですけれども、今回のように、専務で辞められて、また専務で戻ってこられたケースは初めてだというふうに伺っております。  異例の人事というふうに言ってもいいと思うんですけれども、どういう基準、どういう理由で決められたんでしょうか。会長、いかがでしょうか。

杉尾秀哉

2019-04-25 第198回国会 参議院 総務委員会 9号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。  本日は一般質疑ということで、後ほど統計問題について聞きますけれど、その前にまずNHKの役員人事について質問したいと思います。  御多忙な中、大変ありがとうございます。当委員会にもお越しいただきましたけれども、本日、四月二十五日付けでNHKエンタープライズの板野裕爾前社長が専務理事に復帰されました。板野専務、復帰おめでとうございます

杉尾秀哉

2019-03-28 第198回国会 参議院 総務委員会 8号

○杉尾秀哉君 民放から見ると非常に羨ましい制作環境にあって、何でNHKはこんなに金があるのかなと思うことが結構あったりするんですけれども。  資料を配らせていただきました。収支の決算予算のレベルなんですけれども、御覧になって一目瞭然、赤枠で囲みましたけれども、事業収支差金に毎年大きな乖離が出て、大幅な黒になっているんですよね。そもそもこれ事業支出の見積りが過大なのではないか、言葉は悪いんですけれども

杉尾秀哉

2019-03-28 第198回国会 参議院 総務委員会 8号

○杉尾秀哉君 支出を見ますと、国内放送番組の充実、スーパーハイビジョン、4K、8Kの推進、これで百四十四億円の支出増なんですけれども、もう少し、先ほどの総務大臣の意見もありましたけれども、聖域なき徹底的な経費削減をしていればこんなに支出が膨らむはずがないと思うんですけれども、これ本当に血のにじむような削減努力というのはしているんでしょうか。

杉尾秀哉

2019-03-28 第198回国会 参議院 総務委員会 8号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。  質問の機会をいただきましてありがとうございます。  先ほどの大沼議員はNHK出身ということですが、私も大学のときにNHK受けたんですけれども、途中、民放の方に先に内定が出ちゃいましたものでNHKには行かずに、まあ落ちていたかもしれませんが、もしNHKに行っていたらまた別の人生があったかなと、こういうふうにも思います。  三十一年度予算

杉尾秀哉

2019-03-27 第198回国会 参議院 本会議 10号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉です。  私は、会派代表して、ただいま議題となりました地方税法等の一部を改正する法律案等四法案に対して、森林環境税・譲与税に関する法律案に賛成、その他の法案については反対の立場から討論します。  まず、冒頭に申し上げます。  安倍総理、あなたは平成最後の総理大臣としてどのような功績を歴史に残そうとしているのでしょうか。  モリカケ問題に象徴されるように

杉尾秀哉

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、菅官房長官記者会見問題で伺います。  私、今月八日の予算委員会で、加計学園問題をめぐり、いわゆる総理の御意向文書について怪文書のようなものだと長官は虚偽説明をしておきながら、取材記者に事実でない質問をするなというのはおかしいではないかと、こういうふうな質問をしました。これに

杉尾秀哉

2019-03-20 第198回国会 参議院 総務委員会 6号

○杉尾秀哉君 最高検検事という肩書しか言えないんですよね。  おとといの予算委員会紹介されました弁護士グループ、第三者委員会格付け委員会の報告書、九人の委員全員が最低のF、不合格の判定をしております。この中で、監察委員会の再調査報告について、独立性、中立性、客観性のかけらもないと断罪しております。総理がどう言い張ろうが、第三者委員会として完全に失格だと思いますが、どうですか。

杉尾秀哉

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

○杉尾秀哉君 確かに復興担当大臣の所管としてはちょっと踏み越える部分はあるかも分かりませんけれども、これは政府全体として是非とも検討していただきたいというふうに思います。  先ほどもお話ししましたけれども、ハードの復興は相当に進んでいると、こういった印象がある一方で、町づくり、そしてにぎわいの復興、そして心の復興というのがますます大きな課題になってきているというふうに思います。  まず、住まいと町の

杉尾秀哉

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

○杉尾秀哉君 先般、平成三十年を振り返って、天皇陛下が、平成災害の時代だったと、こういうふうなお話をされました。事実、阪神大震災、そしてこの東日本大震災を始め、本当に数々の地震水害、その災害日本列島、見舞われてまいりました。阪神大震災では、私、向こうの出身でございますので、実家が被災をいたしました。そして、先ほども申し上げましたけれども、東日本のこの現状ですね、震災の恐ろしさ、本当にあり得ないことが

