運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
63件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人新井ゆたか君) お尋ねいただきました検査の頻度についてでございます。  検査の頻度につきましては、最低でも五年に一度、全頭検査をするということになっております。北海道におきましても五年に一度というふうに聞いております。他県におきましては、その頻度を変えてというところもあるというところでございます。  これにつきましては、やはり本病が潜伏期間が長いということ、それから農場に出向いて検査をする

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  ヨーネ病に関しまして、法に基づく定期検査の対象といたしましては、乳牛の雌、それから種雄牛とその同居牛というのを必須の条件にしております。これに加えまして、北海道におきましては肉用の繁殖牛も加えているというふうに聞いているところでございます。F1の牛自体は対象にしておりませんけれども、子牛の段階で感染をするということでございますので、乳牛の雌を対象

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  今御指摘がございました地域枠入学者、それから奨学金を利用している学生等についてお答えをさせていただきます。  まず、平成三十年度末の実績でございますけれども、地域枠入試制度を設けている大学は五つでございまして、この枠を利用して入学した学生は二十二名でございます。この制度を設けている大学、国公立と私立大学の内訳を申し上げますと、現時点におきましては

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  食肉処理場は、複数の生産者や多くの家畜が集まるため、万が一にも家畜伝染病疾病を広げることがないよう、家畜運搬車の消毒など交差汚染防止対策を講じることが重要と考えております。  基本的に、食肉処理施設では既に一定の衛生設備が整備されているという状況でございますけれども、今般のCSFの発生に伴いまして、特にリスクが高まっている地域について、と畜場等疾病まん延防止緊急対策事業

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

新井政府参考人 我が国への侵入のリスクが高まっておりますASFを防止するためには、関係省庁一体となって水際の対策を講じているところでございます。  具体的には、在外公館航空会社と連携した外国における情報発信、それから現地の空港カウンターでの注意喚起、これによりまして、まず、海外から肉製品を持ち出させないための広報というのが重要でございます。加えまして、日本に持ち込ませないということで、家畜防疫官

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  飼養衛生管理は、家畜の所有者が行う毎日の健康管理と一体ということでございまして、所有者が遵守すべき義務であり、畜産経営の基本だというふうに考えております。これにつきましては、継続して取り組むことが非常に重要でございます。  しかしながら、これまでCSFの発生に関連した疫学調査におきましては、農場で飼養管理が徹底されておらず、また、各県の指導にばらつきがある等

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人新井ゆたか君) お尋ねいただきました検査の頻度についてでございます。  検査の頻度につきましては、最低でも五年に一度、全頭検査をするということになっております。北海道におきましても五年に一度というふうに聞いております。他県におきましては、その頻度を変えてというところもあるというところでございます。  これにつきましては、やはり本病が潜伏期間が長いということ、それから農場に出向いて検査をする

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  ヨーネ病に関しまして、法に基づく定期検査の対象といたしましては、乳牛の雌、それから種雄牛とその同居牛というのを必須の条件にしております。これに加えまして、北海道におきましては肉用の繁殖牛も加えているというふうに聞いているところでございます。F1の牛自体は対象にしておりませんけれども、子牛の段階で感染をするということでございますので、乳牛の雌を対象

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  今御指摘がございました地域枠入学者、それから奨学金を利用している学生等についてお答えをさせていただきます。  まず、平成三十年度末の実績でございますけれども、地域枠入試制度を設けている大学は五つでございまして、この枠を利用して入学した学生は二十二名でございます。この制度を設けている大学、国公立と私立大学の内訳を申し上げますと、現時点におきましては

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人新井ゆたか君) 今回の改正によりまして、配合ルールの緩和でありますとか原料の範囲の明確化を行うことで、低コストな堆肥、産業副産物といった国内の有機物の資源の活用が進むというふうに考えております。これによりまして低コストの肥料の開発につながることを期待しているところでございます。  例えば、化学肥料と堆肥が配合可能となることで低コストな堆肥が配合肥料の原料として利用可能となりますので、有機配合肥料

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人新井ゆたか君) 今回導入いたします原料管理制度、帳簿の義務付けは、農家が安心して肥料を利用できるようにするためのものでございます。  具体的には、原料帳簿の作成は多くの事業者においては既に実施されているというふうに承知しておりまして、適正な品質の肥料を生産し、正確な原料表示を行うためには、肥料業者として当然実施しておくべきことを改めて法律上に位置付けたということでございます。この帳簿の