杉尾秀哉

2019-03-19 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  先日の委員派遣で、岩手県の釜石、大槌、山田、そして宮古市、伺いました。前職のテレビ時代に何度も取材で被災地伺わさせていただきましたけれども、今回、三陸にお邪魔したのは久しぶりということでございます。お世話になりました関係者の皆さんに改めて感謝申し上げたいというふうに思います。

杉尾秀哉

2019-03-19 第198回国会 参議院 総務委員会 5号

○杉尾秀哉君 よろしくお願いします。立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉でございます。質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  早速ですけれども、まず、佐藤ゆかり副大臣に伺います。  去年十一月、大阪で開いた政治資金パーティーの案内状と参加費の振り込み用紙を複数の在阪の民放の幹部に渡していたということですけれども、まずこの事実関係を御説明ください。

杉尾秀哉

2019-03-12 第198回国会 参議院 予算委員会公聴会 1号

○杉尾秀哉君 その延長線上に伺いたいんですけれども、果たして日銀に出口戦略はあるのか。  そして、これまでの説明ですと、基本的に日本の公債、国債も国内で基本的には消化されているわけだからまだまだ大丈夫と、こういう意見はいろんなところでありますけれども、それに対する御意見はいかがでしょうか。

杉尾秀哉

2019-03-12 第198回国会 参議院 予算委員会公聴会 1号

○杉尾秀哉君 お二人の先生方には、御多忙の中お越しいただきまして、そして丁寧な御説明、大変ありがとうございます。  私から、まず河村公述人に伺いたいんですけれども、先ほどのお話の中で、現在の財政、そして金融政策、事実上の日銀による財政ファイナンス、真剣に心配していると、こういうお話がございました。それに対するイングランド銀行、そしてFRBの取組、駆け足で御説明いただいたわけですけれども、黒田総裁のこれまでの

杉尾秀哉

2019-02-07 第198回国会 参議院 予算委員会 2号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉です。  私は、会派代表して、ただいま議題となりました平成三十年度補正予算案に対して、反対の立場から討論いたします。  その前に、まず、今国会は冒頭よりまさに統計国会の様相を呈しています。言うまでもなく、毎月勤労統計を始めとする一連の統計不正問題は文字どおり底なしの状態です。失業手当育児給付、遺族年金などを不当に低く支給された国民は延べ二千十五万人

杉尾秀哉

2019-02-07 第198回国会 参議院 本会議 5号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会・希望の会の杉尾秀哉です。  私は、会派代表して、ただいま議題となりました平成三十年度第二次補正予算案に対して、反対の立場から討論します。  まず冒頭に、昨年七月、私はこの本会議の場で、安倍内閣を、憲政史上まれに見るうそつき内閣、ごまかし内閣と申し上げました。残念ながら、その指摘は当たっていました。  今国会冒頭から焦点となっている統計不正、その問題の核心は、十五年

杉尾秀哉

2018-12-05 第197回国会 参議院 本会議 8号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会の杉尾秀哉です。  この度議題となりました原子力損害の賠償に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、私は、立憲民主党・民友会を代表して、断固反対の立場から討論を行います。  平成二十三年三月十一日に発生した東日本大震災と、それに伴う東電福島原発事故では、広範囲にわたり未曽有かつ甚大な被害が生じました。  そもそも、皆さんもよく御存じのように、それまで我が国では、

杉尾秀哉

2018-12-04 第197回国会 参議院 文教科学委員会 5号

○杉尾秀哉君 慎重にというふうにおっしゃいましたけど、ちょっと慎重過ぎるんじゃないですかね。しかも、ほとんど私は小手先にしかすぎないというふうに思っているんですけれども、今回の見直し案については、先週の参考人質疑でもそうでした。とりわけ、原告でもあります現在も避難されている佐々木さんなどが、非常に強い不満というか憤りというか、表明されていたと思います。  私たちは、そういう意味では、本当に被害者の皆

杉尾秀哉

2018-12-04 第197回国会 参議院 文教科学委員会 5号

○杉尾秀哉君 立憲民主党・民友会の杉尾秀哉でございます。本日は質問の機会をいただきまして、大変ありがとうございます。  今回提出されました原賠法の見直し案、あの福島事故で露呈した多くの問題点、重要な問題点が置き去りにされたままで余りに不十分なものと言わざるを得ないというふうに私は思っております。これについて、先週の参考人質疑の中でも、三人の参考人の方が抜本的な改正とは到底言えないと、こういうふうにはっきりおっしゃっていました

杉尾秀哉