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 6号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  全農が進める銘柄の集約につきましては、化成肥料を中心にいたしまして、汎用性の高いものを集約して肥料の低減を進めているというふうに承知をしております。  今回の改正は、こうした汎用性の高い肥料だけでは対応できないような土壌や作物に対しまして、小回りの利く肥料、それから堆肥の活用をしたいという農家の要望に応えるものであります。したがいまして、今回の改正

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

政府参考人新井ゆたか君) 今回の改正によりまして、配合ルールの緩和でありますとか原料の範囲の明確化を行うことで、低コストな堆肥、産業副産物といった国内の有機物の資源の活用が進むというふうに考えております。これによりまして低コストの肥料の開発につながることを期待しているところでございます。  例えば、化学肥料と堆肥が配合可能となることで低コストな堆肥が配合肥料の原料として利用可能となりますので、有機配合肥料

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

政府参考人新井ゆたか君) 今回導入いたします原料管理制度、帳簿の義務付けは、農家が安心して肥料を利用できるようにするためのものでございます。  具体的には、原料帳簿の作成は多くの事業者においては既に実施されているというふうに承知しておりまして、適正な品質の肥料を生産し、正確な原料表示を行うためには、肥料業者として当然実施しておくべきことを改めて法律上に位置付けたということでございます。この帳簿の

新井ゆたか

2019-11-26 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

政府参考人新井ゆたか君) お答え申し上げます。  全農が進める銘柄の集約につきましては、化成肥料を中心にいたしまして、汎用性の高いものを集約して肥料の低減を進めているというふうに承知をしております。  今回の改正は、こうした汎用性の高い肥料だけでは対応できないような土壌や作物に対しまして、小回りの利く肥料、それから堆肥の活用をしたいという農家の要望に応えるものであります。したがいまして、今回の改正

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘のとおり、ペレット化につきましては、畜産農家、あるいは地域の堆肥センター、それから肥料メーカー、いずれかが行っていただくということが必要になります。ペレット化を行うために、まずこれらの関係者の連携というのが必要でございまして、その枠組みをまず支援していこうというのが一つでございます。  まさに、ペレット化するためには機械の導入が必要でございまして、

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  堆肥は土づくりに非常に有効に機能するということでございますけれども、委員御指摘のとおり、施用が年々減少しております。  この堆肥を利用しない理由につきましては、一つには、散布に労力がかかるということ、それから、成分含有量が明確でない、あるいは安定をしないといったことが過去の調査におきましても理由として挙げられているところでございます。  今般の法改正におきまして

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  肥料取締法は大変古い法律でございまして、前身となる法律は、明治三十二年、一八九九年に制定されまして、その後、戦後昭和二十五年に現行の法制ができております。  もともとこの法律は、肥料異物を混入することを禁止し、罰するという、極めてシンプルな内容でございました。  その後、順次法律を改正いたしまして、国があらかじめ規格を制定して事前に規格の適合性を評価する

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘のとおり、ペレット化につきましては、畜産農家、あるいは地域の堆肥センター、それから肥料メーカー、いずれかが行っていただくということが必要になります。ペレット化を行うために、まずこれらの関係者の連携というのが必要でございまして、その枠組みをまず支援していこうというのが一つでございます。  まさに、ペレット化するためには機械の導入が必要でございまして、

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  堆肥は土づくりに非常に有効に機能するということでございますけれども、委員御指摘のとおり、施用が年々減少しております。  この堆肥を利用しない理由につきましては、一つには、散布に労力がかかるということ、それから、成分含有量が明確でない、あるいは安定をしないといったことが過去の調査におきましても理由として挙げられているところでございます。  今般の法改正におきまして

新井ゆたか

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  肥料取締法は大変古い法律でございまして、前身となる法律は、明治三十二年、一八九九年に制定されまして、その後、戦後昭和二十五年に現行の法制ができております。  もともとこの法律は、肥料異物を混入することを禁止し、罰するという、極めてシンプルな内容でございました。  その後、順次法律を改正いたしまして、国があらかじめ規格を制定して事前に規格の適合性を評価する

新井ゆたか

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  埋却地につきましては、飼養衛生管理基準に基づきまして、基本的には養豚農家が確保するということではございますけれども、埋却地の事前の確保が十分でない場合には、都道府県が、利用可能な土地情報提供、それから公有地の利用の決定を行うというふうにされているところでございます。現在、全国で埋却地を調査しておりますとともに、発生に備えまして確保を進めたいと思っております

新井ゆたか

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  ワクチンを接種いたしましても、やはり一〇%から二〇%、抗体ができない豚がいるということでございます。今回改定いたしました防疫指針におきましては、ワクチン接種農場であっても、CSFの感染が確認された場合には、当該農場の全頭を殺処分するということで決定をいたしております。  防疫指針の改正に当たりましては、牛豚等疾病小委員会でもさまざまな意見がございました。しかしながら

新井ゆたか

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  埋却地につきましては、飼養衛生管理基準に基づきまして、基本的には養豚農家が確保するということではございますけれども、埋却地の事前の確保が十分でない場合には、都道府県が、利用可能な土地情報提供、それから公有地の利用の決定を行うというふうにされているところでございます。現在、全国で埋却地を調査しておりますとともに、発生に備えまして確保を進めたいと思っております

新井ゆたか

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  ワクチンを接種いたしましても、やはり一〇%から二〇%、抗体ができない豚がいるということでございます。今回改定いたしました防疫指針におきましては、ワクチン接種農場であっても、CSFの感染が確認された場合には、当該農場の全頭を殺処分するということで決定をいたしております。  防疫指針の改正に当たりましては、牛豚等疾病小委員会でもさまざまな意見がございました。しかしながら

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 6号

新井政府参考人 繰り返し答弁をさせていただきますと、法律の名称と世の中の呼称というのは必ずしも一致をしていないということでございます。BSEのように、法律上はBSEと書いてございませんけれども、日本国内ではBSEということで呼称が定着しているものもございます。そういう点では、必ずしも法律上の名称と呼称は一致している必要がないということでございます。

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 6号

新井政府参考人 これらの病気につきましては、家畜伝染病で、法律で名前が明記をされております。現在、CSFは豚コレラ、それから、ASFはアフリカ豚コレラというふうに書いてございます。これと呼称というのは必ずしも一致をしているということではございませんで、BSEも、法律では伝達性の病気ということになっております。  これらの名称につきましては、法律改正の中で、どのような名称が適切なのかということで専門家

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 6号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  ワクチンの接種は、一回打った後、その後生まれた子供に更に打っていくということでございますので、いわばすだれ式になってくるということでございます。したがいまして、いつの時点でということは、だんだん積み上がっていくということでございまして、正確に申し上げることは困難でございますが、現在、十二県のうちワクチン接種プログラムを確認されている十一県、それから今後出てきます

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号

新井政府参考人 繰り返し答弁をさせていただきますと、法律の名称と世の中の呼称というのは必ずしも一致をしていないということでございます。BSEのように、法律上はBSEと書いてございませんけれども、日本国内ではBSEということで呼称が定着しているものもございます。そういう点では、必ずしも法律上の名称と呼称は一致している必要がないということでございます。

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号

新井政府参考人 これらの病気につきましては、家畜伝染病で、法律で名前が明記をされております。現在、CSFは豚コレラ、それから、ASFはアフリカ豚コレラというふうに書いてございます。これと呼称というのは必ずしも一致をしているということではございませんで、BSEも、法律では伝達性の病気ということになっております。  これらの名称につきましては、法律改正の中で、どのような名称が適切なのかということで専門家

新井ゆたか

2019-11-12 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  ワクチンの接種は、一回打った後、その後生まれた子供に更に打っていくということでございますので、いわばすだれ式になってくるということでございます。したがいまして、いつの時点でということは、だんだん積み上がっていくということでございまして、正確に申し上げることは困難でございますが、現在、十二県のうちワクチン接種プログラムを確認されている十一県、それから今後出てきます

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  茨城県から、レンコンネモグリセンチュウにつきまして効果の見込める農薬について早期登録の要望を受けておりまして、国といたしましては、当該農薬農薬取締法に基づく優先審査の対象としたところでございます。  これを受けまして、農薬の登録の手順にのっとりまして、本年七月から、リスク評価機関でございます食品安全委員会において、食品安全基本法に基づく食品健康影響評価を行

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  提出いただいております家畜伝染病予防法の改正案、それから出入国管理法の改正案でございます。趣旨といたしましては、水際対策を強化しようという内容かというふうに承知をしているところでございます。  水際につきましては、関係省庁会議におきまして、今、関係省庁一体となりまして、まず、日本に持ってこさせないための現地の空港での呼びかけ、それから、日本に入れないための水際

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  昨年九月に、国内で二十六年ぶりとなります豚コレラが岐阜県で発生をいたしました。まずは防疫基本でございます飼養衛生管理の徹底と早期発見ということで、都道府県や関係団体を通じて現場に伝えてまいり、現在でも引き続き行っているところでございます。  一方、その後、岐阜県愛知県におきまして、野生イノシシにおきます豚コレラの発生が続いたということでございまして、これにつきましては

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  茨城県から、レンコンネモグリセンチュウにつきまして効果の見込める農薬について早期登録の要望を受けておりまして、国といたしましては、当該農薬農薬取締法に基づく優先審査の対象としたところでございます。  これを受けまして、農薬の登録の手順にのっとりまして、本年七月から、リスク評価機関でございます食品安全委員会において、食品安全基本法に基づく食品健康影響評価を行

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  提出いただいております家畜伝染病予防法の改正案、それから出入国管理法の改正案でございます。趣旨といたしましては、水際対策を強化しようという内容かというふうに承知をしているところでございます。  水際につきましては、関係省庁会議におきまして、今、関係省庁一体となりまして、まず、日本に持ってこさせないための現地の空港での呼びかけ、それから、日本に入れないための水際

新井ゆたか

2019-11-06 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  昨年九月に、国内で二十六年ぶりとなります豚コレラが岐阜県で発生をいたしました。まずは防疫基本でございます飼養衛生管理の徹底と早期発見ということで、都道府県や関係団体を通じて現場に伝えてまいり、現在でも引き続き行っているところでございます。  一方、その後、岐阜県愛知県におきまして、野生イノシシにおきます豚コレラの発生が続いたということでございまして、これにつきましては

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  アフリカ豚コレラ対策といたしまして、防護柵の設置、農場に対する侵入、農場を囲むという柵の設置は非常に重要でございまして、七月から設置の支援の予算措置を講じているところでございます。  これらにつきましては、国が二分の一ということでございますが、都道府県及び市町村が当該費用を補助する場合には、地方負担額の八割を特別交付税で措置をするということとされております。

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  今般の豚コレラの発生につきましては、野生イノシシでの感染がやはり飼養豚での発生に深く関与しているということでございます。  野生イノシシにつきましては、経口ワクチンの散布、捕獲の強化等を行ってまいりました。七月の時点におきましては七県で野生イノシシの感染が確認されておりましたけれども、九月に入りまして新たに滋賀県埼玉県、それから十月になりまして群馬県静岡県

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  リンゴの園地が冠水被害を受けた際には、フィトフトラ属菌という菌が果実に侵入することによりますリンゴ疫病ということで、果実の腐乱が多く発生するというふうに承知しております。  過去、長野県内におきましても、平成十六年、十八年、河川の氾濫におきまして、このような病気が広がったというふうに聞いているところでございます。  加えて、果樹、木が冠水した場合におきましては

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  アフリカ豚コレラ対策といたしまして、防護柵の設置、農場に対する侵入、農場を囲むという柵の設置は非常に重要でございまして、七月から設置の支援の予算措置を講じているところでございます。  これらにつきましては、国が二分の一ということでございますが、都道府県及び市町村が当該費用を補助する場合には、地方負担額の八割を特別交付税で措置をするということとされております。

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  今般の豚コレラの発生につきましては、野生イノシシでの感染がやはり飼養豚での発生に深く関与しているということでございます。  野生イノシシにつきましては、経口ワクチンの散布、捕獲の強化等を行ってまいりました。七月の時点におきましては七県で野生イノシシの感染が確認されておりましたけれども、九月に入りまして新たに滋賀県埼玉県、それから十月になりまして群馬県静岡県

新井ゆたか

2019-10-24 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  リンゴの園地が冠水被害を受けた際には、フィトフトラ属菌という菌が果実に侵入することによりますリンゴ疫病ということで、果実の腐乱が多く発生するというふうに承知しております。  過去、長野県内におきましても、平成十六年、十八年、河川の氾濫におきまして、このような病気が広がったというふうに聞いているところでございます。  加えて、果樹、木が冠水した場合におきましては

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  清浄国、非清浄国と申しますのは、それぞれの病気によりまして、OIEと申します国際獣疫事務局が判断をするということでございます。  豚コレラにつきましては、公的に、ワクチンを接種するといったことになりますと、非清浄国という認定がOIEによってなされるということでございます。  世界的に豚コレラが発生しておりますけれども、ワクチンを接種せずに対応している国というのが

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  農林水産省といたしましては、青森県を始めとするリンゴの主産県と連携をいたしまして、新たな防除技術の確立、普及に取り組んでいるところでございます。  具体的には、平成三十年度から、農林水産省委託事業におきまして、リンゴの主産県四県が連携して、黒星病の防除に効果の高い代替剤の選別、当該薬剤を活用した防除体系の確立を進めております。  加えまして、緊急対応研究という

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  リンゴ黒星病につきましては、昭和六十年以降、青森県の防除暦に採用されましたEBI剤につきまして、薬剤耐性ができまして使用困難となったということでございます。そのため、治療効果のある新規農薬というのが切望されているという状況は承知しているところでございます。  これらの状況を受けまして、先般、農薬メーカーより、リンゴ黒星病に効果の見込まれる農薬の登録申請が行われました

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  清浄国、非清浄国と申しますのは、それぞれの病気によりまして、OIEと申します国際獣疫事務局が判断をするということでございます。  豚コレラにつきましては、公的に、ワクチンを接種するといったことになりますと、非清浄国という認定がOIEによってなされるということでございます。  世界的に豚コレラが発生しておりますけれども、ワクチンを接種せずに対応している国というのが

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  農林水産省といたしましては、青森県を始めとするリンゴの主産県と連携をいたしまして、新たな防除技術の確立、普及に取り組んでいるところでございます。  具体的には、平成三十年度から、農林水産省委託事業におきまして、リンゴの主産県四県が連携して、黒星病の防除に効果の高い代替剤の選別、当該薬剤を活用した防除体系の確立を進めております。  加えまして、緊急対応研究という

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  リンゴ黒星病につきましては、昭和六十年以降、青森県の防除暦に採用されましたEBI剤につきまして、薬剤耐性ができまして使用困難となったということでございます。そのため、治療効果のある新規農薬というのが切望されているという状況は承知しているところでございます。  これらの状況を受けまして、先般、農薬メーカーより、リンゴ黒星病に効果の見込まれる農薬の登録申請が行われました

新井ゆたか

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

政府参考人新井ゆたか君) 五月十七日に愛知県田原市におきまして発生いたしました二十三例目の事例を受けまして、大臣の指示を受けまして五月二十日に愛知県に出向きまして大村知事と今後の対応について協議をさせていただきました。  既に五月十七日には疫学調査チームが現地に入っておりますので、この現地調査の速報、それから疫学チーム長の助言を踏まえまして、大きく三つの点について実施をしていくということで決定をしたところでございます

新井ゆたか

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

政府参考人新井ゆたか君) 二十一日に第七回の拡大豚コレラ疫学調査チームを開催いたしました。委員御指摘のとおり、三月二十七日に発生いたしました十三例目から二十二例目の発生事例につきまして、それぞれウイルスの侵入時期、農場への侵入要因、豚舎への侵入要因等について分析が行われ、この結果概要については公表しているところでございます。  その結果、今回検討が行われた全ての事例におきまして、豚舎専用の長靴や

新井ゆたか

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

政府参考人新井ゆたか君) 五月十七日に愛知県田原市におきまして発生いたしました二十三例目の事例を受けまして、大臣の指示を受けまして五月二十日に愛知県に出向きまして大村知事と今後の対応について協議をさせていただきました。  既に五月十七日には疫学調査チームが現地に入っておりますので、この現地調査の速報、それから疫学チーム長の助言を踏まえまして、大きく三つの点について実施をしていくということで決定をしたところでございます

新井ゆたか

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

政府参考人新井ゆたか君) 二十一日に第七回の拡大豚コレラ疫学調査チームを開催いたしました。委員御指摘のとおり、三月二十七日に発生いたしました十三例目から二十二例目の発生事例につきまして、それぞれウイルスの侵入時期、農場への侵入要因、豚舎への侵入要因等について分析が行われ、この結果概要については公表しているところでございます。  その結果、今回検討が行われた全ての事例におきまして、豚舎専用の長靴や

新井ゆたか

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  まず、OIE基準の周知徹底でございます。  防疫主体となりますのは都道府県でございます。私どもといたしましては、このOIE基準批准したときに、各都道府県に対しまして、殺処分のみならず、実際の飼養衛生管理、それから実際の家畜を飼うときに関しましてもOIE基準精神にのっとってやるようにということで周知を徹底しているところでございます。  それから、特に防疫

新井ゆたか

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  委員御指摘のとおり、受精卵等の輸送には特殊な容器が用いられるということでございまして、このような容器の外観を関係いたします関係機関船舶会社にまず周知をするということを繰り返しやっているところでございます。  これに加えまして、特に中国からの国際定期フェリーが就航する港におきましては、家畜防疫官によります見回りを強化するということと、それぞれ出国者に対しまして

新井ゆたか

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

新井政府参考人 お答え申し上げます。  昨年の七月の事案につきましては、このような事案を受けまして、大阪府在住の者が家畜伝染病予防法に基づく輸出検査を受けずに牛の受精卵及び精液を中国へ持ち出した旨を確認いたしましたことから、本年一月二十九日に農林水産省大阪府警察に対しまして刑事告発をいたしました。  その後の経緯につきましては、新聞報道を通じてということではございますけれども、受精卵等を持ち出そうとした

新井ゆたか